どんなときもwi-fi 料金。 お支払い方法について

どんなときもWiFiの料金・初期費用をWiMAXやポケットWiFiと比較

どんなときもwi-fi 料金

この記事をご覧のあなたは、• スマホやパソコンでストレスなく動画を見たい• 速度制限がかかって面倒• ネットをお得に安く使いたい と調べるうちに、どんなときもWi-Fiを見つけたのでは? 今回はそんなあなたに• どんなときもWi-Fiの評判や口コミ• メリット・デメリット、注意点 を詳しく紹介します。 まず結論から言うと、• 速度制限や通信制限を気にせずネットや動画を使いたい• 料金が安いポケットWi-Fiを使いたい• 光回線が割高なので代わりを探している• ネット回線を繋ぐ工事手数料や解約手数料が面倒 上記に当てはまれば、どんなときもWi-Fiはおすすめです。 ぜひ最後までご覧ください。 (今田さんの博多弁が良き) はい。 気を取り直して、どんなときもWi-Fiの評判や口コミを見ていきましょう。 まずは良い評判を見ると、• 料金の安さ• 通信速度の快適さ を挙げている口コミが見られます。 どんなときもwifi来た! 速度制限が全くないのに、この通信速度! iPadでnetflixみて、iPhoneでyoutube再生しても、通常画質で再生されてる! 検索もサクサク! これで、月額3500円。。。。 しかも安い。 ドコモ系格安Simや、ソフトバンク本家につながって、エリア的にも問題なし。 どんなときもWiFi 使い放題、3キャリア対応、かなり安くて魅力的だけど、2年縛りと違約金がかなり高いのが残念。 — キン mhhwf0712 どんなときもwifi公式アナウンスで10GBで384kbpsに制限することはないとあったが1Mbpsや10Mbps程度には制限してるじゃない? 公式から通信不具合があった旨がツイートされています。 今回の事態を重く受け止めご迷惑をおかけしたお客様へ補償対応を行うことを決定致しました。 以下URL及びお送りしたメールにて申請方法と補償内容についてご確認下さい。 【公式サイトへ移動する】 どんなときもWi-Fiのデメリット この章ではどんなときもWi-Fiのメリットやデメリットを紹介します。 まず先にデメリットを解説しますね。 どんなときもWi-Fiのデメリットは、• 契約期間の縛りが2年間ある• 支払いに「口座振替」にすると料金が高くなる• 液晶表示がない• 故障時の弁償代&途中解約時に違約金がかかる が挙げられます。 その1:契約期間の縛りが2年ある 契約期間の縛りがガマンできない場合は、2年縛りはストレスに感じるかもしれません。 バッテリーが劣化した場合でも交換は有料になるので、途中で充電が付かない場合も考えられます。 ただし、例えば、• 端末を真夏の車内に長時間放置• 直射日光に当て続ける など劣悪な環境に気を付ければ、必要以上に心配しなくとも良いかなと。 普段の取り扱いに注意しておけば問題ないでしょう。 その2:支払いに「口座振替」にすると料金が高くなる のメリットとして月額料金の安さが挙げられます。 ただし、これはクレジットカード払いの場合です。 どうしても口座振替にしたい場合は、手数料がかかる事を覚えておきましょう。 その3:液晶表示がない点? WiMAXですと、液晶画面に通信量が表示されますが、どんなときもWi-Fiは液晶画面がありません。 とはいえ、通信量無制限ですから液晶画面がなくても、特に問題ないです。 確認する必要がないですから。 あなたは、速度制限を気にして液晶画面を見た事があるかもしれません。 私はFUJI WiFiの25GBプラン(一番安いプラン)にしたら、通信制限がかかって、YouTubeが恐ろしく遅くなりました。 始めから通信制限がなければ、液晶画面で確認する必要はありませんね。 その4:弁償代&途中解約で違約金がかかる 後の注意点でも紹介しますが、どんなときもWi-Fiはレンタル端末です。 つまり、解約時に返却しなければいけません。 返却必須なのが、• 端末本体• 個装箱2点 です。 また、違約金が発生する時期も注意が必要です。 0〜12ヶ月:19,000円 税抜• 13〜24ヶ月:14,000円 税抜• 25ヶ月目:0円• 26ヶ月〜:9,500円 税抜 契約期間は2年間なので、更新時期に解約すれば違約金は発生しません。 どんなときもWi-Fiはお試し期間がない代わりに、端末が届いた日から数えて8日以内に返却すれば解約できます。 ただし、解約する場合でも事務手数料として3,000円 税抜 はかかるので注意しましょう。 