年末挨拶 ビジネス。 年末年始の挨拶に欠かせないおすすめの粗品を紹介!

ビジネス英語(挨拶編):新年の挨拶、年末の挨拶で使える例文フレーズまとめ【2020年版】

年末挨拶 ビジネス

1.年末の挨拶状(年末のご挨拶) ここでは年末のご挨拶の例文をご紹介しています。 相手先によって言葉遣い(敬語など)や内容が少しずつ異なります。 このページでは取引先やお客様に対するものと、社内文書用の2タイプ用意しました。 下の方に実際の例文もご紹介しています。 [取引先やお客様あての場合に良く使われる文例] 例)従業員一同、心より御礼申し上げます。 例)来る年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。 [社内文書の場合に良く使われる文例] 例)お疲れ様です。 ・社内への年末の挨拶文書は、最近は電子メールやFAXで送信する場合がほとんどです。 メールの場合には様式は比較的自由です。 下記の見本にとらわれず、自由にアレンジしてください。 次に続く「貴社に( 皆様に)おかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 」というフレーズは良く使われる常套句(定番文章。 決まり文句)です。 「ますますご清栄のことと」という箇所は「ご清栄」の代わりに「ご清祥」という書き方も良く使われます。 【その他に定番として良く使われる文章】 ・本年中は 格別のお引き立てを賜り、まことに有り難く厚く御礼申し上げます。 ・来年も より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 ・来年も 変わらぬお引立てのほど、宜しくお願い申し上げます。 ・来る年の 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 3.年始の挨拶状(年始のご挨拶・新年の挨拶) ビジネス文例 ・取引先やお客様に対する新年の挨拶と、社内文書用の2タイプ用意しました。 ・ちなみに、後者の社内への年始の挨拶は、文書や書面によらず、新年会や社員総会、TV会議などの席で口頭で述べるケース(新年のご挨拶や年頭の挨拶という形式)が多いようです。 【年始の挨拶とマナー・新年の挨拶とマナー】 ・年始の挨拶状はいつまでに出せばよいのでしょうか? …業界によっても異なるようで「いつまで」という決まりはないのですが、ビジネスの取引先への年始の挨拶状はできれば松の内(7日まで)に出すようにします。 特に松の内を過ぎると「あけましておめでとうございます」という言葉は使いづらくなります。 仕事始めから数日以内に相手に届くよう、遅くとも10日までには先方に届くという前提で出すようにしましょう。 ・年始の挨拶はいつまで? …新年になって初めて合う相手には15日くらいまで年始の挨拶の言葉を使うのが慣例です(かつては年明けにはカレンダーや手帳などを持参して新年の挨拶に行く営業マンが数多く見られたものです。 良く会う相手なら10日頃までに挨拶を済ませましょう。 取引先の数が多かったり、先方が遠方であったりするとなかなか難しくなりますが、遅くとも15日頃までに済ませます。 ) …営業や、接客、会議などで、年明けに取引先や顧客・お客様に会う機会や電話をする機会があれば、年始の挨拶をします。 基本的には「相手に最初に会う機会」に挨拶をするのがビジネスマナーです。 ・年賀状の時期(いつから?いつまで?) …いつから?郵便局が年賀状・年賀はがきの受付・取扱いを始めるのは12月15日からで、12月25日までに出せば(ポストに投函すれば)元旦に届くとされています(令和2年の年賀はがきについては、令和1年12月15日より受付開始。 2019年12月更新済み)。 …いつまで?基本的に松の内に届くように1月5〜6日までに投函します。 この期間をすぎると年賀状はむしろマナー違反。 年賀状の時期を過ぎたら「」を出しましょう。 4.英語の年末年始挨拶文(新年の挨拶 英文) ・海外では、年末にクリスマスを祝う言葉と新年を祝う言葉が一緒に綴られたメッセージを交わすことが多いようです。 例文をご紹介しますので自由にアレンジしてお使い下さい。 なお、"Season's Greetings and A Happy New Year! "の部分は、 "Merry Christmas and A Happy New Year! " "I Wish You A Merry Christmas and A Happy New Year! " "A merry christmas to you! " といった表現の代わりに、相手の宗教宗派を問わずに使える言い回しです。 This is meaningful time, as we celebrate the end of one year and the beginning of another. We must look back this year "2015", believing that there is the bright future. In the new year, although our challenges are great, each of us has the courage, wisdom, and decision which conquer difficulty. Let's believe each of us and continue a challenge together.

