クオン ティティ 意味。 1/23 理+数:「重さ」と「質量(しつりょう)」と数学の「等式(とうしき)」! ~変わらずに重さを計る方法~

MOQってなんですか?展示会で言われて、戸惑いました…

クオン ティティ 意味

アイデンティティの意味 まず、「アイデンティティ」 の意味を辞書で引くと、 次のように書かれています。 主体性。 自己同一性。 また、身分証明。 出典: デジタル大辞泉(小学館) 「 アイデンティティ」は、日本語では 「 自己同一性(じこどういつせい)」 と訳されることが多いです。 「 自己同一性」とは、簡単に言うと 「 自分とは何か」という意味だと思ってください。 「 自分らしさ」と訳してもいいでしょう。 使い方としては、 主に以下のように使います。 「 アイデンティティが確立されている。 」 これはつまり、 「 自分自身とは一体何なのか?どういう存在なのか?」 というのが分かっている状態を指します。 具体例を挙げると、• 世界の人種の中で、私は日本人だ。 家族の中では、私は父親だ。 仕事でいえば、私は政治家をしている者だ。 性格でいうと、私は社交的な人間だ。 趣味でいうと、私は野球が好きな人間だ。 といった認識ですね。 このように、「自分とは何か」ということを 説明している内容そのものが、 あなたの「 アイデンティティ」ということです。 難しい言い方だと、 「 アイデンティティー」=「 存在証明」とも言えるでしょう。 例えば、以下のような認識は 「アイデンティティ」とは言えません。 きのうは自分は人見知りだと思ってたのに、今日は人見知りではないと思った。 アフリカでは私は日本人だと思ったのに、中国に行ったら、日本人だと思わなかった。 つまり、 時間や場所によって変化する自己像は、 「アイデンティティ」とは呼べないということですね。 「アイデンティティ」は、 過去でも未来でも、そしてどんな環境でも 変わらない自己像でなければいけないのです。 また、身分証明。 」 というのは日常生活でもよく使われています。 最も分かりやすいのが、 IDやパスワードを入力する時の「 ID」です。 「ID」とは、 「 Identity Document(アイデンティティ ドキュメント)」の略で、 ドキュメントは「書類」を意味します。 つまり、「自分」と「書類」が 一致しているかを確認するのが「ID」ということですね。 「アイデンティティ」には、 「 同じであることを確認する」 という意味も含んでいるのです。 免許証や保険証などは、まさに 「ID」の典型的な例と言えるでしょう。 スポンサーリンク アイデンティティ=帰属意識 「アイデンティティ」は、 他者や社会との関係の中で作られるものです。 私たちは、学校や会社などの 組織の中で日々生活していますよね? 組織の中にいることにより、周りの人から 「 あなたはこういう人間だ」と言われます。 つまり、集団の中にいるからこそ、 「自分はこういう人間だ」という意識を持てるわけです。 そのため、アイデンティティには 「 帰属意識(きぞくいしき)」という意味も含まれています。 「 帰属意識」とは、 自分が企業や団体、民族など 様々な集団に属しているという意識のことです。 「アイデンティティ」は、 自分一人だけで確立することはできません。 例えば、海外旅行に行ったときに 様々な人種に出会ったとしましょう。 「あの人はアメリカ人だ」• 「あの人はスペイン人だ」• 「あの人はナイジェリア人だ」 そんな時、ふと自分を見つめ直すと、 「 私は(周りと比べて)日本人なのだ」と再認識できるはずです。 また、今までずっと会社員をしていた人が、 芸能事務所に所属することになったとします。 すると、 「今まで自分は明るい性格だ」と思っていたのに、 「 自分は芸能人と比べると、全然明るくない」と感じました。 そんな時に、 「 私は(周りと比べて)明るくないんだ」と再認識できます。 このように、自分が勝手に思っている自己像ではなく、 鏡のように機能する他者を通じて、自己像をクリアに理解すること。 これが、 「アイデンティティ」の構造なのです。 ポイントは、 「他者の存在にある」と言えるでしょう。 「自分が考えている自分」と 「他者が考えている自分」は同じではありません。 「アイデンティティ」は、 他者による認証を得て初めて確立されるのです。 スポンサーリンク アイデンティティの使い方 次に、「アイデンティティ」 の具体的な使い方を見ていきましょう。 「アイデンティティ」という言葉は、 個人に限らず幅広い分野で使われています。 今回は、その中でもよく使われる 3つを紹介していきたいと思います。 すなわち、「 コーポレートアイデンティティ」とは、 「 企業の特徴や個性を出し、共通のイメージで 顧客が認識できるようにすること」を意味するのです。 