スマホ 決済 導入。 スマホ決済とは?やり方、仕組み、メリットなどの基礎知識まとめ|りそな銀行

広がるスマホ決済 収納率向上に向け自治体が導入

スマホ 決済 導入

事前にスマホ決済アプリにお金をチャージしておき、支払いの都度、チャージ分から引落しとなるのが「前払い」です。 あらかじめチャージしておいた範囲内のみ利用可となっているため、使いすぎが心配な方に向いています。 ちなみに、チャージ分がなくなれば追加チャージも可能です。 また、クレジットカードと連携させたオートチャージ機能を提供しているサービスもあります。 設定方法によっては自動でチャージされ、想像以上にたくさん使ってしまう可能性もあります。 注意しましょう。 前払いタイプのスマホ決済サービスには次のようなものがあります。 モバイルSuica• 楽天Edy• モバイルWAONなど 即時支払い(リアルタイムペイメント) あらかじめ登録しておいたクレジットカードの利用代金と一緒に請求されるのが「後払い」です。 クレジットカードで支払いする際には暗証番号の入力やサインが必要になりますが、同じ後払い方式でもスマホ決済の場合には暗証番号やサインは不要。 レジでスムーズに決済ができます。 後払い方法に対応しているスマホ決済サービスには次のようなものがあります。 iD(他の方法でも利用可能)• QUICPayなど 3通りの支払い方法を紹介しましたが、「紐付けできるカード類」「チャージ上限額」「1回あたりの決済上限額」などはサービスによって異なります。 利用前に確認するようにしましょう。 ちなみにりそな銀行の決済アプリ「」なら、設定次第で「前払い」「即時払い」「後払い」の3通りの支払い方法から、自分の使い方に合った方法を選択することができます。 スマホ決済のメリット・デメリット 政府のキャッシュレス・ポイント還元事業の影響もあり、スマホ決済を利用する人は増えてきています。 しかし、便利だからといって自動チャージ設定などにしていると、意図せずに使いすぎる可能性もあります。 スマホ決済サービスの仕組みを確認し、心配な方は使いすぎのリスクを抑えられる方法を選びましょう。 りそなデビットカードなら、りそなウォレットアプリで利用限度額の設定が簡単にできるため、使いすぎる心配がありません。 アプリで明細もすぐに確認できます。 一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。 本記事は2020年3月時点の情報に基づいて作成しておりますが、将来の相場等や市場環境等、制度の改正等を保証する情報ではありません。

次の

クレジットカード決済導入方法&費用|手数料比較22選・おすすめ端末・店舗メリット・種類

スマホ 決済 導入

2019年10月に行われる消費税10%引き上げに伴い、 政府はキャッシュレス決済に限り5%のポイント還元を行う予定のため、2019年度は クレジットカード決済やQRコード決済の利用客が一気に増えることが予想されます。 そのためカンタンに導入できる 「スマホ決済」を導入する事業者が急激に増えております。 しかし、 スマホ決済は多くの会社からサービスが提供されており、決済手数料は横並びで、小規模事業者は 何を基準にスマホ決済会社選べば良いのか難しいと思います。 まず、覚えなくてはいけないのはスマホ決済には2種類あります。 そして 「Airペイ」を導入すれば「PayPay」と「LINE Pay」「d払い」「au Pay」などの4つのQRコード決済と「Suica」などの電子マネー決済に同時に対応できる大手で唯一の端末になっています。 本日は決済業界で15年働いていた決済のプロの筆者が、スマホ決済について詳しく解説いたします。 スマホ決済会社10社(カード決済5社+QRコード決済5社)の徹底比較表!決済手数料はどこも安い! スマホ決済は 2つのタイプがあります。 下記をご覧ください。 こうしてみると、各社ともカード決済手数料が3. 24%程度に低くおさえられており、しかもPayPayやLINE PayなどのQRコード決済はほとんど、 決済手数料を3年間の限定ですが無料にしております。 スマホ決済(クレジットカード決済)の手数料は3. 24%~3. 75%でどこもほぼ同じ! クレジットカードでの決済会社を選ぶときの一番の基準は、まずは手数料になると思いますが、 スマホ決済(クレジットカード決済)大手5社は全て 3. 24~3. 75%となっています。 お客様が使うクレジットカードのブランドによって、多少手数料は変わってきますが、それでも 4%を超すことはありません。 従来の CAT型端末の手数料は 3%~7%程度を決済代行会社に取られることを考えると、 手数料の安さこそがスマホ決済の一番の導入メリットになります。 