ホット ウィール。 2020年4月発売のセブンイレブン限定ホットウィールの取扱店舗は?発売日とラインアップについても

ホットウィール

ホット ウィール

昨日は再びホットウィールのフェラーリが届きました。 今回は赤以外のセカンドカラーが主体です。 フェラーリ F355 スパイダー 最近の355は意外と中古市場で人気らしい。 フェラーリも新型車は価格が高騰していて、お手ごろな355が注目されているとのことです。 フェラーリ F355 車名はF355ですがのちに355チャレンジと改められます。 ノーマルのF355GTBとの違いはリヤにウィングが付いております。 ユーザードライバーなどがワンメイクレースを開催していました。 フェラーリ 456M 当時の4座フェラーリです。 このモデルは同じブルーメタカラーのバリエーションといえます。 内装はタンからホワイトに、ウィンドウもクリアからスモークタイプに変更となっております。 ロータス エスプリ これはフェラーリではないがこのカラーは持っていなかったのでついでに頂ました。 360モデナ・旧308・テスタロッサ・348もコレクションの仲間に加わりました。 今回若干日本語カードを入手したのでレビューです。 '70 ロードランナー クラスラーのブランドであるプリムス・ロードランナーです。 現在では使用されていない車名なので、ロードランナーというとゲーム名としての方が有名ですね。 1968~1980年まで3代続いたモデルです。 1970年式というと初代の最終年です。 いかにも70年代というマッスルカーで良きアメリカ車の時代ですね '99 ムスタング カード表記はムスタングとなっているが、私はカタカナ表記の場合「マスタング」と呼んでいる。 メーカーでもマスタングの呼称を推奨している様である。 この年式は5代目 1993~2005年)。 アメリカ車は毎年の様にマイナーチェンジを繰り返しているので、車種によってはモデルチェンジと間違える様な変化がある時がございます。 私は4代目・5代目はマスタングにとって停滞期と思っていて、6代目からのレトロモダンなデザインによって昔の人気に復帰したと思っています。 日本車のシルビアやセリカなどを意識したコンパクトボディや価格面で対抗できることが売りでした。 この1999年モデルは大きく括って後期型といえます。 フロントのライト周りや前後やサイドのデザインも大きく変更されています。 なんとなく6代目への軌跡にみえてきます。 このモデルはリリース年の2000年から推測しますと1990年代後半のコンセプトカーと思われます。 最近のベーシックシリーズでは見かけないのでもう廃盤かと。 フロントのデザイン処理は当時の同系統の車種にも似ていますね。 日本語カード時代はマテルジャパンに加え、途中参加のバンダイのカードも見受けられます。 昨日の続きでファイナルランのお話です。 ホットウィールでは過去に金型終了時(絶版のこと)にファイナルランとして最後の生産を行いリリースしておりました。 もちろん絶版すべてではないですが、選抜されたモデルがその対象です。 開始年は私の記憶では98年か99年と思います? 当初はリアルライダーをおごり特別なパッケージに身を包んでおりました(初期物には結構なプレミアが付いてます)。 現在のスーパートレジャーハント扱いですね。 ベーシック同梱ではなく別シリーズとして販売してました。 その後ベーシック混合販売となりリラルライダーも廃止されました。 今回は2003~04年発売品のレビューです。 2003FR ランボルギーニ ディアブロ ファイナルランの特別のロゴを与えられたモデル。 2003年は12種類の発売でした。 今回は3種類です。 あと数種類持っていますが探すのが難儀なのでご勘弁を 2003FR ダッジ チャージャー デイトナ 1969 人気のモデルでしたが惜しくも絶版。 のちに新規復活しております。 2003FR ポルシェ 911 カレラ コーギーキャストの為、HWとは違うデフォメルとなっております。 