イギリス 王室 系図。 どうなってる?近代のイギリス王室家系図について解説

イギリス王室の基本まとめ!ロイヤルファミリーの名前や家系図、注目のニュース

イギリス 王室 系図

イギリス王室の王位継承順位 ジョージやアーチーは? ロイヤルベビーが誕生するたびに、気になるのが次の王冠が誰の手に渡るかということ。 小さな子供たちであるジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子、そしてアーチー王子が何位に位置するのでしょうか。 イギリス王室の王位継承順位 王位継承順位 現(2019)年齢 続柄 1位 チャールズ 70歳 エリザベス王女第1子 2位 ウィリアム 36歳 チャールズ皇太子の長男 3位 ジョージ 5歳 ウィリアム王子第1子 4位 シャーロット 4歳 ウィリアム王子第2子 5位 ルイ 1歳 ウィリアム王子第3子 6位 ヘンリー 34歳 チャールズ皇太子の次男 7位 アーチー 0歳 ヘンリー第1子 8位 アンドルー 59歳 エリザベス王女第2子 9位 ベアトリス 30歳 アンドルー王子第1子 10位 ユージェニー 29歳 アンドルー王子第2子 王位継承権の表を見ると、日本の皇室とは違う部分が見られますね。 注目すべきは、第3位のシャーロット王女。 男の子であるルイ王子より上なんです。 これについては次の章で詳しく説明しますね。 また、まずないとは思いますが、王位継承権8位の アンドルー王子は絶対になってはいけない人物。 彼は、イギリス王室で最もお騒がせな人物で、収賄容疑や、武器の売買取引、児童買春スキャンダルが多くあります。 vogue. 王位継承権は男子・女子関係なく生まれた順によって決定される 日本の皇室典範では、「世継ぎになれるのは男系の男子のみ」というルールがありますが、 イギリス王室では、男子、女子の性別に関係なく、生まれた順番が優先されます。 例えば、ウィリアム王子とキャサリン妃の子供たちを見てみると、 ・第1子 ジョージ王子 ・第2子 シャーロット王女 ・第3子 ルイ王子 と、男・女・男の順の子供が生まれていますが、第三子で次男のルイ王子が誕生しても、女であるシャーロット王女の王位継承順位が変わることなく第4位となったままです。 男女平等のこのルールも2013年に改正されたものです。 日本でも、愛子さまの皇位継承権が問題にされていますが、どうなっていくのでしょうか。 イギリスの王室の祖先はフランス人? イギリスの王室が出来た時の最初の王はイギリス人では無かったことを知っていますか? 日本の皇室は血筋(血統)で受け継がれててきましたが、イギリスでは戦いで勝ったものが王位についてきました。 そのため、フランスから攻めてきたギョーム2世がイングランドを征服して、ウ ィリアム1世としてイングランド国王になったのです。 つまりイングランド国王のウ ィリアム1世はイギリス人ではなく、フランス人(正確にはヴァイキング系 のノルマン人)だったのです。 イギリスの王位継承者は5000人! イギリスの王室では、女系女王を認めたために王位継承者が拡大しています。 ・妻の祖国の祖母、曾祖母も王位継承者 ・他国に嫁いだ王女 ・他国に嫁いだ王女の子供(子孫) などにも王位継承権があります。 そのため、他の国の王であってもイギリスの王位継承者ということもあります。 例えば、ノルウェー国王ハーラル5世は、イギリス王位継承第68位です。 イギリス人ではないのに、王位継承権があることに、不思議で興味深いですね。 日本でも女系天皇を容認すれば、皇位継承者が際限なく広がる可能性もあるので、慎重になるのも無理はありません。 王位継承者が結婚する場合は女王の承認が必要 イギリスの王位継承者が結婚する場合は、その相手を女王に承認してもらわないと結婚できません。 過去には、エドワード8世が、ウォリス・シンプソンと結婚しようとしたところ、ウォリスが離婚経験者だったため王位を捨てて結婚したのは有名な話。 しかし、これも2013年の法改正により王位継承順位6番目まで許可が必要となりました。 ですので、ハリー王子はメーガン妃と結婚する前に、エリザベス女王に許可を取っていました。 王位継承者には多くの特権も与えられますが、それ以上の多くの制約もあります。 日本でも眞子内親王と小室圭さんの結婚問題が大きくなっていますね。 王位継承者は継承権を放棄できない 王位継承権は絶対で、王位継承者は継承権を放棄できないことになっています。 最近、ヘンリー王子が「主要王族からの引退」を宣言し、波紋を呼んでいますが、王族引退はできても王位継承権の放棄はできません。 しかし、 一度王位につけば、1936年にエドワード8世のように、王位から退くことはできます。 チャールズ皇太子が王に君臨するころには高齢であり、ウィリアム王子の方が人気もあるため、戴冠後間もなく王位を退く可能性もイギリスでは噂されています。 まとめ イギリスの王位継承順位を見ると、日本の皇室とはずいぶん違うことが分かりました。 そじて、王位継承者には多くの特権も与えられますが、それ以上の多くの制約がることも分かりました。 普通の生活をしたいということから、王位継承権を持つ人の中には王家の称号を辞退する人もいるほどです。 イギリスは時代のそぐわない法律を改正し、皇位継承順位に性別は関係なくなりました。 現在、日本の皇室は継承存続の危機を迎えています。 イギリスのように、議論が進めば女性天皇の誕生も実現するかもしれませんね。

