マルチ 商法 一覧。 大学生のマルチ商法被害が拡大!「儲かる投資情報」と偽り50万円でUSB売り付け: J

ネットワークビジネスで有名な会社・企業一覧【2020年最新版】

マルチ 商法 一覧

この記事の内容は しております。 よろしければご覧ください。 今回はいわゆるアムウェイ、マルチ商法にどっぷり浸かって、お金も信頼も失った人の話をします。 アムウェイというと、世間のイメージ的には、マルチ野郎とか、詐欺野郎とか、ねずみ講とか、チューチュー野郎とか、ド腐れとか、多種多様な罵倒のされ方をしているわけですが、 その理由も考えながら被害にあわないための対策も合わせてお話します。 アムウェイの概要 アムウェイは健康食品やサプリメント、調理器具な様々な商品を販売しています。 一般的な小売店のように店舗を構えて営業はしていません。 ディストリビューターと呼ばれる販売員の人たちが、それぞれの人脈を通じてアムウェイの商品を販売しているのが特徴です。 口コミで営業を広げていくわけですのでネットワークビジネスの一種です。 アムウェイで無一文になった人の話 無一文になった人は実は僕の親しい知人です。 その人は女性なので、以降「彼女」と書きます。 彼女がアムウェイにはまり始めたのは一昨年ほど前でした。 高額な健康食品のようなものを継続して購入していました。 彼女曰く、「私がとっても信頼して尊敬している人がおススメしてくれているから購入しているの」とのこと。 僕は尋ねました 「じゃあ、その買っているサプリ(健康食品)を見せてくれない?」と。 実際に彼女が購入している健康食品の箱をパカっと開くと中身は「粉」。 さすがに違法な粉ではないですよ。 成分表を見ると、いわゆるプロテインです。 そのプロテインを毎月4~5万円分ほど購入していました。 言うまでもなく彼女はフツーの女子ですから、筋トレ女子とか腹筋女子的な類ではないのですよ。 話をすすめて僕は 「なんでこんなに大量に買ってんの?(高っけーな)」と聞くと、 彼女は「今ダイエットをやってるから必要なの」と。 僕は「ダイエットは良いんだけど、、、お金、大変じゃない?」と伝えると 「これはね、私がすごく信頼している人からファスティング・ダイエットっていうのを教えてもらって実践しているの。 」と彼女。 ファスティング・ダイエットって何ぞやって話で僕はその場で携帯を使って調べたころ、 「ファスティング(fasting)= 断食 」のことでした。 その後、話を深堀して彼女から色々聞きだしたんですが、要は「糖質制限ダイエット」をやっているとのこと。 理屈は分かるんだけどね、ライザップさんと同じかな。 「トリ胸肉でも食っとけ」と思ったけど、プロテインの代わりに胸肉を食べるとかなり高くつくなと考え直しました。 話を戻して、アムウェイの箱が彼女の家の玄関に山積みになっているし、 浪費が激しいことを考えるとこのままじゃ失うモノが多すぎるんじゃないかと考えました。 正直、お節介かなと思ったのですが実際にアムウェイの人を呼んで直接話を伺ったのです。 アムウェイの人を以降「彼」と書きますね。 彼の話としては 「ファスティングのことを研究していてダイエットに非常に有効で健康にもなれるから、広めようと活動しています」とのこと。 なるほど、なるほどと一通り彼の話を聞き終わったのですが、まったくアムウェイの話は彼の口からは出てこない。 アムウェイのイメージが悪いことを彼は自覚していたんだと思います。 あえて伏せていたのかなと僕は推測します。 その後、彼には勧誘をやめてもらうよう依頼しました。 「彼女の経済力を超えているし、ほかにも彼女独自の問題があるから」と僕は説明して彼には納得してもらいました。 ちなみに彼女はサプリだけじゃなくて高額な浄水器も彼を通じて購入しようとしていました。 僕はアムウェイの会員である彼の会員番号を聞いたんですよ。 そしたら彼は「いや、それは出来ません。 何故ですか?と聞くと、 「教えたくないからです」と彼は頑として会員番号は教えてくれませんでした。 会員番号を控えてアムウェイのコールセンターに問い合わせようと思っていたんですけど、残念ながら出来ずじまい。 別に意地悪をしようとしたわけではないです。 彼女独自の問題を考えると、高額な商品を継続的に販売せしめる行為・契約は過去に遡って無効に出来る可能性があると考えたからです。 彼女を取り巻く環境について彼に説明すると、彼は頭を抱えていました。 結果として、彼は今後彼女に勧誘はしないと約束してくれましたし、その約束を守ってくれました。 約束を守ってくれたというか、彼女の蓄えが底をついたから用済みだと判断したのかもしれません。 長くなりましたけど、一連の流れで彼女はこれまでに蓄えた貯金をすべて失いました。 まだ若いから何千万とかではないですよ。 でもその年齢の人にとっては大金だと思います。 失うモノがもう一つ。 お決まりですね。 周囲からの信頼です。 