シャシーも金属なのでかなり重いですね。 2004FR フェラーリ 308 2004年は5種類は発売。 308以外は謎車や架空車ですね。 この308は後に新規復活。 その際オープンの308GTSも造られました。 ファイナルランは2007年頃(また記憶が曖昧です)まで続き自然フェードアウト。 今日は、日本車と実質交換のフェラーリやランボルギーニ達が到着しました。 フェラーリ ENZO 2003FE ・360モデナ 2001 ・F50 2001 ・P4 2002 ・308 2001 ・F512M 2002 ランボルギーニ ディアブロ 2001 ・ディアブロ 2003FR ・ムルシエラゴ 2003FE ・25thアニバーサリーカウンタック 2001 ランチアストラトス 2002 ・ポルシェ911カレラ 2003FR ・DODGEチャージャー デイトナ1969 2003FR ( )内はいずれもリリース年 今回はその中からフェラーリ308とF512Mをピックアップしました。 308GTB 308のベーシックラインはコーギーキャスト 308GTS を含めると2種の金型があります。 あとバラエティラインにも数種の金型が存在します。 2004年にファイナルランとなったので、後に新規で再登場となります。 308のバリエは15~18種ぐらい有ると思われますが、全部見たことがないので推測の域ですね。 モデルとしては実車の初期仕様ですね。 F512M このF512Mは同じ金型でテスタロッサ(マイナーチェンジ版)から車名変更したもの。 テスタロッサはにコーギーキャストも存在します(ちなみに初期型テスタでリヤ・フロントのデザインが違います)。 492 SWINGFIRE これは第2次大戦にてアメリカ軍が使用したハーフトラックを模したものです。 初代モデルは1976年の「Gun Bucket」でオリーブ色で2連の高射砲を搭載していました。 これは武器をオミットしてスノーパトロール車としてリリース(HWでは数少ない中国製)。 車名も換えられて(途中Tank Gunnerに変更)3代目のネームです。 リヤがキャタピラになっていることからの起用でしょうかね。 でも重量があり過ぎて実際にはスキー場などでは不向きですが、空想の世界なのでそこまで突き詰めることはない 変更後のバリエーションは5種でブルーメタ(3種)オレンジ(1種)今回のホワイト(1種)です。 1985 ACTION COMMAND Shell Shocker 1985年リリースのアクションコマンドシリーズの1両で砲塔の無い戦車、いわゆる自走砲車ですね。 ベーシック単体の初代モデルは1976年「Aw Shoot」(これもモデル名変更)でフロントの数字番号などが違います。 ブリ部分が無いものの、カードは残っていました。 カード裏には別モデルの情報が、全12種有ったはずです。 最近は家にいる事が大半なので、電気代が去年の同月と比べると1月より確実に増えています 今日はトレード物のレビューです。 最初は増えすぎたホットウィールを減らす目的もあったのですが、まさかのホットウィールが戻ってきました。 ランチア ストラトス 2002年のファーストエディション(当時はNEWキャストをこう呼んでいた) これが交換リストに有ったので思わず選ぶ バリエーションは赤系が2種・黄色系が2種ございます。 ホットウィールらしくない全然いじっていないボディです フェラーリ 360モデナ 1999年のファーストエデション。 これはモデルそのものではなく、カードの車名表記のバリエーションです。 「FERRARI」の表記が無いタイプです。 フェラーリ好きの私にとって360はその丸みを待ったボディデザインが今一馴染めませんね レクサス SC400 輸出名はレクサスですが3代目Z30型ソアラです。 当時内の社長は初代ソアラに乗っていましたが、この新型が出るに伴い購入しました。 セールスマンのうたい文句がBMWに負けない性能・仕上がりになりましたのこと(社長談)確かに内装は豪華に成りましたが、デザイン的にはウーン でしたね。 