ネットプロテクションズ 評判。 ネットプロテクションズとその評判が知りたい!

NP後払い(ネットプロテクションズ)の評判と考察

ネットプロテクションズ 評判

2017. クレジットカードがないと不便なのが、スマートフォンでのオンラインでの買い物ですが、そんな中に ZOZOTOWNが若者向けに始めたのが「ツケ払い」です。 ツケ払いはGMOペイメントゲートウェイ(以下GMO-PGと表記)の子会社のGMOペイメントサービスがはじめた「GMO後払い」と呼ばれるサービスで、2016年11月にZOZOTOWNに決済サービスを提供したのがはじまりです。 ツケ払いとは「本人確認」をせず少額の与信枠(ZOZOでは最大54,000円)を設け、一定期間後(ZOZOは最大二ヶ月間OK)に請求書を発行し、ユーザーにコンビニなどで支払ってもらう決済方法です。 カンタンに言えば 「飲み屋の一見客に対してツケを認める」ようなサービスなのです。 ZOZOTOWNのターゲットはお金を持っていない十代などの若者がターゲットであり、若者はクレジットカード保有率も低いため、ツケ払いと大変相性が良い決済サービスなのです。 本日は決済会社で10年の経験がある筆者が、「ツケ払い」について詳しく解説いたします。 2017. 26 決済会社最大手のGMOペイメントゲートウェイ(以後、GMO-PGと表記)の子会社として、2014年にGMOグループの後払いの決済会社として設立されたのが、GMOペイメントサービスです。 マーケットでは、 保証付き後払い決済のニーズが高まっており、「NP後払い」や「後払いドットコム」なども成長しているのを受け、大手のGMOグループも参入したのです。 しかし、なぜGMO-PGは、自社ではなく、似たような名前の子会社を作って別会社で「保証付き後払い決済」を始めたのでしょうか? 保証付き後払いというのは、まだ法律的にも、グレーなところがあり、何か起きた場合のリスクを本体のGMO-PGに影響しないように子会社にした背景があります。 つまり、保証付き後払いは、現在急成長しておりますが、業界的にリスクがある方式でもあるのです。 本日は、元決済代行会社出身の筆者が、GMOペイメントサービスの評判と考察を、後払い保証付き業界を踏まえながら解説いたします。 2016. 17 後払いドットコムは、保証付きコンビニ支払いを行っている会社です。 運営会社は株式会社キャッチボールという会社で、独立系のベンチャー企業でしたが、 2013年6月に株式会社スクロール360と資本提携を行いました。 本日は元決済代行会社出身の筆者が後払いドットコムについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。 2016. 18 NP後払いは株式会社ネットプロテクションズが運営する決済代行会社で、クレジットカード決済も行っておりますが、 事業のほとんどが保証付きコンビニ決済です。 NP後払いとは、 後払いのコンビニ決済に保証をつけたサービスで、ネットプロテクションズが最初にはじめた決済方式で、歴史は意外に古く、2002年からサービスを開始しています。 しかし、コンビニ決済の後払い方式が盛り上がってきたのは、ここ4~5年くらいです。 本日は元決済代行会社出身の筆者がNP後払いについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。