デメリットを振り返って ここまで読んで、あなたは、• 契約期間の縛り• 弁償代・違約金 が特にネックに感じませんか? 次の章で紹介しますが、 「料金の安さ」「データ制限&速度制限なし」を考えると契約期間の縛りは結局安く使えます。 長いスパンで見ればお得です。 また、返却に必要なものはまとめて棚にしまえばなくしません。 (袋に入れて「絶対に捨てるべからず」「返却に必要なもの」と書くのもあり。 ) それでは、次の章でどんなときもWi-Fiのメリットを紹介しますね。 【公式サイトへ移動する】 どんなときもWi-Fiのメリット 次にどんなときもWi-Fiのメリットを紹介します。 ストレスなく快適に使える• お金が節約できる• 出張先や引越し先でも使える• 海外への旅行や出張で、Wi-Fiをレンタルする必要がない といった点が挙げられますね。 ストレスなく快適に使える まず挙げられるのがデータ制限や速度制限がない点。 ネット環境を使う上で、制限があるとすごくストレスがかかりますよね。 あなたは、• YouTubeや動画サービスで動画を見ている時• 他のサイトへ移動する時 ネットの接続が悪くてイライラした経験はありませんか? (ロード中のくるくる回る表示に「あぁもうっ…!」 ) なので、Wi-Fiを選ぶ際はデータ通信や速度制限を気にせずに使える点はもはや前提条件です。 もちろん、一般的な動画視聴やネット利用に限ります。 つまり、• 不正利用• 違法ダウンロード などで使用した場合は制限がかかる場合があります。 お金が節約できる どんなときもWi-Fiは、他のサービスと比較して月額料金が安いです。 つまりお金が節約できる! それに、速度制限や通信制限はありません。 月額料金 3,480円 3,609円~ 4,380円 3,696円 6,400円 ただ、他のサービスはプランによって制限がかかるプランもあります。 例えば、GMOとくとくBB WiMAXは一番お得に使えるのが3年契約。 縛りが長いですね。 さらに、• 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかる• は、速度制限なし&通信制限なしですからコスパの良いサービスでしょう。 出張した時や引越し先でも使える 次に挙げるのが利用範囲が広い点。 あなたが出張が多くて、各地を飛び回る仕事だったり• 引越し先で回線工事が面倒だったり すれば、ポケットWi-Fiは良い選択ですね。 中でも使える場所が広いので、移動してもスムーズにネットが使えます。 対応エリアを知りたい場合は、• docomo• ソフトバンク の公式サイトから確認しましょう。 またでは、チャットによる相談窓口で質問できます。 あなたが住む地域で使えるか分からない場合は利用してみましょう。 海外への旅行や出張で、Wi-Fiをレンタルする必要がない 日本に住んでいれば、あまり恩恵を感じませんが、海外でも使える点は大きなメリットです。 例えば、• 仕事で出張がある• 友だちと旅行で出かける などで、海外に出る場合Wi-Fiはどうしていますか? ポケットWi-Fiの端末をレンタルするか、SIMカードを購入するかと思います。 どんなときもWi-Fi1つ持っていれば、新しくレンタルしたり購入する必要がないので安心です。 【公式サイトへ移動する】 気をつけるべき2つの注意点!登録前に確認しておこう さてここまで読んだら、• メリット• デメリット が理解して頂けたと思います。 「どんなときもWi-Fi、使ってみようかな」 と思ったあなた!もう少し待ってください。 登録する時にもう一度確認しておくべき注意点をまとめましたので、改めてご確認ください。 忘れていると後で損する場合があります。。 返却と故障・欠品の注意点 デメリットでも挙げましたが、どんなときもWi-Fiはレンタル端末です。 故障や欠品があると、弁償代の支払いが発生します。 そのため、送られてきた端末は大事に扱うのと、箱などの一式は必ず保管しておきましょう。 Cケーブル(USB Type-C)は接続できない&ACアダプタは付属していない Cケーブルとは、• 平らで楕円形の形• 上下差し間違える事がない• USB 3. 1に対応 のケーブルです。 なのでご自身で用意する必要があります。 とはいえ、普段スマホを充電していれば、そのアダプタを利用すれば良いのでおそらく問題はないかなと。 【公式サイトへ移動する】 YouTubeや動画配信サービスを利用するならポケットWi-Fiは必須 普段、YouTubeで動画を見る事も多いですよね? Wi-Fi環境は動画視聴する際は必須です。 