ツイート 自動 生成。 実用的!Twitterハッシュタグの自動生成ツールの紹介! |アシガルデザイン

Twitter 公式ツイートボタンの設置、仕様

ツイート 自動 生成

自動ツイートをする方法は、外部サイト、スマホアプリ、公式ページの3つ 自動でツイートをする方法として、次の 3つがあげられます。 パソコンブラウザからツールを利用する• スマホのアプリを利用して投稿• 公式サイトの「予約投稿ツイート」を利用する それでは、それぞれオススメのヤツをご紹介していきましょう。 パソコンから自動ツイートができるツール 2-1. シンプルで使いやすい老舗「 AutoTweet」 Twitterでの自動ツイート設定ができるサイト「」。 ツイートしたい文章を入力し、好きな時間を設定するだけで、自動で定期ツイートさせることができます。 サイトの作りも無駄がなくシンプルで、定期ツイートが簡単にしたい!余計な機能はいらない!という方にはオススメです。 登録不要! twitterと連携させるだけですぐ使える• 24ものツイートを予約投稿させることができる• 日にちの指定は不可能、繰り返しは 1日単位のみ• 画像投稿ができない• 定期ツイート用なので 1回だけの予約投稿をしたい場合はツイートの解除が必要 2-2. 画像投稿もできる「 socialdog」 自動ツイートに加えフォロワーを増やしたい人にオススメしたい、様々なツールがそろっているブラウザツール「」。 画像付きの自動ツイートができますし、予約投稿は 3か月先まで可能。 画像付きツイートも簡単に予約投稿ができる• 毎日、毎週、平日…など、定期ツイートの間隔設定が細かくできる• ツイート別いいね数やリツイートの数から効果的な投稿内容を分析してくれる• アカウントの連携だけではなく、別途登録が必要• 無料版だと、連携アカウントやリツイートなどに制限がある• 多機能なので、サイトの作りに慣れるまでは使いづらいかも 2-3. 時間指定も bot投稿も簡単「 twittbot」 「」は、 twitter に自動で定期的に投稿する、いわゆる「 bot(ボット)」を簡単に生成することができるサイトです。 名前にボットとはついているものの、ボットではなく時間を指定した単発のツイートももちろんできます。 こういうキーワードのリプライが来たらこう返信するといった、条件を指定した返信をする機能や、自動でフォローを返す機能など、フォロワーの方々とのやり取りを簡易化させたい人にはオススメ。 様々なタイプの自動返信が使える、返信登録は 200も!• 時間指定ツイートは 200、定期ツイートは 700も無料で登録可能• 改行、絵文字が使えず、使うとツイートされないエラーが起きる• 画像のアップも不可能• サイトが全体的にゴチャっとしているので慣れるまで大変かも 2-4. 定期的なツイートをする bot管理に便利「 Botbird」 bot作成に特化している「」では、ボットの作成だけでなく、その botに簡単な会話ができるような返信設定などができるツールです。 よく、「おみくじ」って話しかけると運勢を答えてくれるような twitterアカウントありますよね、あんな感じに自動返信する設定ができるのです。 しかも、 Twitterだけではなく、 Facebookメッセージ、 LINE、 Skypeなどのメッセージサービスにも対応しているので、様々な botを作ることができるので、自動返信 botを作りたい方にオススメ。 ノーマルな bot、時報 bot、返信 bot等、とにかく様々な種類の botを作成できる。 会話の頻度や登録ワードに応じて返信の「好感度設定」あり• 細かい時間指定などはできない• 単発での予約投稿用ではないので、単発で使う場合解除が必要• 無料で利用する場合、返信等が遅れる場合がある 3. スマホから自動ツイートができるアプリ 3-1. 様々な SNSに対応で同時投稿もできる「 Hootsuite」 「」は、世界で 900万以上ダウンロードされている、最も人気のある SNS管理ツールです。 有料・無料のプランがありますが、最大 3つの SNSアカウントまでなら無料で利用できます。 老舗だけあって、動作も安定していて頼りがいがあります。 ツイッター以外にもインスタなどのSNSに同時自動予約投稿が可能• 予約しているツイートが一覧で表示されるので分かりやすい• 画像付き投稿も簡単!