マスカット 語源。 ミュスカ、ミュスカデ、ミュスカデルの違い

果実の知識【マスカット】<丸果石川中央青果>

マスカット 語源

語源 [ ] 英語の"mascot"という語の語源に関してははっきりしていないところが多く、また、この言葉が人々の間で広く使われるようになったのはのオペレッタ作品によるので、まずは19世紀の用法から説明し、そこから順に古い方へと起源を辿る形で説明を試みる。 一般にこの言葉が広まったのは、にフランスの作曲家 ()が制作した"La Mascotte"という題の喜劇による。 これは、ある家に棲みついたがその家に住む農夫に幸運をもたらす、という物語である。 これは翌には、かなりトーンダウンした形で英語に翻訳され英語圏で上演され、このような意味・用法が人々の間に広まった。 オードランが作品名にmascotteという言葉を用いた19世紀、フランスの方言には「mascotte」という語があり、の魔術、親身になってくれる、幸運をもたらすもの、といった意味で用いられていた。 このフランス語の方言の「mascotte」の起源ははっきりしないが、おそらくの「mascoto」(「魔法使い」や「」)である。 (というのも、ナルボンヌのの写本では、「mascoto」は、女からの誘惑、賭けごとにおける魔法などの意味で使われているから。 このmascotoの語源は、masco(「魔法使い」)で、その起源をさらに辿ると、古プロバンス語の「masca」で、そのmascaの起源となると、確かなことはわからないが、のmasca(「顔をかくすもの」「」などの意味)が語源である可能性はある。 一方、masquという言葉は「何かに覆われた、隠された」という意味だが、には、出産の際にに包まれて生まれてきたにはが宿っているという言い伝えがあり、そこから"masqu"という語が「家に幸運をもたらすもの」を表すようになったのではないかと言われている [ ]。 スポーツマスコット [ ] アメリカ合衆国のシンボルであるは、同国では大統領の紋章のほか、海兵隊やSEALSのエンブレムとしても採用されている マスコットは、やを始めとする組織に古くから普及していた。 のに描かれているやブルドッグ等はよく知られた例である。 またイギリス軍の連隊の多くはそれぞれの生きた動物をマスコットにしており、などのマスコットをパレードの際にひきつれて歩く光景がよく見られる。 の各隊もヤギをマスコットにして、パレードや式典に帯同させている。 の中のの楽隊は、のを訪問する際に「」という名前のを連れている。 ミリタリーマスコットが実際に従軍した事例としては、「」やなど各国海軍のや、ポーランド軍のなどが知られている。 その他のマスコット [ ] 詳細は「」、「 」、および「 」を参照 人間型のマスコットはしばしば論争の種になる事がある。 例えば、米国の「Fighting Illinois(戦うイリノイ族:の語源となった)」のマスコットは、問題の観点から問題視された。 このような問題はイリノイ大学の様な大きな学校に限らず存在し、(生徒数2000人程度)ののを模したマスコットは、サクソン人の優越を示すものとして抗議を受けた(これらの問題に対してはの指摘もある)。 ではやなどにマスコットやキャラクターを用いることは控えられており、に対して影響があるとのことでしばしば販売者側と等の間で問題となっている。 近年の例ではのドン・シボリオーネ(『サッポロ生搾り』のに出てくる犬型の)などが挙げられる。 脚注 [ ] [].

次の

果物のマスカットの語源って何ですか?オマーンの首都のマス...

マスカット 語源

マスカットの香り マスカットは地中海地方が原産で、和名は「ヨーロッパブドウ」といいます。 マスカットの歴史は古く、クレオパトラも好んで食べていたと言われています。 面白いのはマスカットの名前の由来です。 詳しくは後述しますが、マスカットは昔から魅力的な香りとして親しまれてきました。 マスカットの香りには、今も昔も変わらない不思議な魅力があるということですね。 マスカットとワインの香り マスカット系のワイン美味しいですよね^^ 実はワインの世界でも「フォックス・フレーバー」「フォクシー・フレイバー」と呼ばれるムスクの香りを表す言葉が存在します。 マスカット系の品種で醸造したワインにあるようです。 ワインの説明では「女性を虜にする香り」として紹介されてます。 マスカットとマスクメロン 食材で似た名前にマスクメロンがありますが、マスクメロンも同じく「MUSK(ムスク)」が語源だと言われています。 マスカットとムスクの関係 マスカット(Muscat)のスペルはムスク(Musk)からきています。 香水でもお馴染みのムスクは、日本語で麝香(じゃこう)。 麝香とは、ジャコウジカから摂取した香料です。 (詳しく言うと、雄のジャコウジカの腹部にある香嚢腺から得た分泌物を乾燥させたもの。 おヘソの下あたりです) ムスクはフェロモンとの関連性も深い成分です。 麝香(じゃこう)=「ムスク」 ムスクはジャコウジカの性フェロモンではないか?という説もある不思議な成分です。 ちなみにですが、香水に使われるムスクは合成ムスクが用いられています。 (本物はワシントン条約で禁止されてます) もしかしたらマスカットの香りにも、気になる異性を誘惑する何かがあるのかもの知れませんね^^ ちなみに僕がノックアウトされたベッド専用香水シリーズにマスカットの香水がありましたw(ノックアウトの感想は) リビドーディープマスカットという香水です。

