リッチ メニュー デザイン。 リッチメニュー|LINE for Business

機能にない?トーク画面のリッチメニューから電話をかけられるようにする方法|LINE公式アカウント

リッチ メニュー デザイン

LINE のリッチメニューを使うことで、決まった場所へメニューを表示しておけるため、あなたが見せたい情報を一目で確認してもらえたり、友だち側が知りたい情報を素早く届けることが可能になります。 通常のトークと違い、テキストや画像が流れることもなく、トークルームの下側に複数の動線を組むこともできますので、有効活用したい機能になります。 リッチメニューとは リッチメニューとは、トークルームの下側に表示される固定されたメニューです。 事前に設定したキーワードに応答させることができ、複数の分割された画面にURLを埋め込むこともできます。 メッセージのやり取りをしなくても、トークルームを開くとに常に表示されるため、ユーザーが求めている情報を表示しておくとLINE から自社のサイトへ効果的に誘導できます。 LINE のリッチメッセージを使うには1点注意があります。 それは、ベーシックプラン以上からでないと利用できないことです。 リッチメニューは、友だち登録してくれたユーザーとやり取りをするトークルーム上(キーボードが表示されるエリア)に表示される メニューです。 文字だけではわかりづらいのでそれぞれの違いを画像で説明します。 リッチメッセージは吹き出しとして表示されるため、次のメッセージが届くとスクロールしないと見ることができません。 LINE のリッチメニューは、メッセージではなく常に手前に表示されています。 (非表示にすることも可能)それぞれの違いを理解いただけたでしょうか。 例えば、「店舗一覧」「クーポン情報」「お問合せ」などのメニューを用意しておくと、ユーザーはLINE のアカウントを開くだけでこの情報を確認できます。 ユーザー自身がHPへアクセスして探す手間が省けるため、LINE のトークルームがユーザーと外部リンクへの 新たな窓口となりクリックされる率が上がります。 また、あらかじめ問い合わせが多い内容は、リンク先で自動応答で対応できるよう設定しておけば、運用面での手間も省くことができます。 その他にも「今一番売れている商品」「ユーザー満足度1位」等のおすすめ商品をリッチメニューで紹介されていると、ユーザーは言葉の響きと画像を見てよいイメージをもってくれやすくなります。 そうなると、そこからクリックされ購入される可能性が高くなります。 リッチーメニューは上手く使えば、 とても優秀な営業マンになってくれます。 しかし、そのためにはお客様の求めているものを、事前にしっかりとリサーチする必要があります。 作成方法 リッチメニューの作成方法を説明します。 複数のURLが設定できるので、どのURLがよくクリックされるかを確認し少しづつ改善していく。 リッチメニューを少しづつ育てていくイメージです。 そうすると、あなたのアカウントのリッチメニューは、優秀な営業マンへと成長し自動的に売上を上げてくれる、頼もしいツールへと変わるでしょう。 上手くいくまでは時間がかかりますが、しっかりと改善を続けていけば誰でもこのように売上を上げる仕組みを作ることができます。 ぜひ、お試しください。