次の

イギリス王室の基本まとめ!ロイヤルファミリーの名前や家系図、注目のニュース

イギリス 王室 系図

世界最高峰の名家、英国王室の系譜を覗いてみよう 今回は海外の名家、それも世界最高峰と言っていい英国王室の系譜をご紹介しましょう。 しかしその歴史は深く広く、どこかにスポットライトを当てないと到底紹介しきれません。 そこで、現在のエリザベス2世に次いで長期にわたって女王の座に就いた「ヴィクトリア女王」をご紹介します。 ヴィクトリア女王は1819年5月24日に生まれ、18歳の1837年6月20日に即位しました。 世界に君臨した大英帝国を象徴する存在として81歳で亡くなるまで、なんと63年と7カ月もの間在位しました。 さっそく、ヴィクトリア女王の功績や足跡を振り返ってまいりましょう。 大英帝国絶頂期に63年7カ月に亘って在位 ヴィクトリア女王は大英帝国のハノーヴァー朝第6代女王。 女王に在位していた期間のことを「ヴィクトリア朝」と呼びます。 産業革命によって社会インフラ・技術・経済が急激に成熟した、まさに大英帝国の絶頂期と言える時代です。 二人の間の一人娘としてロンドンのケンジントン宮殿で誕生しました。 彼女が誕生した時の王位継承順位は第5位。 父のケント公エドワードが4男だったため、3人の伯父と王位継承順位第4位にある父に次ぐポジションでした。 しかも、伯父たちに子どもができればその都度順位は下がるという、王位からは遠い存在だったのです。 「ヴィクトリア」という名前は、母からもらったミドルネーム。 今となっては英国らしい名前として定着していますが、それはヴィクトリア女王の長期在位の賜物で本来はドイツの名前です。 ファーストネームは「アレクサンドリナ」。 洗礼の際に父の長兄である摂政王太子ジョージとともに代父を務めた、ロシア皇帝アレクサンドル1世から名前をもらいました。 ロシアとドイツの名前「アレクサンドリナ・ヴィクトリア」は当時、英国でも馴染みの薄い名前だったのです。 ヴィクトリアが生後8カ月の時、父ケント公が薨去し、その6日後には国王ジョージ3世が崩御。 摂政王太子ジョージがジョージ4世としてハノーヴァー朝第4代国王に即位します。 夫が残した借金を背負わされた母のケント公妃は、弟のレオポルドから資金援助を受けケンジントン宮殿で暮らしヴィクトリアを育てます。 その育児ぶりは、まさに箱入り娘のようで過干渉の下に置きました。 5歳の頃に女性家庭教師についたハノーファー王国出身のルイーゼ・レーツェンは、ヴィクトリアに勉強を教えるだけではなく、人格形成の大きな影響を与えます。 ヴィクトリアも信頼を寄せ、結婚するまで側近を務めました。 1827年に国王の次弟ヨーク公が薨去、1830年には国王ジョージ4世が崩御します。 いずれも子のないままでした。 そして、三弟のクラレンス公ウィリアムが65歳という高齢でウィリアム4世としてハノーヴァー朝第5代国王に即位しました。 ウィリアム4世はヴィクトリアに王位継承の期待を寄せますが、この時ヴィクトリアはまだ11歳。 「暫定王位継承者」に認定されてはいましたが、英国で成人とされる18歳までは王位には就かず、母のケント公妃が摂政として権力を得ることになります。 ケント公妃に対する国王ウィリアム4世の不信感と嫌悪感はピークに達しており、なんとしてでもヴィクトリアに直接王位を継承したく、自ら生への執念を見せました。 