タイ 語 単語。 タイ語と似てる中国語の言葉

タイ語と似てる中国語の言葉

タイ 語 単語

あなたは外国語の単語を覚えるとき、 どのようにして覚えていますか? 単語帳を買ってきてそのまま覚える、• 会話集に出てきた単語を順に覚える、• タイ人と会話で登場した言葉を覚える、 …等々、 「単語の勉強」と一口に言っても、 その覚え方は、人によってさまざまです。 タイ語の単語学習で絶対にやってはいけない覚え方 ここで重要になってくるのが、 単語の「覚え方」です。 覚え方を1つ間違えてしまうと、 「何時間もかけて単語を勉強したのに、結局、数個しか覚えられなかった」 ということになり、 同じ勉強時間であっても、 成果にはかなりの差がついてしまいます。 そこで今回は、 タイ語の単語学習の際に、 絶対にやってはいけない3つの覚え方を、ご紹介します。 英語で言うと、 「Aから順に覚えていく」 という事ですね。 はっきり言って、 これは最悪です。 まず、 アルファベット順に並んでいる単語には、 意味のつながりがありません。 ただただ順番に並んでいる、 というだけです。 しかも、 使用頻度が高いものも低いものも、 ごちゃまぜです。 ですので、 使用頻度も高くなく、 意味のつながりもないバラバラの単語を、 機械的に覚えていく、 という作業になってしまいますから、 これではほとんど頭に入りません。 ですので、 語学の勉強の際、 「アルファベット順に覚えていく」というやり方は、絶対にやっていけません。 タイ人との会話で耳にした言葉を、片っ端からメモって覚えていく 「会話で聞いた単語を、 その場で覚える」 というのは、一見すると、 なかなか効果的なように見えます。 しかし、 そこにも落とし穴があります。 「会話で聞いた単語をその場で覚える」 というやり方は、 タイに住み始めの人に多いケースです。 つまり、タイに住んでいるうちに、 タイ人の恋人や友人ができて、 彼らタイ人が、 会話の中で自分に教えてくれた単語を覚えていく、 というやり方です。 一見すると効率が良さそうですが、 そもそもタイ人の多くは、 「どのように単語を覚えるのが効率が良いか」 などということは、 絶対に考えてくれません。 ただただ、 目の前に登場したものや、 その時に食べているもの、 その時に使っているもの、 これらを、順不同に、 思いついたまま、 教えてくれるだけです。 例えば、 あなたが友人たちといっしょに、 レストランで食事をしていて、 そのとき、彼らがあなたに 「スプーン」 という単語を教えてくれるとします。 あなたは、それを何回か復唱して、 「スプーン」を覚えることはできます。 しかし、その直後に、いきなり犬が現れ、 同席していた友人は、 「犬」 という単語を教えてくれるかもしれません。 そして、 あなたが「犬」を練習しているとき、 突然雨が降ってきたら、 こんどは 「雨」 という単語を、 教えようとするかもしれません。 何が言いたいのか、 もう分かりますよね。 この覚え方は、 タイ人との会話の中で学習している分、 発音や使い方など、 多少は効果があるかもしれませんが、• その記憶が持続するかどうか• 語彙量が増えるかどうか というと、 かなり心もとないです。 なぜなら、 「スプーン」のあとに「犬」を暗記しようとすると、「スプーン」を忘れてしまうからです。 また、 あなたに「犬」という単語を 教えてくれた友人は、 おそらく翌日、 そのことを覚えていません。 効率のよい学習法、 という観点から言えば、 「犬」という言葉を教えた翌日は、 「猫」を覚える、 など、 できるだけ意味のつながりがある単語を 覚えていった方が定着しやすいのです でも、 教える側は、いちいち会話で そんなことを考えませんから、 結果的に、 あなたのメモ帳は、全く意味のつながりがない、バラバラに並んだ単語リストになってしまうわけです。 「そんな面倒臭えことしねーよ」 と、思うかもしれませんが、 やっている人は、けっこういます。 特に、タイに来ると、日タイ辞書よりも、英タイ辞書のほうが、値段も安く、入手しやすいですから、 「とりあえず、英語ータイ語のテキストで勉強してみよう」 というやり方をする人は、意外に多いんです。 これは、 「手頃な日タイ辞書が手元にない」 という人が、ついついやってしまいがちなのですが、 手間がかかる上に効果が薄く、無駄が多いので、できればやらないようにしましょう。 理由は、 英語の頻出語リストと、あなたが覚えるべきタイ語の頻出語リストとは、単語の性質がまるで違うからです。 例えば、 英語の単語リストや、 英語ータイ語のアプリには、 コーンフレーク、 ミートローフ、 レモネード、 ジンジャーエールなど、 アメリカ人が日常的に使っている言葉が 載っていることが多いです。 例えば、 「ステーキはミディアムで」 なんていう例文が、載っていたりします。 しかし、 これらはことごとく、 タイでは珍しいものです。 それをタイ語に訳したところで、 タイで使う機会はありませんし、 そもそもそれに対応するタイ語がない、 ということの方が多いです。 仮に、 英語の得意なタイ人に、 「ジンジャーエール」 のタイ語訳を聞いたところで、 「タイ語には訳せません」 と言われるだけです。 これは、非常に重要なポイントです。 タイ語を覚える以上、 タイ人の生活で使われている単語を覚えなければ、意味がありません。 しかし、 西洋人が作った「英タイ辞書」や、「英タイアプリ」というものは…、 「この英語を、タイ語では何と言うか」 という発想で、作られていることが多いです。 先の「ステーキはミディアムで」なんていうのは、その典型です。 結果として、 その辞書やアプリは、 「アメリカで、アメリカ人が使用する英単語のリストを、タイ語に直しただけのもの」 になってしまい、タイの日常生活でほとんど使わないような、単語リストになってしまうわけです。 まとめ いかがでしたか? 今回は、「タイ語の単語を覚えるときに絶対にやってはいけない3つの覚え方」と題し、• アルファベット順に覚えてはいけない• タイ人との会話で登場した単語を、片っ端から覚えようとしてはいけない• 英単語帳や英タイアプリなど、英語が元になったリストで、タイ語を覚えようとしてはいけない の3つを、ご紹介してきました。 タイで、これらのやり方でタイ語を勉強している人は、意外に多いのですが、 いずれも、 かなり効率が悪いです。 これらを踏まえた上で、 では、どういう覚え方が最も効率がいいのか。 それは、先日、 でも紹介したように、 食べ物や飲み物など、 意味の繋がりごとにカテゴリで分けて、 自分に関心のある単語を優先的に覚えていく、 というやり方です。 単語の学習の際は、• 「意味のつながり」• 「自分の関心」 この2つを軸にするのが、最も効率が良い、 というのが、私が20年間のタイ語生活で得た結論です。 逆に言えば、 今回ご紹介した、 やってはいけない3つの覚え方は… いずれも、 意味のつながりがなく、 自分の関心も少ない、 ということなんです。 さて、現在、 あなたのタイ語の語彙量は、 順調に増えているでしょうか? もしも、 あなたの語彙量がなかなか増えていなくて、 「ひょっとしたら自分は、効率の悪い覚え方をやっているのかもしれない」 と気づいたなら、すぐに軌道修正して、効率よく、タイ語の単語覚えていきましょう。

