秘書検 面接。 1級面接対策「報告」|秘書検定の元講師が教える秘書検定の面接対策のポイント

秘書検定準1級 面接試験で正しいのは?

秘書検 面接

秘書検定には、1級、準1級、2級、3級の4段階があります。 受験に制限はないので、どの級からでも受けることが出来ます。 大きな違いは、2級と3級は筆記試験のみですが、1級、準1級は筆記試験に加えて面接試験もあります。 ちなみに、どの級を受けている人が多いのかというと、半分以上の人が2級を受けています。 第91回、第92回秘書検定の受験者数(平成22年6月、11月実施) 級 受験者数 全受験者に占める割合 1級 2,990 2. 2級と3級を受ける人が圧倒的に多く、このため秘書検定は年に3回のうち1回は2級と3級のみの試験となっています。 (補足…上の表の数字は、1級、準1級も受験が可能だったときの数値ですので、実際には2級と3級を受ける人がもっと多いことになります。 ) では、どの級を受ければ良いかというと、これは受験する目的により異なります。 秘書検定を受ける目的が、「社会人として常識的なビジネスマナーを身に付けたい」ということであれば、2級をオススメします。 秘書検定2級は、最も多くの人が受けていることもあり、レベル的にも社会人としての常識的なマナーを問うものとなっています。 イメージとしては、大学生または事務職として働く社会人が受けるレベルのものです。 次いで多いのが 秘書検定3級ですが、これは高校生が受けることも多く、最低限のビジネスマナーを確認したい場合に受けると良いレベルのものです。 秘書検定準1級は、ワンランク上のビジネスマナーを身に付けたい人もしくは秘書を目指している人が受けると良いレベルになっています。 また、実際に秘書として働いている人が、自分の知識を再確認するために受けることもあります。 さらに、就職活動中の大学生が、他の人と差別化する目的で受けることもオススメします。 秘書検定準1級の合格者数は秘書検定2級の合格者数の約10分の1となっています。 このため、面接や履歴書などでのアピールポイントになります。 もちろん、1級のほうがより合格者数は少ないのですが、就職活動でのアピールということであれば準1級で十分です。 逆に秘書検定1級を持っていますと大学生がいうと、相手によっては「引かれてしまう」ことも考えられます。 最後に 秘書検定1級ですが、これは面接試験も難しいものとなっています。 秘書暦が何年もある人が受けても、落ちてしまうことがあるそうです。 最上級のレベルですので、「秘書」を極めたい人が受けるものと考えてよいでしょう。 第91回、第92回、第93秘書検定の合格者数(平成22年、23年実施) 級 合格者数 全合格者に占める割合 1級 814 0.

次の

秘書検定面接について。先日秘書検定準1級の面接を受け、不合格...

秘書検 面接

面接について【準一級】 秘書検定筆記試験に合格すると、面接試験の案内が来ます。 私は11月に筆記を受け筆記合格発表は12月10日前後でした。 筆記試験の際、希望面接日を書く項目があります。 面接は1月中旬~下旬の土日です。 私は東京会場で、準一級会場は池袋サンシャインで行われました。 いづれも相手に接するときの態度、調子、所作が社会人として適切かどうかが問われます。 感じの良さ、丁寧さが合格のポイントです。 筆記で回答したことが実際体現できるかどうかを見ているようです。 対策について 面接といっても就職試験の面接とは違い履歴書紹介ではありません。 ある状況のロールプレイングです。 私の取った対策をご紹介します。 早稲田ワーキングスクールの準一級面接講座を受講しました。 1月中旬の試験に合わせて1月初旬の受講でした。 朝から夕方までの一日コースです。 講師1名に対し、一クラス20名前後の受講生です。 結論から言うと、通った方がいいです。 この講座に通うと合格率は87. 東京で面接受験された平均合格率が54. 7%(2014年度準一級)ですので、 受講すればだいたいの方が受かります。 出してないと受からないです。 ピンでとめるか、整髪料で固めましょう。 長い髪はお団子にするか一本で縛ります。 キャビンアテンダントみたいなイメージです。 爪は短くし、ネイルは落とします。 お化粧はナチュラル系ですが、チークや口紅はピンクや少し赤みのある色にしましょう。 血色がよく見えます。 血色悪いと美人でも印象に残りません。 この姿勢をとることで、謙虚な態度が表せます。 顔は正面で口角をあげて、これが静止姿勢です。 はっきり言って、 前傾姿勢を忘れると落ちます。 本当です。 この姿勢のとき、両手は下腹あたりで重ねます。 右親指の付け根を左親指付け根と合わせます。 (左右反対でもOK) 話し方はにこやかでやわらかく、大きな声で。 始めの 課題「あいさつ」でほぼ合否が決まるようです。 ですから、緊張しても「あいさつ」だけは良い印象にしましょう。 大きな声でというのは、本番は面接官(3人)と自分に2メートルくらい距離があるのです。 小さい声だと報告がうまくても、うまく聞こえません。 準一級の面接では、はきはき明るく言い、髪型などがスッキリしていれば、落ちづらいと思います。 何を面接官が見てるかというと、「今はまだその領域(一級)に到達していないが、将来到達する 可能性がある」ことです。 ですから完璧でなくてよいのです。 明るい、感じがよい、それだけで準一級は十分です。 上司に報告する設定です。 このとき、出だしフレーズを自分で用意しておきます。 例えば、「体によい炭酸水」の場合、「炭酸水につきまして、ご報告申し上げたいと存じますが、ただ今お時間、よろしいでしょうか。 」です。 このフレーズは難しい報告でも何にでも使えます。 「経済産業省の新しい試みにつきまして、ご報告~」でもです。 出だしがなめらかだと自分も自信がもてますよね。 「報告」課題を覚える コツは、 「要点」を報告するのです。 ですから、出だしの「炭酸水につきましてご報告致します。 」で始まり、付け加えて1~2行あれば準一級は大丈夫です。 報告最後に 「以上でございます」を忘れずに!!これがないと減点です。 上司に報告するときは「です・ます」調ではなく、「ございます・存じます・致します」に変換しましょう。 DVDも役立ちます。 面接官がパネルを見せます。 それをお客様に伝えます。 午後に戻ってまいります。 」などです。 など、と書いたのは、言い方は何通りもありますので、自分のやりやすい対応を決めておきましょう。 本番は緊張しますからね。