1837年5月24日にヴィクトリアは18歳になり成人。 それを追うように6月20日にウィリアム4世はウィンザー城で崩御。 これによりヴィクトリアはハノーヴァー朝第6代女王に即位したのです。 ナポレオン戦争の英雄もタジタジにさせた「寝室女官事件」 女王に即位してすぐ、ヴィクトリアはケンジントン宮殿からバッキンガム宮殿へ移りましたが、母ケント公妃の過干渉を避けるように自分の部屋から遠ざけます。 その一方で、レーツェンの部屋を自室の隣に置いて相談役として信頼し重用しました。 若くして即位した女王に政治のイロハを教えたのは即位時の首相、メルバーン子爵です。 ヴィクトリアは父親のように慕って頼りにしていました。 しかし、即位から2年も経たぬうちにメルバーン子爵は自らの求心力が低下していることから首相の辞意を表してしまいます。 代わって相談役として召されたのはナポレオン戦争の英雄ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーでしたが、60代後半という高齢から断られてしまいました。 結局ウェリントン公の推薦で与党である保守党のサー・ロバート・ピールを召すものの、これからも野党に立場を変えたホイッグ党のメルバーン子爵に相談したいという女王の希望を却下。 ヴィクトリアとピールの仲は一気にこじれてしまいます。 ピールは女王の側近たる女官たちも保守党議員の妻に交代させることを進言しますがこれに対しヴィクトリアは猛反発。 ウェリントン公が仲裁に入るも両者譲らず平行線を辿ります。 政権交代による人事異動なのでピールの進言は慣習上当然のことなのですが、結局ピールが折れ寝室の女官をそのままにすることになりました。 また、このことでピールは首相の大命を拝辞。 メルバーン子爵が首相に留まることでこの騒動は決着します。 ナポレオンを下した名将ウェリントン公も、年の差50歳の若き女王が発するタンカにタジタジとなったこの一件。 のちの世に「寝室女官事件」と呼ばれる有名なエピソードです。 二度惚れして決意したアルバートとの結婚 「寝室女官事件」に象徴されるように頑固で荒い気性を見せる女王に対し、ゴシップ好きのマスコミは「早く結婚したほうがいい」と書き立てましたが、縁談は密かに進んでいました。 即位の前年にヴィクトリアはアルバートに会い、日記にも好印象を綴っていましたが、身辺の周到なお膳立て攻勢に反発します。 結局押し切られて20歳になった1839年に引見し、一段とイケメンになり知性溢れるアルバートに惚れ直して結婚を決意。 身長が167cmと小柄だったアルバートに対し、ヴィクトリアも145cmだったため、とてもお似合いだったのではないでしょうか。 翌年の2月10日にロンドンのセント・ジェームズ宮殿で盛大な結婚式を挙げます。 ヴィクトリアとアルバートの共同統治へ 国民からは人気があったアルバートも、貴族社会や社交界からは外国人として疎まれていました。 そのためヴィクトリアは結婚当初、夫が政治役割を果たすことを嫌っています。 しかし1840年代、2人の間に子どもが誕生してゆくようになると、アルバートは補佐役を務めるようになります。 徐々に表にも出るようになり、英国はヴィクトリアとアルバートの共同統治の状態になっていきました。 特にアルバートは二大政党の権力争いに加担することなく王権の中立化に努めます。 