ポテンシャル の 意味。 ポテンシャルって何だろう? [物理のかぎしっぽ]

「ポテンシャル」の意味と使い方、ポテンシャルが高い人の特徴とは?英語は?

ポテンシャル の 意味

・あのメーカーの新車は、ポテンシャルが高い。 ・Aさんは、もともとポテンシャルの高い人だ。 上記のような使い方ではポテンシャルを「潜在能力」と置き換えても意味が通ります。 例えば上司から「あなたはポテンシャルが高い」と言われたら、あなたがまだ見せていない力に上司は期待しているのでポジティブにとらえてもいいでしょう。 就活で目にする「ポテンシャル採用」とは? 最近では「ポテンシャル採用」という言葉が登場しています。 これは、看板どおり「その人の潜在能力に期待して採用する」というものです。 本来であれば、どの会社でも中途採用では即戦力の人材を求めます。 しかし、この人手不足の時代にぜいたくは言っていられず、中途採用でも「即戦力枠」と、その人の潜在能力を評価する「ポテンシャル枠」を設ける企業が増えていることからこの「ポテンシャル採用」が生まれました。 このような背景ですので、ポテンシャル採用では、実務経験よりも人柄や意欲が評価されます。 ただし、実務経験がなくてもその業務についての知識はあったほうが有利です。 もしポテンシャル枠での採用を目指すのであれば、参考書などを読んで仕事内容についての知識を得て、その上で意欲をアピールするのがよいでしょう。 「ポテンシャル」の類語や英語での使い方 ポテンシャルと同様の働きをする言葉としては「潜在力」「伸びしろ」「素質」「発展性」などを挙げることができます。 ・He has great potential. 彼は大きな力を秘めている。 ・I believe that you have unlimited potential. あなたには無限の可能性がある、と私は信じている。 ・You have more potential than him. あなたは、彼よりも潜在力が高い。 というような使い方で「秘めた力」「可能性」などを表現できます。 また「potential ability」で「潜在能力」、「One's own potential」で「その人の可能性」という言い回しになります。 こちらも覚えておくと役立つかもしれませんね。 「ポテンシャルがある人」「ポテンシャルが高い人」の特徴とは 上で、例えば上司から「ポテンシャルが高い」と言われたらほめられていることを表していますと紹介しましたが、「ポテンシャルが高い人」とはどんな人なのでしょうか? 潜在能力のある人、 将来の 発展性・可能性が感じられる人が「ポテンシャルが高い人」だとすれば、以下のような特徴を持つ人ではないでしょうか。 ・何事においてもアグレッシブに取り組める 仕事に前向きなど、事に当たるのにアグレッシブでなければポテンシャルが高いとはいえません。 「いざとなったら力を出す」なんていう人は信用できませんね。 普段からアグレッシブであるからこそ、いざというときにも力を発揮できるのです。 ・頭の回転が速いこと、理解力に優れていること これはコミュニケーション能力にも通じます。 人の言うことに耳を傾け、その主旨を理解できなければ、ポテンシャルが高いとはいえません。 人からもらった情報をきちんと整理しているからこそ、いざというときに取り出して使えるのです。 これは、理解力がないと不可能です。 ・表現力が豊かであること 喫緊の場面では、人と協力して事に当たらないといけません。 仕事であればなおのこと、人に対策を説明し、協力を取り付け、一緒に道を切り開くべきですね。 そのためには表現力が必要です。 ポテンシャルが高い人は表現力が豊かでないといけません。 ・普段から自己分析が的確であること 他人を的確に評価できるだけでは駄目です。 冷静な目で自分を見ることのできる人こそ、ポテンシャルが高いといえます。 勝負事や緊急時には、熱くなったほうが負けです。 自分の置かれた状況を客観視できなければ、状況に勝つことはできません。 自己分析が普段から的確な人は、緊急の場にも対応できるポテンシャルが高い人です。 こうして特徴を挙げてみますと、ポテンシャルが高い人というのは、非常な「リアリスト 現実主義者 」でなければならないようです。 どんな状況であれ、現実をしっかり見据え、自分を客観視でき、また対策を講じてアグレッシブに進める。 まさに、このような人こそが「high potential」と呼べるのではないでしょうか? まとめ すっかり日本語化している「ポテンシャル」という言葉は、「潜在力」「 将来の 発展性」「可能性」といった意味で使われています。 最近では「ポテンシャル採用」なんて言葉もありますが、これは「潜在能力に期待した採用」という意味からきています。 日本では、ポテンシャルはほとんど「潜在能力」と同義で使われてると考えてよいようです。 「君はポテンシャルが高いね」なんて言われたら、あなたが見せていない能力に期待されていると覚えておきましょう。 柏ケミカル@dcp•

次の

ポテンシャルの意味と使い方は?潜在能力が高い人・低い人の特徴17選!

