赤坂 松葉 屋 ランチ。 松茸御飯が食べ放題の「赤坂 松葉屋」でランチを食べてきました

松茸御飯が食べ放題の「赤坂 松葉屋」でランチを食べてきました

赤坂 松葉 屋 ランチ

情報提供:一休. com 地下鉄の赤坂駅、赤坂見附駅の両駅からアクセス可能、都会の真ん中に位置する「赤坂 にのまえ」。 古い料亭をリノベーションしたというこちらは、落ち着いた和の情緒たっぷりで、山居の風情漂う庭を抜けると、1階和室「結」、ウェイティングバー「志」が迎えてくれます。 2階には、檜でできた8席のカウンター席が備えられ、割烹スタイルで料理を楽しむことができ、さらに3階には、店自慢の舞台付き掘りごたつの大広間が用意されています。 それぞれ趣の異なる部屋をシーンに応じて使い分けることができるので、接待や夜の宴会はもちろん、同僚や同じ赤坂で働く友人とのランチにもおすすめです。 ときには都会の喧騒を忘れ、極上の和に包まれる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。 情報提供:一休. com こちらで腕を奮う中島秀樹料理長は、19歳で料理の道に入門したという、確かな経験の持ち主。 その季節一番の美味を引き出した最善の料理に、料理長が追求してきた斬新な趣向が光ります。 人気のランチプランは「乾杯スパークリング付!不思議な銀色の球体のお重もお楽しみ!銀球御膳 6,800円」。 銀色の球体を器に用いたという、近代的なビジュアルの会席を楽しみましょう。 問い合わせ先• 赤坂 にのまえ• 営業時間/11:30~15:00、17:00~23:00 定休日/ なし 予算/ ランチ 6,000円~7,999円、ディナー 12,000円~14,999円 席数/80席(個室9室) 喫煙可否/分煙 TEL/ 住所/ 東京都港区赤坂4丁目11-24 【2】紀尾井町 福田家 情報提供:一休. com 「料理の美味不味は、十中八、九まで材料の質の選択にあり」という魯山人の言葉を守り、素材を吟味し、その持ち味を生かすことを重視。 器にまで気を配り、四季の風情を表現、多くの常連を魅了した魯山人の料理が持つ魅力を、今に伝えています。 おすすめのランチプランは「【お昼のコース】(金・土のみ)先付、椀、造り、口代り、合肴、炊合せ、御飯、止椀、香の物、水菓子 31,050円」など。 問い合わせ先• 紀尾井町 福田家• 営業時間/11:30~14:30、17:30~22:00 定休日/ 日祝、土(月1)(夏季・年末年始休業あり) 予算/ ランチ 15,000円~、ディナー 20,000円~ 席数/32席(個室4室) 喫煙可否/全席喫煙可 TEL/ 住所/ 東京都千代田区紀尾井町1-13 【3】沖縄懐石 赤坂潭亭 情報提供:一休. com 独特の苦みや香りが特徴の沖縄島野菜をはじめ、那覇漁港直送の島魚、やんばる牛など、沖縄の太陽に育まれた食材を使用。 琉球宮廷料理と和懐石が融合したコースで楽しむことができます。 おすすめのランチプランは「【一休限定】選べる1ドリンク付!茶室風の掘りごたつ個室でごゆっくりどうぞ!沖縄懐石 昼懐石 10,950円」など。 問い合わせ先• 沖縄懐石 赤坂潭亭• com 日本のふぐ公許第一号店である老舗の東京支店、それがこの「下関春帆楼 東京店」です。 「ふく料理」を明治の昔から提供している名店の味を、東京にいながらにして堪能することできます。 