ホジュン 41 話。 ホジュン~伝説の心医~41話あらすじと動画を字幕で無料視聴するには?

ホジュン〜伝説の心医〜 動画を無料視聴で韓国ドラマを見る情報サイト:KBS

ホジュン 41 話

ホジュン~伝説の心医~ 第1話~第72話 伝説の名作の魂を受け継ぐ、感動の歴史エンターテイメント大作が待望の日本上陸! 朝鮮王朝時代の名医、ホ・ジュンの波乱万丈の人生を描く、「泣ける。 」<韓流>時代劇! 軍官ホ・リュンの息子として生まれたジュンは、父のような武人になることを夢見ている。 しかし、母が側室で賤しい身分の出であることから、本妻や異母兄のソクからは見下される日々を送っていた。 そんなある日、書堂でジュンと比較され師から叱責されたソクは、ジュンを雪原に連れていき、服を脱がせた上に置き去りにしてしまう。 演出は、「朱蒙」「階伯」などのキム・グンホンの「韓流時代劇」黄金コンビが担当! 「ジャイアント」のパク・ジニ、「私の心が聞こえる? 」のイケメン俳優ナムグン・ミンなど豪華キャスティング! 配信開始日:2014年10月10日• 第3話 捨てられた息子• 第4話 運命の出会い• 第5話 危険な密貿易• 第6話 父の想い• 第7話 故郷を後に• 第8話 名医ユ・ウィテ• 第9話 医術の道を目指す• 第10話 33種類の水• 第11話 薬材盗難事件• 第12話 矜恤 きょうじゅつ の心• 第13話 内医院の試験• 第14話 九鍼の戯の因縁• 第15話 父子の確執• 第16話 大師の一喝• 第17話 身分違いの結婚• 第18話 募る嫉妬• 第19話 謎の男• 第20話 弟子入り志願• 第21話 心医とは• 第22話 精進の日々• 第23話 初めての患者• 第24話 ウィテの期待• 第25話 理不尽な辱め• 第26話 高官宅への往診• 第27話 献身的な治療• 第28話 内医院への推薦状• 第29話 破門• 第30話 自暴自棄に• 第31話 怪しい誘い• 第32話 イェジンの勧め• 第33話 寺での医術修業• 第34話 驚くべき過去• 第35話 大師の手紙、その心• 第36話 科挙に向けて• 第37話 押し寄せる患者• 第38話 善意の代償• 第39話 閉じられた門• 第40話 真実を記した書状• 第41話 親子の決裂• 第42話 師匠の許し• 第43話 出世の糸口• 第44話 失明した患者• 第45話 師匠を襲う病魔• 第46話 医者が治せない病• 第47話 疫病の村で• 第48話 決意の旅立ち• 第49話 すれ違う二人• 第50話 師匠の死• 第51話 解剖の報告• 第52話 湯薬房への左遷• 第53話 科挙を目指して• 第54話 内医院合格• 第55話 妻の苦労• 第56話 医女として生きる• 第57話 恵民署の医官• 第58話 医女の仕事• 第59話 嬉しい再会• 第60話 恵民署配属• 第61話 思わぬ真相• 第62話 違法な診察• 第63話 扁額復唱の罰• 第64話 秘めた想い• 第65話 恭嬪の出産• 第66話 宴席での出来事• 第67話 不穏な再会• 第68話 不審な死• 第69話 陰謀の痕跡• 第70話 劇薬の入手経路• 第71話 逃げ果せた黒幕• 第72話 謀反の濡れ衣 あらすじ 軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰 サヌム へと逃げることに。 同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。 ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。 厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。 イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。 ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。 間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた・・・。 スタッフ・作品情報.

次の

ホジュン~伝説の心医~41話あらすじと動画を字幕で無料視聴するには?