アルバートの影響で「寝室女官事件」以来ピール首相に不信感を抱いていたヴィクトリアの気持ちを変え、支持へと傾いていきます。 また、こうした夫妻の政治姿勢が現代のイギリスへと続く「立憲君主制」の足がかりとなっています。 受難の時代を招くアイルランドの「ジャガイモ飢饉」 1840年代、英国は受難の時代でもありました。 1845年にアイルランドで起こった「ジャガイモ飢饉」は深刻で、100万人もの命が失われます。 さらに100万人が島を離れ北米大陸などへ移住。 深刻な人口減の状態に陥ってしまいました。 この惨状に対しヴィクトリアは「アイルランドとスコットランドの貧民のための英国救貧協会」に2,000ポンドを寄付し、救いの手を差し伸べます。 また、ピール首相は保護貿易主義の穀物法廃止を決意。 ヴィクトリア夫妻もこれを支持しアイルランド人が安い価格の輸入穀物を購入できるようにしようとしますが、これを地主貴族などが強く反発します。 結局、ピールは法案と刺し違えて首相を辞職することになってしまいました。 世紀の大イベント「第1回万国博覧会」に注力 1851年には国威と産業・技術大国である英国を世界に知らしめる一大イベント「第1回万国博覧会」がロンドンで開催されます。 アルバートは準備から取り仕切り、ヴィクトリアは開会宣言を行いました。 万博は140日の期間中にのべ600万人が訪れ、収益も相当な額に上ったとされ、主要な道路、ホール、博物館などの創設において賄われます。 アルバート崩御 アルバートは1850年代後半から徐々に健康を害するようになります。 溺愛していた長女のヴィッキーが1858年にプロイセン王子フリードリヒに嫁いでから急激に元気がなくし、さらには皇太子バーティが引き起こす不良行為や問題行動も悩みの種でした。 1861年12月13日、ついにヴィクトリア女王ら家族が見守る中、アルバートは崩御。 42歳という若さでした。 悲しみに暮れた女王はその後10年以上にわたって喪に服し、公の場に現れることもほとんどなくなります。 服喪期間はあまりに長く、次第にマスコミや世間からも批判の声が高まりだしました。 しかし、内政への無関心を装いながらも外交には高い関心を持ち、国外での欧米諸国による問題への介入を阻止し、一方でヨーロッパの平和が脅かされる問題へは積極的な介入を支持するなど、深く政治に関わっています。 大英帝国の植民地政策を推進 保守党の首相であるベンジャミン・ディズレーリの導きで公務に復帰したヴィクトリア女王は、帝国主義政策を支援。 大英帝国は世界各地での植民地化、半植民地化を一層押し進めていきます。 1877年には初代の「インド女帝」に即位。 植民地政策は強硬的に行われていき、この頃地球上の陸地と人口の4分の1を支配しました。 一方では植民地の権力者に権限を温存させたり、その子息たちに教育を施したりするなど、他国の植民地支配と比べれば温情型でした。 晩年は病気がちになることが多くなるも精力的に公務を行なってきましたが、徐々に衰弱し、1901年1月22日に崩御。 81歳の生涯81を閉じました。 頑固で短気ながらも情に厚いヴィクトリアの人柄 女王の性格として知られているのは、とても短気で頑固、自分に反抗する人は自分の子や孫でも信用せず排除しようとしていた点です。 しかしその一方で情に厚く、気に入った人物や理解者に対しては全幅の信頼を置いていたという事実もありました。 