水漏れ テープ。 配管から水漏れしているときの応急処置法

キッチン・台所の『シンク下からの水漏れ』原因と修理方法を徹底解説!

水漏れ テープ

水漏れ専用テープでどうやって直す? ここでは自己融着テープの使用方法を紹介するぞ!テープの種類によって巻き付け方・止め方が違うから、注意してくれ。 水漏れが起きている部分を探す・水栓を止める 水漏れ修理で必須な「水漏れしている部分さがし」。 パイプに亀裂が走っているのか、つなぎ目に隙間が空いてしまっているのかしっかりと調べよう。 修理前には止水栓を締めるのも忘れずにな。 巻きつける部分の汚れをしっかり取る 水漏れ部分を発見したら、その部分の汚れを取ろう。 汚れたままだと貼り付けが弱くなってしまい、水漏れが直らないぞ。 雑巾やティッシュでしっかり拭こう。 グルグル巻きつける テープを20~30cmにカットし、水が漏れている部分を集中的に巻けばOKだ。 このとき、ゆるく巻いてしまうと水漏れが止められないから、引っ張りながら巻くのがコツだ。 巻き終えたら、テープの末端を強く押し付けるだけ。 テープ同士でくっつくからノリはいらないぞ。 水漏れ専用テープの種類 自己融着テープ テープ同士がくっつく、ノリを使用していないアイテムだ。 水をはじいてしまうノリを使用していないため、水漏れに効果抜群だ。 ゴムのようにのびるから、隙間なくぴったり貼り付けられるぞ。 金額相場 約400~2,100円 防水補修シート ガムテ-プに似た防水専用のテープだ。 片面が防水仕様になっているぞ。 貼っている途中はテープの面に空気が入ってしまわないように、しっかりと抑えるようにしよう。 金額相場 約500~2,000円 水道用ラップテープ 排水管などに起こる、勢いの弱い水漏れにぴったりな水道用ラップテープ。 料理に使うラップのように、テープ同士が密着するぞ。 接着剤が使われていないから、手がべたつくことがないと人気だ。 金額相場 約600~2,000円 テープを使う上での注意 勢いの良い水漏れには向いていない… 水漏れテープはテープの種類によっても補修強度は変わってくるが、「ポタポタした水漏れ」や「じんわりにじみ出てくる水漏れ」に最適だ。 きちんと巻くことができれば、水を流しても日常生活に支障をきたさないぞ。 だが水の勢いが強い給水管の水漏れは、テープで完全に直すことはできないから注意しよう。 正しく巻き付けないと水漏れしてしまうぞ! きつく巻き付けないと効果を発揮できない水漏れテープ。 ゆるく巻いてしまったり、巻き付ける順番を間違えてしまうと水漏れが解決しないこともあるぞ。 はじめて水漏れ専用テープでセルフ修理する時は、それなりに時間や手間がかかってしまうのを覚悟しておこう。

