こめ らく。 【お茶漬け専門】こめらくってどんなお店?そのコンセプトと人気メニューを大公開

こめらく 横浜ポルタ店~お茶漬けメニューが体に優しいお店

こめ らく

肉ばっかり食べてられっか! いい加減にしろ!! というわけで、今回は都心部を中心に展開しているお茶漬け専門店を攻めてみることにしよう。 訪れたのは、新宿ルミネエスト7階にある『こめらく』だ。 お茶漬けと言えばオッサンの好物だが、この店は 若者と女子が行列を作っている。 その人気の理由は? さっそく、入店してお茶漬けをかき込んでみたい。 たのもー! ・丼から定食まで揃う メニューを見ると、1200円から1500円くらいの価格帯で丼と定食の2パターンがあり、さらに「アボガド」「明太子」「いくら」などトッピングも充実している。 私(中澤)は「鮭といくらの北海ごはん(1278円)」、同行したYoshioは「鯛とアジの漁師ごはん(1371円)」を注文。 ちなみに、定食メニューには「豚の生姜焼き膳(1186円)」や「豆乳タルタルチキン南蛮膳(1278円)」など ボリューム系もある。 ・若者や女性に人気 店内は女性が多く、その中には年配のご婦人も混ざっているが、男性は20代前半くらいの若者ばかりで 30オーバーのオッサンは私たちだけ。 私がこの店の客くらいの年齢の時は、コスパ系チェーン店ばかり行ってた気がする。 そんなことを考えてるうちに「鮭といくらの北海ごはん」到着! 宝石みたいや!! ・かき立てるご飯欲 キラキラしたいくらと鮭がふんだんに乗った宝石箱のような丼に食欲がそそられた。 そんな丼に、つけ添えでポテトサラダとひじき煮と出汁がついてくる。 まずは、普通に丼を食べてみると…… きめ細かいいくらの味と脂の乗った鮭のハーモニーに体が叫ぶ。 飯よこせぇぇぇーーーー! 大根おろしの入った醤油ベースのタレも、濃厚ながらさっぱりしていて「ご飯欲」をさらにかき立てる。 このままだと お茶漬けを味わう前に米がなくなってしまう!!! そこで、かき込みたいのをグッと我慢して、出汁茶漬けにして食べてみたところ…… 激ウマァァァアアア! 鮭の親子丼の鋭いウマみをカツオ出汁が優しく包みこみ、体にスッと染み入っていく。 生き返るわ……生き返りすぎて前世の記憶も蘇るレベルだ。 体の細胞が喜んでいるのが分かる『こめらく』。 通常メニューでも大満足だが、ガッツリ派の人は、ごはんを「50g増(税込50円)」や「100g増(税込100円)」にすることもできる。 あっさりしたものを食べたい時はオススメだ。

次の

ペリエ千葉エキナカ『こめらく』ニッポンのお茶漬け日和。美味しいメニューはこれ!

