愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ。 クインシー・ジョーンズ

クインシー・ジョーンズ:愛のコリーダ

愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ

(こちらは新品のHMVレビューとなります。 参考として下さいませ。 クレジットカード、代金引換をご利用いただけます。 代金引換は商品お受け取り時に配達員に現金でお支払いいただきます。 手数料は300円(税別)です。 代金引換でのご注文は10万円までとさせていただきます。 宅配便またはメール便にてお届けします(配送日時・配送業者・配送方法のご指定はお承りしておりません)。 お買い上げ金額2,500円(税込)以上、ご購入で日本国内配送料無料になります。 ポイントによる値引きをご利用いただいた場合でも、商品合計金額が2,500円(税込)以上であれば配送料無料になります。 配送料有料の場合は国内一律450円(税別)です。 1回のご注文につき1回の配送(注文番号ごとの一括配送)となります。 お客様のご都合による返品・交換は原則としてお受けできません。 なお、交換のための良品が在庫切れ、廃盤などで確保が不可能な場合は、ご注文をキャンセルし、代金をお返しさせていただく場合がございます。

次の

愛のコリーダ

愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ

曲名の意味 [ ] 曲名は、のフランス・日本合作映画『 』の日本語名から採られている。 「コリーダ : corrida 」はスペイン語で「」を意味する。 カバー・バージョン [ ]• に、が、ボーカルにデューン(チャールズ・メイ)とを起用し、アルバム『 ()』に採り上げた。 このバージョンは、『』のソウル・チャートで最高10位、でも最高28位に達した。 では、最高14位を記録した。 日本の洋楽シングルチャートでは1981年7月6日付から12週連続1位を獲得し、同年の年間チャート1位となった。 元のとコーラス・グループ「トロワ」とのユニット「BIG BANG」による邦訳カバー(訳詞:あまがいりゅうじ、編曲:大谷和夫)が3月にから発売された。 のダンス・グループである ()が ()をしたバージョンは、のアルバム『 』に収録された。 このバージョンは、が東京・を中心に制作した一連のビデオ作品群「Tokyo Dance Trooper」に使用された。 クインシー・ジョーンズは、バージョンも録音しており、こちらは、のチャリティ・アルバム『 』にバーニア・ボルヘス Vania Borges のボーカルで収録された。 受賞 [ ]• の第24回では、とクインシー・ジョーンズが、この曲で、作編曲部門のひとつである最優秀インストゥルメンタル・アレンジメント・アカンパニング・ ヴォーカリスト賞を受賞した。 脚注 [ ]• フランス語名「 L'Empire des sens」は「官能の帝国」の意である。 Turim, Maureen 1998. The Films of Oshima Nagisa: Images of a Japanese Iconoclast. Berkeley:. 126—127. 2004. Record Research. 307• 『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 に登場するやのをした人物が街中でダンスする様子を捉えた動画作品。 Culture Japan Danny Choo 2011年9月26日. 2012年5月24日閲覧。

