お力添えさせて。 就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

「お力添え」の意味と使い方!類語やビジネスでの例文も紹介

お力添えさせて

「尽力を尽くす」の意味について前述しましたが、「尽力を尽くす」の「尽力」は、「力を尽くすこと」で、「尽くす」は「出し切る、尽力する」の意味を持つので、言葉が同じ意味を持っていることをご理解いただけたでしょうか? これは「重複表現」といい、同じ言葉を使うことで意味を強調したり、理解を確実にする効果があります。 日本語独特の表現のため、絶対に間違っているとは言い切れませんが、ビジネスシーンで使う場合には誤った使い方に該当するので、「尽力させていただきます」と使うのが正しいと言えます。 「ご尽力」を動詞として使う場合、すでに「尽くす」という意味を持っているので、「ご尽力を尽くす」といった二重表現は誤用になるので、注意しましょう。 相手に対して敬意を示す 丁寧に表現する ために、尽力の前に「ご」をつけて、ご尽力とします。 たった一語「ご」を付けるだけで、目上の人に対して使える敬語表現になります。 ただし、尊敬表現は自身のことには使うことができませんので、そのことに留意した上で実際どのような場面で使えるのかを具体例と合わせて見てみましょう。 相手に助けてもらったり、協力してもらったことに対して謝意を示すことができます。 「ご尽力」を動詞ではなく名詞としてそのまま使います。 ほぼ同じ意味を伝えるこの2パターンの使いこなしができれば、表現の幅が広がります。 「ご尽力の賜物」の正しい使い方と例文 【賜物の意味】 1 恩恵や祝福として与えられたもの。 たまわりもの。 2 あることの結果として現れたよいもの、または事柄や成果。 つまり「力を尽くした結果としての成果」が「尽力の賜物」となります。 相手の協力を得て何らか成果を出せたことを表現する際のフォーマルな表現が「ご尽力の賜物」です。 誰かに助けてもらった時には最大限の謝意を失礼なく伝えたいものですが、ここで敬語表現に共通する注意点について配慮しなくれはなりません。 その注意点とは「書き言葉」と「話し言葉」の違いです。 「ご尽力の賜物」を話し言葉として会話で伝えたい場合は、「ご尽力いただいたおかげです」と伝えることで、失礼なく最大限の謝意を伝えることができます。