ポテンシャル の 意味

この記事の目次• ポテンシャルの意味とは ポテンシャルという言葉は最近よくテレビや雑誌でよく使われるようになりました。 スポーツ選手や車など、ほぼ何にでも使われます。 でも「ポテンシャルがあるね」と実際自分に言われたら気恥ずかしいです。 おまえは本当はもっと実力があるはずだ。 ポテンシャルを引き出せ!と。 本当に潜在的な力があると思っている場合と、 そんなもの無いと思ってるけど、勘違いさせてその気にさせる用法もあります。 この車のポテンシャルはこんなものじゃないはずだ。 など、可能性に込めた使い方もありますね。 「ポテンシャルが高い」という使い方もされますが、 これはもう、基礎能力と勘違いして使われているものと思います。 潜在的な力=本来の力=その人の力なので、間違いではないと思いますが、微妙。 ・今年の新入社員はポテンシャルが高いな! ・原発事故のポテンシャルを予測する。 1の方が言われている位置エネルギーのことです。 自分のしている腕時計の位置エネルギーを考えると、地上にいるときよりビルの上にいるときのほうが、位置エネルギーは大きいはずですが、そんな実感は普通ありません。 自由落下で運動エネルギーに変わってからはじめてその大きさがわかるもので、mghという公式は、測定からわかった高さとエネルギーの関係を表しているだけで、実測するためには、運動エネルギーに変換してやらないといけません。 電界のポテンシャルエネルギーの場合、その定義は点電荷の運動で表現されてますよね。 暗黙のうちに運動エネルギーへの変換をしているわけです。 ポテンシャルエネルギーは、必ず運動エネルギーとの和で書かれていて、本によっては記号Hでハミルトニアンと書かれていると思います。 このHが一定というのが、高校の物理で出てきたエネルギー保存の法則です。 エネルギー保存の法則があるから、運動が起こっていなくても、そこには見えないエネルギー、直接測定できないエネルギーがあると確信がもてるので、この見えないエネルギーをポテンシャルエネルギーと言っているんです。 potentialは確かに「潜在能力」という意味ですけど、英語では「潜在 的に可能性を秘めた」、とか「見込みがある」という意味で使われていると思います。 使っている人はみんな意味も十分理解せずに、生半可な知識で使っている場合がほとんどですから。 漢字語やヤマト語を使うより、英語やその他の先進ヨーロッパ諸国の言葉を使う方が知性があるように思うので、やたらに英語カタカナ語使うのです。 戦後の風潮です。 勉強ができる人と仕事ができるひとは異なるとはよく言われます。 それは頭が良い=仕事に対応する判断力や決断力であるとは必ずしも言えないからでしょう。 それと同時に今すぐに大きな評価にはつながらなくても「ポテンシャルがある人」と評価される人がいます。 仕事とは結果が重視されますが、それだけでなくポテンシャル=潜在的な可能性があり、将来に期待ができる人を意味します。 しかし、皆さんご自身の学生時代や若手時代を振り返っていただければ分かるように、本当は一人ひとり異なるパーソナリティや能力を持っているはずです。 それをいかに短い面接の中で見分けるかが、問題となります。 ポテンシャルを見抜くインタビューを行うポイントは、以下の3つです。 そういう意味でその対象となる配役として「殿」を別に用意した道士郎のポテンシャルの高さもったいなさが光る。 しかし伝統とは単にあるものではなく、創造的に継承されるもの、あるいはしばしば再発見されるものである — 哲学少女 ecila808 特に美人画の着物の柄などラメみたいな画材も使っていて、版画と立体感は変わらないのにそういった質感のおかげで大幅に実在感が増してる。 色も深く透明感があるのである意味、西洋の精巧な油絵よりもリアリテイを持ってたりして、浮世絵のポテンシャルを見せつけられた感じ。

次の

「ポテンシャル」とは?意味や使い方を解説!