身近な例だと、 企業のマークやロゴ・ブランド名などが 挙げられます。 一目見ただけで、 「あ!この会社だ!」と分かるような マークは世の中にたくさんありますよね? マクドナルドのロゴマークなんかは、 本当に分かりやすいです。 黄色のマークの「 M」という文字を見れば 誰もがマクドナルドという会社を 簡単に思い浮かべるでしょう。 他には、 「トヨタ」や「ローソン」のロゴマークなど、 企業のほとんどはオリジナルのマークを持っています。 このように、 「コーポレートアイデンティティ」は、 企業の独自性を打ち出すために使われるのです。 主に、「心理学の用語として使われる言葉」 だと思ってください。 「クライシス(crisis)」は「 危機」という意味なので、 「アイデンティティの危機」とも呼ばれます。 つまり、 自分らしさが分からなくなってしまった状態 ということですね。 例えば、以下のような ケースが挙げられます。 学校や会社など新しい環境になじめない時• 自分の働き方について悩んでいる時• 海外に行き、異文化に接した時• 自分の生き方そのものを見つめ直す時 このように、 自分の存在意義について悩んでしまった時に 「アイデンティティクライシス」が使われるのです。 「ポリティクス(politics)」は、 「 政治」という意味です。 つまり、直訳すると 「 自己同一性(のための)政治活動」ということですね。 世界には、 「不当な扱いを受けている」 とされる集団は一定数います。 例えば、 「人種差別・民族差別・性的差別」 などを受けている人たちですね。 こういった集団が、 自分たちの存在意義を強調するための活動を 「アイデンティティポリティクス」と呼ぶのです。 スポンサーリンク アイデンティティの例文 では最後に、「アイデンティティ」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。 日本人にとっての アイデンティティは、和食である。 大きな会社に入ってから、自分は内向的な性格であるという アイデンティティを確立した。 実家に帰ったとき、改めて自分の アイデンティティを再確認した。 関西人としての アイデンティティを、皆で共有する。 その会社は、企業独自の コーポレートアイデンティティを確立している。 彼は仕事の悩みによって、 アイデンティティクライシスに陥ってしまった。 アイデンティティポリティクスにより、黒人差別の問題が注目されるようになった。 「アイデンティティ」は、専門書などだと、 「 独自性・同一性・主体性・自己認識」 など難しい用語が書かれている場合もあります。 しかし、一般的な意味として使う分には それほど難しく考える必要はありません。 基本的には、「アイデンティティ」の部分を 「 自分とは何か。 自分らしさ」と訳せば大丈夫です。 例文5. のように、会社が一つの単位になる場合は、 「会社らしさ」と訳せばよいでしょう。 また、用例としては、 「アイデンティティを 確立する」 「アイデンティティを 認識する」 といった使い方が多いですね。 「アイデンティティ」は、 生まれた時から備わっているわけではありません。 なので、「(ある時を境に)確立・認識する」 という意味でこのような用例が多くなるのでしょう。 関連記事: まとめ いかがでしたか? 内容を簡単にまとめると、 「 アイデンティティ」= 自己同一性。 ( 帰属意識の中で生まれる言葉) 【 使い方】=「 コーポレートアイデンティティ・アイデンティティクライシス・アイデンティティポリティクス」など。 【用例】=「 アイデンティティの確立・認識」などが多い。 ということでしたね。 「アイデンティティ」について、 完璧に理解するのは難しいです。 なぜなら、元々日本にはない概念を、 日本語で考えようしているからです。 ある程度割り切って 「 アイデンティティ」=「 自分とは何か。 自分らしさ」 このように考えれば問題ありません。 後は、実際の文章や例文を読みながら 少しずつ意味を理解していきましょう。 いつもお世話になっております。 私は、こちらのサイトが素晴らしくて感謝しています。 言葉の意味を調べることがよくあるのですが、ネットで調べても結局はハッキリ意味がわからないということがよくあります。 あちこちのサイトや辞書を調べて、説明を何度も読むのですが、分かったような分からないような、、、という言葉って、けっこう多いです。 でも、こちらのサイトでは言葉の意味や使い方がクリアに理解できます。 特に、ご説明を読んでいるうちに、途中で、「ということは、この場合はどうなるんだろう?」などと思っていると、その答えがその後に例文など用いて出てくることに驚いています。 Twitterもフォローさせて頂いておりますよ。 これからもよろしくお願いします!.

