喪中 新年 の 挨拶。 喪中の挨拶の文例|メール/ハガキ/行事別・返事の書き方

喪中の初詣はいつから? 喪中期間の新年の迎え方 [葬儀・葬式] All About

喪中 新年 の 挨拶

Contents• 喪中の新年の挨拶を会社でする場合 喪中の新年の挨拶で会社の場合の注意点は、 「おめでとう」という挨拶をせず、故人をしのんで、いつもより静かに過ごそうということです。 「おめでとう」を言う気分でもないかもしれませんね。 今年もよろしくお願いします。 」 で返します。 つまり、「おめでとう」を返さずに、そのまま今年もよろしくに入ってしまうわけです。 これなら不自然ではなく、新年の挨拶になります。 そして、今年もよろしくにつなげます。 今年もよろしくお願いします。 」です。 かける場合は、自分から名乗ったあとに、 「昨年は・・・」と、「今年も・・・」を続けます。 会社の人には、事前に喪中はがきで挨拶しておこう 直属上司は忌引き申請で知っているので、問題ないでしょう。 同僚は、正直に言ってもいいかもしれませんが、 聞かれなければ、新年だからといって、あえて言わなくてもよいです。 年賀状は控えましょう。 いつも年賀状をやりとしている上司、同僚、仲人などには喪中はがきを出しておきましょう。 それでも、もし年賀状をもらったら、松の内が明けた後、 寒中見舞いを年始の挨拶状として出します。 ですが、寒中見舞いは年賀状の代用ではないので、 「旧年中はお世話に」とか「今年もよろしく」などの表現は避けましょう。 ちなみに「松の内」は関東では1月7日まで、関西では1月15日までですので、 地域のしきたりを確認するようにしてください。 喪中の新年の挨拶を取引先でする場合 喪中に、取引先に出向いた場合はどうでしょうか。 仕事に私情ははさまないというのが鉄則です。 あくまで今まで通り普通にしましょう。 わざわざ「身内の者がなくなりまして」などと話さないようにしましょう。 喪中であることは言う必要はありません。 言わないほうが気を遣わせないからです。 取引先への挨拶としては、 相手の挨拶のあと、「新年早々お邪魔します。 」が良いでしょう。 そのあと、「本年もどうぞよろしくお願いします。 」と繋げます。 ただし、個人的な付き合いをしている仲であれば告げてもいいかもしれません。 知らせないと逆に水臭いと言われるかも。 そこまで個人的な付き合いがあれば喪中はがきを出したほうがいいですね。 また、仕事や会社の年賀状は、私情をはさまず通常通りでいきましょう。 喪中を知らせる必要がある間柄であれば、事前に喪中はがきで連絡しておきます。 喪中の新年の挨拶を年賀メールでする場合 最近は、年始の挨拶を電子メールでする人も多いのではないでしょうか。 おめでとう以外に気を付けたいのは、 祝、賀、慶、寿などを含むお祝いを連想する言葉を使わないということです。 デコレーションや絵文字 顔文字を避けてシンプルにしましょう。 喪中だから「おめでとうが言えない」とか「新年が祝えない」のような 言葉は喪に服していると言えないので避けましょう。 いつもメールで年賀メールをやり取りしている相手には、 先に喪中であることと年始の挨拶を控えることを伝えておきましょう。 喪中を知らせていない相手から、もしくは知らせているけど年賀メールが届いた場合、 「昨年はお世話になりました。 」「今年もよろしくお願いします。 」 でシンプルに返しましょう。 ここでも敢えて喪中であることを伝えることは不要でしょう。 気を遣わせてしまうからです。

