ジェフ シード。 地球上で人間のフリをしている宇宙人やヒューメイリアンを見分ける方法。性格や特徴は?

天才フィジーカー Jeff Seid(ジェフ・シード)の紹介

ジェフ シード

名前:Jeff Seid 身長:183㎝ 体重:オフ93キロ オン88. 5キロ 年齢:1994年生まれ(25歳) 職業:プロのフィジーク選手、モデル ジェフシード選手はなんてたってアメリカ人で最年少でプロになった選手。 そんなハンパないことを成し遂げた裏には様々な要素があったのです。 ここで少しジェフシード選手の幼少期を見ていきましょう。 彼はフィジークという競技に出会うまではレスリングやアメフト、その他のスポーツに励んでいました。 そこでもなんとチャンピオンになったこともあるそう。 いわばスポーツ万能の若い青年。 でもそんなある日、アメフトの試合中にとんでもない予想外の怪我に見舞われそれがきっかけとなり彼はフィジーク競技と出会うのでした。 ジェフシードが始めてウエイトトレーニングを始めたのは12歳のころで、その時の誕生日に親に「ダンベルセットをプレゼントしてくれるよう」頼んだという笑。 そのプレゼントに一緒に入っていた「ウエイトリフティングの本」は今でも持っている彼。 ウエイトトレーニングを始めるきっかけは「モテたかった」とそこは多くの人と同じようです。 あなたも筋トレを始めた理由はそうではないですか?笑。 僕も少しはその気持ちはありましたよ。 でもトレーニングをしているうちにどんどんのめり込んでいき、「モテたい」とかの気持ちよりも 今ではトレーニングはライフスタイルで、皮膚や骨と変わらないぐらい自分自身の一部なんだ となったよう。 アメフトの試合で大きなケガをしてとにかく落ち込んでいた時にフィジーク競技を知りそこに希望の光を感じ、競技にフォーカスすることで自信を取り戻そうと考えたのだ。 ケガの手術の後、少しの期間は落ち込んでいたがそれではダメだと気づいたんだ モチベーションを見つけてからはジェフシード選手はコンテストへの準備にモクモクと励んでいった。 その結果として彼は最年少でプロ選手に。 僕は常に自分がベストになれるように励んでいるし、それがモチベーションにもつながるんだ と言っておりケガがきっかけでより強い精神力を手に入れたからこそ今のジェフシード選手があるのですね! 最近はコンテストに出るというよりはモデルの仕事が多いような印象です。 では次にジェフシード選手のトレーニングを見ていきましょう。 ジェフシード選手の筋トレ ジェフシード選手は有酸素運動はHIITで行うのだそう。 それもバイクで。 (HIITとは簡単に言うと一気に動作するのとゆっくり動作するのをノンストップで行う脂肪燃焼に効果的な運動方法。 「30秒は全力で動作して1分はゆっくり」を5セットほど繰り返すようなパターン。 ) ではウエイトトレーニングについて見ていきましょう。 ジェフシード選手は分割法とハイボリュームがトレーニングの基本。 具体的なメニューは以下の通り。 このメニューから言えることはやはり胸の上部をメインに鍛えているということ。 日本だとベンチプレスなど胸の中部ばかり狙う種目をしますが、 海外の選手は上部を多めに鍛える人が多いです。 競技としても胸の上部からの盛り上がりは大事なポイントになりますし。 あとは 「かなり基本種目を大事にしているな」という印象。 やはり大きい体を作るには昔からある基本種目を徹底して取り入れることをおすすめします。 というのも最近はオシャレな種目(ちょこちょこ動かす系)ばかりやっている人をジムでよく見かけるので汗っ。 そういった種目はいわば仕上げであったり、筋肉にカットを刻む種目で、サイズを大きくするにはやはりダイナミックな基本種目が欠かせません! ぜひ基本に忠実なトレーニングをされてみてください。 きっとあなたの筋肉はデカくなります。 ロウイング系が多く 背中の厚みづくりにフォーカスしている印象。 (僧帽筋狙い) 起立筋から僧帽筋、広背筋と土台から順に狙っていっているような感じです。 コンテストでポーズをとった時のクリスマスツリー(下からの広がり)を意識しているようにも思います。 9時:卵白5つ、全卵1つ、オートミール約117g、バナナ 11時:プロテイン、りんご 13時:チキン、サラダ、スイートポテト 15時30分:ハムサンドイッチ、ぶどう 18時:プロテイン 19時30分:ステーキ、スイートポテト、ブロッコリーサラダ 22時:ピーナッツバターサンドイッチ、牛乳 23時30分:ギリシャヨーグルト、ブルーベリー とまあプロテインも合わせると 1日8回の食事になります。 上記の食事のポイントの通りで高品質な食事を意識していることが明らか。 果物やヨーグルトを使ってうまく甘いものへの欲求を緩和しているようにも思います。 体づくりの基本である 「小分けの食事、栄養価の高いものの摂取、様々な種類の食品を食べる」といったことを全て満たしてます。

