ライン 家計 簿 危険。 手軽に家計簿つけるなら「LINE家計簿」|使い方とオススメ機能を紹介

家計簿の「前月からの繰り越し残高」の翌月への繰り越し方法|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

ライン 家計 簿 危険

おすすめ無料家計簿ソフト1:マネーフォワード マネーフォワードは、オンラインの家計簿に資産管理機能を備えたフリーソフトです。 有料版もありますが、無料版でも十分高評価を得ている家計簿ソフトです。 複数の口座との連携によって一括管理ができるので、とにかく忙しいかたにおすすめです。 6 以降 マネーフォワードの機能と特徴 ・家計簿の自動作成 銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどと連動させると、自動で家計簿を作成してくれます。 手持ちの現金も、お財布を1つの口座として登録することで管理できるので一括管理が可能です。 ・お金の動きはグラフで確認 支出は自動で作成されるグラフでカテゴリ別に確認でき、それぞれの内訳も見ることができます。 ・家計診断機能 理想の家計の支出と自分の支出を比較して、節約の参考にすることができます。 おすすめ無料家計簿ソフト2:Money通帳 Money通帳はPCにインストールして使うオフラインタイプとなっており、オンラインバンクの明細表の取り込み機能が特徴の家計簿ソフト。 ・主要3000品目以上が登録済み 一般家庭で使われる主要な3000品目以上がすでに登録されているので、クリックだけでサクサク入力が進みます。 ・カレンダーで使い道いろいろ カレンダーを使えばスケジュール管理も簡単です。 カレンダーにはダイレクト入力ができ、予定の変更はドラッグ&ドロップが可能なので操作もラクラクです。 おすすめ無料家計簿ソフト3:わが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniは収入や支出、振替、集計、グラフ、管理のページに限定した、ノートのページをめくるような感覚で使える設計のシンプル家計簿です。 有料版もありますが、無料版でも十分な機能だとかなりの高評価です。 また、あいまい語で入力しても入力アシストが自動起動して入力候補を抽出してくれます。 「ノートをめくるように」使えるので、今まで手書きで家計簿をつけていたかたや、初めて家計簿ソフトを使うかたにも抵抗なく使い始めることができます。 ・カスタマイズ自由 費目の設定や選択リストの内容は、無制限で自由に変更可能です。 ・分析機能も強力 年間集計で前年度との比較も簡単です。 費目ごとや月ごとの明細も表示でき、グラフ表示をすればデータを多角的に分析することもできるので本格的な管理が可能です。 ・安心の自動バックアップ機能 自動バックアップ機能で、トラブル時にも家計簿を守ります。 また、パスワード設定もできるので家計簿データを暗号化して守ることも可能です。 おすすめ有料家計簿ソフト:てきぱき家計簿マム9 てきぱき家計簿マムシリーズは、ユーザーの声を反映し、どんどん進化を遂げていることでも注目されています。 有料版と同じ機能が30日間試せる体験版もあるので安心して始められます。 毎日の買い物も細かく管理して、徹底的に節約をめざすかたにおすすめの家計簿ソフトです。 もちろん、月別や年別でも確認できるので、家計状況や現金、各口座の残高をひと目で把握することも可能です。 ・レシート入力が簡単 レシート入力画面は品名50音タブの細分化や、買い物商品などの画像添付にも対応しているので、簡単なのにしっかり管理することができます。 ・MEMOメールで底値管理が簡単 過去に入力した買い物の情報を元に、前回購入額や底値額つきの「買い物リストMEMO」を作成し、携帯電話などへメール送信することができるので買い忘れ防止にも役立ちます。 また、品名別の底値一覧や購入価格の推移グラフが作成できるので、上手に使えばお買い得品の買い逃しもありません。 ・月極自動転記機能で払い忘れ防止 毎月決まっている家賃や月謝などの定期的な入出金を自動で転記することができ、指定したタイミングでお知らせしてくれるので払い忘れ防止にも役立ちます。 ・その他の特徴 光熱費の使用量メモ、店名別集計、カード明細チェック、グラフ化、自動バックアップなど、便利な機能が盛りだくさんです。 一口に家計簿ソフトといっても、特徴や機能はソフトごとに大きく異なります。 毎日つける家計簿だからこそ、自分に合ったものを選ぶことが大切ですね。 少しでもこの記事がお役に立ちましたら幸いです。

