乳首 開発。 【衝撃】男でも乳首は開発可能?5つのステップと乳首開発おすすめグッズ3選!

乳首イキや開発は本当に可能?効果的なチクニーのやり方7個

乳首 開発

男も開発すると乳首だけでイケるようになる? 女性の場合、乳首を舐めたり触ったりすると快感を感じる部分として、オナニーやセックスで性感帯の一つとして扱われます。 しかし、男性の乳首はオナニーやセックスであまりいじらない場所ですよね。 乳首を触ってみても特に何も感じないという男性は多いでしょう。 アダルトビデオや漫画といったメディアでも、女性はオナニーやセックスのときに乳首をいじる描写は多いですよね。 実際にセックスのときに女性の乳首を攻める男性も多いでしょう。 対して、男性の乳首はオナニーやセックスにおいてあまりスポットを浴びることはありません。 なぜなら、多くの人は男性の乳首を快感を感じる場所だと思っていないからです。 乳首を触ったり、舐めたり吸ったりして快感を感じるのは女性だけと思っている人は多いのではないでしょうか? しかし、実は生物学上では男性と女性の乳首に大きな差はありません。 差があるのは母乳を出すための乳腺があるかないかくらいで、乳首だけに焦点を当てれば神経の通り具合などは同じです。 そのため、男女で感度の差はほとんどないのです。 つまり、男性も開発次第では乳首だけで感じたり、イケるほどの神経は通っているということなのです。 男性の乳首も立派な性感帯 男性の乳首はあまり注目されないポイントなので、オナニーやセックスでもいじることは少ないです。 しかし、先ほどお伝えしたように、男性と女性では乳首の作りや神経の通り方に大きな差はありません。 実際に男性が乳首を触っても、女性ほど感じる様子がないため「本当に女性と同じように乳首で感じられるようになるの?」と疑問を持つ男性は多いでしょう。 男性が乳首を触っても何も感じることがないのは刺激に慣れていないからであり、女性の乳首が敏感なのは乳房が盛り上がって服に擦れることが多く刺激に慣れているからなのです。 つまり、男性の乳首も刺激を与えて開発すれば女性と同じように感じられるようになり、立派な性感帯となるのです! 男性の乳首の開発方法とは? 開発次第で性感帯になるとはいえ、具体的にどのよう男性の乳首を開発すれば良いのかわからないという人は多いでしょう。 その起こし方とは、ずばり普段とは違う刺激を与えることです。 例えば、指ではじいたり、先端を引っかいたり、引っ張るなどです。 少しピリッとした痛みを感じる程度の強さが良いでしょう! 「痛い!」と思わず声が出てしまう強さはやり過ぎで、乳首を傷付けてしまう恐れがあるので注意が必要です。 その方法は、オナニーをするときに乳首もいじることです。 オナニーでは性器のみを刺激していた人が多いと思いますが、オナニーをするときに空いている手で乳首をいじりましょう! そうすことでと、絶頂に達したときに乳首をいじっていることにより、「身体に乳首を触っている=気持ち良い」という感覚を植え付けることができるのです。 これを続けることによって、だんだんと乳首をいじると気持ちいいと思えるようになりますよ。 これは、今までのいじり方に加えてさまざまな刺激を与えることで、乳首の感度をより高めるためです。 おすすめの刺激方法は、次の2つの方法です。 乳首にソフトタッチをくり返す• ローションでヌルヌルとした感覚を与える どちらも今までのいじり方よりソフト目に触るようにすることがコツです。 強すぎる刺激は与え過ぎると、その強さに慣れてしまい強い刺激でないとイケなくなってしまうからです。 あくまで強すぎない刺激でイケるようになることが大切です。 男性の乳首開発にかかる時間は? 男性の乳首開発をステップに分けて紹介しましたが、開発にかかる時間はどのくらいなのでしょうか? 男性の乳首開発にかかる時間について解説しますね。 元々の感度によって異なる 男性の乳首の開発時間は、そもそもの感度によって大きく異なります。 ただ、そのような人はまれで、触ってみたときに何も感じないという人がほとんどです。 乳首を触ってみても何も感じないという人は元々感じやすい人より時間はかかります。 ただ、しっかり時間をかければ開発はできますので、根気よく続けることが大切です。 平均は3ヶ月から1年 男性の乳首開発にかかる時間はおよそ3ヶ月から1年ほどだと言われています。 しかし、何より続けることが大切。 でも、乳首でイケるようになるとどんな良いことがあるのかよくわからないという人は多いでしょう。 男性はオーガズムに達すると射精しますが、一度射精すると無気力になったり、それ以上性欲が沸かなかったりといわゆる「賢者タイム」に突入しますよね。 しかし、ドライオーガズムは射精を伴わないオーガズムなので、気持ち良さの頂点に達しても、賢者タイムにはならず続けて何度でもイクことができるのです。 ドライオーガズムを知ってしまったら、知らなかったときには戻れないと言われるほど気持ち良いとされています。 乳首を開発していないときは、性器の快感しか味わうことができません。 しかし、乳首を開発することで乳首でも快感を得られるようになれば、彼女に触ってもらったり舐めてもらったりとセックスの幅が広がります。 彼女がフェラするときの上目遣いがたまらないという男性は多いもの。 なぜかというと、乳首を刺激することで微量な女性ホルモンが分泌されるからです。 「男性なのに女性ホルモンって出るの?!」と驚く人もいるでしょう。 しかし、異性のホルモンが分泌されるのは普通のことなのです。 例えば、元々男性ホルモンが分泌されやすい体質の女性もいます。 女性ホルモンは肌をきれいにする作用があるので、乳首開発のメリットに肌がきれいになることが挙げられるのです。 