遊戯王 ワルキューレ デッキ レシピ。 【ワルキューレデッキ】大会優勝デッキレシピや回し方,相性の良いカードを考察|海外優勝デッキも紹介

【デッキ解説・考察】「聴かせてあげる、女神の歌をッ!」ワルキューレデッキで勝ちたい【遊戯王】 / 宇都宮店の店舗ブログ

遊戯王 ワルキューレ デッキ レシピ

1 :このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・フィールドのカードを3枚まで選んで除外し、 その数だけデッキから「極星」モンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果を発動したターン、自分は通常召喚できず、「極神」モンスターしか特殊召喚できない。 2 :このカードのリンク先に「極神」モンスターが存在する限り、 相手はそのモンスターを効果の対象にできず、このカードを攻撃対象に選択できない。 レベル5以下の「極星」モンスター1体で、リンク召喚できるリンク1モンスターです。 3体のモンスターを並べて「極神」シンクロモンスターを出すには、3枚除外しなければなりませんが、効果を発動しさえすれば、妨害のない限りそのまま極神シンクロモンスターにつなげることができます。 しかし、極神のスペックはあまり高くなく、3枚も除外するのは、割に合いません。 除外するのはコストではないのが唯一の救いですが、コストを軽減する方法を何かしら併用する必要があります。 以下この3枚除外のデメリットを軽減する方法をいくつか紹介していきます。 《カバーカーニバル》とのコンボ 《カバーカーニバル》 速攻魔法 1 :自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)3体を特殊召喚する。 このトークンはリリースできない。 「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。 ぱっと見、有効な使い道があまりなさそうなカードですが、今回の除外コストにはうってつけのカードです。 速攻魔法かつノーコストなので、極星天グルヴェイグの効果にチェーンして、このカードを発動し、カバートークンを3枚除外すれば、実質1枚消費でデッキから3体極星モンスターをよぶことができます。 いざというときには防御カードとしても使えますが、カバートークンがいる限り、エクストラデッキからモンスターを出せないデメリットには注意しましょう。 1 :このカードのみが「極星」リンクモンスターの効果で除外された場合に発動できる。 レベルの合計が10になるように、自分フィールドの「極星」モンスター1体とデッキの「極星」モンスター2体を墓地へ送り、 EXデッキから「極神」モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分の「極神」モンスターが相手によって墓地へ送られた場合、 墓地のこのカードを除外して発動できる(ダメージステップでも発動可能)。 EXデッキから、同名カードが自分の墓地に存在しない「極神」モンスター1体を特殊召喚する。 海外新規で、極星天グルヴェイグと併用するように、デザインされたカードです。 しかし、来日したのは2018年12月現在《極星天グルヴェイグ》のみであり、このカードが来日するのは来年のEXP2019になる見込みです。 効果自体は悪くはなく、極星天グルヴェイグの除外コストを、このカード1枚で賄うことができ、さらに極神モンスターを特殊召喚できます。 コストはこのカード+フィールドの極星モンスターの2枚必要ですが、墓地効果もあり、またこのカード自体も極星天グルヴェイグのリンク素材にできるので、カバーカーニバルとは違った働きができます。 ちなみに、このモンスターで出した、シンクロモンスターは蘇生制限を満たしていないため自己蘇生などができませんので注意が必要です。 除外されたときに発動する効果を持つモンスター 3枚除外する必要はあるものの、除外されたときに効果を発動するモンスターを除外すれば、ディスアドバンテージをいくらか軽減できます。 「サンダードラゴン」カテゴリーや、「メタファイズ」カテゴリーのモンスターは、除外された際に発動する効果を持っているので、組み合わせたデッキを組んでもいいかもしれません。 極星デッキのデッキレシピ構築 サンプルデッキレシピ モンスター 25枚• 雷撃壊獣サンダー・ザ・キング• 怒炎壊獣ドゴラン• 海亀壊獣ガメシエル• 極星天ヴァルキュリア• マスマティシャン 魔法 15枚• ハーピィの羽根箒• ソウルチャージ• おろかな埋葬• 死者蘇生• 貪欲な壺• 妨げられた壊獣の眠り• 極神皇ロキ• 時戒神祖ヴルガーダ• PSYフレームロードZ• クリアウイングシンクロドラゴン• ブラックローズ・ドラゴン• スリーバースト・ショット・ドラゴン• アンダークロックテイカー• 星導竜アーミライル• リンクモンスターである《極星天グルヴェイグ》の効果の特性上、デッキ内に極星をできるだけ多く入れる必要があるので、今回は「極星天」「極星獣」の2種類を入れて構築しました。 極神シンクロモンスター 極神シンクロモンスターは、「極星天」「極星獣」「極星霊」チューナーにそれぞれ対応したシンクロモンスターが存在します。 