オオカミ 少年。 No.140 動物に育てられた子供たち

緊急地震速報「空振り」続く オオカミ少年避けるために:朝日新聞デジタル

オオカミ 少年

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 大きな地震の発生を知らせる緊急地震速報。 4月以降、相次いで出されたが「空振り」とも言える結果が続いた。 なぜなのか。 5月19日午後1時13分、NHKのニュース番組の途中で、「チャラン、チャラン」のチャイム音が響いた。 「緊急地震速報です。 強い揺れに警戒して下さい」のアナウンス。 だが、発表された最大震度は、岐阜県高山市で観測された「4」だった。 4月20日~5月19日、この地震のほかにも、岐阜・長野の県境や関東地方を震源とする地震が相次ぎ、緊急地震速報が計6回発表された。 最大震度が5弱以上と予測された地震で出されるはずの情報だが、一度も5弱以上は観測されなかった。 中でも、5月11日の茨城県沖の地震は最大震度3。 19日午後の岐阜県の地震は「5弱から5強程度」との予測を発表していた。 この2回は実際の地震と比べて、予測震度に「2」のズレが出た。 正確性より速報性を重視 ズレが生まれる背景には、予測システムの限界がある。 地震が起きると、まず震源から….

次の

私のオオカミ少年 : 作品情報

オオカミ 少年

ストーリー [ ] 病気のため周囲にも心を閉ざしていたスニ()は、家族とともに引っ越してきた静かな村で、闇の中に身をひそめる謎の少年()を発見する。 その少年はまるでオオカミのような目つきで人を警戒し、言葉も話さず、人間離れした行動を見せるが、ひょんなことから家族の一員として迎えられることになる。 少年は「チョルス」と名付けられ、スニは世の中で生きて行く方法を彼に教えていく。 生まれて初めて自分に手を差し伸べてくれたスニに、切ない感情が芽生え始めるチョルス。 しかしある晩、大家の息子ジテ()が、嫌がるスニに執拗に迫る様子を目撃したチョルスは様子が一変、隠された本性が明らかになる。 キャスト [ ]• :チョルス(オオカミ少年)• :ジテ• :ユ・オッキ(スニとスンジャの母親)• :キム・スンジャ(スニの妹)• :スニの祖母• :カン博士• :大佐• :チョン氏• :トンソクの祖母• :チョン氏夫人• :トンソク(チョン氏の息子)• :トンミ(チョン氏の娘・トンソクの妹) 受賞・招請 [ ] 2013年度 [ ]• 第49回:新人監督賞()• 第50回:助演女優賞()• 第22回釜日映画賞:助演女優賞(チャン・ヨンナム)• 第4回今年の映画賞:モンブラン発見賞(チョ・ソンヒ) 映画祭 [ ]• 第15回 招請• 第7回 招請• 第32回ハワイ国際映画祭 招請• 第17回 オープンシネマ部門 招請• 第31回バンクーバー国際映画祭 龍虎部門 招請• コンテンポラリーワールドシネマ部門 招請 その他 [ ]• 本映画の公開と同時に同名小説「私のオオカミ少年」(作家:キム・ミリ、絵:ユ・ヘイン、出版社:イスブ)がで発売された。 脚注 [ ].

次の

オオカミ少年

オオカミ 少年

オオカミ少年のあらすじ ひつじの番をしていた少年が、まるで、オオカミがひつじを食べに来たかのように、村の人たちに言います。 「助けて!オオカミが来た!」 村の人たちが急いで駆けつけてみると、オオカミはどこにもいなくて、少年がうそをついたことがわかります。 村の人達は怒りますが、少年は面白がっていました。 そして、それからも少年はたびたび「オオカミが来た!」と嘘をつくのです。 ですから、あの子は、うそつきだという事になりました。 すると、そのうちに、本当にオオカミが現れます。 だから、少年は、「来てください、オオカミだ!」とさけぶのです。 でも、村の人々は少年を信じません。 そして、だれも助けに来てくれる人はいなかったのです。 そこで、オオカミはひつじたちを残らず殺してしまいました。 おしまい。 このお話は、大変よく知られるお話です。 うその種類にもよりますが、罪悪感やら、プライドやら、これから先の希望やら。 そして、何よりも周りからの信頼をなくしているのです。 うそをついて結果的に何かがうまくいった人は少ないのではないでしょうか? その時は、ごまかしたり、適当にうそをついて、通り過ぎますが、後に、どこかで必ず支障が出たはずです。 そして、何か支障がでた時に、また何とかごまかしたとしても、必ずまた、そのことで、ごまかさなければならない時がくるのです。 不思議なもので、うそをついた事は、ずっと、つきまとうでしょう。 そして、そのたびに動揺し、神経をすり減らします。 例えば、税金でお給料をもらう人が、「出張に行きました。 」と言って、本当は行っていないのに、出張費をもらったりするのです。 ばれなかったから、わからなかったからと、また、同じことを繰り返すのです。 それで、最後には、うそをついていた事がばれてしまい、仕事をやめなければいけないことになります。 結果的に、まわりの人の信頼を裏切り、人生を台無しにするのです。 それから、例えば、石器を発見したように装っていた人がいました。 何度か、発見してしまうと、また、みつけなければならないというプレッシャーがあったのか、自分で石器を埋めて、発見したようによそおってしまうのです。 一度そんなことをしてしまうと、ごまかすために、何度も同じことをしてします。 ここで、どうして、人は同じことをくりかえしてしまうのでしょうか? 本当に石器を見つける。 人はなぜか、一度、ほめられると、またほめられる事をしないと、「がっかりされる。 」「嫌われる。 」と思ってしまう事があるのです。 実際には、周りの人は、そんな事ではがっかりしません。 すごい事をしてもしなくても、その人はその人であって、そんなことで、評価が変わったりはしません。 家族など、近くてその人の事をよく知っている人なら、なおさら、きちんとその人の事をわかっているので、よく知らない人が、何を言おうと、その人を認めていているので、簡単にはその人に対する考えは、変わらないのです。 周りの人が、じぶんにがっかりするかも知れないと思う人は、自分に自信がありません。 自分に自信がないので、何かほめられる事をしないと、自分は認めてもらえないと思ってしまいます。 何もしなくても、自分が周りに認めてもらっているという事が、理解できません。 ですので、ほめられる為にうそをついて、信頼を失い、結局は自分の評価をさげてしまうのです。 そして、自分が認められていると理解できない人の中には、子供の時に、親に「そんなことをする子は嫌いだ。 」とか、「そんなことをする子は、うちの子じゃない。 」と言われて育った人もいます。 そう言われて育った人は、自分が良い子でないと人に認められないと思ってしまうのです。 悪い事をしてしまった時に、した事を注意したり、しかったりするのは当然ですが、その子自体の事を否定するしかり方は、避けなければいけません。 ただ、うそをつくのに何も感じない人もいます。 その場をごまかす為に、てきとうな事を言うのが、くせになっています。 でも、そういう人も、うそを言うたびに、自分の大切な何かをすり減らしているのです。

次の