在位中の10人の首相とも、とてもうまくいく人とそうではない人がはっきり分かれていたことがわかっています。 また当初は嫌悪感をいだいていた人物に対して、その後相手の行動や考え方、人間性を理解することで信頼を寄せることができる素直な一面もありました。 とても人間味あふれる人物像だったと言っていいでしょう。 子孫は英国王室から欧州各国へ ヴィクトリア女王の子孫を家系図で見てみます。 王配アルバートとの間に4男5女と子宝に恵まれました。 長女のヴィッキーはドイツ皇帝のフリードリヒ3世の妃となり、その間にドイツ皇帝となったヴィルヘルム2世が誕生しました。 次女のアリスはヘッセン大公国のルートヴィヒ4世妃となり、その四女アレクサンドラはロシア皇帝ニコライ2世の皇后となりました。 エドワード7世 在位:1901年1月22日~1910年5月10日 以降、現在のエリザベス女王へと繋がる王位を見ていくと、エドワード7世の次男がウィンザー朝の初代国王で後のジョージ5世 1910年5月10日~1936年1月20日。 ジョージ5世の長男のエドワード8世 1936年1月20日~12月11日 が父の死を受けて独身で即位するも、不倫騒動が引き金となってその年の12月11日に退位。 すぐ下の次男アルバート、後のジョージ6世 1936年12月11日~1952年2月6日 は、最後のインド皇帝 1936年~1947年 にして、最初のイギリス連邦元首 1949年4月28日~1952年2月6日 となります。 ジョージ6世となるケント公アルバートと妃エリザベスの第一子・長女として誕生したのが、イギリス連邦王国女王のエリザベス2世です。 即位は1952年2月6日で、在位は現在に至るまで続いており歴代最長となっています。 ヴィクトリア家の悲劇の血とは? ヴィクトリア家には血友病の因子を持った血が継承されているという真実があります。 「血友病」とはX染色体上の遺伝子の欠陥による劣性遺伝で、父親から息子へはX染色体を受け継ぎません。 ヴィクトリアの子孫の男子の中に血友病を発症するものが多くいました。 しかし、ヴィクトリアの先祖に血友病になった者の記録はなく、彼女が何らかの突然変異で血友病の因子を持ったと考えられています。 実際には四男レオポルドが血友病で苦しみ、長女ヴィッキーの三男ジギスムント皇子と四男ヴァルデマール皇子は幼くして感染症で薨去し、血友病の疑いが指摘されています。 さらに、ヴィクトリア家から継承されてしまった血友病は、英国内のみならず国外の王室にももたらされています。 二女のアリスは血友病の因子を持ち、娘アレクサンドラはロシア皇帝ニコライ2世の皇后となりましたが血友病の因子を持っており、孫でヴィクトリアのひ孫にあたる最後のロシア皇太子アレクセイは幼い頃から血友病で苦しみました。 また五女のベアトリスを通じてスペイン王室ブルボン家にも血友病がもたらされたことがわかっています。 世界を制した帝国の王室の血筋は複雑 英国王室の血筋・家系図はたいへん奥が深く、ヴィクトリア女王が君臨していた帝国主義真っ只中の時代にはヨーロッパ各国の王室との交わりも多く、とても複雑です。 なかなか身近に感じることはできませんが、映画や舞台として数多くの作品が世の中に出ているので、そういったところに興味を注ぎ掘り下げていくのもお薦めしたいと思います。