Wi-Fiなしで動画を視聴しようものなら、通信量が跳ね上がります。 家で使う際にポケットWi-Fiを使って安く済ませる事もできますよね。 ネット回線を繋ぐ工事費用はかかるし、時間もかかって手間がかかります。 そのためポケットWi-Fiは便利ですが、• 通信制限や速度制限がない=ストレスなく快適に使える• 料金がポケットWi-Fiの中でも安い=お金を節約できる といった特徴があるどんなときもWi-Fiはお得に利用できるんです。 この機会に利用してみてはいかがでしょうか? 【公式サイトへ移動する】 まとめ 『どんなときもWi-Fiの評判や口コミは?デメリットやメリット・注意点を調べてみた』 と題して記事を紹介しました。 【メリット】• ストレスなく快適に使える• お金が節約できる• 出張先や引越し先でも使える• 海外でも使える 【デメリット】• 契約期間の縛りが2年間ある• 支払いに「口座振替」にすると料金が高くなる• 液晶表示がない• 故障時の弁償代&途中解約時に違約金がかかる といった点が挙げられます。 それから契約する前に• 返却と故障・欠品時の対応• Cケーブル(USB Type-C)は接続できない• ACアダプタは付属していない これらは気を付けましょう。 どんなときもWi-Fiは、• 速度制限や通信制限を気にせずネットや動画を使いたい• 料金が安いポケットWi-Fiを使いたい• 光回線が割高なので代わりを探している• ネット回線を繋ぐ工事手数料や解約手数料が面倒 といった事に当てはまる場合は特におすすめです。 ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?.

次の

[2020年7月版]料金値上げに絶望!どんなときもwifiの最新キャンペーン情報

どんなときもwi-fi 料金

正直、他のルーターの弱みをすべて消しに来ています。 比較表でまとめました。 WiMAXやY! mobileに「3日10GB」の制限があるのに対して、「どんなときもWiFi」には何も制限がありません。 またエリア面も、WiMAXやY! mobileの無制限エリアが狭いのに対して、「クラウドSIM」の採用で日本で一番つながるルーターを実現しています。 速度面はほぼ全社横並びと思って問題ありません。 費用面では「ネクストモバイル」が安くなっていますが、これは20GBプラン。 30GB、50GBの場合は「どんなときもWiFi」が最安となります。 そして海外でそのまま使えるのは「どんなときもWiFi」だけ。 ざっくりとした解説はこのくらいにして、この記事の本題である料金について見ていきましょう。 「どんなときもWiFi」の月額料金 月額料金や初期費用、その他オプションについて解説していきますが、まずは最初に一覧でまとめます。 初期費用(事務手数料) まずは初期費用となる「事務手数料」。 ただし24ヶ月目までの料金・4,180円なら、その性能を考えるとかなりおすすめしたいところです 他社のルーターの場合、もっと性能が良くないにも関わらず、より高くなります。 「無制限で全国どこでも使える」ルーターとしては、口座振替だとしても圧倒的なコスパだと思います。 初月の料金内訳 初期費用は3,000円となりますが、初月の料金はこれに月額料が追加されます。 内訳はこちら。 クレジットカード 口座振替 初月(0ヶ月目)料金 3,480円の日割 4,180円の日割 1ヶ月目料金 3,480円 4,180円 初期費用 3,000円 3,000円 契約の成立は端末が届いた日です。 初月はその日からの日割。 端末や書類は宅配便で届くので、受け取った日が契約成立日となります。 ただしどんなときもWiFiは、端末代がかからない分お得感がありますね。 端末代 次に端末について見ていきましょう。 「どんなときもWiFi」が採用している端末は、中国のメーカー「uCloudlink」の「D1」という端末です。 特徴は• 画面がない• iPhone 8とほぼ同じ大きさ・重さ• 下り最大150Mbps/上り最大50Mbp• バッテリーが非常に長持ちする• Androidのケーブルで充電OK• クラウドSIM端末 というところでしょうか。 端末代は0円となります。 かたちとしては無料レンタルとなりますので、契約者の負担はありません。 docomoなんかだと24,000円の端末代がかかるのですが、どんなときもWiFiはまったくお金がかかりません ただし解約時には箱を含むすべてを返却する必要があり、ひとつでも欠けていると「機器損害金」として18,000円が請求される場合があります。 