岩槻 区 ハザード マップ。 さいたま市/ハザードマップをご確認ください

さいたま市に住むなら公園の多い西区がおすすめ~生活危険度を知っておこう

岩槻 区 ハザード マップ

古くから城下町として発展した岩槻は、地理的にも気候的にも恵まれ自然災害が少ない地域である。 毎年防災訓練が行われているが想定されているのは地震災害のように思われる。 旧市街地は地盤もしっかりして周辺地域よりも揺れ方が少ない事が多く、地震災害への防災意識も一過性になりやすく家庭での対策も先送りが現実のようだ。 そこで今回は水害について取り上げてみたいのだが、読者のみなさんは洪水ハザードマップを見たことがあるだろうか。 2日間で総雨量が355mmの大雨を想定した場合に浸水するエリアを深さごとに色別で表示したものだ。 岩槻区内でも2m~5mの浸水箇所が示されている。 355mmの数字は台風シーズンに入れば梅雨前線や秋雨前線と絡めば簡単に超える数字だと思われる。 異常気象が異常でなくなってきている近年であるが、日本国内では河川の面積割合がいちばん高いともいわれる埼玉県。 治水事業が比較的すすんでいるはずの一級河川でも堤防の決壊が無いとは言い切れない。 自分が住んでいる地域はどうなのか。 岩槻区役所玄関横の情報コーナーにハザードマップが置いてあるので一度、確認してみるのはいかがだろう。

次の

さいたま市/さいたま市浸水(内水)防災マップを更新しました(平成28年8月発行)

岩槻 区 ハザード マップ

(荒川・入間川版)洪水ハザードマップ 荒川・入間川版洪水ハザードマップは、想定される最大規模の降雨(荒川流域で72時間の総雨量が632mm、入間川流域で740mm)が降ったことにより、堤防が決壊した場合のシミュレーション結果に基づいて、浸水想定区域図・避難場所などを示したマップです。 (利根川・江戸川版)洪水ハザードマップ 利根川・江戸川版洪水ハザードマップは、想定される最大規模の降雨(利根川流域、八斗島上流域で72時間の総雨量が491mm)が降ったことにより、堤防が決壊した場合のシミュレーション結果に基づいて、浸水想定区域図・避難場所などを示したマップです。 (芝川版)洪水ハザードマップ 芝川洪水ハザードマップは、100年に1回程度の大雨(2日間総雨量411mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 (綾瀬川・元荒川・大落古利根川・新方川)洪水ハザードマップ 綾瀬川・元荒川・大落古利根川・新方川洪水ハザードマップは、100年に1回程度の大雨(2日間総雨量355mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 (鴨川・鴻沼川版)洪水ハザードマップ 鴨川・鴻沼川洪水ハザードマップは、50年に1回程度の大雨(24時間総雨量325mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 「さいたま市地図情報」でハザードマップを確認できます さいたま市の地図情報検索サイト「さいたま市地図情報」で、土砂災害・洪水・液状化危険度分布図の確認ができます。 拡大・縮小等が行えるため、特定の箇所についてわかりやすく確認することができます。 「さいたま市地図情報」(新しいウィンドウで開きます) 確認方法: (1)上記URLから、地図名称「防災まちづくり情報マップ」をクリックしてください。 (2)確認したいハザードマップ名称と同じ行にある「地図表示」ボタンをクリックしてください。 (3)「利用上の注意」を確認し、「同意する」をクリックすると、地図画面へ遷移し、ハザードマップを確認できます。 なお、 荒川の想定最大規模のシュミレーションについては(新しいウィンドウで開きます)で確認できます。 ダウンロード• その他、洪水ハザードマップの主な記載情報について 下記をクリックしていただくと、ご覧いただけます。 (最新版のみ掲載) ダウンロード• 関連機関について 下記をクリックしていただくと、関連機関の情報がご覧いただけます。 関連情報• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます) 関連リンク.

次の

さいたま市/さいたま市地震防災マップ

岩槻 区 ハザード マップ

(荒川・入間川版)洪水ハザードマップ 荒川・入間川版洪水ハザードマップは、想定される最大規模の降雨(荒川流域で72時間の総雨量が632mm、入間川流域で740mm)が降ったことにより、堤防が決壊した場合のシミュレーション結果に基づいて、浸水想定区域図・避難場所などを示したマップです。 (利根川・江戸川版)洪水ハザードマップ 利根川・江戸川版洪水ハザードマップは、想定される最大規模の降雨(利根川流域、八斗島上流域で72時間の総雨量が491mm)が降ったことにより、堤防が決壊した場合のシミュレーション結果に基づいて、浸水想定区域図・避難場所などを示したマップです。 (芝川版)洪水ハザードマップ 芝川洪水ハザードマップは、100年に1回程度の大雨(2日間総雨量411mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 (綾瀬川・元荒川・大落古利根川・新方川)洪水ハザードマップ 綾瀬川・元荒川・大落古利根川・新方川洪水ハザードマップは、100年に1回程度の大雨(2日間総雨量355mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 (鴨川・鴻沼川版)洪水ハザードマップ 鴨川・鴻沼川洪水ハザードマップは、50年に1回程度の大雨(24時間総雨量325mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 「さいたま市地図情報」でハザードマップを確認できます さいたま市の地図情報検索サイト「さいたま市地図情報」で、土砂災害・洪水・液状化危険度分布図の確認ができます。 拡大・縮小等が行えるため、特定の箇所についてわかりやすく確認することができます。 「さいたま市地図情報」(新しいウィンドウで開きます) 確認方法: (1)上記URLから、地図名称「防災まちづくり情報マップ」をクリックしてください。 (2)確認したいハザードマップ名称と同じ行にある「地図表示」ボタンをクリックしてください。 (3)「利用上の注意」を確認し、「同意する」をクリックすると、地図画面へ遷移し、ハザードマップを確認できます。 なお、 荒川の想定最大規模のシュミレーションについては(新しいウィンドウで開きます)で確認できます。 ダウンロード• その他、洪水ハザードマップの主な記載情報について 下記をクリックしていただくと、ご覧いただけます。 (最新版のみ掲載) ダウンロード• 関連機関について 下記をクリックしていただくと、関連機関の情報がご覧いただけます。 関連情報• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます) 関連リンク.

次の