次の

夫婦(家族)で共有できるおすすめ人気家計簿アプリ5選【iPhone/Android】

ライン 家計 簿 危険

目次 更新日: 2016-08-20• 0. オンライ家計簿・Web会計簿・クラウド型家計簿とは 家計簿ソフトのあらたな潮流として、ネットから利用できるオンライン家計簿(Web家計簿・クラウド型家計簿)サービスを提供するサイトが現れました。 通常のパソコンソフトの家計簿と比べて以下のメリット・デメリットが考えられます。 メリット: ネットからの利用なのでWindowsやMacなどPC、iphoneやAndoroidのスマートフォンなど、さまざまなプラットフォームから利用できる。 スマートフォン等のモバイルからの利用できる場合は、自宅以外の場所から家計簿の管理ができる。 デメリット: 突然、サービスが停止される可能性がある セキュリティに不安がある 個人や規模の小さい会社ので提供しているサービスだとちょっと不安ですね。 以下には、ある程度の規模でサービスを提供しているオンライン家計簿を選んでみました。 オンライン・Web家計簿(登録料が無料のタイプ) 複数の口座を一括管理し、銀行の入出金やカード情報から家計簿を自動作成する事ができる新型の資産・家計管理ウェブサービス。 一度口座情報を登録すると、あとは自動で複数口座の情報を取得・分類するので、お金の管理の煩わしさが大きく解消される。 また、収支のグラフ化、資産のバランスシート(貸借対照表)表示などグラフィカルな機能も充実している。 (対応する金融機関は多く、2015年11月時点で1800社以上) マネックス証券に口座を開設していれば無料で利用できる資産管理ツール。 スマホ専用アプリもあるWEB家計簿で、事前にアカウント(ユーザー)登録し、共通に使用することでWebからの入力、スマホ用アプリからの入力内容を共有できます。 財布、銀行口座、クレジットカードなどのような資産別の残高管理ができ、支出の入力も、レシート読み取り(これがかなり優秀です)や、GPS機能を使った利用店舗の候補リスト表示など、スマホの機能をフルにつかった入力サポートがあります。 家計簿管理の初心者から上級者まで幅広く使えるアプリといえます。 スマホアプリ: 旧OCN家計簿。 銀行口座の残高や利用明細をまとめて収集してくれるカウントアグリゲーション機能と、家計簿機能が合体したサービスを提供しています。 対応する金融機関であれば、自動的に入出金の明細を取込んで家計簿に書込んでくれます。 ただし財布の中の現金のように、金融機関以外のお金については、入出金の登録にあわせて残高が連動してくれないので個別に管理が必要です。 個別入力には、スマホアプリ「Zaim」のレシート読み取り機能と連携することもできます。 高機能型 終了したサービス 散在.COM 2014年9月30日 サービス終了 Webで作った家計簿をみんなに公開できるソーシャル家計簿サイト 基本的には支出を記録し、同じ商品を買った人同士でのコミュニケーションや口コミ情報がチェックできます。 Web家計簿 2014年3月31日サービス終了 基本的には収支状況を把握するための機能に特化しています。 ・データエクスポート(出力)が可能 ・グラフ、表形式での診断が可能 ・携帯電話からの登録も可能 家計簿は主婦だけのもの?• 家計おたすけ情報•

次の

家計簿の「前月からの繰り越し残高」の翌月への繰り越し方法|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