ポテンシャル の 意味

「あの人はポテンシャルが高い」「社会人にはポテンシャルが求められる」など、会社でよく耳にする「ポテンシャル」という言葉。 一体どんな意味なのでしょうか? ポテンシャルはpotentialのことで、潜在能力や秘めた力、隠された能力のことを意味します。 つまりポテンシャルが高いということは、まだ表には表れていない可能性を秘めているということ。 今の段階ではまだ経験も不十分で仕事ができないけれど、今後活躍できる伸び代があるということを意味しているのです。 最近では「君はポテンシャルが足りない」「君にもポテンシャルがあるだろう」など、本来の「潜在能力」という意味ではなく、「ハッキリと見える意欲」という意味で使う人もいるようです。 ポテンシャルの類語 「ポテンシャルが高い人」とは、現在は特に目立っていないけれど、将来活躍しそうな人のこと。 「Aさんはポテンシャルが高い」なら、Aさんは今はまだ成果はないけれど、今後結果を出しそうという期待を込めた表現になります。 「彼はリーダーになるポテンシャルを秘めた人材」は、彼ならリーダーになれるだろうという意味。 この他の使い方として、「この市場にはポテンシャルがある」、つまりこの分野はまだ伸びる余地があるというものがあります。 このように、ポテンシャルは人間以外についても使うことができるのが特徴です。 今までポジティブな意味で使ってきましたが、使い方によっては要注意。 例えば「ポテンシャルは高いんだけどなぁ」なら、可能性はあるかもしれないけれど、まだ能力を発揮できていないという皮肉になります。 褒められたと喜ばないようにしてくださいね。 そんなあなたも、人魚になる夢を見たら潜在能力が開花できるかも? ポテンシャルが高い人の特徴として、頭がいいということがあげられます。 ここでの頭のよさとは、勉強ができるということや学歴が高いということではなく、頭の回転が速いといったことや話を理解するのが早いといったこと。 この他にも効率的にものごとを進めることができる、周りの空気を読むことができる等があげられます。 このようにポテンシャルが高い人は要領がいいため、仕事を依頼されたときにも漠然と取り組むのではなく、趣旨や求められていることをしっかりと把握した上で仕事に着手することができます。 そのため生産性が高く、満足度の高い仕上がりになるため、次々に仕事を任され、どんどん周りと差がつくようになるのです。 ポテンシャルが高い人の特徴:常に考えて行動している ポテンシャルが高い人には、これだけは人には負けないという特技があることも多いもの。 何かを極めるには、それなりの時間と努力が必要です。 そこで培ってきたストイックさや痛い失敗経験は、さまざまな能力の引き出しを確実に増やしているはずです。 たくさんの引き出しを抱えていれば、新しいことに取り組む際にも、過去の経験からスムーズに進むもの。 そして何かのきっかけで、たくさんの潜在能力が一気に開花することができるのです。 さてここまで、ポテンシャルが高い人の特徴を紹介しましたが、いかがでしたか?潜在能力といえば、夢占いではショッピングモールの夢は潜在能力の表れを意味するようですよ。 潜在能力に興味があるなら、こちらも参考にしてくださいね。 「ポテンシャルが高い」というのは褒め言葉ですが、逆に「ポテンシャルが低い」なんて言われてしまったらショックですよね。 そんなことのないように、ポテンシャルが低い人の特徴をチェックしていきましょう。 ポテンシャルが低い人の特徴として、やる気がないということがあげられます。 新人のうちは仕事ができないのは当たり前。 できないなら、できないなりにやる気を見せてほしいもの。 そんな中でもポテンシャルの低い人は、指示されたからという理由で、特に考えずなんとなく作業してしまうため、全く成長することができません。 仕事の目的や意図を考えることなく、目の前の作業を淡々とこなすだけだけ。 こんな姿勢では、自分の能力を開花させることなんてできませんよね?そんな人は、少しずつでいいので仕事に興味を持つところから始めてみましょう。 ポテンシャルが低い人の特徴:すぐに諦める.

次の