次の

ビジネス英語(挨拶編):新年の挨拶、年末の挨拶で使える例文フレーズまとめ【2020年版】

年末挨拶 ビジネス

Contents• 年末の挨拶状とは? 年末の挨拶状とは、普段お仕事でお世話になっている、取引先やお客様に対し、一年間を振り返ってこれまでのお取り引きやお付き合い、ご利用やお買い上げについてのお礼を述べた上で、新しい年も変わらず良いお付き合い、お取り引き、御愛顧を願う気持ちを書いた挨拶状をさします。 つまり、簡単に言えば、『今年は、ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。 』というのを挨拶していくことです。 そうなると、間違った文章や書き方など、間違えると恥をかいてしまうのは、あなたです。 恥を書く前に、きちんと送る文章を把握しておきましょう。 年末の挨拶文の正しい書き方とは? では、早速、年末の挨拶文について説明していきます。 まず、挨拶文の文章の初めに、『拝啓』・『敬具』を使い、頭語と結語をセットで使うようにしましょう。 そして次に使うのは、『貴社におかれましては、ますますご清栄の事とお慶日び申し上げます。 』と入れておけば、間違いないです。 他にも、『本年中は格別のお取引を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。 』、『来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 』、『来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 』などと言った定番化している文章もありますので、ご自身で自由に文章を使って下さい。 終わりに、日付・住所・電話番号・FAX番号・会社名・代表取締役を書いて終了です。 年末年始の営業日のご案内 拝啓 貴社におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 また平素は格別 のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 早速ではございますが、年末年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。 甚だ勝手ではございますが何卒ご了承の上、万障お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申し上げます。 本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 今年もいろんなことがありましたが、皆さんには本当に良く頑張って頂きました。 一年間、本当にご苦労樣でした。 新しい年も課題山積です。 皆さんと心を一つにして取組んでいきたいと思います。 来年も一緒に頑張りましょう。 新年の挨拶をしに行く時に気をつけて欲しい事とは? 取引先へ挨拶しに行く場合、直接訪問し挨拶するのが良い 取引先に挨拶する場合は、直接訪問するのが好ましいと言われています。 なので、取り引き先のアポイントをとって訪問するのが望ましいですが、難しい場合には会社の受付まで訪問し、担当者と言葉を交わすなどして挨拶をする場合もあります。 取引先に訪問する時は相手のスケジュールをチェックして置く 取引先の年内営業終了日と自分が出向くスケジュールを正確に把握して、いつが年内最終の顔合わせになるか判断する必要がありますので、年内最後の日の別れ際に、『お目にかかれるのは本日が年内最後になります。 一年間大変お世話になりました。 ありがとうございました。 来年も何卒よろしくお願いいたします。 どうぞ良いお年をお迎えください。 』という挨拶をすれば、間違いないでしょう。 訪問挨拶では手土産を持参すると更に良い 普段、お世話になっている取引先との関係や挨拶する人の役職によってですが、手土産を持参すると更に良いです。 例えば、自分の会社の物でも構いません。 カレンダー、手帳、ノート、文房具品など、もらう側も仕事で使える物を渡してあげると良いと思います。 渡す時に、『今年一年お仕事をご一緒させていただき、誠にありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いします。 』 といった、挨拶を仕事の内容と含めながら、出来れば間違いないでしょう。 直接訪問出来ない場合は? 取引先に直接会って挨拶とお礼を述べられる事が本来望ましいですが、直接訪問出来ない場合はメールなどで挨拶を致しましょう。 せっかくきちんとした文章で年末の挨拶文が、書けていても送る時期を間違えてしまうと、失礼にあたりますので、きちんと確認しておく必要があります。 取引先やお客様に挨拶状を送る際は、12月20日〜27日前後に送りましょう。 取引先に直接会いに行く場合は、この期間に、アポイントをしっかり取り、ご迷惑掛からないようにするのがポイントです。 『お世話になりました。 来年もよろしくお願いします。 』という気持ちを、きちんと伝えることが大切です。 まとめ 今回は、年末のビジネスで使える挨拶文について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 普段お世話になっている、取引先やお客様、1年のお付き合いしてくれた方たちにお礼をすることによって、来年も良い取引が出来たり、お互い良い気持ちで長く一緒にお仕事することができます。 相手がいるからこそ、お仕事が出来ますので、感謝の気持ちをこめて、御礼の挨拶をするようにしましょう。 よく読まれている記事• 465,400件のビュー• 376,072件のビュー• 130,884件のビュー• 119,545件のビュー• 118,223件のビュー• 89,824件のビュー• 78,772件のビュー• 77,416件のビュー• 76,999件のビュー• 75,734件のビュー• 74,280件のビュー• 64,388件のビュー• 60,843件のビュー• 59,783件のビュー• 55,586件のビュー• 49,743件のビュー• 48,413件のビュー• 46,985件のビュー• 45,132件のビュー• 43,048件のビュー• 42,663件のビュー• 40,724件のビュー• 38,734件のビュー• 37,992件のビュー• 36,873件のビュー• 32,426件のビュー• 31,631件のビュー• 31,262件のビュー• 31,033件のビュー• 25,886件のビュー.