乳首の開発方法の注意点 乳首開発のメリットを紹介しましたが、逆にデメリットや注意点はあるのでしょうか? 男性の乳首開発に大きなデメリットはありませんが、開発の際に気を付けたいことがあります。 無理して早く開発しようとして必要以上に強い力で刺激したり、ステップの途中で次のステップに進んだりしても大きな成果は得られません。 むしろ、乳首を傷付けてしまうなど、悪影響が出てしまうことも考えられます。 1週間に1回や数日に1回、集中して開発をするよりも、1日に少しずつの時間で良いので開発に時間を使った方が開発は進みやすいです。 身体は一度の刺激をある程度までしか記憶しません。 例えば、1回に150パーセントの刺激を与えても、身体が覚えているのは100パーセントまでです。 そして、次に刺激するまでに感覚をどんどん忘れてしまいます。 それよりも、60パーセントの刺激でも毎日続けた方が身体が感覚を覚えているというわけです。 では、女性ホルモンが多ければ開発が進みやすいかというとそういうわけではありません! そのため、女性ホルモンを増やすサプリなのを飲んで感度を上げようとしても効果はありません。 むしろ、男性が女性ホルモンを過剰摂取すると、身体のホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れるなどの悪影響が出る恐れがあります。 そのため、女性ホルモンを上げようとしてサプリなどを飲むことは絶対にやめてくださいね。 乳首の開発が思うように進まない場合 乳首開発を始めてみたけれど、思った以上に時間がかかったり、なかなか感度が上がらなかったりする人もいるでしょう。 世の中には乳首攻めの専門店があるので、お店を探して行ってみてはいかがでしょうか? プロの技と他人に開発されるドキドキ感で一気に開発を進めることができるでしょう! また、プロから効率的に開発を進める方法を盗めるということもメリットです。 乳首をいじるとき、自分が女性になって男性に攻められているという設定でいじってみると、いつもとは違う感覚を得られる可能性がありますよ。 乳首は、立っている状態の方が敏感です。 その性質を利用して、温度差でまずは乳首を立たせて敏感にしてから開発してみましょう! 敏感な状態から開発していくので、立ってない状態から始めるよりも開発しやすくなります。 本来は肩や腰、ひざなどに貼って痛みをとるセルフ針治療用品です。 針治療用品なので、小さなシートの裏には針が付いています。 乳首に貼ることによって乳首に常に刺激を与えることができるため、普段の生活の中でも乳首開発が進められるのです。 「針を乳首に刺すなんて怖い」と思う男性は多いでしょう。 SA(4,680円) 出典: U. SAは乳首開発専用のアダルトグッズ(ローター)です。 数ある乳首用のグッズの中でも、かなりの高評価を得ています。 お椀型のカップの中に乳首を刺激する舌を模したパーツなどがあり電動で動くという仕組みですが、その動きがかなりリアルと話題になっています。 お値段は5円近くとやや高額ではありますが、口コミでは「買って損なし!」の声が多数です。 ローター内臓で乳首に断続的に刺激を与えられます。 価格はU. SAの半分未満なので、まずはMEROURIIから始めて見るのもありでしょう! まとめ 男性と女性の乳首は神経の通い方などに大きな違いはありません。 そのため、男性でも乳首開発は可能ですし、乳首で快感を味わえるようになればオナニーやセックスの幅も広がります。 男性自身の乳首の開発に役立つかもしれないので、ぜひ目を通してみてくださいね!•

次の

空心菜館「ゼロから始める乳首開発!『実践』本当に気持ちいいチクニ―【バイノーラル&ハイレゾ】(CV・小石川うに)」感想

乳首 開発

男も開発すると乳首だけでイケるようになる? 女性の場合、乳首を舐めたり触ったりすると快感を感じる部分として、オナニーやセックスで性感帯の一つとして扱われます。 しかし、男性の乳首はオナニーやセックスであまりいじらない場所ですよね。 乳首を触ってみても特に何も感じないという男性は多いでしょう。 アダルトビデオや漫画といったメディアでも、女性はオナニーやセックスのときに乳首をいじる描写は多いですよね。 実際にセックスのときに女性の乳首を攻める男性も多いでしょう。 対して、男性の乳首はオナニーやセックスにおいてあまりスポットを浴びることはありません。 なぜなら、多くの人は男性の乳首を快感を感じる場所だと思っていないからです。 乳首を触ったり、舐めたり吸ったりして快感を感じるのは女性だけと思っている人は多いのではないでしょうか? しかし、実は生物学上では男性と女性の乳首に大きな差はありません。 差があるのは母乳を出すための乳腺があるかないかくらいで、乳首だけに焦点を当てれば神経の通り具合などは同じです。 そのため、男女で感度の差はほとんどないのです。 つまり、男性も開発次第では乳首だけで感じたり、イケるほどの神経は通っているということなのです。 男性の乳首も立派な性感帯 男性の乳首はあまり注目されないポイントなので、オナニーやセックスでもいじることは少ないです。 しかし、先ほどお伝えしたように、男性と女性では乳首の作りや神経の通り方に大きな差はありません。 実際に男性が乳首を触っても、女性ほど感じる様子がないため「本当に女性と同じように乳首で感じられるようになるの?」と疑問を持つ男性は多いでしょう。 男性が乳首を触っても何も感じることがないのは刺激に慣れていないからであり、女性の乳首が敏感なのは乳房が盛り上がって服に擦れることが多く刺激に慣れているからなのです。 つまり、男性の乳首も刺激を与えて開発すれば女性と同じように感じられるようになり、立派な性感帯となるのです! 