ジム キャリー マスク。 ジム・キャリー マスクの平均価格は1,994円|ヤフオク!等のジム・キャリー マスクのオークション売買情報は13件が掲載されています

The Mask

ジム キャリー マスク

出典:シネマトゥデイ 自分から望んで出演したにもかかわらず、 「この映画の暴力を良心が許せない」と、 一切の宣伝活動を拒否しちゃったんですよね。 アメリカの小学校での銃乱射事件後に、 気持ちが変わったとのことですが、 映画関係者にしてみれば公開前に ケチつけられた形になっちゃうし。 そりゃ、使いづらくなるわ。 私生活がボロボロ 2015年に、ジム・キャリーの元恋人の キャスリオナ・ホワイトさんが 自殺をします。 ここで終われば、悲劇ととらえられた可能性 もありますが、その後の騒動がひどかった。 まず、この元恋人は、既婚女性でした。 つまり 不倫ですね。 そして、自殺の原因はジムとの破局で、 ジムが持っていた薬の過剰摂取により 死亡。 鎮痛剤や睡眠薬とはいえ、 偽名で違法に入手した薬だったんですよね~。 元恋人の夫と母親から、 ジムに死の責任があると訴えられました。 さらに、ジムは3種の性病にかかっていたらしく、 「娘に性病をうつしたうえに、売春婦呼ばわりをした!」 と母親激怒。 出典:FileFad 現在のジム・キャリーへのインタビューと 1999年の映画「マン・オン・ザ・ムーン」の 撮影現場での映像で構成されています。 同作で、ジム・キャリーが演じた アンディ・カウフマン自体が ぶっ飛んでる人だったんですよね。 そのアンディになりきってしまったせいで、 撮影現場は大混乱だったという話です。 巨匠のミロス・フォアマン監督にも従わず、 周りも精神的ストレスを訴える始末。 いやほんと その後よく仕事のオファーがあったなぁ、 ってぐらいひどいです。 そして、エピソードを見た限りでは ジム・キャリーって扱いづらい俳優 であろうとも思います。 ただ、ドラッグ中毒とかアルコール中毒とか ではなさそうなので、 再起の可能性はまだまだあるんじゃないか、 と信じています。

次の

マスク (1994年の映画)

ジム キャリー マスク

Hello, Cherie. We meet again. Is it fate? Is it meant to be? Is it written in the stars that we are destined to fraternize? Landfill Park scene Cigarette? 主人公がマスクを被った時の3-D部分がカラー(3Dメガネを使用)の白黒ホラー映画で、古代アステカの儀式用の仮面(マスク)を装着することにより殺人を犯す考古学者の悪夢を描いています。 自殺直前に彼の掛かりつけの精神科医に呪われたマスクを郵送したところその医師も悪夢を見、その後も面に関わる人々が続くというストーリーだそうです。 1961年の3-D「骸骨面」の予告篇は ジム・キャリーの映画「The Mask(マスク)」では、お人好しで真面目でしがない銀行マンのスタンリー・イプキスが身投げと間違えて助け上げたのはゴミとマスクでした。 冒頭の映像はエッジシティ近海の海底で配管工事が行われていた時、作業員が難破船の宝箱のようなものを発見し鎖を切っていると落ちてきたパイプに打たれてしまい、箱も開いて不気味な緑のマスクが浮上します。 映像では表に鋲が見え裏が打ち出しのようなので鉄か銅製のように見えた。 さて、主人公であるエッジシティ銀行員のスタンレーはデート用にやっと手に入れたチケットを女の子にあげてしまいガックリしていると、同僚のチャーリーが愛の砂漠と称するトレンディなクラブのココ・ボンゴに誘うなど慰めてくれます。 その時、突然の豪雨、水も滴る(本当に)いい女が銀行に飛び込んできました。 これが心臓が飛び出るほどセクシーなビッチョビチョ美女。 口座を開きたいとスタンレーにまっしぐら。 その美女がティナ。 スタンレーのネクタイの柄が伝説のゴダイバに見えると言い、彼のハートをミキサーで粉々に砕きます。 (こんな話しでスタンレーを引きつけてティナのバッグには隠しカメラ) 史実ではないらしいが11世紀のイングランドで、美貌のゴダイヴァ伯爵夫人が町に重税を課す夫を諌めようとすると怒った夫が全裸で馬に乗って街を横断すれば要求を叶えると約束したという逸話があるそうです。 