こめ らく

横浜駅東口地下街ポルタにあるお茶漬け専門店「こめらく」に行ってきたので、メニュー、店舗の雰囲気、感想をお伝えします。 スポンサーリンク 「こめらく」について こめらくは2001年東京銀座創業のだし茶漬け専門店です。 お米、だし、具材にこだわったヘルシーなお茶漬けを提供おり、始めは特製の薬味醤油で丼として、次におだしをかけてお茶漬けとして楽しむことができるのが食べ方のポイントです。 首都圏を中心に店舗展開しており、横浜には西区に3店舗のこめらくがあります。 そのうち、横浜ポルタと横浜ランドマークには「こめらく 贅沢な、お茶漬け日和。 」という店舗が入店しており、提供スタイルには差異があるようです。 こめらく 横浜ポルタ店の店内の雰囲気 お食事時は混んでいる店舗なので、空ている時間帯を狙って訪問してみました。 ランドマーク店は数回行ったことがあるのですが、ポルタ店は今回が初めてです。 座席はやや窮屈な感じですが、カフェっぽいオシャレな店内で、客層は女性を中心に人気が高いです(男性客もいます)。 1人でご飯を食べるのにも良い感じのお店です。 スポンサーリンク こめらく 横浜ポルタ店の店内のメニュー おひつご飯セット 定番のお茶漬けメニューです。 丼として食べた後お茶漬けにできるので、2つの楽しみ方があります。 鮭といくらの北海ごはん(1,280円)• ねぎとろ温玉ごはん(1,180円)• 二色まぐろごはん(1,280円)• 鯛とアジの漁師ごはん(1,380円)• アボカドとサーモンごはん(1,280円)• 海鮮ユッケごはん(1,280円)• うなぎと玉子のひつまぶし(1,580円)• しらすたっぷり海鮮ぶっかけごはん(1,480円) お茶漬け膳セット ご飯は白飯で、メインのおかずが別皿でついてくるメニューです。 焼き鯖と野菜のたっぷり鬼おろし添え(1,280円)• 鶏と野菜のじゅうじゅうSTAUB焼き(1,380円)• メカジキと3種野菜の塩レモン唐揚げ(1,280円)• 豚バラとたっぷりポリシャキ野菜の黒酢炒め(1,280円)• れんこんハンバーグのオニオンスープ仕立て(1,280円) 季節のメニューと単品メニュー こめらく 横浜ポルタ店でオーダーしたもの 鯛とアジの漁師ごはん(1,380円) 自分の中のこめらく定番メニューです。 たまには他のメニューも頼んでみようと思うのですが、お茶漬けの中では鯛が一番美味しそうに見えてしまい冒険できません(笑) 鮭といくらの北海ごはん(1,280円) 連れが注文しました。 イクラと鮭は良いのですが、刻んだ沢庵が入っていたのは変化球でした。 苦手でなければたぶん美味しいのだろうと思いますが、苦戦したとのことでした。 (2人とも沢庵は好まないため、お互いのメニューを交換するという技も使えませんでした。 ) 感想など テーブルには、のりやかつお節、かやくが置いてあるので、好みのお茶漬けに仕上げることができて楽しいです。 私はヘルシー路線のお茶漬けより渋い系?のが好きなので、こめらくではお気に入りのメニュー以外オーダーする気になりません。 ので、個人的には来店頻度は高くないお店です。 しかし、客観的にはこめらくはポルタの中では人気があるお店だと思います。 ふらっと入りやすい店構えですし時間帯によっては行列もできています。 メニューをご覧になってみて、食べたいものが複数見つけられる人には向いているお店だと思います。 基本情報.