次の

「株式会社ネットプロテクションズ」に関するQ&A

ネットプロテクションズ 評判

NP後払いは株式会社ネットプロテクションズが運営する決済代行会社で、クレジットカード決済も行っておりますが、 事業のほとんどが保証付きコンビニ決済です。 NP後払いとは、 後払いのコンビニ決済に保証をつけたサービスで、ネットプロテクションズが最初にはじめた決済方式で、歴史は意外に古く、2002年からサービスを開始しています。 しかし、コンビニ決済の後払い方式が盛り上がってきたのは、ここ4~5年くらいです。 本日は元決済代行会社出身の筆者がNP後払いについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。 NP後払いの由来・歴史 NP後払いは創業は古く、2000年で、サービスインは2002年にさかのぼります。 コンビニ後払いに保証をつけるサービスをはじめて行った会社がネットプロテクションズです。 コンビニ決済の後払い方式が盛り上がってきたのは2011年~2012年頃からになります。 コンビニ決済が普及した要因は3つあります。 スマホで決済を行う場合でも、クレジットカード決済が主流ですが、若い世代はクレジットカードを持っていないこともあり、その世代に支持されたこと。 それ以外にもスマホで電車内やなどでもインターネットショッピングを行う場合、クレジットカードを取り出すのをためらったり、面倒な場合にもコンビニ決済が利用されます。 、そういった背景から、後払い可能なコンビニ決済が普及しはじめました。 またこの時期に競合他社も保証付きコンビニ決済を開始したこともあり、手数料が安くなったことで、受け入れるEC事業者も増え始めたのです。 楽天市場でも使える店舗は多いです。 こういった背景から、コンビニ決済が普及するにいたりました。 NP後払いの特徴は? コンビニ決済の仕組みはカンタンで、商品と同時、あるいは商品とは別に「コンビニ振込票」が届くので、その振込票をユーザーが決められた期日までにコンビニに持っていて振り込む仕組みになっています。 つまりユーザーが必ず振り込むという性善説からなりたっているのです。 そして決済代行会社は、料金を先にEC事業者や通販会社に払ってしまいますので、未回収リスクはコンビニ決済に関しては決済代行会社が負う仕組みなっています。 こんな仕組みですから、ユーザーの中には料金を払わない人というのも相当数出てきます。 それは悪意がある人だけではなく、 主要ユーザーが若年層ということもあり「忘れてた!」という人も相当数います。 NP後払いは、このコンビニ決済に保証をつけるのですから、手数料は必然的に高くなるもので、 コンビニ決済の手数料 + 3% = NP後払いの手数料 このように高額です。 そして通常のコンビニ払いには与信がありませんが、NP後払いには与信があります。 与信と行ってもクレジットカードの与信と違い、コンビニ払いの与信は電話番号とメールアドレスくらいしか情報がありません。 しかも女性の一人暮らしをしられたくないという女性の心理から入力する名前を男の名前に変える人もユーザーには多いのです。 このような独特の背景がありますから、NP後払いの与信は金融機関とはまったく違った独自のノウハウがあります。 別な決済方法を選んでください」 という画面が出てくるのです。 わずかなユーザー入力情報で、こういった与信ができることがNP後払いの特徴であり、ノウハウなのです。 ネットプロテクションズの社内の雰囲気は? 若い人が多くて、社内は私服です。 どなたも真面目な印象です。 社是として「会社の事業は、人を成長させるためにある」という考えで、若い人の育成に力を入れています。 大学生からはなかなかの人気企業で、大勢のインターン生がおり、また上下関係に関係なく、活発な議論ができる社風の印象です。 親会社がオリックス銀行ですから、親会社の意向が強い働く傾向があります。 ネットプロテクションズに限りませんが、就職希望先の会社に親会社がある場合は、その会社の幹部社員に親会社から出向しているケースが多いので、事前に把握しておくべきです。 NP後払いのサポート体制は? ユーザーには悪気はなくて、NP後払いの仕組みを理解してない方からの問い合わせは多いため 「どうやってお金を払うの?」など支払いの案内をしなくてはいけないので、コールセンターは充実しています。 コールセンターは、さらに支払いを延滞している方に、催促の案内の電話をする役割もあります。 しかし、法律上ネットプロテクションズは金融会社ではないので、業務で督促をすることはできず、支払の案内しかできません。 実はこの点は、法律の解釈が結構グレーな部分でもあります。 保証付きコンビニ決済の各社はこの点は、弁護士を入れて理論武装はしているが、各社異なるのもこの業界の特徴です。 NP後払いのシステムは? 保証付きコンビニ払いの業界のシェアを圧倒的に占めている、NP後払いもシステムでは競合に後れをとっています。 それはリアルタイム与信ができないことです。 追記:この記事は2016年に書いた記事で、 2020年の現在はリアルタイム決済に対応しております。 詳しくは下記のプレスリリースをご覧ください。 プレスリリース: リアルタイム与信ができないということは、下記のような面倒な事態がEC事業者に発生します。 ネットプロテクションズも、もちろんこのことは深く理解しておりますが、システムの最後には目検をいれて、与信能力を担保しているのです。 そしてこの目検の工程の抜かすというのは、 後発の決済会社はシェアが少ないためリスクも少なく、目検作業を止めて、リアルタイム与信にすることはなら可能ですが、業界最大手のNP後払いが行うのはリスクが大きいことなのです。 このため2016年10月の今も、リアルタイム与信の導入に至っていません。 NP後払いのライバル会社は? GMO-PGの後払い、後払いドットコム、ヤマト後払いなどがライバルですが、保証つきコンビニ決済では、NP後払いが圧倒的にシェアを握っています。 NP後払いの決済が向いている会社は? ターゲットに若年層や女性ユーザーが多くて、コンビニ決済や商品代引き決済の比率が高い業界が向いています。 NP後払いのパートナー戦略は? ECシステムのASPやECパッケージに、それなりに採用されています。 やはり楽天市場で採用されたのが、大きいでしょう。 NP後払いのニーズが増えてきたことが背景にあります。 NP後払い(ネットプロテクション)のまとめ 業界のシェアの多くを握っているのはNP後払いです。 決済は一度導入してしまうと、 決済代行会社を変更するのは非常に面倒ですから、手数料を含め複数社から検討するのが良いでしょう。

