カウンター キッチン 椅子。 【楽天市場】カウンターチェア

【45実例付】キッチンカウンターはこうやって作る!高さ&用途別キッチンプランの考え方

カウンター キッチン 椅子

Contents• 対面キッチンのカウンターを何に使うの? 対面キッチンのカウンター部分はさまざまな用途で活用できます。 1つは作業スペースの目隠しとしての役割、もう1つは収納スペースとしての役割、そして食事をするテーブルとしての役割です。 キッチン作業は水や油を多く使います。 カウンターがあることによって水や油が跳ねてしまったときに壁の役割を果たしてくれるという一面もあるので重宝します。 また、カウンター側に収納スペースとして活用できる棚やボックスを設置できます。 調理するのとは反対側なので、キッチンとは関係のないリビング向きのものを収納するのにも便利です。 カウンターそのものも、調味料や計量カップなどを置ける小さな収納スペースとして役立てられるでしょう。 カウンターが低い場合には、反対側に高さの合った椅子を置くことでちょうど良いテーブルになります。 広さに余裕があれば、急いでいるときや気まぐれで使うだけではなく、ダイニングテーブルを兼ねた対面キッチンとしての立派な役割を果たせるでしょう。 対面キッチンカウンターの用途は何? 対面キッチンに備え付いているカウンターはさまざまな役割を果たせますが、主にどんな用途に使うのが一般的なのでしょうか?主な3つの役割のなかから使いたい用途について聞いてみました。 【質問】 対面キッチンを設置するならカウンターはどんな用途で使いますか? 【回答数】 キッチンで作業する手元の目隠し:20 カウンター下を収納スペースとして使う:46 食事するためのテーブルとして使う:34 調査地域:全国 調査対象:年齢不問・男女 調査期間:2017年07月14日~2017年07月21日 有効回答数:100サンプル 収納があると嬉しいもの!軽食用のテーブルとしても便利 最も回答が多かったのは収納スペースとしての活用でした。 取り出しやすそうといった、機能面に対する魅力の回答も見受けられました。 ・朝食のときに食事のためのテーブルとして使いたい。 配膳と片づけが楽だから。 メインに使うというよりは、軽食や朝食用に使えるという意見が目立っています。 手軽に配膳や片付けができるのは魅力的なようですね。 ・料理をしているところはあまり見られたくないからです。 しかし、それでも見映えの良さやプライバシーの保護を考えた主張が多く、大切な役割を担うことがうかがえます。 アンケートの結果、収納に使いたいという人が多くなってはいたものの、テーブルや目隠しにしたいという意見も一定数いました。 いずれの回答を見ても、キッチンのカウンターとして重要な役割だと言えそうです。 対面キッチンのカウンターの高さは何が基準になっているの? 対面キッチンのカウンターの高さは一定しているわけではなく、用途によって大きく左右されます。 収納としてなら極端に低いということでもなければ特に気にする必要はありませんが、一定の高さがあったほうがカウンター下の収納スペースは確保できます。 もちろん、サイズの規格はメーカー毎に決められているので、細かい部分まで自分好みにカスタマイズをするのは容易ではありませんが、ある程度高ければまずは問題ないでしょう。 こだわるべきなのはあくまでも目隠しやテーブルとして使う場合です。 キッチンそのものの高さによって左右されてはきますが、一般的な高さとしては目隠しなら1mくらいが使いやすいです。 作業台部分の高さとの落差がきちんとあれば、それでも十分にリビングで過ごしている人からの目には入りにくくなります。 あまり高過ぎると、もしカウンターの上に何か物を置きたいときに手が届きにくいですし、掃除もしづらくなります。 その辺りを考慮しながら最適な高さのものを選ぶようにしましょう。 テーブル目的であれば、高さは大体85cmが望ましいと思われます。 これなら一般的なテーブルとあまり遜色のない高さですし、カウンター向きの椅子を使ったり、立食したりもしやすいはずです。 使いやすいカウンターの高さは? 対面キッチンの高さは設置前の時点で希望を出して決めることはできますが、設置後は調整できるものではありません。 つまり、目的に応じた高さを選ぶ必要があるということです。 対面キッチンのカウンターには3つの役割がありますが、すべてを兼ね備えた高さにすることはできません。 収納とテーブル、目隠しのなかから、まずは自分や家族が使う用途を絞り込みましょう。 カウンターをどんな風に使う場面が多いと思うのかを良く考え、ライフスタイルに合った目的を選ぶことをおすすめします。 カウンターの役割を絞り込んだら、目的に合った使いやすいカウンターの高さを決めていきましょう。 目隠しにしたいのなら手元で作業しているのが見えないような十分な高さが必要です。 テーブルとして使用するのなら、座って食事ができるのに適している高さがベストでしょう。 具体的な高さについては、住宅にいる家族全員が使いやすいと思えるようなサイズを目指さなければなりません。 高さの基準はありますが、少しでも高さがずれると使用感は大きく変わります。 身長や使用したい椅子のサイズなどと照らし合わせつつ、家族にとって最適なものにしましょう。 まとめ 対面キッチンのカウンターとしては3つの役割がありますが、目的によって選ぶべき高さは異なります。 目隠しなら高めにする必要がありますし、収納目的なら十分なスペースが確保できるだけの高さ、テーブルにしたいのなら椅子に座ってちょうど良い高さであることが重要です。 高さが合っているかどうかで使用の満足度も大きく左右されます。 対面キッチンを設置し、カウンターも備え付けられるのですから、活かさない手はありません。 目的に応じて適した高さのカウンターを使える有意義な生活を送りましょう。 カテゴリー:•