男性の乳首の開発方法とは? 開発次第で性感帯になるとはいえ、具体的にどのよう男性の乳首を開発すれば良いのかわからないという人は多いでしょう。 その起こし方とは、ずばり普段とは違う刺激を与えることです。 例えば、指ではじいたり、先端を引っかいたり、引っ張るなどです。 少しピリッとした痛みを感じる程度の強さが良いでしょう! 「痛い!」と思わず声が出てしまう強さはやり過ぎで、乳首を傷付けてしまう恐れがあるので注意が必要です。 その方法は、オナニーをするときに乳首もいじることです。 オナニーでは性器のみを刺激していた人が多いと思いますが、オナニーをするときに空いている手で乳首をいじりましょう! そうすことでと、絶頂に達したときに乳首をいじっていることにより、「身体に乳首を触っている=気持ち良い」という感覚を植え付けることができるのです。 これを続けることによって、だんだんと乳首をいじると気持ちいいと思えるようになりますよ。 これは、今までのいじり方に加えてさまざまな刺激を与えることで、乳首の感度をより高めるためです。 おすすめの刺激方法は、次の2つの方法です。 乳首にソフトタッチをくり返す• ローションでヌルヌルとした感覚を与える どちらも今までのいじり方よりソフト目に触るようにすることがコツです。 強すぎる刺激は与え過ぎると、その強さに慣れてしまい強い刺激でないとイケなくなってしまうからです。 あくまで強すぎない刺激でイケるようになることが大切です。 男性の乳首開発にかかる時間は? 男性の乳首開発をステップに分けて紹介しましたが、開発にかかる時間はどのくらいなのでしょうか? 男性の乳首開発にかかる時間について解説しますね。 元々の感度によって異なる 男性の乳首の開発時間は、そもそもの感度によって大きく異なります。 ただ、そのような人はまれで、触ってみたときに何も感じないという人がほとんどです。 乳首を触ってみても何も感じないという人は元々感じやすい人より時間はかかります。 ただ、しっかり時間をかければ開発はできますので、根気よく続けることが大切です。 平均は3ヶ月から1年 男性の乳首開発にかかる時間はおよそ3ヶ月から1年ほどだと言われています。 しかし、何より続けることが大切。 でも、乳首でイケるようになるとどんな良いことがあるのかよくわからないという人は多いでしょう。 男性はオーガズムに達すると射精しますが、一度射精すると無気力になったり、それ以上性欲が沸かなかったりといわゆる「賢者タイム」に突入しますよね。 しかし、ドライオーガズムは射精を伴わないオーガズムなので、気持ち良さの頂点に達しても、賢者タイムにはならず続けて何度でもイクことができるのです。 ドライオーガズムを知ってしまったら、知らなかったときには戻れないと言われるほど気持ち良いとされています。 乳首を開発していないときは、性器の快感しか味わうことができません。 しかし、乳首を開発することで乳首でも快感を得られるようになれば、彼女に触ってもらったり舐めてもらったりとセックスの幅が広がります。 彼女がフェラするときの上目遣いがたまらないという男性は多いもの。 なぜかというと、乳首を刺激することで微量な女性ホルモンが分泌されるからです。 「男性なのに女性ホルモンって出るの?!」と驚く人もいるでしょう。 しかし、異性のホルモンが分泌されるのは普通のことなのです。 例えば、元々男性ホルモンが分泌されやすい体質の女性もいます。 女性ホルモンは肌をきれいにする作用があるので、乳首開発のメリットに肌がきれいになることが挙げられるのです。 乳首の開発方法の注意点 乳首開発のメリットを紹介しましたが、逆にデメリットや注意点はあるのでしょうか? 男性の乳首開発に大きなデメリットはありませんが、開発の際に気を付けたいことがあります。 無理して早く開発しようとして必要以上に強い力で刺激したり、ステップの途中で次のステップに進んだりしても大きな成果は得られません。 むしろ、乳首を傷付けてしまうなど、悪影響が出てしまうことも考えられます。 1週間に1回や数日に1回、集中して開発をするよりも、1日に少しずつの時間で良いので開発に時間を使った方が開発は進みやすいです。 身体は一度の刺激をある程度までしか記憶しません。 例えば、1回に150パーセントの刺激を与えても、身体が覚えているのは100パーセントまでです。 そして、次に刺激するまでに感覚をどんどん忘れてしまいます。 それよりも、60パーセントの刺激でも毎日続けた方が身体が感覚を覚えているというわけです。 では、女性ホルモンが多ければ開発が進みやすいかというとそういうわけではありません! そのため、女性ホルモンを増やすサプリなのを飲んで感度を上げようとしても効果はありません。 むしろ、男性が女性ホルモンを過剰摂取すると、身体のホルモンバランスが崩れて自律神経が乱れるなどの悪影響が出る恐れがあります。 そのため、女性ホルモンを上げようとしてサプリなどを飲むことは絶対にやめてくださいね。 乳首の開発が思うように進まない場合 乳首開発を始めてみたけれど、思った以上に時間がかかったり、なかなか感度が上がらなかったりする人もいるでしょう。 世の中には乳首攻めの専門店があるので、お店を探して行ってみてはいかがでしょうか? プロの技と他人に開発されるドキドキ感で一気に開発を進めることができるでしょう! また、プロから効率的に開発を進める方法を盗めるということもメリットです。 乳首をいじるとき、自分が女性になって男性に攻められているという設定でいじってみると、いつもとは違う感覚を得られる可能性がありますよ。 乳首は、立っている状態の方が敏感です。 その性質を利用して、温度差でまずは乳首を立たせて敏感にしてから開発してみましょう! 