次の

年末年始の挨拶に欠かせないおすすめの粗品を紹介!

年末挨拶 ビジネス

しかし、社内へ年末挨拶と言ってもビジネスメールのマナーをしっかりと守る必要があります。 年末挨拶のビジネスメール社内編の例文として一つ目に紹介するのが「上司宛」のビジネスメールです。 上司に宛てメールを送る際は、ポイントを押さえましょう。 ポイントとしては、一年の感謝の気持ちをメール文章に表すことです。 また、仕事中、幾度かミスをした場合についてはきちんと謝罪をするようにしなければなりません。 年末の挨拶ビジネスメールを社内に送る際は、その謝罪についても触れましょう。 まず冒頭に「〇〇さん(もしくは役職)」とし、改行して一行空け「本年も大変お世話になりました。 」と綴り、「仕事に関してご指導頂いたことへの感謝」と、「ミスをした際の謝罪と今後の改善」を盛り込み、最後に「来年も本年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 良い年をお迎え下さい」と記載します。 年末挨拶ビジネスメール社内編例文として二つ目に紹介するのが「職場のメンバー宛」についてです。 職場のメンバーには毎日関りがあります。 日々の感謝の意を込めて挨拶メールを送るのは必須です。 基本的には上司に送るメールの内容と似ています。 ポイントとしては件名に「年末のご挨拶について」と記載しましょう。 文の始まりはその年の西暦を入れましょう。 つまり、「〇〇〇〇年も残すところあとわずかとなりました。 」というような文章にします。 その後はその年の振り返りと、職場のメンバーに対する感謝の言葉と来年の豊富や意気込みを書きます。 最後に、「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」と書いたら、締めに「新年にはまた元気な姿でお会い出来ますことを楽しみにしております。 どうぞよいお年をお迎え下さい。 」と結びメールの文末とします。 先輩や同僚などに送る年末の挨拶とは異なり、仕事でお世話になった他部署などに対してメールを送る際は敬語の使い方などに注意が必要です。 ポイントとしては、冒頭に「〇〇部署の皆様」といった社内部署宛の内容にすることです。 まず、「今年も残すところあとわずかとなりました。 」と始まり、その後は無事何事も無く一年を過ごせたことへの感謝の文章を綴りましょう。 もし、他部署との連携で上手く行った企画などありましたらその企画名(プロジェクト名)をあげ、「多大なお力添えを頂きましたこと、心より御礼申し上げます。 」と添えましょう。 最後に、「また新年に元気な姿で皆様とお会いできることを楽しみにしております。 よいお年をお迎え下さい。 」と結び、文の締めとします。 メールの文章では目上の方への文章の取り扱いが大切です。 参考までに関連記事にてご紹介しますのでご参考下さい。 社外というと取引先というイメージがありますが、社外の仕事仲間であるクライアント先にもシンプルな形式の社外用年末挨拶ビジネスメールを送る必要があります。 年末挨拶ビジネスメールの社外編例文として一つ目に紹介するのが「クライアント宛シンプル形式」です。 クライアント先と言っても、関係性やコミュニケーションの度合いにもよりますが、シンプルな形式が無難であると言えます。 さらに、社外の方には必ず年末年始の休業日についてもお知らせする必要がある為、ポイントとしてはこれらの日付について記載する必要があります。 まず件名に「年末のご挨拶」と記載をしましょう。 その後は、「会社名・部署名・担当者名」を記載します。 文の始めに「お世話になります。 」とし、「自分の会社名と名前」を記載し、一年の感謝を続けて書きます。 次に「本年同様、来年もよろしくお願いいたします。 」とし、来年の年始の休業日についての案内を書いて締めに「よいお年をお迎え下さい。 」と結び終了です。 内容としては社外編例文の一つ目と同じく始まります。 「会社名・部署名・担当者名」と「お世話になります。 〇〇会社の〇〇です。 」と自己紹介をします。 「〇〇年も残りわずかとなりました。 