どうかご理解ください 英語。 英語脳を鍛えて日本語に翻訳しなくても理解できるようになる方法

「あしからず」の意味、使い方、類語、英語!ビジネスでは「ご了承ください」をつける

どうかご理解ください 英語

「ご容赦ください」の語源 「ご容赦ください」は、 尊敬語である「ご」に「受け入れる」を意味する「容」、「罪を許す」を意味する「赦」、丁寧語の補助動詞である「ください」が組み合わさった言葉です。 「容赦」という言葉自体は、自分や相手の動作に対して、第三者的な立場からも使うことができます。 2.「ご容赦ください」の正しい使い方 ビジネスシーンでの「ご容赦ください」は、主にメールや文書の本文中で用いられます。 事前の許しを乞う際に使える便利な表現ですが、 使い方を間違えると相手に失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。 ここでは「ご容赦ください」の正しい使い方について詳しくご説明します。• 2-1.目上の人に対して使う まず、冒頭でも申し上げたように「ご容赦ください」は尊敬語にあたります。 尊敬語は目上の方や社外のお客に使用するのが適しているため、後輩や部下に使うと過剰にな印象を与えてしまいます。 そのため、「ご容赦ください」は目上の方や社外のお客様に対して、使うようにしましょう。 また、一般的には口語(会話)では用いることが少ないため、あくまでメールなどの文章で使用するようにしましょう。 2-2.事前の断りを入れる時に使う 「ご容赦ください」は、将来的に起きる可能性のある過失に対して、事前に断りを入れておく意味を持ちます。 過失が発生する前に相手に伝えておくことで、いざ過失が起きた際の悪いイメージを抑える働きがあります。• 2-3.過失をした後には使えない 「ご容赦ください」は、実際に過失が発生した際のお詫びとしては不適切であるため、絶対に使うことは避けましょう。 実際に過失が起きた際に「ご容赦ください」と記入するのは、過失に対する対応や責任から逃れようとしている風に伝わってしまいます。 過失が発生してしまった場合は、まっすぐに「申し訳ございませんでした」という表現で謝罪の意を伝えるようにしましょう。 3. 「ご容赦ください」の例文 それでは、「ご容赦ください」を使用した例文をいくつかご紹介します。 ビジネスシーンでは、より丁寧な印象を相手に伝えるため 「ご容赦くださいますよう〜」「何卒ご容赦ください」「ご容赦くださいませ」といった表現で使われることが多いです。 3つの表現は同じ文脈で使用することができますので、例文はビジネスシーンでよく使われる内容に統一しております。• <例文>• (本日の営業は終了となります。 ご容赦ください。 I caused you unpleasantries, but please pardon me. (お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご容赦ください。 I will take a paid vacation for three days. (3日間の有給休暇を取らせていただきます。 ご容赦ください。 <例文>• The draw for the lottery is 18 pm. Please excuse us. (抽選の締め切りは午後18時までです。 ご容赦ください。 We can not assume any responsibility as our company so please excuse us. (弊社としては一切の責任を負いかねます。 ご容赦くださいますようお願いします。 Our shop is self-service. Please excuse us. (当店はセルフサービスとなっております。 ご容赦ください。 ) まとめ 記事でご説明したように 「ご容赦ください」は、「大目に見てください」を意味し、事前に相手の了承や許しを乞う際に使用される敬語表現です。 一般的にはメール等の文書で使用され、目上の上司やお客様に対して用いられます。 事前の了承を得たい場合には適していますが、実際に過失が起きた際に使用すると、失礼な印象を与えてしまいますので注意が必要です。 「ご容赦ください」は社会人ならば、で知っておいたほうがよい表現ですので、正しい意味を理解して、適切なシーンで使ってみてください!.

次の

「分かりました」「了解しました」を英語で正しく言い分けるフレーズ

どうかご理解ください 英語

明日でちょうど震災から3か月となって、それで復旧に向けた資金需要というのも少なからず出てきているのかなと思うのですけれども、被災地での金融情勢の現状のご認識を 教えていただきたいのですけれども。 3か月たって、企業側も今まで蓄えていたお金もだいぶはき出して、これからまさに新しいお金というか、ニューマネーが必要になってくる中で、銀行がきちんとそういう需要に応えられているのか どうかという点について 教えて ください。 will since the occurred. for are strong. What your? when have used their need , are such? - 金融庁 ただ一方で、昨年末に政府・与党が合意した税制改正大綱では、その株式配当に適用している軽減税率10%を本則の20%に戻すと、2008年末で廃止すると明記されており、租税法の専門家からの間からも金融所得の一体課税など課税の中立性の観点から税制を複雑にするといった指摘もあがっていますが、税は政治と言いますけれども、財務省と金融庁、この要望側とそれをどうするか判断する側、両方を所管される大臣として、まさにこの問題にどう取り組んでいかれるかというあたりをお伺いしたいのが1点と、2点目は簡潔に、人事のあり方として、副大臣、政務官人事についても兼務するのが相応しいとお考えか どうか、この点について 教えて ください。 , the , and the , that the 2008. , some have the would the and , the income. politics. both the , which tax-related , and , which , the? will this - the and and? This applies worldwide. u-page. so-net. Copyright C Arthur Conan Doyle 1892, expired. Copyright C Kareha 2000-2001, waived.