どれも攻撃力が高く「極神」シンクロモンスターは、アタッカーとして機能します。 このカードはターン終了時まで魔法・罠カードの効果を受けない。 2 :フィールドの表側表示のこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、自分の墓地から「極星天」チューナー1体を除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 3 :このカードの 2 の効果で特殊召喚に成功した時に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 「極星天」チューナーを素材とする攻撃力4000ポイントのアタッカーです。 魔法罠カード耐性をつける起動効果を持ちます。 フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する「極星獣」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚に成功した時、相手ライフに800ポイントダメージを与える。 「極星獣」チューナーを素材に出せる攻撃力3500のSモンスターです。 相手モンスターの効果をエンドフェイズまで無効化できます。 フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、 そのターンのエンドフェイズ時に自分の墓地に存在する 「極星霊」と名のついたチューナー1体をゲームから除外する事で、 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚に成功した時、 自分の墓地に存在する罠カード1枚を選択して手札に加える事ができる。 「極星霊」チューナーを素材にシンクロ召喚できる攻撃力3300のSモンスターです。 自分バトルフェイズ中に相手が魔法罠を発動した時、発動を無効にし破壊することができます。 1 :フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。 《レスキューキャット》を活用することで、レベル3獣族である《極星獣タングリスニ》や《極星獣タングニョースト》をデッキからリクルートすることができます。 特殊召喚した極星モンスターを素材に、そのままリンク1の《極星天グルヴェイグ》までつなげることができます。 《極星天グルヴェイグ》で、除外するカードがあれば簡単に「極神」シンクロモンスターまでつなげることができます。 強制転移の採用 《強制転移》は《極星獣タングリスニ》を送り付けて戦闘破壊することで、《極星獣タングリスニ》の効果を使用することができ、《精神操作》はコントロールを得た相手モンスターを《極星天グルヴェイグ》で除外できるので採用しています。 バック破壊を採用しておく 「極神」シンクロモンスター効果発動に対して《神の通告》で破壊されたり、モンスター効果で簡単に除去されてしまうので、《ツインツイスター》や《ダイナレスラー・パンクラトプス》などで、相手の伏せカードで怪しいカードはあらかじ破壊してから攻めるようにしましょう。

次の

【ワルキューレデッキ】大会優勝デッキレシピや回し方,相性の良いカードを考察|海外優勝デッキも紹介

遊戯王 ワルキューレ デッキ レシピ

こんにちは。 みらいです。 ぼちぼち再開しようと思います。 今回はリハビリとして簡単なデッキで。 「」 海外先行で登場したアニメ出身のテーマという異色の経歴を持つテーマが先日の「」にて日本に上陸しました。 今回はこの「」を紹介したいと思います。 :「おにゃのこいっぱいでかわいいよ!割とぶっ飛んだ効果のカードもあって楽しいよ!!」 「時の女神の悪戯」 「」のテーマとしての独自性はほぼこのカードに集約されます。 「」 速攻魔法 このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。 このカードを墓地へ送る。 次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。 そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。 自場が「」モンスターのみという制約がありますが、それでもたった一枚でターンスキップをするこのカード。 自分のBP終了時から次の自分のBP開始時までのスキップですが、それでも数多くの利点があります。 追加攻撃が可能• ターン終了時のリスクを帳消しにできる• 「時の女神の悪戯」の発動前と後でそれぞれ召喚を行える• 「時の女神の悪戯」の発動前と後でそれぞれ「一ターンに一度」の制約の効果を使える• セットしたが使えるようになる 単純に連続攻撃性能だけ見ても、「」の攻撃力を倍にする程度の力は持っています。 またこれが具体的にどのように働くのかですが、例えば、後述する「Walkuren Ritt」のデメリットを帳消しにしたり、 「」を相手ターンを待たずに2枚使うことが可能ですし、「強欲で金満な壺」はメイン1にしか使えませんね失礼しました、「」を2度使うこともできます。 