次の

タイ語基礎講座一週間で覚える単語帳Vol.20

タイ 語 単語

〈目次〉 1. 「~と~は同じ」といった感じです。 なので、主に値や数字が同じ、等しい場合に使います。 例文 ・私と彼は同じ年齢だ。 ちなみに「ポー」単体の場合「もう十分」という意味を持つ言葉になるので、くれぐれも「ポー=ほぼ同じ」と覚えないように注意してください。 例文 ・私と彼の給料はだいたい同じです。 最後に 以上、今回はタイ語で「同じ」という意味を持つ4つの単語の使い方を解説しました。 いかがだったでしょうか? 1度勉強して覚えたつもりでもタイ語には「同じ」という意味を持つ言葉が複数あるので、どれをつかって良いのかが分からなくなる場面があると思います。 そんな時は本記事を見返してもう一度解説を読んでみてください! 今回も読んで頂きありがとうございました。 また、「タイについてもっと知りたい」、「タイでキャリアアップがしたい」そんな思いはありませんか?.

次の

タイ語の単語帳アプリ ”私の読み上げ単語帳”

タイ 語 単語

こんにちは! 本日もタイ語関連、最後は単語です! 単語って、結局暗記でしょ… というあなた、まあそうなんです。 が!ちょっとした工夫で、スキマ時間でさくさく覚えられるんです! 私もこの方法で単語を900個近く覚えて、2ヶ月でタイ語検定5級に合格しています。 おすすめですのでぜひ参考にしてみてくださいね。 ちなみに前2回はこちら>>>• 用意するもの いつものキクタン SmaTan 下準備 まず、SmaTanに単語を書き写します。 こんな感じ。 (実物なくしちゃったので公式から引用) 全体をアプリでスキャン。 するとこんな風に単語カードができます! 100とか120くらいずつ、フォルダにすると反復しやすくておすすめ。 具体的な使い方 まず、普通にやります。 このとき、 うーんと考え込むのは3秒まで。 浮かばなければタップしてすぐ答えを見て、バツの方にスワイプします。 終わったら バツだったやつだけもう一度。 (バツのやつだけ抽出できる) これで バツがなくなるまでやります。 これが1サイクルです。 どうですか?覚えよう!と思うと苦痛ですが、 ゲーム感覚でパッパッとやりましょう。 繰り返せばぜっっったいに覚えます。 シャッフルしてもうひとサイクル。 またシャッフルして、今度は日本語からタイ語でもうひとサイクル。 計3サイクル。 これでほぼ瞬間的にわかるようになったと思います。 なってなくても大丈夫。 あとは、その日以降、 通勤や信号待ちなどのスキマ時間にひたすらやりましょう! 忘れてても大丈夫!また覚えられます。 まとめ 決して、覚えよう覚えよう…!とは思わないこと! パッと見てパッと言う。 ダメなら答え見て飛ばす。 これが楽に暗記できる秘訣です。 これをシャッフルしながらやるには、紙の単語カードだと大変なんです。 いやー本当にぺんてるさん、素晴らしい商品をありがとうございます! 全部デジタルじゃなくて手書きってのも良い。 書く時点で覚えやすいし、注意点とかも書き込める柔軟性があります。 そもそも発音記号はパソコンだと出しかたわかりません笑 こういう風に、英語でいうと?とかを併記も自在だし、自由度高いです。 科学的にも、何度も触れた方が長期記憶に残りやすいことがわかっています。 テスト用の一夜漬けではなく、どうせなら話せるようになりたいですもんね! じぇーおすすめのこの方法、ぜひお試しください! それでは。 関連記事>>>.

次の