ちなみにバレンタインデーには人気のベルギーチョコ「ゴディバ」の由来ともなっています。 さて、オイル交換に出したマイカー89年型シビックがブレーキが故障とかで修理、その代車がポンコツでチャールーが誘ってくれたクラブにも入れず意気消沈していたスタンレー。 帰り道、橋上で車がエンコした時のこと、突如の雷鳴に見えたもの、川縁に身投げでも?と思って拾い上げたのが漂着した伝説の緑色のマスクでした。 それには先立つものがなくっちゃネとザ・マスクはエッジシティ銀行へ。 時同じくしてドリアンたちが銀行強盗を決行せんと玄関に。 そこに竜巻のごとく現れて「悪いね、お先に頂き。 」と現生入りの袋を肩にザ・マスクが消え去った後に急行した警察とやり合うはめに陥ったギャングども。 金持ちになったザ・マスクはリムジンで颯爽とココ・ボンゴに到着、札束を撒いて顔パスに。 クラブではティナの歌の後にマスクが歌い踊ります。 (「」でデニス・ホッパーが演じた殺し屋の名前もマイロ) この犬の種類は恐竜映画「ジュラシックパーク」のティラノサウルスの声に合成されたJack Russell Terrier(ジャック・ラッセル・テリア)だとか。 このインテリなテリアは1995年の「Crimson Tide(クリムゾン・タイド)」に叩き上げの艦長(ジーン・ハックマン)のペットとしても登場しています。 1983年にコメディアンを夢見る「Rubber Face(ラバーフェイス)」でメジャーデビューしたジム・キャリーが一流のコメディアンになった現在、漫画そっくりの緑のゴムマスクやツケ歯を装着してカラダをはったパーフォーマンスと迫力ある特殊撮影が話題になりました。 ページトップの画像は公園でマスクがティナを口説くシーンですが、マスクは気取っておフランス訛りでしゃべります。 Hello, Cherie. We meet again. Is it fate? Is it meant to be? Is it written in the stars that we are destined to fraternize? Kiss me, my dear, and I will reveal my croissant. I will spread your pate. I will dip my ladle in your vichyssoise. 「こんにちは、愛しい人、またお会いできたのは定めなんでしょうか。 星占いじゃお付き合い(ドッキング)する運命なんだとか? ねえ、チューしてマイダーリン、僕のホッカホカのクロワッサンに貴女のパテを塗ってよ。 僕のフランスパンを貴女のビシソワーズ(ポテトスープ)でピチャピチャ(ジュルジュルっと)と啜らせてくれよ。 」なんて意味不明ですがなんだか下ネタッぽい。 (タマ蹴られて逃げられたし) ページトップの画像はゴミの島公園(LandFill Park)で両面方の君で会いたまえという仮面博士のアドバイスを受けたスタンリーがダンスが上手いマスクと会う約束のティナと会話する場面です。 次にマスクに変身したスタンレーが「愛してる、アレしてる、なぁんちゃって!」とティナを口説いた後にシガレットでハート型の輪を吹き出して鼻の穴から矢を射ます。 この後、警察から逃れるのを助けた親切な新聞社の婦人記者と思ったら金に目がくらんでギャングの手先になっていたペギーの手引きでドリアンにマスクを渡してしまうスタンレー。 新聞社の輪転機で伸されそうになるスタンレーからマスクを顔に付けるだけで変身できると聞いたドリアンが超人ハルクみたいになってしまう。 銀行からザ・マスク(スタンレー)が奪った金を探しにアパートに押し入ったギャングの車に拉致されたご主人さまを見つけたマイロが後を追う。 市警察の留置場にティナが訪ねてきてマスクはスタンレーだったと知り、そしてマスクに、いや仮面の下の男、つまり素顔のスタンレーに恋をしたと告白。 面会の後、ティナがギャングに追われるのを房の小窓から見つけたスタンレーはマイロを呼び寄せると看守の鍵を取ってこさせて銃を奪い、誤認逮捕を装って刑事と手錠でつながれて脱走。 一方、ティナは仮面で変身したドリアンに捕まり衣装をつけてダンスコンテストに行かせられる。 ニコ親分も来ているクラブに爆音とともにドリアンが現れ、撃ち合いに。 スタンレーがクラブに入るとティナがドリアンに縛られてダイナマイトが。 