お尋ね したい こと が あります。 日本獣医学会のQ&A

[mixi]専科の先生にお尋ねしたいことがあります。

お尋ね したい こと が あります

> > 動物の病気や健康 Q:犬の爪の血管・神経についてお尋ねしたいことがあります。 犬の爪の血管・神経についてお尋ねしたいことがあります。 犬の爪が伸びると、それに合わせて血管・神経もどんどんと伸びてくるのでしょうか? 散歩で爪が削れて出血してしまったという経験がないので、一定の長さから伸びていないような気もするのですがどんなんでしょうか。 またその逆で深く爪を切って血管切りをおこなうと、血管が退行していくといった記載も目にします。 ただ一定の長さまでで、無限に伸びることは無いです。 本来爪は、固い地面へ接地時に滑り止めのスパイクの役目を果たすと同時に、自然にすり減ります。 そのため過度にすり減った時も血管、神経のある層まで傷つけて出血しないように、伸長に制限があると思います。 一方、故意に深爪をして血管、神経のある層まで傷つけていると、反応して退行していきます。 深爪した場合は、消毒と止血を兼ねた薬を塗布します。 この薬は動物病院やペットショップなどで、販売しています。

次の

初めて作るにはどんな着物を選んだら良いか?と聞かれますが、、、

お尋ね したい こと が あります

算数少人数担当です。 週25時間で空きの4時間のうち2時間は担当学年の体育の補助をしています。 あとの2時間はしんどいクラスの補助をしたり、担当学年の行事ごとを手伝ったりしています。 もちろん宿題のプリントなどの用意もします。 給食は担当学年に入って給食指導してるし、掃除も見ています。 20分休みや昼休みはしんどい学年の見回りをして、安全確保やケンカの仲裁をしています。 個人懇談や家庭訪問、所見を書く時期には子どもたちの様子で気になる点を1人ひとりメモして各担任にわたします。 要録やいろんな書類でハンコ押しとかかけるところは書いてます。 採用されて3年目、1年目は担任で2年目からは今の立場ですが、「専科は楽でいいなぁ」と言われるのが一番嫌です。 だから空いた時間はできる限り担任のサポートをしています。 自分が担任だったときにしてくれたらうれしかったことをしています。 夏休みも担任の先生に比べて研修は多いです。 観葉植物さんの質問がどのような意図なのかはっきりわかりませんが、とらえ方のよっては気分を害される方もおられるのではないでしょうか?? 昨年度まで音楽専科をしていました。 今年度から担任をしています。 確かに専科は担任に比べると諸帳簿など目に見える雑務が少ない分、楽に見られがちだと思います。 でも、専科も沢山のクラスに入り多くの子ども達と接し、それぞれの担任の先生方に気を使いながら過ごしているので違う疲れはあります。 なので私は、楽に見えても気を抜くときは必要だと思うので、夏休みは心と体のリフレッシュという意味で部活やプール指導、研修がないときはゆっくり休んでいました。 あと、若手の多い職場だったので体育館で遊んだり・・・。 それが多かったかな もちろん2学期の準備もしたりはしましたけどね。 沢山曲を聴いて授業で使えそうな曲はないかなどなど。 講師で教採があるなら、その勉強にまずは専念してもよいのでは?どのような職場の雰囲気かはわかりませんが、自分のために有効に時間を使うのも必要なことだと思いますよ。 他の先生方の目が気になり、自分からやれる仕事はないかと探すことはとても大切なことですが、特になければ「何かあるときには使ってください」と声をかけておけばいいのでは? 『暇って思われるのが嫌』とありますが、仕事量や内容が違うのは立場が違えば色々なことが違うのが当たり前なので仕方がないのでは?自分で仕事を探そうとしているあなたの姿をきちんと見てくださっている先生方もいらっしゃると思いますよ。 職場で教採の勉強をするのをためらうのであれば、年休を使って学校にはいるけど幽霊状態?にしておけば休日出勤と同じで勤務時間中に・・・という変な気の使い方もしなくてよいのでは。 それができる雰囲気ならいいと思いますけどね。 私の前の職場は年休にしておいて自由出勤という形を取る方が結構いらっしゃいましたよ。 長文失礼しました。 聞かれたい内容と違う部分が多くあったかもしれません。 皆さん、こんにちは。 私の学校ではたしかに、専科と呼ばれる、算数少人数や、図工、音楽は 授業時間数だけで言えば少ないです。 算数少人数の先生は生活指導主任(主幹2)の先生で主幹軽減があり、 その分で相殺されます。 (実際は普通の先生より忙しい方です) 環境整備や教材研究は普通の先生と同じかそれ以上になさっていますし、 特に、それを理由に「楽」という感じは受けません。 (図工の先生は1年から6年までのすべての児童に対して所見を書いて くださいます) 私の学校ではそれよりも、学年間の授業時数の差が大きく、そちらの方が 問題視?されています。 ただ、授業数の少ない先生が、授業数の多い学年で授業を代わりに… みたいなことは、一般的ではないので、しょうがないんじゃない?という ことになっています。 私は、授業時数の多い少ないは「楽さ」を計る指標としては不適切だと おもっています。 先生によっては「どんなに時数が少なくても理科のない学年はやりたくない!」 という方もいらっしゃいますし、「生活科命」という方もいらっしゃるでしょう。