高級感あふれる店内には多彩な個室が完備されており、シーンに合わせて活用することができます。 たとえば、舟型天井に本漆塗りのテーブルを配した貴賓室「聴雨(ちょうう)の間」や、日清講和記念館をイメージした異国情緒漂う和洋折衷のテーブル個室など、優雅で個性的な空間は、同行者にも喜ばれること請け合いです。 テーブル席ではより気軽な雰囲気で、山口県から届く逸品に舌鼓を打つことができます。 情報提供:一休. com 稚魚から管理している通年商品の養殖物に加え、季節によっては産地直送の天然物のふぐもお目見え。 老舗ならではの技術で、その繊細でほのかな味を引き立てた一皿をいただくことができます。 ふぐ料理だけでなく、春は天然桜鯛、夏の城下かれいやおこぜ・鱧など、四季折々の旬の魚を楽しめる季節料理にも、老舗名店ならではのこだわりが感じられます。 おすすめのランチプランは「【一休限定】ふぐ刺・唐揚げ・ちり鍋・デザート&コーヒー付 4,050円」。 リーズナブルにふぐ料理を味わい尽くせるお得なプランです。 問い合わせ先• 下関春帆楼 東京店• 営業時間/11:30~14:30、17:00~22:00 定休日/ 日・祝 予算/ ランチ 4,000円~4,999円、ディナー 15,000円~19,999円 席数/54席(個室7室) 喫煙可否/分煙 個室席のみ喫煙可 TEL/ 住所/ 東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル内 【1】赤坂浅田 情報提供:一休. com 食材は、鮮魚類から野菜、水、蕎麦粉に至るまで、金沢から直送されたものを使用。 日本海側の厳しい風土に育まれた、天然の恵みの香りが息づくお料理が、こだわられた器にそれぞれ美しく盛り付けられ、提供されます。 個室確約のディナープランは「【お座敷個室確約】厳選食材で贈る季節の会席料理全10品。 ご接待や大切なお席に。 34,776円」など。 問い合わせ先• 赤坂浅田• 営業時間/11:30~14:30、17:30~22:30 定休日/ 年末年始・GW・お盆時期 予算/ ランチ 8,000円~9,999円、ディナー 12,000円~14,999円 席数/182席(個室11室) 喫煙可否/時間帯禁煙 ランチ 全室禁煙 住所/ 東京都港区赤坂3-6-4 【2】赤坂松葉屋 情報提供:一休. com こちらのこだわりはなんと言っても、松茸と飛騨牛。 松茸の芳醇な香りや飛騨牛のとろける食感など、素材そのもののよさを生かした料理の数々が供されます。 自慢の松茸、飛騨牛をはじめ、季節の食材をふんだんに取り入れた会席は、彩りも豊か。 大勢での集まりや家族の大事なひとときに、日本が誇る贅沢な食材を心ゆくまで楽しむことができるのです。 おすすめの個室確約プランはディナープラン「【個室確約】一ツ木会席 全8品 ディナー お一人様11,880円」をはじめ、ランチ・ディナーと多数用意されています。 問い合わせ先• 赤坂松葉屋• 営業時間/11:30~14:00、17:30~22:00 定休日/ 土・日・祝 予算/ ランチ 6,000円~7,999円、ディナー 12,000円~14,999円 席数/80席(個室6室) 喫煙可否/分煙 個室は喫煙可。 