10分後に爆発。 ティナは機転をきかせてドリアンに最後のキスをねだる。 仮面を外して熱いキスを。 キスの最中にティナが仮面を蹴飛ばす。 宙を舞う仮面を捕らえたのはフィリスビー好きのマイロ。 だがギャングの一人に捕まり仮面をかぶってしまう。 するとグルグルグルグル! マイロが歯を剥いて襲いかかる。 このマスクをスタンレーが剥がしてスタンリー・ザ・マスク登場! BANG! BANG! BANG! ティナの足下の爆薬があと5秒で爆発という時、ダイナマイトを束にしてマスクが丸呑み。 さらに抵抗するドリアンを噴水の水洗ボタンを作動させて流してしまう。 仮面を外したスタンレー、その時、御用だ!御用だ!と警察が踏み込んで来てドリアン一味は逮捕。 スタンレーも逮捕されそうになるが市長がマスクはドリアンでこの男は命の恩人だと証言。 ところでマイロが咥えていたあのマスクはどうなったかというと、スタンレーが最初に見つけた橋の上からティナがポイ捨て。 それを見ていた友人のチャーリー、急いで橋から飛び込んでマスクを拾おうとするが、又もやマイロが銜えて持っていってしまう。 続編を期待させるラスト。 (でも、続編は期待しないヨ) Somebody Stop Me! それほど衝撃的なキャメロン・ディアスの初登場シーン、びしょ濡れでセクシーなビジョビジョ美女! スタンリー・イプキスが勤める銀行に口座を開きに来たティナは銀行強盗を目論むマフィアの幹部ドリアンの情婦で金庫のセキュリティの映像をバッグに装着した隠しカメラで送ったのです。 ドリアンは敵対するエッジ・シティの顔役ニコを殺って彼のシマ(ダッジシティ)をぶんどるための資金が必要だったのです。 このドリアンを演じたのは1995年に「The Usual Suspects(ユージュアル・サスペクツ)」ではクレジット無しで五人組に犯罪計画を持ちかける犯罪グループのレッドフットを演じ、1999年に「Blue Streak(ブルー・ストリーク)」でダイヤ泥棒仲間を裏切った悪党ディーコンを演じたPeter Greene(ピーター・グリーン)です。 「マスク」の音楽は2004年に「」の音楽も手掛けたRandy Edelman(ランディ・エデルマン)で、キャバレー・シーンにはチャック・ラッセル監督がクラブで見つけてきたRoyal Crown Revue(ロイヤル・クラウン・リビュー又はロイヤル・クラウン・レビュー)が出演します。 この曲は70年代のJefferson Airplane(ジェファーソン・エアプレイン)の大ヒット曲で1998年のヒッピー映画「(グッバイ・モロッコ)」でも使用されました。 Son of the Mask — The Mask 2 2005年2月にはアメリカでLawrence Guterman(ローレンス・ガターマン)監督のジム・キャリー抜きの「マスク」の続編「Son of the Mask — The Mask 2(マスク2)」が公開されます。 なぜジム・キャリーが出演しないかって? ジム・キャリーが演じるスタンレイはラストでマスクを投げ捨てているし、ジム・キャリーは1994年の「マスク」で全力投球しましたから二番煎じの続編に出演する気は毛頭なかったとか。 (マイロもその気が無かったらしくオーチスに交代) 日本は2005年4月公開です。 主演はJamie Kennedy(ジェイミー・ケネディ)で、オリジナルではDr. Arthur Neuman(アーサー・ニューマン)役で出演したコメディアンで作家のBen Stein(ベン・スタイン)や「ロジャー・ラビット」のBob Hoskins(ボブ・ホスキンス)など少数の出演者や神さま以外はアニメーションなんだそうです。 冒頭の海底シーンはオリジナルと一緒の「Son Of The Mask(マスク2)」の予告編は 「Son of the Mask(マスク2)」(ASIN: B00079HZZW)のサウンドトラックも音楽はランディ・エデルマンですが、懐かしい曲も収録されています。 オールディズから70年代ファンクまで、Paul Anka(ポール・アンカ)のPuppy Love、ツイストの王様Chubby Checker(チャビー・チェッカー)のThe Twist(ツイスト NO, 1)、ニューオーリンズ・ファンクのDr. John(ドクター・ジョン)のIf My Friends Could See Me Now、Neil Diamond(ニール・ダイアモンド)のThank The Lord For The Night Timeの他、Ryan Cabrera(ライアン・カブレラ)、Stephen Bishop(スティーヴン・ビショップ)などなど。 