• メールアドレスでの登録が必要• 日本語アプリなのだが、直訳しただけ?と分かりづらい所が時々ある• ヘルプセンターのページが全て英語なので、英語が苦手な人は読みづらい 3-2. フォロワーの管理がしやすい「 Statusbrew」 広告一切なしなのに、 SNSアカウントが5つまで登録して管理できる、今じわじわ人気の伸びているアプリ「」。 新しいフォロー&フォロワーなどが一目で分かる「オーディエンス」機能や、反応の良かったツイート等をグラフで表示してくれる「インサイト」機能など、フォローの分析機能が充実! 多機能ですが、全ての機能が分かりやすくスッキリとしたデザインなので、初心者の方にオススメ。 自動ツイートのスケジュールリストが作れるので、プランニングができる• フォロー&フォロワーの動向が一目でチェックでき管理がしやすい• インサイト機能など、無料で使える機能に制限がある• 無料だと1つの SNSにつき1アカウントしか登録不可能• 更新の度に動作が不安定になりがち 4. Twitter公式でも予約投稿は可能。 twitter広告へのクレジットカード登録が必要 Twitterの公式サイトからでも、実は予約投稿をすることができます。 しかし、「 Twitter広告」を設定し、クレジットカードの登録をする必要があるんです。 公式ページのホーム画面を開き、右上の自分のアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。 その中に「 Twitter広告」という項目がありますよね、これです。 「 Twitter広告」をクリックすると、「 Twitter広告を設定する」という選択肢が出てくるのでそこから設定を行うのですが、事業主情報が必要になったり、クレジットカードの登録が必要になったりとかなり手間が必要です。 なので、今回の超簡単!に自動ツイートができるおすすめツールからは外させていただきました。 定期ツイートをする上での注意点 5-1. 頻繁すぎるとフォロワーが離れる逆効果に 基本的にフォロワーの方というのは、興味があるから元々フォローをしてくれています。 なので、同じ内容のツイートを頻繁に何度もツイートすると、「しつこい」と思われてしまうことも…。 でも、タイムラインで埋もれて見逃された時のために、リマインドはし続けたいですよね。 そのためのポイントをご紹介します。 5-1-1. ひとつの情報を発信するのは 3日間まで! 自動ツイートができるとやりがちなのが「定期ツイート」ですが、定期ツイートを Googleで検索すると関連ワードに「うざい」の文字が…。 1日に何回も同じような内容をツイートされると「うざい」と感じてしまう人が多いようですね。 そこで推奨したいのが 72時間という時間。 あ、これ新しい投稿だ、と人が思うのは 72時間程度だと言われています。 72時間を過ぎるとちょっと昔のコンテンツとして認識され、リツイートなども激減するそうです。 言われてみれば、 3日前のニュースって「最新ニュース」とは思いにくいですよね。 なので、その情報が新しい、新鮮と思われているうちに、集中的に追い情報をツイートするように設定しましょう。 それを過ぎても定期でツイートし続けると「うざい」「もういい」となってしまいます。 5-1-2. 内容をこまめに変えて飽きさせない twitterを利用している方ならわかると思いますが、同じ内容の同じツイートが何回も流れてくるのって、見たくありませんよね。 あまりに頻繁だとミュートされかねません。 なので、同じ情報を流すにしても、ちょっとずつ内容を変えて新鮮なツイートの振りをさせて投稿しましょう。 5-2. 短時間に大量のツイートやフォローなどをすると規制の対象に twitterには「スパム行為を目的として Twitterのサービスを利用することを禁じる」というルールが存在します。 なので、本当はスパムではなくてもスパム的な頻度のツイート投稿をすると規制対象になってしまうという事です。 そして、スパム行為として認識される中に「自動化されたアプリやツールを使用して、短期間に多数のアカウントのフォローまたはフォロー解除を行った場合」「無関係、一方的、または重複した多くのコンテンツやエンゲージメントが原因で、アカウントが多数の利用者にブロックされている場合」…という記載があります。 Twitter公式に、どのくらいの間隔でどのくらいの量を投稿したら規制になってしまうのかの、明確な数の記載はありません。 (その範囲ギリギリまでやってしまえという行動を防ぐため)スパム行為に抵触する程の大量のツイートは控えましょう。 まとめ ピンポイントにこの時間に投稿したい!定期的にツイートを繰り返したい!という方の為の、自動ツイートができるサイトやアプリをご紹介いたしました。 無料なのにこんなにたくさん選択肢があるなんてありがたいですよね。 自分の目的や用途に合ったツールが見つかれば幸いです。 ご覧いただきありがとうございました。