喫煙室もあり TEL/ 住所/ 東京都港区赤坂3-13-16 【3】個室会席 北大路 赤坂茶寮 情報提供:一休. com 広く高級会席料理店を展開する「北大路」グループ。 信頼の老舗がここ赤坂に構えたのが、この「個室会席 北大路 赤坂茶寮」です。 まずは入り口、数寄屋造りの門構えからして、いかにも贅沢な風情が期待を高めます。 赤坂駅、赤坂見附駅等、各駅からアクセス至便なロケーションのビル地下に広がる空間は、静かな京町屋風の趣き。 お部屋も、すべて掘りごたつの個室で構成されており、金泊手描き加賀友禅や越前創作和紙があしらわれているなど、その内観も優雅そのもの。 部屋のタイプもさまざまで、一棟ずつ独立した離れ形式の部屋や80名まで対応可能な別館など、幅広い交友関係での活用が想定できます。 接待や会食など特別なもてなしのシーンを、凛々しい和服の女性スタッフたちが、真心を込め演出してくれます。 情報提供:一休. com こちらでいただくことができるのは、北大路グループ総括料理長監修による、四季折々の旬を使用した月替わりの会席料理。 例えば秋は松茸をふんだんに使用した松茸会席を、冬は下関、敦賀港をはじめ、日本近海から揚がった鮮度抜群のとらふぐ料理を堪能できます。 そのほか、A4~A5等級の黒毛和牛会席は一年中、いつでも楽しむことができます。 個室確約プランは人気のランチプラン「【個室確約】スパークリングも選べる1ドリンク付!天ぷら・お造りなど全7品のさくら御膳 4,665円」など、ランチ・ディナーとも多種多様に用意されています。 問い合わせ先• 個室会席 北大路 赤坂茶寮• 営業時間/11:30~14:00、17:00~22:30 土曜日/11:30~15:00、16:00~21:00 定休日/ 日祝 予算/ ランチ 4,000円~4,999円、ディナー 8,000円~9,999円 席数/240席(28席) 喫煙可否/分煙 禁煙希望のお客様はコメント欄にご記入ください。 TEL/ 住所/ 東京都千代田区永田町2-13-5 赤坂エイトワンビルB1F 【4】赤坂 とだ 情報提供:一休. com 力強い自然に囲まれた、熊野の山海の恵みの数々。 そのなかでも一度は必ず食べてもらいたいとお店が太鼓判を押すのが、熊野産美熊野牛サーロイン。 黒毛和種、雌の未経産牛で、熊野の大自然ときれいな湧き水に育まれた、やわらかな肉質と濃厚な味が特徴です。 そのほか、熊野地鶏、美熊野牛、あまご、遊木漁港で上がる魚など、東京ではめったにお目にかかれないような食材との出合いも期待できます。 併せていただきたいお酒も、全国から厳選した15銘柄の日本酒をラインナップ。 特に、130年の歴史を持つ秋田県横手市の老舗酒造・阿櫻酒造から仕入れる店オリジナルの寒仕込純米「直」は、ぜひ一口味わっていただきたい日本酒。 酒米に秋田酒こまちを使用した、口当たり滑らかな辛口純米酒で、そのふくよかで切れ味のよい味わいが、熊野産の漬け魚やお肉の焼物とぴったり合います。 個室確約のおすすめディナープランは「【個室確約&スパークリング含む2. 5時間飲み放題付】焼き物やお造りなど豪華全8品をお愉しみください! 10,440円」など、多数用意。 問い合わせ先• 赤坂 とだ• 営業時間/17:00~23:00 定休日/ 日曜日・祝日 予算/ ディナー 6,000円~7,999円 席数/43席(個室5室) 喫煙可否/分煙 カウンター以外は個室区切り TEL/ 住所/ 東京都港区赤坂3-16-5 ユタカ産業ビルB1F 【5】神楽坂 翔山亭 東京ガーデンテラス店 情報提供:一休. com 料理に対するこちらのお店のこだわりは、3つ。 