「マスク」のように2000年の「How the Grinch Stole Christmas! (グリンチ)」で主演したジム・キャリーはコメディだけでなくパートナーの子供が自閉症だったことから啓蒙活動を行ったり、多くの子供が兵士になるミャンマー(ビルマ)の軍事政権の圧政からの解放を呼びかけるなど社会派の面もあるそうです。 「マスク」を撮影した時点でジム・キャリーは30歳ちょっとらしいです。 海底に沈んでいたマスクをめぐる「ザ・マスク」に出演したジム・キャリーは2006年に短編ドキュメンタリー「Deep Sea 3D(ブルーオアシスII 3D)」を監督したHoward Hall(ハワード・ホール)の2009年版「Under the Sea 3D(アンダー・ザ・シー)」でナレーターとして出演しています。 (ちなみにブルーオアシスIIではジョニー・デップとケイト・ウィンスレットがナレーター) いろいろな仕掛けが隠された摩訶不思議なジム・キャリーのオフィシャルサイトはJim Carrey — Official Site(最初に表示されるビデオは右上のxで消せます。 あちこちマウスを移動させてクリックしてみて下さい。 youtube. この映画ではBruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)の歌も含めてラストを変更されたピーター・ボグダノヴィッチ監督はUniversal Pictures(現ユニバーサル・スタジオ)映画会社を相手に訴訟を起こしたとされています。 ボグダノヴィッチが1981年に監督した「They All Laughed(ニューヨークの恋人たち)」で話題になったのは、ボグダノヴィッチ監督の最初の妻の娘二人がBen Gazzara(ベン・ギャザラ)が演じた私立探偵の娘役で出演していたこと、じゃなくて当時まだ二十歳だった見開きプレイメイトのDorothy Stratten(ドロシー・ストラットン)が出演しボグダノヴィッチ監督の愛人となるも嫉妬した前夫に惨殺されたことでその顛末は「Death of a Centerfold: The Dorothy Stratten Story 1981 」で映画化されました。 いや、それよりもドロシーの死後に学生の妹ルイーズを養育し成人したら姉そっくり(にはなってないが)に整形させて49歳となったボグダノヴィッチ監督が二度目の結婚をしたことでした。 ボグダノヴィッチ監督の「マスク」は」などの映画にも出演した歌手のCher(シェール)が主演するヒューマンドラマで、 Lion Face(Lionitis /ライオン病/頭蓋骨形成異常)の息子とたくましい母親との実話を元にしています。 ロッキーを演じたEric Stoltz(エリック・ストルツ)はその後1993年の「Killing Zoe (キリング・ゾーイ)」で主演、1994年にはがParker Posey(パーカー・ポージー)が全裸でデビューした「Sleep with Me(スリープ・ウィズ・ミー)」で主演の他制作も手がけています。 1980年のFoxes(フォクシー・レディ)で本格デビューし、(ブルー・ベルベット)にも出演したLaura Dern(ローラ・ダーン)も出演しています。 2004年にローランズが主演した認知症妻を愛する夫の「The Notebook(きみに読む物語)」などを監督しています。 (後に認知症の母を看取った私はその前に観たかった映画) シェールが主演した「マスク」のトレーラーは 冒頭の画像は1985年のシェール主演のヒューマン・ドラマ「マスク」のDVDです。 ロック満載のピーター・ボグダノヴィッチ監督の「マスク」のサウンドトラックでは主演のシェール以外にもThe Beatles、Gary U. 版権のためカットされたというラストシーンのブルース・スプリングスティーンの曲はどれなんでしょうか。 (Badlands、Thunder Road、The Promised Land、The River、Born In The USA) カテゴリー タグ 投稿ナビゲーション.