ホジュン 41 話

Contents• ホジュン~伝説の心医~41話あらすじネタバレ 「お助けを!」 宮中の隅々まで届かんばかりのイェジンの叫びが、処刑の手を止めた。 御医のヤンは、恭嬪の指示を受けジュンの手首を切り落とそうとしていた。 イェジンはヤンの前に走り出て、 「お許し下さい。 お願いです。 ホ参奉さまにお慈悲を」 イェジンは制止の声も耳に入らぬ様子で 「令監(ヨンガム、ヤンのこと)お願いです。 代わりに私の手首をお切りください。 お助け下さい。 ホ先生はただ、昼夜を問わず、懸命に治療しただけです。 お許しください。 お助け下さい!」 と声を張り上げる。 イェジンは連れ去られようとしながらも、ヤンに訴え続ける。 「令監お願いです。 ホ先生をお助けください。 どうか、お助け下さい。 令監どうか。 ホ先生、ホ先生・・・」 そして、ソヒョンもまた連れ出される。 これで邪魔者はいなくなった、とばかりに、 ヤンの合図でキム判官が押し切りの刃を振り上げる。 「待たれよ!」 チョン判官と恵民署の医官たちが飛び込んできた。 キムがヤンの前に立ち 「令監、他に道はないのですか?」 と訊くと、ヤンが 「恭嬪さまのご命令だ」 と答えたが、チョンは 「ホ参奉は手を下ろせ」 と言う。 ヤンが立ち上がり 「チョン判官! 私を差し置いて命令する気か。 邪魔をするな。 よく聞け。 そなたは儒医(ユイ、両班出身の医官)で、礼遇される身分だが、口出しは無用だ。 この刑は、恭嬪様のご命令であり、内医院の規律を守るための見せしめでもある。 そこをどけ」 とヤンが言うと、マンギョンも前に出て、 「令監、私が恭嬪様に嘆願します。 私が許しを請うので、手首は切らないでください。 ホ参奉をお許しください」 と言ったが、ヤンは腰を下ろし 「私は許せん。 医官であれば、口眼喎斜など4日で治せたはずだ。 だがホ・ジュンは、王様と恭嬪様を欺き、病を少しも治せなかった。 このことは、私も含めた医官の名誉を失墜させたも同然。 恭嬪様が許しても、私が容赦できん! それにもう一つ、許せない理由がある。 灸を使った治療および処方内容を見たが、実に不可解で奇妙なものだった。 私の治療への侮辱に他ならん。 これを見逃せば、内医院の規律が乱れる」 とジュンを断罪した。 マンギョンはなおも懇願する。 「令監。 私はホ参奉が治療を始めた日、一晩中そばにおりました。 確かに変わった治療でしたが、強い信念によるものでした。 彼の将来を奪うような厳罰は、どうかお考え直しを」 ミョンウォンもゴンギも跪き、 「令監、ホ参奉をお許しください」 「数日だけでも猶予を。 それでも治せなければ、どんな処罰を下そうとも構いません。 どうか数日だけでも猶予を」 と口々に言う。 ヤンは、 「数か月延ばしても治る望みはない。 患者は反胃だ。 治った例のない病だ」 と指摘すると、一同うなだれる。 ここで初めてジュンが口を開く。 「反胃は治ります。 間違いなく治ります」 ヤンが、 「不治の病を治せるなどと、また嘘をつく気か」 と訊くと、ジュンは 「恭嬪様の兄君は治りかけています」 ヤンにその根拠を尋ねられると、ジュンは 「吐血と下血です。 体内から腐った肉が排出されれば、快方に向かうはずです。 かつて師匠の治した患者が腐った肉を吐いていました。 そして、師匠の処方で患者が治る過程も見ました」 ヤンが笑いながら 「治療の根拠は、ユ・ウィテごときか。 ユ・ウィテも傲慢で見かけ倒しだった。 田舎医者の処方が内医院に勝るものか」 と一蹴した。 ジュンは、 「令監! 不愉快にさせたのでしたら、おわびします」 謝罪など聞きたくないというヤンに、ジュンは 「刑を恐れてではありません。 処罰は甘んじて受けますが、師匠を侮辱する発言は撤回してください。 反胃は治ります!」 と、あくまで主張する。 ヤンは、 「だが結果はどうだ。 期日までに治せなかった」 しかし、ジュンは 「自分の治療を信じます」 と言うが、ヤンは 「人の胃を見たこともないのに治せるものか」 と吐き捨てる。 ジュンは声を張り上げ、 「私は、反胃の姿を見ました」 ・・・その場が凍りつく。 やがてヤンが口を開く。 「反胃を見たと? 人間の腹を開いて、中を見たとでも言うのか。 答えよ。 本当に人間の胃を、その目でみたのか?」 しばらく躊躇ったのち、ジュンが静かに口を開く。 ジュンは、人間の胃の位置・大きさ・容量について詳細に説明し、それをなぜ知っているか、とのヤンの問いに 「反胃に侵された師匠の遺体を解剖しました。 師匠は、病の正体を明かすためにと、死後を私に託しました。 遺志に従うことが、師匠が永遠に生きる道と信じ、恐れ多くも師匠の腹を開きました」 キム判官が、 「令監。 これはこいつの虚言です」 と言い放ち、今にも刃を振り下ろそうとしたその時、 「お待ちを! 