次の

マルコフ連鎖で「しゅうまい君」的な文章を自動生成してみた

ツイート 自動 生成

Twitterで情報を発信したいけど、いちいち手動で発信するのって大変ですよね?しかも、大切な伝えたいことがあっても、一度ツイートしただけでは、タイムラインの流れに埋もれてしまいがち。 かといって、ツイートを何度も手動で投稿するのも、やっぱり大変で、面倒です。 そこで使いたいのが、ツイートを自動で行ってくれる自動ツイートツール。 今回ご紹介するTwitterの自動ツイートツールなら、あらかじめ内容を決めたツイートを、時間指定で定期的にツイートできます。 もちろん、利用料金は無料。 今回は、自動ツイートができる6つのツールと、自動ツイートを投稿するための設定を、画像手順つきで紹介していきます。 自動ツイートに挑戦してみたかったあなた。 これから一緒に、Twitterの自動ツイートを設定していきましょう! 自動ツイートのメリットとデメリットまでお伝えしていくので、必見の内容となっています。 ぜひご覧ください! 目次• 自動ツイートが投稿できるツール6選とその特徴 Twitterに自動でツイートを投稿するツールは、いくつかあります。 あなたにとって使いやすい自動ツイートツールを見つけましょう。 ここからは、自動ツイートが投稿できるツールを6つ、機能や特徴とともに紹介していきます。 twittbot(ツイボット)の機能と特徴 URL: twittbot(ツイボット)は、700件ものツイートを、最短30分間隔の自動ツイートとして登録できます。 通常のツイートのほか、時間指定のツイートも200件まで登録可能。 合計900件ものツイートを、自動でつぶやけます。 また、twittbotは、シンプルながら高機能で、使いやすいと評判。 Twitterのアカウントのみで自動ツイートが投稿できるのも、嬉しいポイントです。 筆者が実際に使ってみても、とても使いやすい自動ツイートツールでしたので、後に紹介する自動ツイートの設定では、このtwittbotを使って解説していきます。 MAKEBOT(メイクボット)の機能と特徴 URL: MAKEBOT(メイクボット)は、 定期ツイートや時間指定ツイートといった基本的な機能がしっかりと搭載されており、かつ、最短5分間隔でのツイートが可能です。 自動でアイコンを変更できるというユニークな機能も付いています。 高機能な自動ツイート投稿ツールですが、欠点としてはこのツールのアカウント登録をしなければならないことが挙げられます。 twittbotではTwitterアカウントのみで自動ツイートの設定ができましたが、MAKEBOTでは、MAKEBOT自体のアカウントも登録しなくてはいけません。 この点が、少し面倒ではあります。 Botbird(ボットバード)の機能と特徴 URL: Botbird(ボットバード)の特徴は、登録できる定期ツイートの多さにあります。 なんと、 定期ツイートの登録可能件数は、驚異の2,000件!iphoneとAndroid用のアプリもあるため、スマホからでも高い操作性で自動の定期ツイートを設定できます。 欠点としては、先ほどのMAKEBOTと同じくBotbird専用のアカウント登録が必要なことが挙げられます。 また、複数のツイートを登録する機能もありますが、使い方がわかりづらいとの評判もあります。 楽ボッツの機能と特徴 URL: 楽ボッツの特徴としては、Twitterアカウントのみで自動ツイートが設定できることと、初心者向けということ。 公式サイトでも紹介されていますが、 わかりやすいシンプル設計が最大の特徴です。 欠点としては、シンプル設計ゆえに機能が絞られており、自動的にツイートできる機能としては、 ・1時間に1回の登録されたツイートをつぶやく機能 ・ランダムツイート機能 という2つの機能しかないようです。 