次の

プリペイドカード発行システム【ネオスバリューカード】日本唯一のお茶漬け専門店「こめらく」に導入|ネオス株式会社のプレスリリース

こめ らく

「こめらく」博多デイトス店 博多デイトス地下、こめらく博多デイトス店の外観。 今月に入ってバタバタッと福岡各地で新しい店が出店しておりまして、今回のお目当て「こめらく」もその一つ。 訪れたのはオープンの4日後という事もあって、店頭には綺麗な蘭が並べられています。 店頭の食品サンプル。 このお店はお茶漬けをメインにしたお茶漬け専門店、店頭のディスプレイもお茶漬けメイン。 普通にありそうなお店だけど、意外となかった新しいお茶漬けのスタイル。 というか専門の店が無かっただけで、いろんなお茶漬けはありましたっけね。 こめらく博多デイトス店の店内。 訪れたのは11時半くらいだったと思うのですが、あまり広くない店内は既に満席に近い状態。 ここは博多デイトス地下の飲食店街なので、他にもたくさん店があるのに大人気です。 一人で来たんだけども、カウンターが既に埋まっていたので二人掛けのテーブル席に案内されて着席。 新規オープンだけに、地元の人が多く訪れているみたいです。 こめらく博多デイトス店メニュー 席について、まずはメニューをチェック。 最初のページは「おひつごはんメニュー」 最初にあったのが「おひつごはん」というメニュー。 これは丼とお茶漬けを楽しめるメニューで、丼をある程度たべたらお椀に取り分けてお茶漬けにするというスタイル。 鮭といくらの親子ごはんや、宇和島鯛とアジの漁師ごはん、ねぎとろ温玉、二色まぐろといった海鮮中心のメニュー、魚が苦手な人には和牛とろフレークとローストビーフという肉メニューもあるので安心。 追加でトッピングすることも出来ます。 続いて定食っぽいメニュー。 次のページにはおかずとお茶漬けば別になったメニュー。 メイン料理を決めて、お茶漬けのトッピングを二種類えらんで注文するタイプ。 豆乳タルタルのチキン南蛮や、塩だれ風味の鶏唐揚げ善といったガッツリメニューと、アボガド・ツナ・きのこのゴマソースサラダ善や茄子の京風そぼろあんかけ善といったヘルシーメニューもあります。 トッピングにはタコワサや鮭ほぐし、塩昆布などお茶漬けに合いそうな具がありました。 宇和島鯛とアジの漁師ごはん 注文したのはこちら、宇和島鯛とアジの漁師ごはん。 せっかくお茶漬け専門店に来たのだから、おかずとお茶漬けではなく、お茶漬けをメインにした「おひつごはんメニュー」から注文。 二色まぐろと悩んだ結果、宇和島鯛とアジの漁師ごはんをチョイス。 提供時に食べ方の説明があり、まずは丼として食べた後に器にご飯を取りわけてお茶漬けにするとのこと。 お茶漬けの定番、海苔やあられはテーブル席に常備されています。 奥から刻みのり、かつお節、あられ、刻みワサビ。 丼のほうには宇和島鯛とアジ、温泉卵がのっている。 一緒に出されたしょうが醤油を上からかけ、温泉卵の黄身を絡めてひとくち食べてみる。 おっ!これは美味しい、醤油が甘めで生姜との相性が抜群。 アジも鯛も歯ごたえがあって、とても美味しい。 これはご飯がススム。 お茶漬けタイムスタート。 しょうが醤油が美味しいので、パクパクと食べているとあっという間に具が無くなりました。 とても美味しいので味に不満はないのですが、具が少し物足りないかな……1000円オーバーの割にはボリューム不足。 少し残念。 とにかくあっという間に具を食べてしまったので、残ったご飯を器によそってお茶漬けにします。 スタッフが刻みワサビと言っていたのがコレ、葉ワサビの醤油漬けでしょう、おそらく。 お茶漬けの完成。 よそったご飯に海苔、かつお節、刻みワサビ、あられをのせて、出汁を注ぐとお茶漬けの完成です。 これは旨い、さすが専門店。 口の中に入れてまず最初に感じたのは葉ワサビ、これ凄く美味しですよ、持ち帰り用に売って欲しいくらい。 パックで1000円くらいなら買います、それくらい美味しい。 さらにご飯にかかっているしょうが醤油と出汁が合わさった所が、凄く美味しい。 この醤油の銘柄がしりたい、我が家の刺身醤油は鹿児島の醸造所の製品を使っているんだけど、この味は家でも再現できるかな、こんどやってみます。 この味を家で作れたら使いどころがたくさんありそう、それくらいしょうが醤油も美味しいのです。 さすがお茶漬け専門店、納得の味 お茶漬けは美味しかった、出汁も醤油も、そして何と言っても刻みワサビ。 これだけでご飯が何杯もいけそう、お茶漬けとの相性も抜群の美味しさ。 ちょっと優しいランチを食べたい時は、ここのお茶漬けはいいと思います。 ただ残念なのは、少しボリュームにかけるところですかね。 おひつメニューはご飯のおかわりが自由なので、ごはんに刻みワサビでお茶漬けを何杯か食べれば何とかなるか。 最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

次の