契約して端末が届いたら、ケーブルを含めてすべてのものを同じ箱に入れて、まとめて保管しておいた方がいいでしょう。 契約解除料(解約金) 次に契約解除料(解約金)について解説します。 どんなときもWiFiの契約解除料は、ちょっと高めの設定になっています。 契約月数 契約解除料 0〜12ヶ月目 19,000円 13〜24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 0円 26ヶ月目以降 9,500円 スマホの契約に比べるとかなり高いことがわかります。 ただし、これはWiMAXの契約解除料とほぼ同額で、モバイルルーターでは「こんなものかな」という範囲です。 学生さんならご両親にお願いするのがいいですね 海外での利用料金 なんと「どんなときもWiFi」は海外でもそのまま使えます。 その料金は国によって違っていて、1日1GB使えて、1,280円/日と1,880円/日となります。 もしあなたが短期の旅行や出張で海外に行くことがあっても「どんなときもWiFi」があれば面倒な手続き無くそのまま使えるので便利ですよ。 使える国と料金は以下となります。 こちらが、 1日定額1,280円で使える国。 アジア・ オセアニア 26地域 韓国・香港・中国・台湾・ マカオ・オーストラリア・ ニュージーランド・シンガポール・ タイ・ベトナム・マレーシア・ フィリピン・インドネシア・ カンボジア・ミャンマー・ラオス・ ネパール・インド・スリランカ・ バングラデッシュ・カザフスタン・ モンゴル・パキスタン・グアム・ サイパン・フィジー ヨーロッパ 41地域 オーストリア・ベルギー・スイス・ チェコ・ドイツ・スペイン・ フィンランド・フランス・ギリシャ・ イタリア・オランダ・ポルトガル・ ロシア・スロベニア・トルコ・ リヒテンシュタイン・モナコ・ キプロス・ハンガリー・ラトビア・ ポーランド・スウェーデン・ ウクライナ・エストニア・ クロアチア・アイルランド・ リトアニア・ルクセンブルク・ セルビア・ノルウェー・アルバニア・ デンマーク・スロバキア・イギリス・ サンマリノ・バチカン市国・ ブルガリア・アイスランド・マルタ・ ルーマニア・オーランド諸島 北米2地域 アメリカ・カナダ そしてこちらが、 1日定額1,880円で使える国。 中東 7地域 UAE・カタール・ヨルダン・ イスラエル・サウジアラビア・ イエメン・バーレーン 中米・ 南米 17地域 コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・ アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ ドミニカ共和国・コスタリカ・ エクアドル・グアテマラ・ペルー・ ボリビア・チリ・ニカラグア・ エルサルバドル・メキシコ・ プエルトリコ アフリカ 13地域 南アフリカ共和国・ケニア・ モロッコ・エジプト・西サハラ・ タンザニア・ザンビア・チュニジア・ アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ ナイジェリア・モーリシャス これまでならレンタル用のWiFiを国ごとに契約する必要がありましたが「どんなときもWiFi」ならほとんどの場合、ひとつでまかなえちゃいます! オプション料金 次はオプション料金について。 「どんなときもWiFi」にはふたつのオプションが用意されています。 それは、• あんしん補償 月額400円• MicroUSBケーブル充電器 初回1,800円 となります。 無制限でどこでも使えるのにこの金額、ちょっと衝撃的です・・・ この料金設定なのに圧倒的高性能 月額3,480円という非常に良心的な月額料金設定の「どんなときもWiFi」。 WiMAXやY! mobileのPocketWiFiと比較しても、そのコストパフォーマンスは圧倒的だと感じます。 実際に使ってみても、• 完全に無制限で使える• 地下・田舎・大きなビルの中などでも使える というメリットは、いままでのルーターの弱点をすべて消し、長所だけを集めたようなルーターです。 WiMAXやY! mobileはどうしてもエリア面で弱さがあります。 また、3日10GBの制限も存在します。 その他のルーターは月間のデータ上限が定められていて、無制限には使えません。 