次の

ジム・キャリー、「マスク」再演は監督次第(2020年1月28日)|BIGLOBEニュース

ジム キャリー マスク

概要 [ ] 冴えない男が偶然に不思議な緑色の木の仮面を手に入れ、超人的な力を持った黄緑色の顔の怪人・マスクに大変身する物語。 のコミック『 ()』が原作。 主演のを一躍スターにのしあげた作品だが、ティナ役のも当時演技経験皆無の新人だったにもかかわらず、本作のヒロインに大抜擢され、デビュー作にしてトップスターの仲間入りを果たした。 目玉や心臓が飛び出すなど漫画的なオーバーアクションを実写で表現し、『』をそのまま実写にしたような雰囲気のとなっている。 映像はが駆使され、でにノミネートされた。 では、に劇場公開された。 によりソフトが発売されている。 また、に20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより初回限定生産のアルティメット・エディション()も発売されて、再売版DVDでもある。 その後、にワーナーの吸収合併後、によりが発売された。 現在でも日本国内版のブルーレイが発売されていない。 にはのゲームソフトが発売され、には続編の『』が公開されている。 ストーリー [ ] ある日、お人好しで気弱な冴えない銀行員スタンリー・イプキスは、窓口業務中に応対した歌手のティナ・カーライルという美女に一目惚れ。 しかし、その後散々な目にあい再会したティナの前でも醜態をさらしてしまい、揚句ゴミの塊を水難者だと思い救助のため水に飛び込んでしまう。 その際ゴミに混ざっていた変わった木製の仮面を拾い、自宅に帰りそれを顔につけた途端、猛烈な緑の竜巻とともに超型破りな魔人 マスクに変身してしまう。 仮面の魔力でスタンリーは過剰な本性を引き出され不死身の身体、数々の超能力を身に着ける。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] スタンリー・イプキス 演 - 本作の主人公。 で愛犬のマイロと一緒に暮らしている。 普段は気弱でお人好しで冴えない性格かつ、不幸ばかりが多い幸の薄い男。 趣味の悪い柄のパジャマを着ており、その切れ端が事件現場で落ちていたことから、マスクと同一人物という線を警察から強められてしまった。 唯一の趣味は子供が見るようなドタバタアニメのビデオ鑑賞だが、鑑賞するたびにアパートの隣に住む口うるさい大家に壁越しで叱られる。 勤務先に口座を開きにきたティナに一目惚れする。 ひょんなことから手に入れた木製の仮面・マスクを軽い気持ちで被り、ハチャメチャな変幻自在の怪人・マスクに変身し、超人的なパワーを手にするようになる。 これを機にティナと交流を重ねて徐々に距離が縮まっていくが、マスクに変身している時に銀行から大金を盗んだ上に、ドリアンの部下よりも先を越した事で、目をつけられ、マスクを奪われた上、留置所に投獄される羽目になるも、面会に訪れたティナがドリアンに捕まる所を偶然目撃、脱獄を決意する。 忠犬マイロの手助けとケラウェイを半ば脅す形で協力させた事でどうにか、脱出に成功し、ティナが捕まっているクラブ「ココ・ボンゴ」へ向かう。 クラブに潜入したがあえなく捕まり、窮地に陥るが、ティナがマスクを蹴飛ばした事で敵が混乱している隙に、ティナを助けようとしたが、ドリアンに阻止され、そのまま殴り合いに発展、どうにか退けた。 その後、マイロを通じてマスクを取り戻し、ティナを助けるため、再びマスクに変身する。 スタンリー・ザ・マスク マスクを被り変身したスタンリー。 