彼女自身がアムウェイ商品や彼のことを友人・知人・家族・親族に紹介しまくってましたので。 マルチ商法の問題点 すべての人がお金と信頼を失うわけではありません。 多くの場合でマルチに引っかかると、失うものは大きく分けて2つ。 手痛い失敗ですよ。 一生後悔するでしょう。 アムウェイはじめマルチ商法にのめり込むと周りの話を聞かなくなります。 素直に話を聞く相手はマルチの販売員だけ、みたいな状況になってきちゃいます。 これも大きな問題の一つだと考えます。 マルチに手を出した人が知人ぐらいだったら、はっきり言って、放っておけばいいじゃないですか。 距離をおけばもうそれで解決です。 一方で、マルチを始めたのが自分にとって大切な人だと話が違ってきます。 大切な人がお金も信頼も失っていくのは本当に悲しくツライことなのでやめてほしいと思うわけです。 そこであれやこれやと説得しにかかるわけですが、これが逆効果になることが多いんです。 youtubeを見てもマルチやアムウェイの人を論破した、みたいな動画が沢山あります。 遊びでやっていることだろうから、いいんですが、 大事な家族や親友がもしマルチにハマってしまったら、絶対やらないほうが良いと思います。 あえて絶対と使いました。 この論破のことです。 論破するのは良いんですが、論破されたほうは二度とあなたの話を聞いてくれなくなります。 心を閉ざしてしまうのです。 そしてマルチに引き込んだ人間の話だけ素直に聞くようになります。 依存を深めると言いましょうか。 より深みにはまっていきます。 論破するほうはさぞ気持ちいいでしょう、「どやああああああ!」みたいな感じですからね。 自分がストレス発散したいならそれもいいでしょう、不毛だけどね。 あなたの目的が「マルチに絡めとられた人を助けたい」ということならぜひ慎重になってほしいなと思います。 マルチ商法にどう対策・対応すべきか マルチの人って謎の熱意がある アムウェイに限らずマルチにはまっている人は、 自分が販売している商品やネットワークビジネスに強く心酔しています。 「自分が販売している商品は世界一いいんだ!」みたいな感じです。 ここが良いのか悪いのか、 いや悪いんでしょうけど、熱意ある人の話って引き込まれませんか? 「なんかよく分からんけど、この人一生懸命だ」となるとマルチに興味がない人も じゃあ、買ってみるついで、自分もやってみようかな、 みたいなことになると思うのです。 熱い人がいると良くも悪くも周囲を巻き込みますから。 それがマルチにはまっちゃう人を増やしてしまいやしないかと個人的に懸念しております。 マルチに引っかからないために 色々いいましたけど、子供が高校生ぐらいになったらマルチやネズミ講について教えてあげましょう。 マルチに絡め取られたあとだと本当に出来ることが少なくなります。 引っかからないことが一番大事です。 あなたとあなたの大事な人を守れるのはあなただけです。 この記事があなたの糧になれば嬉しく思います。

次の

【マルチ商法とは?】詐欺なの?違法なの?稼げるの?〜図解でわかりやすく解説〜

マルチ 商法 一覧

それはマルチ商法 MLM だね、、やめておいたほうがいいよー この記事では、友達からマルチ商法に勧誘されたとき、僕がどう考えているかについて解説しています。 Twitterでこんな内容をつぶやいたら反響がありました。 電気自由化のMLM、 流行りつつありますね〜。 僕は株式投資や不動産投資など、様々な投資を行いつつ会社を経営しており、ブログやLine やTwitterやYoutubeなどさまざまなメディアを運営しているため、いろいろな方からMLMに誘われます。 しかし、僕はMLMをやったことはありません。 やる予定もないです。 なんでMLMをやらないのか? そもそもMLMの仕組みとは?をわかりやすく解説しています。 もくじ• マルチ商法 MLM とは、どういう仕組みなのか? マルチ商法の仕組み。 紹介した人が入会させたり、商品を売ると、お金がもらえる マルチ商法の仕組みですが、簡単に言うと、入会金を払って商品 例えば掃除機だとして話を勧めます を売る権利を買います。 その掃除機は、ちょっと特殊で性能がいい商品で、そこでしか買うことができません。 その掃除機を沢山販売すればお金が入ってくるのです。 さらに、販売代理店を自分で見つけてきたら、入会金の一部をもらえることができます。 自分が勧誘した人が掃除機を販売してもお金がもらえますし、自分が勧誘した人が入会者を見つけてきても入会金をもらえることができるのです。 マルチ商法の仕組み• まず商品 権利 があり入会すると販売できる• 入会金、月会費がかかる• 商品を売れば儲けられる はず• 勧誘した人が入会したら、お金をもらえる。 勧誘した人が、さらに勧誘してもお金がもらえる• 勧誘した人が商品を販売してお金をもらえる はじめにやった人ほど得するシステムになっています。 何人紹介すると、ランクが上がるとかでより報酬が上がる仕組みになっているようです。 