フェイス ブック 初心者 注意。 【ビギナー(初心者)向け】Facebook(フェイスブック)の使い方がわかる! ゼロから始める基礎用語集

初心者のための、Facebook活用ガイド

フェイス ブック 初心者 注意

とりあえずFacebook!その前に この所、ネットもテレビも新聞も、やたらと の文字が躍っているせいか、大企業から中小企業までFacebook登録が増えています。 その中で、ビジネス上のFacebook使用に関して、特に中小企業・自営業において、Facebookの 規約違反を含む、初歩的なミスが未だに数多く見られます。 得に、よく分からないわからないけど、とりあえずFacebook を始めてみよう!という中小企業には、特に気をつけていただきたい、Facebook の初歩的なミスの ワースト3をご紹介します。 中小企業の初歩的なミス、ワースト3 第三位 個人アカウントで企業名を登録 第三位には、以前よりは少なくなりましたが、それでも未だに間違いが多く、最悪の場合、Facebookの アカウント削除の可能性もありうる、重大な 規約違反です。 FacebookのIDは2つの種類があります。 個人アカウント・・・1人1つしか所有できない、個人が実名で持つID。 友達とつながるなど、通常使われるのはこちら• ビジネスアカウント・・・個人アカウントを持たずにFacebookページを管理する為だけにある、友達とつながる機能がない、ビジネス専用のIDの 個人アカウントを企業名や 商品・ サービス名で登録することはできません。 しかし、よくわからずに、事業や店の名前で、 個人アカウントを登録してしまった 企業や 団体が数多く見られます。 もし見分け方が分からない方は、自社の企業IDのページに、下記の様に「 友達」という表示がある場合、それは間違って、個人アカウントで企業IDを作っています。 もしこのミスに陥った場合は、2種類の解決方法があります。 間違って登録した 企業の個人アカウントをFacebookページに変更する()• 企業の個人アカウントを削除(参考:)します。 そして、個人名でを行ってから、する。 若しくは、と同時に、ページの管理専用のを登録する 第ニ位 Facebookページの表紙で宣伝をする 第ニ位は、著名な企業ですら気づかずに行っている事がある、非常に多いFacebookページの利用規約違反です。 これが非常に目立つ為、企業の広告や、電話番号やホームページアドレスなどを、カバー写真に入れてしまう企業がありますが、これは立派なFacebook の規約違反です。 カバーには以下を含めることはできません。 comからダウンロード」などの 価格または 購入情報。 ウェブサイトのアドレス、メール、住所などの連絡先情報や、[ 基本データ]セクションに記載すべき情報。 iii. 「 いいね!」や「 シェア」などのFacebookの機能やアクションの言及、またはこうした機能を指す矢印。 「今すぐ購入」や「友達に教えよう」といった アクションを促す表現。 より もし上記に当てはまるような内容を、カバー写真に使っているのであれば、早々にカバー写真をご変更ください。 なお、Facebookページの ウォール(掲示板)で、企業の宣伝や告知を投稿することは、Facebook規約としては問題はありませんが… 第一位 Facebookページで宣伝と告知ばかり 第一位は、Facebook の規約違反ではありませんが、大半の企業の Facebookページで犯しており、まったくミスとは思っていない 致命的なミスです。 もし貴社の Facebookページが、一生懸命に更新をしている関わらず、 いいね!や コメントなどの反響が得られないのであれば、おそらく、 宣伝や 広告ばかりで内容がつまらないからです。 つまり、宣伝や広告ばかりの 企業Facebookページは、多くのユーザーにとって 不要な存在である事に気付くべきです。 では、企業はFacebookページで反響を得て、ファンの信頼を勝ち得るために、どうすれば良いのか。 重要な2つのポイントを、こちらのブログ記事に書いておりますので、ご参考ください。 参考資料 企業にFacebook活用は難しい? こんな話を企業の方々にしていると、 企業のFacebook活用は難しいものだと考えられる方がいるようです。 しかし、そんなに難しく考える必要はありません。 人と人との交流がFacebookの基本。 つまり、Facebook でも、 リアルな商売でお客様と接する時と同じく、自分がどうやって交流し、どんな情報を提供すれば、お客様が喜び、信頼してくれるかを考えて、行動する。 ただ、それだけです。 守るべきをしっかり遵守した上で、お客様としっかり対話をしてくださいね。 今回のまとめ Facebook の規約を守り、しっかりお客様と対話をする 参考:Facebook初心者さんが、Facebookのコロコロと変わる機能を含めてきちんと学ぶには、紙媒体で対応できないFacebook本を買うよりも、を参考にするのが最良です。 カテゴリー: タグ: , , , , , , , , , 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション.