次の

ポタポタ水漏れを緊急補修!パテなどの補修グッズで対策|水漏れ修理・水回りのトラブル3,000円~スピード対応|水110番

水漏れ テープ

「シンクの下から水が漏れてる!」 「キッチンのシンクの下が水で濡れてるんだけど・・・」 あなたは、キッチン(台所)のシンク下からの水漏れで困っていませんか? いつも使うシンクだからこそ、急な水漏れが起こると慌ててしまいますよね。 また、早く直したいと焦ってしまうと思います。 「これって、何で水漏れしてるの?原因もわからないし、すぐに業者を呼んだ方がいいの?自分で直せるの?」 初めての水漏れでパニックになるかと思いますが、落ち着いて応急処置を行い、原因を調べてみましょう。 原因によっては、自分で直せることもあります。 今回は、キッチン(台所)のシンク下からの水漏れについて、症状別の原因と修理方法を紹介したいと思います。 【目次】• キッチン(台所)のシンク下の水漏れの原因 「シンクの下に水が溜まってるんだけど・・・原因が分からない・・」 キッチン(台所)のシンク下に水が溜まっている場合は、主に下記の不具合が原因で水漏れが起こっています。 シンクと排水トラップのゴムパッキン劣化• 排水管と排水パイプのナット緩み• 排水ホースの故障• 排水ホースと排水管のズレ• 排水管のつまり• 給水管・給湯管の故障• 蛇口(混合水栓)の故障 1. シンクと排水トラップのゴムパッキン劣化 シンクと排水トラップ(常に水が溜まっている部分)の繋ぎ目には、水が漏れないように大きなゴムパッキンが取り付けられています。 このゴムパッキンが劣化することで、ゴムが固くなって隙間ができてしまい、シンクの下に水が漏れてしまうことがあります。 シンクと排水トラップのゴムパッキンは、ホームセンターやネットショップで購入することができます。 ゴムパッキンの交換方法については、このページで紹介しておりますので心当たりのある人はチェックしてみてください。 サイズがいろいろとあるので、慣れていない人はホームセンターに現物を持っていって確認するといいでしょう。 排水管と排水パイプのナット緩み シンクの下を確認すると、排水トラップ(排水溝)と排水管・排水パイプの繋ぎ目に大きなナットがあります。 このナット部分が緩んでしまうと、繋ぎ目に隙間が出来てシンク下に水が漏れてくるようになります。 排水管・排水パイプのナットが緩んでいたら、 締めなおすことで水漏れが直ることがあるので確認してみましょう。 排水ホースの故障 ビニール製の排水ホースを使っていると、 経年劣化でホースが破れるトラブルが起こることがあります。 排水ホースが破れてしまうと、水を流すたびに水が漏れてくるようになります。 防水テープで応急処置はできますが、早めにホームセンターで新しい排水ホースを購入して取りかえたほうがいいでしょう。 排水ホースと排水管のズレ 排水ホースは、キッチン(台所)の床下に埋まっている排水管に差し込むように取り付けがされています。 そのため、シンク下に収納しているモノを取り出そうとして排水ホースが排水管から抜けてしまうことがあります。 排水ホースが排水管から抜けているのに気づかないまま水を流していると、床がビショビショに濡れてしまいます。 よくあるトラブルなのですが、普段目につかない場所にあるので床がビショビショになるまで気づかないことが多いのです。 もしも、排水ホースが排水管から抜けているのであれば入れなおせば直ります。 入れ直す際は、排水ホースが破損しないように注意しましょう。 排水管のつまり 排水管部分から水が漏れてきている場合。 排水管のつまりが原因で、水漏れが起こっていることがあります。 こういった場合は、排水管の掃除をすることでつまりを解消し、水漏れも解消することができます。 排水管はナットを緩めて取り外すことができます。 自分で取り外したり、掃除をしたりするのが不安という場合は シンク上の排水口からできるつまり解消方法を試すといいでしょう。 給水管・給湯管の故障 キッチン(台所)のシンクの下には、水やお湯を蛇口まで運ぶ給水管・給湯管があります。 この給水管・給湯管が破損したり、管に取り付けられている止水栓が故障することによって水が漏れることがあります。 止水栓を閉めているのに水が漏れてくる場合は、家の外にある大元の止水栓を止めて修理業者を呼ぶようにしましょう。 蛇口(混合水栓)の故障 キッチン(台所)のシンクと蛇口(混合水栓)の間に、隙間ができているとシンク下に水が漏れることがあります。 蛇口からの水漏れだけであれば、蛇口のパッキンなどを交換すれば直ります。 