ミーユエ あらすじ 67 話。 中国の戦国時代ドラマ芈月傳 67話あらすじ 新秦王

BS12「ミーユエ 王朝を照らす月」第56

ミーユエ あらすじ 67 話

(c)東陽市花児影視文化有限公司 義渠君がユエの身代わりに!豪華絢爛中国歴史エンターテイメント、BS12 TwellVにて放送の「ミーユエ 王朝を照らす月」(全81話)本日深夜12月16日(月)からの第66話~70話のあらすじを紹介!Youtubeにて予告動画が公開されている。 ユエは穆辛に簪を渡し、庸芮と魏冉の他、虎威に教えてもらった咸陽の毛皮商を訪ねて救いを求めるよう伝える。 知らせを聞いた義渠君はユエを救出し、草原へと連れて帰る。 ユエの体の蠱を別の体に移すため、義渠の男たちの中から義渠君が選ばれる。 無事に回復したユエは、白起から義渠君が身代わりになったと聞き、慌てて義渠君のもとへ行く。 生死の境をさまよう義渠君は、ユエが自分の女になると聞くと最後の力をふりしぼり一命を取り留める。 稷の王位奪還のため、ユエは自分がおとりとなり王宮に乗り込む計画を立てる。 羋姝はユエが義渠君に捕らえられたという知らせを受け、大量の金品を交換条件に身柄の引き渡しを要求する。 義渠君は自らユエを咸陽に護送し王宮に赴く。 宣室殿で羋姝とユエ、魏夫人と武王后の三つ巴の戦いが始まろうとしていた時、樗里疾と司馬将軍らも登場する。 樗里疾はユエの簪に隠されていた遺詔を読み上げ、稷の王位継承を宣言する。 しかし、いまだ公子らによる内乱は続き、函谷関外に兵を駐屯させる各国は秦の混乱に乗じて侵攻をもくろんでいる。 羋姝は華と手を組み、華の本拠地である雍に身を移す。 羋姝は華に王位を約束し、守旧派の支持獲得を狙い旧制度の復活を宣言する。 華は羋姝から命を受け他の公子らと咸陽討伐に向かう。 ユエは義渠の兵や白起らにこれを迎え撃たせると同時に、各国の使者を呼んで交渉を試みることにする。 ユエの失脚をもくろむ甘茂は、独断での決定を非難し摂政から退くよう迫るが、逆に激しく叱責され右相の職を辞任する。 樗里疾を訪ねた甘茂は、旧制度を復活させれば公子たちの反乱も収まり、諸国の標的の的とならずに済むと説く。 しかし樗里疾は変法の堅持こそ秦の発展の道と主張し、甘茂を追い返す。 翌日、仮病で朝議を欠席した甘茂派の臣下に対し、ユエは職務怠慢を理由に罷免を申し渡すのだった。 ユエが義渠君をなだめていると刺客の襲撃に遭い、矢を受けた義渠君は重傷を負う。 刺客の黒幕が羋姝と華だと分かり、ユエは兵士を集めて訓戒を行う。 功績に必ず報いることを約束したユエに、兵士たちの士気は大いに高まり、刺客を手引きした蒙驁も罪を認め忠誠を誓う。 甘茂は咸陽を去り、羋姝と華のいる雍に移る。 同じ頃、ユエは華に帰順を説得させるため、魏夫人を雍へ送り込む。 26-08.