敏感な状態から開発していくので、立ってない状態から始めるよりも開発しやすくなります。 本来は肩や腰、ひざなどに貼って痛みをとるセルフ針治療用品です。 針治療用品なので、小さなシートの裏には針が付いています。 乳首に貼ることによって乳首に常に刺激を与えることができるため、普段の生活の中でも乳首開発が進められるのです。 「針を乳首に刺すなんて怖い」と思う男性は多いでしょう。 SA(4,680円) 出典: U. SAは乳首開発専用のアダルトグッズ(ローター)です。 数ある乳首用のグッズの中でも、かなりの高評価を得ています。 お椀型のカップの中に乳首を刺激する舌を模したパーツなどがあり電動で動くという仕組みですが、その動きがかなりリアルと話題になっています。 お値段は5円近くとやや高額ではありますが、口コミでは「買って損なし!」の声が多数です。 ローター内臓で乳首に断続的に刺激を与えられます。 価格はU. SAの半分未満なので、まずはMEROURIIから始めて見るのもありでしょう! まとめ 男性と女性の乳首は神経の通い方などに大きな違いはありません。 そのため、男性でも乳首開発は可能ですし、乳首で快感を味わえるようになればオナニーやセックスの幅も広がります。 男性自身の乳首の開発に役立つかもしれないので、ぜひ目を通してみてくださいね!•

次の

乳首イキや開発は本当に可能?効果的なチクニーのやり方7個

乳首 開発

あなたは自分の乳首の感度の悪さに悩んではいませんか? 「乳首を触られても何にも感じない…」「気持ち良さが一切ない…」 AVなどを見ればみんな気持ち良さそうにしているのに、その気持ちが理解できないと不安にもなりますよね。 ですが、安心してください。 あなたの乳首が感じないのは、まだ感じるための神経が眠った状態にあるためです。 男女問わず、乳首というのはみな平等に快感を得ることができる場所です。 つまり、開発さえすれば誰でも気持ちよくなることができるのです! この記事では、乳首開発の仕方をイチから詳しく解説していきます。 あなたの鈍感な乳首も、この記事の内容を実践することで体がよじれるほど感じられるようになることを約束します 乳首の感度があまり良くなかったのでアダルトグッズで開発しようと利用しました。 自分ではできないような振動を与えてくれるので、とても気持ち良く乳首の感度も上がりました!中身がバレない梱包をしてもらえたので、実家暮らしの私でも安心して注文できました。 商品の購入は30秒でカンタンにする事ができるので、今すぐ下のボタンをクリックしてあなたにピッタリのアダルトグッズを見つけてくださいね。 乳首開発とは? そもそも乳首開発とは何でしょうか? 聞いてイメージができないという方もいらっしゃることでしょう。 ここではまず、乳首開発の概要について詳しく説明していきます! その名の通り乳首の性感帯を開発すること 乳首開発とは、その名の通り乳首を性感帯として開発することです。 乳首って、なんとなく「触られるとすごく感じる性感帯!」みたいなイメージがありませんか? ですが実際はそんなことはなく、今までに刺激を受けることがなかった乳首というのはとても鈍感です。 乳首というのは何かしらの刺激を受けてこそ性感帯になる場所で、決して生まれつき感じる場所ではありません。 なので、乳首で気持ちよくなるためには必ず「開発」が必要になるのです。 男女問わず開発することができる 想像上では乳首が感じるのは女性の特権のようにも思えますが、そんなことはありません。 乳首は男女平等についているものですよね?ということは、快感だって平等に得られるはずなんです。 この後にも説明しますが、乳首の感じる神経も男女共通でしっかりとあります。 男性だけが乳首で感じることはできない…なんてことはありえないのでご安心ください。 男性は何度でも絶頂感を味わうことができる 乳首開発を進めると、やがて乳首だけの刺激でもイケるようになります。 この時、男性がする絶頂は射精を伴わないドライオーガズムになります。 通常の射精を伴うウェットオーガズムであれば、精子を出し切ってしまったらもうイくことはできませんよね。 しかし、ドライオーガズムは射精をしないので精子がなくなりません。 まるで女性の絶頂と同じような感じで、体力が尽きるまで絶頂感を味わうことができるのです。 乳首で感じるために!開発すべき場所とは? 開発するにしても、具体的にどこを刺激すれば良いのかを知らないと実行できませんよね。 乳首で感じるようになるためには、大きく分けて3つの場所を開発する必要があります。 その3つの場所とはずばり「スペンス乳腺」「マイスネル小体」「パチニ小体」。 どれも聞いてもピンとこない人がほとんどでしょう。 ここではそれぞれ詳しく解説していきます! 脇の下から下乳にかけてある「スペンス乳腺」 まず必ず触れておきたいのが脇の下から下乳にかけてあるスペンス乳腺です。 ここは胸のGスポットとも呼ばれている場所で、開発次第では背筋に電撃が走るような快感を得ることも出来る場所となります。 さすったり、撫で上げるように優しく触れるのがオススメです。 スペンス乳腺は直接乳首に関係のある性感帯ではありません。 しかし、まずは胸全体の感度を上げることが大切になります。 このスペンス乳腺は男女ともにあるので、男性もしっかりと刺激していきましょう。 乳首の表面にある神経「マイスネル小体」 続いてご紹介するのは「マイスネル小体」と呼ばれる神経です。 乳首の表面にある神経で、主に触覚と圧力、低周波を感じることができると言われています。 マイスネル小体のオススメの刺激の仕方は、とにかく表面に振動を与えることです。 