実際に下記の例を見ると、ずいぶん金額が変わりますし、1年を通してみると無視できない金額になります。 さらに、PayPayでは、導入キャンペーンも行われているので、 最新のキャンペーン情報は下記の公式ページで確認してみてください。 では、手数料で考えるとQRコード決済を導入すべきなのでしょうか? PayPayやLINEペイの弱点は、ユーザーから見た時の決済方法が意外と「面倒だ」という点です。 日本には、そもそも SuicaやEdyなどが使える「電子マネー決済」があり、コンビニで使えることから都心部だけでなく地方でも決済方法として普及してきました。 端末にカードを当てるだけで決済ができる電子マネー決済に比べると「PayPay」や「LINE Pay」はあまりに使い勝手が悪いのです。 下記をご覧ください。 筆者もビックカメラで、PayPayで買い物をしたが、金額を店員と確認しながら打ち込むのが、大変手間に感じました。 PayPayには「バーコード読み取り支払」があり、こちらは提示したバーコードを読み取るだけなので、非常にカンタンですが、店舗で 導入するには数百万円(下記の図)かかります。 LINE Payの場合も同様に「コード提示支払い」と「バーコード支払」がありますが、 月額1500円払えば、下記の端末を使用することができるため、 コード提示支払いができるLINE Payの方が支払がスムーズと言えます。 このため筆者は「PayPay」などのQRコード決済は普及しないと考えましたが 、実際はそうではなく都心から地方まで、全国にPayPayは普及しました。 やはり 100億円キャッシュバックキャンペーンなどの還元ポイント施策と、決済手数料が無料であることから、相当普及したようです。 外出自粛要請が出ている今は「オンラインカード決済」が可能なスマホ決済を考えておこう! 2020年4月には政府や自治体より、外出自粛の要請が出ており 店舗に来るお客さまも、相当少なくなってきております。 しかし、 業態によってはオンライン決済することで、売上を作っていくことができます。 例えば、 STORESターミナルは、オンラインでのカード決済が以下の方法により可能になっています。 詳しくは 下記のSTORESターミナルの公式ページで「STOERS請求書決済」という機能をご覧ください。 PayPayはもはや社会インフラの一つ!QRコード決済で最も普及している。 まず、QRコード決済はどれくらい利用されているのでしょうか?最新の調査結果を見てみましょう。 下記の表をご覧ください。 データ引用先: 2019年に行われた最新の調査結果ですが、 PayPayの利用者が非常に増えているのがわかります。 この利用率からも「カード決済」「PayPay」などのキャッシュレス対応が事業者に求められることがわかります。 QRコード決済導入するなら、すでに普及しているクレジットカード決済(スマホ決済)も同時に入れるべき! QRコード決済は決済手数料が無料ですから、導入する事業者も多いと思いますが、QRコード決済のデメリットは 「PayPay」と「LINE Pay」あるいは「楽天ペイ」などお互いに互換性がないため、どの事業者が普及するか、今の段階では予想がつかず、全てに対応するのも手間です。 PayPayとLINE Payは親会社の統合が発表されましたが、統合はまだ先のことでしょう。 またメルペイとOrigami Payなどが今後統合されていきますが、それでもQRコード決済は非常に乱立しております。 しかし、Airペイを導入すれば 「PayPay」 「LINE Pay」 「d払い」 「 au PAY」 の 4つのQRコード決済に対応しており、スマホのアプリも一つで済むため、QRコード決済をなるべくまとめたいということを考えている事業者には最適な決済端末となります。 しかも今ならカード決済手数料が2. 16%になるキャンペーンをやっているので、以下の 公式ページで確認してみてください。 QRコードを導入する場合は、あわせてクレジットカード決済型のスマホ決済も一緒に導入しましょう。 今なら初期費用がどこも実質無料なので、導入コストを抑えることができます。 スマホ決済(カード決済型)5社を徹底解説! 画像はSTORESターミナル公式ページより それでは、スマホ決済(クレジットカード決済)の5社を解説します。 スマホ決済(クレジットカード決済)の端末は、お持ちの iPhoneやAndroid、あるいはタブレット機器とスマホ決済の端末を接続して使うのが基本です。 そではスマホ決済(クレジットカード決済)4社を解説します。 1社目:「Airペイ」は電子マネー決済にも対応しており、最も売上アップが見込める端末 導入手数料:実質無料 決済手数料:3. 