ビャ ルケ インゲル ス。 TED日本語

建築家ビャルケ・インゲルスが描く「未来都市」のつくりかた

ビャ ルケ インゲル ス

概要 [ ] 当初の2WTCの設計者は卿。 屋上までの高さは387m、最頂部までの高さは411m、79階建てであった。 頂上が斜めにカットされており、4つの菱形の断面が特徴なビルであった。 これは、ワールドトレードセンター再建案の設計者であるの、「ツインタワーのあった場所の周囲に高層ビルを配置し、毎年9月11日には、同時多発テロの際の旅客機のビル衝突時刻からビルの崩壊時刻までの間にはツインタワー跡地にビルの影が落ちないようにする」というコンセプトを踏襲したものだった。 ビルの完成年度は、当初は2015年から2016年の間に予定されていたが、2008年の世界金融危機の影響により、テナントの決まっていなかった2WTCは工事が中断した。 その後、2013年までの間に地表までの高さの基礎工事は完成したものの、ビル工事は長らく再開されなかった。 このビルは、の発生から20年に合わせ、2021年9月に完成する予定である。 フォスターの当初案は、建築家が率いるビャルケ・インゲルス・グループ社(BIG)により手直しが続いていた。 しかし2014年、新たなテナントとして浮上したとは、フォスター案は金融機関の入居するビルならともかく、メディアグループの本社にはふさわしくないと主張して、ビャルケ・インゲルスとBIGに全く新しいデザインによる再設計を依頼し、2015年に新設計案が明るみに出た。 新しい案では、ビルは7つの直方体をずらしながら積み上げていくような形になり、それぞれの直方体は異なるテナントの活動に合わせて設計される。 直方体をずらした部分には空中庭園ができる。 完成時の高さは408m(1,340フィート を予定している。 脚注 [ ].

次の

Bjarke Ingels(ビャルケ・インゲルス)のデザイン(TED)

ビャ ルケ インゲル ス

未来の都市は、環境問題や社会問題を考慮すべき。 でも考えるだけでは何も進まない。 (『WIRED』VOL. 10より全文転載) ビャルケ・インゲルス ビャルケ・インゲルス BJARKE INGELS 1974年、デンマーク・コペンハーゲン生まれ。 バルセロナ建築大学で学び、OMA(ロッテルダム)に勤務。 建築事務所PLOTを共同設立後、2005年にBIG(ビャルケ・インゲルス・グループ)を設立。 コペンハーゲンに本社を持ち、ニューヨーク、中国にオフィスを展開している。 世界はこんなふうになる デンマーク、コペンハーゲンのある月曜日、午前9時。 この季節だと太陽はもう4時間前から昇ってはいるが、クルマの運転にはまだヘッドライトが必要なほど辺りは薄暗い。 通勤者たちが黄色のバスや、水に囲まれたこの古い小都市ではポピュラーな乗り物である自転車で職場に向かっている。 そのとき突然、ハマリッヒスゲーデ通りに大型トラックのクラクションが響きわたり、道行く人々は肝をつぶした。 トラック運転手のいら立ちの原因は、タクシー乗り場に斜めに進入して道の一部をふさいでいる、1台の白いメルセデスのヴァンだった。 クラクションに責められ、ようやく向きを直して自動車レーン沿いにクルマを停める。 運転しているのは昨晩パリ出張から戻ったばかりの建築家、ビャルケ・インゲルス。 「ちょっとルール違反だったね」と微笑み、歩き出した。 インゲルスは混乱を生み出すのが得意だ。 彼が率いるは、公営住宅、多目的施設開発、市民会館、精神科病院、廃棄物発電所など、現代において最も革新的かつ独創的な建築の一翼を担っている。 また、グラフィックノヴェル形式の著作『』で自らの建築のプロセスを明かし、そこから神話的要素を排除しようとする、ある意味で偶像破壊者ともいえるかもしれない。 「建築を無意味で謎めいたものにすることで、錯覚をつくり出すことができる。 建築とは複雑で理解しがたいものだ、建築には何やら神秘的なものが存在する、建築家はほかの誰も理解できないことを理解できるらしい、という錯覚をね」と彼は言う。 コペンハーゲン市内でいくつもの注目すべき作品を完成させ、外国からも仕事が舞い込むようになった。 いまやインゲルスは北アメリカやヨーロッパで引っ張りだこの人気建築家だ。 月の3週間はマンハッタンで生活し、開発業者ダグラス・ダーストと組んで仕事をしている。 