スコティッシュ 黒。 スコティッシュフォールドの白猫と黒猫の魅力!毛色ごとに性格も違う?

活発で敏捷なスコティッシュテリア!性格や病気、カットなどをご紹介

スコティッシュ 黒

市区郡 :• 東京都のスコティッシュ• 千代田区 0• 中央区 0• 目黒区 0• 北区 0• 武蔵野市 0• 三鷹市 0• 青梅市 0• 調布市 0• 小金井市 0• 国分寺市 0• 国立市 0• 福生市 0• 狛江市 0• 東大和市 0• 清瀬市 0• 稲城市 0• あきる野市 0• 西東京市 0• 西多摩郡 0• 大島町 0• 三宅村 0• 利島村 0• 新島村 0• 神津島村 0• 御蔵島村 0• 八丈町 0• 青ヶ島村 0• 小笠原村 0 駅 :• 五反田駅 0• 赤羽駅 0• 武蔵新田駅 0• 東大和市駅 0• 青砥駅 0• 池袋駅 0• 新小岩駅 0 東京都以外の都道府県から探す :• 東京 84• 島根 0• 高知 0• 佐賀 0• 4 東京の沿線・駅から探す :•

次の

スコティッシュフォールドの長毛は幸運を呼ぶ?その特徴や性格まで徹底検証。

スコティッシュ 黒

スコティッシュフォールド 191• スコティッシュフォールド 折れ耳 105• スコティッシュフォールド 立ち耳 86• マンチカン 131• マンチカン 長足 66• マンチカン 短足 65• ノルウェージャンフォレストキャット 124• メインクーン 115• エキゾチックショートヘア 112• ラグドール 81• ブリティッシュショートヘア 77• ベンガル 59• ミヌエット 59• サイベリアン 57• アメリカンショートヘア 45• ペルシャ 45• ペルシャ チンチラ 43• ロシアンブルー 36• セルカークレックス 28• ミックス・その他の猫種 24• ラガマフィン 22• ラパーマ 18• ソマリ 14• エジプシャンマウ 10• アビシニアン 8• スコティッシュストレート 8• アメリカンカール 6• シャルトリュー 6• ヒマラヤン 6• スフィンクス 6• ラムキン 5• トンキニーズ 5• ブリティッシュロングヘア 4• エキゾチックロングヘア 4• オシキャット 4• キンカロー 3• トイガー 3• シンガプーラ 2• デボンレックス 1• トイボブ 1• アビシニアン 8• アメリカンカール 6• アメリカンショートヘア 45• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 0• エキゾチックショートヘア 112• エキゾチックロングヘア 4• エジプシャンマウ 10• エルフキャット 0• オシキャット 4• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 0• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 3• コーニッシュレックス 0• コラット 0• サイベリアン 57• サバンナキャット 0• シャム サイアミーズ 0• シャルトリュー 6• シンガプーラ 2• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 8• スコティッシュフォールド 折れ耳 105• スコティッシュフォールド 立ち耳 86• スノーシュ 0• スフィンクス 6• セイシェルワ 0• セルカークレックス 28• セレンゲティ 0• ソマリ 14• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 1• トイガー 3• トイボブ 1• トンキニーズ 5• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 124• ハバナ 0• バーマン 0• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 6• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 77• ブリティッシュロングヘア 4• ベンガル 59• ペルシャ 45• ペルシャ チンチラ 43• ボンベイ 0• マンクス 0• マンチカン 短足 65• マンチカン 長足 66• ミヌエット 59• ミンスキン 0• メインクーン 115• ヨーロピアンバーミーズ 0• ラガマフィン 22• ラグドール 81• ラパーマ 18• ラムキン 5• ロシアンブルー 36• ミックス・その他の猫種 24• 京都府 たるる 様• 2020年7月19日 22時23分• スコティッシュフォールド この度は子猫をお譲りいただきありがとうございました。 私はペットは一生飼うことはないだろうと思っていましたし、友達からもそう思われていました。 しかし昨今のコロナの影響で一人で自宅にいることが多く、3月からペットサイトを見るようになっていました。 きっかけは単純に癒しが欲しかったからです(笑) 3月からペットショップにも足を運んで、店員さんから色々と話しを聞かせてもらいましたが、これといったきめてやペットを飼う自信がなく購入まで至りませんでした。 このまま飼わないだろうと思っていましたが、子猫ブリーダーサイトから子猫ちゃんと村尾さんと出会うことができました。 村尾さんは親切に私の不安を一つ一つ解決していただき、また子猫も私の父性本能を最高にくすぐった結果、自分の人生一度きり、マンネリした生活に刺激が欲しく、購入を決めました。 村尾さんの購入後のサポートも非常に助かっています。 是非これからもよろしくお願い致します。 国内で高い人気を誇り、広く愛されているスコティッシュフォールド。 前側にパタンと折りたたまれた耳がキュートさを感じさせます。 そのかわいらしい外見だけではなく、新しい環境になじみやすく、家庭的で人懐っこい性格も魅力的です。 スコティッシュフォールドの歴史 スコティッシュフォールドの歴史スコティッシュフォールドのルーツとなった猫は、1961年にスコットランドの農場にて発見。 真っ白な被毛をもつメスの猫は、前側に折りたたまれた折れ耳を持っていました。 「スージー」と名づけられた折れ耳の猫は地元で注目を集め、遺伝学者の目に留まります。 その後、遺伝学者も参加した繁殖プログラムがスタート。 やがて、スージーと同じ折れ耳の猫が誕生したのです。 繁殖開始当初、スコティッシュフォールドは骨格・聴力の異常などの遺伝性疾患もしばしば見られ、その解決に向け研究が重ねられました。 品種の確立には、遺伝性疾患の発症リスクを減少させ、体質の強化を図る必要があります。 そのため、「ブリティッシュショートヘア」「アメリカンショートヘア」「エキゾチックショートヘア」といった猫種との異種交配を進めるとともに、折れ耳のスコティッシュフォールド同士の交配を禁じるなど、遺伝子プールの多様化を計画。 遺伝性疾患のリスクを弱め、品種の安定化が進められたスコティッシュフォールドは、1977年にアメリカの猫種登録団体・CFAにて登録が認められました。 現在もなお、体質の安定化に向け研究が続けられています。 スコティッシュフォールドの特徴 スコティッシュフォールドの耳スコティッシュフォールドの代名詞ともいえるキュートな折れ耳。 現在の研究では、突然変異による影響と考えられています。 折れ耳をもつ個体の場合でも、誕生時は立ち耳です。 だいたい生後3~4週間程度で、耳が前へと折れはじめます。 反面、折れていた耳が環境要因や体質によって徐々に立っていく場合もあるようです。 耳の折れ方は、折り目の数によって「シングル」「ダブル」「トリプル」の3段階に分けられます。 ちなみに、すべてのスコティッシュフォールドが「折れ耳」という訳ではありません。 立ち耳のスコティッシュフォールドは「スコティッシュストレート」と呼ばれ、凛々しい三角形の耳をもちます。 