次の

「どういうこと?」を英語で表現!理解できないときのフレーズ7選!

どうかご理解ください 英語

"check"と"confirm"の違い ビジネスシーンでは確認を意味する言葉として"check"、"confirm"がよく使われています。 "Could you check the document? " "Could you confirm the document? " 上の2つの文章はどちらも「資料を確認していただけますか?」という意味です。 状況に合わせて使い分けるようにしましょう。 "check"と"confirm"の違いは、「重要度のレベル」と「どこまでお願いされているか」がポイントです。 一度、目を通して問題がないかを確認してほしいときは"Could you check the document? "、内容について詳細に確認して承認してほしい、最終確認をしてほしいという場合は"Could you confirm the document? "を使うイメージです。 "confirm"は"check"よりも、内容について注意深く確認するといった意味があるということをふまえて、それぞれの単語の意味や使い方についてみていきましょう。 "check"と"confirm"の使い方について 軽めのお願いの"check" "check"には「正しいかどうかを調べる」の意味の他に「照合する」「点検する」などの意味があり、 「見て確認する」と軽めの確認に使うことができます。 例えば"Can we meet this Wednesday? "「今週の水曜日にお会いできますか?」と聞かれたときに"Let me check my schedule. "「スケジュールを確認してみます」と答えたり、会社の同僚などに"Please check my calculations. "「私の計算を確認してくれる?」と確認依頼をするときに使うことができます。 日本語でも「チェックして」と頼むことがあるので、意味は分かりやすいと思います。 お墨付きをもらいたいときは"confirm" "confirm"は、"reservation"「予約」や"appointment"「アポイント」などが正しく、確実であるかどうかを確認するときや、 ビジネスでの合意内容や解釈などについて間違いないかどうか念を押して確認するときに用いられる表現です。 We need to confirm the agreement in writing. 合意内容について書面での確認が必要です。 Allow me to confirm my understanding as follows. 私の理解が合っているかどうかを下記の通り確認させてください。 また、確認の重要度が高い"confirm"と「~したい」の丁寧な表現の"I would like to ~"を組み合わせて下記のようにスケジュールや予定の確認に使うことができます。 I'd like to confirm my reservation for conference room A. 会議室Aの予約について確認したいのですが。 I'd like to confirm the departure date. 出発日を確認したいのですが。 上記のように "confirm"は「確かめる」「間違いのないことを裏付ける」という意味があり、間違いがないかを明らかにするニュアンスがあります。 "check"よりも重要度が高いイメージで「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」といった意味で使われることもあります。 メールで「ご確認ください」という場合 "Could you ~"の表現で丁寧に 日本語で目上の人や取引先に送るメールは「ご確認のほどよろしくお願いします」といった一文を添えます。 他に「お目通しください」「ご一読ください」「ご査収ください」といった表現もあります。 ビジネスメールで丁寧な表現をしたいとき"Could you ~"を使います。 目上の人や社外の人には Could you confirm that you will be attending the meeting this Wednesday? 今週の水曜日の会議に出席いただくことで間違いございませんか? Could you check the following? 以下のことについてご確認いただけませんか? "please"を使うとより丁寧な表現になりますが、"please"の位置に気を付けましょう。 "Could you check this, please? "と最後に付けると「ご確認いただけますでしょうか?よろしくお願いします」といったニュアンスで伝えることができます。 "Could you please confirm this? "は「ご確認いただけないでしょうか?」といった意味で、"Could you please ~"は「~していただけませんか?」と催促を含むニュアンスがあります。 添付ファイルの確認をお願いするときの表現は メールでは添付している資料の確認をお願いすることが多いので、下記のような表現を覚えておくと便利です。 For more information, please check the attached file. より詳しい情報については添付ファイルをご確認ください。 また、ファイルが添付されていることを伝えたい場合は"check"の他 "see"や"find"を使うこともできます。 Please see [find] the attached file. 添付ファイルをご確認ください。 内容をよく読んで最終確認をお願いするときは Could you confirm the attached file? 添付ファイルの内容をご確認いただけますでしょうか? また、確認を促すメールには、「不明点などについてお問い合わせください」「ファイルを見ることができない場合はお知らせください」という文章を添えておくのもオススメです。 If you have any questions, please let us know. もしご不明な点がございましたらお知らせください。 If you have trouble opening the attached file, please let me know. 添付ファイルを開くのに問題がある場合はお知らせください。 適切な言葉選びでビジネスをスムーズに 「ご確認ください」は会議やメールでよく使うフレーズで、ビジネスシーンには欠かせない表現のひとつです。 英語で「確認する」を表す言葉はいくつかありますが、ビジネスシーンでは"check"と"confirm"を覚えておくと、確認内容の重要度に合わせて使い分けることができます。 「見て確認する」と軽めの確認は"check"、「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」など、お墨付きをもらいたいときは"confirm"といったイメージです。 今回ご紹介した内容をぜひ参考にして、ビジネスメールで活用してください。 この記事をシェアする•

次の