異 世界 で 最強 魔王 の 子ども。 【2話無料】異世界で最強魔王の子供達10人のママになっちゃいました。

【2話無料】異世界で最強魔王の子供達10人のママになっちゃいました。

異 世界 で 最強 魔王 の 子ども

リコリス・ロコニオ・クレーンカは8歳のころ皇太子に見初められたクレーンカ伯爵の1人娘だ。 しかしリコリスは体が弱く皇太子が尋ねてきても何時も寝所で臥せっていた。 そんな手も握らせないリコリスに愛想をつかした皇太子はリコリスとの婚約を破棄し国の聖女であるディルバ・アーレンと婚約を結ぶと自らの18歳の誕生の宴の場で告げた。 そして聖女ディルバに陰湿な嫌がらせをしたとしてリコリスを果ての塔へ幽閉すると告げた。 しかし皇太子は知らなかった。 クレーンカ一族こそ陰で国を支える《武神》の一族であると言う事を。 そしてリコリスが物心がついた頃には《武神》とし聖女の結界で補えない高位の魔族を屠ってきたことを。 果ての塔へ幽閉され《武神》の仕事から解放されたリコリスは喜びに満ちていた。 「これでやっと好きなだけ寝れますわ!!」 リコリスの病弱の原因は弱すぎる聖女の結界を補うために毎夜戦い続けていた為の睡眠不足であった。 ・題名・ 【聖女の力を姉に授け、王太子と婚約破棄し、特に追放はされていませんが隣国の皇太子の後宮に入りました~これからは自重せずに無双します~】 リコリスとはまた違った自由きままな主人公が無双します! 最強世代と言われる同級生達が、勇者の称号や経験値10倍などの超強力なスキルを授かる中、ハズレスキルどころか最悪の人生終了スキルを授かった主人公。 しかし、そのスキルで女神を助けたことにより人生大逆転。 神様を上手く騙して、黙っていても毎月大量の経験値が貰えるようになった上、さらにランダムで超レアスキルのオマケ付き。 驚異の早さで成長する主人公は、あっという間に最強クラスに成り上がります。 ちょっと変な幼馴染みや、超絶美少女王女様、押しの強い女勇者たちにも好意を寄せられ、順風満帆な人生楽勝モードに。 ところがそんな矢先、いきなり罠に嵌められ国外逃亡。 全世界のお尋ね者になっちゃったけど、圧倒的最強になった主人公は、もはや大人しくなんかしてられない。 こうなったら世界侵略国盗り合戦。 伝説の魔竜も古代文明の守護神も不死生命体も、弱すぎチョロすぎ楽勝すぎ。 あまりにも強すぎて魔王と呼ばれちゃった主人公が、世界を蹂躙しまくります。 旧タイトルは『神様ダマして楽々無双! 毎月レアスキルと大量経験値を貰っているので、勇者の代わりに魔王を倒します(ワンパンで)』です。 女勇者が懐きすぎてウザい……。 彼はそこで世界の「管理者」と名乗る女性と出会い、彼女と何時でも交信できる能力を授かり、異世界に転生される。 次に彼が意識を取り戻した時には見知らぬ女性と男性が激しく口論しており、会話の内容から自分達から誕生した赤子は呪われた子供であり、王位を継ぐ権利はないと男性が怒鳴り散らしている事を知る。 そして子供というのが自分自身である事にレナは気付き、彼は母親と供に追い出された。 時は流れ、成長したレナは自分がこの世界では不遇職として扱われている「支援魔術師」と「錬金術師」の職業を習得している事が判明し、更に彼は一般的には扱われていないスキルばかり習得してしまう。 旧題:不遇職に役立たずスキルと馬鹿にされましたが、実際はそれほど悪くはありません)。 書籍化に伴い、一部の話を取り下げました。 また、近い内に大幅な取り下げが行われます。 「ようこそおいでくださいました。 勇者さま」 そんな言葉から始まった異世界召喚。 呼び出された他の勇者は複数の<スキル>を持っているはずなのに俺は収納スキル一つだけ!? そんなふざけた事になったうえ俺たちを呼び出した国はなんだか色々とヤバそう! このままじゃ俺は殺されてしまう。 そうなる前にこの国から逃げ出さないといけない。 勇者なら全員が使える収納スキルのみしか使うことのできない勇者の出来損ないと呼ばれた男が収納スキルで無双して世界を旅する物語(予定 私のメンタルは金魚掬いのポイと同じ脆さなので感想を送っていただける際は語調が強くないと嬉しく思います。 ただそれでも初心者故、度々間違えることがあるとは思いますので感想にて教えていただけるとありがたいです。 他にも今後の進展や投稿済みの箇所でこうしたほうがいいと思われた方がいらっしゃったら感想にて待ってます。 ある日、人間領と関わりを断っていたはずの魔界から、王国に一通のお触れが届く。 