スコティッシュフォールドの体重大きくて丸い目と、丸く見えるフェイスライン、そして短い首のせいか、スコティッシュフォールドは「フクロウのような表情」と例えられます。 肉づきのよい丸みを帯びたボディも特徴的です。 スコティッシュフォールドの平均体重は、2. 5~6kg程度とされています。 女の子よりも男の子のほうが大柄になる傾向にあります。 また、避妊・避妊手術を行うと、ホルモンバランスの変化で太りやすくなるとされています。 スコティッシュフォールドの被毛体を覆う被毛のバリエーションの豊富さも、スコティッシュフォールドの特徴のひとつです。 ブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアなど異種交配を行ってきた過程で、スコティッシュフォールドには短毛種だけではなく、長毛種も誕生しました。 これは、長毛のチンチラペルシャの血を引くブリティッシュショートヘアの影響によるものと言われています(スージーが長毛の遺伝子を持っていたという説もあります)。 スコティッシュフォールドの長毛種は「ロングヘアフォールド」や「ハイランドフォールド」と呼ばれ、希少な存在とされています。 また、スコティッシュフォールドの毛色は、ホワイト・ブラック・シルバー・レッド・クリーム・ブラウン・キャリコ(三毛)など非常に多くの種類・模様をもつ猫です。 スコティッシュフォールドの性格 おとなしくて、賢い。 愛らしい性格が魅力スコティッシュフォールドの性格は「家庭的で賢く、好奇心が強い」と言われています。 環境の変化にはあまり動じないため、子どもや同居するほかの動物との相性もよく、家族と共にいることを好む人なつっこい猫です。 スコティッシュフォールドは、好奇心旺盛な一面もあります。 遊ぶことが大好きなので、一緒に遊びながら関係を深めていくとよいでしょう。 スコティッシュフォールドの飼い方 スコティッシュフォールドの被毛ケアスコティッシュフォールドは、短毛種と長毛種の両タイプがいます。 それぞれのタイプに共通している被毛の特徴は、やわらかい毛質と豊富な毛量です。 毛玉になりやすいため、定期的なブラッシングが必要となります。 目安としては、短毛種の場合は1日1回ほど。 長毛種は、抜け毛を飲み込んでしまうことで発症する「毛球症」にかかりやすいため、1日2~3回ほどのブラッシングを行い、しっかりとケアをしましょう。 愛猫とのコミュニケーションを大切に独立心の高さをみせる猫のなかで、スコティッシュフォールドは比較的人なつっこい性格をしています。 他者とのコミュニケーションが上手で賢く、「犬のような特徴をもっている」と言われるほどです。 穏やかであまり主張しない性格をしていますから、甘えたい気持ちを愛猫が表現できないこともあります。 普段の遊びなど、愛猫とコミュニケーションをとる機会を飼い主さんからつくるとよいでしょう。 運動量は少なめおとなしく、のんびりしている部分があるスコティッシュフォールド。 激しく動き回るタイプではありませんので、ペット可の集合住宅でも飼いやすい特徴をもちます。 もちろん、運動や遊ぶこと自体はほかの猫と同様に好むので、キャットタワーや猫用のおもちゃなどを用意しておくとよいでしょう。 スコティッシュフォールドの気を付けたい病気 スコティッシュフォールドは折れ耳を固定化したことで、「骨軟骨異形成症」という、軟膏が正常に形成できなくなる病気にかかりやすいです。 この疾患にかかると四肢に痛みが起こり、ジャンプできなくなったり、足を引きずったりと、歩行に障害をきたします。 残念ながら完全な予防法はありませんが、段差を減らすなどなるべく足腰に負担がかからないような環境を整えてあげましょう。 太りすぎないように体重管理を行うことも予防のひとつです。 日頃からスコティッシュフォールドの様子を観察し、もし歩行に異変を感じたら、なるべく早くかかりつけの獣医師に相談してください。