ほかにも、「」の制約やデメリット帳消しにしたり、「」をいきなり攻めに使ったり、といったことができます。 効果を冷静に考察していくととんでもないことができそうな気がするのは僕だけですか? ただし、このカードを使い都合上、後攻を優先的にとるデッキになることは覚えておきましょう。 他のテーマとの相性を探る前に、「」自体のテーマの展開の特徴について押さえておく必要があるでしょう。 「Walkuren Ritt」 このカード名とイラストだけでもこのデッキを組む価値はありますぜ。 この効果で3体以上のモンスターをした場合、次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。 このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。 デッキから「時の女神の悪戯」1枚を手札に加える。 さしずめ「」版ペンデュラム召喚を行えるカードですね。 (同名カード一枚までだけど) EPに自分モンスターがすべてデッキに戻るリスクはありますが、それはほとんど先述の「時の女神の悪戯」でリスク回避できます。 基本はこのカードで「」を展開し、総攻撃から「時の女神の悪戯」でワンショットを狙うテーマになっています。 (個人的にワンショットは好きではないんですが、このテーマは決まったコンボで相手を一方的に轢くのではなく、細い攻めを編んでキルないし有利な状況を作っていくテーマなので、嫌悪感はあんまりないです。 ほかの理由もあるけど後述) 3体以上の追加効果もありますが、「時の女神の悪戯」の関係上あまり意識はされません。 基本的には手札の「」を1,2体だしつつ、「時の女神の悪戯」をサーチするカードだと思います。 デッキから「・ドリット」以外の「」カード1枚を手札に加える。 「」のサーチャーですね。 「Walkuren Ritt」もサーチ可能なため、デッキ内の重要度はかなり高いです。 打点upはおまけ的で忘れやすいですが、ワンショットには重要になったりするので、覚えておきましょう。 デッキから「・セクスト」以外の「」モンスター1体をする。 相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。 「」をできます。 限定ですが、「Walkuren Ritt」や「・シグルーン」や「」などで可能なので、使う頻度は高いです。 打点の足しにはほとんどなりませんが、モンスター数が増えるのでそれだけでも経由する価値はあります。 そのカードを墓地へ送り、このカードをする。 自分の手札・墓地からレベル8以下の「」モンスター1体を選んでする。 自身でする能力を持ち、さらにほかの「」も引っ張ってくることができます。 このカードが手札にある状態で墓地に「・セクスト」があると、場の展開を持ち直すことができます。 また、「」の中では素のステータスが最も高いモンスターなので、打点の貢献度はかなり高いです。 (「時の女神の悪戯」分で4400の打点を持ちます。 このカード以外の自分フィールドの「」モンスターの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。 その中に通常魔法・通常罠カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。 無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。 デッキから「」モンスター1体をする。 「」のリクですね。 条件が戦闘限定なので、使いずらさはありますが、デッキの動きを安定させるには欲しいカードですね。 ただし、「・シグルーン」と相性のいい永続の魔法・罠とは相性はよくありません。 (「光の護封剣」とかは別だけど)このカードのためもあり、「」を横に並べるのは重要になってきます。 デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。 バフの値は低いですが、全体に及ぶ効果であり、「時の女神の悪戯」も合わせると馬鹿にならないくらいには打点の足しになります。 「Walkuren Ritt」を送ることで、「時の女神の悪戯」の疑似サーチとして活用できます。 ほかには、「錬装融合」を落として、ドローに変換することができます。 また、「」を落とすことで、相手モンスターを全滅させつつ、1500バーンを与えることができます。 条件を満たすのに、「・シグルーン」や「・セクスト」などが有用です。 ただ、このカードは単体では意味がないので、採用枚数は検討する必要があります。 そのモンスターを破壊する。 そのカードを手札に加える。 相手モンスターを除去する役割を持っています。 戦闘後に永続魔法を回収する効果を持っていて、「時の女神の悪戯」を絡めると2枚を回収することもできます。 「・シグルーン」のコストに使った永続魔法を回収するのが基本的な流れになりますかね。 また、間接的にですが「・フュンフト」でデッキから落として回収して、疑似サーチできるようになっています。 レベル5のモンスターなので、リリースを用意するかするカードを用意する必要があります。 