しかし、 シンクの下にまで水が漏れている場合はシンクと蛇口(混合水栓)の隙間を埋めているシーリング(コーキング)剤が劣化している可能性もあります。 シーリング(コーキング)もホームセンターやネットショップで購入することができます。 DIYで道具の扱いに慣れている人は、自分で修理することで安く仕上げることができます。 キッチン(台所)のシンク下からの水漏れ修理方法 先ほど原因のところでも紹介しましたが、キッチンのシンク下からの水漏れで多いのが 「シンクと排水トラップのゴムパッキンの劣化」です。 今回は、「シンクと排水トラップのゴムパッキンの修理・交換方法」について紹介したいと思います。 シンクと排水トラップのゴムパッキン交換方法 「え?自分で交換するのって難しくない?なんか、特殊な工具とか使うんじゃないの?」 シンクと排水トラップのゴムパッキンの交換であれば、特に特殊な工具を使わなくても自分で修理できる可能性があります。 DIYの得意な人もそうでない人も、一度確認してみてください。 交換手順 必要な道具は、ゴム手袋と新しいゴムパッキンです。 シンク下の排水トラップとシンクを繋いでいるナットを手で回して緩める。 排水トラップを上に持ち上げる。 シンク上から、持ち上がった排水トラップについている古いゴムパッキンを取り外す。 排水トラップに新しいゴムパッキンを取り付ける。 新しいゴムパッキンが取り付けられたら、逆の手順で取り付けなおす。 ナットをきちんと締めて、水が漏れてこないか確認して完了。 シンク下の水漏れ修理を業者に依頼する場合 「ちょっと自分では修理できそうにないんだけど・・・」 「やっぱり、どこから水が漏れているのかわからない・・・」 シンク下からの水漏れで、自分で修理ができない場合は業者に依頼しますよね。 「でも、ホームページを見たけど、どこも同じようなことが書いてあって、どの業者を選んだらいいのかわからない・・・」 確かに、業者によって対応などは違ってきますが似たような内容が多いので何を基準に判断したらいいのかわからなくなりますよね。 そこで、ここではシンク下からの水漏れ修理を業者に依頼するときの「業者の選び方」についてご説明したいと思います。 業者を選ぶ基本は3社に見積り依頼すること 業者を呼びなれている人は知っているかと思いますが、業者を選ぶ際は「3社に見積り依頼をする」ようにしましょう。 これは、あなたが住んでいる地域で営業している業者の 「シンク下からの水漏れ修理の料金相場」を調べるための方法です。 業者によって料金が変動することはよくあることですので、3社に見積りを取って料金相場を確認しましょう。 料金と見積りに来た作業員・スタッフの説明対応に納得ができたら、初めて正式に作業依頼をするようにしましょう。 見積り依頼で注意すべきこと 「見積りってメールでできないの?」 「電話で確定した料金が出ないのは詐欺じゃない?」 上記のような不安を抱く人もいますよね。 まず、出張修理業者は引っ越し業者と同じように「現地で確認してから見積りを出す」といった対応を取っています。 これは、原因などを実際に確認しないと「必要な道具や作業」が分からないからです。 相見積りで安くするテクニック 「できれば、安くしたいんだけど・・・無理かしら?」 急な出費であれば、誰だって安く済ませたいですよね。 そういった場合は、「貰った見積り書を実際に見せる」といったテクニックを使うとある程度は安くすることができます。 ポイントは、「実際に見せる」ところです。 実際に他の業者が見積もりを出していることが確認できないと、現場で作業をする人も値引きをすることができません。 反対に、「他の業者の値段が確認できれば」現場で作業をする人も、会社や上司などに確認をとって価格を下げるといった交渉ができます。 やったことがない人は、試してみてください。 深夜と早朝は依頼を避けること 多くの業者では、深夜から早朝にかけての時間帯については「夜間・早朝料金」を設定しています。 この「夜間・早朝料金」は業者によって異なりますが、大体3,000円~1万円前後です。 そのため、深夜と早朝は本当に緊急対応が必要なとき以外は依頼を避けた方がいいでしょう。 業者によって異なりますが、 21時~8時の時間帯は追加料金がかかる可能性があるので避けた方がいいでしょう。 受付は深夜早朝でも早めがオススメ 深夜と早朝の依頼については避けた方がいいと説明しましたが、「受付」に関しては深夜早朝で予約を入れておくのがオススメです。 というのも、水まわりの修理業者への依頼は「朝の時間帯は予約が埋まりやすい」からです。 