普段の気弱でお人好しな本来のスタンリーとは対照的に陽気かつハチャメチャな性格で、高速スピンしながら、コスチュームを変化または、他者の服装を変化させる、銃弾を難なくかわす、物体を別の材質、形に変化させるなど様々な超能力を持つ。 また、高所から落下したり、被弾しても死ぬどころか怪我ひとつ負わない、爆発物を取り込んで腹部で爆発させても吹き飛ばないなど、不死身とも言える身体を持つ。 マスクに変身した最初の晩は普段自分に高圧的に接するアパートの大家を振り回した挙げ句に、適当な修理をしたりポンコツ代車を貸した悪徳自動車工場に逆襲を行い、その次の晩には勤務先の銀行でギャング達よりも先に大金を奪いながらも、クラブの客達の注目を集め、あらゆる大胆な行動でティナを魅了していく。 終盤ではドリアンからマスクを取り戻し、銃撃の最中でスタンリーが変身、巧みな虚仮威しと、持ち前の超能力を生かしてドリアンを倒した。 ティナ・カーライル 演 - 本作のヒロイン。 「ココ・ボンゴ」の。 ドリアンの愛人であるが、「ココ・ボンゴ」でマスクとダンスし、その情熱的なキスをきっかけにマスクに惹かれるが、スタンリーとの交流を経て、彼自身の誠実な人柄にも魅了されていく。 彼がドリアンの策略で留置場に投獄された際に面会に赴き、自分の想いやスタンリーとマスクが同一人物であることに気づいたことを伝えた。 終盤では、ドリアンに捕まり、クラブの柱に縛り付けられたが、巧みにドリアンを誘導させ、マスクを外させて、キスを交わしている隙を付いて、マスクを蹴飛ばしてスタンリーの逆転の切っ掛けを作った。 ダンスを得意とし、タンゴからジャズまで自在に踊れる。 やや天然ボケ気味らしく、「」を「 発車オーライテスト」と間違えたり、スタンリーの慌てぶりも、「仕事真面目な人」と笑顔で許している。 マイロ 演 - マックス スタンリーが飼っている。 ジャンプが得意でかなり賢く、主人思いな忠犬。 フリスビーが大好きで、一度キャッチするとそれをお気に入りに認識する。 スタンリーが寝坊したら起こしたり、鍵を探してくれるが、咥えたら離さないため、スタンリーが鍵を引っ張ると体ごとついてくる。 スタンリーが逮捕された時は家から飛び出し、留置所の外で新聞に隠れて夜まで主人の帰りを待ち続けた。 スタンリーがいる独房まで何度も繰り返しジャンプし、進入に成功。 スタンリーに指示されて、転寝していた見張りの警官のテーブルから鍵を取ってきた。 ラストではスタンリーを助けにクラブに乗り込み、ドリアンたちと対決。 マスクを咥えて逃げた際に自らもマスクを被り、変身する。 変身した姿は顔が緑色で巨大化し、目や舌が飛び出した上に口も耳まで裂けるほど大きくなり、その獰猛な風貌(スタンリー曰く「ワニみたい」)で敵を威嚇し、スタンリーにマスクを外してもらった。 マスクの魅力に取り付かれたのか、ラストシーンでは、チャーリーよりも先にマイロが川に捨てたマスクを手に入れた。 スタンリーの周辺の人物 [ ] チャーリー・シューマーカー 演 - () スタンリーの友人。 軽い性格だが、彼の相談によく乗る良き理解者。 マスクを被ったドリアン達の襲撃を受けて事件に巻き込まれた際、潜入したスタンリーから拳銃を手渡され、彼の指示通りにクラブの客達を裏口へ避難させた。 マスクの魔力に魅了されたのか、ラストシーンではチャーリーとマイロが川に捨てたマスクを手に入れようと飛び込むが、マイロに取られてしまう。 インタビューで、ラッセル監督は、かなり汚い川に飛び込むのを躊躇するチャーリー役のジェニに「『マスク2』 の主演 」と囁いたとしているが、結果的にジェニは『マスク2』には登場していない。 