ライン 家計 簿 危険

毎日の記録が必要な家計簿ですが、買い物をして家事を終えてひと段落してからお財布を開けてレシートを確認して…という作業が結構負担になっているという方も多いのではないでしょうか。 「せめてレシートが自動的に読み込まれれば楽なのに…」そう思っている人も多いはず。 でも実は、 家計簿アプリならレシートを自動的に読み込むことも可能なのです。 今回はそんなレシート読み取り機能がついた家計簿アプリをご紹介します。 1 アプリストアで大人気!嬉しい機能充実の家計簿アプリ それではまず、GooglePlayとAppStoreで大人気の 機能が充実している家計簿アプリをご紹介します。 たくさんダウンロードされているものや、メディアに取り上げられているものなど、人気のアプリを集めました。 1-1 家計簿マネーフォワード 画像引用元: GooglePlayベストオブ2014、2015、2016と3年連続で賞を取っている人気の家計簿アプリです。 日経新聞やWBSなど多数のWEBメディアで紹介されており、利用者数は600万人を超えています。 マネーフォワードの注目機能は以下の3つ。 銀行口座やクレジットカードと連携してWEB明細を自動的に取得し、家計簿に反映• 株式やFXの資産管理にも対応可能• マンスリーレポートで節約すべきポイントがすぐにわかる 銀行口座やクレジットカードと連携でき、収支が自動的に登録されます。 ATMまで行かなくても口座の残高がわかるのは嬉しいですよね。 レシートはもちろん自動読み取りで面倒な入力は無し。 支出をグラフ化してくれるので、 自分がどこにお金をかけてしまいがちなのかわかりやすいのもポイントです。 マネーフォワードを利用している人は、 平均19,090円の収支改善ができているというデータもあり、家計を見直したい人におすすめです。 AndroidとiPhone両方で高い人気を誇っている家計簿アプリです。 1-2 家計簿Dr. Wallet 画像引用元: レシートの読み取り精度No. 1を謳う家計簿アプリです。 その秘密は、なんと無料アプリにもかかわらず、 読み取ったレシートをオペレーターが目視でチェックして手入力してくれるところにあります。 Walletの注目機能は以下の3つ。 オペレーターが目視で手入力してくれるので、 レシートの読み取り精度は99. 手書きの領収書やAmazonの領収書にも対応• Suica、PASMO、ICOCAなどICカードにも対応 レシートを人の目でチェックするため、通常は自動的にデータを読み込むことが難しい 手書きの領収書やAmazonの領収書もしっかり読み取ってくれます。 その上、 自動的に商品のジャンル分けまでしてくれるのです。 もちろんプライバシーはしっかり管理されているので安心して利用できます。 「そうは言っても、人にレシートを見られるのはやっぱり気になる」という場合は、自分で手入力することも可能です。 また、SuicaやPASMOなどのICカードの管理にも対応しているので、 乗車記録や残高管理もラクラク! 電車やバスなど公共交通機関での移動が多い人には嬉しい機能です。 収支のデータは自動的にグラフ化されるので面倒な作業は一切無し! ズボラさんにもぜひおすすめの家計簿アプリです。 1-3 家計簿レシーピ! 画像引用元: 300万ダウンロード突破、可愛いアルパカのキャラクターが魅力的な家計簿アプリです。 毎日使うものですから、せっかくなら可愛いものを使いたいですよね! でも、可愛いだけじゃないんです。 家計簿レシーピ!の嬉しい機能はこちら。 レシートの読み取り精度が良く、登録があっという間に終わる• 購入した食材をもとにレシピを提案• 頑張って継続するとポイントを貯められる レシートの撮影読み取り精度が良く、その使いやすさが人気を集めています。 アプリを使っているうちに貯まっていくポイントも嬉しいところ。 また、読み込んだレシートの情報をもとに、その日の献立も提案してくれます。 毎日の献立、悩みますよね…。 「今日のご飯は何が良い?」と家族に聞いても、返ってくるのは「何でもいい」の一言。 献立を考えるのが一番疲れるという方は多いのではないでしょうか。 でも家計簿レシーピ!なら、 食材を購入してレシートをスマホで読み取るだけでレシピを提案してくれるので、毎日の献立に悩むことも少なくなるはず! また、買うものメモやカレンダーも登録できる優れものです。 さらに、 複数の支出を管理できるしっかりモードもあるので、用途ごとに管理簿を分けることもできます。 気軽に家計管理したい方から、しっかりめに管理したいという方まで、幅広く利用できるアプリです。 