指先で転がしたり、カリカリと引っ掻くような動きをすることで効率よくマイスネル小体を開発することができるでしょう。 乳首の奥にある神経「パチニ小体」 最後にご紹介するのは「パチニ小体」です。 この神経は乳首の奥、根元の方に存在します。 特に圧覚を感じ取る神経で、深部圧や振動を与えることで開発が進みます。 このパチニ小体のオススメの刺激方法はズバリ吸引。 吸われながら、振動をするような動きで責めていくのが効果的です。 乳首開発のやり方!5ステップで性感帯に仕上げよう それでは早速乳首開発を始めましょう! 「乳首を触られても一切何も感じない…」 そんな人でも必ず性感帯になる方法をここではしっかりと説明していきます。 ここで紹介する方法を丁寧にこなしていけば、必ず乳首で快感を感じられる体に仕上がることは間違いありません。 5つのステップでできる乳首開発、開幕です! STEP1:まずは強めの刺激!眠っている神経を目覚めさせよう 普段、乳首に刺激を受けることがないと「乳首を触られても何も感じない…」なんてこともザラにあります。 そんな方は、眠っている乳首の神経を呼び起こすところからスタートとなります。 とにかく最初は乳首に刺激を与えましょう。 ぎゅっと引っ張る、グリグリ潰す…などとにかく何かを感じるまでいじめ続けます。 そのうち、何も感じなかった乳首が痛覚を感じるようになります。 まずはその領域を目指して乳首をひたすらにいじっていきましょう. 触れても何も感じないというのは乳首開発をするに当たってはかなり致命的です。 このステップでしっかりと乳首の感覚を取り戻しましょう! STEP2:オナニーをする時に乳首を触って快感をリンクさせる 乳首の感覚を取り戻しても、まだまだ快感には程遠いはず。 そこで、このステップでは乳首に快感というものを叩き込んでいきます。 具体的にどうするのかというと、オナニーの時に乳首もあわせて触ることを徹底します。 乳首単体で快感を得るというのはかなり難易度が高いことです。 なんせ今まで眠っていた神経です。 まだ乳首は快感というものを知りません。 なので、まずは快感と乳首への刺激をリンクさせる必要があるのです。 乳首への刺激で得られる快感ではありませんが、快感を感じている時に乳首を触ることで条件付けがされます。 とにかく「乳首を触っている時に気持ちよかった」という経験を作ることが大事なので、オナニー中には必ず乳首を刺激しましょう! STEP3:スポールバンを貼って24時間刺激する 乳首と快感を結びつけることができてきたら、次のステップに進みましょう。 次は、乳首に24時間刺激を与えて感度を上げていきます。 「24時間刺激って…ずっと触り続けなきゃいけないの!?」なんて思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。 乳首をいじるためだけに自分の24時間を費やせる人は、恐らくこの世に存在しません。 24時間刺激するのに活躍してくれるのが「スポールバン」です。 スポールバンとは丸いシールに1ミリほどの針がついた医療用品のこと。 もともとはツボを指圧するためのものですが、これを乳首開発に活用します。 使い方は簡単、スポールバンを乳首にペタッと貼り付けるだけ。 そうすることで小さな針が乳首をずっと刺激し続けてくれます。 針と聞くとなんだか痛そうにも思えますが、ごく小さな針なので痛みは感じませんのでご安心を。 STEP4:色々な刺激を与えて感度を上げていく 24時間の刺激で、敏感な乳首を手に入れることができたらようやく開発らしい開発のスタートです。 ここからはがっつり乳首を刺激していきます。 敏感に感じる乳首を手に入れたのであれば、もう開発完了まではそう遠くありません。 ここでしっかりと責めて快感というのを乳首にわからせましょう。 特に効果を得やすい2つの刺激方法を詳しく説明していきますね。 オススメ刺激法1:指で円を描くように撫でる まずは指で円を描くように撫でていきましょう。 最初の方こそは強い刺激じゃないと何も感じなかったかもしれませんが、この段階では少し撫でられるだけでも十分に感じることができるはず。 焦らされるような緩やかな刺激から楽しんでいきましょう。 「早くもっと強い刺激を!」と思っても、まだ強い刺激は与えてはいけません。 まずはとにかく我慢我慢です!このやり方は興奮と乳首の感度を高めるのにもぴったりなのでしっかりと取り組みましょう! オススメ刺激法2:ローションを使ってヌルヌルプレイ 続いてご紹介するのがローションを使った乳首開発です。 乳首にローションを塗りつけて、指でするすると撫で触っていきましょう! 上へ下へ、左から右へと指で刺激していきます。 この時の指も1本にこだわる必要はありません。 色々な指を使って、自分の思うように乳首に快感を与えていきましょう。 ヌルヌルと滑る感覚は、まるで誰かに舐められているかのようですよね。 乳首開発のポイントは違う動きをした時に違う快感を得られるかどうかです。 刺激を弱くしたら快感も弱くなった…という場合にはまだまだ乳首開発は足りません。 敏感に、多様な動きに快感を対応させるようになってこそ一人前の乳首です! STEP5:乳首だけでイケるまで開発をしていく ここまで様々な刺激を与えてきて、そろそろ自分の気持ちよくなれる刺激の仕方もわかってきたのではないでしょうか? そうなってくれば乳首の開発も終了に近いです! どんどん自分の好きな責め方で性感帯を深いものにしていきましょう。 「なんとなく気持ちよくなれたからいいや」ではなく、ここで更にラストスパートをかけることが重要です。 根気よく、イケるようになるまで刺激を与え続けましょう! 具体的にはどうやって刺激する?