不動産業界きっての大物で、エンパイア・ステート・ビルに次いでニューヨークで第2の高さを誇る、先ごろ完成したばかりのバンク・オブ・アメリカ・タワー建設をバックアップしたのもダーストだ。 いま、ふたりは57番街とウエストサイド・ハイウェイの角の、かつてはさびれていた場所に600戸規模のマンションをつくろうとしている。 インゲルスがそこでデザインしたのは、ニューヨークシティにおける住宅建築の再定義を迫るものだった。 建物の中心部に大きな切れ込み状の空間を設け、そこにヨーロッパ式の中庭をつくるのだ。 1㎡あたり数千ドルする大都市でそのような発想は普通出てこない。 近代的な鉄筋コンクリート構造が支配するニューヨークシティといえど、そんな建築物は前代未聞だ。 インゲルスは数億ドル規模の建設を監督し、BIGが手がけるさまざまな規模のプロジェクトを通じて、現代の社会問題や環境問題にも対応しうる新しい建築の方向性を模索している。 停めてあったクルマに戻るとき、インゲルスは言った。 「これから何か始めようかと考えている段階では、それは純粋に空想であり、フィクションだ。 『そんなこと実現するわけがない』と思うかもしれない。 でもとにかくそれを実行に移してごらん。 『もしかしたら世界はこんなふうになるかもしれない』から『世界はきっとこんなふうになる』に変わる。 そしていま、実際に世界はこんなふうになっている。 それが世界を変えるということだよ」。 TAG 街のバイオプシーをデザインする 胸に鮮やかなV字を形づくる蛍光色のジッパーが付いたカーディガンを除けば、今日のインゲルスは黒ずくめのいでたちだ。 コペンハーゲンの南にクルマを走らせ、ジャン・ヌーヴェルが設計したコペンハーゲン・コンサートホールの前を通る。 ネイヴィーブルーのメッシュに覆われた直方体の建物で、デンマーク放送協会もそこに入っている。 「何だかIKEAみたいだけど、これは世界で2番目に金のかかったコンサートホールだよ。 予算が当初の3倍に膨れ上がったんで、デンマーク放送協会の職員を300人レイオフしなければならなかった」。 インゲルスはこともなげに言う。 インゲルスのたとえは言いえて妙だ。 青い壁に黄色いIKEAの4文字を付ければ、本棚やスウェーデンミートボールを買いに来るお客さんがいてもおかしくなさそうだ。 インゲルスはそこからさらに2、3分クルマを走らせ、アマー島の新興住宅地オアスタッド地区に入った。 街を外れると遠くの方で牛が草を食んでいるような牧歌的な風景となる。 ここを開発し公共・商業の一大拠点とする計画だ。 新たに建造される地下鉄路線で現市街と結ばれるこの地域に、20,000人が居住し、20,000人が学び、80,000人が働くようになる。 当初示されたオアスタッド開発計画は無味乾燥でつまらないとインゲルスは思った。 提案された建物はまるで「四角いブロック」だった。 インゲルスたちはプロジェクトを再考する必要性を感じた。 生物学用語を交えて、インゲルスはこう説明する。 「オアスタッド地区のバイオプシー(生体組織検査)をデザインしたかったんだ。 この街全体と同じ、さまざまな計画の複雑な複合体であるこの計画の組織標本みたいなものを」。 その結果出来上がったのが、オアスタッド地区を横切る幹線道路の脇に建てられた「マウンテン」と呼ばれる建築だ。 インゲルスはこれを「垂直郊外」と表現する。 プレゼンで概要を説明したときは、反応は芳しいものではなかった。 開発業者のペール・ホフナーが要求したのは20,000㎡の屋内駐車場に隣接する10,000㎡のコンドミニアムだった。 インゲルスはそのふたつの建造物をひとつにまとめたらと考えた。 断面図によると、駐車場はくさび形に設計され、頂上から各住戸に庭のある居住部分が階段状の層をなす。 つまり、どの部屋からも眺望が得られ、駐車場にも簡単に行けるのだ。 「インゲルスはいくつもの違った要求を同時に満たしてくれる」とフロッグデザインのエグゼクティヴ・クリエイティヴ・ディレクター、ホルガー・ハンプは言う。 「ある面では優れているが別の面では使いにくい建築というのはいくらでもある。 インゲルスはうまくそれらのバランスを取って、どうしたら建築がさまざまな方面からの異なる要求に応えられるかを常に考えている」。 「どんなにありふれた物のなかにもあっと驚くようなイノヴェイションの可能性はある」と、インゲルスは歯切れよく表情豊かに話す。 