営業を開始している業者が少ないことと、大体の人が午前中に用事を済ませたいという思いから朝9時~12時までの時間帯に予約を入れます。 そのため、午前中に依頼をしたい場合は「前日夜もしくは早朝に受付の電話をしておく」ようにすると良いでしょう。 人気の業者・土日祝日ほど早く予約が埋まるので、注意しましょう。 生活救急車にシンク下の水漏れ修理を依頼する場合 「業者の選び方は分かったけど、実際に基準となる対応が知りたいな~」 と思いますよね。 対応は業者によって違いますが、比較基準として生活救急車の対応の流れや料金事例などについてご紹介しておきたいと思います。 他の業者のページなどを見て、内容を比べてみてください。 対応の流れについて 生活救急車でシンク下の水漏れ修理のご依頼をいただいた場合、下記のような流れで対応させていただいております。 作業スタッフ手配• スタッフ訪問• お見積り&作業説明(ここまで無料です。 修理作業• お支払い• 作業完了(アフターフォロー) お客様からのお電話やメールは、全国一括のコールセンターで承っております。 受付が済みましたら、お客様の地域のパートナー店や作業スタッフに連絡を行い手配をいたします。 その後、スタッフが現地で状況確認とお見積り・作業説明を行い「お客様がご納得されて、サインをいただけたら」作業を開始いたします。 他社比較のために、見積りをお断りいただくことも可能です。 作業をしなければ、見積り料や出張料が発生することはありません。 見積り料と出張料の有無 見積りや出張で料金が発生する例外が、2つだけあります。 有料道路を通らなければ辿りつけない場所に行く場合• 見積り時点で『作業が発生する』場合 上記2点については、料金が発生するため「お客様に承諾を得てから」見積り・出張をするようにしています。 料金説明なしに見積りや出張をすることはありません。 シンク下の水漏れ修理の料金事例 生活救急車のシンク下の水漏れ修理の料金事例をご紹介したいと思います。 シンク下の水漏れ修理の料金実例 生活救急車でシンク下の水漏れ修理を対応させていただいた実例を少し紹介したいと思います。 「事例をみる」のページからも、作業実績を確認することが可能です。 料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。 反対に、配管などの修理のように新しい部品や大掛かりな修理になると部品代や作業費が上がるので高くなります。 シンク下の水漏れ修理完了まではどれくらい時間がかかるの? お見積りにご納得いただけた場合。 部品や特殊な道具が必要でない場合は、 基本的に当日対応をさせていただいております。 修理時間は程度や、作業の内容によってことなりますが、基本的なシンク下の水漏れ修理であれば当日中に終わります。 もしも、用事があるなどで時間がない場合は、見積もりだけ先に終わらせて、後日予約を取り直すといった対応も可能です。 対応エリアについて 生活救急車は、東証一部上場の全国対応の業者です。 北海道から沖縄まで対応をしております。 ただし、離島や一部地域については対応できない場合もありますので、お問い合わせの際に対応可否をお調べさせていただいております。 問い合わせ方法の種類 生活救急車では、2つの問い合わせ方法をご用意しております。 電話での問い合わせ• メールでの問い合わせ 電話での問い合わせ お急ぎの場合は、電話でお問い合わせください。 お困りごと、お名前、住所をお伺いして作業スタッフの稼働状況をお調べさせていただきます。 メールでの問い合わせ 生活救急車では、 メールでのお問い合わせもご用意しております。 「お問い合わせ」のページから、お気軽にお問い合わせください。 大体、当日~2日ほどでご連絡をさせていただきます。 「水漏れの修理をお願いしたいんですけど。 キッチン下から水が漏れてて。 」としっかりとした口調で明るい雰囲気のお客様からご入電を頂きました。 お困りの現場のご住所をお尋ねしますと、広島市安佐北区口田南にあるご自宅からのご依頼でした。 16時~18時頃の到着になることや、対応の流れ、料金についての説明をお聞きになると「よろしくお願いします。 」と安心頂けた様子で、ご依頼を頂くことができました。 受付日時 2020年5月22日 13時50分頃 受付担当 麻生 担当より一言 「とにかくお客様のお話を聞くこと」です。 突然起こるトラブルや災害、不安な思いが大きいと思うので、サービススタッフが到着するまでの間、少しでも安心して待って頂けるような応対を心がけています。