」と書き、感謝を綴ります。 次に「なお、弊社の年末年始の休業日については下記の通りになります。 」と記載し、日付を簡単に箇条書き形式で記載していきます。 最後に「来年も本年同様変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。 」と締め終了します。 年末以外にもビジネスメールは必須のスキルです。 詳しく知りたい方は関連記事にてご参考下さい。 年末ビジネスメール例文取引編として一つ目に紹介するのが「特定の個人宛で送る場合」です。 ポイントとして、宛先を記載する際は、「取引先の会社名・部署名・担当者名」を書き込みましょう。 ただし、挨拶メールは誰にでも送るわけではありません。 取引先でお世話になった方などコミュニケーションが取れている相手に送るようにします。 冒頭文には「平素は大変お世話になっております。 」と書き、その後「自社会社・部署・名前」を記載し、本年の感謝の言葉を綴ります。 また、お世話になった案件やプロジェクト名を書いた後に上手く行ったことについて触れます。 案件もしくはプロジェクトが上手く行ったことに対しての感謝を記載した後、「今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」と書き、「弊社年末年始の休業期間は下記の通りになります。 」とし、年末年始の休業日について書きます。 締めに体調を気遣う内容を書き込み、「新年もよろしくお願いいたします。 」として終了です。 年末挨拶ビジネスメール例文の取引先編として二つ目に紹介するのが「複数人宛に送る場合」です。 まず、件名に「年末のご挨拶について」と記載し、冒頭には「お取引先各位」と記載し、「平素より大変お世話になっております。 」と書き始めます。 そして「本年は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 」と綴ります。 さらに、来年の意向を書き、「本年と変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。 」と書きます。 「尚、年末年始の休業日は下記の通りとなっております。 」として、日付を箇条書き形式で記載しましょう。 最後に来年のお力添えと、新年を迎えるにあたっての言葉を綴って終了します。 複数人宛で送る際は、末文から2行ほど改行し空け、「所属している会社名と部署名・自分の名前・会社住所・電話番号・メールアドレス」を記載しましょう。 その際も、ビジネスメールのマナーがあります。 一つ目に紹介するのが「個人宛」です。 個人宛に送る際は、懇意にして下さっているお客様に日頃の感謝を込めて文章に綴らなくてはなりません。 件名は「年末のご挨拶」とし、「お客様の名前」を「様」を付けて記載します。 その後自己紹介を書き、「年末のご挨拶を申し上げます。 」と書き、「本年は格別のご厚情を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」と書きます。 その後、感謝を綴り、「本年同様、来年も〇様のご期待に添えるよう精進してまいります。 」と書きます。 「来年が皆様にとって良い年になりますことを心よりお祈り申し上げます。 」と綴った後、年内の営業日についてのご案内をし、末文から2行ほど間を空けた後に「店名・役職・氏名・スタッフ一同・郵便番号・住所・電話番号」を書いて終了です。 複数人に宛てメールを送る際のポイントとしては、「お客様各位」と記載するのがベストです。 件名は「年末のご挨拶について」と書きます。 冒頭は「店名・名前」と記載し、「年末のご挨拶を申し上げます。 」と書きます。 次に「本年も格別のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」と記載します。 その後、「スタッフ一同来年もお客様にご満足頂けるように精進いたしますので何卒来年も変わらぬご愛顧程、よろしくお願いいたします。 」と書きます。 結びにお客様の体の心配と新年を無事に迎える祈願の旨を記載しましょう。 