ただし、ほかの「」にない直接除去のモンスターなので、重要ではあります。 そのカードを手札に加える。 相手の墓地からモンスター1体を選んで除外する。 その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力と同じになる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手墓地のモンスターを除外する効果を持っているので、妨害として、このモンスターを置いておくこともできます。 打点変更効果でもあるいるので、相手によっては活躍するモンスターですね。 ただし、効果の持続がターン終了時までなのは注意。 また、相手モンスターを除外する効果を持っているので、前述の「・ドリッド」や「・ヒュンフト」の打点upになります。 「時の女神の悪戯」を回収する効果も持っていますが、条件的にこのカードを引いた上で「Walkuren Ritt」や「」などでしか発揮できないので、使える場面は限られます。 一見地味な効果ですが、単体で3000までの打点対応と、破壊した相手モンスターを除外する効果を持っています。 特に、除外効果は「・ヒュンフト」などの打点upに貢献してくれ、相手の場にモンスターが並んでいるほどその恩恵が大きくなります。 このカード自体の素の打点も高いので、かなり殺意が高いですが、やっぱり安定性に欠けます。 このカードの守備力を1000ダウンし、このターン、自分の「」モンスターは戦闘では破壊されない。 打点up効果をもっているので、相手モンスター1体に対しても2300まで対応できます。 ほかの「」サポート 「」サポートはほかにもあります。 ユニオンの「」&「」• 「」版「」:「」• 「」を半分の打点で直接攻撃を可能にする「」• 「」の除去魔法:「」• 破壊時に強力な効果を発揮する罠2種:「」&「」• 女神3種:「」&「」&「」 などがありますが、ほとんど使い勝手が悪くファン指向が強いものになります。 使えそうなのは、「女神ウルドの裁断」くらいですかね。 そのセットされたカードをお互いに確認し、宣言したカードだった場合、そのカードを除外する。 違った場合、自分フィールドのカード1枚を選んで除外する。 例えば、「」は永続魔法で相手モンスターをすべて裏にできるので、このカードと相性がよく、後攻をとる「」にとってはありがたい存在です。 さらに、このカード自体が「・シグルーン」と相性のいい永続魔法であることも追い風になってます。 総合すると、かなり実用的な性能になっており、「」単体で組むなら必須級になるでしょう。 ちなみに、「女神の導き」はこのカードをサーチできるので、4,5枚目として採用するのもアリでしょう。 (「女神の託宣」はさらに「女神の導き」をサーチできるので、7,8枚目としてワンチャン…) サンプルレシピ サンプルレシピ 詳細: だいぶ素直に組みました。 補足をしておくと• EXデッキは何でも構いません(コストにのみ使う)• 「強欲で金満な壺」は「強欲な壺」です• 「」「」「」は後攻で盤面を捲るためのカードです• 「錬装融合」は引いたら「女神ウルドの裁断」のリスクとして使いましょう。 「」はレベルがばらけている「」の特徴から使います。 「名推理」との相性が悪くないことまでは認めていただけるでしょうが、わざわざランダム性のあるこのカードまでを採用しなければならない理由があります。 それは、「」の安定性のなさに起因します。 元々、後攻を取らなければならない性質上、事故率にはかなり気を配らなければなりません。 後攻で何もできないことができるだけないようにするため、最低限15枚の動けるカードが必要になります。 「・ドリッド」「・」「ライトニング・ストーム」「」「闇の護封剣」そして「名推理」が必要になります。 ただし、若干対応力に難がある場合があるため、その場合をケアして、EXデッキを組むとよいでしょう。 終わりに 「時の女神の悪戯」の可能性に惹かれているので、何かしたいとは思っているのですが、アがまとまっていません。 今回は「」に触ってみようと思ったので、リハビリがてらに簡単に組みました。 「」は本当によくデザインされていると思います。 (見た目とかもそうだけど)テーマとしての調整がかなりなされている印象を受けます。 可能性の伸びしろもあり、テーマとしての完成度も高く、なによりこれがアニメ出身のテーマであるから驚きです。 少なくとも、メインとなる「」モンスターたちは決して強力と呼べないながらも、全て不可欠な役割をもつので、面白い。 とまぁ、色々書いてますが、最近のテーマはどれもおもしろいですよね。 完成度が高いもしくは高めてくれるようなカードが来て、さらに可能性が開けているんですから。 変なデッキがいっぱいできます。 さて、一応次の話をしておくと、次は「」にて「」が登場したので、「地霊使い」をと考えていますが、構想しかできてないので、予定は未定です。 そういえば、1月号のに「ウィン」の新規がくるみたいですね。 レベル5なのがだいぶ引っ掛かりますが…。 それでは今回は以上になります。 この記事を観てくださった皆様がより良い 決闘生活 ( デュエルライフを遅れますよ〜に!.