次の

対面キッチンのカウンターの高さが気になる!どうやって決めたらいいの?

カウンター キッチン 椅子

当記事の内容はこちら• カウンターテーブルに合う椅子(カウンターチェア)の選び方• 購入はしなかったがおすすめのカウンターチェアを紹介• 購入したおすすめのカウンターチェア カウンターテーブル用の椅子の選び方や、実際に購入したカウンターチェアの写真を交えながらお話していきます。 カウンターテーブルに合う椅子(カウンターチェア)の選び方 カウンターテーブル用の椅子といっても種類は様々。 デザインだけで選ぶと設置した時に高さが合わなかったり、座ってみたけどイマイチと後悔してしまうことになります。 私がカウンターテーブル用の椅子を選んだ時に注意した3つのポイントがあるのでお話します。 ローカウンター• ミドルカウンター• ハイカウンター 3種類のサイズに合うように椅子を選ばないと使えません。 カウンターチェアは高さ調整ができる 「 」 決められた高さで完成された 「 」があります。 カウンターテーブルの高さに合わせて椅子を準備しないと、座った時に膝が入らなかったり、テーブルが高すぎたりと使い勝手が良くないものになってしまうので高さには注意が必要です。 引き締まった大人の空間を作りやすいですし、昇降タイプが多いのでカウンターテーブルに合わせやすいのが特徴です。