僕がおすすめしていたネクストモバイルも最大50GBまででした こういった弱みを持たない 「どんなときもWiFi」は、現時点で最強のモバイルルーターと言えるでしょう。 結論 どんファイはシンプル・格安で契約しない理由はない! この記事では、「どんなときもWiFi」の料金面に絞って解説してきました。 また、WiMAXやY! mobileなどとの比較も掲載し、あらゆる点で優位性があることを見てきました。 僕は実際に契約してガンガン使っていますが、本当に無制限でどこでも使えています。 また、端末もスマートで、かつ機能面のシンプル。 持ち歩いていていも、非常に快適です。 もし気になるようでしたら、公式サイトを覗いてみてください。 jp サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 130•

次の

[2020年7月版]料金値上げに絶望!どんなときもwifiの最新キャンペーン情報

どんなときもwi-fi 料金

どこでも設定要らずでWi-Fi環境を作れるモバイルWi-Fi。 インターネットなく生活ができない今、仕事でネットを利用する人はもちろん誰もがいつでもWi-Fi環境があればよいと思うもの。 モバイルWi-Fiといえば、UQWiMAXをはじめ、〇〇WiMAXってたくさんありますし、各キャリアからも出ていますがどこが良いのでしょうか。 正直、各社によって品質は同じでも料金が違っていたり、知っている人だけが得をするようになっています。 しっかり 自分に向いている会社を見つけることが大切なのです。 今回は、ネーミングもインパクトのある 「どんなときもWiFi」について料金など他社と比較しながらみていきましょう。 目次から探す• どんなときもWiFiとは? WiMAXを既に使用している人でも「どんなときもWiFi」は聞いたことがない人も多いのではないでしょうか? 「」は、 2019年3月に登場したばかりの生まれたばかりのプロバイダサービスで、株式会社グッド・ラックという会社が運営しています。 株式会社グッド・ラックは、2010年に設立した新しいIT企業で、インターネットサービスを幅広く展開している会社です。 どんなときもWiFiと他モバイルWi-Fiプロパイダとの内容・料金比較 どんなときもWiFiの特徴• クラウドSIMを内蔵 「どんなときもWiFi」の最大の特徴といえるのが、「クラウドSIM」を搭載している点です。 通常のスマホやWiMAXのようなモバイルWi-Fiには、ひとつのSIMカードが入っています。 ドコモ回線のSIMカードならドコモの通信網で使えますし、auなら、ソフトバンクなら…同様です。 しかし、 どんなときもWiFiは、クラウドSIMが搭載しており、クラウドSIMの場合、別のSIMカードに変身してインターネットをできるのです。 1枚のSIMカードでさまざまな会社の通信網に対応してくれるというわけですね。 そのため、どんなときもWiFiは、日本国内だったら ドコモ回線も、au回線も、ソフトバンク回線もすべて使えるすぐれものなのです。 海外でもすぐに使える どんなときもWiFiが搭載しているクラウドSIMは、その土地に合った通信網に変身してくれるわけなので、 世界107カ国でその土地に合った通信網にSIMカードが変身!通信が可能なのです。 国内のみのモバイルWi-Fiやスマホだと、海外で使うためには、現地で現地用のSIMカードを購入したり、ローミングサービスをする必要がありますが、どんなときもWiFiはそのまま現地の通信ができるので煩わしい設定変更など一切無用なのです。 海外旅行によく行く人にとっては、かなり便利な機能といえます。 ドコモ、au、ソフトバンク回線がすべて使える よくスマホなどでも、地下だったり、壁の厚いところなどでは電波が不安定になることが稀にありますよね。 ただ、友人知人のスマホは電波が強くても、自分のものはいまいちなんてことがある場合は、通信会社ごとにアンテナを設置しているため、場所によってはどうしても電波の弱いところが会社ごとに出てきてしまうものです。 最近は、だいぶ改善されましたが、某通信会社だけ電波が弱すぎるとか色々ありましたよね。 どんなときもWiFiは、 クラウドSIM搭載で日本国内だったらドコモ、au、ソフトバンクすべての回線が使えるのです。 そのため、地方などでネット環境を途切れずに使いたい人には不安が少なくて大きなメリットとなるでしょう。 データ通信無制限 同じモバイルWi-FiのWiMAXでもデータ通信無制限の「ギガ放題」があります。 