次の

LINE公式☆リッチメニューデザインいたします くすみ・ニュアンスカラー、オトナ女子デザインお任せ下さい♡

リッチ メニュー デザイン

この記事では、リッチメニューについてご説明いたします。 このページの一番最後に、約600アカウントのLINE公式アカウントに登録して、各社が作っているリッチメニューの事例を集めました。 よければそちらのページもご覧ください。 リッチメニューとは、トーク内の画面下部に表示される固定のメニューのことです。 分割されたリンク付きの画像を貼り合わせて構成されており、画像をタップすると、外部サイトへの誘導や、事前に設定したキーワードの送信が可能になります。 通常のテキストと比較して視認性に優れており、複数の導線を用意できるなどのメリットがあります。 LINE は、2019年4月より「LINE公式アカウント」という名前に変更になりました。 現在は、LINE とLINE公式アカウントの二つが共存しております。 2020年の2月からは、LINE公式カウントに強制的に移行されます。 そのため、本記事では、LINE公式カウントでのリッチメニューについて説明しております。 また、来店予約やLINEでコンタクト受け取りなど、日常的に使用する商品だからこそ簡単にさくっと購入してもらえるような工夫がされています。 はじめに、LINE公式アカウントにログインして、左側のメニューから 「リッチメニュー」を選択します。 ログイン後は、右側の 「作成」を選択すると、新たなリッチメニューが作れます。 「作成」を選択後、様々な設定メニューがありますので、ひとつずつ説明していきます。 表示設定 表示設定は5つの項目から構成されています。 タイトル タイトルはユーザーに表示されません。 管理用として利用します。 複数のリッチメニューが作れるので、ナンバリングやカテゴリなど管理しやすいタイトルを入れましょう。 ステータス ステータスはリッチメニューの表示のオンとオフの切りかえができます。 リッチメニューを複数つくってもユーザーに表示できるのはひとつのメニューだけです。 表示期間 リッチメニューの表示期間を設定できます。 ステータスでオンにするリッチメニューは、表示期間を設定する必要があります。 メニューバーのテキスト メニューバーとは、リッチメニューの下部に設置されるボタンのことです。 デフォルトの状態では「チェック」というテキストになっていますが、好みの内容に変更可能です。 メニューのデフォルト表示 メニューのデフォルト表示を「表示する」と設定しておくと、トーク画面を開いたときにリッチメニューがすでに表示された状態になります。 「表示しない」と設定すると、ユーザーがメニューバーをタップしてからリッチメニューが表示されます。 コンテンツ設定 表示設定を済ませたら、コンテンツ設定に移ります。 コンテンツ設定では、リッチメニューに表示する内容を具体的に決めていきます。 まずは「テンプレートを選択」から好みのテンプレートを選びます。 試しに、「大」の下段、真ん中のテンプレートを選んでみます。 アクション欄が2区画分表示されます。 「タイプ」では、「リンク」「クーポン」「テキスト」「ショップカード」「設定しない」のいずれかをプルダウンメニューから選んでください。 リンク(HPやYouTube、各種SNSなどのリンクに飛ばします)• クーポン(作成したクーポンの表示。 テキスト(指定エリアにテキスト入力します。 ショップカード(LINE公式アカウント専用のポイントカードを作成します。 設定しない(デザインとしてあえて空白にしない場合に使用します。 ) 「背景画像をアップロード」は、任意の画像をアップロードしてリッチメニューの背景に設定できます。 テンプレートのサイズに応じて、あらかじめ画像の準備が必要です。 なお、アップロードできるのは以下のサイズです。 「デザインガイド」を選択すると、リッチメニュー用の画像ガイドがダウンロードできます。 ダウンロードしたデータには、「Compact」(「小」サイズ用)と「Large」(「大」サイズ用)のファイルがあります。 フォルダ内の「Medium」サイズが一般的な端末向けです。 ユーザーの多くはスマートフォンでリッチメニューを開くことが想定されます。 「画像を作成」では、テンプレートにあわせた画像が簡単に作成できるようになりました。 「イメージメーカー」と呼ばれ、 仕上がりをプレビューで確認しながら進めることが可能です。 以上で、リッチメニューの作成は完了です。 リッチメニューには何を表示すればよい? リッチメニューは、最大で6分割のメニューを作ることができます。 どんなメニューを入れるとよいのか? 様々なお店や会社のリッチメニューを調査してみました。 販売している商品や提供しているサービス、お店の戦略によって何を選ぶかは変わってくると思いますが、下記のようなメニューを入れてみてはいかがでしょうか? リッチメニューは常に固定しておきたいリンク先や情報を載せるとよいです。 ホームページにリンクしたり、メニューを押すと自動応答メッセージが表示されて、アクションを促すといったことも可能です。 <お得情報> ・クーポン ・お得情報 ・新商品 ・特集 ・お知らせ ・イベント情報 <申込・質問・相談> ・相談 ・よくあるご質問 ・お問い合わせ ・資料請求 ・申込 ・予約 ・見積もり ・電話をする ・メニュー、料金表 ・マニュアル <採用> ・採用情報 ・スタッフ募集 <SNSやメディア> ・Facebook ・Instagram ・Twitter ・Youtube ・公式サイト ・ブログ <お店情報> ・店舗案内、アクセス ・地図 ・ショップカード ・会員ページ ・会員証 ・お客様登録 お客様情報変更 <検索> ・商品を探す ・物件を探す ・店舗検索 <その他> ・アンケート ・診断 リッチメニューの課題 今回ご紹介したリッチメニューは、視覚的にアピールすることができるので、自然とメッセージを送った友だちの反応率が上げることができます。 友だちに対して、特別なメッセージやプレゼントを送ったり、問い合わせ対応や他のSNSに誘導するなど、色々な使い方ができるのがリッチメニューです。 リッチメニューはこういったことができるのですが、 ただし既存のリッチメニューには課題があります。 それは! 設定すると 「友達登録している方全員に同じリッチメニューが表示される」ということです。 リッチメニューを使っていると、こんなことができたらいいなと思ってきます。 それは、 ・すでにお客さんになっている方には、別のリッチメニューを表示させたい ・新規のお客さんと、既存のお客さんとで表示させるリッチメニューを変更したい ・イベント参加者だけには別のリッチメニューを表示させたい ・LINEで何かアクションをした人だけリッチメニューを表示させたい ・何かアクションが終わった人にはリッチメニューを消したい など、 リッチメニューでもう少し応用ができたらいいなと思いませんか? これができれば、 リッチメニューを使ってもっと売上を上げたり、リピート客を増やしたりすることができます。 それを実現するのが、LステップというLINE公式アカウント(旧:LINE )に連動することができるツールです。 このツールを導入すれば、もっといろいろなリッチメニューの使い方ができ、売り上げや集客アップができますし、LINE登録しているお友達にいろいろな企画を楽しんでもらうことができます。 割引クーポンや、シークレット特典などにも応用ができますし、お客さんのレベルに応じた表示にして、ロイヤルカスタマーを育てることもできます。 こういったリッチメニュー応用が使えるのは、Lステップのスタンダートプランです。 Lステップには、まだまだいろいろな機能があります。 グループ分け配信やアンケートフォーム機能、ステップ配信など。 様々な機能がありますので、LINE公式アカウントを使っている方はぜひチェックしてみてください!.