次の

ジェフ・ウォーカー シード・ローンチ プロダクト・ローンチ5.0

ジェフ シード

名前:Jeff Seid 身長:183㎝ 体重:オフ93キロ オン88. 5キロ 年齢:1994年生まれ(25歳) 職業:プロのフィジーク選手、モデル ジェフシード選手はなんてたってアメリカ人で最年少でプロになった選手。 そんなハンパないことを成し遂げた裏には様々な要素があったのです。 ここで少しジェフシード選手の幼少期を見ていきましょう。 彼はフィジークという競技に出会うまではレスリングやアメフト、その他のスポーツに励んでいました。 そこでもなんとチャンピオンになったこともあるそう。 いわばスポーツ万能の若い青年。 でもそんなある日、アメフトの試合中にとんでもない予想外の怪我に見舞われそれがきっかけとなり彼はフィジーク競技と出会うのでした。 ジェフシードが始めてウエイトトレーニングを始めたのは12歳のころで、その時の誕生日に親に「ダンベルセットをプレゼントしてくれるよう」頼んだという笑。 そのプレゼントに一緒に入っていた「ウエイトリフティングの本」は今でも持っている彼。 ウエイトトレーニングを始めるきっかけは「モテたかった」とそこは多くの人と同じようです。 あなたも筋トレを始めた理由はそうではないですか?笑。 僕も少しはその気持ちはありましたよ。 でもトレーニングをしているうちにどんどんのめり込んでいき、「モテたい」とかの気持ちよりも 今ではトレーニングはライフスタイルで、皮膚や骨と変わらないぐらい自分自身の一部なんだ となったよう。 アメフトの試合で大きなケガをしてとにかく落ち込んでいた時にフィジーク競技を知りそこに希望の光を感じ、競技にフォーカスすることで自信を取り戻そうと考えたのだ。 ケガの手術の後、少しの期間は落ち込んでいたがそれではダメだと気づいたんだ モチベーションを見つけてからはジェフシード選手はコンテストへの準備にモクモクと励んでいった。 その結果として彼は最年少でプロ選手に。 僕は常に自分がベストになれるように励んでいるし、それがモチベーションにもつながるんだ と言っておりケガがきっかけでより強い精神力を手に入れたからこそ今のジェフシード選手があるのですね! 最近はコンテストに出るというよりはモデルの仕事が多いような印象です。 では次にジェフシード選手のトレーニングを見ていきましょう。 ジェフシード選手の筋トレ ジェフシード選手は有酸素運動はHIITで行うのだそう。 それもバイクで。 (HIITとは簡単に言うと一気に動作するのとゆっくり動作するのをノンストップで行う脂肪燃焼に効果的な運動方法。 「30秒は全力で動作して1分はゆっくり」を5セットほど繰り返すようなパターン。 ) ではウエイトトレーニングについて見ていきましょう。 ジェフシード選手は分割法とハイボリュームがトレーニングの基本。 具体的なメニューは以下の通り。 このメニューから言えることはやはり胸の上部をメインに鍛えているということ。 日本だとベンチプレスなど胸の中部ばかり狙う種目をしますが、 海外の選手は上部を多めに鍛える人が多いです。 競技としても胸の上部からの盛り上がりは大事なポイントになりますし。 あとは 「かなり基本種目を大事にしているな」という印象。 やはり大きい体を作るには昔からある基本種目を徹底して取り入れることをおすすめします。 というのも最近はオシャレな種目(ちょこちょこ動かす系)ばかりやっている人をジムでよく見かけるので汗っ。 そういった種目はいわば仕上げであったり、筋肉にカットを刻む種目で、サイズを大きくするにはやはりダイナミックな基本種目が欠かせません! ぜひ基本に忠実なトレーニングをされてみてください。 きっとあなたの筋肉はデカくなります。 ロウイング系が多く 背中の厚みづくりにフォーカスしている印象。 (僧帽筋狙い) 起立筋から僧帽筋、広背筋と土台から順に狙っていっているような感じです。 コンテストでポーズをとった時のクリスマスツリー(下からの広がり)を意識しているようにも思います。 9時:卵白5つ、全卵1つ、オートミール約117g、バナナ 11時:プロテイン、りんご 13時:チキン、サラダ、スイートポテト 15時30分:ハムサンドイッチ、ぶどう 18時:プロテイン 19時30分:ステーキ、スイートポテト、ブロッコリーサラダ 22時:ピーナッツバターサンドイッチ、牛乳 23時30分:ギリシャヨーグルト、ブルーベリー とまあプロテインも合わせると 1日8回の食事になります。 上記の食事のポイントの通りで高品質な食事を意識していることが明らか。 果物やヨーグルトを使ってうまく甘いものへの欲求を緩和しているようにも思います。 体づくりの基本である 「小分けの食事、栄養価の高いものの摂取、様々な種類の食品を食べる」といったことを全て満たしてます。