人を勧誘して入会させた場合 入会すると、商品の販売権がもらえる。 上層部にお金が入る 入会させると、入会金の一部を報酬としてもらうことができます。 さらに、自分が入会させた人が他の人を入会させても、報酬をもらうことができるのです。 そのため、人を紹介すればするほど連鎖的に紹介して入会金を受け取れる仕組みになっています。 例の図では、10万円の入会金を支払ったら、紹介者は5万円もらい、紹介者の紹介者は2万円もらい、会社に3万円はいるようになっています この金額は例のため意味はないです。 マルチ商法でありがちなのは、「この会に入らない?」って友達や知り合いに片っ端から声をかけていき、友達を失っていくというパターンですね。 そして、やったところであんまり入る人はいないので、そんなに簡単な話ではないんですよね。 商品を売った場合の報酬 商品を売った場合にもお金が入ってくる。 商品を売った場合ももちろんお金が入ってきます。 例えば、掃除機を3万円で売ったら、販売者に1万円、紹介者に1万円、会社に1万円といった感じで上層部は何もしないでもお金がもらえるような構造になってします。 大体のMLMの場合、商品を売るよりも入会金のほうが報酬が大きいので、入会者を募集して稼いでいるところが多い傾向があります。 このように、上層部になれば下部の人たちが勝手に活動してくれて、どんどんお金が入ってくるという夢のような仕組みになっているんです。 マルチ商法とフランチャイズとの違い~個人的見解 Mulit商法とフランチャイズとの違い ただいま説明したように、マルチ商法に加入すると商品を販売する権利を買い、商品を販売して儲けることができます。 また、そのマルチ商法に加入する人を紹介したら、その紹介料をもらうこともできます。 一方で、コンビニエンスストアとかのフランチャイズも似たような構造になってします。 フランチャイズ加盟料金を支払い、コンビニ経営のノウハウや商品を卸してもらい販売するスタイルを持っています。 マルチ商法とフランチャイズはいったい何が違うのでしょうか? 線引きははっきりとはできないのですが、個人的な見解だと マルチ商法とフランチャイズの違い 個人的見解• 商品の販売が主な収入:フランチャイズ• 階への加入が主な収入:マルチ商法 という認識しています。 たとえばフランチャイズでコンビニエンスストアの店長だったとします。 そうすると、他の店舗って増えてほしくないですよね?ライバル店が増えると自社の売り上げが下がるので、いいことは何もないと思います。 なので、他の店舗を増やさずに自社の商品の売り上げを増やしたいという仕組みはフランチャイズだと考えています。 一方で、自社の売り上げを増やすことより、他の人を増やすことを重視しているとしたら、それはマルチ商法といっていいのではないかと考えています。 本当にいい商品なら、独占して販売したい。 代理店を増やしたくはない 本当にいい商品なら、独占して販売したくないですか? 販売店が増える前に、一気に売りつくしてしまいたい。。 そう考えるのが普通です。 たとえば、ソフトバンクはiPhoneの独占販売権を手に入れました。 その結果、携帯電話メーカーで一気にシェアを上げることができたのです。 いい商品の販売権を増やしたくないと考えるのが普通です。 一方で、マルチ商法は商品の代理店を増やすことに必死になっている傾向があります。 ということは、商品を売るよりも、販売店を売ったほうが儲かる…というのでマルチ商法ということになりますね 笑 そういったところが、マルチ商法かどうかを見分けるコツになるのではないかと考えています。 マルチ商法は儲かるのか? マルチ商法は、一部の上層部だけ儲かる仕組みになっている。 マルチ商法は儲かるのでしょうか? やったことはないのですが、あの必死さや噂やネットでの情報から推測すると、ほんの一握りのトップはかなり儲けているでしょう。 一方で、大部分の人は利益が出ずに損失を出していると考えられます。 必死に集客したところで、せいぜい2~3人集められたらいいところです。 そこでストップ。 自分のMLMに入ってもらうために、友達や知り合いに片っ端に電話して勧誘することになると思います。 そうすることで、ほとんどの人は友達からの信用を失っていきます。。 そこまでしてやりたいかどうかですよね。 どうせやるのなら、いろいろな媒体を駆使する もし僕がガチでやるとしたら、ブログ、Youtube、Twitter、Line などのメディアを駆使して、自動で人が集まる仕組みを作るでしょう。 友人関係は、関係が壊れてしまうし失うものが大きすぎます。 でも、もしそうやって成功できるのなら、自分の商品を売ったり、アフィリやYoutubeで稼いだほうが確実に稼げます。 マルチ商法、MLMは違法ではないのか?ねずみ講との違い MLMは違法ではありません。 特定商取引法で、連鎖販売取引として規定されています。 1. 