次の

「白ブドウ」と「マスカット」の違いを解説!意味は?同じ物?

マスカット 語源

ページコンテンツ• 果物の英語名一覧 ・りんご apple(アッポー) An apple a day keeps the doctors away. 「1日1個のリンゴは医者いらず」 この様な諺が欧米にはあります1日に1個リンゴを食べて入れば病気にならないという意味です。 健康にもとても良いリンゴ。 しかし実はこのリンゴはバラ科、バラの仲間だそうです。 意外ですね!! そして多くの神話に「禁じられた果実」や「超神秘的」なものとして使われています。 歴史的にも長い果物の一つです。 そして!!4000種類ものリンゴが世界中にある中で、青森県で生産されている「ふじ」という品種のリンゴが世界一生産量の多いリンゴの種類だそうです! ・青りんご green apple(グリーンアッポー) 「青」って、英語だとグリーン(緑)なんですよね。 青信号がGreen lightだったり。 日本では不思議と緑を「青」と呼ぶことが多々ありますね。 実際に赤いリンゴと青リンゴには何か違いがあるのでしょうか? よく食べられるのは赤いリンゴ。 青リンゴはどちらかというと飲み物の方でよく聞きます。 青リンゴサワーとか。 実際赤リンゴと栄養は少しの違いしかなく、味と食感がこの2つの大きな違いでしょうか。 青リンゴは赤いリンゴと比べると食感がシャキシャキしていて、味もより酸っぱいという特徴があります。 みなさんはAppleとGreen Appleどちらがお好きですか? ・イチゴ strawberry(ストロベリー) Strawberry(ストロベリー)は「藁 straw のベリー berry 」と解釈できるが、名前の由来ははっきりしていない・・そうです。。 Strawberryの実には種も一緒に付いています。 ちょっとした豆知識ですが、一体いくつの種がくっついるか皆さんご存知ですか?なんと200もの種入っているそうです!ほぼ種(笑)そしてこのStrawberry、リンゴと一緒でバラのお仲間。 不思議ですよね。 If you cut a strawberry in half and share it with someone, you will fall in love with each other. 「いちごを半分に切って誰かと分け合って食べると、2人は恋に落ちる」 あと海外ではいちごにまつわるこんな迷信もあります。 ロマンティックですね。 スウェーデンではこのいちごを歯につけて、歯についているステインをとる。 歯磨き粉として使うこともあるそうです。 世界って広い!! ・アボカド avocado(アボカド) アボカドを英語でいうと? メキシコと中央アメリカが原産地。 ・・そんなことより、「果物」なことにびっくり!そして世界一栄養価の高い果物。 ギネスブックにも載っています。 さらに森のバターとも呼ばれていて、とても健康によく老化防止や体内デトックスなどの効果も抜群! ・オレンジ orange (オーレンジ) オレンジの起源はサンスクリット語から来ていると言われている。 日本の場合「みかん」をオレンジと訳されていることもあるが、実際には同じ属性ではあるが別の種類。 アメリカではオレンジの生産の70%フロリダ州でされ、その90%がオレンジジュースになるそう。 朝の飲み物の定番ですよね! ・木イチゴ raspberry(ラズベリー) Raspberryの語源はバラ色で甘いワインのRaspiseから来ていると言われている。 こちらもいちごと一緒でバラ科。 香りと可愛い紅色が特徴の果物。 フランス語ではフランボワーズとも呼ばれている。 ビタミンCが豊富で食物繊維もたっぷり、それでいてカロリー控えめ。 ラズベリーにはいくつかの違った色の種類があり、赤、黒、紫、ゴールドがある。 その中でもゴールドが一番甘い。 ・キウィ kiwi(キウィ) 以前はKiwifruitと呼ばれていた。 Kiwiというと鳥の種類や人の種族を指すことが一般的でした。 その昔ニュージーランドからアメリカへ輸出される際に、ニュージーランドのシンボルである鳥のKiwiから由来しています。 日本で流通しているKiwiの多くはニュージランドで作られています。 ・グレープフルーツ grapefruit(グレイプフルーツ) 甘酸っぱくて美味しいグレープフルーツ。 ジュースで飲んでもとっても美味しですよね!でもこの美味しいグレープフルーツ。 