次の

【圧倒的イケメン】ジェフシードの画像、アパレルや身長などの詳細プロフィール

ジェフ シード

ジェフは5歳のころからスポーツをやり始めてたそうです。 そしてジェフは12歳のときに両親からベンチ台、ダンベル、バーベル、「Weightlifting for Dummies」というトレーニング本をもらい本格的なウェイトトレーニングを開始します。 そんなジェフにとっての憧れのひとは「アーノルドシュワルツネッガー」であり、ジェフにとってのアイドルだったそうです。 ちなみにトレーニングを始めた最初の理由は 「女の子にモテるため。 」 だそうです。 (笑) しかし、トレーニングをしていく中でその考えは変わり、完璧な体型を造り上げていくために人生を捧げます。 雑誌のインタビューの中でジェフはこう答えています。 「トレーニングは今の私にとって人生そのものです。 私はトレーニングなしの人生は想像できない。 トレーニングは私の体の皮膚や骨と同じくらい私の一部です。 」 高校時代 ジェフは高校ではアメリカンフットボール、レスリングをやっていました。 どちらの競技もとても優秀な選手で奨学金制度で大学にも行けることが決まっていたそうです。 しかし、アメリカンフットボールの試合中に膝の前十字靭帯損傷という大怪我を負ってしまったことで奨学金制度も受けれなくなってしまい、大学に進学するという夢は途絶えました。 そして、ジェフは手術後は、ショックからうつ病になったそうです。 しかし、このまま悩んでいても、なんの意味もないことを悟り、新しい未来への計画をしました。 そんな中でジェフは「bodybuilding. com」のウェブサイトを閲覧しながら、「メンズフィジーク」というカテゴリーを発見しました。 ジェフは6年以上トレーニングしていたことで自分にもこの分野で活躍できるチャンスがあると感じ、フィジーク選手になることを決めました。 前十字靭帯損傷の手術からわず3ヶ月後に前十字靭帯を再び損傷してしまいます。 しかし、ジェフは諦めせんでした。 「Washington State Championships」に出場し、18歳という若さでありながら、いきなり優勝しました。 同年にはIFBBプロカードを取得し、IFBB史上、最も若いプロ選手になりました。 翌年には世界でもっとも権威のある大会「Mr. Olympia」に初出場し、11位という好成績を残します。 現在のジェフシード 現在ではフィットネスモデルや「」という自身のアパレルブランドを設立していたり、オンラインコーチング、「」という160ページにも渡るトレーニングブックを発売したりなど精力的に活動しています。 ジェフシードのトレーニングメニュー ジェフのトレーニングはスーパーセット法、ドロップセット法などを好んでおり、インターバルはなるべく短いほうが筋肥大には有効だと考えているそうです。 ジェフは有酸素運動をするときは「HIIT」を用いており、2日に1回のペースで行なっています。 約10分行うようにしていて、心拍数を120に保った状態で30秒間の高負荷スプリントの後、30秒間は低負荷スプリントを行うようです。 ちなみにジェフが好んでいるのはバイクを漕ぐことです。 月曜日:胸、カーフ、HIIT 種目 セット数 回数 インクラインベンチプレス 4sets 10,8,8,6reps インクラインダンベルフライ 4sets 10,10,8,8reps ケーブルクロスオーバー 4sets 15,10,8,8reps ダンベルベンチプレス 4sets 10,8,8,6reps ディップス 4sets 限界まで インクラインチェストプレス(マシン) 3sets 10reps 腕立て伏せ 3sets 限界まで プルオーバー 3sets 15reps スタンディングカーフレイズ 4sets 15reps ドンキーカーフレイズ 4sets 15reps シーテッドカーフレイズ 4sets 15reps 火曜日:背中、腹筋 種目 セット数 回数 デッドリフト 4sets 15,10,8,6reps ベントーオーバーロー 4sets 12,10,8,8reps ダンベルロー 4sets 12,10,8,8reps Tバーロー 4sets 12,10,10,8reps ワイドグリッププルアップ 4sets 限界まで シーテッドロー 4sets 10,8,8,6reps ワイドグリップラットプルダウン 4sets 12,10,8,8reps グッドモーニング 3sets 12reps クランチ 1sets 限界まで ハンギングレッグレイズ 1sets 限界まで 