ひとつ目は「焼肉と和食の融合」。 特別な日に誰にも喜ばれる焼肉を、和食と融合させることで健康的に仕上げています。 ふたつ目は、質の高い肉をリーズナブルに提供することを可能にする「黒毛和牛一頭買い」。 そして3つ目が「5つの無」で、「無冷凍」「無化学調味料」「無(減)農薬野菜」「無輸入」「無端材」をモットーに、健康第一の安心安全な料理を提供する姿勢を厳格に守っています。 そうしたこだわりが貫かれた上質な焼肉をはじめ、和食の献立で構成された「会席コース」も用意されています。 問い合わせ先• 神楽坂 翔山亭 東京ガーデンテラス店• 営業時間/11:00~14:30、17:00~23:00 土日祝/11:00~15:00、15:00~23:00 定休日/ 紀尾井町ガーデンテラスに準ずる 予算/ ランチ 5,000円~5,999円、ディナー 6,000円~7,999円 席数/52席(個室5室) 喫煙可否/全面禁煙 店外・屋外に喫煙スペースあり TEL/ 住所/ 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町3F 【1】赤坂江戸桜 情報提供:ヒトサラ『シェフがオススメするお店』 こちらの一番の自慢である、しゃぶしゃぶ・すき焼きに使用されるのは、A5ランクの黒毛和牛一頭からわずか1%しか取れないBMS(牛脂肪交雑基準)の特選霜降りの部位。 その舌でとろけるような極上のおいしさは、素材本来の旨みを感じられる「しゃぶしゃぶ」で楽しみたいもの。 最高級霜降り黒毛和牛(120g)と野菜盛り合わせ、稲庭うどんがセットになった、お店のおすすめ「最高級霜降り黒毛和牛セット」などをオーダーして堪能しましょう。 和服のスタッフが各テーブルにつきっきりでお世話をしてくれるので、失敗したくない大事な会食などにはうってつけ。 サシが綺麗なので、見た目でも、厳かな席に華やぎをもたらしてくれます。 また、牛肉、豚肉、魚介、野菜などをせいろで蒸した料理も、シンプルに食材の旨みを味わえるおすすめのメニュー。 特製のごまだれとポン酢でさっぱりといただけるので、特に夏にはうれしい一品です。 そのほか、兵庫県津居山漁港から直送される、新鮮な魚介類の「お刺身盛り合わせ」をはじめ、ひとつひとつ丁寧につくりあげる和食の数々が、食卓に華やかな彩りを添えてくれます。 問い合わせ先• 赤坂江戸桜• 営業時間/11:30~14:00 17:00~23:30、土/17:00~23:00 定休日/日・祝日 予算/ランチ 1,000円、ディナー 10,000円 席数/46人(宴会・パーティー時立席:35人着席:26人) 喫煙可否/喫煙可 TEL/ 住所/東京都港区赤坂3-11-19 UF3ビル2F 【2】日本料理 赤坂 紙音 情報提供:一休. com 日本料理の伝統を厳格に守りながら、旬の特選食材を繊細かつ大胆に調理、自由自在に器に四季を表現します。 器には、各地の陶芸作家による白磁と土物の作品を使用。 この世でここにしか存在しない一品と巡り合えるかもしれません。 おすすめのプランはディナープラン「【カウンター限定】料理長おまかせ お飲み物付き12,960円」など。 問い合わせ先• 日本料理 赤坂 紙音•