刑は中止です」 と、いう声が聞こえた。 恭嬪の内官(ネガァン)だった。 「患者が治りました。 ですから刑は取りやめです」 ヤンが立ち上がり 「患者が治っただと?」 と訊くと内官は、 「治りました。 兄君の病が治ったのです」 ・・・宮中では、恭嬪の兄の治癒の宴が盛大に行われていた。 ジュンは、王や恭嬪から労いの言葉を賜り、家族やオグン夫婦、ヤンテとともに、王から届けられた祝の膳を囲んでいた。 恭嬪からの下賜の品物には、上等な絹の反物があったが、それは ジュンの母とダヒの衣を作るための物だった。 恭嬪との謁見用の。 そっと席を立つダヒ。 裏庭で、ジュンが後ろから声をかけると、ダヒはそっと涙を拭うのだった。 ジュンは、ダヒに 「この世に、俺ほど愚かな男はいない。 息子としても、夫としても頼りない。 今まで母上と君にさんざん苦労させてきた。 今後暮らしが上向くという約束も出来ない」 と声をかける。 あなたがいるからこそ、そう教えられるのです」 ジュンが恵民署に出仕してみると、意外な人物が待ち受けていた。 三寂寺(サムジョクサ)にいるはずのサンファとスヨンがそこにいたのだ。 グァンイクの頼みで、マンギョンは• サンファを擣薬使令(トヤクサリョン)• スヨンを医女 にしたのだった。 マンギョンはこう言って笑った。 「ただの奉事でも、やるときはやるぞ」 ジュンは、母とダヒとともに、恭嬪に拝謁する。 恭嬪は、母とダヒに言葉をかけ、屋敷を用意したと言う。 ジュンは辞退したが、王の承諾を得ているとのことで、受け取ることにした。 尚宮は恭嬪の命令で、ジュンを残して、母とダヒを連れて宮中の案内に出かけた。 王と御医が来て、恭嬪が、 「兄は順調に回復しているそうよ。 ホ参奉の指示を進んで守っているので、私の父も喜んでいる」 と声をかけた。 王が、 「御医にも世話になった。 誠意を尽くした治療に感謝する」 としたうえで、話を切り出した。 ジュンに、2人の王子の世話を頼みたいのだ、と言う。 ジュンは、 今まで通り恵民署で働きたい、と固辞した。 恭嬪は残念がったが、こう提案した。 「普段は恵民署で働いてよい。 王子が病の時だけ来てほしい」 王の口添えもあり、ジュンは受諾した。 ・・・謁見後、ヤンは自分の執務室にジュンを呼び出し、2人きりで話をした。 ウィテが昔話をする。 「20年前のことだ。 そなたの師匠 ユ・ウィテと子供じみた鍼対決をした。 あんな屈辱は初めてで、自分の敗北を認めたくなかった。 今なら認める。 国一番の名医は、ユ・ウィテだ。 田舎の町医者ではなく、国一番の名医だ。 先日、そなたは言ったな。 病の研究のために、そなたに己の体を切らせたのだな。 ユ・ウィテは、死の瞬間まで医者だった。 正しかった。 反胃を先に治すと言う決断も、治療の方法も適正だった。 そなたを育てたユ・ウィテを、国一番の名医だと認めるのは、もう悔しくない・・・」 感想 ついに患者が治りました! イェジンや、医官そのほかジュンを信じる人々の願いが天に通じたのですね。 そして、 御医ヤン・イェスが、師匠ユ・ウィテを国一番の名医と認めたことが、ジュンにとって何よりの誇りであったでしょう。 まとめ 恵民署のみならず、王族からも信頼を得られたジュンでしたが、それとともに、 異母兄のソク、ドジ、そしてドジの家族たちの憎しみは増すばかりです。 これまでのジュンの歩んできた道を考えると、喜びが大きい分だけ、不安を感じつつ、次回へ。

次の

ホジュン〜伝説の心医〜 動画を無料視聴で韓国ドラマを見る情報サイト:KBS

ホジュン 41 話

\今すぐ!見たい方はこちら/ ストーリー 軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰(サヌム)へと逃げることに。 同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。 ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。 厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。 イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。 ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。 間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。 キャスト ホ・ジュン(チョン・グァンリョル ) イ・ダヒ(ホン・チュンミン) イェジン(ファン・スジョン) ユ・ウィテ(イ・スンジェ) ユ・ドジ(キム・ビョンセ) イム・オグン(イム・ヒョンシク) ク・イルソ(イ・ヒド).

次の