さてモデルは実車と同じ1991年に登場。 カラバリは4種でこのワインレッドメタが一番見かけます。 でもメタリックが強すぎてラメ仕様に見えますね。 ライト類は塗り分けていないのでノッペリした印象です。 ヘッドライトを塗るだけでもだいぶ印象は好くなると思います。 カラバリは少ないですが、ホイールバリエーションは6種もあります。 当時のホイール総動員ですね。 ブラックカラーには更に別のUHホイールが採用されております。 PIKES PEAK TACOMA ベース車はトヨタ ハイラックスの北米仕様で1995年に登場の「タコマ」です。 モデルはパイクスピーク仕様で「アンリミテッドクラク」にて1998年に優勝しています。 ボディには実車の面影が殆どありませんね。 このクラスになるとシャシーにFRP成型のオリジナルボディを被せたものが多いです。 エンジンも同じメーカーで有れば乗せ換え可能らしいです。 モデルは2000年の物ですが、ファーストは1999年登場です。 このFEの「PENNZOIL」イエローカラーが優勝車両と思われます(意外と入手困難)。 今日はHWベーシックの予約分残りとプレミアライン・マッチボックスが届きました。 マッチボックスとプレミアのレビューは後ほど。 ニッサン シルビア(S13 ようやく入手出来ました。 3ヶ月掛かったでしょうか。 日本国内版では4月発売のアソートですがインターナショナルEアソートは1月の末の入荷でした。 本当はブリスタ開封と行きたいところですが1台しかないので、複数入手までお預けですね。 S13のリヤコンビネーションランプも好きなポイントのひとつです 16 ブガッティ シロン セカンドカラーのブラックメタです。 これの入手は安定してきました。 マツダ RX-7(KONI) このSA22は2019年のセカンドカラー。 マッチボックスはBMW i8とガヤルドのポリス仕様です。 レビューは後ほど。 今日はプレミアライン「BOULEVARD」の発売日。 ブルバは3ケース30台の入荷。 なんでも部品の調達が間に合わず生産減により専門店などでもショート入荷らしいです。 全5種に内この2台のみ購入。 シルビアS15はカードが2種類有り「FORMULA DRIFT」の特別版とノーマルカードです。 (中身は同じなのでこだわらない人は関係ない) ニッサン シルビア S15 グラフィックなボディデザインが目を引きますね。 ケーニグセグ・アゲーラ アゲーラは2014年レトロの「NEED FOR SPEED」に初登場して以来2回目ですね。 プレミラライン専用キャストです。 シルビアと比べると一回り以上小さかったので、第一印象は「あれこんなに小ぶりだっだかな?」 でも3インチサイズでは唯一のモデル化なので貴重な存在です。 今日も引き続きHWです。 ベーシック以外のレビュー DATSUN 240Z 2019年のWALMARTミステリーカーシリーズ2(日本未発売) 全12種の内の1台です。 レッドメタでマルーンに近いカラーです。 HWには240Zは数種ありますが、このノーマルな感じが一番しっくり来ますね 初期はブラックブリスタのブラインドタイプでしたが、最近はこの袋になっております。 シールが付属しておりますが、かならずヨレヨレな状態です 2013 HOT WHEELS CHEVY CAMARO SPECIAL EDITION インターナショナルHアソート混入のノーマルトレジャーハントです。 長い車名ですが2013年にHW仕様で実際に限定販売されたカマロです。 リヤエンドにさりげなくTHのマークがタンポされております。 HW POPPA WHEELIS (バックスバニー仕様) 2008 LOONEY TUNESシリーズ全10種の内の1台です。 これは販売店様よりの頂物です。 キャラクターの中で一番好きなバックスバニー まるで知っていたかの様ですね。 謎車のPOPPA自体は2014に登場したNEWキャストです。