次の

知らないと恥ずかしい?「コモディティ」の意味や使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

クオン ティティ 意味

:ビジネスでもアートの世界でも、クオリティ(質)とクオンティティ(量)は別物で、反比例の関係にあると教えるスクールがあります。 つまり、創造する量が多くなれば、作品の質にこだわる時間がなくなり、創造する量が少なくなれば、完璧な作品に近づける時間がたくさんできるという考えです。 上記のような白黒はっきりさせる考え方に説得力があるのはなぜでしょうか? それは、考え方がシンプルでたいていの場面に当てはまるからです。 しかし、実際には、クオリティが求められる仕事の創作プロセスは、クリエーターやプロジェクトによってさまざまです。 クオリティとクオンティティが対抗するものであると結論づけるのは簡単ですが、実はそんな考え方をする必要がないことは明らかなのです。 作家のスティーヴン・キング氏は先日、New York Timesに発表したエッセイの中でこのことについて言及しました。 まず彼は、500冊以上の著作を持っているにもかかわらず、作品の多くが容易に忘れられてしまう作家数人の名前(もしくはペンネーム)を挙げました。 そして、この法則に関する例外を示しました。 まずアレクサンドル・デュマです。 彼は『モンテ・クリスト伯』および『三銃士』の著者として有名ですが、しかし、これらは250にのぼる彼の作品のうち、たった2冊に過ぎません。 また、 SF作品界のレジェンドであるアイザック・アシモフは、有名な著作がたくさんありますが、全体では500冊を超える本を書いています。 キング氏は言います。 クオンティティがクオリティを保証するなんて正気で論じる者はいないが、クオンティティはクオリティを生み出さないと言うのも、無意味かつ不適当だと思われる。 アートの世界ではクオリティは非常に主観的です。 ビジネス上でも、イノベーション・プロジェクト(革新的な企画)の初期段階などで、主観に相当するものが存在します。 あなたが、今後世界がどう変わるのか考えながらたくさんのアイデアを投げているとき、それらのクオリティは、最終的にどのように評価されるのかわからないのです。 イノベーションが生まれる過程にある、クオリティとクオンティティの関係と関連性には探求する価値があります。 Harvard Business Reviewの記事で、コンサルタントのGary Hamel氏とNancy Tennant氏は、イノベーションについて考えるときには、クオンティティの基準である「インプット」と「スループット(処理能力)」の両方を追跡検証すべきだと議論しています。 「インプット」は、イノベーションに費やされた月ごとの金額および従業員の労働時間で、これには整理前のアイデアが生まれるまでのトータルのクオンティティも含みます。 「スループット」には、アイデアが軌道に乗ったあとのクオンティティとそのクオリティが含まれます。 |Inc. ILAN MOCHARI(訳:) Photo by Shutterstock.

