火 熟語。 「火」「光」の漢字を含んでいて、

短くてかっこいい熟語一覧|二文字/三文字/四文字/五文字

火 熟語

ネット上の辞書(下記のページ)で、国語辞典をチエックシテ、火 を「前方一致」や「後方一致」「全分検索」で探してください。 A ベストアンサー #4です。 12星座ロシア語版行きます ついでにスペイン語もつけときます(笑 ロシア語(左)スペイン語(右) おひつじ:アヴィエーン:アーリエス おうし:チリエーツ:タウロ ふたご:ブリジニツイー:ヘメーロス かに:ラーク:カンセル 獅子:リエーフ:レオン おとめ:ディエーヴァ:ビルゴ てんびん:ヴィスイー:リーブラ さそり:スカルピオーン:エスコルピオン いて:ストリリエーツ:サヒタリオ やぎ:カズィローク:カプリコルニオ みずがめ:ヴァダリエーイ:アクワリオ 魚:ルイーブイ:ピスシス さらについでに12神将。 青龍、勾陳、六合、朱雀、騰蛇、貴人、天后、大陰、玄武、大裳、白虎、天空 あと北斗七星など 貪狼、巨門、禄存、文曲、廉貞、武曲、破軍 など Q 体育祭のデコ長になり、色は赤なのですが、 なんの動物を書こうかなと迷っています。 絵以外にも四字熟語が必要です。 クラスのみんなに意見を聞いても、ポストやゴキブリなど意味のわからない意見ばかり・・・ 四字熟語も、家庭崩壊を赤庭崩壊にしたら? などとにかくおふざけモード全開です。 三年なので浮かれるのも分かりますが、全く参考になりませんでした。 なので、私が何個か候補を出して、その中から選んでいただこうかと思い、 色々検索したのですが、出てくるのは不死鳥(他に朱雀、鳳凰など。 ) ばかりです。 私自身も鳳凰を書きたかったのですが、去年不死鳥を先輩が書かれたので、 鳥類はもう書けません。 赤の動物は、皆様はいったい何を連想させますか? 勿論架空の動物でもいいです。 すみません。 初めて質問したのでカテゴリはよくない場所だと思います・・・。 A ベストアンサー 最初に熊が浮かんでしまいました。。。 ただし、赤い熊=北の大国ということで、今回は使えない~。 次に浮かんだのは、赤いきつね。 緑のたぬきとセットの分。 wikipedia. サイトの中にでてきた4文字熟語は「馬踏飛燕」・・・使いにくいですね。 「奔馬快走」とか(熟語2個をあわせて勝手に作っていますが) 探す方法としては、 各国の州やもはやなくなった領地(あるいは家)の紋章とかを調べてみるとかも方法としてはあります。 (同じ動物の同じ構図は使わないほうが身のためですが。 wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. wikipedia. 等など。 最初に熊が浮かんでしまいました。。。 ただし、赤い熊=北の大国ということで、今回は使えない~。 次に浮かんだのは、赤いきつね。 緑のたぬきとセットの分。 wikipedia. サイトの中にでてきた4文字熟語は「馬踏飛燕」・・・使いにくいですね。 「奔馬快走」とか(熟語2個をあわせて勝手に作っていますが) 探す方法としては、 各国の州やもはやな... A ベストアンサー なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何かあっても販売者はしりませんよというものです。 ただし、こうした期限はあくまで原則に過ぎませんので、これよりももつものもあれば逆の場合もあります。 安全率を考慮してあるのも事実ですが、まあ生鮮品は期限内に消費するに越したことはありません。 豚肉の場合であれば、傷んできたら臭い・べたつき・変色のいずれかの変化がでてきます。 あくまで自己責任で、五感を働かせましょう。 なお、豚肉の寄生虫が日本で問題になったのは遙か昔の話。 現在ではほぼ考えなくていいです。 余計なことかも知れませんが、こと身の安全に関わる質問をここでするのは感心しません。 回答は玉石混合、間違って食中毒でもおこしたら大変ですよ。 なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何か... A ベストアンサー まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。 一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。 女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。 寧ろ逆なのです。 それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。 それなりの現実性と合理性があります。 ・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。 原始から、部族間の戦争で男達が死にました。 さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。 ・二つ目は寿命が短かったこと 昔の平均年齢は二十歳を超えていません。 多く生まれ多く死んでいくわけです。 そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。 そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。 一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。 一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。 さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。 とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。 本題に入りましょうか。 日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、 砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国 明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々 そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。 つまり現代日本では一夫多妻は 社会的に必要とされていないし合理性も無い。 一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。 残念なことに。 ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。 そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。 結婚と言う取り決めは無く。 彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。 しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。 女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。 短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。 あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。 日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。 一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。 それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。 南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。 子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。 脱線が過ぎましたね。 そういう事です。 まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。 一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。 女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。 寧ろ逆なのです。 それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。 それなりの現実性と合理性があります。 ・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。 原始から、部族間の戦争で男達が死にました。 さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。 ・二つ目は寿命が短かっ...