講演でも彼のこの口調は評判だ。 「日々のなかには、詩情と複雑さの両方が存在している。 真に優れた芸術、世界や社会の認識を拡張してくれるものが。 もう少しだけ注意深く目を向けてみれば、ごちゃごちゃした集合住宅と駐車場の建物が、家でできた山にも、自動車文明の大聖堂にもなるだろう。 そのとき、これまで見逃していたかもしれない日々の暮らしに隠された、豊かな可能性に気づくはずだ」 見落とされがちな場所にこそ注意を払うという自らの信念を、マンハッタンのクライアントを訪ねたときの経験を引き合いに出しながらインゲルスは説明する。 建物の入り口は大仰なロビーだが、奥に入るとデザインにほとんど注意が払われていないことがよくあるという。 「入り口は大理石張りの豪華なロビーなんだけど、ドアを開けるとオフィスへの廊下はリノリウムだったりするんだ。 それで用事が済むとまた素敵なロビーを通って帰るわけさ。 実際に仕事をする所こそ毎日の生活の場なのに、そこをおろそかにするのは変だよ。 べつに全部大理石にしろというわけじゃないよ。 ただ、お客さんから見える所だけじゃなく、生活のあらゆる側面をきちんと受け入れなければならないということだ」 TAG THE VM HOUSES 2005:昔インゲルスと組んでいた建築家ジュリアン・デ・スメドとの共同プロジェクト。 VとMのジグザグの形によって、各部屋からの広い眺望を確保している。 プロジェクトを複雑にする インゲルスはマウンテンの駐車場にクルマを入れ、曇り空のひんやりとした朝の空気の中、VMハウスと呼ばれる集合住宅へと歩く。 上から見るとVとMの形をしているのがその名の由来だ。 オアスタッドで最初に手がけた住宅プロジェクトであり、インゲルスもその最上階に住んでいる。 VMハウスはインゲルスとベルギーの建築家ジュリアン・デ・スメドの共同プロジェクトで、マウンテンよりも前に完成した。 20世紀の終わりから21世紀の初めにかけて、インゲルスとデ・スメドはともにロッテルダムの建築家レム・コールハースの事務所に勤務していた。 2001年、ふたりは共同事務所PLOTを設立し、瞬く間に成功を収めた。 ノルウェーに建設したコンサートホールで04年のヴェネツィア・ビエンナーレの金獅子賞を獲得。 しかし06年1月ふたりは袂を分かち、デ・スメドはコペンハーゲン市内に事務所を構え、コペンハーゲンの沿岸地区カルベボッド・ブリゲの再開発やノルウェー・オスロのホルメンコーレン・スキージャンプ競技場など、注目すべきプロジェクトを手がけている。 「ジュリアンとぼくはそれぞれのやり方で理想を追求することにした。 それだけさ。 ぼくたちが組んだのはほとんど偶然からだった。 ふたりでずいぶんいろんな仕事をしたよ。 そして、お互いそろそろ新しいことを始めてもいいんじゃないかということになったんだ」とインゲルスは語る。 ちなみにデ・スメドは『WIRED』のインタヴューを辞退している。 いかにして建築基準法の限界を押し広げるか。 インゲルスの時間の多くはそのことに費やされる。 例えばコペンハーゲン市では建物の高さに厳しい制限があるが、その制限は隣接する建物の高さに基づいて決められるのだ。 VMハウスの事例をみよう。 オアスタッド地区開発もほかの多くの建築プロジェクトと同じように国際コンペを経て計画されたが、その基本計画では、中心部の空間を建物が取り囲む、いわゆるペリメーターブロックが想定されていた。 それに対して、PLOTは可能な限り外側の空間を確保しようとした。 中庭のある四角い建物という発想をやめ、名前の由来にもなったVとMのジグザグの形を採用し、できるだけ広い眺望を確保すると同時に、ペリメーターブロックにつきものの、向かい合う部屋が丸見えになってしまう不便を解消した。 「批評筋から『熱烈なフォルマリスト』と呼ばれるべき作家がいるとすれば、それはインゲルスでしょう。 彼の建築は、力強く型にはまらない形をしている」と、アメリカ・ミシガン州のクランブルック芸術学院校長兼美術館館長で、『アーキテクチャー』誌の元編集者でもあるリード・クロロフは言う。 「インゲルスの作品はル・コルビュジエにさかのぼる彫刻の伝統を受け継いでいるのです。 しかしインゲルスは建築による都市づくりの側面にも興味を抱いています。 彼はいつも『これとは別のインプットを検討することでプロジェクトがもっと豊かになるのではないか?』