24%~ 振込手数料:無料 Airペイはリクルートグループが運営しているスマホ決済のサービスです。 その 最大の特徴は、利用率が高い以下の3つの決済に対応している唯一のスマホ決済端末だからです。 その理由はやはり 電子マネー決済に対応している点が大きいでしょう。 また 振込手数料も無料のため、クレジットカード決済手数料以外は、あまり費用がかかりません。 つまり Airペイはスマホ決済大手で最も幅広い決済手段に対応している端末です。 Airペイの導入については、キャンペーンも随時やっているみたいなので、下記の 公式ページで確認してみてください。 デメリットは「Android端末」に対応していないため、もし手持ちのスマホがAndroid端末の場合は、別途iPhoneやiPadを購入する必要があります。 また、 電子マネー決済でもGoogle Payは対応しておらず、Apple Payのみの対応となります。 2社目:「STORESターミナル」は、インタフェースが最も使いやすい端末!アルバイトや社員が多い場合に有力な選択肢! 導入手数料:実質無料 決済手数料:3. 24%~ 振込手数料:無料(ただし10万円未満は1回につき200円かかります) STORESターミナルの最大の魅力は、なんといってもシンプルで使いやすいインタフェースです。 わたしもSTORESターミナルの端末を触って、他のスマホ決済端末と比べましたが、下記画面のように、選択式で直観的に誰でもつかうことができる画面構成になっていました。 他のスマホ決済端末(タイムズペイを除く)がリボ払いなどに対応していないため、 高額商品やブランド品を扱う事業者にとっては、この点は大きな特長と言えるでしょう。 入金タイミングは、月6回の手動入金と月1回の自動入金が選べます。 資金需要が特別強くなければ、自動入金の方が楽と言えます。 端末のデザインなどについては下記のSTORESターミナル公式ページを確認してください。 また、 入金タイミングについては2020年の初夏に「翌日入金」が国内全ての銀行口座で可能になる予定です。 利便性がかなり高まるのではないでしょうか? 3社目:「スクエア」の最大の魅力はメガバンクの「みずほ」「三井住友」が使えて、翌日入金可能なのがポイント 導入手数料:実質無料 決済手数料:3. 16%~) 振込手数料:無料 スマホ決済(クレジットカード決済型)で勢いがあるのはスクエアではないでしょうか?その 最大の長所は「みずほ銀行」と「三井住友銀行」を入金先として使えるにも関わらずクレジットカード決済での 入金が翌日に可能な点です。 比較されるスマホ決済会社は、同じく翌日入金可能な「楽天ペイ」ですが、こちらは「楽天銀行」でなければ、翌日入金できないので、 この点では、スクエアは最も利便性が高いスマホ決済会社と言えます。 ちなみに、スクエアでは 「みずほ」「三井住友」以外の場合でも、毎週「金曜日」入金(水~木締め)になるので、翌日入金ではなくとも、利便性は高いです。 仕入れが発生する、飲食店などの小規模事業者は、資金需要が高く、すぐにキャッシュが手に入る翌日入金のスクエアは有力な選択肢となるはずです。 また、 スクエアの端末はおしゃれです。 下記図をご覧ください。 このデザインなら カフェやインテリアショップなど雰囲気を大切にしている事業者にも良さそうです。 デザインなど含めて、下記のリンク先からスクエアの公式ページで確認してみてください。 デメリットは、上記のスクエア端末の画面を見てもわかるとおり番号入力キーがないため、 クレジットカード決済の「暗証番号」に対応しておらず、最新のセキュリティに対応しておりません。 クレジットカードは不正が多いため、ICチップ対応型の端末でかつ、暗証番号入力できるタイプの端末でないと、セキュリティに関しては不安です。 残りの4社は全て「暗証番号」入力に対応しています。 スクエアは、今後電子マネーにも対応予定であり、この端末は海外ではApple Payなど対応済みですから、今後日本での端末のソフトウェアの更新を行えばSuicaなどの電子マネー対応になると思いますが予定は未定です。 4社目:「楽天ペイ」はクレジットカード決済とQRコード決済の両方に対応している!さらに電子マネー決済にも! 導入手数料:実質無料 決済手数料:3. 24%~ 振込手数料:無料(楽天銀行以外は1回につき210円かかります) QRコード決済というと「PayPay」と「LINE Pay」が有名ですが、実は「楽天ペイ」もQRコード決済に対応しております。 楽天ペイの最大の特徴はAirペイとならび「QRコード決済」と「クレジットカード決済」の両方に対応している点です。 ただし、何度も言いますがQ Rコード決済は、PayPay、LINE Pay、楽天ペイの各社に互換性はないため、どれが普及するかどうかは未知数です。 