次の

遊戯王 ジークロイドのワルキューレと相性の良いカードとデッキはどう組む?ワルキューレデッキの回し方も紹介!

遊戯王 ワルキューレ デッキ レシピ

ワルキューレって? テーマ自体は、アニメ遊戯王で没落貴族こと「ジークロイド」が使用したカード群で北欧神話のワルキューレをモチーフとしたテーマになっています。 海外の「Shadows in Valhalla」で忍者の新規とともに登場した海外先行テーマです。 カード解説 キーカード 便宜上、キーカードを先に説明した方が分かりやすいと思うので解説します。 《Walkuren Ritt》 通常魔法 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :手札から「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 この効果で3体以上のモンスターを特殊召喚した場合、 次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。 このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「時の女神の悪戯」1枚を手札に加える。 《時の女神の悪戯》 速攻魔法 このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。 1 :自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを墓地へ送る。 次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。 そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。 つまり、こういうことです。 《Walkuren Ritt》で手札からワルキューレモンスターを特殊召喚• 墓地の《Walkuren Ritt》の効果でデッキから《時の女神の悪戯》をサーチ• 自分バトルフェイズ終了時に《時の女神の悪戯》を発動し、もう一度バトルフェイズ これがワルキューレの基本戦術になります。 1 :このカードが手札に存在する場合、 自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・墓地からレベル8以下の「ワルキューレ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 Vジャンプ11月号で登場するワルキューレです。 いらなくなった永続魔法・罠カードを使って展開できるモンスターで、それらの枚数配分を多めにしておけば手札に来ても腐りにくいモンスターです。 ただ、ワルキューレのテーマ内の永続魔法は 後で説明する3枚のカード 3枚あってこそ力を発揮するカードであり、単体では使いにくいので、このカードの効果で墓地へ送るのはあまりお勧めできません。 コストとしては、《神の居城-ヴァルハラ》がおすすめです。 召喚・特殊召喚に成功した場合に、手札・墓地からワルキューレモンスターを特殊召喚できます。 ワルキューレは上級モンスターが多いので、それらの召喚補助ができるのはありがたいですね。 2 :「ワルキューレ」カードの効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。 3 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 戦闘・効果で破壊され相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。 攻撃力は2000と低めですが、自身の効果により攻撃力3000までのモンスターは戦闘破壊が可能。 除去効果はないものの、除外効果がついているため転生炎獣のような墓地を利用するデッキに対しては強力な1枚になりえます。 2 :このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。 3 :相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカードの守備力を1000ダウンし、 このターン、自分の「ワルキューレ」モンスターは戦闘では破壊されない。 このモンスターで注目してほしいのは3の効果で、戦闘破壊から自分だけでなく、他のワルキューレも守ってくれます。 と、いうのもワルキューレは攻撃力が低いモンスターが多く、効果で上がるのも考慮に入れるとこの《ワルキューレ・ヴリュンヒルデ》が一番攻撃力を上げやすく、モンスターを戦闘破壊しやすいのです。 1 :このカードが魔法カードの効果で手札から特殊召喚に成功した場合、 自分の墓地の「時の女神の悪戯」1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 2 :自分フィールドに「ワルキューレ・アルテスト」以外の「ワルキューレ」モンスターが存在する場合に発動できる。 相手の墓地からモンスター1体を選んで除外する。 その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力と同じになる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このモンスターの魅力は相手の墓地のモンスターをフリーチェーンで除外できるところです。 相手のデッキタイプによっては打点も確保でき、墓地のカードを触れるため非常に頼りがいのある1枚になります。 1 :このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 2 :このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に、自分の墓地の永続魔法カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 ワルキューレモンスターの中で唯一除去効果を持っているモンスターです。 上級モンスターにしては攻撃力が低めで、守備力で見ても《ダーク・キメラ》のような初期の通常モンスターとほとんど同じステータスです。 しかし、やはりモンスターを効果破壊できるこのカードは、戦闘破壊耐性持ちのモンスターや、攻撃力の高いモンスターに対しては有効打でぜひとも採用したいカードです。