という問いに立ち戻っているようにみえます。 プロジェクトを複雑にすることに大きな喜びを感じるのです」。 TAG コペンハーゲンにあるBIGのオフィスで、エストニアのタリンシティホールの設計案をチームメンバーと話し合うインゲルス。 肝心なのは実行に移すこと BIGのオフィスはノアブロ地区にある。 概して民族的に均質なコペンハーゲンの街では珍しくエスニックな地域だ。 06年春にデンマークの新聞がムハンマドのカリカチュアを掲載したときにはイスラム教徒たちが一斉に抗議し、一触即発の様相となった。 BIGのオフィスは絵に描いたような建築事務所だ。 倉庫を改装した広く天井の高いロフトスペース、壁一面の大きな窓、むき出しの換気ダクト、ガラス張りの会議室。 白いタイル張りの広々としたカフェテリアにはステンレス製の真新しいコーヒーマシンが光り、忙しく働く社員たちを待っている。 仕事場の多くの空間を作業台が占め、実習生たちが発泡スチロールや粘土で建築模型をつくっている。 横の扉の向こうはレーザーカッターや2D、3Dプリンターを備えたワークショップ室。 BIGの日常業務の多くは模型製作に費やされる。 アイデアをどのように現実世界に移すか、その雛形をつくるのだ。 オフィス中に模型が置かれ、参考資料がホワイトボードを覆っている。 BIGのスタッフによれば、1年に製作する模型の数は5,000から7,000にも上るという。 クライアントにプレゼンをする前の、アイデアを煮詰めていく2カ月間がプロジェクトのヤマ場だ、とインゲルスは言う。 そこでは何十もの案が出され、検討される。 パリ大学の案件で検討中のアイデアの数は100近くに上る。 そのすべてをボードに貼って議論するのだ。 「優柔不断だからではないよ」とインゲルスが説明する。 「静かな部屋でじっと神様のお告げが降ってくるのを待つのではなく、意見を異種交配させるんだ。 2つのデザインがあったら、それらを融合できないか考える。 西57番街のビルはタワーと中庭のデザインを掛け合わせたものだ。 それであんなねじれた中庭ができたんだよ。 つまりあれは2つのタイポロジーの融合、好ましい性質をもつ2種間の異種交配なんだ」。 インゲルスは同僚たちと握手し、ハグを交わす。 会議に次ぐ会議が彼の1日だ。 ここでようやくコーヒーにありつけた。 ほかに何かを口に入れた様子はない。 エストニアのタリン市庁舎設計チームとの会議。 BIGは建物の正面全体に傾斜したミラーガラスの窓を付けた。 そこには実用性のほかに象徴的な意味合いもある。 市議会議員たちは自分たちが奉仕すべき市民を中から見る。 同時に市民たちは自分たちの代表者たちが何をしているかを見る。 インゲルスはそれを「民主的潜望鏡」と呼ぶ。 だが、コンペティションで受けがよかったアイデアも、現実世界でうまくいくかどうかは別の問題だ。 このミラーガラスの窓にはひとつ問題があった。 太陽光が反射するとかなりまぶしいのだ。 オフィスの真ん中で会議が始まる。 インゲルスは身振りを交えて考えを説明する。 10本の指が彼のイメージする形を伝える。 TEDカンファレンスで講演するときのエネルギーとパンチあふれる人格とは違い、ここでのインゲルスはメンバーたちが興奮気味にぶつけてくるアイデアの一つひとつに注意深く耳を傾ける。 「口だけだったら何とでも言える、肝心なのは実際に実行に移すことだ」とインゲルスは言う。 「型を壊して、何かびっくりするようなことや、ほかとは違うことをしたければ、それに説得力をもたせるために人の3倍は仕事しなきゃいけない。 ただありきたりのものをなぞるだけならわざわざやる必要はない。 もう誰かが同じことをやっているんだから。 ばかげたことに本気で取り組まなくちゃ、使い物になる仕事なんかできない」。 TAG THE STOCKHOLM SPHERE IN PROGRESS :2本の主要幹線道路が交わる「スーパージャンクション」の上空に浮かべる、鏡のバルーン。 太陽エネルギーで熱せられた空気を中に満たすことで宙に浮く。 宙に浮かぶ「スーパージャンクション」 先ごろストックホルムで行われた、2本の主要幹線道路が交わる「スーパージャンクション」のコンペティションでBIGが勝利を収めた。 この「ストックホルム・スフィア」は3本のケーブルと1本の支柱によって支えられ、表面の3割を覆う太陽電池から得られるエネルギーで熱せられた空気を中に満たすことで宙に浮く。 