次の

「聞きたいことがある」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

お尋ね したい こと が あります

最初の項目では「聞きたいことがある」の敬語表現について紹介してまいりました。 この項目ではより「聞きたいことがある」という敬語の実用的な表現かつ使い方について学んでいきましょう。 敬語の種類 そもそも敬語の種類とは大きく分けて三種類です。 目上の人に直接敬意を表すのが尊敬語、目上の人に対し自身を下げる表現を使用することで敬意を表すのが謙譲語、「です」「ます」といった語尾を使用し聞き手に対し丁寧に表現するのが丁寧語です。 この他、美化語といったものも存在しています。 このように、敬語とは自身が話し手なのか、聞き手なのかによっても使い方が変化する日本語の中でも独特の存在感を持っている言語であります。 次の項目からはその具体的な敬語での使い方について見ていきましょう。 使い方 「聞きたいことがある」という敬語表現そのものは自身が主体となり、相手に問いかけをする表現なのでこの「聞きたいことがある」という問いかけを行うのは自身よりも目上の立場の人になります。 その他はビジネスシーンなどで取引先の相手などに使用することが主な使い方です。 「お聞きしたいことがある」 この表現は非常によく使われる表現のひとつです。 この敬語は目上の方に何かを尋ねるときに使用する表現で「聞きたいことがある」という敬語表現の中では一番使うことの多い敬語であると言えるでしょう。 「お伺いしたいことがある」 この「お伺いしたいことがある」という敬語表現は二重敬語で「お~なさる」という敬語表現と「伺う」という敬語表現が重なっています。 しかし、先ほどの「お聞きしたいことがある」という表現との区別はありません。 ちなみに、この表現は先ほどの「お聞きしたいことがある」という敬語表現よりは丁寧なものですが、この「お聞きしたいことがある」という敬語表現よりはあまり使われることがない表現です。 メールでの使い方 この「聞きたいことがある」という敬語表現は前述の項目でも紹介したように、どのような場面でも使うことが可能なので会話での使い方とメールでの使い方の区別はありません。 この項目では具体例を用いて紹介していきます。 もちろんこの表現は、メールで使う以外にも会話でも使用することが可能です。 この表現が「聞きたいことがある」という敬語表現の中では一番よく使われる表現であります。 なので非常に利便性の高い表現であります。 ちなみに、この二重敬語とは敬語の中でも独特の存在感を秘めている言語で使い方が限られます。 自身や自身の身内 会社など は使うことが可能ですが、間違っても目上の人に対して使ってはいけないので注意が必要です。 このようにこの「聞きたいことがある」というのは使い分けの難しい表現の一つであります。 もちろん、敬語にはこれ以外の表現にも使い分けの難しいものが存在していますので日ごろから敬語について勉強しておくことが大切です。 「聞きたいことがある」を敬語表現するときの例文 「聞きたいことがある」という敬語表現の主な使い方を前述の項目では紹介してまいりました。 この項目では前述の項目で紹介した「聞きたいことがある」という表現の使い方を具体的な例文を用いて紹介していきます。 「お伺いしてもよろしいでしょうか」 この「聞きたいことがある」の言い換え敬語表現である「お伺いしてもよろしいでしょうか」という敬語表現は二つの意味で使うことが可能な表現です。 一つは「聞く」という敬語の謙譲語でもあることから「質問する」という意味、もう一つは「誰かを訪ねる」という意味を持っています。 そしてこの「お伺いしてもよろしいでしょうか」という表現は主にこのような例が使われます。 」 例2. ちなみにこの「お伺いしてもよろしいでしょうか」「聞きたいことがある」という敬語表現の中では非常に使い勝手のよい表現です。 この表現はビジネスシーンを問わず、さまざまな場面で使うことが可能な実用性の高い表現と言えるでしょう。 「お尋ねしてもよろしいでしょうか」 この「お尋ねしてもよろしいでしょうか」という「聞きたいことがある」の類似表現は主に、自身とは親しくない他人の立場や会社の取引先といった失礼をしてはいけない相手に対し使う敬語表現です。 使い方としては主にこのようなものが挙げられます。 」 道を尋ねるというような「質問」の場合において主にこの表現は使用されます。 ちなみにこの表現は二重敬語ではない表現なので聞き手にうっとうしさを与えることもないので非常に便利です。 そもそも「尋ねる」という表現は二つの意味で使用されます。 