次の

赤坂松葉屋(地図/写真/赤坂/日本料理)

赤坂 松葉 屋 ランチ

赤坂には赤坂駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、赤坂には、「」もあります。 名指揮者カラヤンの助言を得て設計されたサントリーホールの大ホールは、後にカラヤンをして「音の宝石箱」と言わせた日本を代表する名コンサートホールです。 日本初のヴィンヤード(ぶどう畑)形式により、通常のホールと異なり、舞台背後にもP席と呼ばれる客席があります。 ちなみ座席もこの形式にちなんでワイン色が採用されています。 小ホールのブルーローズは演奏者を間近に感じられる設計。 レストランやカフェはアークヒルズの他、すぐ隣の泉ガーデンにも充実しています。 アクセスは地下鉄六本木一丁目から3分、溜池山王から5分。 この赤坂にあるのが、日本料理「赤坂松葉屋」です。 周辺のお店• 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】美容・癒し・健康情報を探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

「赤坂松葉屋(まつばや)」で「松茸入りクリームコロッケ御膳(1,620円)」のランチ の人気・おすすめ度 [和食・定食]

赤坂 松葉 屋 ランチ

彼が「松茸ご飯食べ放題行きたい!」と言ってきた。 「へ~松茸食べ放題なんてあるの?、そりゃ行かないと」と私 土曜日もランチをやっているということなので、 (日曜はおやすみ) ご飯を食べる為だけに遠出するのは珍しいのだが、 松茸という名前に惹かれて行くことに決定。 場所は赤坂。 知る人ぞ知る、 松茸・飛騨牛専門店『赤坂松葉屋』である。 オープンは11時半〜なので、念のため少し早めに行くことにする。 昨年テレビで取り上げられたばかりの時は、 オープン前から30人くらい並んでいたともあるとか。 ちなみに、1年中食べられるようである。 秋は生の松茸で、他のシーズンは乾燥松茸とのこと。 キノコは乾燥しても美味しいのでいつ行っても美味しく食べられそうだ。 『松葉屋』に到着 早めに着いたが誰も並んでなかったので、 赤坂サカスなどをウロウロしていたが、 それでも時間があったので10分前に店頭に並ぶことにした。 風情ある店構え。 反対側からも撮ってみる メニュー。 玄関前もいい感じ。 ほどなく入り口に電気がつき、お店の人が出てきた。 中の椅子にかけてお待ちくださいと声をかけてくれ、数分後、 「準備ができたのでどうぞ」と早めに案内してくれた。 靴は履いたままで良いとのこと。 2階の広間に用意される。 ドキドキ。 おおっ テーブルと椅子がずらりと並んでいた。 奥には屏風もあり、素敵な雰囲気である。 11時半には4組ほどが着席していたが、 まだまだ席数があるので少しだけ貸し切り気分を味わう。 クリームコロッケランチを注文 メニューを見ると色々書かれているが、 クリームコロッケランチ1,300円、当然これを注文する。 ちなみにこれが一番安いランチである。 彼が他の高いのでもいいよと言ってくれたが、 私は心からクリームコロッケが食べたいのだ。 安上がりな女である。 雰囲気を楽しんで歓談していると、 ほどなくランチが出てきた。 (ご飯盛り付け後の写真) おひつがとても可愛いのだ。 おひつの蓋を取った際に、 ぷ〜んと香ってくる松茸の匂いに超テンションがあがる。 お茶碗でちょうど2杯分入っている。 茶碗に2人分よそうと、おひつが空になるので、 すかさず仲居さんが新しいおひつを持ってきてくれる。 食べ終わってから新しいのが来るのではなくて、 すでに次のご飯が待機してあるので、安心してモリモリ食べられるのが嬉しい。 仲居さんも素晴らしく、事細かに松茸ご飯が足りてないのかを チェックしに来てくれるので「すいませ〜ん」などと 大声を出さなくてもいいのが嬉しい。 客層も全体的にとても品がよい感じ。 みんなが静々と松茸ご飯を堪能していた。 この日はなぜだか食欲満点、しかも彼より私の方が食べるの早いという。 そして、彼がご飯をよそってくれるというサービスの良さW うーんありがたい。 クリームコロッケにもお吸い物にも松茸が入っている。 3杯おかわりさせてもらったおかげで、さすがにお腹いっぱい。 (夜までお腹いっぱいだった) デザートの洋ナシのシャーベット デザートの小豆入り抹茶アイス 当然女子はデザートは別腹なので、 お腹一杯で入らないという彼の代わりに二人分私が食べる。 そりゃなかなか痩せないわけだ。 満腹になった後は日枝神社に行こう 赤坂見附の駅近くに、日枝神社がある。 名前だけでも聞いたことがある人も多いのではないだろうか、 厄除け・縁結びでとても有名な神社である。 そういえば以前本で読んだことがあるが、 パワースポットとしても有名で、政財界の崇敬者が多いらしい。 バッタがいた。 ここだけ別世界、自然豊かな場所だ。 稲荷参道(赤い鳥居があるところ)を通って境内に向かう。 素敵すぎる。 この日は、七五三の時期で多くの親子連れがいた。 土曜日なので結婚式も行われていて(結婚式場としても人気)とても賑わっていた。 外国人の観光客も数人いたが、 ここを訪れただけでも日本というものを感じることができるだろう。 こてこての日本人の私が感激するくらいだから。 本当に日本らしい素敵な景観を見ることができるスポットである。 神猿像。 表参道。 本当はここから入るべきだったか? 神木。 表参道を降りて左に迂回すると、隣接している『山の茶屋』が見えてくる。 あまりに雰囲気がいいので中からも撮ってみた。 ご飯も美味しいし景色も素晴らしいし、日本に生まれて良かったな~。 まだ訪れた事がない方は、 松葉屋で松茸ご飯を堪能した後にぜひ寄ってみて欲しい。

次の