その電力はまた、近辺の235軒の家庭にも供給される。 BIGはコペンハーゲン市内の多様な民族が暮らす1. 6kmにわたる地域の再開発も手がけている。 住民参加による公園やレクリエーション施設づくりを通じた住宅計画がその柱だ。 このプロジェクトの特色は世界中にクラウドソーシングを委託している点だ。 この地域でよく見かけるアイテム50点は外国製だ。 噴水はモロッコから、滑り台はウクライナから、標識はモスクワから、自転車スタンドはオランダから、砂はサハラ砂漠から、ラインダンス用のパビリオンはテキサスから。 「クールなものを手当たり次第にかき集めたんだ。 居住型展覧会ってとこかな」。 現場を見て回りながらインゲルスが言う。 インゲルスに強い印象を残した最初の建築物は城砦だった。 どこか特定の城砦というわけではなく、子どものころ、休みになるとあちこちの城を見に行っていたのだ。 「男の子がいるとどうしてもお城に行くことになるよね」とインゲルスは笑う。 もうひとつ、美しさと実用性で記憶に残った建築として『Mr. インクレディブル』の悪役シンドロームの秘密基地を挙げる。 また、『薔薇の名前』の秘密の大図書館もお気に入りだ。 「画面に映るのは2秒かそこらなんだけど、あれはほんとに…すげえ!としか言いようがない」とインゲルスは言う。 「映画では、まだつくられていないものでも、それがどんなものなのかひと目で伝えることができる。 まさにアイデアの宝庫だよ。 物の形は言葉で言い表せても、雰囲気を言葉で表現するのはずっと難しい。 ワインや料理の味を言葉で伝えるようなものだよ。 感覚を表現しようとすると言葉の不完全さがもどかしくなる。 建築を語るとき、映画は言葉の不十分さを補うひとつの方法だね」。 TAG THE 8-HOUSE 2010:オフィス、住居、ショップを融合した8の字型の大型複合施設。 コペンハーゲンの新興住宅地オアスタッド地区の理想形を、インゲルスはこの施設を通してデザインした。 グラフィックのノヴェル作家を目指して コペンハーゲンの北20kmに位置するバルト海沿岸の町スコッズボルグでインゲルスは育った。 「1960年代の葉巻の箱みたいな家だ。 広い窓、南向き、湖を一望できる典型的デニッシュモダン・スタイル」と実家を表現する。 VMハウスの一室で、革張りのソファに足を投げ出して座り、インゲルスは語る。 子どものころから絵が得意で、デンマークの国民的漫画キャラクターの現代ヴァージョンを描く全国コンクールに投稿したことがある。 51年から出版されている『ラスムス・クランプ』という、パンケーキが大好物のクマが仲間と一緒に船で世界を旅する漫画だ。 投稿した10ページの作品は「黒歴史」だとインゲルスは言う。 入賞はしなかったが、創造のプロセスの考え方を一変させる事件が起こった。 原作者から返事が来たのだ。 「ぼくがまだ子どもだと知って、漫画の神様みたいな人がぼくに手紙をくれたんだよ」。 キャラクターにはひねりがないしスケッチはありきたり、ストーリーもお粗末だと指摘された。 「それからというもの、物事の外見だけでなく、その内容にも真剣に目を向けるようになった。 その作品は何を表現しようとしているのか? 作品を通じて何を伝えたいのか? 作品によって何を成し遂げようとしているのか? 作品の中に、言ってみればプロットをもつこと、大きなアイデアを込めることの大切さを思い出させてくれたよ。 そうでなきゃ、漫画はただの線の集まりになってしまう。 見てくれはよくても、そこには何もない。 何も成し遂げない。 何も伝えない」 漫画やグラフィックノヴェルはインゲルスのいちばんの関心事だった。 ポップカルチャーへの興味からデンマーク王立芸術アカデミーに入学する。 「自分はきっとグラフィックノヴェル作家になるんだと信じていたよ」と彼は言う。 アカデミーで2年を過ごしたころ、彼のスケッチ技術は次第に建築のほうに向けられるようになった。 より多くを学びたくて建築学科に転学する。 卒業生にはデニッシュモダン・デザインの父アルネ・ヤコブセンや、デニッシュモダン運動の中心人物のひとりだったデザイナーのフィン・ユール、すぐそばのホルメン地区に建つコペンハーゲン・オペラハウスを設計したヘニング・ラーセンなどがいる。 