エクセル グラフ 0。 エクセル 0 を表示しない

Excel で無効な数式をグラフに含めない方法

エクセル グラフ 0

エクセル・グラフの基本的な作り方 エクセルのグラフは、羅列された数字だけでは理解しにくいデータの変化や割合などを視覚化するために使われます。 初めに、グラフの基本的な作り方を解説します。 まず、エクセルのグラフにしたい対象データの範囲を選択します。 グラフの対象となるデータの選択は、必ず長方形に範囲指定しましょう。 連続しない離れたセルであっても「Ctrl」キーを押しながら範囲指定することで選択が可能です。 範囲を選択したら、「挿入」タブの「グラフ」、「すべてのグラフ」からさまざまな種類のグラフを選択することができます。 データに合ったグラフの形を選びましょう。 棒グラフ 期間内の変化や項目間の比較をするのに適しています。 最もシンプルな形式で、横に並べてグループごとの集計値を比較したり、積み上げて全体の構成比率を表現することもできます。 【エクセルで作った棒グラフの例】 折れ線グラフ 一定期間のデータの変化や増減を示すのに適しており、Webサイトへのアクセス数や支持率の推移などによく使われています。 複数の折れ線グラフを重ねてデータを比較したり、棒グラフなど他のグラフと組み合わせて表現されることもあります。 【エクセルで作った折れ線グラフの例】 円グラフ 各項目の構成割合を表しています。 データ系列が1つしかない場合に使用され、各要素を強調するために3-D形式で段差をつけて表現されることもあります。 エクセルでクオリティの高い円グラフを作成する方法については、 をご覧ください。 【エクセルで作った円グラフの例】 散布図 複数の数値間の高低や拡散の関係を示すのに適しています。 XY座標の数値軸からXY図とも呼ばれ、統計データなどの数値データを表示する場合に使用されます。 エクセルでは、相関係数も求めることができます。 【エクセルで作った散布図の例】 エクセル・グラフを自在に編集! エクセルのグラフには、多くのテンプレートが用意されているため、簡単に種類の変更や複合化したグラフを作成することができます。 また、グラフの種類は、「挿入」タブの「グラフ」から選択すると、作成後でも簡単に変更することができます。 グラフを修正する グラフを修正したい場合は、修正したいグラフを選択し「グラフツール」タブから変更します。 例えば、縦の数値軸をクリックして選択し、「グラフツール」の「書式」から「選択対象の書式設定」を選択すると、縦軸の数値の目盛り幅や境界値などを変更できます。 右側の書式設定で「表示単位」を修正することで数値の単位を変えたり、「目盛間隔」から間隔を変更することもできます。 目盛りは、間隔が大きいほど見やすくなるので、ターゲットの数値を強調することができます。 グラフタイトルなど編集したい箇所をダブルクリックすると、直接編集することも可能です。 複数のグラフを同じサイズに設定する 複数のグラフの大きさを一度にそろえることができます。 「Shift」キーを押しながらグラフをクリックしていくと、複数のグラフを選択できます。 「描画ツール」の「書式」タブ、「サイズ」のグループから設定したいグラフの縦横の長さを設定します。 すでに選択している複数のグラフは、サイズを変更することで動的に変更されていくので、グラフを見ながら適度な大きさに調整できます。 複合グラフを簡単作成! 複合グラフとは、データの傾向や遷移を相対的に比較するために使われ、2つのデータを重ねることで動向と関係性がひと目で理解できます。 ここでは、英語・国語・数学の個人の点数を棒グラフに、個人の平均点を折れ線グラフで表している場合を例に挙げて解説します。 グラフを追加して作成する方法 1)まず、英語・国語・数学、個人の平均点で一般的な縦棒グラフを作成します。 3)平均点の棒グラフをクリックします。 (選択するのは1つだけで大丈夫です。 5 すると、「グラフの種類の変更」というウインドウが現れるので、変更したいグラフの種類を選択します。 今回は「折れ線」を選んでみます。 「折れ線」を選択したら、「OK」をクリックします。 6 すると、以下のように、平均点のグラフが折れ線グラフに変更され、棒グラフと折れ線グラフの複合グラフが作成されました。 テンプレートから作成する方法 Excel 2013から新機能として複合グラフのテンプレートが設置され、より簡単に複合グラフが作成できるようになりました。 1)データを選択し、「挿入」タブの「グラフ」から「すべてのグラフ」を選び、「組み合わせ」を選択します。 2)下段の系列(顧客動員数と売り上げ)ごとにグラフの種類を選択します。 これだけで、複合グラフが作成できます。 あとは、「軸の書式設定」などで間隔や表示単位などを編集していきます。 複合グラフの中にも縦棒と折れ線グラフや積み上げ面と縦棒グラフなどがあります。 いろいろな組み合わせの複合グラフを作成してみてください。 データをグラフ化してわかりやすく! 実際のビジネスシーンで説得力のある資料を作成するには、グラフによる訴求は欠かせません。 社内用や顧客へのプレゼンに使ったデータがあれば、それを練習台にしてグラフ作成をしてみてはいかがでしょうか?グラフは直感的理解を促すツールです。 読み手の視点に立ち、アピールしたい箇所をクローズアップする工夫をしてみましょう。