一つ目は「質問」の意味で、もう一つは「場所を訪れる」といった「訪問」の意味で使われます。 ちなみに前述の項目でも登場した「お伺いしてもよろしいでしょうか。 」という敬語表現はこの「お尋ねしてもよろしいでしょうか。 」という敬語表現よりは丁寧なものといえるでしょう。 「聞きたいことがある」の別の敬語表現例 「聞きたいことがある」という表現をこれまで紹介してきました。 この項目では「聞きたいことがある」の別の敬語表現として「お伺いしたいことがあるのですが」などのより実用的な表現について紹介していきます。 お伺いしたいことがあるのですが 先ほども紹介した「聞きたいことがある」という敬語の別の言い方でもある「お伺いしたいことがあるのですが」という表現、この表現についてもう一度おさらいしておきましょう。 この「お伺いしたいことがあるのですが」という表現は「聞きたいことがある」の別の敬語表現例でもある「お聞きしたいことがある」の言い換え表現です。 さらにこの表現は二重敬語でもあり、自身や自身の身内 会社など 側しか使うことができず、目上の人には使ってはいけません。 ちなみに、この「お伺いしたいことがある」という敬語表現例は「聞きたいことがある」という意味の他にも「お尋ねしたいのですか」という意味でも使われることがあります。 この区別は、それまでの会話の文脈から判断しましょう。 お尋ねしたいことがあるのですが 先ほども登場したこの「お尋ねしたいことがあるのですが」という「聞きたいことがある」の言い換えの敬語表現も非常によく使われる表現です。 この表現の方が「お伺いしたいことがあるのですが」という敬語表現よりも非常に利便性の高い表現です。 この「お聞きしたいことがあるのですが」「お伺いしたいことがあるのですが」「お尋ねしたいことがあるのですか」という表現はあまり区別がつかない表現です。 しかし、時と場合によって区別をつけることが大切なので、より丁寧に表現したいときには「お伺いしたいことがあるのですが」という表現を使うとよいでしょう。 聞き入れたいことがあるのですが この「聞き入れたいことがあるのですが」という敬語表現も「聞き入れたいことがある」という敬語の派生表現です。 この「聞き入れたいことがある」という表現も使われることが多い表現のひとつですが、「お聞きしたいことがあるのですが」や「お伺いしたいことがあるのですが」という敬語表現よりは使うことが少ないので、やや影を潜めている敬語表現といえるでしょう。 知っておいて損はない「質問したい」ときに使える類似敬語 知っておいて損はない敬語では「聞きたいことがある」の類似表現としても使うことが可能であるがあまり使われる場面の少ない「拝聴する」を用いた敬語表現を例文とともにご紹介いたします。 「拝聴」の意味 「聞きたいことがある」の類似表現としては主に「拝聴したいことがある」という表現が考えられます。 そもそもこの「拝聴する」の意味とは「聴く」という意味の謙遜語です。 謹んで聴くといったような意味で主に使われます。 使い方 そもそもの使い方としてはやはり「拝聴する」という敬語そもそもの意味から目上の方相手に使うのが好ましい表現です。 それは、「聞きたいことがある」という表現をそのまま目上の人に使うというのはやや丁寧さに欠ける表現なので目上の人に「聞きたいことがある」という表現はあまり好ましくありません。 この次はどのように使うのか具体的な例文を用いて説明していきます。 それは前述の項目でも紹介した「お聞きしたいことがあるのですが」という表現や「お尋ねしたいことがあるのですが」という表現を使用することが多くあまり「拝聴したいことがあるのですが」という表現は使わないからです。 敬語の本質とは? いかがでしたか。 今回は「聞きたいことがある」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現について紹介いたしました。 敬語表現とはその言葉そのものの意味だけではなく同じ言葉なのに文脈によっては別の意味になる場合もあり、面白い存在です。 今回紹介した「聞きたいことがある」という表現以外にもたくさんの敬語が存在しています。 そのひとつひとつが独特の個性を放ち敬語という存在は成り立っています。 しかし、敬語に限らず日本語はほんの少しの間違いで相手に誤解を与えてしまう繊細な言語です。 そしてその敬語を相手に対し失礼なく使えるということが現代人にとっては何よりも大切な要素となります。 少しの勘違いで相手に誤解を与える可能性のある敬語は、社会にでると相手に気を使う場面がたくさん存在します。 だからこそ、日頃から敬語の勉強をすることで常識ある社会人になるための第一歩を踏みだせることでしょう。

次の