次の

尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

お力添えさせて

*先行回答者から、いい質問がありましたので、最後に【補足】として追加しました。 上司や社外の人など、目上の人に助けをお願いする場合や、援助や協力へのお礼を伝える際の敬語表現としての使い方があります。 (お願い)・これもひとえにみなさまのお力添えのお蔭でございます。 (お礼)・今後ともより一層のお力添えを、何卒よろしくお願いいたします。 相手から助けてもらったときに、お礼を述べる際の敬語は「ご支援」「ご協力」「お手伝い」「ご尽力」「お力添え」など。 自分や自分側が助けたいという場合には、「ご支援」「お手伝い」「ご協力」などの言葉を使うほうがふさわしいと思います。 ・ぜひお手伝いさせてください。 ・お手伝いいたしましょうか。 ・なにかご協力できることがございましたら、なんなりとお申し付けください。 ・なにかご協力いたしましょうか。 (よく間違える人が多いようですが。 先行回答でも間違っています) 「お力添えさせていただく」は、自分 または自分側 が相手 または第三者 に対して、助力をするという申し出の表現ですので、謙譲語の形を使うことになります。 謙譲語の形式は、自分 または自分の側 をへりくだって言うことで相手に敬意を示す言い方で、 動作を表す言葉を「お ご ~する、お ご ~いたす、お ご ~申す」で挟んで作ります。 「お力添えさせて」は「お力添えさせる」で、「お力添えする」の《使役》の表現ですので、謙譲語の「お~する」の形にはなっています。 例えば、.. 「力添え」は和語の名詞で、「スル」をつけて「力添えする」という動詞になりますが、「マス形」は「力添えし ます 」になります。 したがって、「お力添えする」も《使役》の形の「お力添えさせる」も謙譲語として使うことはできません。 (野口恵子氏の説) 「厚かましくて申し訳ないと思いつつ、私は~する」という気持ちで用いる。 まだ許可が下りていない行為について述べるときには、「させていただきたいのですが」「させていただけますか」という願望や問いかけの形になる。 相手の意向など全く考慮せずに、「私は~する」と一方的に宣言するもの。 控え目な態度で許可を求めるの使い方の対極で、言葉つかいは丁寧でも自分勝手なことをするわけです。 自分自身が決めたことを低姿勢で述べるつもりでも、慇懃無礼と誤解されることもある「させていただく」を使うのではなく、言い回しを工夫したほうがいいのではないでしょうか。 「させていただく」より「いたしましょうか」などがすっきりします。 【補足】*いい質問が先行回答者からありましたので、補足します。 「力添え」は名詞で「する」をつけると「力添えする」という動詞になります。 もともとの和語の動詞「返す」「貸す」のような語は、「お~する」の謙譲語の形になるのです。 謙譲語の形式「お手伝いする」の「手伝い」を「和語の名詞+する」と勘違いする向きも多いようですが、この「手伝い」は動詞「手伝う」の連用形なのです。 /手伝う とき /手伝え ば /手伝え>という活用になります。 「させていただく」という敬語表現に関して、文化庁が出した「敬語の指針」では以下のように解説しています。 【解説1】「(お・ご)…… さ せていただく」といった敬語の形式は,基本的には,自分側が行うことを,ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い,イ)そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合に使われる。 したがって,ア),イ)の条件をどの程度満たすかによって,「発表させていただく」など,「… さ せていただく」を用いた表現には,適切な場合と,余り適切だとは言えない場合とがある。 」の方が簡潔に感じられるようである。 」の方が良いと言えるだろう。 ありがとうございました。 」などという文脈であれば,必ずしも不適切だとは言えなくなる。 なお,ア),イ)の条件を実際には満たしていなくても,満たしているかのように 見立てて使う用法があり,それが「… さ せていただく」の使用域を広げている。 その見立てをどの程度自然なものとして受け入れるかということが,その個人にとっての「… さ せていただく」に対する「許容度」を決めているのだと考えられる。 以上のことから、「お力添えさせていただく」という言葉がどのようなシチュエーションで発せられたかによって、正誤の判断は異なってくるでしょう。 つまり、「相手の許可を求める要素」や「力添えすることにより自分に恩恵が生じるかという要素」の有無やその要素の強弱によって、この言葉の使用に関する評価は異なることになります。 日本語の敬語表現として正しいかどうかでいえば、相手に協力してもらった場合でも、自分が協力した場合でも「お力添え」という表現は使用できます。 「お〜する」という表現は自分が相手のためにしてあげる動作にも使うことができるからです。 よって、どちらも正しい謙譲語です。 もっとも、例文として挙げられている「お力添えになれたらと考えております」という文章はあまりに回りくどく、好ましい表現とは思えません。 これは「お力になれたらと考えております」で十分でしょう。 もっと言えば「お力添えをさせていただく」も「お力添えいたします」で十分です。 「お力添え」を自分が協力する場合に使うべきでない、とする根拠については、私には定かではありませんが「力添え」という言葉自体がかなり丁寧な表現なので、場合によっては慇懃無礼に感じられてしまうのかもしれません。 確かに、普通、相手に協力を申し出るときは「ご協力いたします」「お手伝いさせていただきます」で十分だと言えるでしょう。

次の

「お力添え」とは?意味と使い方

お力添えさせて

「お力になれず」は敬語表現 「お力になれず」は、相手の要望に対して応えられない場合に対して使う敬語表現です。 「力不足で申し訳ありません」というところを「役不足で申し訳ありません」といってしまう場合があります。 しかし、これは相手に失礼に当たる表現です。 「役不足」は「自分は実力があるのにそれに見合った役ではない」という意味です。 勘違いしている人も多いので、お断りの場合は「お役に立てずに申し訳ありません」を使います。 「お力になれず申し訳ありません」の使い方 「お力になれず」を使ったいい回しで、一般的な表現が「お力になれず申し訳ありません」です。 ビジネス上でよく使われる場面は、商品企画などの提案を受けた際など、不採用を通知する文面などが上げられます。 提案に対する感謝の気持を述べて、「ご尽力いただいたのにかかわらず、今回はお力になれず申し訳ございません」とお詫びの言葉を付け加えます。 「お力になれず」以外のお断りの表現 お断りの表現には「お力になれず」以外のもあります。 「お役に立てず」「ご期待に沿えず」などが要望に対するお断りの表現です。 さらに「残念ながら」「不本意ながら」などのクッション言葉を使った表現もあります。 お役に立てず 「お役に立てず」は「お力になれず」の類語です。 「相手の要求に対して、そのことに身を置くことができない」「その要求を受けられない」という意味になります。 「お役に立てず、申し訳ございません」「お役に立てず残念です」「お役に立てず申し訳ない限りです」といったいい回しが一般的です。

次の