鶏 胸 肉 玉ねぎ。 胸やももとは違う!意外な希少部位「鶏肩肉」のヘルシー節約レシピ9選

簡単美味しい!鶏肉と玉ねぎ(タマネギ)だけのレシピ

鶏 胸 肉 玉ねぎ

鳥ムネ肉を柔らかくする方法を試してみたい!と思っている方におすすめのレシピです。 ジップロック袋に水50ccと重曹、砂糖、塩を入れ左右にふってとかし、ムネ肉1枚を切らずにそのまま入れるだけです。 つけ時間は冷蔵の場合6時間~2日ほど、冷凍の場合は1晩~1カ月くらいが目安です。 時間がある場合は冷凍すると細胞内の水分が膨張して細胞壁が壊れることで、ますますやわらかくなるのでおすすめです。 調理時間:5分(つけ時間は除く) 鶏ムネ肉 1枚(300~330g)• 水 50cc• ジップロック袋に水50ccと重曹、砂糖、塩を入れ左右に振ってとかし、ムネ肉1枚を切らずに入れてつける。 (つけ時間は冷蔵の場合6時間~2日、冷凍の場合は1晩~1カ月を目安にしてください。 冷蔵の場合、6時間以上つけた後、ザルにあけキッチンペーパーでよく水気をふきとる。 冷凍の場合、使う前日に冷蔵庫にうつして解凍する。 または使う当日にボウルにぬるま湯を入れジップロックごと入れて解凍する。 ザルにあけキッチンペーパーで水気をよくふきとる。 水気をふき取った後は、自由に味つけ可能です。 ムネ肉を柔らかくする方法は、 (みじん切りのまいたけ使用) (すりおろし玉ねぎ使用) 上記の2バージョンを紹介していますが、つけて柔らかくした後の味付けが自由という点が重曹づけの最大のメリットです。 重曹水溶液を捨て、水気をふき取ったあとは何にでも調理可能です。 もも肉と同じように様々なレシピに使えます。 現在公開中のレシピは以下になります。 (レンジだけで10分で調理可能です) 切らずにジップロックに入れるだけでいいので、特売日にまとめ買いして冷凍保存しておくと使いたい時に使えて便利です。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

筋肉料理人の「鶏むね肉のフライパンすき焼き」ですき焼きのハードルが下がりそう

鶏 胸 肉 玉ねぎ

作り方• にんじんの皮は剥いておきます。 ピーマンは種とヘタを取っておきます。 新玉ねぎは薄切りにします。 にんじんは千切りにします。 ピーマンは千切りにします。 鶏むね肉は2cm幅のそぎ切りにします。 バットに2と料理酒を入れ揉み込んだら、片栗粉をまぶします。 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、3を入れて鶏むね肉に火が通り、両面に焼き色が付くまで5分程焼き、火から下ろします。 バットに4を入れ、野菜を端に寄せて、5を入れます。 ときどき鶏むね肉の上下を返しながら15分程冷蔵庫で漬けたら、器に盛り完成です。