アイディア13選 5ステップでの乳首開発では2種類の刺激方法をご紹介しましたが、それ以外にも刺激の方法というものはあります。 様々な刺激を与えて、感じることを乳首に覚えさせることで乳首開発のクオリティは上がっていくものです。 ここでは13個の乳首の刺激の仕方をご紹介します。 色々な刺激を与えて、多様な快感を乳首に教えてあげましょう! 引っ張るように!つまむ 初手は定番の引っ張るようにつまむ動きからチャレンジしてみましょう。 つまむと一言で言ってもその方法は様々です。 王道は親指と人差し指でつまむ方法です。 つまんで挟む時の指への力加減も強弱をつけて自分の好きな強さを見つけていきましょう。 日本指でつまむことに慣れてきたら、今度はつまむ指を増やしていきます。 親指・人差し指・中指でつまめばより強い力を加えることができます。 引っ張る動きも忘れずに、乳首をいじめていきましょう! つまむ動作にプラスして!ねじる つまむ動作に慣れてきたら今度はねじる動作も加えてみましょう! つまんでいる2本の指を擦りつけるかのように、グリグリと平行方向へ回転させていきます。 最初はねじるストロークは短めに、慣れてきたら長いストロークでねじねじと動かします。 あまりやりすぎても痛くなってしまうので、ほどほどの加減を見極めて少しずつ動かしていきましょうね。 ねじる動きは乳首にかなりの負担がかかります。 やりすぎて表面の皮が剥けてしまった…なんてこともあるので無理のない範囲で行いましょうね。 乳首にデコピン!弾く 続いてご紹介するのは思い切り乳首にデコピンするように弾く方法です。 乳首にデコピンというのも不思議な言葉ですよね。 もはやデコではない。 そんな冗談はさておき、このやり方は今までの刺激とは違い衝撃のある動きを乳首に与えることができます。 継続的な刺激ではなく瞬間的な刺激なので、体が跳ねるような快感を楽しむことができますよ。 自分以外の誰かにしてもらえばいつ来るかわからないドキドキ感も味わえます。 協力者が確保できるのであればぜひ試してみてくださいね! 更なる刺激を!叩く 「デコピンなんて生ぬるい刺激じゃ物足りない!」 そんな方は思い切って叩いてみるのもアリです。 胸全体をビンタするかのように、思い切りひっぱたいてみましょう。 ちゃんと乳首を掠めるように、表面部分を狙って叩くのがコツです。 手で叩くのが手っ取り早いですが、ハエたたきのようなアイテムを使ってみるのも良いでしょう。 乳首への刺激ももちろんですが、粗雑に扱われているようなシチュエーションにも興奮が高まること間違いなしです! 指先でグリグリと!擦る 過激な刺激に疲れたら、また継続的な刺激に戻ってみましょう。 今度は指で思い切りグリグリと擦るのはいかがですか? 乳首を丁寧に、擦り潰すかのようにグリグリと擦っていきます。 出来るだけ強い摩擦を与えたいので、動きもゆっくりじっくり行いましょう。 擦る動きも上下・左右・円を描くようになどなど色々なやり方を試してみてください。 ジンジンとする乳首の感覚を楽しみましょう! パートナーがいるなら!吸う もしパートナーがいるのであれば、赤ちゃんのように吸ってもらうのも良いでしょう。 チュパチュパと吸われることで母性のような感情も目覚めます。 「授乳ってこんな感じなのかなぁ」と擬似子育ての気分も味わえますよ。 「乳首を吸ってくれるようなパートナーがいない…」なんて方もご安心ください。 そのような方は、乳首吸引器を使ってみましょう。 乳首吸引器とはその名の通り乳首を吸引する器具です。 なんだかいかがわしいオーラが出てますがこの乳首吸引器、実は妊婦さんのためのアイテムです。 授乳しにくい扁平や陥没乳首を治療するためのアイテムで、ドラッグストアでも手に入ります。 値段も1つ500円程度と手軽なので、ソロ乳首開発者には非常にオススメです! ハードな刺激を!噛む とにかく強い刺激が欲しい時の最終手段として「噛む」というのもオススメです。 これこそパートナーがいないとできませんが、得られる刺激は抜群となります。 優しく甘噛みしてもらったり、少し強く歯を引っ掛けてもらったり、刺激のバリエーションも工夫次第では無限大です。 舐める動作も入れてもらえば、相当楽しめるでしょう。 ただし、噛むというのは力加減を間違えれば大怪我をする恐れもあります。 強いアゴの力とデリケートな乳首…細心の注意を払って意思疎通をしっかりしながら行いましょう。 ローターを使って!振動を与える ここからは道具を使った乳首への刺激の仕方をご紹介します。 まず、一番王道なのはローターです。 小さいながらもしっかりと振動をしてくれるので、乳首をピンポイントで刺激するのにはぴったりです。 また、振動というのは人間には再現不可能な動きです。 新鮮な快感を楽しむことができるでしょう。 ローターは大人のおもちゃの中でも安価で、安いものであれば500円以下でも入手することができます。 乳首開発だけでなく、他のオナニーにも活用することができるので1つ持っておいても損はないでしょう。 指先に装着可能な超小型ローターは初心者におすすめ 価格:148円 専用器具あり!重りをつける 続いてご紹介するのが乳首に重りをぶら下げる方法です。 昔の拷問のようなSMチックなプレイですが、得られる興奮はピカイチです。 ここで使う道具は「クランプ」と呼ばれるものです。 「ニップルクリップ」という名称で販売されていることもあります。 乳首にはさむように取り付けて、そこの重りをぶら下げるのですが、見た目もかなりいやらしい感じになります。 実際の乳首の快感よりも、視覚的なエロさが魅力ですね! 身近なアイテムで!食器用スポンジでガシガシ 指での擦りが物足りない方におすすめなのが食器用スポンジでガシガシと擦るやり方です。 