次の

「火」もしくは「緋」という文字を含む熟語

火 熟語

細長い線のような一筋の光を表現した言葉です。 光り輝き明るい様子を表現する言葉です。 夜明けや明け方の光を意味する言葉です。 月や日の光が澄み切っているさまを表現しています。 高い山の上で拝む日の出のことです。 輝く様子を表しますが、同じ漢字を重ねることで協調の意味も持ちます。 黄金の光を意味する言葉として使います。 銀色の光を意味する言葉として用いられます。 文字通り、光り輝くことを意味する言葉です。 ともしびのような小さな光を表現する言葉です。 さまざまな種類の光を表現しているかっこいい言葉ばかりです。 ・神秘的な光。 瞬間的に放たれるような強烈な光を指す言葉として使われます。 美しく輝く光を表します。 一方で、光り輝くような名誉や栄光を示す言葉でもあります。 見た目や外見が華やかで美しい様子を表す言葉として使われます。 鮮やかに美しく光り輝く様子を表現する美しい言葉です。 冬の穏やかな日の光を表す言葉です。 一方で、時間を惜しむことや、時間を惜しんで親孝行をするという意味もあります。 薄い雲を通して届くような、うっすらとした光のことを表す言葉です。 月の光を意味する言葉ですが、月と花を表現して用いることもある言葉です。 瞬間的に生まれる光の輝きを表現する言葉として用いられます。 春の穏やかな日の光を表す言葉ですが、春の景色自体を表現する言葉としても用いられます。 月が明るいことや、明るい月の光を表現する言葉です。 どの言葉も、光の美しさが感じられるような言葉ばかりです。 ・美しく光ることやその輝き。 ・秋の太陽の光や日差し。 ・鮮やかな星の光。 ・かすかな光や弱弱しい光のこと。 目標に対してわずかに希望があること。 ・光が照り返すことや夕映えのこと。 ・星の光。 ・蛍が放つ光。 蛍の光のように小さく残る炭火のこと。 ・光輝くように華やかで美しい様子。 ・天から注ぐ太陽の光。 ・月明かりや灯がとても明るい様子。 夕日を浴びて人や物が照らされることが表現されています。 一年の始まりである元日の朝に、東の空がうっすらと明るくなることを表現している言葉です。 満開の桜が、夜の景色を明るく見せることを表現した言葉です。 月の光を意味する言葉ですが、その弱い光が周囲を明るくすることをも表します。 人や物が月の光に照らされることで美しく輝くことを表現した言葉です。 光を表現する言葉として、耳にしたことがある言葉も多いのではないでしょうか。 ・秋に紅葉した木々や葉が美しく輝いていること。 ・星の光で周囲が明るいこと。 ・積もった雪に光が反射して周囲が明るく見えること。 ・ほんのりとしたやわらかい小さな光。 ・黄金色の光。 金銭の力強さ。 ダイヤモンドは女性の憧れの宝石で、とても美しい輝きを放ちます。 ダイヤモンドと聞くだけで、キラキラとした光のイメージが湧きますね。 好ましくない状況でも、美しく光り輝く指輪を皮肉的に表現している文章なのでしょう。 美しい髪の毛に光が当たると、光の輪をのせたように見えますね。 美しい女性が佇む様子がイメージされます。 光と言ってもさまざまな種類がありますが、一部の光の表現をご紹介しましょう。