次の

ネットプロテクションズとその評判が知りたい!

ネットプロテクションズ 評判

プラン サービス料金 月額固定費 請求書発行・郵便料金 Aプラン 5. 消費者にも事業者にも優しい後払いサービス ネットプロテクションズの後払いサービスは、商品が到着してから14日以内にコンビニ・郵便局・銀行でお支払いをすればよいので、消費者にとってメリットが大きいサービスといわれています。 また、消費者だけでなく、運営者にとっても大きなメリットが。 運営者は出荷報告をネットプロテクションズにするだけで、請求書発行などの業務を一括委託することができます。 しかも、ネットプロテクションズが消費者に代わり立て替え払いを行うことで、代金未回収リスクを負担してくれます。 だから、入金確認を行わなくてもすぐに商品を配送することができるのです。 このように便利なサービスをネットプロテクションズでは提供しています。 後払いの導入により、平均売り上げが26%アップした実績があるので、利用していない方は検討してみてはいかがでしょうか。 ちなみに、NP後払いの料金プランは、サービス料金と月額固定費、請求書発行郵便料金からなります。 規模に応じてAプランからDプランまで選ぶことができます。 Aプランは月額固定費が無料の代わり、サービス料金5%がかかります。 売り上げ規模が大きい事業者が利用するDプランは、月額固定費が48,000円必要な代わり、サービス料金が2. 9%です。 また、いずれのプランにも1取引当たり190円の請求書発行郵便料金がかかります。 加盟店へのお支払いは、毎週・月一回・月二回から選べます。 さまざまなオプションサービスにも要注目 ネットプロテクションズの決済代行サービスには、いくつかのオプションが用意されています。 例えばNPコネクトライト。 これは、事業主が行う必要がある注文内容などの登録を自動化できるシステムです。 また、NPコネクトプロは、取引情報だけでなく、与信の結果や、伝票登録までを自動化できるオプション。 このほか、購入商品と請求書をまとめて配送できるNP後払いwizなど、決済業務を効率化できるサービスがラインナップされています。 セキュリティ プライバシーマーク取得 サポート体制 導入から運営に至るまでお問合せ窓口を開設しサポート。 主要取引先 日清食品株式会社、フランツ株式会社、株式会社ディノス・セシール、株式会社AOKI、ミドリ安全株式会社、株式会社ドリームコーポレーション他 HPで紹介されているおすすめ業種 公式ホームページを見る限り、化粧品会社の事例が多く見受けられました。 導入企業の口コミ評判• NP後払いを導入したところ、お客様からの決済手段に対する評価が向上しました。 その結果、売り上げはアップしましたが、運営に関する手間はほとんど変わっていません。 知名度のないECサイトなので、クレジットカードのご利用を躊躇されるお客様が多いように思っていました。 そこでNP後払いを導入したところ、売り上げアップにつながりました。 知名度の低いECサイトにこそ必要と思います。 毎週お支払いがあるので資金の流動性がアップしました。 未回収のリスクからも解放されたのでビジネスが行いやすくなったと思います。 決済サービス導入において、後払い制を採用しているネットプロテクションズ。 後払い制を導入している会社は他にもあるので、他社と比較したうえで検討することをおすすめします。 会社情報• 会社名:株式会社ネットプロテクションズ• 所在地:東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル4階• 設立:2000年1月• globalpayment. paygent.

次の