なぜグレープという言葉が含まれているのでしょうか? グレープフルーツの名前の由来は、グレープフルーツの実り方からきているみたいです。 グレープフルーツは木で実がかたまりでなる。 それが葡萄のグレープに似ていたというところから来ているそうです。 ・ココナッツ coconut(ココナッツ) ココナッツを英語でいうと? 南国の島でよくみられるココナッツ!ハワイでもたくさん消費されています。 このココナッツとっても体に良いんです。 しかし良く実を割ってそのまま中身のジュースを飲むイメージがありますが・・・。 そのまま飲むと結構まずいのです・・(笑) ココナッツのココはポルトガル語からきているみたいです。 幽霊や魔女などを思い起こさせるような形という意味みたいです。 ココナッツはラグビーボールくらいの大きさで、1個だいたい4kgくらいの重さがあります。 (結構重いです) それが何かの頭の形に似ていて、それが幽霊や魔女などに見えたのかもしれませんね。 ・さくらんぼ cherry(チェリー) Cherryの言葉の由来は昔の北フランスまたはラテン語が由来みたいです。 日本ではさくらんぼと呼ばれています。 海外から輸入されたもの、またはさくらんぼが加工されたものを日本では「チェリー」と呼んでいます。 ・パイナップル pineapple(パインナップル) パイナップルを英語で言うと? Pine=松ぼっくり。 「Pine Tree=松の木」と表現します。 英語ではAppleはりんご以外も含む果物一般のことを指すことがあります。 原産地はもともとブラジル。 ハワイでもとてもよく消費されています。 特にホワイトパイナップルは絶品!! ・バナナ banana(バナナ) 西アフリカのウォロフ語のBanaana バナアナ)がスペイン語、ポルトガル語を経て、英語になったと言われています。 栄養か抜群で日本でも手頃に食べれる朝食としても食されている果物です。 日本では沖縄で生産されていますが、ほとんどが海外からの輸入品。 フィリピン・台湾・エクアドル産が有名です。 ・パパイヤ papaya(パパーヤ) パパイヤを英語で言うと? ・ドリアン durian(ドリアン) ドリアンを英語でいうと? マレー語の「ドリ」から来ている。 果物の王様ドリアン。 匂いは強烈で腐った玉ねぎのような匂いがする。 ・ぶどう grape(グレイプ) 新鮮なままのぶどうも美味しいが、ワインや、ジャム、レーズン、お酢などとしても使われている。 ・プラム plum(プラム) プラムは人間によって飼育された最初の植物の一つと言われている。 ・ブルーベリー blueberry (ブルーベリー) ・マスカット muscat(マスカット) マスカットの語源の由来は諸説ある。 もっとも一般的なものはパーシアン語、ギリシャ語、フランス語、イタリア語にマスカットに近い言葉がある。 それが変化してマスカットと呼ばれている。 ・マスクメロン muskmelon(マスクメロン) マスクメロンを英語でいうと? イギリスで改良された,メロンの代表的品種。 果実は球形で,表皮に細かな網目がある。 高級果物として温室栽培される。 ・マンゴー mango(マンゴー) ・桃 peach (ピーチ) ・ゆず yuzu (ユズ) 韓国語ではYujaと呼ばれている。 ・イチジク fig(フィッグ) FigはFicus(フィカス)というラテン語から転じた言葉だと言われています。 ・柿 persimmon(パーシマン) 幅広く栽培されているものは日本の柿が多い。 ・栗 chestnut (チェスナッ) ・スイカ watermelon (ワーラーメロン) ・ナシ pear (ピアー) ラテン語で梨の木を意味するPiraが語源と言われている。 ・びわ loquat (ロウクワット) この単語はなかなか知っている人は少なかったのではないでしょうか? ・メロン Honeydew melon (ハニーディウメロン) マスクメロンの一種でハニーデュウとも呼ばれることもあります。 ・みかん mandarin orange (マンダリン オウランジ) 日本でよく食べるみかんはMandarinと呼びます。 ざくろ Pomegranate(ポメグラネイトゥ) 海外のスーパーマーケットに行くと、比較的よく見かけるザクロ。 日本ではあまりみかけません。 私も海外で初めて食べましたが、非常に美味しい果物の一つですね。 発音が少し難しいのですが、しっかり発音して練習してください。

次の