次の

『火』を使ったことわざ・四字熟語 一覧 87種類|日本の美しい言葉・カッコイイ事ば

火 熟語

「火、紅、赤」を含む四字熟語を集めてみました。 どれがいいかはあなたのセンスです。 押し付けはしませんから、あなたの好みのものを選んでください。 【「火」を含む四字熟語】 遠水近火 (えんすいきんか) …… 意味:遠い場所にあるものは、差し迫った場面では役に立たないということ。 隔岸観火 (かくがんかんか) …… 意味:他人の災難の手助けをすることなく、ただ見物すること。 活火激発 (かっかげきはつ) …… 意味:激しい炎が勢いよく起こること。 風林火山 (ふうりんかざん) …… 意味:時勢や情勢に合わせた対処の方法のこと。 もとは軍を指揮するときの四つの心構えのこと。 風のように速く行動して、林のように静かに機会を待ち、火のように激しく襲い掛かり、山のように動かずに構えるという意味。 孫子の中の句を略した言葉で、武田信玄が旗印に使ったといわれている。 抱薪救火 (ほうしんきゅうか) …… 意味:害を取り除こうとして行動すると、逆に被害が大きくなること。 火上注油 (かじょうちゅうゆ) …… 意味:悪い状況をさらに悪化させること。 火に油を注ぐということから。 敲氷求火 (こうひょうきゅうか) …… 意味:間違っているやり方しても、苦労するだけで目的を果たすことはできないということ。 集中砲火 (しゅうちゅうほうか) …… 意味:特定の人や場所に、同時に非難や批判を浴びせることのたとえ。 十字砲火 (じゅうじほうか) …… 意味:二つの火器を、左右から十字に交差するように入り乱れて飛ぶ砲火のこと。 または、非難や批判が同時に集まること。 対岸火災 (たいがんのかさい) …… 意味:自分には直接関係のない事件、出来事のたとえ。 灯火可親 (とうかかしん) …… 意味:過ごしやすい秋の長い夜は、灯りの下で読書をするのにちょうどいいということ。 火樹銀花 (かじゅぎんか) …… 意味:町の灯りや花火の光が輝く様子。 または、夜景を言い表す言葉。 篝火狐鳴 (こうかこめい) …… 意味:かがり火を使い、狐泣き声を真似て民衆を惑わせること。 梧前灯火 (ごぜんとうか) …… 意味:書斎で本を読むこと。 「梧前」は桐の机の前のこと。 水火無情 (すいかむじょう) …… 意味:水害や火災は人に大きな損害を与えるということ。 赴湯蹈火 (ふとうとうか) …… 意味:苦しむことを恐れずに、危険なことをすることのたとえ。 「赴湯」は熱湯に向かうこと。 火上加油 (かじょうかゆ) …… 意味:悪い状況をさらに悪化させること。 火に油を注ぐということから。 火中取栗 (かちゅうしゅりつ) …… 意味:自分のためにはならないが、他人のために危険なことをすること。 または、その結果で辛い思いをすること。 猿におだてられた猫が、燃えているいろりの中に入ってる栗を取ったが、猫は火傷をしたうえに栗は取られたという寓話から。 三界火宅 (さんがいのかたく) …… 意味:現世をたとえた言葉。 「三界」は欲界、色界、無色界の三つの世界のことで、現世のことをいう。 「火宅」は火事になっている家。 烽火連天 (ほうかれんてん) …… 意味:戦火がいたるところに広がっていくこと。 「烽火」は危険な事態が近づいていることを知らせるのろしのことで、戦火や戦争のたとえ。 薪尽火滅 (しんじんかめつ) …… 意味:人が死ぬこと。 「薪尽」は薪が無くなること。 「火滅」は火が消えること。 【「紅」を含む四字熟語】 花紅柳緑 (かこうりゅうりょく) …… 意味:人が手を加えていない自然のままの美しさのこと。 紅い花と緑の柳ということから、春の美しい景色を言い表す言葉。 紅灯緑酒 (こうとうりょくしゅ) …… 意味:歓楽と贅沢な食事のたとえ。 または、人通りの多いにぎやかな繁華街と歓楽街のたとえ。 紅葉良媒 (こうようりょうばい) …… 意味:紅葉が仲人の役割をするということ。 男女の不思議な因縁のことをいう。 