次の

鶏むね肉のトマト煮込み 作り方・レシピ

鶏 胸 肉 玉ねぎ

こんにちは~筋肉料理人です! 今日の料理は、鶏肉を使ったすき焼き「鶏すき」。 ヘルシーでコスパのいい鶏むね肉で「鶏むね肉のフライパンすき焼き」を作ります。 鶏すきといえば、普通は鶏もも肉を使いますが、鶏むね肉でも美味しくできますよ。 そして、締めは「おじや」にします。 米を入れますが、ある食材でかさ増しして、よりヘルシーに、より美味しく作ります。 筋肉料理人の「鶏むね肉のフライパンすき焼き」 【材料】2人分• 鶏むね肉 1枚(300g)• 新玉ねぎ(中サイズの普通の玉ねぎでもOK) 1個• 春菊 1束• ブナシメジ 1株• 糸こんにゃく 150g• 卵、七味唐辛子 適宜 (A)• しょう油 小さじ1• しょう油、砂糖 各大さじ3~4• 新玉ねぎは皮をむき、縦半分に切ったら1cm幅に切っておきます。 春菊は茎を5cm位に切り、葉の部分は10cm位に切ります。 ブナシメジは石づきを切り取って、ほぐしておきます。 絹豆腐は4等分に切ります。 糸こんにゃくはザクザクと切り、熱湯(分量外)で2~3分下茹でし、ザルに上げておきます。 次に、鶏むね肉の下ごしらえです。 まず、皮から鶏の脂を出します。 皮を取り外して、 1cm位の幅に切り、 こびりつかないフッ素樹脂加工のフライパンにのせて、 脂が出てくるまで弱火にかけます。 弱火で皮をじっくり加熱して鶏の脂を出し、この脂でコクのあるすき焼きにします。 ポリ袋を用意します。 鶏むね肉の身は1cm弱の厚みの一口大に切ってポリ袋に入れ、 (A)を加えて口を閉じ、 手でしっかり揉んで調味料をなじませます。 鶏むね肉に片栗粉、日本酒を揉み込むことで加熱しても固くなりません。 そして、ここで旨味の素も揉み込みます。 時間があれば、鶏むね肉をラップで包み、めん棒や空き瓶で軽く叩いてからポリ袋に入れると、仕上がりが更に良くなります。 3のフライパンを中火にかけます。 皮は入れたままでOK。 4の鶏むね肉を広げて入れます。 焼き目がついたら返し、反対側にも焼き目をつけます。 焼き目がついたら(B)を加えて混ぜ、鶏むね肉をフライパンの中央に寄せます。 周囲に新玉ねぎ、豆腐、糸こんにゃく、ブナシメジ、春菊の茎を入れます。 食材に熱が通ったら、 食べる直前に春菊の葉を入れます。 お好みで溶き卵につけて、七味唐辛子で辛みを効かせて 「鶏むね肉のフライパンすき焼き」の完成です。 下処理し、焼き目をつけてから煮た鶏むね肉は柔らかジューシー、そしてすき焼きの風味がしっかりついて美味しいです。 今の時期、スーパーで安く買える新玉ねぎも甘く柔らかで美味しく、追加でもう1個入れたいくらいです。 出汁は使っていませんが、鶏の旨味がしっかりしているのは、鶏皮から取った脂で焼いた効果です。 鶏も野菜も美味しいのでビールがいけます。 お好みで溶き卵につけてもいいし、七味唐辛子でピリリと辛味を効かせるのもいいです。 さあ、お肉をあらかた食べ終えたら締めです。 すき焼きの締めといえばわが家はいつもうどんなのですが、今日はご飯が残っていたのでおじやにしてみました。 すき焼きの残りで「なめらか豆腐おじや」 【材料】2人分• 鶏むね肉のフライパンすき焼きの残り 適宜• ご飯 1膳• 卵(溶いておく) 2個• 七味唐辛子 適宜 作り方 1. 残ったすき焼きの汁は味が濃くなっているので、味を見ながら湯(分量外)を足し、中火で煮立たせます。 ご飯を入れて混ぜたら、 角切りにした絹豆腐も加え、 絹豆腐をお玉で粗く崩します。 煮立ったら、溶き卵を回しかけ、 柔らかめの半熟で頂きましょう。 「豆腐おじや」は、絹豆腐を崩して入れているので口当たりは超滑らか。 甘いしょう油味なので、なめらかな親子丼を食べているような感じです。 アツアツなのですが、美味しいのでどんどん進みますよ。 すき焼きに入れる豆腐といえば、焼き豆腐か木綿豆腐ですが、絹豆腐を選んだのは、締めでも追加して、かさ増ししつつなめらかな食感を出すためでした。 ヘルシーでコスパのいい鶏むね肉を使ったフライパンすき焼きと、豆腐でかさ増しした締めの豆腐おじや。 どちらも美味しいので、今日の晩ごはんにでもさっそく、お試しください。

次の