また、 キーワードを検出して自動リプライができるのも、twiRobo(ついろぼ)の特徴のひとつ。 twiRobo(ついろぼ)に関しては、公式サイトで使い方の解説動画がアップロードされています。 管理画面も見やすそうですね。 ただ、自動ツイートの全てに日時と時間を設定するため、ランダムにツイートさせるという機能を使いたいという場合は向いていないツールです。 AutoTweet(オートツイート)の機能と特徴 URL: AutoTweet(オートツイート)の特徴は、Twitterアカウントだけで自動ツイートが設定できる手軽さにあります。 しかし、 自動ツイートの設定可能件数が24件と、他の自動ツイートツールと数値で比較してしまうと、機能的に乏しいと言わざるを得ません。 ただ、自動ツイートというものがどんなものか、試しに使ってみたいという時は、検討しても良いツールかもしれません。 Twitterに自動でツイートを投稿する設定方法 それでは、Twitterに自動でツイートを投稿する設定方法をご紹介していきます。 Twitterに自動でツイートを投稿するには、先に紹介した自動投稿のためのツールを使う必要があります。 今回は、それらの中でも設定が簡単で、かつ機能も豊富な「twittbot」を使って、自動でツイートを投稿する設定方法を画像つきでご紹介していきます。 twittbotで自動ツイート投稿を始めるには? まずは、自動ツイートを行いたいTwitterアカウントで、Twitterにログインします。 なお、Twitterのアプリではなく、GoogleChromeなどのインターネットブラウザーの方でログインしておいてください。 ログインしたままの状態で、以下のtwittbot公式URLにアクセスしましょう。 twittbot公式URL: すると、以下のような画面が表示されますので、「LOGIN」というボタンをタップ。 すると、認証画面が表示されます。 以下の画像の赤枠部分をタップし、表示されている数字を選択しましょう。 お使いのスマホにもよりますが、数字を選択した時点で、画面が切り替わります。 画面が切り替わらない場合は、「送信」のボタンをタップしましょう。 再び「LOGIN」のボタンがある画面が表示されるので、再度「LOGIN」というボタンをタップしましょう。 「LOGIN」をタップすると、Twitterのページに移ります。 アカウントの利用を許可してよいか尋ねられるので、「連携アプリを認証」をタップしましょう。 正しく認証されると、twittbotのユーザー登録が完了します。 twittbotで自動ツイート投稿を始める準備ができました。 twittbotで時間指定の定期ツイートを投稿する設定 ここからは、Twitterの自動投稿で良く使うと思われる、時間指定の定期ツイートを投稿する設定をご紹介します。 「メニュー」というボタンをタップしましょう。 すると、twittbotで使える機能の一覧が表示されます。 時間指定の定期ツイートを投稿するには、一覧の中の「時間指定」をタップします。 すると、時間指定のツイートを自動投稿する画面が表示されます。 今回は、木曜日の14:30分に自動でツイートを投稿する設定をしてみましょう。 日時の指定ではなく曜日と時間での指定なので、「曜日指定」をタップ。 自動でツイートしたい曜日を、タップで選択します。 続いては、曜日選択の下にある時間の指定です。 時と分の横のボックスをタップし、時間を指定します。 最後に本文を入力し、「つぶやき追加」をタップしましょう。 画面下に、先ほど入力したツイートが表示されています。 これで、時間指定の定期ツイートが設定できました。 なお、時間指定のツイートは200件まで登録可能です。 無料なのに、充分な数の登録数だと思います。 twittbotで自動フォロー返しを設定する twittbotなら、 フォローしてくれたユーザーに対して、自動でフォロー返しをすることも可能です。 ここからは、twittbotでの自動フォロー返しの設定方法をご紹介していきます。 まずは、twittbotの「メニュー」をタップし、機能の一覧を表示させます。 続いて、「詳細設定」をタップしましょう。 twittbotの詳細設定画面が表示されますので、下にスワイプしていきます。 