次の

喪中の挨拶のマナー・文例・メールの送り方・はがきの書き方

喪中 新年 の 挨拶

喪中時の新年の挨拶はどうすればいいの? 「あけましておめでとう」はNG? お正月の挨拶として定着している「あけましておめでとうございます」ですが、喪中時には原則として用いてはいけません。 喪中は前年に身内が亡くなっていることから、お正月におめでたい雰囲気を出すこと自体が忌避されています。 自分が喪中で訪問先にお正月の挨拶をするときは「おめでとう」というワードを避ければ問題ありません。 例えば、「新年となりましたが今年もよろしくお願いいたします」などが無難なところでしょう。 相手からおめでとうの挨拶をかけられた場合も、普段通りの「こんにちは」などの挨拶で返します。 ただし、訪問先が故人と全くつながりのない人物だったり、仕事上の挨拶であったりする場合はお正月らしいおめでたい挨拶をしてもかまいません。 逆に、相手が喪中だった場合はこちらが配慮し、「おめでとうございます」の挨拶はかけないようにしたほうが無難です。 「昨年はお世話になりました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします」など、おめでとうというワードを使わなくても新年の挨拶は可能でしょう。 ただ、喪中のはずの相手からおめでとうございますと挨拶された場合は同じように返しても問題ありません。 「あけましておめでとうございます」はあまりにも言い慣れた新年の挨拶ですから、思わず言ってしまうこともあるでしょう。 喪中であることを重く受け止めている相手の場合は別ですが、もし間違って口走ってしまったとしても、お決まりの言葉ですから神経質になる必要もありません。 喪中の相手を思い遣る心をもって、新年の挨拶ができればそれで良いのです。 神様への挨拶はどうする? お正月の初詣で神社仏閣へのご挨拶も込められていますが、喪中時には控えたほうが良いでしょう。 年末年始に先祖のお墓を訪れる人もたくさんいますが、喪中には神社仏閣に初詣をするのではなく、お墓のご先祖さまに挨拶に行くという考え方であれば問題ありません。 お正月は神道の行事であるため、お寺なら関係ないからです。

次の

喪中の新年の挨拶はどうする?個人と仕事での付き合いによる違い

喪中 新年 の 挨拶

喪中とは文字どおり、身内の不幸などで「喪に服している期間」をさします。 仏教では、四十九日を過ぎると忌明けとされますが、喪中の期間は地域にもよるかもしれません。 一般的に、亡くなったのがあなたの父母、夫、妻、義父母などでは12ケ月-13ケ月くらいです。 親族が亡くなった場合は年末年始の挨拶を控える 親しい人が亡くなった場合は、上記で述べたように喪に服すことになるので、年末年始の挨拶をひかえることになります。 これは、「親しい人が亡くなったので、年末年始が来ることを喜べません」という気持ちを示すためです。 喪中のときの年末年始の挨拶は地域によって違う 喪中のときの年末年始の挨拶についてみていますが、地域などによってはたとえこのような服喪期間が明けていたとしても新年をおめでたいものとして祝うことを慎む習慣などもありますので注意が必要です。 前年に身内に不幸があった場合には、年賀状など、年末年始の挨拶は差し控えることが多いです。 ただ、仕事関係や会社関係は年始の挨拶の形として出すこともあります。 喪中はがきを利用して年末年始の挨拶をする さて、喪中のときの年末年始の挨拶ですが、年賀状などが出せないので喪中の時は、喪中はがきを出しておくとよいでしょう。 喪中はがきの内容は、身内が亡くなったときに、翌年は新年を祝うことはできずに喪に服しているむねの挨拶を書きます。 喪中はがきは、喪中はがきとだけではなく、年賀状の欠礼などと呼ぶこともあります。 喪中の際は相手が年賀はがきを書く前に挨拶をする 喪中のときの年末年始の挨拶ですが、喪中はがきでよくあるかと思いますが、年賀状をせっかく書いたのに喪中はがきが来て出せなくなったなどもありますので、12月中に亡くなったのでなければ、相手が年賀状を書きはじめる時期に間に合うよう、11月中にはきちんと用意をし、できれば11月中、遅くても12月初旬までには届くようにしましょう。 喪中時における年末年始の挨拶の例 喪中の際の年末年始の挨拶の例としては、下記になります。 上記の例を使って自分なりの挨拶を考えてみましょう。 喪中時の年末年始の挨拶はその主旨を書いた手紙を11月中に送る 喪中のときの年末年始の挨拶はその旨を書いた手紙を、相手が年賀状を書く前に送るのがマナーです。 そのため、11月中もしくは、12月の初旬までに相手側に届いていることが必要です。 地域によっても喪中期間や年末の挨拶への考え方が違いますので、注意することが重要です。

次の