次の

エクセル上級者直伝!状況別「0を表示しない」簡単な方法と裏技テクニック

エクセル グラフ 0

ケース2) グラフの元数字を数式じゃなく手で記入していて,明日以降のセルには間違い無く全く空っぽ何にも記入して「いない」のにゼログラフが続く時は。 グラフを選択 グラフツールのデザインタブのデータの選択を開始 「非表示及び空白のセル」で空白セルの表示を空白にします #参考 実は実際には折れ線グラフじゃなく,棒グラフと折れ線グラフの複合グラフを描いていて,教わったように出来ないケースもあります。 一度グラフを完全な折れ線グラフだけで作成し,操作してから,改めて棒と折れ線の複合にします。 Q Excel2007 Win で折れ線グラフを作成中です。 時間を横軸に、数種類の計測値を折れ線で作成しています。 時間により計測値が異なることから、空白セルができてしまいます。 「データ要素を線で結ぶ」をチェックしてグラフを作成しており、今まではきちんと空白セルも補間されていたのに、本日確認したら空白セル部分がゼロ扱いとした妙なグラフができていました。 「データ要素を線で結ぶ」を再度チェックしようにもグレー色になっていて、チェックできません。 このようなときに「データ要素を線で結ぶ」をチェックできるようにする方法はありませんか? どなたかよいアイデアをお持ちの方がいらしたら是非教えてください。 A ベストアンサー >回答番号:No. 5 この回答への補足 場合によっては、Worksheetのイベントを使えば データが変更された場合、自動的に実行されるマクロを作ることができます。 microsoft. 気になるかどうかですが、その部分が破線状態になります。

次の

エクセルで波線で省略したグラフを作成する方法

エクセル グラフ 0

オントラックの財務モデリング担当 北川です。 今日は「ウォーターフォールチャートの作成方法」について、ご紹介します。 ウォーターフォールチャート(滝グラフ)とは、次のようなグラフのことを言います。 期首と期末など二つの数字を比べる際、その差異がどのように発生しているのか、要素ごとに見やすく表示できるので、プレゼンなどでよく使われます。 EXCEL2016からは簡単に作成できるようになりましたが、それより前のバージョンのエクセルでも「積み上げグラフ」を使って作成することができます。 そこで、今回はエクセルでウォーターフォールチャートを作成する方法をご紹介します。 まずは、EXCEL2016以降のバージョンでの作成方法をご紹介します。 その手順は以下の通りです。 データの範囲を選択します。 「挿入」タブの「グラフ」のところにあるウォーターホールの図をクリックし、「ウォーターフォール」をクリックします。 左端・右端の「期首」「期末」の値は、数字の(増加、減少でなく)合計の値であるので、それぞれを「合計として設定」します。 まずは、グラフの左端の「期首」のデータをダブルクリックして(該当のデータだけが選択されていることを確認して)、「データの書式設定」の「系列のオプション」にある「合計として設定」にチェックを入れます。 グラフの右端の「期末」のデータについても同様です。 体裁を整えれば、完成です。 使っているエクセルのバージョンがEXCEL2016以降であれば、もともとあるこのウォーターフォール作成機能で十分ともいえるのですが、自由が利かず不便な点があります。 例えば、横軸のラベルをグラフの下端にしか表示できない点や目盛線の間隔を設定できない点などです。 また、棒グラフの一部がマイナスに突き抜ける形になった場合には、以下のようになります。 こんな時、私は縦軸が0(ゼロ)のラインに横軸ラベル(期首、A~B、期末)を表示した方が見やすいと思うのですが、現時点のバージョンではできないようです。 また、せめてゼロのところだけに目盛線を表示すれば、見やすくなると思いますが、それも設定することができません。 今後、これらの点が改善されたらいいですね。 今回と次回でご紹介する「積み上げ棒グラフ」を使って作成するウォーターフォールグラフでは、以下のように、縦軸がゼロのラインに横軸ラベルを設定することができます。 それでは、「積み上げ棒グラフ」を使って、ウォーターフォールチャートを作成する方法をご紹介しましょう。 最初にも書きましたが、この方法であれば、EXCEL2016より前のバージョンでも作成可能です。 以下の手順で作成します。 各要素を考慮する前後の数字を求めます。 要素考慮前後の値のうち、大きい方を上限、小さい値を下限とし、その差も求めます。 「ラベル」、「上限と下限の差」、「下限」のデータを選択します。 「挿入」タブの「グラフ」のところにある棒グラフの図をクリックし、「積み上げ縦棒」の図をクリックします。 すると、グラフが以下のようになります。 上のグラフでは、「下限」データの下に「上限と下限の差」データがきていますが、ウォーターフォールチャートを作成するには、「下限」データの上に「上限と下限の差」データがくるようにする必要があります。 グラフ上で右クリックして、「データ選択」をクリックし、系列1と系列2の順序を入れ替えて、「下限」データの上に「上限と下限の差」データが来るようにします。 グラフの中の「下限」データを選び、「データ系列の書式設定」の「塗りつぶし」で「塗りつぶしなし」を選択します。 このままだとグラフの間が開きすぎているので、「データ系列の書式設定」の「系列のオプション」にある「要素の間隔」を好みの大きさに変えます。 その他、体裁を整えれば、完成です。 ウォーターフォールチャートが完成できました。 この方法で作ったウォーターフォールチャートでは、一点注意が必要です。 実は、以下のように、棒グラフの一部がマイナスに突き抜ける形になった場合は、正しく表示されません。 次回は、棒グラフの一部がマイナスに突き抜ける形になった場合でも、対応可能な方法をご紹介します。 もし、ご自身でやってみようと思われる方は、是非次回(二週間後)までにやってみてください。 エクセルのスキルアップで働き方改革を! 次回の財務モデリング基礎講座は6月16日(日)です。 お申し込みはからどうぞ。 カテゴリー: | 投稿日: | 投稿者:.

次の