しかし、2019年4月に楽天ペイは 「au PAY」と連携することを発表しました。 au PAYは、au Wallet auウォレット ユーザーが利用できるため、一気に楽天ペイの利用者が増えることを意味します。 また、 楽天ペイの良いところは、「楽天スーパーポイント」で支払うことができる点です。 上限は5000円となりますが、楽天市場のユーザーには魅力的です。 もし、あなたの事業が 30代~40代の主婦がメインの場合は、楽天ペイとの相性は良くなります。 なぜなら楽天のメインユーザーは主婦層だからです。 例えば、もしあなたのお店の近くに 楽天ポイントが使える「薬の福太郎」があるなら、楽天ペイを導入するだけで、ポイント目当ての主婦が増える可能性があるということです。 楽天ペイは 「電子マネー決済」にも対応しているため、リアルの決済手段としては最も多くの決済手段に対応していると言えるでしょう。 そして最近、中国人向け決済方法の「AliPay(アリペイ)」と「WecyatPay(ウィチャットペイ)」の双方に対応したことで、幅広い決済手段に対応できるようになりました。 端末0円キャンペーンなども随時行っているようなので、 下記の公式ホームページで確認してみてください。 5社目:「タイムズペイ」は3点セット(決済端末、タブレット、プリンター)すべてついてくる! 導入手数料:38,000円(タブレットとプリンターがセット) 決済手数料:3. 24%~ 振込手数料:無料 タイムズペイは、 大手スマホ決済会社の中で唯一「タブレット」と「プリンター」をセットで提供しています。 しかも、タブレットには専用SIMも入っているので、Wifiがお店になくても導入することが可能です。 しかもこのタブレットはすでに「ある程度セットアップ」が終わっているので、ITが苦手なお店には最適なスマホ決済端末となっています。 また、カード決済は「リボ払い」「分割払い」「2回払い」など各種に支払い方法に対応しており、結構特徴のあるスマホ決済端末です。 デメリットは、 PayPayなどのQRコード決済には対応しておりませんし、売上の入金タイミングが月二回と、他社に比べると利便性が下がる点と、2020年2月より、初期費用が38,000円かかるようになってしまった点です。 プリントと決済端末の2点なら無料提供しているのが「おてがるPay」です。 プリンターを無料で手に入れたい方は、下記の「おてがるPay」の公式ホームページを確認してみてください。 JMSというJCBの子会社が運営しているので安心です。 スマホ決済(QRコード決済型)5社を徹底比較! それではQRコード決済系のスマホ決済各社を解説いたします。 1社目:「PayPay」はもっとも利用されているQRコード決済!その普及率はもはや社会インフラ! 導入手数料:実質無料 決済手数料:無料 振込手数料:無料(2020年6月30日まで無料) PayPayの2018年12月4日からはじまった 100億円キャッシュバックキャンペーンは、テレビやSNSで非常に話題になりました。 大手家電販売店のビックカメラが対応していたため、 キャンペーン中は20%の還元を目当てにビックカメラのレジに行列ができたほどです。 PayPayの売上金の入金日も、ジャパネット銀行であれば翌日、 それ以外の銀行でも翌々営業日に対応している点は、利便性が高いでしょう。 振込手数料も無料です。 そして、中国で最も普及している QRコード決済の「AliPay(アリペイ)」に対応しており、導入する店舗に中国人を呼び入れたい時は、是非に導入したいのがアリペイです。 また、2019年5月9日に発表されましたが、Airペイが「PayPay対応」となったので、Airペイは「LINEペイ」にも対応しているため、Airペイと一緒に導入した方が、カード決済、電子マネー決済、LINE Payなどと一緒に導入できるメリットがあります。 2社目:「LINE Pay」なら「コード提示支払い」の導入が月々1500円で可能! 導入手数料:実質無料 決済手数料:無料 振込手数料:無料 LINE Payの魅力はなんといっても、スマホユーザーなら、ほとんどインストールしている「LINE」アプリを使って、LINE決済をすることができることです。 しかし、LINEもテレビCMや20%のキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、 イマイチ普及していない印象です。 そもそも普及していない原因は、筆者は「LINE」のアプリ上で使うために、かえってユーザーは使わないのではないか?という推測があります。 LINEはやはり「コミュニケーションツール」として使うのが主目的であり、アプリのインターフェイスも当然コミュニケーションツールに重きが置かれています。 