テラリア クロロ ファイト。 クロロファイトこうせき

【Terraria】MOD紹介その3 便利MOD編1

テラリア クロロ ファイト

本日の書き手:ドM男性ライターY イェーイ! みんな、テラリアライフ楽しんでるぅー!? はい、こんなウザイ書き出しも、全てはハンドラクス様があまりに快適すぎるがゆえ。 そりゃそうだ。 うーん、ひょっとしたらやり方が違うのかもしれない。 つまり、「増殖した」ということになる。 そして、• 最後のアイテムを入れるときには、 ここで素早く指を離す。 この画面になってしまったら無効。 「まさかなー、そんなウマい話があるわけないって! 僕のこそが唯一無二のプレゼント搾取装置に決まっているのだフーハハハっ!」 そう思っていた時期が、僕にもありました。 は、ははは……、 年末年始を犠牲にしてiPhoneを放置した時間はなんだったんだ……!! この方法を使えば無限の資金稼ぎはもとより、プレゼントは作り放題、他にもあーんなことやこーんなことがサクっとできてしまう……! な、なんて素晴らしい技術だ……! 改めて、情報提供ありがとうございます!! だがこの増殖方法、物理法則をまるっと無視した未知のテクノロジーであることには変わりはない。 僕も今のところは全く問題ないものの、ひょっとしたら何か予期せぬ事態が起こる可能性も否定できない。

次の

[テラリアPS4/switch版Ver1.3]ソフトコア攻略チャートその3、Ver1.3追加イベントとムーンロードまで

テラリア クロロ ファイト

壁を高速で壊したい 家を取り壊すときに、一番面倒だなあと思うのが「壁の取り壊し」です。 いつも特に考えず「ムテキハンマー」をぶんぶん振り回して壊していたんですがふと、もっといいハンマーあるんじゃない? と思い至りました。 今更だけど。 ムテキハンマーはハードモードに切り替わるときに手に入るハンマーなので、それ以降に作れるハンマーのほうが絶対性能いいよね?? と思って、いろんな鉱石のバーを持ってガイドさんに訊きに行くことに。 とにかく早いハンマーがほしい 攻撃力はどうでもよくて、とにかく「早い」のがほしいです。 キノ鉱石は「ハンマー」が見当たらなくて、クロロファイトに「機械槌」がありました。 これいいなー! と思うんですが、クロロファイトもう在庫がない。 取りに行くのちょっと面倒くさい。 これ、もしかしてハンマーなんじゃ!! さっそく魚を握りしめて壁にアタック! おおおお早いです!! ズドドドドドドッ!!!と壊せます。 これいいねーいいねー!!!と壁を壊していたんですが、ふとムテキハンマーも振り回してみることに。 静止画で「ズドドドドド」とか言っても何にも伝わりませんけども、ムテキハンマーの方がプロパの分早かったです。 うーん。 やっぱ「早い」って書いてあるのは全部同じ速さなのかな。 いやでもやっぱり「クロロファイトの機械槌」を作るしかないな、とジャングルへ。 途中でサンタ仕様のうさぎがいたので、おっ! と思って攻撃してみたら、普通に倒してしまいました。 ごめん……。 今まものと戦ったらプレゼント落とすみたいです。 たくさん拾ったので中身については次の記事に書きます。 まだ種類があるかもしれないのでもっと集めたい! クリスマスイベントとかあるんだな~。 で、クロロファイトを集めてきて、作りました「クロロファイトの機械槌」! またも伝わらないスピード感ですが、あのですね、 音が違います。 ぶううーーーんぶうううーーん っていう音。 さすが機械槌。 でも残念ながらスピードはノーマルなムテキハンマーと同じ速さでした。 つまり岩魚とも多分同じ。 鈍い音のせいか遅く感じるくらい。 ハードモードに入っているかたも、魚を振り回している姿がなんとも癒されるので、ムテキハンマーとスピードは同じですし、岩魚おススメします。 リフォージでもっと早くなります。 いやあのちょっと早くなればいいな、と思ってリフォージしたらまさかの伝説きました。 そんな感じで家をキレイにしようと奮闘していたんですが、クリスマスプレゼントのドロップがめちゃくちゃ気になるので、壁に穴を開けたままですがちょっとプレゼント集めの旅へ行ってきます!!.

次の

【これがオススメ!】テラリア(Terraria)最強装備! 遠距離武器編

テラリア クロロ ファイト

本日の書き手:ドM男性ライターY イェーイ! みんな、テラリアライフ楽しんでるぅー!? はい、こんなウザイ書き出しも、全てはハンドラクス様があまりに快適すぎるがゆえ。 そりゃそうだ。 うーん、ひょっとしたらやり方が違うのかもしれない。 つまり、「増殖した」ということになる。 そして、• 最後のアイテムを入れるときには、 ここで素早く指を離す。 この画面になってしまったら無効。 「まさかなー、そんなウマい話があるわけないって! 僕のこそが唯一無二のプレゼント搾取装置に決まっているのだフーハハハっ!」 そう思っていた時期が、僕にもありました。 は、ははは……、 年末年始を犠牲にしてiPhoneを放置した時間はなんだったんだ……!! この方法を使えば無限の資金稼ぎはもとより、プレゼントは作り放題、他にもあーんなことやこーんなことがサクっとできてしまう……! な、なんて素晴らしい技術だ……! 改めて、情報提供ありがとうございます!! だがこの増殖方法、物理法則をまるっと無視した未知のテクノロジーであることには変わりはない。 僕も今のところは全く問題ないものの、ひょっとしたら何か予期せぬ事態が起こる可能性も否定できない。

次の