「自動フォロー返し」という項目がありますので、右側のチェックボックスをタップしてチェックを入れましょう。 最後に「設定を更新する」をタップして、自動フォロー返しの設定も完了です。 twittbotでつぶやきのデータをバックアップする方法 自動ツイートの設定をすれば、基本的には指定した曜日や時間に自動でツイートしてくれます。 しかし、twittbotは無料のツールですので、万が一ですが、データが消えてしまう場合も考えられます。 いくつもの自動ツイートを登録していると、どんなツイートを登録していたか、忘れてしまうこともあります。 そこでtwittbotに搭載されているバックアップ機能を使い、登録したツイートのデータをバックアップしておきましょう。 ここからは、twittbotでツイートのデータをバックアップする方法についてご紹介していきます。 twittbotには、5つのツイートのタイプがあり、バックアップをする時は、それぞれのタイプごとにバックアップする必要があります。 この点は、ご注意ください。 今回は、時間指定のツイートを追加したので、時間指定のツイートについて、バックアップをしてみましょう。 まずはメニューをタップし、機能の一覧から「時間指定」をタップ。 「全ての時間指定つぶやきをダウンロード」という項目があるので、ここをタップしましょう。 すると、自動でバックアップデータのダウンロードが完了します。 これで、自動ツイートのバックアップができました。 バックアップのファイル形式はテキスト(拡張子が. txt)です。 バックアップデータをtwittbotにインポートするには、「複数行入力」で行います。 バックアップのデータをそのままコピペすれば、今までの自動ツイートを復元することも可能だそうです。 以上でtwittbotを使った自動ツイート設定方法と、時間指定のツイート、バックアップのご紹介は終了です。 twittbotには、他にもいくつかの設定がありますので、イロイロと試してみるのも面白いと思います。 Twitterに自動でツイートを定期投稿する3つのメリット 1. Twitterでの情報発信が簡単 自動ツイートは、文字通り「自動」なので、一度設定してしまえば、発信したい情報を手間なく簡単に発信し続けられます。 決まった日時に決まった情報を発信できるので、発信する情報の属性に合った時間帯などで自動ツイートを設定しておけば、簡単に効果的なツイートをつぶやけます。 (サラリーマン向けの情報なら、午後の6時以降など) 自動ツイートツールによっては、ランダムにツイートする機能もあり、フォロワーに飽きられない情報発信ができるという点もメリットですね。 タイムラインに埋もれにくい 自動ツイートツールを使えば、同じ内容のツイートも自動で投稿できます。 曜日などを指定さえすれば、毎回同じ時間に自動でツイートが投稿できるので、 あなたの発信したい大切な情報がタイムラインに埋もれてしまう確率が減ります。 定期的に発信したい大切な情報がある場合は、非常に大きなメリットです。 自動で集客ができる Twitterで自動ツイートを定期投稿していると、面白さを感じたユーザーがフォローしてくれる場合があります。 また、自動ツイートツールによっては、自動でフォロー返しもできるので、フォローしてくれたユーザーへ、ある程度の配慮もできます。 あなたが本当に集客したい媒体がある場合、 定期的に投稿するツイートの中に、あなたのウェブサイトなどへ集客するためのツイートなどを織り交ぜれば、自動で集客をすることも可能です。 Twitterに自動でツイートを定期投稿する3つのデメリット 1. 最初の設定作業は、手動でおこなう必要がある 自動ツイート投稿と言っても、最初の設定作業は手動で行う必要があります。 仮に100件の自動ツイート投稿をしていきたい場合、最初に100件分の設定作業が必要です。 自動ツイートツールでTwitterに自動投稿できるのは非常に便利ですが、最初の設定は手動で行う必要があることは認識しておきましょう。 固定のファンが居た場合、離れてしまうことがある あなたのTwitterアカウントに、既にリプライやリツイートなどを行ってくれるファンが居る場合、自動ツイートツールを使って同じ情報ばかりを発信してしまうと、固定のファンが離れてしまう場合があります。 