その内容とは、「魔王が人間の女を妻として所望している」との衝撃的なものだった。 そして花嫁候補の一人として魔界へ送られることになったセルイラは、魔王城にて現れた青年の姿に、仰天した。 「……魔王じゃなくて、あれ、私の(セラの)息子じゃないの!」 書簡の解読ミスにより、魔王の嫡男アルベルトの花嫁候補として魔界へ来てしまったセルイラ。 しかも息子は女を軽視し弄ぶ駄目男に育っていた。 気が遠くなるような日々の果て、なんとかその回廊を抜けたサクヤは気づく。 あら大変。 ありえない量のスキルポイントが貯まっていた! しかも回廊にあった桃を食べまくったせいで、若返っている!? 若返ったせいで、地上に戻ると学園に放り込まれてしまうオチつき。 「まぁいいや。 魔王も倒したし、あとは理想に生きよう」 リーダーや主役ではないけれど、脇でしっかり仕事をして全体にモーレツに貢献する人、「縁の下の力持ち」。 サクヤは人生の目標としていたソレに没頭すべく日々奮闘し始めるが、なぜか他人の事情に巻き込まれて……!? コメディ・シリアスあります。 安心して読める展開を目指します。 ぜひ立ち読みしていってくださいませ。 カクヨム、LINEノベルにも連載中。 なろうにて2019年6月、異世界転移転生の日間、週間、月間ランキングで一位を頂戴しました。 誰も叶わぬ実力者として、魔族の頂点に君臨する。 そんな魔王の居城である『魔王城』の城門に、人族の赤子が捨てられた。 その子を拾った魔王は自ら育てると言い出し!? しかも溺愛しすぎて、周囲が大混乱! シリアスなようでコメディな軽いドタバタ喜劇です。 多少の魔物退治や流血表現があります。 ある日、突然学校にいた人全員が【勇者】として召喚された。 その召喚に巻き込まれた少年柊茜は、1人だけ【勇者】の称号がなかった。 代わりにあったのは【ラグナロク】という【固有exスキル】。 それを見た柊茜は 「あー.... このスキルのせいで【勇者】の称号がなかったのかー。 まぁ、ス・ラ・イ・厶・に【勇者】って称号とか合わないからなぁ…」 【勇者】の称号が無かった柊茜は、王宮を追放されてしまう。 追放されてしまった柊茜は、特に慌てる事もなくのんびり異世界を謳歌する.......... たぶん….... 主人公は男の娘です 基本主人公が自分を表す時は「私」と表現します できる限り毎日更新します。 その日その日によりますが最低1話は更新するつもりです。 のほほんとゲームをこよなく愛していた主人公は、好きだったゲーム【フリーダム・リアル・オンライン】と酷似した世界で目を覚ます。 知っているようで知らない世界、これからどうしようかとのんびり考えようとしていた矢先、何故か目の前には筋骨粒々としたでかいおっさんが立ちはだかる。 「俺の国に来て嫁になれ」 意地悪そうな笑みで拉致された僕の運命は……ええと、大事にされてるしのんびりできるしぃ……まあいいか……。 魔王による圧倒的な世界改革!』 聖国バシレイアは、復活した魔王の脅威に晒されていた。 恐怖におびえる人々が選んだ方法は、かつて魔王を封印した異世界勇者の召喚。 異世界魔王がこの世界の魔王を退け、国のあれこれに口出し手出しを行い、最終的に救世主になってしまう。 誤解されるチート系、俺様魔王のどたばた復国記。 敵を排除し、狩りをし、魔物を倒し、複数の女性を無自覚に侍らせる。 『地球』という別世界に前世を持つ転生者らは、強大なチート能力や知識・記憶を持っており、個で軍隊を壊滅させるに至る。 劣勢に追い込まれながらも抵抗する国々はあったが、神々と同等の力を持つ転生者を前にことごとくが滅びの運命を辿る一途であった。 そんな絶望的な状況下で、転生者や転移者の対抗手段を一心不乱に研究し続ける人物がいた。 しがない歴史学者のユーリ・イストリアである。 転生者に家族の命を奪われたユーリは、報復するために人生の全てを捧げていた。 しかし転生者を殺すための魔法実験は失敗し、その副次的効果によってユーリは2000年前の過去へと流れついてしまう。 そして神をも容易く従える長寿種の神祖、『不死の姫』として彼女自身が目覚めることに。 彼女は過去の世界で生きると決意するも……自分の知っている歴史とは違った世界になりつつある事を懸念し出す。 その原因ともなるのは歴史を乱す異分子、またもや『地球』からの転生者や転移者たちだ。 彼らは常識外の知識や、無双に近い能力を駆使して多大な影響を世に及ぼし、ユーリの知る歴史を歪ませていた。 これでは未来が変わってしまう。 