インゲルスがこの学科を希望したのは「2年間のフリードローイングのレッスン」を受けようとしたためだったが、その期間が終わってみると、グラフィックノヴェル作家という将来の夢は跡形もなく消えていた。 天職に巡り合ったのだ。 バルセロナ建築高等技術学校で学び、98年に卒業してレム・コールハースの事務所に入った。 TAG WASTE-TO-ENERGY PLANT EST. 2016 :ゴミ処理場にスキー場の機能を追加することで、住民に敬遠されがちな施設を、歓迎されるものへと変える(2016年完成予定)。 ゴミ処理場でスキーを!? 故郷デンマークでの仕事は快適だ。 そこには合意の文化が根づいていて、すべての意見が同じ重みをもって扱われる。 BIGの方法論もかなりの部分それに基づいているとインゲルスは考えている。 可能な限り人の意見を取り入れたり相手を喜ばせようとしたりすると、それまでよりも過激な目標が生まれたりすることもあるんだ」 クライアントのひとつであるコペンハーゲン南部の廃棄物処理企業、Amagerforbraending社の会議室に入り、インゲルスはにっこり笑った。 ウーラ・レトガー社長をはじめ、重役が顔を揃えてインゲルスを待っていた。 机の上に鎮座するのは、BIGが国内外36社とのコンペティションの末に設計権を勝ち取った、35億デンマーククローネ(620億円)のゴミ処理場をかたどったケーキだ。 築40年のゴミ焼却炉の廃止に伴い、この新しいゴミ処理場は、市の固形廃棄物を燃やしてグリーンエネルギーを得る、デンマーク最大の環境問題への取り組みとなる。 BIGは郊外の人目につかないところにゴミ処理場を設置するという常識を破り、そこを人が集まる場所にしてしまおうと考えた。 スウェーデンまで見晴らせる、高さ90m、面積31,000㎡のスキー場をゴミ処理場の上に建設するのだ。 2016年完成予定、周囲にはランニングや自転車のコースを備えた運動施設もつくる。 「われわれはデンマークに存在しないような風景をつくろうとしているのです」とインゲルスは言う。 「デンマークの気候は変化に富んでいますが、地形はそれほどでもないからね」。 TAG 快楽主義的サステイナブル都市 インゲルスは「ヘドニスティック・サステイナビリティ(快楽主義的持続可能性)」という概念を繰り返し語る。 現代の都市設計プランナーや建築家は環境問題への対処という難しい課題に直面するが、それこそが生活の質を向上するためのチャンスでもあるのだという。 ゲレンデの上まで登っていくエレヴェーターからはゴミ処理場内部の業務が見えるし、巨大な煙突も教育的役割を担っている。 1tの二酸化炭素が排出されるごとに直径30mの煙の輪を吐き出すのだ。 夜には熱感知技術により、さまざまな色のライトが煙を照らすという。 目下手がけているプロジェクトはまだまだある。 グリーンランドのナショナルギャラリー、デンマーク国立海洋博物館、フェロー諸島教育センター、カナダ国立ケベック美術館での展示、カザフスタン国立図書館。 だが、建築家から都市設計プランナーへと移行しつつあるインゲルスを最もよく表しているのは、LOOPプロジェクトだろう。 2010年のヴェネチア建築ビエンナーレで発表されたもので、スウェーデン南部とデンマークとの間に、カテガット湾を中心とする高密度大都市圏を形成することを提案している。 持続可能な公共交通機関、エネルギー変換施設、電気自動車のインフラのループが沿岸に整備され、ふたつの国をつなぐ。 「インゲルスの言うことには、ややバズワード的な側面もあるかもしれないが、建築を広く総体的にとらえているんだと思う」とフロッグデザインのホルガー・ハンプは言う。 「クルマならクルマだけ、ビルならビルだけを見るのではなく、それらが一緒に、全体でどう回るかをいつも考えているんだ。 未来の都市計画はそれを取り巻く環境全体のことを考慮して初めて可能になる。 インゲルスは可能な限り広い視野をもって、建物だけじゃなくて全体を把握できるんだよ」。 「ぼくらが世の中に影響を与えているとすれば、それは現実的な理想主義をもっているからだ」とインゲルスは言う。 「いつだって何かを成し遂げるチャンスはある。 質のいいものをなるべくたくさん詰め込もうと努めることだ。 気候の変動について1,000回会議をしても世の中は変わらない。 世界を本当に変えたければ、目に見えて楽しくて、まねしたくなる具体的な実例を出すしかないんだ」。 雑誌『WIRED』VOL. 10 TAG.