では、どんなときもWiFiもWiMAXと同じなのかといったら、実は多少違うのです。 WiMAXの場合、3日間で10GB以上のデータ通信を行うと翌日の18時〜翌々日の2時まで通信速度が遅くなるという制限が付いてきます。 なかなか3日間で10GB以上使うことは稀ではありますが、ネットゲームやダウンロードを多く行うと意外と消費パケットも早く、気づくと速度制限がなんてことになってしまいます。 どんなときもWiFiの場合、完全無制限でネットを楽しめます。 ただ、WiFiを違法なことに使ったり、異常にデータ使ったりした場合は、制限を受ける場合もあるとはありますが、異常なほど消費しないかぎり問題ないので、基本完全無制限といって間違いないでしょう。 どんなときもWiFiの料金 完全無制限でネットを楽しめる「どんなときもWiFi」。 海外でもそのまま使え便利そうですが、やはり気になるのは月額料金。 いくら便利でも月額料金が高すぎるのであればやはり厳しいですよね。 そこで、「どんなときもWiFi」の料金体系を説明します。 まず、どんなときもWiFiには2つの支払い方法があります。 クレジットカード払い• 口座振替払い です。 どちらかを申し込みの段階で選択するのですが、同じ使い放題は一緒でも支払い方法で料金体系が違ってきます。 金額を見れば一目瞭然ですが、クレジットカード払いのほうが、月額で700円ほど安くなっており、年間で考えると8,400円も違うことになります。 速度など品質が変わるわけではないので、申し込みの際に新たにクレジットカードを作ってでもクレジットカード払いにした方が圧倒的にお得といえます。 ご覧の通り、各社で料金体系はバラバラで、更に期間限定などでキャッシュバックサービスを行っているところも多く、キャンペーンを適用次第で変わってきます。 ただ、多くのプロバイダが、いわゆる縛り(2年契約、3年契約など)があり、長期間契約すると月額料金が高くなるところもしくは安くなるところもあるので、2年間単位など長期単位で総額を見て契約するのがベターといえるでしょう。 どんなときもWiFiのメリットやデメリット どんなときもWiFiのデメリット• WiMAX回線よりやや速度が遅い 同じく場所を選ばずどこでもWi-Fi環境となるモバイルWi-Fiといえば、WiMAXが有名ですが、どんなときもWiFiはWiMAX回線を使用していません。 ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用しているのですが、ネット通信専用のWiMAXと比べるとやや速度が遅くなってしまいます。 ネットサーフィンなど通常の利用ではそこまで気になる速度の差ではありませんが、ダウンロードスピードなど高速回線を使用する場合は、やや遅さが気になるかもしれません。 端末を解約時に返却する必要がある どんなときもWiFiで使用する端末は申し込み時に無料で提供されます。 ただ、これはレンタルされるということで、解約時に端末を返却しなくてはいけません。 そのため、どんなときもWiFiを申し込んでいる期間中のみしか端末が使えず、解約後SIMカードだけを入れ替えて使うなどの使い方はできません。 多くのWiMAXプロバイダなどでも端末は無料提供のところがほとんどですが、そのまま解約後も端末はもらえる場合が多いので、返却要はデメリットといえます。 2年間の契約縛りがある 例えば、「縛りなしWi-Fi」のような縛りがなく、いつでも解約可能なモバイルWi-Fiプロバイダも存在します。 「どんなときもWiFi」の場合、2年間の契約縛りが存在します。 そのため、短期間でプロバイダを変えたり、モバイルWi-Fi自体が必要なくなる可能性がある場合は、途中で解約すると解約違約金が発生してしまします。 人が混みあっている場合に低速になるリスクが高い どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線をそのまま使用しているため、エリアは広範囲カバーできますが、あまりにも利用者が多く回線が混みあってしまうようなときに、WiMAXより混雑のため、低速になってしまうリスクが高いといえます。 どんなときもWiFiのメリット• クラウドSIMで3大キャリアすべての通信網が使える ひとつの通信会社に限らず、合った通信会社を自動で選択できる「クラウドSIM」を搭載しているため、日本国内ではドコモ、au、ソフトバンクと3大キャリアすべての通信網が使えます。 そのため、各社ごとの電波が弱いエリアなどをカバーし合えるので、より広範囲でネットを使えます。 