あつ森 塗りつぶし。 『あつ森』マイデザインでうまく描くコツを伝授! 自分だけの服や家具を作ってみよう。ファミ通マイデザインも配布!【あつまれ どうぶつの森】

【あつ森】マイデザインのID・QRコードの読み取りと作り方【あつまれどうぶつの森】

あつ森 塗りつぶし

ロフトの作り方手順 こちらのアイディアは、様が考案したものとなります。 こちらの記事と合わせて、ご本人様の方のTwitterもご確認ください。 完成図 室内デザインとして役立つ「ロフト」の紹介です。 マイデザイン枠を3枠使用するので、あらかじめ注意しておきましょう。 実際の作り方手順 全体を赤色で塗り潰します。 7マス間隔でオレンジ線を4本引きます。 黄色い線を4本引きます。 黄緑いろで木目を描いていきます。 緑で木目をさらに埋めていきます。 赤の色彩を変えていきます。 オレンジの色彩を変えていきます。 黄色の色彩を変えていきます。 黄緑の色彩を変えていきます。 緑の色彩を変えていきます。 ロフトの土台が完成します。 Yボタンを押し、ロフトをコピーして貼り付けます。 コピーしたロフトに水色で線を引いていきます。 水色の一番上に横線を入れます。 濃い水色でその下を2マス幅で線を引きます。 水色を色彩変更します。 濃い水色を色彩変更します。 階段部分の完成! 今度は「かいだん」をコピーして貼り付けます。 一番左の茶色で横線を焦げ茶色の直ぐ下に引きます。 下半分は次で解説 左から6番目の茶色で下を全て塗りつぶします。 段差が完成!あとは並べるだけ… こんな感じで配置するときれいに見えます! 色別ロフト見本一覧 黒にアレンジでシックに決める 上記の応用編で作った黒いロフトです。 全体的に黒でアレンジすると、シックな部屋を作り上げることが可能です。 大人らしさを追求した「カッコおしゃれな部屋」を作りたい方におすすめと言えます。 ピンクにアレンジでキュートなデザインを作る ロフトを全体的に薄めのピンクでアレンジすると、キュートな雰囲気を演出できます。 合わせる家具次第では、上画像のように「ファンタジックな世界観の部屋を自作できる」のがポイントです。 白にアレンジで大人可愛いを演出する ロフトを白にアレンジすると、上画像のような「大人可愛い」を演出できます。 白い家具のマッチアップが絶妙になり、白統一のきれいな部屋が出来上がるのです。 関連記事 ロフトの作り方 あつ森の最新情報• あつ森の注目記事• 序盤の攻略記事 出発前の攻略記事• 到着後の攻略記事• マルチプレイをする方向け• スマホとアプリの情報一覧• やり方と使い方の解説記事• イベント• 住人情報• 性格別• 種族別• DIY• 素材の効率的な入手方法• シリーズ物のDIY一覧• 魚一覧• 虫一覧• 化石一覧• 海の幸一覧• 掲示板• ゲームの購入前に知りたい情報• 英語版wiki English•

次の

【あつ森】固定化(湧き潰し)のやり方

あつ森 塗りつぶし

画面の見方 デザインツール画面のメニューは以下の通りです。 各ツールの使い方詳細 各ツールの細かい使い方を解説します。 各カラー変更 選択している色のいろあい・あかるさ・あざやかさを変更できます。 まとめてカラー変更 用意されている15種類のカラーパレットを切り替えることができます。 ラインツール 直線を引くことができます。 ペン ペンモードに切り替えます。 Yボタンでペンの太さを3段階切り替えることができます。 円ツール 円を描くことができます。 カギカッコを動かして好きなサイズにしましょう。 四角ツール 四角を描くことができます。 カギカッコを動かして好きなサイズにしましょう。 丸スタンプ 丸のスタンプを押すことができます。 サイズは3段階から選択できます。 塗りつぶし 隣接している同じ色のマスを一度に塗りつぶすことができます。 ハートスタンプ ハートのスタンプを押すことができます。 サイズは3段階から選択できます。 星スタンプ 星のスタンプを押すことができます。 サイズは3段階から選択できます。 全体シフト 全体をまとめて移動させることができます。 すべて塗りつぶし キャンバスすべてを選択している色で塗りつぶします。 ミラーモード 左右対称に描くことができます。 右か左、どちらかに描いたものが反対側にも反映されます。 PROデザインではデザインする部位を選ぶことができます。

次の

【あつ森】ロフトの作り方|マイデザイン【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ森 塗りつぶし

色合い3(左から)• 鮮やかさ4(左から)• 明るさ6(左から) コンの濃い汚れの茶色になります。 薄茶色だけだと物足りないので、均等に少しドットをうちます。 これは先ほどの色の明るさを暗くしたものになります。 白線付き道路のドット図 色1 一番うすい色(汚れ感を出すために白は使っていません)をこの部分にうちます。 描き方としては先にこの色で線を引いてから、汚れ感、消えてる感を出します。 色合い3(左から)• 鮮やかさ2(左から)• 明るさ2(右から) 少し茶色を含んだ白にしてあります。 こちらはお好みで良いと思います。 白でも! 色2 2番目に明るい色です。 これは私はいつも最後に塗っています。 白すぎる部分を減らすイメージでやってますね。 色合い3(左から)• 鮮やかさ3(左から)• 明るさ3(右から) 鮮やかさと明るさを少し調整しています。 色3 3番目に明るい色です。 穴の隣や、色の濃い部分の中央らへんに少しうっています。 あまり使っていませんね。 色合い3(左から)• 鮮やかさ3(左から)• 明るさ4(右から) 明るさを少し調整しています。 色4 一番白線で濃い色になります。 まず白線の消えている感を出すときにこれから描き始めます。 そこからじわじわと白い部分を減らしていく感じです。 色合い3(左から)• 鮮やかさ3(左から)• 明るさ5(右から) 明るさを少し調整しています。 poyux.

次の