次の

【LINE@】リッチメニュー運用マニュアル。これを読めばリッチメニューのについてわかります!

リッチ メニュー デザイン

LINE でを作成する上で欠かせない機能にリッチメニューがあります。 非常に便利で強力な機能なのですが、メニューに使用する画像を用意する必要があります。 絵心の無い私にとっては、ここが一番のハードルだったりします。 ということで XamlRichMenuMaker LINE のリッチメニューをでデザインして、そのままLINEサーバーへアップロードできるツールを作りました! プロジェクトをで開いて使用します。 リッチメニューのデザインをで行います。 デザインが完成したら、プロジェクトをビルドし、アプリケーションを実行すると「リッチメニューの画像」と「アップロード用の」が自動生成されます。 あとは「Create Rich Menu」ボタンをクリックしてLINEサーバーにアップロードするだけ! 使い方 ソリューションを取得する まずはXamlRichMenuMaker のソリューション一式を取得します。 からCloneしてくるのが手っ取り早いです。 git ソリューションを開き、デザイン用のファイルを作成する• 2017 で XamlRichMenuMaker. sln を開きます。 xamlをコピーします。 コピーしたファイルを任意の名前にリネームします。 ファイル名を右クリックしてプロパティを開き、ビルドアクションを「なし」出力リにコピーを「常にコピーする」に設定します。 このファイルを編集してリッチメニューをデザインします。 xamlファイルの中身は以下の通りです。 UserControlクラスを継承した RichMenuDefsControlの中身を編集していきます。 2500 843 1686 1. リッチメニューのサイズを指定する リッチメニューには高さの異なる2種類のサイズがあります。 それを最上位のGridコンのWidth、Heightに設定します。 2500 843 1686 2. このGridに対して以下の値を設定します。 Grid の Background プロパティにGridの背景色を指定します。 メニュー登録時の各種設定を添付プロパティ RichMenuProperties. Settings で指定します。 指定する項目には以下があります。 Name: リッチメニュー名• ChatBarText: LINEのチャット画面下のメニューバーに表示されるテキスト• Selected: デフォルトでリッチメニューを表示状態にする場合にTrueを指定 3. 今回の例では、Gridで3つあるボタンの配置を決めて、そこにImageコンでア像を、TextBlockでボタンのキャプションを設定しています。 ユーザー情報確認 ア像は、以下のサイトで公開されているものを使用させていただきました。 シンプルで使い勝手の良いアイコンを無償で提供してくださっています。 アイコンの種類も豊富で、お勧めのサイトです。 定義する項目は以下の2つです。 Bounds: アクションエリアの座標• 今回は、ボタンの境界の表示も兼ねてRectangle コンを使用しています。 Actionは 上記コンに添付プロパティ RichMenuProperties. Actionを指定することで定義します。 Actionには次の4タイプが指定できます。 Postback• Message• Datetimepicker 各アクションに必要な設定項目については以下をご参照ください。 これで、の編集方法の説明は終わりです。 サンプルのファイルの全体像は以下で確認できます。 リッチメニューを作成・アップロードする アプリケーションを実行する 実行前にまず、でプロジェクトをビルドします。 (これは最初の1回のみで大丈夫です) 次に、メニューで[プロジェクト]-[XamlRichMenuMakerのプロパティ]を選択してプロジェクトのプロパティを開きます。 []-[開始オプション]-[引数]に以下の情報を設定します。 関連付けるのChannel Access Token• リッチメニューを作成する アプリケーションが起動すると、以下の様にででサインしたリッチメニューの画像と、Messaging でLINE側に送信するの内容が表示されます。 内容を確認してOKなら「Create Rich Menu」ボタンをクリックします。 これらを選択することで、リッチメニューの内容(画像、)を確認することができます。 また、選択したリッチメニューに対して以下操作が可能です。 [Delete Rich Menu] : リッチメニューを削除します• [Link to User] : 引数で指定した)用のLINEユーザーに関連付けします• [Unlink from User]: 用のLINEユーザーから関連付けを外します まとめ とを使うので、使用環境は限られてしまいますが、非常に簡単にリッチメニューを作成できるので是非試してみてください! pierre3.

次の