特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」 (法第33条) 特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。 物品の販売(または役務の提供など)の事業であって• 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を• 特定利益が得られると誘引し• 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。 )をするもの より そのほかも、いろいろと厳しくルールが決められていますので、そのルールを破ると違法となってしまいます。 一方で、ねずみ講は法律「無限連鎖の防止に関する法律」で禁止されています。 ねずみ講は、商品がなく金銭のやり取りだけでの仕組みです。 マルチ商法は、商品や権利を販売しているので、ねずみ講とは違い犯罪ではないとされています。 不動産投資界隈では、毎年何らかのMLMが流行する 不動産投資界隈では、毎年何らかのMLMが流行している気がします。 興味は全くないのですが、たくさん誘われるので調べてみて、「ふーん…」といってスルーという感じですね。 不動産投資家は、即断即決できる人々が多く、お金に敏感です。 そして、お金をたくさん持っている人が多いので、そのお金を狙って売り込んでくる人も多いし、乗っかって売り出す人もたくさんいます 笑 不労所得という言葉が大好きな人も多く、MLMがハマるのでしょう。 海外不動産系• 旅行系• ショッピング系• 電力自由化系 それぞれ、流行った当時はどんな感じだったのかと、今どうなっているのかを軽く調べてみました。 リゾネット~旅行系のマルチ商法 MLM ちょっと前に流行りました。 このが詳しくまとめていました。 入会金17万円、月会費1. 35万円。 入会することで、パッケージ旅行に格安で行けるようになるそうです。 旅行に行けて、儲かるみたいな話。。 最近調べてみたら、摘発されていました。 旅行等会員権の連鎖販売業者に3か月の一部業務停止命令 本日、都は、旅行等会員権の連鎖販売を行っている事業者に対し、特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」という。 )に基づき、業務の一部停止(3か月)を命じました。 当該事業者の勧誘者は、「お茶しませんか。 」などと呼び出した消費者に、旅行を楽しんで収入も得られるなどと書かれた書面を読ませて説明会に誘い出し、消費者が断っても複数の会員が執拗に勧誘して、連鎖販売契約を締結させていました。 当該事業者の連鎖販売組織の会員が知人に連絡し、「今度よかったらお茶しませんか。 」「会って話をしませんか。 」などと言って、契約意図を隠して喫茶店等に誘い出す。 喫茶店等で、会員が「旅行関係の資料だけど、よかったら見てみるか。 」などと興味を持たせてセールスレターを読ませる。 セールスレターには、格安で旅行を楽しむことが仕事となり収入が得られる旨が書かれており、消費者がセールスレターを読み終えると、会員が「説明会があるから一緒に行こう。 」などと誘って、後日、説明会に連れて行く。 説明会で、詳しい説明をする講師が「旅行をするだけでお金がもらえてとても楽しい。 」「高額な年収が得られる。 」「レターを見せるだけで簡単に紹介できる。 」などと、あたかも簡単に勧誘できて儲かるかのような説明をする。 さらに、「会員サービスの上限は10万人と決めている。 おそらく年内もしくは来年に10万人を超えてしまう。 早く登録した方がいい。 」などと嘘を告げ、消費者を焦らせる。 3時間以上の長時間にわたる説明会の後、消費者に申込書面の記入を求める。 消費者が断っても、複数の会員が周りを囲み、「今日登録した方がいい。 」「いいから申請書を書いて。 」などと執拗に勧誘し、契約締結を迫る。 平均契約額が17万円なので、一般の方だったら結構な大金だと思います。 このように、目的を隠して呼び出すと特定商取引法に違反するので、それで摘発されたのですね。。 勧誘が目的で、勧誘するまで返さないと報道されているので、やばいですね。。 かかわらないほうがいいです。 Dubli~ショッピング系のMLM これは、FaceBookでハワイアンっぽい不動産投資家が広告塔になり、大々的に大家業界に殴り込みに来たMLMです。 その不動産投資家の話がうまく、それっぽく聞こえてしまうのがさすがでした。 してますね。。 Googleを意識したロゴで、会員になるとショッピングポイントがたまるというMLMです。 親会社のOmintoがNASDAQに上場していて、そこそこ大きくなりつつあります。 最近はピタッと話を聞かなくなりました。。 どうなっているのか調べてみたら、あんまりいい話は出てないですね。。 いまだ、日本サイトがオープンしてなく、Dubliで買い物もできないようですね。。 