次の章でも引き続き、 アプリストアで大人気の家計簿アプリをご紹介します。 1-4 かんたん家計簿カレンダーKakeibon 画像引用元: なんと 人工知能が節約ポイントをアドバイスしてくれる家計簿アプリです。 銀行や年金、公共料金や電話料金と連携でき、出入金を自動で記録する事ができます。 直近1年間で1番支出が多かった費目をランキング形式で見ることができるのも面白いポイント。 Kakeibonの注目機能は以下の3つ。 カレンダー式でシンプルな操作画面が使いやすい• 人工知能「SOINN」が収支や支出傾向を見て使いすぎをチェックしてくれる• 金融機関レベルのセキュリティで安心して利用可能 まず注目したいのは セキュリティレベルが非常に高いという点です。 Kakeibonは1,300以上もの金融機関やサービスと連携できるのですが、「他のサービスと連携するのはセキュリティ的に心配で抵抗がある」という人もいるかと思います。 しかし、Kakeibonは 外部の監査機関で実地監査を受けるなど、セキュリティの向上に努めているので、安心して利用することが可能です。 また AIが使いすぎをチェックしてくれたり、自分と似ている属性のユーザーと比較した上で 節約できるポイントを教えてくれたりするのも嬉しいところ。 月額200円のプレミアムプランでは、ATMから出金したお金をお財布への入金として自動で計算してくれます。 また、将来のライフイベントに向けていくら貯めれば良いのか、その目安や貯蓄の途中経過を確認することもできます。 1-5 家計簿Zaim 画像引用元: 有吉ゼミやノンストップでも紹介された実績があり、 口コミだけで750万ダウンロードを記録した人気家計簿アプリです。 3日坊主になってしまいがちな家計簿を上手く続けられるシステムになっている点が人気の秘密。 家計簿の入力が簡単で、 記録し忘れを防ぐアラーム機能なども付いています。 使い方マニュアルもあり、ややこしい作業が苦手な人でも使いこなせるよう工夫されているアプリです。 そんなZaimの注目機能は以下の3つ。 レシート読み取りはもちろん、 音声入力にも無料対応• 自分以外の人と家計簿のアカウントを共有可能• 世界各国100以上の通貨に対応 レシートから費目や金額を取得できるだけでなく、一度お金を支払ったお店を登録できたり、スーパーの特売情報を確認したりすることが可能です。 また、 住んでいる地域の給付金や控除を抽出することもできるので、自分でわざわざ調べて入力するといった手間が省けるのも嬉しいですね。 記録したデータは パソコンからExcelファイルに落とすことができるので、確定申告の際の医療費控除など各種控除の申請も楽にまとめることが可能です。 1-6 家計簿Moneytree 画像引用元: 貯蓄からマイル、ポイント、証券まで資産を全て管理できるMoneytree。 家計簿としての基本的な機能を網羅しているにもかかわらず、無料で利用できるのが嬉しいポイントです。 そんなMoneytreeの注目機能は以下の3つ。 ポイントの有効期限切れを防ぐ通知機能• レシートを読み込んだらAIが自動的に費目を判別• 個人の支出と経費を1つのアプリで一括管理 貯めたはいいものの、ついつい利用するのを忘れてしまいがちなマイルやポイント。 いざ使おうと思ったら期限が切れてしまっていてガッカリ…なんてこともありますよね。 Moneytreeならそんなガッカリを未然に防ぐ、 期限が近いポイントを通知してくれる機能があるのです! また、 クレジットカードや銀行口座を登録して一括更新もできるので、わざわざ銀行に出向かなくても残高やクレジットカードの明細を把握できます。 口座引き落とし日を通知してくれる機能もあるので、お金の振り込みを忘れてしまっても安心です。 他にも、有料で経費精算機能がついているので、 フリーランスや個人事業主の方にもおすすめのアプリです。 次の章では、 シンプルな操作感が魅力的な家計簿アプリをご紹介します。 2 シンプル操作が魅力!簡単だから続けられる家計簿アプリ 「色々な機能があっても使いこなす自信がないし、続けられないよ…」という方におすすめしたい、 直感で操作できるシンプルさが魅力の家計簿アプリをご紹介します。 2-1 2秒家計簿おカネレコ 画像引用元: 余計な機能は省いた、とにかく簡単でシンプルなアプリ。 その名の通り、2秒で登録が済んでしまう手軽さが続けられる秘訣です。 おカネレコの使いやすいポイントは以下の3つ。 費目と金額を入力するだけで簡単登録• 見やすい支出の円グラフ• 日ごとの出費もわかりやすいカレンダー機能 銀行口座登録やクレジットカード登録はできませんが、サクサク手軽に利用したい人にはピッタリです。 