最後に休業日について記載し、「店名・名前・住所・電話番号・メールアドレス」を書き込んで終了とします。 また挨拶文の中には「お蔭様で」と使用する場合があります。 この言葉は使い方によって失礼にあたる場合もありますので、意味や使い方を把握した上で使用するようにしましょう。 詳しくは関連記事にてご参考下さい。 年末の挨拶のビジネスメールマナーや注意点は? 年末挨拶ビジネスメールは送信日に気を付けるのがマナー 年末挨拶ビジネスメールの注意点やマナーについて把握しておかなくてはいけない点が「送信日に気を付けるのがマナー」です。 年末のご挨拶と聞くと、年末に送るというイメージがありますが、役職や関係性によって変わります。 それぞれ挨拶メールを送る日が常識的マナーとして存在します。 まず、社内の上司や先輩などに送る際は、年末の最終営業日(仕事納め)の午前中までに送るようにしましょう。 この時の注意点が「相手が確実にメールを読むことが出来る時間を選んで送信するようにする」ということです。 きっちり読んで貰えるように相手が暇そうな時間帯を選ぶようにしましょう。 取引先や社外、お客様などに年末挨拶のメールを送る際のマナーとしては、会社宛てに送る際は、最終営業日の1週間から3日前に送ることがベストです。 個人のお客様の時は、自分の会社の最終営業日に送るようにしましょう。 年末挨拶のビジネスメールをお客様に送る際は感謝の言葉を添えるのがマナー 年末挨拶ビジネスメールをお客様に送る際は必ず「お世話になったことへの感謝の気持ち」と「来年もよろしくお願いします」といった内容や、「営業日」について触れましょう。 ただし、会社など取引先に送る際は、「来年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 」と一言書くと好印象です。 年末挨拶ビジネスメールのテンプレ文の注意点は送る相手を気にしよう ネット上での情報量が多量な現代社会は、年末挨拶ビジネスメールのテンプレが無数に無料で掲載されています。 その文章をそのままコピペをして使用すると場合によっては送った先の相手に大変失礼にあたる場合がありますので確認するという点を注意点として押さえておくようにしましょう。 マナーとしては、目上の方や上司、取引先の責任者などに送る文章の場合、テンプレ文をそのまま使用するのではなく、日頃関わってきた中でのエピソードなどを書き込むようにするととても興味の湧く文章の内容となることでしょう。 例えばミスがあり、相手の方のお蔭でピンチを切り抜けられたという場合は謝罪を記載します。 相手先の上司の場合は「今後ともご指導ご鞭撻のほど」というフレーズを使う事で、好印象が残ります。 仕事をする上で大切なのは対人です。 好印象を与えることで今後の関りにプラスに働きます。 とは言っても、友達ですので内容は堅苦しくないほうがいいでしょう。 一つ目として紹介する例文は「フランクな内容」ということです。 まずは「挨拶」です。 「こんにちは」もしくは「こんばんは」など時間帯で変えます。 次に「今年も大変お世話になりました。 来年もよろしくお願いします。 」と書いた後、友達の体調を気遣う「風邪引かないでね」という旨も記載しましょう。 結びには「良いお年を」と書き終了します。 最近ではメールではなくLINEを使って年末の挨拶を送る方も多くいます。 LINEにはスタンプ機能があり、年末の挨拶ともなるとオリジナルキャラクターや作家さんが作ったキャラクターなどのスタンプがLINEストアにて販売されています。 年末の挨拶スタンプだけでもかなりの量のスタンプが販売されていますので、お好きなものを手に入れて友達に送る年の瀬や暮れの挨拶をするようにしましょう。 年末の挨拶ビジネスメール例文を使ってその年最後の挨拶を送ろう メールは、ビジネスにとってとても大切なツールとなります。 特に、年末などは一年の締めくくりとして日頃の感謝を伝える大切なことです。 お客様や取引先の方はもちろんのこと、上司や先輩、友達らにも送らなくてはなりません。 例文をしっかりと把握してその年最後の挨拶をメールにて適切に送るようにしましょう。

次の