千紫万紅 (せんしばんこう) …… 意味:さまざまな色の花が咲き乱れている様子。 または、さまざまな色を言い表す言葉。 桃紅柳緑 (とうこうりゅうりょく) …… 意味:春の景色の美しさの形容。 桃の美しい紅い花と、柳のあざやかな緑の葉という意味から。 紛紅駭緑 (ふんこうがいりょく) …… 意味:美しい花が咲き乱れ、風に揺れている様子。 「紛」と「駭」はどちらも入り乱れるという意味。 柳緑桃紅 (りゅうりょくとうこう) …… 意味:春の景色の美しさの形容。 桃の美しい紅い花と、柳のあざやかな緑の葉という意味から。 紅顔可憐 (こうがんかれん) …… 意味:時の流れは無常だということ。 「紅顔」は血色のよい若い青年、「可憐」は「あわれむべし」となって、気の毒ということ。 紅粉青蛾 (こうふんせいが) …… 意味:美人を言い表す言葉。 または、美しい化粧のこと。 「紅粉」は口紅と白粉のこと。 翠帳紅閨 (すいちょうこうけい) …… 意味:身分の高い女性の寝室のこと。 「翠帳」はかわせみの緑色の羽で飾りつけた緑色のとばり。 朝有紅顔 (ちょうゆうこうがん) …… 意味:人の一生は変わりやすく、儚いことのたとえ。 「紅顔」は色つやのよい顔ということから、若い人のたとえ。 緑酒紅灯 (りょくしゅこうとう) …… 意味:歓楽と贅沢な食事のたとえ。 または、人通りの多いにぎやかな繁華街と歓楽街のたとえ。 千紅万紫 (せんこうばんし) …… 意味:さまざまな色の花が咲き乱れている様子。 または、さまざまな色を言い表す言葉。 灯紅酒緑 (とうこうしゅりょく) …… 意味:歓楽と贅沢な食事のたとえ。 または、人通りの多いにぎやかな繁華街と歓楽街のたとえ。 林間紅葉 (りんかんこうよう) …… 意味:秋の風流な楽しみ方をいう言葉。 林の中で紅葉を集め、その紅葉の焚き火で酒を温めて飲むということから。 紅粉青蛾 (こうふんせいが) …… 意味:紅(べに)、白粉(おしろい)と青く引いた眉。 美人の上手な化粧をいう。 紅毛碧眼 (こうもうへきがん) …… 意味:赤茶色の髪の毛と青緑色の眼。 すなわち西洋人のこと。 紅灯緑酒 (こうとう-りょくしゅ) …… 意味:歓楽街繁華街の華やかなことの形容。 また、歓楽と飽食の享楽生活のたとえ。 花紅柳緑 (かこう-りゅうりょく) …… 意味:春の美しい景色の形容。 また、色とりどりの華やかな装いの形容。 また、人手を加えていない自然のままの... 輭紅塵中 (なんこう-じんちゅう) …… 意味:華やかで、にぎやかな都会の様子。 「輭」はやわらかい花びら。 転じて、都会の華... 桃紅柳緑 (とうこう-りゅうりょく) …… 意味:紅くれないの桃の花と、緑あざやかな柳の葉。 美しくさまざまな色彩に満ちた春の景色のこと。 翠帳紅閨 (すいちょうこうけい) …… 意味:翡翠(かわせみ)の羽で飾った帳(とばり)と紅色の寝室。 美しく飾った貴婦人の寝室のこと。 【「赤」を含む四字熟語】 赤手空拳 (せきしゅ-くうけん) …… 意味:手には何の武器も持たないで立ち向かうこと。 また、助けを何も借りずに、独力で物事を行うこと 近朱必赤 (きんしゅひっせき) …… "意味:友人によって、よくも悪くも感化されるということのたとえ。 " 赤口毒舌 (せきこうどくぜつ) …… 意味:激しく非難して、相手を傷つける言葉のこと。 赤縄繋足 (せきじょうけいそく) …… 意味:結婚する準備が整うこと。 または、結婚すること。 赤心報国 (せきしんほうこく) …… 意味:誠意を込めて国のために尽くすこと。 赤貧如洗 (せきひんじょせん) …… 意味:ものすごく貧しいこと。 冬月赤足 (とうげつせきそく) …… 意味:欲を持たず、清く正しい行いをしているために、貧しい暮らしをしていることのたとえ。 白兎赤烏 (はくとせきう) …… 意味:時間のこと。 「白兎」は月に住んでいるとされる白い兎。 白荼赤火 (はくとせきか) …… "意味:戦場全体に軍隊を展開すること。

次の