次の

中国の戦国時代ドラマ芈月傳 67話あらすじ 新秦王

ミーユエ あらすじ 67 話

どれだけ問い詰めても遺詔のありかを言わない夫人に苛立ち、 姝 しゅは北の離宮に火を放つ。 ユエをあぶり出そうというのだ。 もう少しで司馬将軍と落ち合えると言うときに、ユエは魏夫人の差し向けた兵に連れて行かれる。 目を覚ますとユエは後宮に、目の前には魏夫人と 魏頤 ぎいがいた。 彼女たちは心配するふりをしているが目的は遺詔だ。 魏夫人は賢いユエに遠回しな手は聞かないと考え直接遺詔について訪ね協力しないかと持ちかける。 稷を王として、華を摂政に、さらに魏頤の子供を太子にしようと目論んでいる。 ユエは終始、遺詔については知らぬ存ぜぬで通した。 魏夫人と魏頤は巫術師の老婆を呼び蠱術を使ってユエから遺詔の在り処を聞き出そうとする。 食事によって蠱を体に入れられたユエは、体中の痛みに耐えながらも脅しには屈しない。 ユエが魏夫人に投げつけた書簡があたり、解毒薬は水の中に落ちてしまう。 ユエが助かる手立てが消えた。 蠱術ってなあに 本編に出てきたおばあちゃんによれば、「食事に仕込んで食べさせ、三刻すると発作を起こします。 初日は心肺が破れるほどの痛み、二日目には発作が2回骨の髄まで痛みます、三日目には発作が三回痛みを止めるには虫を駆除するための解毒薬が必要です。 」 だそうで…まあ口から食べる時点でとってもフィクション! なんか寄生虫の類なのかなあと思ったけど生体なら死んじゃうよね。 やっと秦に戻ってきたのに全然進まない! ミーユエ|第66話「身代わり」あらすじ・ネタバレ感想• 魏夫人は解毒剤が無くなったため、半月後に意識をなくし言うことを聞くようになるという巫術師の言葉通り待つことに。 ユエのもとに穆辛が現れる。 蠱に侵されたユエを助けたいが摯先生は流れ矢に当たって亡くなっておりどうする事もできないという。 ユエはかんざしを穆辛に預け、咸陽 城東の毛皮商を訪ね 義渠 ぎきょ君に連絡をとってくれるよう頼む。 瀕死のユエを 義渠 ぎきょ君と白起が助けにやって来る。 義渠 ぎきょに着いたユエは老巫を持ってしても治すことができないほど深刻な状況だという。 白起は自分の命と引換えでもいいから姉を助けてくれという。 ユエを救うため蠱毒を移されるものを選ぶことに。 老巫の持つツボから黒豆を引いたものが身代わりとなる。 選ばれたのは 義渠 ぎきょ王・ 翟驪 たくりだった。 儀式によりユエは助かる。 白起の持っていたかんざしはユエのもとに。 しかし、引き換えに 翟驪 たくりが苦しんでいることを知る。 ユエは瀕死の 翟驪 たくりに「生きてくれたらあなたの女になる」と誓う。 虫を追い出す儀式により、 翟驪 たくりと老巫は意識を失う。 取り憑かれた演技がやばい こんなに演技のうまい女優さんわいしらない… ていうかあの、「俺の愛する女だ」だって…ふひゅひゅ… これがもし泰王だったら身代わりになるなんて絶対しないんだよなあ。 ミーユエ|第67話「起死回生」あらすじ・ネタバレ感想• 明け方、 義渠 ぎきょ君 翟驪 たくりは目を覚ます。 側で眠るユエの髪を撫でると目を覚ました彼女に微笑みかけた。 これで一安心だ盛大な婚儀をあげてやろうという虎威将軍に老巫は怒る。 義渠 ぎきょ君は、ユエと稷に泰を取り戻してやると宣言する。 ユエは泰を取り戻すために、自らが囮となって王后に捕まる計画を立てる。 義渠 ぎきょ君はユエのために東鹿公主を里に返す。 見返りを山程持っていかれたらしい。 恵后はユエと引き換えに大量の金子と食料さらに領土を 義渠 ぎきょによこした。 残りは後で渡すという社錦将軍に虎威は、それなら人質と引き換えに俺たちが咸陽まで取りに行くと申し出る。 王宮では恵后が待ち構えていた。 甘茂は 義渠 ぎきょ君との対面に備え兵に周囲を囲わせることに。 ユエと対面した 姝 しゅは、咸陽は全て自分のものだ負けを認め膝をついて謝れという。 そんな中で、 姝 しゅのもとに魏夫人と魏頤から贈り物が届けられる。 中にはいっていたのは荘公子の着物。 彼は前日に王宮を出てから行方不明になっている。 どうやら馮甲が裏切ったらしい。 そこに魏夫人と魏頤が現れる。 馮甲はこれから生まれる新王についたのだ。 魏夫人は 義渠 ぎきょ君に一万金を上乗せするから取引しないかと持ちかける。 揉めに揉める 姝 しゅと魏夫人を見ていた 義渠 ぎきょ君は高笑いし、馮甲を背信の罪に問い舌を抜いて晒し者にしろと虎威に連れて行かせる。 更に今度は 樗里疾 ちょりしつと司馬将軍が、「恵文王の遺詔を布告し新王を迎える」と。 樗里疾 ちょりしつはユエが嬴夫人から受け取った、かんざしの中に隠されていた恵文王の遺詔を読み上げる「我が子、嬴稷は徳量寛大にして品行方正、聡明叡知である、ここに稷を王位につかせる」• 王として現れた稷を見ても絶対に認めないという恵后だが、 樗里疾 ちょりしつが支持したこと甘茂が引くように行ったことでその場を後にする。 最初の場面の虎威可愛すぎるでしょ イチャイチャしてるうしろでめっちゃあたふたしてるのほんまかわいいwなにあれ 蠱で心まで弱っちゃったのか完全に恋する女になっていたユエに、 「お前が 黄歇 こうあつ殿を振り、秦へ戻った理由はなんだ」 と問いかけてくれる 翟驪 たくり様は素晴らしい君主です。 すいません、大王です!!! 東鹿公主って結局出てきた?名前もなんかユエと 翟驪 たくりが嫁もらったんでしょ!みたいな会話で2回くらいしか聞いてない。 残念だなと思うのは、この場に 張儀 ちょうぎがいなかったこと。