自分の立場に置き換えるとわかりやすいと思いますが、同じような情報を発信するアカウントをチェックしたいと思いますか? よほど有益な情報ならファンの減りも少なくなるとは思いますが、 あまり有益でない同じような情報を発信してしまうと、ファンは「つまらない」と感じて、ミュートやフォロー解除という対応をされてしまう可能性があることも、認識しておきましょう。 Twitterアカウントの凍結 自動系のツールを使っていると、アカウントが凍結される場合があります。 しかし、Twitterアカウントが凍結されてしまう頻度が多いと言われているのは、自動で何人もフォローしていくようなツールを使った場合です。 ただ、今後Twitterの規約が変わる可能性もありますので、 自動ツールを使っている以上、Twitterアカウント凍結のリスクも認識しておきましょう。 月刊副業では、学生さん・サラリーマン・主婦と幅広い年齢の方に向けて節約や副業をご紹介しています。 今の現状を変えたい・収入をもっと増やしたいなど何をしていいか分からい人はまず知ることが大切です。 副業で大きく稼ぎたい方は以下のバナーをクリックして無料のメルマガ講座に登録してください。 まとめ 今回は、Twitterの自動ツイートに使えるツールを6つと、自動ツイートの設定方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した手順に沿って作業をしていけば、自動ツイートを設定することはさほど難しくはないでしょう。 自動ツイートを設定すると、最初の設定だけで自動的に発信したい情報をツイートできるので、非常に便利です。 手動でツイートを作成する手間と時間が省けるのは、大きなメリットがあると言えるでしょう。 ただ、使い方によっては、先ほどご紹介したデメリットもあるということも、頭の隅のほうで認識しておいてください。 興味がある人はチェックしてください。

次の

無料!簡単!超便利!Twitterで自動ツイートができるツール&アプリ6選

ツイート 自動 生成

Twitterの「定期・自動ツイート」は効果的? 「定期ツイート」とは、Twitterアカウントから定期的に同様の内容のツイートを投稿するという意味で、基本的にはツールを使用して機械的に行なわれることから自動ツイートとも言われます。 また、このように定期的にツイートを行うアカウントは「bot」と呼ばれています。 ここでは、定期的にツイートをすることで得られるメリットとデメリットについてご説明します。 定期ツイートのメリット 定期ツイートを行うことで、定期ツイートを行うアカウント側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、定期ツイートをすることで享受できるメリットを3点解説します 集客に繋がる 定期ツイートは、広告や宣伝の際に利用すると、フォロワーに対して複数回アピールができるので、結果的に集客や売上に繋げることができるメリットがあります。 企業のTwitterアカウントでは、実際に定期ツイートを行っているアカウントが少なくありません。 ターゲットユーザーに対してアピールしやすい 集客に繋がるメリットに加えて、フォロワーに対してアピールできることで自身に興味を持ってくれているフォロワーや今後ファンになりそうなユーザーに対してアピールしやすいという点があります。 1日のなかでユーザーがTwitter(ツイッター)を閲覧している時間帯やTwitterの利用時間が多い曜日等から、自社のターゲットに応じてツイートの時間を変化させることで、ターゲットのタイムラインにツイートを表示させることが可能となります。 手間がかからない 定期ツイートとは、決まった時間に決まった内容のツイートを投稿することを言います。 事前内容を設定しておくだけで簡単に投稿ができるので、その都度ツイートを作成して投稿するという手間や時間を省いて効率的に運用できます。 定期ツイートのデメリット 定期ツイートを行うことでメリットが3点生じるのに対し、定期ツイートを行うことでデメリットも発生します。 ここでは、定期ツイートを行うことのデメリットを2点解説します。 フォロワーが減る可能性がある 定期ツイートは、基本的に同じ内容を似たような時間帯にツイートすることになります。 つまり、その時間帯に日頃からTwitter(ツイッター)を閲覧しているユーザーにとっては何度も何度も同じ内容のツイートがタイムラインに流れてくることになるため、それが原因でフォローを解除されてしまう可能性があります。 