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ワルキューレ・ドリット」以外の「ワルキューレ」カード1枚を手札に加える。 ワルキューレの万能サーチカードで、下級モンスター。 攻撃力は上げにくいものの、キーカードである《Walkuren Ritt》をはじめ、状況にあったモンスターをサーチできるのは魅力的。 間接的に《時の女神の悪戯》をサーチできるカードでもあるので3枚投入は必須です。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 このカード以外の自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。 その中に通常魔法・通常罠カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。 無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。 2 :このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 デッキから「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。 他にワルキューレが必要かつランダムですがデッキから通常魔法・罠を持ってこれます。 下級モンスターかつ、戦闘で破壊されるとデッキからワルキューレを特殊召喚できるため、序盤、特に先行を取らされたときなんかに役立つカードです。 《サンダーボルト》などパワーの高いものを持ってこれたら儲けものです。 2 :自分フィールドに「ワルキューレ・フュンフト」以外の「ワルキューレ」モンスターが存在する場合に発動できる。 デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。 他にワルキューレが必要ですが《おろかな副葬》を内蔵しているので、必然的にワルキューレと相性がいい魔法・罠カードを落とすことになるでしょう。 筆頭候補は、デッキから《時の女神の悪戯》をサーチできる《Walkuren Ritt》です。 が、《時の女神の悪戯》を発動して強い状態で、このモンスターが出ているときは、《Walkuren Ritt》を発動した後のため、わざわざこのカードを採用してまで落とす必要があるのか少し疑問が残ります。 そのため、このカードを採用するとしたら、墓地で発動する《ブレイクスルースキル》のようなカードや、《ワルキューレ・ツヴァイト》で回収して強い永続魔法を落とすことになると思います。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ワルキューレ・セクスト」以外の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。 単体では役に立たせづらいですが、天使族レベル1というステータスを活かして《神の居城-ヴァルハラ》や《ワン・フォー・ワン》、またキーカードである《Walkuren Ritt》で特殊召喚しましょう。 1 :1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 2 :装備モンスターは直接攻撃できる。 その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。 ワルキューレカードとして扱うので、《Walkuren Ritt》や《ワルキューレ・シグルーン》などで出して装備効果を使うのが理想。 ただし、これで直接攻撃をしてちまちまライフを削らずともワルキューレはライフを削りやすいため無理に入れる必要はないと思います。 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 2 :装備モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 装備モンスターの攻撃力は500アップする。 ワルキューレの低い攻撃力を補えるカード。 魔法・罠カード 《ワルキューレの抱擁》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分は「ワルキューレ」モンスターしか特殊召喚できない。 1 :自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、 自分フィールドの攻撃表示の「ワルキューレ」モンスター1体と 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターを守備表示にし、その相手モンスターを除外する。 ワルキューレは除去手段に乏しく、高い攻撃力のモンスターが相手だと、《Walkuren Ritt》を決めてもそのモンスターを破壊できず、そのまま負けてしまう、という状況がたまに起こります。 そのための解決策としてこのカードのような、相手モンスターを除外カードが必須となります。 理想としてはレベル1の《ワルキューレ・セクスト》を守備表示にして除去するのがベスト。 ただし、相手モンスターを除去するなら《サンダーボルト》や《ダイナレスラー・パンクラトプス》など優秀なカードがたくさんあるため、《ワルキューレ・ドリット》でサーチできる点を活かしたいですね。 《終幕の光》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :1000の倍数のLPを払い、 払ったLP1000につき1体、自分の墓地の「ワルキューレ」モンスターを対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、 相手は自身の墓地から攻撃力2000以下のモンスターを選んで特殊召喚できる。 ワルキューレ専用《ソウルチャージ》とも言えるカード。 攻撃力2000以下のモンスターなら相手モンスターが並べば戦闘破壊するのはたやすいですが、相手は蘇生したモンスターの効果を発動出来たり、守備表示でもモンスターを出せるので与えられるダメージが減ってしまう可能性が高いのが少し気になるところ。 強力なカードですが、《I:Pマスカレーナ》のようなモンスターも蘇生される可能性があると考えると少し使いづらいカードです。 《天馬の翼》 通常魔法 1 :自分の墓地にユニオンモンスターが存在する場合、 自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。 このターン、そのモンスターは直接攻撃できる。 