次の

ホットウィール|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

ホット ウィール

いっぽう、アメリカにはトミカが生まれるのとほぼ同じ時期に発売された、「マテル」という玩具メーカーの「ホットウィール」と呼ばれるミニカーがあります。 ホットウィールも、トミカと同じ手のひらサイズのミニカーになります。 トミカの誕生は1970年。 いっぽう、ホットウィールが生まれたのもその少し前の1968年のこと。 ほぼ同時期に、日米それぞれを代表するミニカーブランドが誕生したことになります。 これまでに発売された総台数は、トミカが約6億7000万台、ホットウィールが約60億台。 トミカは2秒に1台、ホットウィールは1秒に16台が売れている計算になります。 どちらも、ものすごい数を販売していますよね。 トミカもホットウィールも、子どものおもちゃとしてだけではなく、近年は特に40代〜50代以上の世代で非常に人気があり、コレクターアイテムとしても発展を続けています。 どちらのミニカーも品質は非常に高く、大人から子どもまで、幅広い世代において安全で楽しく、遊んだり集めたりできるミニカーなのです。 「トミカ」と「ホットウィール」の共通点は? 画像は、加藤博人さんのミニカーコレクションのほんの一部です トミカとホットウィール、2つのミニカーブランドにおいて、互いに似ているところや異なるところをご紹介したいと思います。 トミカとホットウィールを、それぞれ1,000台以上コレクションしているという、ミニカー研究家の加藤博人さんに聞いてみました。 つまり、全長6m近いアメリカ車でも、全長4m以下の軽自動車でも同じ3インチ前後(約7センチ)になるように調整されているのです。 誕生時期も、トミカは1970年4月、ホットウィールは1968年5月と約2年しか違わないのでとても近いですね。 ちなみに、ホットウィールは本国での誕生から間もない1969年から日本で販売が開始されています。 そして、トミカもホットウィールも現在『50周年』を記念した魅力的なミニカーが多数発売されています。 ほかには『価格』が挙げられます。 トミカもホットウィールも、さまざまなシリーズをラインアップしていますが、トミカで言うところの『赤箱』、ホットウィールで言うところの『ベーシックカー』と呼ばれる定番のミニカーの価格は、トミカが税込み495円、ホットウィールが同330円となっています。 どちらも、子どもがお小遣いで買える手ごろな価格に設定されているのです。 なお、これらのベーシックなモデルの発売は、トミカが毎月第3土曜日、ホットウィールは毎月第1土曜日と、いずれも月に1回の発売というのも共通点となっています。 もちろん、トミカもホットウィールも、子どもが遊ぶおもちゃであることを前提とした設計なので、各国の安全基準以上に、安全に楽しく親子2代にわたって長く遊べるよう耐久性にも十分な配慮がなされています。 トミカもホットウィールも月に1回の発売で、トミカは月に2台ですが、ホットウィールは多いときには月に30台以上になることがあります。 また、トミカは初回限定カラーを除き、廃盤になるまで数年間、なかには何十年も同じモデルの販売が続くこともありますが、ホットウィールは基本的に同じ仕様のミニカーが何年間も製造されて販売されることはまずありません(例外もありますが)。 」 車種やボディサイズの大小にかかわらず、実車に忠実な作り込みが行われる「トミカ」 画像は、トミカの「国土交通省 照明車」。 災害現場などで作業をする際に、周囲を明るく照らしてくれる大型照明が搭載されています。 TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)のロゴや国土交通省のシンボルマークまで正確に再現されており、積載されている照明アームは実際に稼働させることもできます リアルな車種だけでなく、実在しないユニークなクルマも手がける「ホットウィール」 ホットウィールのオリジナルカー「ロジャー・ダジャー2. 「ダッジ チャージャー(1973年型)」を元にアレンジが施されて1974年に発売された「ロジャー・ダジャー」を、現代ならではのEVとして復活させたモデルです デザインコンセプトの違いも大きいですね。 トミカは、あくまで実車が主役です。 サイズやコストの制限がある中で、実車を忠実に表現するように作り込まれています。 1台につき、およそ1年もの長い時間をかけて、メーカーと密にやり取りしながら新たな商品を世に送り出しています。 対するホットウィールは、実車をベースにしながらも遊び心あふれるデザインとなっているのが特徴です。 