凍結のリスク 定期ツイートを行うことで、凍結されてしまうリスクがあります。 Twitter(ツイッター)ルールでは、あまりに商業目的が強いアカウントに対しては、アカウントの使用禁止「凍結」対応を取ることがあります。 2018年2月には具体的に「botアカウント」に対する規制ルールが規定され、多くのアカウントが影響を受けました。 アカウントの凍結は、中には原因不明で凍結されてしまうことがあり、基本的には規約に該当しそうな行為全般を行なわないことが大切です。 定期ツイートにはツールがおすすめ 定期ツイートを行う際に必須となる便利ツールには、具体的にどのような機能があるのでしょうか。 一般的に定期ツイートを行うことができるツールに搭載されている機能を簡単に解説します。 時間指定機能 投稿ツイートの時間指定が可能となる機能です。 定期ツイートは基本的に事前に日時と時間を指定しての予約投稿によって行なわれます。 ターゲットユーザーがTwitterを閲覧する時間帯に投稿予約を行うことで、より多くの人にツイートを見てもらえるため、効果的な運用実績を残すことができます。 そのため、多くのツールにおいて時間指定機能が搭載されています。 ツイート内容の事前作成 ツールによる予約投稿は、ツイート内容についても事前に作成できます。 つまり、日時とツイート内容を確定させることで、ツイートする時間に人間が何もしなくてもツイートが投稿されることになります。 ツイート時間にTwitter(ツイッター)を開いておく手間が省けます。 Webツールを使用することでインストールやダウンロードが不要 便利ツールを使用する際に、アプリではなくあえてWeb上にてインターネットから操作を行うことができるWebツールを選ぶことで、アプリインストールやダウンロードを行なわなくても簡単に便利ツールの使用を開始できます。 定期ツイート行う際におすすめなツール4選 運用時に役立つ活用方法がわかったところで、具体的に定期ツイートにてTwitter(ツイッター)アカウント運用を行う際におすすめなツールを4種類ご紹介します。 ツールによって、搭載機能が異なり、同機能であっても画像貼付のやり方や自動ツイートの設定方法が違います。 自身の運用目的と解決したい運用時のポイントに応じて最適なツールを選択しましょう。 SocialDog 「」は、投稿時間を指定して定期的にツイートできるツールです。 特定の曜日にチェックを入れるだけで、「スケジュール」として定期的にツイートを投稿したい曜日や時間を登録できます。 また、投稿予定一覧に、スケジュール登録した曜日と時間でのツイート作成フォームが表示されます。 SocialDogには、キーワード(複数キーワードも可)を含むツイートのみを抽出できる機能や、自身のフォローユーザーを条件指定して割り出せる機能などがが備わっています。 また、有料機能には、さらにTwitter(ツイッター)の運用効率を上げてくれる便利な機能が豊富に搭載されています。 有料機能の1つに高度な分析機能があります。 例えば、エンゲージメントを曜日や日時に分けてわかりやすく表示してくれるので、定期ツイートに適した曜日や日時を算出するのに役立ちます。 その他にも、フォロワーの属性を細かく分析してくれるので、フォロワーの求める有益性の高いツイートを作成する際に活かせます。 有料機能も無料で使用を開始できるので、より効率的かつ効果的な運用を目指す方はぜひ使用してみましょう。 twittbot Twitterに登録したメールアドレスとパスワードを入力するだけで利用を開始することができるので、初心者にもオススメなサービスです。 twittbotでは、曜日や時間を指定できるだけでなく、詳細設定を利用すると、夜間投稿の有無や投稿間隔まで決めることが可能です。 また、ツイートを投稿する際に、一行を1ツイートとして、複数をまとめて投稿できます。 楽ボッツ このサービスでは時間指定のツイート、間隔指定のツイートどちらも行うことができます。 ただ、時間指定のツイートは13時や20時など、1時間単位の設定しかできないので注意が必要です。 twittbotのような細かい設定はできませんが、そのぶん、初心者にも利用しやすく簡単に定期ツイートを行うことができます。 