クレア の 秘宝 伝 設定 示唆。 クレアの秘宝伝 〜眠りの塔とめざめの石〜 設定判別・設定差・解析・評価・感想

REG中の設定示唆:クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡(パチスロクレア3)

クレア の 秘宝 伝 設定 示唆

設定 50枚貸し 47枚貸し 5. 0枚交換 5. 6枚交換 5. 0枚交換 5. 6枚交換 1 41. 13% 38. 50% 41. 17% 38. 34% 2 49. 32% 46. 48% 49. 50% 46. 55% 3 64. 83% 62. 20% 65. 10% 62. 40% 4 77. 34% 75. 18% 77. 31% 75. 00% 5 85. 74% 84. 10% 85. 69% 84. 06% 6 96. 27% 95. 67% 96. 30% 95. 高設定ほど段階的に優遇されている。 00% 0. 80% — 87. 20% 2 13. 00% 1. 60% — 85. 40% 3 14. 00% 2. 40% — 83. 60% 4 15. 00% 2. 70% 0. 15% 82. 15% 5 16. 00% 3. 20% 0. 20% 80. 60% 6 17. 00% 3. 60% 0. 25% 79. 番長・クレア・忍魂・ギラ爺・シェイクRTはRT中にボーナスを引くことができれば高設定示唆演出が発生する可能性がある。 なお、鏡と吉宗RT中はボーナスを引かなくても示唆演出が発生する可能性がある模様。 5% 2 12. 5% 3 20. 0% 4 20. 0% 5 25. 0% 6 25. 00% 0. 80% — 87. 20% 2 13. 00% 1. 60% — 85. 40% 3 14. 00% 2. 40% — 83. 60% 4 15. 00% 2. 70% 0. 15% 82. 15% 5 16. 00% 3. 20% 0. 20% 80. 60% 6 17. 00% 3. 60% 0. 25% 79. 番長・クレア・忍魂・ギラ爺・シェイクRTはRT中にボーナスを引くことができれば高設定示唆演出が発生する可能性がある。 なお、鏡と吉宗RT中はボーナスを引かなくても示唆演出が発生する可能性がある模様。

次の

REG中の設定示唆:クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡(パチスロクレア3)

クレア の 秘宝 伝 設定 示唆

『秘宝伝シリーズ』初のノーマルタイプとして登場し、長期に渡り人気を博した『クレアの秘宝伝』の第二弾が登場。 本機もボーナスのみで出玉を増やすノーマルタイプだが、BB終了後に30GのRTが付くのが特徴だ。 エンブレム????? ミーモ・ダンシング 最初から選択可能 鏡RT 大盤振舞じゃ! 最初から選択可能 吉宗RT フラウエム(広い海) BB回数3回目 そこにあるかも知れない… 最初から選択可能 イマ コノ トキ ダケ RT中BB連荘:吉宗RT 刹那のアケルナル BB回数7回目 メガ!ギガ!サマー! 最初から選択可能 ギラ爺RT 楓 RT中BB連荘:忍魂RT 忍魂RT Fly High 最初から選択可能 Welcome To The Paradise????? I'm The Boy RT中BB連荘:SHAKE RT シェイクRT BanBaban BB回数4回目 Reach Out! 13 ベル・スイカ・チェリー確率に設定差アリ。 設定推測の際はカウントするようにしたい。 3役をそれぞれカウントすることで、推測の精度は上がるので、カウントする際は3役カウントをおすすめする。 78 チャンス目は全設定共通。 強チャンス目には設定差があるが、1日打っても出るか出ないかレベルの数値なので、過信は禁物。 2回出現で高設定濃厚程度で考えたい。 13 ベル・スイカ・チェリー確率に設定差アリ。 設定推測の際はカウントするようにしたい。 3役をそれぞれカウントすることで、推測の精度は上がるので、カウントする際は3役カウントをおすすめする。 78 チャンス目は全設定共通。 強チャンス目には設定差があるが、1日打っても出るか出ないかレベルの数値なので、過信は禁物。 2回出現で高設定濃厚程度で考えたい。 スイカ+ボーナス同時当選時のボーナス振り分け率 設定 赤同色 黄同色 赤異色 1 27.

次の

クレアの秘宝伝2 設定判別 確定演出 打ち方 演出法則 解析まとめ

クレア の 秘宝 伝 設定 示唆

9 96. 2 98. 2 99. 5 104. 0 108. 2 115. 9 97. 0 98. 5 101. 3 104. 6 108. 4 113. 3 97. 5 98. 6 101. 0 106. 3 108. 2 114. 3 97. 0 99. 4 103. 6 106. 4 109. 9 114. 0G 基本スペック.

次の