また、トミカではデザイナーが表に出てくることはまずありませんが、ホットウィールはデザイナーがクローズアップされる機会が多いですね。 ホットウィールに詳しい方ならおなじみのラリー・ウッド氏(元フォードのデザイナーで、前述の『ロジャー・ダジャー』など数多くのデザインを手がける)、日本人デザイナーではジュン・イマイ氏(現在は退職)、リュウ・アサダ氏などが非常に有名です。 日本をふくめ、世界各地でコンテストも開かれています そして、ミニカーのカスタムや改造に関しても、両社のスタンスは違います。 基本的に、トミカは安全性の観点からもカスタムは歓迎していませんが、ホットウィールはカスタムを楽しむファンの方がアメリカにも日本にも大勢いて、ひとつのカルチャーになっています。 カリスマカスタマイザーの方が主催するカスタムコンテストなどもにぎやかに開催されています。 何かエピソードはありますか? 2018年8月、26年ぶりにトミカとして復活した「フェラーリモデル」。 画像は、大人向けのトミカ「トミカプレミアム」にラインアップされているフェラーリ「F40」 「実車に忠実なトミカは、ミニカーを設計する際に自動車メーカーの担当者と入念に、長い時間をかけてミーティングなどを行って開発が進められます。 ミニカーの外形デザインやギミック(ドアが開いたり、オープントップが外れたり)を何にするか?といったことはもちろん、時にはボディカラーに関しても細かな指示があります。 特に、デザインやカラーにこだわりの強いフェラーリのミニカーでは、フェラーリ社のOKが出されるまで、たくさんのボディカラーの提案をしたそうです。 2020年2月に発売されたばかりのホットウィール「'89ポルシェ944ターボ」 いっぽう、ホットウィールには遊び心というか、デザイナーの個性や想いが強く伝わるモデルがたくさんあります。 こちらのポルシェ944の後部には、ミニカーとはまったく関係のない『聴診器』が置かれています。 このミニカーをデザインしたのはリュウ・アサダ氏なのですが、彼のかかりつけ医である医師がポルシェ944を購入したことをきっかけに、アサダ氏は944をホットウィール化することを思いつきました。 その記念(?)に、944の後ろに聴診器を配置したというわけです。 このように、自由過ぎる発想もホットウィールの大きな魅力のひとつになっています。 」 トミカとホットウィールの違いは、アメリカと日本の自動車文化の違いに通じるものがあるようですね。 最後に、博人さんがお持ちのミニカーコレクションのなかから、もっとも気に入っているトミカとホットウィールからそれぞれ1台ずつ選んでいただきました。 ちなみに、このトミカは私が3歳になってすぐの頃、初めて海外旅行に行く前に成田空港の売店で買ってもらったものです。 実車のほうは、あまり評判はよくなかったフォックスマスタングなのですが、ホットウィールとしてかっこよくデザインされているのがすばらしいですね。

次の

ホットウィール|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

ホット ウィール

Basic Sideline 52th Anniversary• Automotive• Forza Mix M Entertainment Theme• Marvel Mix M Flying Customs• Premium Theme• Premium Line Boulevard• Mix D• Nissan Silvia S15 単品?) Car Culture• New Classics Mix S• Power Trip Mix T Replica Entertainment• Mix J• Fast Euro Mix K Pop Culture• DC Comics Mix H Premium Collector Asst. Blackhole Gassers• Iconic Racers Team Transport• Mix J Character Cars Character Car• Marvel Mix A• Star Wars Mix C• DC Mix D• Marvel Mix E• Star Wars Mix F Gaming Character• Disney Pixar• Mix D• Mix E Others Mario Kart• Mix D• Mix E Game Stop Exclusive• Mix H• Mix J Monster Trucks• Mix K• Mix M Multi Packs• カテゴリー• 551• 423• 133• 131• 599• 206• 347• 257• 122• メニュー.

次の