次の

【フェイスブック】登録方法や注意点を解説!名前は実名か偽名かまで

フェイス ブック 初心者 注意

フェイスブック、情報公開に注意…悪用の恐れ 読売新聞 2012年2月25日 土 14時45分配信 によると 「知り合いかも?」。 フェイスブックの画面上にこう表示された文言と、添えられた男性の顔写真を見て、30歳代半ばの女性はギクリとした。 過去に飲み会で知り合い、メールアドレスを交換したことのある男性だったからだ。 「なんでフェイスブックがこの人と私の関係を知っているの?」 同社によると、登録した友達や経歴、所属組織の共通性などをもとに、 利用者全体の中から知り合いの可能性がある人を見つけ出し、画面に表示する仕組みだという。 端末内に登録しているアドレス帳の中身を読み込ませると、そのメールアドレスを使ってフェイスブックにアクセスしている人も探し出す。 とのことです。 等の個人的な行動や情報を書き込まないほうがよさそうだ。 社会的に意味のある行動は別だが。 みなさん 悪用される可能性があるそうなので、気をつけよう。 では、何に使うの? 私はFacebookの活用は、人がして欲しいと思われることをする場と考えています。 そのような 1. 友達作りや 2. 友達の仕事や生活などに参考になる情報や 3. 社会的に価値ある情報を伝達する ことなどの手段に使いたいものだと思っています。 Facebookが「存在する価値」を高めるような使い方をしたい。 それと上記URL記事の文中に 「端末内に登録しているアドレス帳の中身を読み込ませると、そのメールアドレスを使ってフェイスブックにアクセスしている人も探し出す。 」 とあるが 端末とは我々が使っているパソコン等のことをさしており、私が、Facebookで友達探しをする時に手持ち メールアドレスを利用してFacebookに読み込ませる機能があることをさしているのではと思います。 このことを言っているのであれば 私達は、絶対に安易にこの機能は使わないようにすべきです。 他人の 個人情報であるメールアドレスを譲り渡していることと同じであるからです。 私は、次のようなことにも注意しています。 日本語の表現にはあいまいなことがあるということに世界は驚いていることでしょう。 情報伝達に正確性がない場合は信頼性を失うことになりますので注意が必要です。 得に根拠も示さないで、あたかも真実であるように巧みに表現しうわさを作る人もあります。 また、シェアをする意味を書き込むこともなく、無責任に友達にシェアしているケースも多い。 何かぶきみさを感じたり、またゴミが増えたと思ったりすることがあります。 ビジネスにもつかわれていますので、特に次の点は特に要注意です。 懸賞や無料情報等、欲が伴う誘いにに乗ると 悪用される場合があるので注意しよう。 この場合次のような表現で許可を求められれることが多いので、注意しよう。 あなたにかわって投稿 データへのアクセスを常に許可 基本データへのアクセスあなたのメールアドレスの取得 あなたのプロフィール情報へのアクセス 他の人が私と共有した情報へアクセス 友達のメールアドレス等の情報(友達との関係を診断するアプリ) の取得 これらのことを許可しますかという画面が出たら「 絶対許可しないでください。 」 許可するかどうかは自己の責任において自由ですが、注意したほうが良いと思われます。 特に友達との関係を診断する種類のものは、 友達の了解もないまま個人情報を取得され迷惑がかかるかも。 個人情報を取得していくわけですから、 フライバシーポリシーベージが無かったり、英語の場合は絶対に使わない。 もっと詳しくは Facebookスパムアプリの恐ろしさ をごらんください。 許可したら権限を与えてしまうことになるので要注意.