ヤバし! ビットクラブ~マイニング系のMLM 2018年の仮想通貨バブルがはじけた後、なぜか流行りました 笑 自分の記憶ですが、マイニングの報酬が確定利回りで支払われるような記述があり、そもそもマイニングで確定利回りを出すのは原理上不可能なので、その時点で詐欺スキームだろうなと予想していました。 ビットクラブに入られた方のブログを見ると、昨年6月の時点で• 6万円支払って1000日間のマイニング報酬プランに加入• 1日24円 1000日で24000円 とのことです。 10000日たっても回収できそうにないとのことでした。 さらに、と報道されています。 電力系 アンビットってどう? 2019年1月、知り合いにアンビットを勧誘されたので調べてみました^^ 電力自由化で、電力を安く供給するとのことです。 が、を見ても いくら安くなるのかさっぱりわかりませんでした 笑 先ほど解説しましたが、 マルチ商法とフランチャイズの違い 個人的見解• 商品の販売が主な収入:フランチャイズ• 階への加入が主な収入:マルチ商法 この感じからすると電気を切り替える人を増やすより、MLM加入者を増やしたいようですね。 僕はブロガーで人々に読まれるための記事を研究してきているので、サイトの作りを見たらどういう意図があるのか大体予想ついてしまいます。 このアンビットのホームページは、電気を売りたいよりもアンビットのブランディングを意識しているサイトの構成をとっていますね。 外国企業で先進的なイメージを植え付け、これから日本で流行するから登録するのを促しているようんでしょう。 「日本に普及する前に、代理店になりましょう」というメッセージですね。 au電気との比較 ちなみに、au電気は、もろに見積もりのサイトがあります。 も、電気を売りに来ていますね。 当たり前ですが。。 楽天電気との比較 当たり前ですが、楽天電気も電気がどれくらい安くなるのか、しています。 それに比較すると、アンビットは電気を売る気はなさそうに見えますね。 アンビットの登録費用はいくらなのか こんなアカウントも。。 フェアにいくために、我々のビジネスに参入頂くためには2万円の登録手数料と月額2500円の個人HPの維持費が必要となります。 業務内容と収益構造のモデルについてはMLMそのものなんですが、販売しているのが格安の電力である事が特徴で、エンドユーザーの登録手数料や定期費用は当然ゼロです。 入会金を支払うと自分のホームページが作られ、そこを経由して申し込むとその人の報酬になるようです。 …ただのアフィリなような気がしますが… 笑 普通にブログでアフィリやったほうがいろんな商品あるからいいんじゃないの?って気がします。 いろんな商品あるし、SEOで差異化もできるし。 みんなこのホームページ量産されて、さらにこのページで集客して人を集めて成約させるって、かなり大変ですよ~ もしできるなら、アフィリやったほうがいい 販売代理店になると、こういうホームページが作られる。 このサイトを経由して申し込みすると、ポイントが入るっぽい このサイトが乱立するので、SEOで勝負はできないですよね。 結局、人間関係を切り売りして登録させか、すでに媒体を持っている人が強くなりますね。 アンビット、どうなのか調べてみた結局 Twitterで拾ったコンサルタントページから、収入の動画を見た結果。 Twitterでコンサルタントの人がいてリンク張ってたので、そこから動画見てみたら…完全にMLMメインで電気売る気なさそうですね。 いかにauや楽天より有利か?アンビットが日本の電力市場を制するか? そういう言う情報は皆無。 いかに人を引っ張ってきたら儲かるか? みたいな説明に終始していたので、電気を売る気はなくMLMだけの会社なのかなと見ました。 そして、電気みたいな超重要なインフラをMLM会社に切り替えようとする人がどれだけいるんですかね? さらん、これで電気変える人を沢山引っ張ってこれるのなら、アフィリエイターやったほうがもっとはるかに稼げますよという感じでした! 【注意】マルチ商法 MLM の仕組みの解説のまとめ MLMの仕組みや、過去に不動産投資業界で流行ったMLMを解説してきました。 さらには、最近僕が勧誘されたアンビットの仕組みなども調べてみました。 これからどうなるのかはわかりませんが、今の時点でアンビットは電気を売る気話なのかなというのが僕の印象です。 不動産投資業界、いつの時代もマルチ商法がはびこるので、いろいろと調べられる力を身に着けておいて、危険から回避するしかないですね 僕もいつかハマるかもしれませんし、チャンスを逃すのかもしれませんが。

次の

ネットワークビジネスで有名な会社・企業一覧【2020年最新版】

マルチ 商法 一覧