ネットに入っているものではなく、片面が柔らかくもう片面がハードなタイプになっているスポンジがオススメです。 初めは柔らかい方を使って擦って、その刺激に慣れてきたらハードなガリガリとした方に切り替えます。 そうすることで2種類の刺激を楽しむことができます。 注意して欲しいのが、間違ってもメラニンスポンジで代用をしないことです。 同じスポンジですが、メラニンスポンジには研磨効果があります。 大丈夫だと紹介しているサイトもありますが、確実に乳首も研磨されて削れてしまいます。 最悪出血沙汰になるので、絶対に使用しないでください。 立ったまま乳首を固定!輪ゴムで縛る 刺激と羞恥心、両方を煽るのにオススメなのが輪ゴムで乳首を縛るやり方です。 やり方は簡単。 まずは刺激を与えてしっかりと乳首を立たせます。 そうしたら、輪ゴムを使って乳首をぎゅっと縛ります。 こうすることで乳首の勃起状態を維持しつつ、別の刺激を与えることができるので縛る快感と別の刺激の快感を同時に味わうことができます。 視覚的にもかなりエロくなるので、興奮度もかなり高くなりますよ! 普通の輪ゴムでは乳首に使うには大きすぎるかと思います。 そこでオススメなのが女性用のビニール製の小さなヘアゴムです。 100均などでも「髪に絡まないゴム」として販売しているのでチェックしてみてください! SMチックに!ロウソクを垂らす こちらはかなりハードかつ難易度が高い乳首のいじめ方ですが、「ロウソクを垂らす」というやり方もあります。 協力者も必須かつ準備もやや大掛かりとなるので「自分はドM中のドMだ!」という方以外にはオススメしません。 というか、恐らくできません。 ロウソクは普通のロウソクだと火傷をしてしまうので、必ず専用のロウソクを使用しましょう。 SMプレイ専用のロウソクは普通のものよりも温度が低くなるような作りになっているので安全に楽しむことができますよ。 手間はかかってしまいますが、高い興奮を得ることはできるので時間に余裕がある方は一度試してみるのも良いでしょう。 更に過激に!?鞭で叩く 叩くの進化バージョンですが、鞭で思いっきり叩くというやり方もあります。 ロウソクよりかはやりやすいものの、こちらもドM向けのいじめ方ですね。 小さな乳首をピンポイントに鞭で叩くことはできないので、やるとなると胸全体を叩くことになります。 それでも調教次第では叩かれただけで絶頂ができるようになる…という可能性も秘めています。 かなり上級者向けではありますが、SMプレイのついでに乳首を叩いてみるというのはありでしょう。 乳首開発をする時のコツ 上手に乳首開発をするためにはいくつかのコツが必要となります。 乳首開発というのは決して簡単なことではありません。 事前にポイントを知っておくことが開発の近道となるのです。 ここでは4つのコツをご紹介します。 スムーズな開発のためにもしっかりと確認をしていきましょう! 目を閉じて最大限の妄想をする まだ快感を感じない場所を開発するのに大切なのは、メンタルです。 全力で乳首の感度が上がるような妄想を脳内に繰り広げましょう。 目を閉じて、興奮するようなシチュエーションを想像してください。 もし自分の妄想力だけでは足りない場合はAVや好きなアイドルのグラビア、漫画などを一緒に使うのも良いですね。 まるで自分以外の誰かに触られているようなメンタル状態を作り上げられればOKです! リラックスして乳首の神経に集中する 乳首がちっとも感じない場合でも、「ここが性感帯だ」と思い込むことが重要です。 自分の乳首に全ての集中力を注ぐことで、少しの刺激も敏感にキャッチすることができるようになるのです。 乳首に集中するためにも、心がけたいのが「全身の力を抜く」こと。 体に力が入っていると、緊張状態となり刺激を素直に受け入れることができません。 ゆっくりと深呼吸をして、体を完全にニュートラルな状態にしておきましょう。 服の上から触るとより感度もアップ 乳首は服の上から触るとより刺激を楽しむことができます。 ただ布を一枚挟むだけなのですが、それだけで第三者から触られているかのような感覚を得ることができちゃうんです! 着る服はブカブカだったり厚手の生地はオススメしません。 一番ベストなのは、ヒートテックのようなぴったりと密着する薄手の生地。 刺激を引き立てながらも決して邪魔はしない…そんな絶妙な仲介をしてくれます。 気長に自分のペースで開発を進める 乳首開発というのはすぐに結果を得られるものではありません。 長い期間をかけて、徐々に作り上げていくものです。 なので、すぐに乳首で感じることができなくても決して焦ってはいけません。 まずは乳首に刺激を与えることを習慣にして、気持ちにゆとりを持って少しずつ育てていきましょう。 乳首は決して裏切りません。 めげずに続けていれば、いつか乳首は必ず応えてくれます。 その瞬間が訪れるまで、自分のペースでゆっくりと開発していきましょう。 乳首開発をする5つのメリット 乳首を性感帯として仕上げる乳首開発ですが、一体どんなメリットがあるのでしょうか? 快感を感じられる場所が増える、というのももちろんですが、それだけではありません。 意外な嬉しいこともたくさんあるんです! ここでは、乳首開発を行うメリットを5つご紹介します。 1つ1つチェックしていきましょう! 準備もなく手軽に行える 乳首開発は特別な準備をせずともできるのが特徴です。 例えば男性の場合、普通のペニスを刺激するようなオナニーであれば射精後の処理などのことも考えなければいけません。 しかし、乳首開発は射精を伴わないので後処理のことなどを一切考える必要がありません。 なんならスポールバンなどを使えば、ハンズフリーでもできてしまいます。 手軽に行えるのにも関わらず、得られるものは大きいなんてやらない手はないですよね! 