そうなれば2000年後に出会うであろう、最愛の家族や親愛なる学友たちの存在が消失する可能性が出てくる。 ならばと、ユーリは転生者を殺すべく、不死の呪いをその手でばらまいていく。 自らが知る、正常なる歴史 みらい を創り出すために……。 一人の少女が、異世界転生者を、主人公たちを、伝説たちを殺し尽くす。 これは不死の軍勢を率いし銀姫の物語である。 平凡な商人の息子として生まれたレオスは、無限収納できるカバンを持つという理由で、悪逆非道な大魔王を倒すべく旅をしている勇者パーティに半ば拉致されるように同行させられてしまう。 いよいよ大魔王との決戦。 死にゆく彼の願いは唯一つ「女にモテてイチャイチャしたかった」 そんな願いが天へと届いたのか、彼は転生する事に!? 但し転生先は異世界。 しかも体はゾンビ。 「おうおうあうあーー(死んでるのに転生っておかしくね!? でも俺頑張る!)」 他人からの好感度が0からどころか、マイナス値がカンスト状態。 それでも逆境にめげず、彼はハーレム目指して頑張るのだった。 「あうあうあああああーーーー(目指すはインキュバス!よーし頑張るぞ)!」 これはゾンビスタートの非モテ陰キャが、クラスチェンジやスキルを駆使してモテモテを目指す物語。 のはずったったが、気づけば何故か女神の要望で魔王を退治するハメになっていた。 取り敢えず魔王を倒す為レベル上げしつつ、ゾンビはハーレムを目指す。 勇者の仲間として旅を続けていた元死霊術師の冒険者ライノ・トゥーリは、あるとき勇者にその過去がバレ、自分の仲間にそんな邪悪な職業はいらないと追放されてしまう。 しかたなくシングル冒険者ライフを送るライノだったが、たまたま訪れたダンジョンの奥で、魔物を食べずにはいられなくなる魔王の力『貪食』を手に入れてしまう。 これにより勇者をはるかにしのぐ圧倒的な存在へと変化をとげたライノだったが…… 魔物の肉はとにかくマズかった。 これにて地獄のメシマズライフの幕開け……は絶対にイヤだったライノは、これまでの冒険者としての経験や魔術を駆使し、ひたすら魔物を美味しく料理することを決心する。 そして…… いつしかライノのもとには、魔物料理を求める人々や魔族、そしてドラゴンや他の魔王までもが訪れるようになっていた。 これは、後の世で最凶最『旨』の魔王と呼ばれた男の物語である。 草原にいた彼は自身に『鑑定』というスキルがあることに気が付く。 そして職業は『鑑定士(仮)』だった。 (仮)って……。 エルフのエマリアの案内で冒険者となった響生は、元最強勇者の獣人クロード、未来の最強賢者少女リリアン、白ネコ聖獣のヴェネを仲間にして少しずつ強くなりながら元の世界に帰る方法を探す。 ……が、巻き込まれ系主人公は自分の意思とは関係ないところで面倒ごとに関わっていろいろ大変です。 4人の勇者、7人の賢者、8人の魔王、そして11人の神様がいる異世界から、彼は無事に元の世界に帰還できるのか? あと、タイトル通り最強になる日は来るのか!? 【注意】 この作品はBLではありませんが、一部BL風味な表現があります。 一時的に主人公が女体化する予定があります。 これらの表現を絶対に読みたくない! という方はご注意ください。 私は聖女で、王太子の婚約者でもあった。 過去形なのは、ある日異世界から聖女が召喚され、私はお役御免になったからだ。 おまけに無実の罪まで着せられ、処刑と称して谷底へ突き落とされてしまった。 けれど目が醒めると、私の体はなぜか五歳の子供になっていた!しかもここは魔界の魔王城らしく、人間の幼児は珍しいと、魔王に気に入られてペットにされてしまう。 魔界と人間界の間に結界を張っていた私の正体がばれたら殺されるんじゃ……と思いつつも、おいしいごはんにスイーツ、お昼寝、かわいいお洋服つきで、なかなか魔王城を脱出できない……。 現代日本で車に轢かれて死んだ男は、黒銀の吸血鬼として異世界に渡った。 周りにいるのは無数の魔族。 魔族四天王吸血公爵の息子として寄生転生した【ミケラルド】。 いきなり奴隷を食事と称され、父の部下からハーフエルフの【ナタリー】を献上され、血を吸うはめに。 ミケラルドはなんとかナタリーを助けるも、大きな陰謀が動き出す。 魔族の土地から離れ、ナタリーを人界に送り届けるため、ミケラルドは立ち上がる。 ミケラルドと出会う人間の食事を調理できるリザードマンの【ジェイル】。 魔族からも恐れられる水龍リバイアタンの【リィたん】。 人界に向かう中、判明したミケラルドの意外な能力は、なんと【魔王】と同じ能力だった。 足掻き、しかし快活に生きるおっさんの成長物語。