マルチ商法とは まずはじめに マルチ商法(ネットワークビジネスとも言われる)とはどのようなものなのか解説していきます。 マルチ商法は、会員が新規会員を誘い、その新規会員が更に別の会員を勧誘する連鎖により、階層組織を形成・拡大する販売形態である。 正式名称は連鎖販売取引で、その通称である。 表向き合法であるマルチ商法を謳う組織でも、違法となるネズミ講と判断された事例も多い。 引用元: マルチ商法とは、 マルチレベル・マーケティングの略で、連鎖販売取引に則って行うビジネス形態の一種です。 会員が別の友人、知り合いなどの個人にその会社の商品を紹介して購入してもらうと、売上に応じて商品価格の数%の報酬が会員に支払われます。 わかりやすく「アムウェイ」で例えると、まず自分が誰かの紹介でアムウェイの会員になります。 そして知り合いや友人などにアムウェイを紹介してアムウェイ商品を買ってもらうと報酬が貰えます。 さらに、自分が紹介した知り合いが会員となり別の人を勧誘して新しい会員を増やします。 その知り合いが勧誘した会員が商品を購入しても自分に報酬が入ってきます。 このようにして連鎖的に販売員を拡大していくのがマルチ商法です。 連鎖販売取引とは 個人を販売員として勧誘し、更にその個人に次の販売員の勧誘をさせるというかたちで、販売組織を連鎖的に拡大して行う商品・役務の取引のこと。 マルチ商法とねずみ講の違い マルチ商法とねずみ講の大きな違いは商品が介在するかどうか よくマルチ商法と混同される「 ねずみ講」ですが、マルチ商法とねずみ講の違いは何でしょうか? マルチ商法とねずみ講の一番大きな違いは、「 商品を扱っている」かどうかです。 ねずみ講は「 簡単に儲かるビジネスがある」などといって高額の会員料(ここでは1万円とします)を支払わせます。 そして他人を勧誘して会員にさせるとその会員料の50%の5千円が自分に入ってきます。 そして自分が勧誘した会員が別の会員を勧誘しても25%の2千5百円が自分に入ります。 お分かりかと思いますが、この手法でいくと 最終的に会員になる人がいなくなれば、収入源が途絶えてしまいます。 人口は有限ですから、極論、全世界の人が会員になったら会員に勧誘できる人がいなくなるわけですから当然最後に会員になった人は会員料だけ取られてほかに紹介する人がいなくなってしまいます。 このようにマルチ商法は自分の下の会員が商品を買い続けることで収入が入ってきますが、ねずみ講は 商品を扱っておらず会員料だけで回しているビジネスなので、最終的に会員にできる人がいなくなると収入はなくなってしまいます。 マルチ商法とねずみ講の違いはこのようなところにあります。 ネズミ講とは、後に無限連鎖講と呼ばれることとなった連鎖配当組織のことである。 ネズミ講の「ネズミ」はねずみ算式に増幅することの例えで、「講」自体に悪い意味はあまりない。 現在の日本では、無限連鎖講の防止に関する法律によって該当するものを罰則を持って禁止している。 引用元: マルチ商法・ネットワークビジネス会社一覧 世間でマルチ商法といわれている会社はどのくらいあるのでしょうか? 「 アムウェイ」や「 ニュースキン」といった会社はマルチ商法として有名ですが、調べてみると連鎖販売取引を採用している会社はその他にも多くあるようでした。 驚いたのは「 ミキプルーン」で有名な「 三基商事」もネットワークビジネス会社の一種であるということです。 知りませんでした。 ネットワークビジネス会社一覧(一部、売上順)• 日本アムウェイ 920億• 三基商事 869億• ニュースキンジャパン 376億• フォーデイズ 325億• アシュラン 325億 マルチ商法にハマりやすい人の特徴 それではマルチ商法にはまりやすい人はどういう人なのでしょうか、ターゲットになりやすい人の特徴も含め解説していきます。 明るくて社交的な性格の人 人見知りをしない明るく社交的な性格の人もマルチ商法のターゲットにされやすい傾向にあります。 そういった人はまず、いつも笑顔で優しそうな雰囲気で話しかけやすいため仲良くなりやすいんです。 マルチ商法を始めたばかりの人は慣れていないこともあり、他人と仲良くなってビジネスの話をすること自体が難しいという人もいます。 人によってはマルチ商法、ネットワークビジネスの話をしただけで、怒る人もいますからね。 そのようなマルチ商法初心者の人にとって明るくて、気さくで、優しそうな人というのは話しかけやすくて、ビジネスの話をしても受け入れてもらえるのではないかと考えるのです。 そういった意味で、明るく社交的な人はターゲットにされやすい傾向があります。 ただ、ターゲットにされやすいことは確かですがマルチ商法、ネットワークビジネスを実際にやるかどうかは別問題です。 真面目で純粋な人 性格が素直で真面目、見た目が人当たりが良さそうで大人しそうな人はマルチ商法にはまりやすいといえます。 性格が素直な人は人の言うことを信じやすく、疑うことをあまりしません。 マルチ会員のありえない夢のような儲け話も素直に受け止めて 「そんなに楽してもうかるなんて素敵」 「そんないい話を紹介してくれるこの人はいい人だ」 などと考えます。 