その為、LINE PayはLINEアプリの下層コマンドの一つであり、ユーザーにとっては LINEアプリからLINEpayを利用するのが非常に分かり難くなっているというのが一番大きいのではないでしょうか。 しかし、事業者にとってPayPayと比べた場合は「 コード提示支払い」の端末が月額1500円で導入しやすいメリットがあります(PayPayの場合は数百万円かかります)。 何度も言いますがQRコード決済とは「コード提示支払い」でないと、 金額を入力しなくてはならず、面倒なのです。 その点はLINE Payは魅力的です。 デメリットは LINE Payは売上金の入金タイミングで、月末締めの翌月末日支払いの月1回しか対応しておりません。 この点は、翌日あるいは翌々営業日に対応しているPayPayに負けております。 ちなみに、LINEペイもAirペイが対応しているので、クレジットカード決済とあわせて対応するなら、Airペイ導入の方が絶対に良いです。 3社目:「d払い」は認知度が高く、広く利用されているが、手数料が高め 導入手数料:実質無料 決済手数料:3. 24% 振込手数料:400円(税別) d払いは、 5,000万人を超えるドコモユーザーが「携帯電話の支払い」と合算して、料金を支払えるため、「クレジットカード」を持つことができない若年層をターゲットに持つお店には、是非欲しい決済方法です。 そして、ファミリーマート、ローソンでも支払えることからコンビニを中心に普及が進んでいますが、デメリットは入金タイミングは月二回で、若干利便性は劣ることと、PayPayの普及率とは大きく離れている点です。 4社目:「 au PAY」は楽天ペイと互換性があり!広く利用されているが、決済手数料も無料 導入手数料:実質無料 決済手数料:無料 振込手数料:無料 au PAYは後発のQRコード決済ですが、 AU ユーザーの取り込みと、楽天ペイと互換性があるため普及率は結構高いです。 d払いと同様に「携帯電話の支払い」と合算して、料金を支払えるため「クレジットカード」を持つことができない若年層をターゲットに持つお店や、楽天スーパーポイント狙いの主婦には相性が良いQRコード決済です。 d払いとの違いは、現在は決済手数料や振込手数料が無料であるために、小規模事業者にとってはありがたい選択肢となります。 PayPayと比べると普及率はだいぶ差がありますが、 多くの決済手段を用意しておきたい事業者にとっては、検討する余地があると思います。 当面は決済手数料もかからないことから、他のQRコード決済とともに導入してもデメリットは少ないからです。 詳細は下記の公式ページをご覧ください。 5社目:「メルペイ」はアパレル事業者と相性が良い!メルカリでの売上で買い物ができる! 導入手数料:実質無料 決済手数料:無料 振込手数料:10万円以上は無料、以下は200円 メルペイは非常に面白いQRコード決済です。 なぜなら フリマアプリの「メルカリ」での売上金で、ユーザーはメルペイで買い物ができるからです。 メルカリでは服が多数売られておるため、それを売ったお金で新しい服を買いたいユーザーが多いと予想され、アパレル事業者にとっては無くてはならない決済方法と言えます。 また 決済手数料も現在は無料であるため、メルカリユーザーとターゲットが重複する事業者にはおススメです。 デメリットはAirペイなどに連携されておらず、ほかのQRコード決済と連携されていない点でしたが、最近OrigamiPayを買収したこともあり、ユーザー数や加盟店も増えるので、今後注目のQRコード決済端末です。 過去記事: PayPayなどのQRコード決済が流行っているが、キャッシュレス決済の基本はクレジットカード決済であることを忘れてはいけない PayPayが流行っておりますが、 日本でのキャッシュレスの決済方法は、クレジットカード決済が一番普及しております。 もちろんPayPayやLINEPayなどは資本力があるため、テレビ広告やキャッシュバックキャンペーンを再度行うことで、普及する可能性はあります。 しかし、忘れてはいけないのが、 日本のキャッシュレスの基本はクレジットカード決済であることです。 PayPayを導入する方も、まずはクレジットカード決済対応のスマホ決済導入もあわせて検討すべきでしょう。 その点、Airペイは「QRコード決済(PayPayとLINEペイ)」と「クレジットカード決済」、「電子マネー決済」「PayPay」など幅広い決済方法に対応しており、 日本のスマホ決済10社の中では突出した端末になっています。 端末無料キャンペーンを随時行っているようなので、上記のホームページで確認してみてください。

次の

スマホ決済サービス5選。メリットやCAT端末との比較も