次の

要注意な友達リクエストと対処方法。

フェイス ブック 初心者 注意

今、中学生や高校生が一番利用しているSNSはLINEで、二番めがTwitterだそうです。 我が家の長男は中学生になってからLINEを始めましたが、友だちにはTwitterをやっている子も多いらしく、最近Twitterをやりたいと言ってきました。 LINEは比較的閉じた空間の中でコミュニケーションを取るツールであるのに対して、 Twitterはより開かれたパブリックな空間ですので、同じように振る舞うと大失敗をおかすことは目に見えています。 ただ、身内だけで部屋に集まってバカやって楽しんでいたつもりが、実はTwitter空間は人通りの激しい街中だったから、関係のない第三者から思わぬ批判を浴びることになってしまったのでしょう。 SNSは既に社会インフラになっていますので、子供にとって危険だからといって遠ざければいいってものでもありません。 ですから、私は中学生のTwitterを禁止するつもりはないのですが、予備知識もなしにいきなり放り出すのもどうかと思うので、あらかじめこれだけは知っておくべき注意点をまとめてみました。 プロフィール Twitterでは、まず自分のプロフィールを作りますが、画像や名前、場所、自己紹介文などを入れることができます。 で、実はどれも本当の情報でなくても登録できるんですね。 自分の本名や写真を入れておくと、友だちが検索しやすくなるというメリットはあるのですが、開かれた空間で個人を特定されてしまうデメリットもあります。 プロフィールはあとで変更できますので、ちょっとでも不安なら個人を特定できないニックネームやイラストから始めたほうが無難でしょう。 また、このように基本的には本人確認しているわけではないので、名前や性別、写真など、いくらでも偽ることができます。 ネット上には中学生限定の友達&フォロワー募集掲示板などがありますが、掲載されているプロフィールを安易に信用してはいけません。 特に女の子の場合は要注意です。 同じ中学生だと思ってTwitterを通じて意気投合した人が、実はどこかのオジサンだったりする可能性もあることは覚えておきましょう。 なお、著名人の場合、Twitterが本人確認できたアカウントに対してはこのような 認証済みマークが付与されています。 つぶやき Twitterでは何気ない発言がたちまち拡散されて、思わぬ誹謗中傷を浴びたり、個人を特定されて事件に巻き込まれてしまう可能性があります。 自分の発言をTwitterから消すことはできますが、一度拡散すると完全に消去することはまず不可能です。 基本的に、初心者のうちは以下のような発言は避けたほうがよいでしょう。 自分に限らず、家族、友人も含めて個人を特定できること• 現在いる場所に関すること• イベント等に関するリアルタイムなつぶやき• ネガティブなことや反感を買うようなこと• 特定の個人や団体に対する批判や悪口 また、Twitter上に流れる他人のつぶやきも、有益な情報と眉唾情報とがあり玉石混交です。 中には怪しいサイトへ誘導するリンクもあるので、基本信用しない、疑ってかかるくらいの方がいいです。 安易にリンクを踏んだり、リツイートや返信をしないよう気をつけましょう。 [ad co-2] 写真や動画 ご存じの方も多いと思いますが、以前、中学生が小学生をいじめている動画をアップして炎上したことがありました。 いじめた子は、たしか個人名まで特定されたかと思います。 また、Twitterで自撮り画像を気軽にアップする子供も多いのですが、「これって誰でも見られることが分かってるのかな?」と首を傾げるような、キワドイ画像もあったりするんですよね。 注目を浴びるためにやっているのか、周りに乗せられてやっているのか分かりませんが、ちょっとこのノリは正直理解できません。 基本的に 一度ネットにアップした画像は、その後もずっとデータとして残ると考えるべきでしょう。 また、iPhone等で撮影したデジタル写真には、通常「Exif」と呼ばれるメタデータが一緒に保存されています。 この Exifには撮影日時や位置情報などが含まれていて、専用ビューワで簡単に確認できます。 via: の公式アプリから写真を投稿する場合、自動的にExif情報は削除されますが、アプリやサービスによってExifの扱いが異なるので注意が必要です。 via: アプリ連携 他のウェブサービスやアプリなどからTwitterに投稿する場合には、 Twitter連携アプリを認証する必要がありますが、中には自分のアカウントから勝手にフォローしたり、宣伝ツイートをしたりといったスパム行為をおこなう悪質なアプリがあります。 最近では、Yahoo!JAPANの「話題なう」や「ツイキャス」を偽装するスパムアプリも出てきており、手口が巧妙になってきています。 少しでも怪しいと思う連携アプリは認証しないよう注意しましょう。 もしうっかり認証してしまった場合は、パソコンからTwitterにログインし、アカウント設定の「アプリ連携」タブで、削除したいアプリの「許可を取り消す」をクリックして連携を解除します。 なお、iPhoneから連携解除する場合、Twitter公式アプリやSafariからはできませんが、「」をインストールし、Chromeアプリから同様の作業をおこなえます。

次の