ペギー・ベラント 演 - 女性レポーター。 マスクが引き起こした事件を追う中でスタンリーがマスクの正体である事を知り、警察に追われるスタンリーを助ける。 初めは彼に気がある様子を見せたが、最近マンションを購入してローンに困っていたためにスタンリーを裏切り、大金と引き換えにマスクをドリアンに手渡してしまう。 しかしその直後にドリアンから脅され、殺されそうになったスタンリーを庇う一面も見せた。 本編ではドリアンがマスクを被り、変身した姿に困惑するところで出番を終えているが、DVDの特典映像として、ペギーがマスクを被って変身したドリアンに始末される末路の未公開シーンが収録されている。 ピーンマン夫人 演 - ナンシー・フィッシュ スタンリーのアパートの大家。 口うるさい性格。 マスクが廊下でをハンマーで壊した直後、彼に出くわしてを乱射した。 マスクを被ったドリアン達の襲撃を受けて事件に巻き込まれた際はギャングの一人に対しても威圧的な態度を見せていた。 ギャング [ ] ドリアン・タイレル 演 - ニコの手下で、クラブ「ココ・ボンゴ」の従業員でもある。 ティナのパトロン。 暴力的で嫉妬深く、ティナを脅して離れられないようにしている。 ペギーを通じてスタンリーからマスクを奪ってからはティナを誘拐し、ニコに対して謀反を起こす。 仕上げにティナを木に縛りつけ、10分後に作動するようにセットした自爆装置を彼女の足元に仕掛けるが、留置所から脱走したスタンリーにマスクを奪い返され、マスクに自爆装置を処分される。 更にマスクの魔力 によって池に起きた渦巻きに飲み込まれ、そのまま消えてしまった。 ニコ 演 - () ギャングのボスで、クラブ「ココ・ボンゴ」のオーナーでもある。 ゴルフの練習中、ドリアンに「今朝、警察の摘発で営業停止を命じられたんだ。 お前のケチな詐欺が原因だな? 」とティーを咥えさせ、そこのボールを打った上に、1週間以内に町を出て行くよう追放宣言する。 しかし、クラブでマスクをつけて変身したドリアンに銃を連射するが弾丸を吸収され、吐き返されて射殺された。 フリーズ 演 - 銀行強盗のプロ。 自称"名医"。 ドリアンと協力し、街を手に入れるため銀行強盗とニコの殺害を企む。 ところが、強盗を実行しようとした矢先、先を越したマスクが現れた上に、鉢合わせた警察と銃撃戦になり死亡した。 エディ 演 - () ドリアンの忠実な部下。 終盤、変身したマイロに小便を頭に掛けられた上、仲間と共にマスクの虚仮威しに騙されて逃走した。 だが、ドリアンの部下はエディ含む全員が逃走に失敗し、逮捕されることとなった。 ボビー 演 - ジェレミー・ロバーツ クラブ「ココ・ボンゴ」の用心棒。 チャーリーの知り合いでもある。 クラブに無断で入ろうとした変身前のスタンリーをたやすくつまみ出すが、最後はその変身前のスタンリーに殴られ、たやすく銃を奪われた。 警察 [ ] ミッチ・ケラウェイ警部 演 - マスクを追っている敏腕警部。 マスクが銀行強盗した翌日にはスタンリーのアパートに押しかけた。 熱血漢で自分の仕事に誇りを持っている。 既婚者でマーガレットという妻がいるが、何故かマスクは「電話して」というメッセージと電話番号が書いている彼女のセクシー写真を所持していた。 登場人物中、唯一マスクの魔力にかからず踊りださない人間で、スタンリーを疑っている。 公園前で警官全員が踊りだした時も一緒に踊りだそうとしたドイル刑事にショットガンを突きつけて制止させた。 