スマホ 決済 導入

クレジットカード決済導入・設置方法・仕組み オリンピック需要に伴いキャッシュレスの波が来ている日本。 クレジットカード決済は電子決済方法で最も利用されている手段で、店舗・EC事業者にとって売上拡大のためにはおすすめのサービスです。 Air PAYやPayPayといったキャッシュレス決済端末をTVCMで見る機会も増え、導入検討を行う店舗事業者も多いのではないでしょうか。 政府が推進するキャッシュレス還元事業により、 決済端末は無料導入・手数料も期間限定で安くなっています。 今回は店舗・EC事業者向けにクレジット決済の導入方法やメリットを解説しながら、おすすめの・の手数料や費用を比較紹介していきます。 サービス 3つのポイント キャンペーン Air PAY(エアペイ) ・キャッシュレス導入0円 ・iPad、決済端末が無料 ・紹介キャンペーン中 ・導入・カードリーダー:無料 ・iPadを今なら無料提供 ・月額固定費が0円 STORESターミナル 旧:Coiney ・クレジット、QR決済対応 ・最短3営業日開始 ・端末0円キャンペーン中 ・初期、月額費用0円 ・決済端末代金0円 ・月6回の振込依頼が可能 Square(スクエア) ・簡単3ステップ登録 ・POSレジ、会計ソフト連携 ・最短翌日から導入可能 ・初期月額費用:無料 ・決済端末:今なら無料 ・手数料:今なら2. 直接契約方式• 決済代行サービス契約方式 クレジットカード決済の契約方法は上記のように、カード会社と直接契約する方法・決済代行サービスを利用する方法の2つのパターンがあります。 クレジット契約を行う場合はカード会社の審査を通過する必要がありますが、さまざまなカード会社が存在するため、個別に契約すると非常に時間もかかります。 また売上管理や交渉といった時間以外のコストも発生するため、現在では代行サービスを経由して契約することが一般的です。 上記はEC事業者だけでなく店舗でも同じことがいえます。 店舗の場合は次に紹介していくクレジットカードや電子マネー対応の決済端末の導入がおすすめといえます。 店舗・ECのクレジットカード決済導入の4つの方法• 決済機関との直接契約(店舗・ネットショップ)• 決済代行サービスの利用(ネットショップ)• クレジット決済(CAT)端末の導入(店舗・ネットショップ)• モバイル・マルチ決済端末の導入(店舗) クレジットカード決済の導入方法は上記のように4つの方法があり、店舗・EC事業者で導入方法がことなります。 ネットショップなどのEC事業者の場合は決済代行サービス会社を利用し、 店舗の場合はAir PAY(エアペイ)やSquare(スクエア)といった決済端末を利用します。 これまでクレジットカード決済端末といえば、タクシーなどでも利用されていたが一般的でした。 しかし現在はスマホ決済やQRコード決済、電子マネーなど多くの決済手法に対応しており1つの端末で幅広いユーザー集客が可能です。 店舗・ネットショップのクレジットカード決済導入のメリット 店舗のクレジットカード決済導入の3つのメリット• オリンピックの観光客対応で売上アップ• 端末代金・初期導入費用が無料• 決済手数料が割引になる オリンピック効果による経済効果は非常に大きく、観光客の消費需要に対応すると売上にも繋がります。 また後ほど詳しく解説しますが、現在日本では政府が推進していることもあり 導入費用が無料、手数料が大幅割引になるキャンペーンが実施されています。 クレジット決済など店舗のキャッシュレス化は今がおすすめといえます。 ネットショップのクレジットカード決済導入の3つのメリット• 販売機会の拡大• 顧客単価のアップ• 集客力の増加 クレジット決済は先ほど触れたように、国内で最も利用されている決済手段です。 そのためクレジット導入をしていないことで、機会損失になることもあります。 またクレジット利用をするユーザーにはポイント蓄積・利用を目的にすることもあるため、集客効果も高くなります。 クレジットカード決済導入の費用・手数料相場を比較 クレジットカード決済導入の初期・月額費用 クレジットカード決済にかかる導入費用は次のようなものがあります。 初期費用 サービス利用の初回に発生する導入費用 月額定費 決済サービス・システムの利用で月額発生費用 決済手数料 決済利用時の取引額に応じて発生する費用 トランザクション費用 決済データ処理を行う際に発生する費用で、取引回数毎に発生 導入に際して発生する費用項目は大きく上記のように4つありますが、キャッシュレス還元事業の適用機関は月額・初期費用は無料のものが多いです。 クレジットカード決済導入の手数料相場・主要6社比較 各種クレジット・電子決済の手数料相場は次のようになっており、クレジット決済の場合は利用業界によって変動することがあります。 