次の

a+u Architects

ビャ ルケ インゲル ス

The about often just stays on the , the Is the latest in a or a or a? So , we asked if we could a that could tell the stories the , and and words to of tell stories about And we that we didn't have to it, it already in the of a So we the of the to tell the stories of the , how our through and of through the and the and the of the world. We call this " is More," which is a of of the of some of our heroes. In this it's Mies der Rohe's is More. He the After him the post-modern counter-revolution, Robert Venturi saying, " is a " After him, Johnson of you could say , or at openness to new with, "I am a " , Obama has at a of time of And what we'd like to say with " is More" is trying to question this that the is always , as who or what we are The of the is the of young man the Or this of the , that the world doesn't in with his or her than , we're much more interested in , this that things by and to the of the world. In , I think that is one of the people who best our His famous tree could be a of the way we work. As you can see, a through a of of At each , there's way too many Only the best ones can And through a of , we a really beautiful or we have a very We them. They have of And through these of of we at a A very way of showing it is a we did for a and a in The was really , like a for , but an : this of of a that together with the city, of the what we to as a of the in , but of on the , as well as on the , with the But doesn't only the of a As you can see, sometimes a off. And often we sit in a and we that there is this great It doesn't really work in this But for another in another , it could really be the right answer to a different question. So as a , we never anything out. We keep our like an archive of biodiversity. You never know when you need it. And what I'd like to do now, in an of warp-speed storytelling, is tell the story of how two by and to the of the world. The first story starts last year when we went to to do the for the for the World in 2010. And we saw this , Haibao. He's the of the expo, and he looks In he looked like a we had for a in the of When we it for the we thought it was a really cool , but it didn't look like something from the of The didn't think so either. So we But then we had a with a who saw our and said, ", that's the for the word 'people. '" So, this is how you write "people," as in the People's of We And at the same time, we got to at the Week. So we thought like, this is too much of an , so we a feng shui We the up three times to , and went to So the People's , as we called it. This is our two , of reading the It went on the of the Wei Po , which got Mr. Liangyu Chen, the of , to visit the And we had the to the And he said, " is the city in the world with most ," but to him it was as if the connection to the had been cut over. And with the People's , he saw an that could the between the of and the of So we with him. , Mr. Chen is now in for But like I said, Haibao looked very , because he is the for "people. " And they this because the of the expo is "Better City, Better Life. " Sustainability. And we thought, sustainability has into being this of neo-Protestant that it has to in to do good. You know, you're not to take long, warm You're not to on because it's for the , you get this that sustainable life is fun than life. So we thought that it could be to on examples where a sustainable city the of life. We also asked , what could show that would be? You know, it's one of the biggest countries in the world,one of the smallest. symbolized by the , we have a bird, the has many great , but we that in the People's , they have three by An Tu Sheng, or Hans Anderson, as we call him. So that means that all 1. 3 have up with "The 's New ," "The Girl" and "The Little " It's like a of into The biggest in is the Great The Great is the only thing that can be seen from the The big in is The Little That can be seen from the And it of shows the between these two cities. , , , But then we looked at , and we that this is like a ,30 years ago. All , no cars. This is how it looks today; all have become many places. , in we're the A of all the people by We have a of called the City that you can if you visit the city. So we thought, why don't we reintroduce the in? We 1,000 to So if you come to the expo, go to the , get a , and then on that to visit the other Like I said, and are both cities, but in the water has gotten so clean that you can in it. One of the first we ever did was the harbor in , of the into the water. So we thought that these expos often have a lot of , , , but no So just like with a , we don't talk about it. You can try it. Like with the water, of talking about it, we're going to a liters of harbor water from to , so the who have the can in and how clean it is. This is where people that it doesn't very sustainable to water from to But in , the go of goods from to , and then they back. So often you water for So we can a ride for And in the of this of harbor , we're