次の

異世界で最強魔王の子供達10人のママになっちゃいました。(2) (シリウスコミックス)

異 世界 で 最強 魔王 の 子ども

6人の方が「参考になった」と投票しています。 主人公が前向き😊 ネタバレありのレビューです。 13話まで読みました。 絵はカワイイ寄りでしょうか。 今のところ少女漫画と言っても大丈夫な内容です。 母を亡くし家族が欲しい主人公。 魔王の子供を産んでくれる女性が欲しかった魔族。 魔王と子作りしろと言われて秘薬を飲むように言われて飲んだらあっという間に卵🥚が生まれ…。 だから主人公はJKなのか? 笑 なんだかんだ賑やかに子育て 1人 しつつ魔王とも打ち解けつつ過ごしていたら…。 13話のラストで話題にしか出ていなかった勇者がほんのちょっぴり出てきました。 魔王側からみると悪役っぽい登場のしかたで。 早く続きが読みたいですね。 このレビューへの投票はまだありません。 魔王に嫁ぐ異世界ファンタジー ネタバレありのレビューです。 魔王に嫁ぐ恋愛異世界ファンタジー 天涯孤独になった主人公が異世界に飛ばされ人間と戦争している魔王の子供を産むためになんやかんやあります。 主人公の内面が感じられず魔王の子供を産むのを処女だから初めてはロマンチックな部屋が…とか意味不明な理由で拒んでいたと思っていたらあっさり承知するなど気持ちの変化がご都合主義で展開についていけない。 作者は男性でしょうか? 都合のいいバカ女が主人公です。 キャラクターに魅了を感じないのでこれ以上は読まないです。 私には合いませんでした。 みんなが読んでるおすすめコミック•

次の

異世界最強のおっさんが現代にもどったら…1話【漫画】

異 世界 で 最強 魔王 の 子ども

前巻ラストで「迷いの飢えた森」に迷い込んだアンを探して森に入った主人公の朱里の前に勇者アルベールが現れた続きから今巻は始まります。 そして突然、アルベールが亡くなった朱里の母親に誕生日のプレゼントとして買ってもらった「光と影のインフィニティ」というゲームのキャラと似ていることに気づき、召還されたのがゲームの世界ではないかと推測します。 たしかに初巻の冒頭でチラッとだけゲームの事に触れる場面がありますが、このための伏線であったと伺い知ることができなかった自分はまだまだ甘いですね 苦。 しかし、今後もゲームの世界という伏線をイロイロ使うかどうかは現時点では判りません。 その後、朱里とアンは魔族領土に一番近い街ロワンに連れていかれて三日ほど滞在 軟禁 したのちに、国王からの命令で魔王の母親が捕らえられている王都へ移送されそうになったところで魔王が助けにきます。 そして、無事に助けられて魔王城への帰路の途中で二人目の子供の出産イベントが起こりますが、今巻最大の見せ場 笑 なのでネタバレになるために明かしませんけど、一人目に続いての苦しい出産方法 難産ではない なのは出版が講談社だからなのでしょうか…? アンに弟のドゥーが産まれたことで、ありがちな長子の嫉妬を宥めようと魔王とアンが料理をすることによりアンのスキルが判明します。 続いてドゥーのスキルも判明するものの、それを巡って魔王と朱里が喧嘩をしますが、その際に魔王が語る自身の両親の話で父親が朱里と同じように召還された人間であることが明かされました。 そして仲直りをする魔王と朱里の前でスライムに姿を変えて偵察をしていたアルベールが魔王城に居着くことに 牢に連れていかれるが …。 最後に捕らえられている先代魔王デルニエ 魔王の母親 が朱里に対して「カクゴシテオケ…」と炎に包まれながら言い放って次巻に続きます。 とにかく作画については言うこと無しの見事な絵柄なのですが…肝心の物語の方がこのままで良いのか悪いのか…。 厳しいことを言わせてもらえば、今巻で離れていく読者はあっても今巻で獲得できる読者はいないかもしれません。 巻末の予告ではさらに双子の誕生が次巻で予定されているので、毎巻出産の現同様パターンを何とかするにはデルニエ 姑 の動向次第ですが、容易に想像できてしまう魔王&勇者&朱里と十人の子供達VSデルニエそして最終的には和解して大団円…という展開にはならないことを望みます。

次の