実際にそんな楽して稼げる儲け話をわざわざ知り合って間もない人に紹介するような人は世の中にいません。 そんな儲け話があったら人に教えずに自分ひとりでやる方が良いに決まっているので、そんな話を持ちかけてくる人はまず疑うべきです。 マルチを勧めてくる人は結局あなたを自分の下につけて、あなたに商品を買わせて、あなたの知り合いを会員にして自分にインセンティブが多く入るようにしたいだけなのです。 要は、 自分が儲けるために一生懸命働けといわれているようなものです。 人のことを信用したい、疑いたくないと性善説を唱える人もいるでしょう。 当然出来ることなら皆そうしたいと思っています。 しかしながら世の中には最初にいい人の振りをして信頼させ、騙そうとする人は必ずいます。 全部を疑ってかかっても寂しい人間になってしまいますが、多少は疑うことを覚えた方が身のためです。 もうひとつは、当然、勧誘する方も、性格がひねくれている人よりも真面目で素直な人、いつもしかめっ面の気難しそうな人よりもいつも穏やかでにこやかな人の方が話しかけやすいので ターゲットにもなりやすいといえます。 そういった観点からもこのような性格、見た目の人はマルチ商法にはまりやすいのです。 自尊心、承認欲求が強い人 マルチ商法をしている人は勧誘する際、 「自分はこんなに素敵な家に住んで、高級車に乗って、周りに楽しい仲間がたくさんいて、年に数回海外旅行に行って・・」といった誰もがうらやむような生活を送っていると自慢げに語ります。 「ライバルを見返したい」 「みんなに認めてもらいたい」 「みんながうらやむ夢のような生活をしたい」 などと考えている、 自尊心、承認欲求が強い人は現状の生活に満足していません。 当然、その様な生活に憧れている彼らはマルチ商法に興味を持ちます。 そして 「自分はもっと認められるべき」 「まだ本気を出していないだけ」 と思っているので、 「機会さえあれば自分は成功して皆から認められるはず」 と考え、マルチ商法にのめりこんでいきます。 不幸があり精神的に弱っている人 私生活や仕事などで悩みがあって精神的に辛い、苦しい状態が続き、 心が弱っている人もマルチ商法にはまりやすい傾向があります。 心が弱っている人はとにかくこの辛い状況から一刻も早く抜け出したいと思っており、正常な判断ができない状態です。 そんな人たちにマルチ商法会員は近づき勧誘、誘惑をするのです。 普通の精神状態であれば、怪しいと思って断っているはずが、 辛い状況から抜け出したいために藁にもすがる思いでマルチ商法の勧誘に乗ってしまうんです。 そして、マルチ商法は会員たちがセミナーなどで定期的に集まったり、ビジネスや私生活についてでも、話し合ったり、励ましあったり、慰めあったりと同じ目的の仲間たちと深いつながりができます。 結果的にはそのように深いつながりの仲間ができることで精神的にも安定するため、さらにそのネットワークビジネスを妄信し、はまっていくきっかけになるのです。 これはよく言われていることですが、 宗教の手法と非常に似通った部分があります。 宗教(全ての宗教が当てはまるわけではありませんが)でも弱っている人に巧みに近づいていき、「 信じれば救われる」などといって入信させます。 そして集会に参加して同じ宗教仲間と慰めあい、助け合い、励ましあったりします。 結果的に精神が安定するのであれば、やっていることは悪いことではないと思う人もいるでしょうが、 弱っている心につけこんで会員を増やし、お金儲けの道具にされていることは明らかなのです。 自分で物事の判断ができない人 判断は人任せ、 自分の考えがないもマルチ商法に引っかかりやすい人といえます。 何か物事を判断する際に、「 親はこう言っていた」「 友達に聞いたらこうだった」などと、自分なりに判断しようとせず人がこういっているから正しいのだと信じてしまう人です。 そのように自分なりの考えがなく、すべての判断を人任せにしてしまう人は、「 簡単にお金が稼げる」「 不労所得が得られる」と自信を持って語るマルチ商法の夢のような話を信じてしまいます。 簡単にお金が稼げたら毎日満員電車に乗って会社まで行って、顧客に怒られながら8時間以上働くサラリーマンなんてこの世に存在しません。 少し考えればわかることなのですが、実際に引っかかってしまう人は後を立ちません。 社会経験の未熟な若者、専業主婦 世間知らずの若者はターゲットになりやすい傾向にあります。 特に大学進学などで上京したてで周りに知り合いもいない、一人暮らしの若者などは恰好の獲物です。 まだ社会経験も浅く、新生活のスタート、初めての一人暮らしでわくわくしつつも、まだ周りに友人、知り合いがいないため不安もかかえています。 そんな時に「 知り合いの家で鍋パーティーがあるからきなよ」などと誘い出すのです。 そこでは皆楽しそうに鍋をつついて、初参加の若者にも気さくに話しかけてきます。 初めての一人暮らしで不安もあった若者は、安心して次回のパーティーにも参加をしていくようになります。 