次の

黒いスコティッシュフォールドの魅力とは?性格やお迎えする方法をご紹介します

スコティッシュ 黒

— 2016 3月 26 7:54午前 PDT スコティッシュフォールドの特徴といえば、折れた耳や丸みを帯びた身体つき。 しかし、被毛の色によって同じスコティッシュフォールドでも印象が大きく変わります。 スコティッシュフォールドには、すべての毛色が認められているため、実にさまざまな毛色の猫が存在します。 代表的な毛色は以下のとおりです。 単色では白、黒、レッド、クリーム、ブルーなどがいて、これらのシェーデッドやタビーもいます。 シェーデッドとは、根元は白や淡い色で毛の先端から3分の1〜2分の1に色がついた被毛のこと。 タビーは、しま模様になっている被毛のことです。 また、こうした毛色とホワイトが組み合わさった猫も。 被毛の色によって見た目の雰囲気もガラリと変わるので、お好みの色をしたスコティッシュフォールドを選ぶことをおすすめします。 また、スコティッシュフォールドは、長毛と短毛のどちらも存在するので、さらに好みの見た目に近い猫に出会えるでしょう。 白・黒のスコティッシュフォールドの魅力 — 2016 4月 16 5:34午前 PDT 数あるスコティッシュフォールドの被毛のなかでも、ちょっと特別なニーズを持つのが白と黒。 単色の猫のなかでも、白猫と黒猫はその美しい毛色から独特な存在感を放ち、見るものを釘付けにします。 実は、スコティッシュフォールドの起源は、当時としてはちょっと変わった白猫だったといいます。 まずは、その歴史を掘り下げてみましょう。 スコティッシュフォールドの歴史:ご先祖様は白猫! そもそもスコティッシュフォールドの歴史は、1匹の白い猫が始まり。 スコットランドの農村にいた真っ白の被毛を持つメス猫で、賢くも人懐っこい性格をしていました。 その猫の最大の特徴が、くしゃっと折れた耳。 不思議な形の耳をした猫はスージーと名付けられました。 — 2016 3月 12 1:46午後 PST 発見者のウィリアム・ロスによってスージーが交配されたのですが、生まれた猫のなかにも折れ耳の猫が。 そこでロスはスージーが産んだ白い折れ耳の子猫を土台にして、折れ耳の猫を新種の猫として確立できるよう、繁殖に励みました。 しかし、骨格や聴力の異常が頻発したことによって猫種の登録が中止することに。 その後、アメリカでさらに研究が進められることになり、ブリティッシュショートヘア、またはアメリカンショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配によって障害のリスクを低下できることが発見され、スコティッシュフォールドは新種の猫種として登録が認められたのです。 つまり、白猫はすべてのスコティッシュフォールドのご先祖様なのです。 スコティッシュフォールドの黒猫はめずらしい? — 2016 2月 9 8:38午後 PST すべての毛色が認められているスコティッシュフォールドですが、なかなか真っ黒の毛色をした猫は見かけませんね。 黒猫のスコティッシュフォールドは日本ではあまり数が多くなく、近隣のペットショップで見つけるのは難しいかもしれません。 しかし、黒い被毛のクールな印象に、折れ耳や丸みのある身体のギャップはとても魅力的。 「スコ座り」と呼ばれる独自の座り方をした姿は、愛らしくてたまりません。 珍しい黒猫のスコティッシュフォールドをお求めの場合は、直接ペットショップやブリーダーに問い合わせをすると良いでしょう。 毛色ごとに性格はこんなに違う! スコティッシュフォールドは、人懐っこく穏やかな性格をしているといわれますが、毛色によって性格は違うのでしょうか。 一見、毛色次第でやさしそうに見えたり、クールに見えたりしますが、実際に色ごとに性格の違いがあるのでしょうか。 — 2016 4月 19 3:07午前 PDT アメリカ・カリフォルニア大学の研究によると、猫の毛色と性格には相関関係があることが認められたようです。 研究は1274匹の猫を対象に、猫と家族の関係から性格や攻撃性、リアクション、振る舞いなどを細かく調査し、分析が行われました。 その結果によると、黒や茶、白が混じった三毛・黒白・灰白は攻撃的な性格、灰・黒・トラ柄は穏やかな性格だということがわかりました。 白猫は賢く気丈だけど甘えん坊な猫も 白猫はとても頭が良く、気が強い猫が多いですが、なかには他の品種以上に甘えん坊の猫もいるようです。 しかし、マイペースなので急にクールになることもあります。 また、白猫はおとなしいと思われがちですが、それは聴覚の良くない猫や視力の弱い猫がいるためだと考えられます。 すべての白猫が該当するわけではありませんが、こうした要素を持つ猫は、活発に動きにくいためおとなしいという印象になるようです。 もし聴覚や視力に問題がある場合は、その点を考慮したケアをしてあげてることが大切です。 黒猫は意外にも甘えん坊で穏やか — 2016 3月 12 4:48午前 PST 黒猫はカラス猫や熊猫などとも呼ばれ、甘えん坊で穏やかな性格をしています。 見た目の印象とはちょっと違うかもしれませんね。 白猫と同様に頭が良い猫が多く、飼い主の気持ちを汲み取ってくれるのだとか。 こうした性格の面からも、黒猫を一度飼うとその魅力に引き込まれる人が多いようです。 ただし、赤の遺伝子を引いた猫は、警戒心が強く、暴れん坊な性格になることがあります。 毛色と性格から相性の良い猫を選んで 猫を飼うときは、やはり見た目も大きな要素になります。 スコティッシュフォールドは、毛色が豊富なので好みに近い猫を選ぶことができるでしょう。 特に、存在感の強い白猫や黒猫は、見た目に加えて性格や頭の良さも魅力のひとつ。 一度飼うとその魅力のトリコになってしまう人も多いでしょう。 性格も踏まえて選べば、より相性の良い猫にきっと出会えるはず。 あなたにとって、理想のスコティッシュフォールドを選んでくださいね。

次の