海外でもそのまま煩わしい設定いらずで使える 日本国内だけでなく、海外でもその場所に合った通信会社を自動的に選択してくれるため、世界107か国で、SIMカードを入れ替えたり、面倒な設定変更などせずともそのままインターネットができます。 制限がなく使い放題でネットができる 利用制限がなく、完全無制限でインターネットを使うことができます。 実際、サポートに問い合わせたところ、1TB通信しても制限がかからないということで、通常の使い方ならば制限を受けることがなく安心して使い放題となります。 月額料金が安い どんなときもWiFiの月額料金は、キャンペーンを適用して、月額3,280円と、月額料金が変動することなく低額料金で使えるので安心です。 割引が月額で毎月適用される キャッシュバックのような申請をしなくてはいけなかったり、契約後数カ月後などではなく、毎月の月額料金から割引(1,130円)されるので、毎月安くなる実感があります。 サポート体制が充実 どんなときもWiFiは、海外でも対応国ならオペレーターが遠隔でサポートをしてるなど万全のサポート体制を敷いています。 また、海外で端末を紛失した場合、中古ランクA品を送ってもらえる(海外あんしん補償)があります。 どんなときもWiFiの口コミ評判 悪い口コミ評判 どんなときもwifiを購入してから4日たちました。 下り30Mbps、上り8Mbpsくらい出る。 WiMAXの方が早かったけど、無制限使い放題の魅力には勝てないな。 サービス開始したばかりなので、今後問題が無いことを願う。 — take isetake どんなときもWiFiのキャンペーン• 24か月間、月額から1,130円割引 クレジットカード払いに限りますが、キャッシュバックのように使用後数か月絶たないと申請ができない、自分で申請が必要などではなく、毎月1,000円以上安くなるので、毎月お得感を味わうことができます。 どんなときもWi-Fi購入レビュー!通信速度や使用感はどんな? docomo、au、ソフトバンクの3回線が使えてしかも、月間の通信制限なく使える話題のどんなときもWi-Fiを契約してみました。 実際の通信速度やちゃんと使えるポケットWi-Fiかどうか使用感をレビューしましたので、どんなときもWi-Fiを使ってみたい方は読み進めてくださいね。 どんなときもWi-Fiの特徴をおさらい• 通信制限がないので心配せずガンガン回線を使える• エリアによって太い回線が選択される• 3480円と料金が一律で分かりやすい どんなときもWi-Fiは上記の他にも 「海外でそのまま使えたり」「最短即日発送」などの特徴もあるのですが、自分は 「通信制限がない」「田舎でも電波が届き回線が安定する」「3480円が安い」の3点が数あるポケットWi-Fiの中でも魅力的な条件だと感じ契約しました。 どんなときもWi-Fi購入レビュー!通信速度や使用感はどんな? 制限無しで使えるどんなときもWi-Fiが本当にちゃんと使い物なるのかを契約してレビューしていきます。 2-1. どんなときもWi-Fiのロゴが入ったコンパクトなダンボールで届きました 横23cm:縦17cm:高さ9cm。 当方は直接受け取りをしたのですが、 横23cm:縦17cm:高さ9cm のサイズが収まる宅配ボックスなどがあれば宅配ボックスでの受け取りも可能かと思います。 中身がしっかりと守られていました。 付属品のストラップと充電のUSBケーブル。 充電のUSBケーブルは短く見えますが30cmあります。 どんなときもWi-FiルーターD1はWiMAXルーターのようにディスプレイがないので充電状態や電波が分かりにくいのでは?と思いますが、取説でD1の特徴が分かれば使用上は問題ないと感じています。 本体の素材としてはすべすべしているがかといって本体が滑りやすいという訳ではない。 触り心地で気になる点はなし。 本体が丸みを帯びているので持ちやすいです。 この記載されているSSIDとパスワードは管理画面から自由な文字列に変更することができますよ。 付属の充電ケーブルを使って充電することが可能です。 気持ちD1ルーターが少し小さめになっています。 見た目上どんなときもWi-Fiルーターが端から真ん中にかけてアーチ上に丸みを帯びているため中心が厚目になっています。 実際に手で持ってみて比較した感じだと厚みは体感的に差は感じないです。 iPhone7と同じくらいの厚みかと感じました。 続いては通信速度をレビューします。 千葉県八千代市で通信速度レビュー!想像以上に早いンゴ!.

次の