多幸感で満たされる 最初はあまり得られませんが、開発が進んでいくと強い幸福感を得られるようになります。 この時感じられる多幸感の正体は、ズバリ幸せホルモン「オキシトシン」。 このオキシトシンは、好きな人とハグをしているときやセックスをしている時に分泌される脳内ホルモンですが、乳首を刺激して快感を得る時にも分泌されるんです。 乳首を触るだけで幸せな気持ちになれるのならば手軽だしお得ですよね。 メンタル面にも良い影響を発揮するので、不安な気持ちになった時の助けにもなるでしょう。 ホルモンバランスの影響で美肌になる 女性はもちろんですが、男性でも乳首を開発することで女性ホルモンが増えると言われています。 仕組みは非常に複雑なのですが簡単に説明をすると、女性ホルモンが大きく関わる乳房周辺を刺激することで男性でも女性ホルモンが分泌される可能性があるということです。 実際に「乳首開発をしていたら胸が大きくなった!」という男性もいるので、全く関係がないということではないのでしょう。 女性ホルモンは髪の毛や肌を綺麗に保つ働きがあります。 乳首開発で美髪・美肌になれればそれは嬉しいメリットですよね! 同時責めで気持ちよくなれる 乳首開発というのは、つまりは性感帯を増やすということです。 つまり、同時に2箇所の性感帯を責めて感じることだってできるようになります。 片手は股間、もう片手は乳首にセットしてオナニーをすれば得られる快感も2倍です。 大人のおもちゃも用意すれば両乳首責めることもできますね。 感じるところは多いにこしたことはありません。 性感帯は増えれば増えるほどオナニーライフを豊かにすることは間違い無いでしょう! 性器の感度が落ちないため安心 もともと快感を感じるペニスやクリトリスをさらに開発しようとした場合、強い刺激でしか感じられなくなるというリスクがあります。 特に男性の場合はセックスでの感度も落ちてしまい、遅漏の原因となってしまうこともあるでしょう。 しかし、乳首はもともとがそこまで快感を感じない場所です。 初期の性感ステータス値が低いので「強い刺激でしか感じられない!」なんて領域には早々到達できません。 1つの性感帯を深くするのは様々なリスクが伴いますが、増やす分には特に大きなデメリットはないのでご安心ください! 乳首開発をするデメリット 手軽にできたり、幸福感を得られたりと嬉しいことづくめのように思える乳首開発。 残念ながら、デメリットも存在します。 主に気になるのは見た目の変化と敏感になりすぎることの弊害です。 一体、どのような困りごとが起きるのか詳しく見ていきましょう。 乳首が肥大化する 乳首開発を進めていくと、乳首が肥大化してしまう恐れがあります。 ペニスが勃起するのは、海綿体に血液が集まるからですよね。 乳首に海綿体はありませんが、血管はあります。 その血管への血流が増えれば、乳首が大きくなったように見えることがあります。 また、女性ホルモンが増える影響で乳首が大きく変化する…なんてことも。 乳首肥大化の最大のデメリットは、薄手の服が一枚で着れなくなってしまうことです。 普通の乳首であれば特に気にすることなく着れたTシャツも、開発後は乳首がポチッと浮き出るのが気になって着れなくなってしまうかもしれません。 女性はブラジャーがあるのでまだ良いですが、男性の場合は大きなデメリットとなるでしょう。 摩擦で黒ずむ恐れがある 乳首開発で刺激を与える際の摩擦が原因で乳首が黒ずむ可能性があります。 乳首や乳輪周りの色はメラニン色素が働いているためです。 このメラニン色素は、摩擦などの刺激で増えるといわれています。 そのため、激しく刺激を与えれば与えるほどメラニン色素が増えて、結果的に黒くなってしまうのです。 できるだけ綺麗な色を保ちたいのであれば、極力摩擦しないようにすることが一番のポイントです。 いじる時にはローションを使用する、触れる回数の少ない刺激方法で楽しむなどの工夫をしましょう。 シャツの擦れでも感じてしまう 乳首開発をすると非常に乳首が敏感になります。 快感を感じるためには敏感になることは良いことなのですが、あまりに敏感になりすぎると日常生活に支障を及ぼすこともあります。 例えば普通にシャツを着た時です。 開発前は何も感じなかったシャツの感触も、開発後には少し掠めるだけで感じるようになってしまいます。 乳首の神経が敏感になりすぎるあまり、何をするにも集中力が低下してしまう恐れもあります。 「敏感になりすぎて困るから、普段は絆創膏を貼って封印する羽目に…」なんて人もいるので、自分もそうなるかもしれないという覚悟はしておきましょう。 過激にいじりすぎると乳首が取れることも あまりに過激にいじりすぎると乳首がぽろっと取れてしまう事もあります。 信じられませんが、実際に起きることなのです。 様々な説はありますが、およそ1万回乳首を弄ると取れると言われています。 乳首を執拗に責められすぎて取れてしまった…という体験談も調べればたくさん出てくるので気になる方は自己責任で調べてみてくださいね。 ここで湧いてくるのが「乳首が取れてしまうとどうなるのか?」という疑問。 結論からいうと、乳首は再生します。 あなたの乳輪周りにはポツポツとイボのようなものがありませんか?そのポツポツこそが乳首のもと。 万が一なくなったとしても、いずれそのポツポツから再生されるそうです。 乳首が取れるほどいじらないのが一番ですが、仮に取れてしまっても二度と元に戻らない訳ではないのでご安心ください。 まとめ いかがでしたか? 極めれば、乳首だけでイくことだって可能になります。 性器と並ぶほどの性感帯が増えるなんて、想像するだけでもドキドキわくわくしますよね。 お気に入りのグッズをGETして、気持ち良い夜を過ごしましょう!.

次の