AutoTweet(オートツイート) 「bot」という自動ツイートを行うアカウントの作成をサポートしてくれるツールです。 自動ツイートを24個まで登録することができ、指定された時間に自動で呟いてくれます。 操作が簡単で、搭載機能も自動ツイートのみとシンプルなため、誰でも利用を開始できます。 定期ツイートツールを使って運用を行う際のポイント Twitter(ツイッター)公式アプリでは、ツイートの予約投稿を行うことはできません。 そのため、同内容の定期ツイートを行う際には基本的にツールを使用して行うことになります。 では、定期ツイートを行う際のツールを選ぶときにはどのような基準で選んでいけばよいのでしょうか。 ここからは定期ツイートの際に活用したいツール選びのポイントをお教えします。 ツイート頻度 定期ツイートやbotアカウントはあまりに投稿頻度が多いと、フォロワーの気分を害してしまい、迷惑なアカウントであると思われてしまう可能性があります。 また、フォロワーの気分だけでなく、同内容のツイートがあまりに多いと凍結の可能性があります。 そのため、ターゲットを狙った時間帯や曜日を指定して定期ツイートを行うことが大切です。 ツールの安全度 Twitter(ツイッター)の便利ツールは、基本的に公式Twitter社ではない企業や個人クリエイターによって作成されています。 可能性は低いですが、ツールによっては個人情報の取得を目的に製作された偽物もある場合があります。 便利ツールは、自身のTwitterアカウントにログインして使用するケースがほとんどで、安全性の低いものを選択すると、パスワード等が漏洩してしまう可能性などがあります。 自身のアカウントが乗っ取られるだけでなく、自身のフォロー・フォロワーに迷惑がかかる場合もあり、注意が必要です。 そのため、きちんとツールを提供している会社の情報が明確に分かるものや、AppleStore・Googleplay等に登録されているアプリを使用することが大切です。 一括削除機能があるとさらに便利 過去に投稿したツイートに対して、ツイート数の増加等の理由から削除したいことがあると思います。 そのような場合に、ツイートの一括削除機能が搭載されているツールを選ぶと、Twitter(ツイッター)アカウントの運用を行う際の利便性が向上します。 ただし、これはあくまでも搭載されていたら便利な機能のひとつ、くらいのイメージでツールを探すことが大切です。 定期ツイートを行ってさらに宣伝効果を向上させるためのツイートの活用方法 定期ツイートによる運用時に便利なツールについて解説してきました。 定期ツイートの際にツールを利用すると、簡単に定期ツイートを行うことが可能となります。 ここからは、ツールのこの機能を活用してTwitter(ツイッター)アカウント運用を効率的に行うための方法をお教えします。 ハッシュタグを付ける 定期的につぶやくツイート内容にハッシュタグを付けておくことで、ツイートを抽出する際に便利です。 例えば、自社サービスに関連するキャンペーンについてのツイートを一定期間、定期的にツイートした場合、ハッシュタグを付けておくことで告知している公式アカウントのツイートだけでなく、フォロワー等のキャンペーン対する意見や感想などのツイートにもタグを付けてもらえることがあり、タグをタップするだけで簡単に自社キャンペーンに関する様々な情報や意見を抽出できます。 画像の活用 活用方法の2点目は、画像の貼付機能を利用することです。 基本的にツイートはタイムライン上にて確認されるため、一覧で並んでいるツイートのなかから自社ツイートに特に注目してもらうためには、自社キャラクターのイラスト等を貼付させてツイートする方法が有効です。 例えば、季節の行事に対応したものや、キャンペーンにまつわるものをツイートすると、フォロワーの関心を引きやすくなります。 定期ツイートを利用して効率的なTwitter(ツイッター)運用を! 「定期ツイートやbotって管理が大変そう」と思っている方は少なくないと思いますが、今回ご紹介したサービスはどれも無料で使用を開始できます。 一度登録してしまえば繰り返しツイートできるサービスや、曜日指定ができるサービスなど、設定や使い方もとても簡単なものばかりです。 定期ツイートに関心がある方は、この機会に自身のアカウントに合った使いやすいサービスを見つけてぜひ活用を始めてみましょう。

次の