水曜日:脚、カーフ、HIIT 種目 セット数 回数 スクワット 5sets 15,10,8,6,4reps フロントスクワット 4sets 12,10,8,8reps ハックスクワット 4sets 12,10,8,8reps レッグプレス 4sets 12,10,8,6reps レッグエクステンション 4sets 12,10,8,8reps ライイングレッグカール 4sets 12,10,8,8reps スタンディングカーフレイズ 4sets 15reps ドンキーカーフレイズ 4sets 15reps シーテッドカーフレイズ 4sets 15reps 木曜日:肩、腹筋 種目 セット数 回数 ダンベルショルダープレス 4sets 10,8,8,8reps フロントラテラルレイズ 4sets 12,10,8,8reps サイドラテラルレイズ 4sets 12,10,8,8reps アーノルドプレス 3sets 10,8,8reps ケーブルアップライトロー 3sets 8-10reps ベントーオーバーラテラルレイズ 3sets 8-10reps アップライトロー 3sets 12-15reps シュラッグ 4sets 15reps クランチ 1sets 限界まで ハンギングレッグレイズ 1sets 限界まで 金曜日:腕、カーフ 種目 セット数 回数 バーベルカール 4sets 10,10,8,8reps インクラインスカルクラッシャー 4sets 12,10,8,8reps マシンカール 4sets 8-10reps プッシュダウン 4sets 8-10reps インクラインダンベルカール 4sets 8-10reps キックバック 4sets 10-12reps コンセントレーションカール 4sets 8-10reps ワンアームダンベルエクステンション 4sets 10-12reps スタンディングカーフレイズ 4sets 15reps ドンキーカーフレイズ 4sets 15reps シーテッドカーフレイズ 4sets 15reps 土日:オフ スポンサーリンク ジェフシードのオンシーズンの食事内容 ジェフの食事は2〜3時間おきにたんぱく質を摂取するように心がけており、GI値の低い炭水化物、良質な脂質、リーンなたんぱく質の食べ物を食べるようにしています。 9:00(1食目) 卵白5個 全卵1個 オートミール0. 5カップ バナナ 11:00(2食目) プロテインシェイク りんご 13:00(3食目) とりのむね肉226g サラダ さつまいも 15:30(4食目) ハムのサンドイッチ ぶどう 18:00(5食目) プロテインシェイク 19:30(6食目) 牛肉のステーキ226g ブロッコリー サラダ 22:00(7食目) ピーナッツバターとジャムのサンドイッチ 牛乳2杯 23:30(8食目) ギリシャヨーグルト0. 5カップ ブルーベリー ジェフシードの過去のコンテスト結果 1位 2012 Washington State Championships 1位 2012 Washington State Championships 2位 2012 Emerald Cup 2位 2013 NPC Emerald Cup 1位 2013NPC Jr. Nationals 2位 2013IFBB Tampa Pro 6位 2013 IFBB Europa SuperShow 1位 2013 Valenti Gold Cup 11位 2013 Mr. Olympia Weekend 16位 2016 Mr. Olympia Weekend ジェフシードのアパレルブランド ジェフシードは「」という自身のアパレルブランドを設立しています。 ジェフ自身の人気もあいまって、海外のトレーニングをしている若者に人気のフィットネスアパレルブランドとなっています。 ちなみにわたしもこの写真のスウェットパンツを購入し、よく履いていました。 ただし、生地がけっこう厚めで夏は暑くて、履けないです。 (笑) ジェフシードが死亡? なぜか、ジェフシードを検索すると関連ワードに「死亡」というワードが出ていますが、もちろんジェフシードは亡くなっていませんのでご安心ください。 (笑) 現在はコンテストなどにはあまり、出場していないので見かける機会が減っていますが、フィットネスモデルとして活躍したり、ファッションショーに出演したりしています。 ジェーフシードの父親もフィジーク選手! ジェフシードの父親であるジェリーシードもつい先日、大会に出場し、準優勝という好成績をおさめています。

次の