次の

秘書検定準1級の面接試験問題吹いたwwwこれをガチでやんの!?

秘書検 面接

秘書検定面接について。 先日秘書検定準1級の面接を受け、不合格となってしまいました。 面接後のアドバイスシートで、「生き生きしている」の項目にVV、「動作に丁寧さが欠ける」にVが付いて おり、VVが付いたことで不安でしたが、やはり不合格でした。 因みに当日は課題 報告・状況対応 はきっちりできたと感じていますが、極度に緊張してしまい、笑顔が引きつっていたように思います。 また、椅子に座る時「ミシッ」と音がしてしまったり、最後に最敬礼をした時に番号シールが落ちてしまったり、色々悪い事が重なってしまいました シールが落ちた時は、丁寧に謝り、フォローしたつもりですが、やはりそういうところも致命的なミスとなったのでしょうか.. せっかくなので、次回再受験するつもりですが、合格に近づくにはやはり事前に講座を受けた方が良いでしょうか?講座を受けられた方、独学で合格された方、どんな事でも構いませんので、アドバイスをお願いいたします。 補足なお、当日は紺色のスーツ リクルートっぽい に白シャツ、ロンシャンのプリアージュ、髪型は夜会巻きで臨みました。 明るい色のスーツが良いという意見もよく見かけますが、実際はどうなのでしょうか? 今回の合否と服装は直接関係は無いと思いますが、30代にしては幼い印象になってしまったかな、と反省しております。 こんにちは。 私も先日、秘書検定準1級の面接を受け合格しました。 筆記試験は参考書を片手に自宅学習でしたが、面接対策のDVDを見て面接試験は独学では難しいと思い、秘書クラブさんの対策講座を受講しました。 受講してみてやっぱり良かったと思います。 試験の流れはDVDと同じですが、何度も面接官役の先生の前で練習しました。 指摘を受けては修正し、と実践的に学べました。 大勢の前での練習に始めは緊張しましたが、だんだんと慣れて試験当日はあまり緊張しませんでした。 また服装からネイル、靴、髪型・・・つま先から頭の先までアドバイスをいただけました。 受講の際の私の服装は学生時代に購入した黒のリクルートスーツに白シャツ、ローヒールの黒のパンプス、髪はポニーテールに小さな黒のシュシュをしていましたが大丈夫でした。 髪はきっちりピンで留め、髪が顔にかかったり顔を隠さないようにはしました。 ポニーテールよりシニヨンにしてネットに入れた方がよりいいとアドバイスはいただきましたが、当日ポニーテールでも合格できました。 面接試験当日、三人一組での試験で私は三番目でした。 そこで前のお二人の受験姿を見ていて「独学の方だな」とすぐわかりました。 受講すると「型」を教えてもらえます。 もちろんそうでなければ受からない訳ではないと思いますが、あの独特の「型」を独学で身に着けるのは少し難しいかもしれません。 入室してから椅子に座る姿勢、立ち方、言い回しやお辞儀の角度などなど。 接客業の方などは大丈夫だと思いますが、人前で話をすることに対する慣れが必要だと思いました。 一緒に受講した方の中でも「受講の必要ないんじゃない」と思うくらいきちんと対応されてる方もいました。 不安だった私は受講したことでコツと安心感を得られました。 最後に、受験してみて一番大切だなと感じたのは「演技力と笑顔のでる余裕」。 しっかりしていて感じの良い、女性らしい理想の秘書を演じきるのが大切かな、と。 私は試験まで毎晩明るく大きな声、にっこり笑顔で練習しました。 オーバーかな、と思うくらい秘書を演じてみてください。 私は今年1級を受験する予定です。 お互い頑張りましょう!.

次の