そのようにしてコミュニティーに引き入れてから、セミナーなどに参加させて徐々にビジネスの話題に持っていくのです。 若い人はまだ 人生経験も少なく騙された経験も少ないため、初対面から親しく話しかけられることに警戒心を抱かず、逆に社交的で気さくに話しかけてくる彼らを無防備に信用してしまうのです。 学校を卒業して就職せずに結婚した専業主婦などが引っかかりやすいのも同じ理由からといえます。 また、専業主婦の経験しかない人にとって自分でお金を稼ぐという経験はせいぜい学生時代のアルバイトくらいのもので、長く主婦をやっていると「 自分でもお金を稼いでみたい」「 私も稼げれば旦那に気を使うこともなくお金を使うことができる」と思っている人は多いと思います。 そう思っているところに「 簡単にお金を稼ぐことができる」とか「 不労所得が手に入りますよ」とか甘い言葉で誘われると、話くらいは聞いてみようかなという感じで、ズルズルとマルチの世界に入り込んでいくことになります。 基本的に初対面から馴れ馴れしい人は警戒した方がいいでしょう。 また、上京したばかりで浮き足立っていること、周りに相談できる親や知人もいないこともマルチ商法に引っかかりやすい一因ともいえます。 周囲の人がマルチ商法にハマってしまったら もし自分の身近な人がマルチ商法にはまってしまったらどうすればいいのでしょうか。 家族や友人が突然、「 いいビジネスの話がある」「 とてもいい商品なので購入してほしい」などと目をキラキラさせながら勧誘してくるのです。 マルチ商法にどっぷりはまっている人を辞めさせるのは困難 すでにマルチ商法にどっぷりとはまっている人をこちらの世界に引き戻すのは困難を極めます。 「 あやしい商売はやめなさい」とか「 騙されている」などと頭ごなしにマルチを否定したところで、彼らはすでに洗脳されかかっているので「 こんなにいい商品なのにマルチをやっていない方がおかしい」「 自分の成功を妬んでいる」などと思って、マルチを否定してくる周囲の人をわずらわしいとさえ感じるようになります。 そうなると、マルチ商法をしていない周りの人とは段々と距離を置くようになり、同じ目標を持った素敵な仲間が待つあちらの世界にさらにどっぷりと浸かっていく結果になってしまいます。 時間をかけて少しずつ洗脳を解いていくしかない もしも、マルチにどっぷりはまっている本当に大切な人をやめさせたい場合は、あせって全否定などしたら逆効果ですから、 ある程度時間がかかるのは覚悟の上でまずは相手の話をしっかり聞くなどして、信頼関係を維持するのが先決です。 商品を買ってあげるなど協力するのはNGですが、本人の良き理解者であるという立場をキープしつつ、徐々に洗脳を解いていってあげるのがいいでしょう。 ただ、上の項でも申し上げた通りマルチ商法は宗教のようなもので、一度はまってしまうとなかなか抜け出すことは難しいのです。 マルチを否定することは、勧誘するために必死に勉強、営業してきた時間、セミナー・交流会・勉強会などで費やしてきた時間、マルチ仲間と過ごしてきた時間など 彼らがマルチを信じて費やしてきた時間全てを否定することになってしまいます。 マルチ商法をやっていれば、商品が売れない、勧誘したら罵倒された、などで悩み、マルチ商法自体に疑問を持つ時期があると思います。 そういったときに良き理解者として相談に乗ったりしていくうちに、徐々に洗脳を解いていってあげましょう。 結局は自分で間違いに気付くしかないんです。 アムウェイの勧誘マニュアルが流出 最後にTwitterをみていたら面白いものがあがっていたので、ここで紹介させていただきます。 コンビニのコピー機にアムウェイの勧誘フローチャートが置き忘れてあったそうです。 コンビニのコピー機に置き去りにされてたアムウェイの勧誘フローチャートがエグすぎるwww お友達にいたら、速攻着拒して縁切って、友人ネットワークに情報流した方がいいよ。 生活音がうるさい人の心理と性格的特徴 椅子に座るときに「ドスン!」机に物を置くときに「ドンッ!」歩... 【パーソナルスペースを学ぶ】 男女・年齢 国や文化によっても大きな差があるようです それほど混んで... なぜ韓国人にはクチャラーが多いのか? 前々から思っていたことなんですけど、韓国人ってめちゃくちゃク... 神田運転免許更新センターで免許の更新をしました 先日我が家のポストに運転免許更新のお知らせのはがき... クチャラーはなぜクチャクチャ音を立てて食べるのか? 飲食店に入ると稀に「クチャラー」と言われる人た... 手を叩いて笑う人ってどんな人?笑い方に見る心理や性格的特徴 先日テレビを見ていて気になったことがあ... 神保町のサクラホテルに泊まってみました【Stay at Sakura Hotel Jimbocho】... トナラーの心理について調べてみた 人は誰でもパーソナルスペースというものがあり、知らない人や親しく...

次の