ワールド トリガー 188。 ワールドトリガー【第186・187話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

【漫画】ワールドトリガー22巻の続き197話以降を無料で読む方法

ワールド トリガー 188

インパクトのある表紙。 それに負けない『にのまるブロマイド』 どこに向かう気だ、ワールドトリガー。 エスクードって応用力高いよね。 でも使ってる人少ないってことはやはりトリオン量の問題が大きいんだろう。 ザ・カメラ目線。 どこまでもカメラ目線。 どちらかというと観客だよね、小南パイセン。 敵チームが生駒隊だけなら隊長を倒したのは大きいんだけど、実際は他のチームにとってもメリットになるような展開。 とはいえ速攻で落ちていたはずの状況。 ひとりでも討ち取ったのは大きい。 修だったら5秒でしんでたと思う。 水上も終了。 ワールドトリガーって確定状況が事前にわかるヤツの方が有能な気がする。 ヒュース、落ちた後の仕事。 任務であっても似たような助言はあったと思う。 でも今のヒュースは千佳を気遣ってもいると思うんだよね。 というかそう思いたい。 まとめ 休載を挟んでの2話掲載。 1話掲載で行けば休まなかったような気がしないでもない。 作者いわく雨の影響もあるらしいけどね。 ヒュースがひたすらカッコいい回。 これに千佳はどう答えるのか。 いや応えるのか。 乱戦が続くなら大砲で大量得点のチャンスだが……? 集英社・ジャンプSQ. 2020年1号• Advertisement 関連する記事• 2018. 26 『黒い孤月』である理由は読む前に気付いたから! いやほんとに! それはそうとエスクードさんが立て続けに出てちょっと笑った。 2019. 30 東さんバカにしてない? これは遊真を褒めた方が良かったと思う。 なんで避けられたんだろ。 予備動作が見えたのかなぁ。 アタッカーからスナイパーに。 2018. 12 鈴鳴は、太一の動きが怪し過ぎですよね。 矛先が影浦隊なのは、玉狛にとってはありがたいか? どのみち鋼には手を焼くんだろうけど。 ヒュースの場合、足が止まってもある程度耐えれる程の圧倒的トリオン、戦闘技術、経験と全部ハイレベルで揃ってますからね。 全部足りない修とは違う。 まあトリオン以外は未熟な分成長速度自体は修のが上ですけど。 実際、前の試合では東隊の2人の攻撃にはある程度耐え、ユズルが狙撃するまではダメージありませんでしたから。 今回のメンツは人数もレベルも違うので、たしかに5秒あればやられるでしょうね。 エスクードについては色々とデメリットもありますからね。 ただし、アタッカー人気1位の孤月の閃空孤月には通じない。 トリオン消費が少なく空中で出せるグラスホッパーで同様の事が可能。 なおヒュースなら全く意味のないデメリット。 先読み技術が必要。 こんな風に、高いトリオンと先読みの技術が重要視されるトリガーだと思います。 反射神経はそんなに意味ない。 だから未来予知がある先読み最強の迅や、戦闘経験豊富でトリオン量が圧倒的なヒュースみたいなのには非常に向いてますが癖が強いと思います。 特に少ないトリオンでほとんどの機能が代替可能なのが人気ない理由じゃないでしょうか?.

次の

ワールドトリガー188話「ヒュース9」(ジャンプSQ2020年1月号)のネタバレ・感想

ワールド トリガー 188

ヒュース、絶体絶命 炸裂弾(メテオラ)、失敗 炸裂弾(メテオラ)で一網打尽を狙った玉狛第2ですが、弓場隊の外岡に狙撃され炸裂弾(メテオラ)は爆発してしまいます。 なんとか雨取の「固定シールド」で死ぬのを免れた二人は、三雲と合流します。 一方、玉狛第2を追って、再び狙撃をしようとする外岡です。 三雲は外岡がこのまま姿を晦まし続けたら、その間空閑が戦いに参加できなくなると判断し、ヒュースと合流する事を優先します。 しかし、王子はそれでヒュースを取り逃がすほどB級上位は甘くないと、小南の考えを否定します。 ヒュースは片足を失っている事もあり、機動力の差も響いています。 何とかごまかす小南ですが、実際に戦っている犬飼も「隠し玉」について何となく気付いているようです。 178話で小南と犬飼との会話の中で、ヒュースのトリオンの大きさの割に通常弾(アステロイド)の威力が低い気がすると話していたので、この時から弾の仕掛けに何かないか考えていたようです。 突然エスクードを出されて、生駒が宙を回転しながら舞っています。 が、さすがに着地はうまくいかなかったようです。 ヒュースは残った右足を失い、大ダメージを受けてしまいます。 犬飼は今の大ジャンプ用のエスクードの角度から、ヒュースが脱出した先の狙いが二宮だと見抜きます。 一方、両足を失ったヒュースにトリオン漏出甚大の警告が出ます。 6人から攻撃された上アクロバティックな生駒旋空も決まり、ヒュースはとうとう両足を失い戦闘体にも亀裂が入ります。 「隠し玉」バイパーをまだ使っていませんが、ヒュースはどのタイミングで使用するのでしょうか。 次回、両足を失ったヒュースに対して包囲の陣がさらに狭まります。

次の

ワールドトリガー21巻表紙が公開!!最新188話の展開は!!?

ワールド トリガー 188

ヒュース、緊急脱出(ベイルアウト) トリオン漏出甚大の警告が ヒュースにトリオン露出甚大の警告が出て、戦闘体に亀裂が入ります。 解説席でもヒュースが落とされるのは、時間の問題といった雰囲気になってきます。 一方、二宮と辻がレーダーから消えたことで、のんびりしていられないと生駒隊は始めヒュースの包囲の陣が、徐々に狭まっていきます。 いきなり別角度から車をぶつけられ、弓場隊は連携を崩されます。 そこに生駒が再び生駒旋空で攻撃しようとします。 しかし、ヒュースの放ったバイパーは南沢の攻撃も想定していて、南沢の所に戻ってくる弾道が設定されてます。 南沢にもバイパーが当たったかと思われましたが、水上がヒュースのバイパーをガードし、攻撃を防ぎます。 そこに弓場隊の帯島が、南沢を攻撃します。 犬飼も水上を攻撃した為、挟まれた形となった水上は緊急脱出となります。 これは弓場の攻撃が致命傷となったようで弓場の得点となり、玉狛第2はヒュースが生駒を、生駒隊は南沢がヒュースを、弓場隊は弓場が水上をそれぞれ落とした形となり、各チームが1点を獲得します。 実際の戦場では空閑や三雲が死ぬ場合もあるとヒュースに言われた事を思い出し、更に思いつめてしまいます。 しかし、ヒュースから空閑と三雲を自分の代わりに頼むと言われ、雨取の表情が変わります。 しかし、エスクードで車を飛ばして弓場隊を崩し、さらに「隠し玉」のバイパーで、きっちり生駒を落として1点を獲る辺りはさすがヒュースです。 水上にガードされていなければ、もう1点も取れていました。 そして182話で普通の弾も撃つと宣言した雨取ですが、ヒュースに空閑と三雲を託されたことで何か変わることが出来るか、次回以降の展開に注目です。

次の