有料版では、 レシートの読み取り(1ヵ月無料お試しもあり)や費目のカスタマイズ(最大90個)、Excel出力、DropboxやEvernoteへのバックアップにも対応。 まずは無料版のおカネレコを試してみて、慣れてきたら有料版に切り替える、という使い方もおすすめです。 2-2 きせかえ家計簿 recemaru [レシマル] 画像引用元: 着せ替え機能で自分の好みに合わせて使える家計簿アプリです。 基本的な登録機能だけを備えているため、簡単に操作できます。 機能が多いアプリは苦手という方におすすめです。 レシマルの使いやすいポイントは以下の3点。 直感操作可能&レシート読み取り機能で継続ラクラク• 自分に合ったデザインを全11種類から選択可能• 簡単なユーザー登録をすればバックアップも可能 読み取ったレシートの画像を保管することも可能です。 画像で保管しておけば、レシートをなくしてしまったり、印字が消えてしまったりしても後で見返すことができます。 2-3 レシートストック 画像引用元: レシートを撮影して費目を登録するだけ。 シンプルさが魅力の家計簿アプリです。 撮影したレシートの画像は保存可能で、後で確認することができます。 レシートストックの使いやすいポイントは以下の3つ。 一度に撮影できないような 長いレシートは、最大3回分割で読み込み可能• パソコン版としてリリースされている「やさしく家計簿 v. 0」と連携可能• 月あたり最大200枚のレシートが登録可能 「余計な機能はいらないから、とにかく使いやすい家計簿アプリが良い」という人におすすめのレシートストック。 レシートを撮影して登録する事だけに特化したアプリです。 スキャナ機器からWi-Fiを経由してレシートを取り込むこともできます。 また、パソコン版の「やさしく家計簿 v. 0」と連携することで、「スマホではサクッとレシート管理、パソコンでしっかり支出管理」などといった使い方も可能です。 バックアップの登録や復元も可能なので、「せっかく登録したデータが機種変更したら見られなくなってしまった!」なんてこともありません。 次の章でも引き続き、 シンプルな操作感が魅力的な家計簿アプリをご紹介します。 2-4 レシーカ 画像引用元: レシーカは、 スマホで読み取ったレシートを登録するだけでTポイントが貯まる家計簿アプリ。 家計簿をつけながらTポイントを貯められるので、家計管理をしつつ、さらなる節約につなげることも可能です。 家計簿としての機能はシンプルで、予算設定やグラフ、カレンダーなどを利用することができます。 レシーカの使いやすいポイントは以下の3つ。 レシート読み取りに加え、スキャンしにくいものは 商品のバーコードから登録可能• アプリ内で貯めたTポイントの確認• デザイン設定機能 保存しておいたレシートをいざ読み込もうとしたら、シワになっていて読み込めなかった…という時でも、 バーコードから商品をスキャンして登録することができます。 また、 レシート1枚につき1Tポイントが加算されます。 通常、1Tポイントを獲得したい場合は、ファミリーマートで200円分のお買い物をしなければなりませんから、レシート登録だけでポイントが貯まっていくのはかなりお得です。 「機能はシンプルなのが良いけど、続けていく上で何かご褒美が欲しい!」そんな人におすすめのアプリです。 2-5 マムクラウド家計簿 画像引用元: 基本機能は品名と費目、金額を登録するだけ。 簡単操作が魅力の家計簿アプリです。 支払先や内訳はカスタマイズ可能で、自分が使いやすいように設定できます。 そんなマムクラウドの注目機能は以下の3つ。 電子マネー情報の取り込み• 資産移動も簡単入力• お買い物と同時にポイント管理 シンプルながらも、電子マネー情報を取り込んだりポイント管理ができたりするなど、十分な機能が備わっています。 口座登録やクレジットカード登録などはできませんが、 マルチデバイスに対応しているため、デバイスを選ぶことなく家計管理が可能です。 3 レシート読み取りアプリを利用して家計簿記録を続けよう 家計簿の記録は毎日のことなので、記録をサボればサボるだけ、後々辛くなっていくものですよね。 長くしっかり家計簿を記録していくポイントは、 とにかく簡単なことにつきます! 今回ご紹介したアプリは、 スマホからレシートを読み取ることができるので、面倒な入力作業は不要です。 また、家計簿以外の機能を搭載しているものを利用すれば、生活がより便利になる可能性も。 自分のライフスタイルに合った家計簿アプリをインストールしてくださいね!.

次の