上記はTVCMなどでも認知度の高い主要モバイル決済サービス6社の比較表です。 初期・月額費用はキャッシュレス・消費者還元事業もあり無料で利用できるものが一般的です。 対応している決済手法や入金サイクルは各社によって異なり、手数料は ・メルペイが 期間限定キャンペーン中で安くなっています。 無料導入!クレジットカード決済は今がおすすめの理由 オリンピックによる外国人観光客の増加 クレジット決済や電子決済をこのタイミングで導入すべき理由の1つめは、オリンピックによる訪日外国人に来訪です。 オリンピックでは多くの外国人観光客がくることが予想されており、クレジットや電子マネーに対応しないことで109億ドルの機会損失にもなるとも予想されています。 () 政府推進のキャッシュレス還元事業で端末無料・手数料割引 そうしたオリンピックの経済効果を吸収していくために推進しているのが、キャッシュレス還元事業です。 多くの決済端末が無料導入できる理由は、上記のように国をあげてキャッシュレス化を推進しているためです。 しかし現時点は上記の キャンペーンは2020年6月までの期間限定となっており、店舗導入は今がおすすめなのです。 全ての決済方法を1台のカードリーダーで対応• 導入・運用費用が無料• クレジット・アプリ・電子マネー決済に対応 は現在無料キャンペーン中で、 キャッシュレス導入が0円のマルチ決済端末です。 キャッシュレス・消費者還元事業で今なら決済手数料3. また店舗に必要なiPadやカードリーダーもなど 決済端末が全て無料で導入でき、全ての決済方法を1台のカードリーダーで対応することが可能です。 クレジットカードや、電子マネー、アプリなど豊富な決済方法に対応したキャッシュレスにおすすめのマルチ決済端末です。 初期費用 月額費用 決済手数料 無料 無料 3. シンプルな決済端末• 登録・入金が直ぐ• 誰でも使える料金体系 Square(スクエア)はキャッシュレスをシンプルにを売りにした、 今なら月額・導入費用無料のマルチ決済端末です。 最短即日導入も可能で翌日入金が可能です。 こちらもキャッシュレス・消費者還元事業で 今なら決済手数料が2. 審査にも時間がかからずスマホや電子マネー決済ユーザーをすぐに獲得し、売上アップを見込めるおすすめのキャッシュレス決済端末です。 初期費用 月額費用 決済手数料 無料 無料 3. 大手カード決済会社がサービス提供で安心• 期間限定で初期・月額・手数料が0円• さまざまなレジアプリと連携 おてがるペイはJCB・三菱UFJニコス・UCSカードの大手カード決済会社が提供するキャッシュレス決済端末です。 クレジットカードや電子決済を一元管理することが可能で、ユビレジやスマレジなどの主要なタブレットPOSとも連携しています。 また 2020年9月30日までの期間限定で 月額費用・カードリーダー・プリンター・振込手数料の無料キャンペーンを実施しています。 ぜひこの機会にキャッシュレスをはじめましょう。 初期費用 月額費用 決済手数料 無料 無料 3. 事業の申請をCoineyだけで可能• 決済端末を無償提供• 消費者還元事業者登録で実質2. また決済方法の種類が多く中国のモバイル決済にも対応をしています。 オリンピックでの 多くの中国人観光客の来訪が見込まれており、中国決済にも対応しているため大きな売上に期待ができます。 月額費用は無料なため、小規模店舗にもおすすめです。 また2020年6月以降も 決済手数料が2. 初期費用 月額費用 決済手数料 対応決済 19,800円(今だけ0円) 無料 3. 還元事業登録で機器3点が無料• 振込手数料無料• 年中無休のコールセンター Times Pay(タイムズペイ) は初期費用が35,000円かかりますが、 今だけ還元事業登録で機器3点が無料で手に入ります。 振込手数料が無料なのも特徴の1つです。 年中無休のコールセンターがあるため、わからないことがあればすぐに対応してもらえます。 クレジット・電子マネー決済を簡単導入が可能で、タブレット・カードリーダー・プリンターの3つが無料。 回線工事は必要なく、追加費用も不要なキャッシュレス導入におすすめのマルチ決済端末です。 初期費用 月額費用 決済手数料 35,000円(今だけ0円) 無料 3. 20種類以上の豊富なオンライン決済サービス• 事業に最適なソリューションを提案• セキュリティ対策が万全 SBペイメントサービス株式会社の特徴は20種類以上の豊富なオンライン決済サービスがあります。 そのため、新規顧客を獲得しやすく、SBペイメントサービス株式会社は事業に最適なソリューションを提案してくれます。 セキュリティ対策も万全なため、小企業から大企業までおすすめです。 