次の

【45実例付】キッチンカウンターはこうやって作る!高さ&用途別キッチンプランの考え方

カウンター キッチン 椅子

キッチンカウンターの役割 おしゃれなインテリアでよく目にするキッチンカウンターですが、その前に並べられた椅子を見ると、やはり家族がそこで食事をするようなイメージが沸くものです。 しかし、実際のところ、多くの世帯では夕飯を囲むのはダイニングテーブルが多いそうです。 そうなると、キッチンカウンターはどんな目的で設置され、どのような使われ方をしているのか気になりますね。 まずは、実際の使用例を見てみましょう。 しかし、1つのカウンターでこれら全てのことに対応できるわけではありません。 例えば、食事をするなら一般的なダイニングテーブルの高さは70cm前後になります。 目隠しとしても利用するならば、110cm程度の高さが必要です。 そのため、キッチンカウンターで何をしたいのか、用途を決めることが大切になります。 次項では、用途による適切な高さについて考えてみましょう。 用途で決めるキッチンカウンターの高さ 新築やリフォームでこれからキッチンカウンターを取り付ける場合には、見た目などの好みよりも、用途を明確にしましょう。 用途が決まればおのずと「高さ」が決まります。 また、現在お住まいのお家のキッチンカウンターの高さはどのくらいですか。 高さに合わせた使い方をすれば、上手な活用ができるはずです。 そのため、リビングからの見た目もすっきりするでしょう。 また、カウンター下には収納を確保することができます。 しかし、カウンターを高くしすぎてしまうと圧迫感が出てしまい、配膳などがしづらくなってしまうので、注意が必要です。 この場合は、カウンター下の収納はない方が使い勝手が良いでしょう。 調理台の目隠しはできないので、頻繁な片付けやお手入れは必須です。 また、キッチンのワークトップと同じ高さになるので、座る場合にはハイチェアが必要になります。 キッチンカウンターの人気サイズ!奥行30cmでなにができる? 前項では、キッチンカウンターの用途にあった適切な高さについてお話ししました。 ご自身やご家族がどのようにカウンターを使うのかイメージをして、ライフスタイルに合った用途を選んでみましょう。 ここからは、用途別に詳しく見ていきましょう。 キッチンカウンターでよく見るのは奥行30cmほどのものです。 このサイズはリビング・ダイニング側に圧迫感を出すことなく設置できるので、人気の高いサイズです。 30cmの奥行とは、お皿が一枚置けるくらいです。 そのため、食事の準備や配膳には重宝するでしょう。 また、収納としても十分活用できますし、高さが確保されていれば目隠しとしても問題がありません。 しかし、30cmというのは思いの外窮屈に感じられるので、大勢での食事や作業には不向きとも言えます。 食事・作業を目的としたキッチンカウンターとは? 冒頭でも触れましたが、キッチンカウンターで夕飯をとるという方は少ないようです。 それは、本格的な食事となると、自然とお皿の数も増えるためキッチンカウンターのサイズでは収まりきらないことが理由です。 しかし、簡単な食事やおやつに活用している方は多いようです。 忙しい朝の時間帯、キッチンカウンターで食事をとれば、配膳も片付けもサッとできてラクですね。 軽食や作業スペースとして使うのであれば、奥行が最低40cmあるとお皿とコップが無理なく並べられるでしょう。 しかし、キッチンカウンターの前に40cmの出っ張りがあり、さらに椅子を置くとなるとなかなかのボリュームになります。 そのような場合、ダイニングテーブルを置いた方が良いケースもあるので、お部屋の間取りや広さを考慮してみてください。 また、キッチンの笠木を利用したカウンターの場合は、高さが1m前後になることもあるので、バーなどで使われているようなハイチェアを使用しましょう。 食事だけじゃない!リビング学習にも最適だった! キッチンカウンターは食事をするイメージが強いかもしれませんが、実はリビング学習にも最適です。 近年、取り入れるご家庭が多いリビング学習ですが、ダイニングテーブルでしたり、学習机をリビングに置くスタイルもありますね。 キッチンカウンターでのリビング学習は、家事をしながら見守る距離感がちょうど良く、親子共に家事や学習がはかどります。 また、宿題などのサポートをするときも、横に並んで座ることができます。 気を付けたいことは、子供の集中力にも大きく関係する「姿勢」です。 キッチンカウンターの高さは調節することができないので、子供の成長に合わせて高さ調節ができる椅子を使用することをおすすめします。 その場合、「座面」と「足を乗せる台」両方が調節できるものが良いでしょう。 さらに、子供が大きくなりリビング学習をしなくなった後も、大人の書斎コーナーなどとして長く活用できそうですね。 食事・作業・学習に!キッチンカウンターで使えるおすすめの椅子 最後に、キッチンカウンターで使えるおすすめの椅子をご紹介します。 カバーは別売りで取り外しも簡単なので、食事の際に汚してしまっても気軽にお洗濯することができます。 パイン材を古材風にアレンジし、座面はスチール素材のアイアン調です。 流行りのインダストリアルテイストのアイテムです。 デザイン性も高いので、お部屋の雰囲気も素敵に彩ってくれるでしょう。 用途を決めてキッチンカウンターを大いに活用しよう 新築やリフォームをお考えの方は、キッチンカウンターの必要性や使い道に頭を悩ませることでしょう。 キッチンの前に設置されていることから、食事をするイメージが強いですが、用途は多岐に渡ります。 用途を決めた上でのキッチンカウンターはきっと長く活用することができるでしょう。 また、現在お住まいのお家にキッチンカウンターがついている場合は、高さと奥行といったサイズ感から用途を絞り、上手に活用したいものですね。

次の