次の

quantidade を 日本語

クオン ティティ 意味

Contents• アイデンティティの意味は何? それでは紹介していきます。 今回は、 アイデンティティの意味についてです! 最近よく耳にするこちらの言葉。 実際、若い人を中心に口にすることも増えてきています。 カタカナ英語として日本語にもかなり馴染んだ印象のあるこちら、あなたは 正しい意味を知っていますか? 私は、 アイデンティティ=個性だと思っていたのですが、どうやら少し違うようなんです。 面白いもので、私達はアイデンティティを口にしているにも関わらず、その意味の詳細を知らないのです。 実はこの言葉、数多くの分野で用いられてる言葉だったのです!• 社会学• 心理学• 日本語 様々な視点から、【アイデンティティ】を分析してみました。 多くの人が勘違いしているその本当の意味、解説していきます。 【アイデンティティ】の意味を辞書で見てみたら・・・ まず最初に、 辞書に書かれているアイデンティティの意味から見ていきます。 辞書には• 自己同一性• 自我同一性• 帰属意識• 主体性 等の単語が書かれています。 また、説明文としては• 自我によって統合されたパーソナリティが、社会や文化とどのように相互作用し合っているかを説明するための概念• 自己が時間や環境の変化に関わらず、連続する同一性のものであること 等の内容が書かれています。 これを一番わかりやすくイメージできる質問が、 あなたは、どんな人間ですか? というものです。 例えばあなたが、100メートルを10秒ジャストで走れたとします。 周りの人たちは当然• 「おまえ本当に足早いよな!」• 「それだけ足が速かったら、走るの楽しいだろうな」 みんながあなたの足の速さを評価してくれます。 ですが、もしこの時あなたが 「10秒切れないなんて、なんて私は足が遅いんだろう」 と思っていたなら、どれだけ他の人がそう思っていたとしても 【足が速い】はあなたのアイデンティティにはなり得ないのです。 周りの人の評価ではなく、あなた自身があなたに対して持っている考え方。 これこそがアイデンティティなのです。 この事は、 周りと自分の評価が今と逆の場合でも言えます。 あなたが50メートルを10秒かけて走る人だとします。 周りの人は、あなたのことを【足が遅い人】と認識するでしょう。 ですがこの時、あなたが 【10秒で走れるなんて、私は足が速いな】 と考えているならば、 足が速いはあなたのアイデンティティになるのです。 そして、あなた自身が思うあなたの考えに沿った行動が出来る。 これこそあなたの アイデンティティが確立している瞬間です! 自分自身がどんな人間か説明できる=自己認識が出来ている これこそアイデンティティの意味であり、真実です! あなたは説明、出来ますか? ちなみに私は【食べるのが好きなのんびり屋】です(笑) 心理学・社会学の視点から意味を分析 さて、アイデンティティの意味が分かったところで、少し専門的な分野における視点からの分析を行います。 実はこの言葉、様々な分野で用いられていて、研究者の間でも認識が別れる所なんです。 その中でも特にこの言葉を多用しているのが 社会学・心理学分野。 この分野における第一人者は、 アメリカの心理学者【エリク・ホーンブルガ-・エリクソン】です。 彼は、 アイデンティティという概念の生みの親とされています。 大学などで心理学を専攻すると、必ず耳にする名前で、私も介護や社会福祉の関係で取っていた心理学講義の際、何度も耳にしました。 彼は、年代別に心理的課題を分類した 【心理社会的発達理論】を提唱した人物で、その理論によると私達人間が年代事に乗り越えるべき心理的課題があるとしています。 段階事の課題を上手く乗り越えられるか否かで、その人の人格形成・アイデンティティ確立に影響が出るとしています。 ちなみに、エリクソンによると 青年期(12~22歳前後)にアイデンティティ形成がなされるとのことです。 この時の課題は【自己同一性の拡散】です。 わかりやすく言うと、 あなた自身の自分のイメージと、他者による自分への評価の違いに悩む時期 と言うことになりますね。 自分が何者か、 しっかりとした自己認識を持てるかどうかが、あなたのアイデンティティ確立に繋がるのです。 特にこの年頃の時は、周りの評価が気になってしまうもの。 同じファッション、同じ言動、同じ行動をすることで仲間意識を持って楽しく過ごすのも青春です。 一生かけてこの課題に悩み、葛藤しながらも自己を確立していく。 この一連の流れこそがアイデンティティの確立であり、 あなたという人間を更に確固たる人物へと変えていくものなのです。 ・・・と言うのが、心理学におけるとらえ方となります。 周りと自分自身の評価、現代では周りの評価に流されがちですが、エリクソンは自分自身の評価を大事にしろと言いたかったのでしょうね。 あなたは、 周りの評価に流されず、しっかりとした自己認識が出来ていますか? 