次の

【中古:盤質AB】 Dude: 愛のコリーダ : Quincy Jones

愛 の コリーダ クインシー ジョーンズ

「Ai No Corrida」 1981年。 声に出すと分かります。 「愛のコリーダ」。 日本映画(正確には日仏合作)に触発されて作られた曲です。 昭和の初め 1936年。 2・26事件のあった年ですね)に起きた 「 阿部定事件」。 共に好色だった、鰻屋の主人・石田吉蔵と女中の阿部定は 不倫が発覚し、逃避行(当時は"姦通罪"がありました)。 性交の合間に 戯れ半分(窒息する感覚と性の絶頂には通じる部分がある、らしいです) 本気半分(社会的に追い詰められていますからね)で 首を絞めるのを繰り返した結果 定は吉蔵を絞殺。 そして定は吉蔵の陰茎を手放したくないと考え 肉切り包丁で切り取り、逃亡します。 2日後、逮捕。 懲役6年の実刑が下り、5年で仮出所します(没年は不明ですが、長生きしたようです)。 事件発覚後から、この前代未聞の事件は世間の耳目を集め 阿部定フィーバーと言っていいような話題となります。 そんな阿部定事件を元に、 大島渚(監督・脚本)が作った 究極の性愛と死をテーマにした映画が 「愛のコリーダ」 1976年)。 日本では当時の映倫で2分間カット、さらに大きなボカシが入り 出版した関連本はわいせつ文書販売罪で起訴されます(無罪確定)。 一方、カンヌ映画祭で初公開された海外では大ヒット(もちろんノー・カット)。 衝撃と賞賛をもって受け入れられます。 クインシー・ジョーンズ Quincy Jones もその1人。 この映画にインスパイアされて、 「Ai No Corrida」を作りました。 と言っても、彼はプロデューサー(アレンジャー)で 作詞・作曲は、チャス・ジャンケルとケニー・ヤング。 演奏は"クインシー・ファミリー"と言っていい面々。 スティーヴ・ルカサー g 、ルイス・ジョンソン b 、ジョン・ロビンソン dr、ルーファスのメンバー 、ポウリーニョ・ダ・コスタ(perc)、ハービー・ハンコック key 、など。 メイン・ボーカルは秘蔵っ娘のパティ・オースティン。 収録されたアルバム 『The Dude』は ( 1981年、日本盤のアルバム・タイトルは、もちろん 『愛のコリーダ』) (試聴 ) 81年のグラミー賞では空前の12部門ノミネート。 ジャンルとしては、「クロスオーバー」でしょうか。 ジャズ・ロック・ファンクの"交叉"。 (後に"フュージョン"("融合")と呼ばれるようになるジャンルですね) 「愛のコリーダ」以外にも 「Just Once」「One Hundred Ways」(ジェイムス・イングラム大抜擢) 「ヴェラス」(ジャズ・ハーモニカのトゥーツ・シールマンスによるインストゥルメンタル) 「心の傷跡」「ラザマタズ」など とにかく名曲、豪華メンバーの名演奏ぞろいです。 プロデューサーが自分名義のアルバムを発表して (しかも作詞・作曲・演奏をせずにアレンジとプロデュースだけ担当して) これだけの成功を収めたのは空前絶後でしょうね。 1933年シカゴ生まれ。 18歳でジャズ・トランペット奏者としてデビュー。 その後アレンジャーとしてレイ・チャールズ(少年時代、彼に譜読みを教わったらしい)や サラ・ヴォーン、カウント・ベイシーなどを手掛ける。 そして映画音楽 (マイケル・ジャクソンとの出会いも、クインシーが音楽を手がけた映画にマイケルが出演した事がきっかけです) ポピュラー音楽に進出し 当時はクェストレーベル(頭文字のQですね)を創設し ジョージ・ベンソン『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』や マイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』を手がけていた頃です。 (スティービー・ワンダーの最高傑作『キー・オブ・ライフ』にも影響を与えたそうです。 彼ももちろん『The Dude』に参加しています) その後もマイケルの『スリラー』『バッド』 アフリカ救済チャリティ「We Are The World」 テレビドラマ「ルーツ」など(多すぎて、以下省略) 80年代は彼の時代だと言っていいかも知れません (何しろマイケルのアルバム3枚だけで1億枚前後) 黒人音楽の巨匠であり、史上もっとも成功したプロデューサーです。 歌詞の和訳は、。 追記その1 「 Corrida」はスペイン語。 意味は"闘牛"です。 そこから"せめぎ合い" "攻防" といったニュアンスも生まれます。 (映画のチラシの背後に闘牛のシルエットが描かれています) 追記その2 映画のフランスでの題名は「 L'empire des Sens」。 和訳すると"官能の帝国" でしょうか。 (パッケージ写真を拡大できます) そちらを英訳した「 The Realm of the Senses」 "官能の王国")という英題もあるようですね。 (「Ai No Corrida」じゃ意味分かんないですもんね) 追記その3 チーフ助監督は崔洋一。 追記その4 日本語が登場する歌の特集 追記その5 ジャケットに登場している不思議な形の像は、クインシーの私物だそうです。 追記その6 師匠にあたるレイ・チャールズとのコラボはこちら(1曲目)。 追記その6 パティ・オースティンのこのアルバム、落ち着いた歌が多いのですが M5が一番近い歌い方かな。 追記その7 カナダドライのCMで使われていますが 山田優は、こういう内容の曲だって知ってるのかな? ハンドル・ネームと性別の入力が必須ですが、そのまま [ENTER] しても何の問題もないです。 そうすると、サビがエンドレスで流れます。 [VIP Room] の右上にある山田優の画像をクリックすると、CMを見ることが出来ます。

次の