その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。 墓地にユニオンモンスターがいれば発動が可能です。 ユニオンモンスターである《運命の戦車》や《戦乙女の戦車》を採用した場合は併用してもいいかもしれません。 ただし、モンスターを除去できないので別の手段でモンスターを除去したいところ。 《女神ウルドの裁断》 永続魔法 1 :自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。 2 :1ターンに1度、カード名を1つ宣言し、 相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。 そのセットされたカードをお互いに確認し、宣言したカードだった場合、そのカードを除外する。 違った場合、自分フィールドのカード1枚を選んで除外する。 《女神ヴェルダンディの導き》 永続魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :このカードの発動時の効果処理として、 自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合には、デッキから「女神ウルドの裁断」1枚を手札に加える事ができる。 2 :1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。 相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、相手はそのカードを自身のフィールドにセットする。 違った場合、またはセットできない場合、相手はそのカードを手札に加える。 《女神スクルドの託宣》 永続魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :このカードの発動時の効果処理として、 自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合には、 デッキから「女神ヴェルダンディの導き」1枚を手札に加える事ができる。 2 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。 これら3枚のカードは、条件がそろっていれば、《女神スクルドの託宣》1枚からそろえることができますが、その連携性から《女神ヴェルダンディの導き》、《女神ウルドの裁断》が1枚だけそろっていてもその威力を発揮し辛いのが痛いところ。 また、3枚そろって発揮できる効果が、実質『デッキトップのカード1枚を除外』なので 活躍させづらいカードになっています。 もちろん《女神ウルドの裁断》の効果への耐性効果を目的に1枚だけ入れる、というのもなしではありませんが。 《フライアのリンゴ》 通常罠 1 :自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを対象として発動できる。 そのカードを除外する。 2 :セットされているこのカードが相手の効果でフィールドから離れ、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動できる。 自分は自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターの数+1枚をデッキからドローする。 自分フィールドのワルキューレの数には左右されますが、フリーチェーンで相手の墓地のカードを除外できます。 最近のデッキは【転生炎獣】のように墓地を利用するデッキが多いため、このカードの採用も考えてもいいかもしれません。 《ローゲの焔》 永続罠 1 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、自分フィールドに「ワルキューレ」モンスターが存在する限り、 攻撃力2000以下の相手モンスターは攻撃できない。 2 :このカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキからレベル5以上の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。 攻撃力が低いモンスターが多いワルキューレを間接的にですが戦闘から守ってくれるカード。 破壊されたときの効果で《ワルキューレ・ツヴァイト》を出して相手モンスターを破壊したり、《ワルキューレ・ヴリュンヒルデ》を出して戦闘耐性を付与することができます。 ただし、ワルキューレカードではないため、《ワルキューレ・エルダ》の効果を活かせなかったり、《ワルキューレ・フィアット》で持ってくることができないのは残念ポイントです。 デッキの構築 ここまでカードの説明をしてきましたが、「どうやってデッキ組んだらええねん」という人も多いと思うので、思いついた型を紹介しておくと、以下の3つのようなパターンがあるかと思います。 後攻をとり、《Walkuren Ritt》を全力で引き込んで《時の女神の悪戯》を使っての後攻ワンキルを目指す型• 《女神スクルドの託宣》など永続魔法3枚を使って攻める型• デッキレシピ モンスター 26枚• ワルキューレ・シグルーン• ワルキューレ・ヴリュンヒルデ• ワン・フォー・ワン• サンダー・ボルト• ハーピィの羽根帚• 霊子もつれ• 神の居城-ヴァルハラ• オレイカルコスの結界• また後攻をとるため、相手の先行展開を少しでもプラスに変えるために《増殖するG》を採用しています。 また、それだけでなく《強欲で金満な壺》も採用して、理想の状況を作ることを目指しやすくしています。 ワルキューレはエクストラデッキをほぼ使わないので《強欲で金満な壺》は高相性だと思います。 テーマ内にもドローするカードは《フライアのリンゴ》のみなのでデメリットも気にすることなく採用ができます。 手札によっては、《TGワンダーマジシャン》のような準アタッカーほどの攻撃力を持つモンスターさえも突破できないことがあるため、高打点モンスター対策というのは必須になります。 今回効果で除去するために採用したのは、《ダイナレスラー・パンクラトプス》,《サンダー・ボルト》,《霊子もつれ》です。 これらは相手のモンスターを手札1枚で除去できるため、手札消費の激しいワルキューレにとって高相性です。 型にもよるとは思いますが、長期戦を得意としないタイプのデッキであるため出来るだけ短期決戦ができるような構築にしましょう。 それでは今回はここらへんで!.

次の