使い方・例題紹介 さて、ここで アイデンティティの使い方について例題を交えつつ紹介していきます。 彼女はアイデンティティをしっかり持ち、それに従い行動している 自己を認識し、しっかりとそれに従っている。 まさに アイデンティティの確立を表す一文ですね!• リレーで負けて、自分のアイデンティティが分からなくなった・・・ 【足が速い】という自己認識が崩れたことによって、 自分自身が分からなくなっている状態ですね。 あなたのアイデンティティは、色白くて美人でしょ? これは、他者が勝手にあなたの自己を決めつけている間違った使い方・・・なのですが、日本語の場合は通常となっています。 外国で生まれた言葉が、日本に入り違った形になっていく。 四季折々の美しさ!これこそ我が国のアイデンティティだ! 日本独自の美しさである四季。 このように、 相手が国であってもアイデンティティという言葉を用いることは可能です。 どうだったでしょうか? 色々な使い方が見て取れたかと思います。 文例から見て分かるように、 色々なケースでこの言葉を使うことが出来ます。 元々はアメリカのエリクソンが発案した考え方であっても、日本に入ってくることによってその意味は変わってきています。 次は、 日本におけるアイデンティティの変わった特徴に焦点を当ててみたいと思います。 何故日本ではアイデンティティ=個性となったのか 私もそうだったのですが、日本人の多くは アイデンティティの意味=個性 と思い込んでいます。 ですが、実際には個性ではなく 【自分が認識している自分像】こそが本来の意味のはずです。 一体なぜ、このような微妙にずれた意味がここまで広まっていったのでしょうか? そもそも英語を日本語に和訳するのは、かなり難しいものがあります。 英語と日本語とでは、そもそもの言葉の持つ意味が変わってきてしまうため、精密な略をすることは難しかったためです。 アイデンティティと言う言葉が日本に入ってきた当初、 完全に訳することが出来ず、結果として似たような概念である【個性】と言う意味へと姿を変えていった。 と推測できます。 そもそも、 自己認識と言う言葉自体、理解が難しいところではあります。 確かにざっくりとした意味では、 自己認識=自分の個性を理解することでもあるため、このような薬でも完全に間違っているとは言えません。 実際、心理学者・社会学者であってもアイデンティティの完全な説明は難しく、その言葉を私達一般人にまで広めていくとなると、そのハードルは高いと言わざるを得ません。 簡単かつわかりやすく、日本でアイデンティティという言葉を普及していく中で、 自然と日本人であっても理解できる概念【個性】へと姿を変えていった。 コーポレートアイデンティティ• ナショナルアイデンティティ• 関西人アイデンティティ• アイデンティティクライシス これら全て、実際に使われている言葉です。 まず、 コーポレートアイデンティティ。 これは、マークやロゴ・ブランド名等一目見ただけでその会社だと分かるものを指す言葉です。 わかりやすいところで TOYOTAの車のマーク ローソンの看板 グッチの商品 等ですね。 どれもとってもわかりやすい、それこそ 一目見ただけでその会社の商品だと分かるものばかりです。 ナショナルアイデンティティは、 国民としての自己認識を指します。 他国の人たちを見渡した後で、自分が自国の国民であるという認識が出来ていることとなります。 自分がある組織に属しているという意識のことを【帰属意識】と言います。 その代表例が 関西人アイデンティティとされています。 東京で暮らしていた関西人の方が、久しぶりに関西に帰り地元で関西弁でおしゃべりをする。 この時、テンションが上がったり、何とも言えない安心感を感じるはずです。 まさに、アイデンティティ(自我)のクライシス(危機)ですね。 この状態にはなりたくないものです・・・ アイデンティティを確立しよう! 今回は、 アイデンティティの意味や使い方などについてお伝えしていきました。 日本語では【個性】と訳されがちですが、 実際には少し意味合いが違います。 あなたはどんな人間ですか? この質問の答えこそがアイデンティティであり、 しっかり答えられるあなたは既にアイデンティティが確立されていると言うことです。 周りの評価に左右されず、あなた自身が評価する自分像を確立し、それに沿った行動を行う。 文字にすることは簡単ですが、これが出来ない人が現代人に増えているのが実情です。 周りの目は、確かに気になりますよね。 相手によく見られたいと考えるのは当然ですし、そのために 【相手がイメージしている私】を演じている部分もあるかと思います。 ですが、それにのみ固執してしまうと、最も肝心な 【あなた自身がどんな人物か】と言う点が、あなたの中でドンドン希薄になってしまいます。 周りの声が何であれ、 あなたが思うあなたこそが、アイデンティティなのです。

次の