次の

血友病の遺伝

イギリス 王室 系図

の血を引いている者(の子孫)に限る。 継承者は国王の。 2011年以前誕生の者については改正前の兄弟姉妹間男子優先が適用される。 で信仰であること。 王位継承後、に帰属すること。 信徒ないしカトリックに転向した者は、継承権を喪失する。 は継承権が与えられない。 にので行われた英連邦王国首相会議で、カトリック信徒との結婚による王位継承権の喪失の条項の撤廃、また男女の別なく長子先継とする改正が合意された。 この改正に関しては英連邦王国の各議会の議決と国王の裁可が必要であり(とを除く)、各国で作業が行われた。 2011年時点で継承権の最下位(4973位)は在住の女性カリン・ボゲルであった。 12月3日にの夫人の第一子懐妊が公表され、12月13日には英連邦首脳会議の合意に沿って王位継承法案が議会に提出された。 世論は速やかな法案成立を待望しているなどとして、政府がその審議の促進を求めた結果、法案はわずかな修正を経て、1月28日に下院を、4月22日には無修正でを通過し、にの裁可を得てが制定された。 2013年王位継承法は、に発効した。 カトリック信徒との結婚で継承権を喪失していた者のうち、などがこの改正により復権している。 女王 (1926)在位: -• 国王(1865-1936)• (1894-1972、ジョージ5世第1王子、退位)。 (1900-1974、ジョージ5世第3王子)• 27 (1944、次男)• 28 (1974、長男)• 29 (2007、長男)• 30 (2010、長女)• 31 (1977、長女)• 32 セナ・ルイス (2010、長女)• 33 タネ・ルイス (2012、長男)• 34 (1980、次女)• 35 ライラ・ギルマン (2010、長女)• 36 ルーファス・ギルマン (2012、長男)• (1902-1942、ジョージ5世第4王子)• 37 (1935、長男)• 38 (1962、長男)• (カトリックに転向) (1988、長男)• (カトリックに転向) (1992、長女)• 39 (1995、次女)• (カトリックに転向) ニコラス・ウィンザー卿 (1970、次男)• 40 アルバート・ウィンザー (2007、長男)• 41 レオポルド・ウィンザー (2009、次男)• 42 ルイス・ウィンザー (2014、三男)• 43 ヘレン・テイラー令嬢 (1964、長女)• 44 コロンバス・テイラー (1994、長男)• 45 キャシアス・テイラー (1996、次男)• 46 エロイズ・テイラー (2003、長女)• 47 エステラ・テイラー (2004、次女)• 48 (1942、次男)• 49 フレデリック・ウィンザー卿 (1979、長男)• 50 モード・ウィンザー (2013、長女)• 51 イザベラ・ウィンザー (2016、次女)• 52 ガブリエラ・ウィンザー令嬢 (1981、長女)• 53 (1936、長女)• 54 ジェームズ・オギルヴィ (1964、長男)• 55 アレクサンダー・オギルヴィ (1996、長男)• 56 フローラ・オギルヴィ (1994、長女)• 57 マリナ・オギルヴィ (1966、長女)• 58 クリスチャン・モワット (1993、長男)• 59 ゼノースカ・モワット (1990、長女)• (1905- 1919、ジョージ5世第5王子)幼少より病弱で夭折。 (1897-1965、ジョージ5世第1王女)の子孫が60位以下となる 英王室系図 [ ] 「ヴィクトリア女王陛下と王室ご一家」"", v. 44, no. 1137 (1877年7月14日)。 「」と呼ばれたによってイギリス王室と縁戚関係の王侯貴族の人数が増加(ヴィクトリア女王の5人の娘はドイツ諸侯などに降下し、40人の孫、37人の曾孫が誕生した)。 その結果、外国の王族にイギリスの王位継承権者が存在する原因の一つである(cf. 「」)。 の子孫はと婚姻関係を結んでいるため、非諸外国の王室・名家にも継承権者が存在する。 これらの順位は、自身より上位の継承権保有者の誕生・死去、もしくはカトリックへの改宗などによって頻繁に変動する。 もっとも、現イギリス王室とはかなりの遠縁のため、彼らがイギリス国王を継承する可能性は非常に低い。 - ただし、である。 - 同上。 (オランダ)• なお、 国王アルフォンソ13世にが降嫁することで、アルフォンソ13世の子孫の全員が同時にヴィクトリア女王の子孫となった。 更にコンスタンティノス2世の姉であるがヴィクトリア・ユージェニーの孫にあたるに嫁ぎ、スペイン王室にも継承者の血統が流れている。 しかし、スペイン王室は信仰であり、前述の二人の継承者は何れも結婚に伴って自らカトリックに改宗しているため、子孫も含め継承権が無い。 特にヴィクトリア・ユージェニーの婚姻においては、ヴィクトリア女王の子孫の殆どがプロテスタント各王室との婚姻を行う時代で異例のものであり、彼女がヴィクトリアの血を引くが故の患児出生の可能性も含め出身両国で議論が噴出した。 系図 [ ].

次の