going to put the Little So the , the water, and the And when she's gone, we're going to a to reinterpret her. The of the is this of of and When you go to the , you'll see the and the You'll walk around, start looking for a on the , on your ride and then out into the of the expo. So when we the we had to do an in the And to our we got one of our back with from the The , the It's a very in We will on. The second thing, we had the to the , and then the said, "Suggest to " So, when it came out in that we were going to move our , the People's Party of it. They tried to a moving the So for the first time, I got to speak at the It was kind of because in the morning, from 9 to 11, they were the -- how many to in the And then at 11 they stopped talking about these little And then from 11 to 1, they were or not to send the to But to , if you want to see the from May to next year, don't come to , because she's going to be in If you do come to , you will see an by Ai Weiwei, the But if the , it be a So the second story that I'd like to tell is, starts in my house. This is my This is the from my , over the of of that our called the Leonardo DiCaprio And they this of where, on a nice summer day, you'll get to all your neighbors in a of 10 The house is of a of a Trying to it to make sure that all of the look at the , of into each other. Until , this was the from my , this place where our bought the neighbor And he said that he was going to do an next to a And we thought, than doing a of looking into a big of cars, why don't we turn all the into , put them on a of cars. And because is , if you want to have a nice south-facing with a , you have to do it Then we of cut up the , so we wouldn't the from my And the is of the the And up in the , you have a of that all the splendors of a , like a house with a with a of , and a of This is our first This is an taken last summer. And , the the They are through this It's a stand-up from , because in they have a need for And the of the , we wanted to make the , so we needed to it. And we that by the of the , we could turn the into a , , rasterized And since we always to the as The , we this Japanese Himalaya to give us this beautiful of , making the a 3,000 artwork. So if you go back into the , into the , it's like into a from cars and colors, into this of south-facing The of your becoming the If you go , it turns into this And all the that on the is accumulated. And there is an that makes sure that this of of , in one or two years it will of into a Cambodian , in So, the is like our first example of what we like to to as This that you can , if not , then at by , like and , and in this people the that they don't have to between a life with a or a life in the city. They can have both. As an , it's really hard to the You n't just say that now I'd like to do a sustainable city in , because that's not really how you get You always have to of and to the and that , and the of of the world. One last example is that we, like last summer, we the to a This was the of the when he was still It was in the of the so we were really by this , it was the of At the same time, we had a -- a from Azerbaijan came to our We took him to see the And he got very by this that you could make out of , because Azerbaijan is known as the of So he asked us if we could an on an the that would the of the seven most of Azerbaijan. So we took the And we made this small that I'd like to show. We often make little We always a lot about the , but in this it was really easy to the So , Baku is this of the of Zira, the that we are -- like the of their And our was to of the seven most of the of Azerbaijan and reinterpret them into and , of life. Then we place these on the , this of , like a park. And what makes it is that the right now is just a of It has no It has no water. It has no , no So we of the as a , to the desalination , and to use the of water to and cool the And all the of wastewater is into the , the into of a , So, you can say where an at the of , in this it's And the , they don't only of the of the , they also like They from the They the They the water. So they the into a So we presented the , and it has gotten approved. And this summer we are starting the of the two first , in what's going to be the first carbon-neutral in , just to off. So in a way you can see how the in of into the Seven of Azerbaijan. With a little and some more , in 10 years it could be the Five on Thank you. 建築についての一般的議論は しばしば建築物という最終結果のみに 重点がおかれます ロンドンの最新の塔は キュウリかソーセージか 性のおもちゃか? そこで僕たちは考えました プロジェクトの背景にある 物語を伝えられる形式を発明できないだろうか 写真やデッサンや言葉を組み合わせて 建築物の物語を伝えられるように しかしそれは発明する必要がないことが分りました 漫画という形で既に存在していたからです 僕らは基本的に 漫画本の形式を使い 舞台裏で プロジェクトがどうやって 臨機応変に適応しながら進化していくかという 物語を語ることにしました 現実の世界でのさまざまな出来事や混乱 機会を通して語るのです その漫画本は"Yes is More"です この本は 僕らの英雄達のアイデアを進化させたものです これは ミース ファン デル ローエの"Less is More" 質素なほど豊か 彼はモダニズム革命を引き起こしました 続いてポストモダンの反動が起きます ロバート・ヴェンチューリは"Less is bore" 質素なんて退屈 と唱え 彼の後にはフィリップ ジョンソンが… (笑) 「私は売春婦だ」という言葉で、雑婚というか、 新しい考えに対するオープンさを示しました 最近ではオバマが世界的金融危機の中で "Yes we can!

次の