次の

ミーユエ 王朝を照らす月 あらすじ全話

ミーユエ あらすじ 67 話

昨日の上海はめっちゃ寒かったです。 私はぶらぶらしてましたが、 外に出ている人もとても少なかったですね。 今回は注目の一話です。 芈月传 67話朝、义渠王は目覚めます。 そばで寝ている芈月の髪をなでます。 そして二人で抱き合います。 それを見ていた虎威は老巫を連れて部屋から出ていきます。 义渠王は結婚の祝いに芈月に秦国をあげるといいます。 話しの途中でしたが、魏冉が芈月にに会いに来ます。 芈月は魏冉と話をし、咸阳の状況を聞きますが、魏冉達の軍隊はそれほど多くはないようです。 無血入場する方法を考えるという芈月、魏冉に芈月は义渠につかまったという情報を流させます。 芈姝は相変わらず機嫌が悪いです。 良い知らせがないからですが、甘茂から芈月の消息が分かったと聞き喜びます すぐさま大金を用意して义渠王に芈月を渡せと交渉をしかけます。 回復した义渠王と芈月は草原を歩きながら話をします。 义渠王は芈姝都の交渉の事を芈月に話します。 芈月はそれじゃ足りないので土地も貰えと义渠王に話します。 その時魏颐と魏琰は魏颐が子供を産む前に芈姝が強硬に嬴壮を王にするのではないかと心配して、計画をしかけます。 嬴壮を拉致する計画です。 杜锦が义渠にやってきます。 芈姝側は条件をすべて飲んだようです。 しかし残りの金がもらえるか不安だと文句を言い、自らが兵を率いて咸阳まで芈月を送り届けると話します。 杜锦は仕方なくOKします。 芈姝と芈月はついに再開します。 芈姝は芈月を即刻殺すつもりです。 私に許しを請えば楽に死なせてあげるという芈姝。 芈月はあなたはもともと悪い人ではなかったが、権力に取りつかれて、ここまで来てしまった。 しかし勝ったとおもうのはまだ早いと芈姝に話します。 生意気な口を利く芈姝を珊瑚に叩かせようとしますが、 义渠側は芈月はまだ自分たちのものだといい手を出させません。 すると芈姝のところに魏琰から贈り物が届けられます。 甘茂が贈り物を確認すると中身は嬴壮の服でした。 芈姝は冯甲に誰がやったんだと話します。 そして冯甲は自分がやったと話します。 そして私はとっくに魏颐に忠誠を誓っていると話します。 そして冯甲は魏琰と魏颐を入殿させます。 魏琰は魏颐に子供がもうすぐ生まれるといい、芈姝に権力を手放せと話します。 芈姝はあんたらはそんなことは考える必要はないと暴れます。 一触即発になりそうな所、义渠王が、じゃあそろそろ我々も動くといい、手始めにその冯甲を殺すといいます。 魏颐は冯甲には主人がいるといいますが、义渠王はなら主人毎殺すといいます。。 ころ合いかと思った义渠王は樗里疾を呼びます。 樗里疾、司马错らが、兵や家臣を引き連れて入ってきます。 芈姝は何しに来たと話しますが、樗里疾は遗诏を読みに来たと話します。 魏琰はたとえ遗诏が会ってももうすぐ魏颐が子供を産むということを忘れるなと話します。 しかし、芈月がじゃあ肝心の子供はどこにいるのだと話します。 嘘の妊娠がばれた魏颐。。。 それを知った芈姝もうろたえます。。。 樗里疾は芈月に遺書を出すように話します。 遺書は芈月の髪飾りの中にありました。。 樗里疾が遺書を読みます。 嬴稷を王にするという内容です。 そして嬴稷を入場させます。 嬴稷は芈姝と魏琰、魏颐を部屋に戻るように命令します。 芈姝は私の許しがない限り王とは認めないと話します。 樗里疾は私は先王の遺書、これをずっと待っていたと話します。 芈姝は甘茂に助けを求めますが、甘茂は体制は決したと話し、芈姝に部屋に戻るように話します。 芈姝は去り際に芈月に捨てゼリフを吐いて去っていきます。 秦は新たに嬴稷が王となりました。

次の