詳細はこちら: GMOペイメントゲートウェイ株式会社• PGマルチペイメントサービスの提供• BtoB EC向け決済パッケージ• 消費者に安全なカード決済環境を提供 GMOペイメントゲートウェイ株式会社の特徴はPGマルチペイメントサービスの提供が最大の魅力です。 さまざまな決済サービスを利用することが可能で、新規で導入を考えている企業に最適な提案を行います。 さらにBtoB EC向け決済パッケージもあり、必要になる機能を全て取りそろえることが可能です。 詳細はこちら: ウェルネット株式会社• バスIT化ソリューション• 請求のペーパーレス化、収納情報のリアルタイム取得が可能• 送金のラインナップが豊富 ウェルネット株式会社の特徴はバスIT化ソリューションに特化をしています。 請求のペーパーレス化、収納情報のリアルタイム取得が可能で、送金のラインナップが豊富なので、ユーザーも便利に利用をすることが可能です。 また企業も業務のコストや手間を削減することが可能です。 詳細はこちら: ベリトランス株式会社• 業界最多の多彩な決済サービス• 事業環境でのクレジットカード情報の取扱い不要• 充実したセキュリティオプション ベリトランス株式会社の特徴は、業界最多の決済サービスがあります。 また事業環境でのクレジットカード情報の取扱いが不要なため、最小限にリスクをおさえることが出来るのがポイントです。 また充実したセキュリティオプションで、個人情報の漏洩や不正が起きないように出来ます。 詳細はこちら: 株式会社ペイジェント• 豊富な決済サービス• 導入しやすいシステムと多様な利用方法• 効率的・安全な売上・情報管理の提供 株式会社ペイジェントの特徴は豊富な決済サービスで、ユーザーが便利に利用をすることが可能です。 また導入しやすいシステムと多様な利用方法で、事業の売上を伸ばすことが出来るのがポイントです。 さらに効率的な業務を行い、売上や情報管理の提供を行ってくれます。 詳細はこちら: ソニーペイメントサービス株式会社• 処理スピードと安定性でビジネスチャンスを拡大• 独自の認証サービスでセキュリティを強化• 自社のビジネスを安心して任せられる信頼性の高いサービス基盤 ソニーペイメントサービス株式会社の特徴は処理スピードと安定性が抜群です。 そのため、ビジネスチャンスを拡大化しやすく、独自の認証サービスでセキュリティを強化しており、不正などの対応を任せることが可能です。 また信頼性の高いサービス基盤として導入することが可能です。 詳細はこちら: PayPal• 海外通販も安全に使える• お支払い情報はPayPalが保護• ソーシャルメディアでの販売に最適 PayPalの特徴は海外通販の決済サービスとして使うことが可能です。 またお支払い情報はPayPalが保護してくれるため、安心して任せることが可能です。 さらにTwitterやFacebookなどソーシャルメディアでの販売に最適で、単品通販など他社と差別化が出来ている商品を販売している企業は利用をしてみてください。 詳細はこちら: 株式会社ラクーンフィナンシャル(Paid)• 導入企業 3,500社• 限度額の見直しを実績に応じてUP• 利用状況をリアルタイムに反映 株式会社ラクーンフィナンシャル(Paid)の特徴は、既に導入している企業が3,500社以上です。 また限度額の見直しは実績に応じて引き上がるため、規模に合わせた限度額を選ぶことが可能です。 さらに利用状況をリアルタイムに反映するため、管理しやすいのが魅力です。 詳細はこちら: ヤマトクレジットファイナンス株式会社• 1,200社以上の導入実績• ヤマトグループがビジネスを支援• 導入しやすい価格 ヤマトクレジットファイナンス株式会社は1,200社以上の導入実績があり、ヤマトグループがビジネスを支援しています。 そのため、安心して契約を結ぶことが可能で、導入しやすい価格なため、ビジネス規模が小さい企業にもおすすめです。 詳細はこちら: 株式会社ゼウス• 国内14,000サイト以上に選ばれている安心・安全の決済システム• 売上向上・業務軽減を強力にバックアップ• 設立25年以上の信頼 株式会社ゼウスの特徴は国内で14,000サイト以上に選ばれています。 決済システムのセキュリティが万全で、売上や業務コストの軽減をバックアップしてくれるため、業務の改善点や課題を解決することが可能です。 信頼出来る決済代行会社が見つかっていない企業は利用をしてみてください。 詳細はこちら: クレジットカード決済の導入でキャッシュレス実現・売上アップ 紹介してきたようにクレジットカード決済の導入は店舗・EC事業者ともに大きなメリットがあります。 キャッシュレス還元事業は期間限定の施策であるため、ぜひこのタイミングで導入し売上アップにつなげていきましょう。

次の