次の

急な水漏れにはテープで応急処置!使い方とおすすめの商品をご紹介|生活110番ニュース

水漏れ テープ

項目は自動で追加されます。 (この一文は出力されません) シールテープで配管からの水漏れを補修 シールテープは、水道の取り付け部分から水漏れしている場合に有効な補修グッズです。 この章では、意外と難しいと言われているシールテープを使った水漏れ対策について見ていきます。 シールテープを使った補修がどこで有効的かを確認したうえで、シールテープを使うときの方法やコツ、注意点まで網羅しながらご説明します。 シールテープとは 配管の接続部分に使うテープです。 水道のトラブルでは水道管のつなぎ目に使用します。 シールテープで密着させて接続部分に生じた隙間を埋めることができます。 このテープの特長は、凸凹がある部分にも使用できる、耐熱性・耐薬性に優れているという点です。 これらのメリットから、シールテープは水道管の水漏れを防ぐために有効です。 併用して使うことの多いヘルメシールも、水漏れを防ぐために用いられます。 ヘルメシールは粘着力が強いため、シールテープより強固な漏水防止ができると言われています。 しかし、基本的にはシールテープのみの対応で問題はありません。 シールテープで補修できる場所 ・水栓の接続部分 シールテープが出番になることが多い個所です。 接続個所の雄ネジと雌ネジには隙間が生じてしまいやすいのでシールテープを活用します。 ・洗濯機の蛇口 洗濯機の水栓は、壁の中を通る水道管に繋ぐことで使えるようになっています。 重要なパーツである水道管と水栓部分にはシールテープが有効です。 シールテープを使うときの流れ 1. 元栓を閉めて、水栓を取り出す 水道工事をする際は、止水栓 バルブ を締めたあとに行います。 水栓は、内部の配管が錆びている危険性も考えてゆっくり取り外します。 配管を掃除する 接続個所になるネジ部分の汚れやサビが水漏れの原因になることがあります。 まずは、歯ブラシなどで汚れをしっかり落とします。 コツがいる作業なので、後ほど詳しく説明します。 水栓を取り付ける 水栓は時計回りに回していきます。 水漏れ被害を繰り返さないためにも、最後まで必ず同じ方向に回します。 シールテープの巻き方と手順 ネジ山でケガをする場合があるので、手袋をはめて作業を開始します。 配管内にテープが混入することを防ぐために、最初の一山を外して巻き始めることがポイントです。 テープが剥がれないようにするための大切な作業です。 パテは種類が豊富なため、自分で修理をする際は購入時から慎重にならなくてはいけません。 パテの種類や、パテの水漏れ修理が有効な場所、使い方の例などを、注意点を踏まえながらご紹介します。 パテとは さまざまな用途がありますが、水漏れ防止でも使われるペースト場の充填材です。 パテにはいくつかの種類が存在します。 水と合わせることによって硬化する石膏系のパテ、さまざまなものに使えるエポキシ系パテなどが代表的です。 使用する場所によって、適切なパテを選ぶ必要があります。 さらに、パテは「上塗り・中塗り・下塗り用」の3種類に分かれます。 パテを塗るときの基本は3回塗りのため、分けて商品化されています。 購入の際は注意しましょう。 水漏れ時にパテが有効な場所 ・トイレや洗面所にあるシンクのひび割れ ・浴槽のひび割れ このような個所で発生したヒビから、水がチョロチョロと漏れているなどの軽い水漏れのときは、パテが有効です。 ただし、完全解決ではなく、一時的な補修と考えたほうが良いです。 パテの使い方と注意点 1. パテを塗る部分の掃除をします パテの粘着性を高めるために、水分や油分は取り除きます。 手袋やマスクを装着し、少し温まるまでパテを練り込む パテによっては独特なニオイがすることがあるので、敏感な方は手袋などが必要です。 固まるまえに素早くパテを充填させる 穴があれば押し込むように充填させます。 あとは乾くまで20分ほど待ちます。 パテの種類は様々です。 商品によって使い方が異なることもあるので、各企業の参考ページなどを読んでから作業に入りましょう。 配管に穴が開いてしまったら接着剤で補修 水漏れ原因が水道管にあるときは、接着剤を使った補修も選択肢のひとつになります。 接着剤もパテ同様、種類が豊富なため選ぶ際には用途をよく考えなくてはいけません。 水中で使える接着剤もあるので、場合によっては便利な補修材ですが、使用にあたって注意点がいくつかあるので確認しましょう。 水に強いため、プールのひび割れ補修にも使えます。 また、商品によっては水タンク内部の補修などにも使えます。 接着剤選びで重要なのが、「どこに使用するか」です。 配管やパイプなど場所に応じた適切な接着剤選びは、補修の完成度に影響します。 防カビなど、便利な機能がついた商品もあるので、目的に応じて選択しましょう。 使用方法や注意点 接着剤の使い方の一例を、手順を追って見ていきます。 接着する部分の掃除を行う 清掃とともに、窓を空けて換気するなど安全に作業できる環境を作ります。 手袋を必ず装着し、同量の2液を手で練り合わせていく 色が均一になるまで練り合わせるのがポイント。 素早く充填し、指先やヘラでならしていく 水中での作業の場合、水を押し出すような感覚で押し付けることがポイント。 また、作業時に水分が多すぎるとうまく接着できない場合もあります。 ときには有害な物質を含んでいることもあるので、 扱いは十分に注意することが大切です。 まとめ 水漏れに効果的な補修材は3つです。 それぞれの使い方やコツ、注意点を意識して作業を行うことが大切です。 ・シールテープは、水栓の接続部分からの水漏れに有効 ・シールテープは巻く方向など、正しい手順で行うことが重要 ・ひび割れが原因になっている軽度の水漏れは、パテで対処 ・パテの種類によって、補修方法が変わる可能性がある ・水道管からの水漏れは、水中対応の接着剤が効果的 ・接着剤を安全に使うために、各種類の使用方法を守る シールテープやパテ、接着剤を使った補修は、一時的なものに過ぎません。 完全解決のために交換も視野に入れて、水漏れ修理業者に適切な補修方法の回答を得ましょう。

次の