ドリアンに拘束され、警察署の前に投げ出されたスタンリーが(偽の)マスクを持っていた為に彼を逮捕。 警察署の留置所に収監するも、独房から脱走したスタンリーに銃で脅され、そのままドリアン達がいるクラブまで運転させられてしまう。 事件終結後、スタンリーを逮捕しようとしたが市長に咎められ、大目玉を喰らう羽目になる。 ドイル刑事 演 - () ケラウェイ警部の相棒。 小太りで情けないゆったりした話し方。 ノリがよく、マスクのルンバに参加しようとしていた。 その他の人物 [ ] アーサー・ニューマン博士 演 - テレビでも紹介されている有名な学者。 仮面に関する研究の第一人者で、彼が出演しているテレビや本を見て、仮面に興味を持ったスタンリーがマスクを被るきっかけを作った。 スタンリーが持ち込んだマスクはのを模していると鑑定した。 次回作『』でも登場しており、エッジシティ美術館にて北欧神話を始めとする、あらゆる神話に関する解説者を務めている。 モーティマー・タイルトン市長 演 - アイボリー・オーシャン エッジシティ市長。 気前の良い温厚な性格。 「ココ・ボンゴ」で取材に応じていた際、マスクを被ったドリアン達の襲撃を受けて事件に巻き込まれてしまう。 事件終結後、スタンリーを逮捕しようとしたケラウェイ警部に対し、「マスクの正体はドリアンで、スタンリーは命の恩人」として、スタンリーを擁護した。 その直後にマイロがマスクを咥えたままスタンリー達の元へ向かっても放っておけと、そのまま見逃した。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え ソフト版 版 機内上映版 スタンリー・イプキス ザ・マスク ティナ・カーライル ドリアン・タイレル ミッチ・ケラウェイ警部 チャーリー・シューマーカー () ペギー・ベラント ドイル刑事 () ニコ () ピーンマン夫人 ナンシー・フィッシュ フリーズ エディ () アーブ アーサー・ニューマン博士 鈴木泰明 ボビー ジェレミー・ロバーツ 留置場の看守• ソフト版吹き替え - ・収録 - 初回放送2014年7月29日『』 演出:中野洋志、翻訳:石田泰子、調整:長井利親、制作:ACクリエイト• 監督 -• 製作 - ボブ・エンゲルマン• 製作総指揮 - 、マイク・リチャードソン、チャールズ・ラッセル• 原作 - マイケル・ファーロン、 ()• 脚本 - ()• 撮影 -• SFX -• 編集 - アーサー・コバーン• 音楽 -• 日本語字幕 - 地上波放送履歴 [ ] 回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版 初回 日本テレビ版 2回目 3回目 4回目 5回目 フジテレビ ゴールデンシアター 6回目 テレビ朝日 日曜洋画劇場 7回目 8回目 日本テレビ 金曜ロードショー 9回目 テレビ東京 ソフト版 10回目 備考 [ ]• スタンリーの飼い犬として出演したのマックスは、『』で扮する主人公の飼い犬としても映画出演を果たしている。 自動車整備工場は『』で使用されたビルと同じものである。 設定では、マスクを封印したのは北欧の。 これは『ヴァイキングがよりも前にアメリカ大陸を発見していた』という説に基づいている。 ヴァイキングがマスクを後のアメリカ大陸に封印する未公開シーンがDVDの特典映像として収録されている。 なおでは、の神々を主要キャラクターとして登場させることでこの設定を前面に出している。 脚注 [ ].

次の