パキスタン 大統領。 李克強総理、パキスタン大統領と会見_新華網日本語

パキスタンの首相

パキスタン 大統領

人物 [ ] 植民地独立後のにおける初のである。 父である元首相が設立した(PPP)の(党首)となり、との2度、首相に選出されているが、いずれも汚職などを理由に解任されている。 に、政界復帰を目指して、国会議員選挙運動中に暗殺された。 夫であるとの間に、一男二女(長男・長女・次女)がいる。 現在、アースィフ・ザルダーリー()と長男のが、後継の人民党共同総裁となっている。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] ベーナズィールは、(元首相、軍事クーデター後に処刑された)の娘としてに生まれた。 父方の祖父 ()はでパキスタン独立運動の中心人物の1人であった。 1969年4月、ベーナズィールはのラドクリフ・カレッジおよびレディー・マーガレット・ホール校で学んだ。 1971年にが東パキスタン 現 へ軍隊を派遣し、父ズルフィカールが問題解決のため外務大臣としてへ赴いた際、彼女はカレッジを一時的に離れ、で父の助手を務めた。 学生生活から離れ父親の活動を手伝ったことは、後の彼女の政治活動への参加に大きな経験となった。 での生活の間、彼女は様々な社会問題に活発に参加した。 1973年に彼女は政治学の学位を得てカレッジを卒業した。 カレッジ在学中に彼女はファイ・ベータ・カッパ 全米優等学生友愛会 の会員に選出された。 彼女は同年秋にオクスフォードに進学し、PPE 政治学・哲学・経済学 で修士号を得た。 オクスフォード在学中に、彼女はオクスフォード・ユニオンの議長に就任した初のアジア女性となった。 これは、彼女の対立候補が不正な調査を行ったことが原因で再選挙が実施された結果であった。 このように、彼女は大学において、父親の首相在任時の中程、国内および海外問題に関わる政治運動と、終始、論争に明けくれる日々を過ごした。 政界への進出 [ ] オクスフォード卒業後にパキスタンへ帰国したが、父親の監禁と処刑の過程で、彼女は自宅軟禁を受けた。 1984年にへの渡航が許可され、彼女は亡命したまま、父の政党であった PPP の党首に就任した。 しかし、将軍が死亡するまでは、彼女がパキスタンにおける政治的な存在感を示すことはできなかった。 、10数年振りに施行された公開選挙において、ベーナズィールのPPPはパキスタン国民議会の単独与党の座を勝ち取った。 彼女は12月2日に宣誓し、現代のイスラム諸国家で最年少 当時35歳 かつ初の女性の政府代表、パキスタン第12代首相となった。 同年、ベーナズィールはビープル誌で「世界でもっとも美しい50人」にも選出された。 汚職による解任 [ ] 「」も参照 首相選出20か月後のに、汚職を告発され、軍の支持を受けてで大統領に就任した ()により首相の座を解任され、同年10月に行われた選挙で、PPPは敗北した。 その後3年間、ベーナズィールは政権に対する野党のリーダーを務めた。 その後の選挙で再び勝利し、に、ベーナズィールは首相に返り咲いた。 しかし、、再び汚職を告発されるなど様々なスキャンダルが原因で、 ()大統領によってまたも首相を解任されて、彼女の政権は瓦解した。 これらのスキャンダルのうちの幾つかは、彼女の首相在任中に企業に図られた便宜が含まれておりそれらは未解決のままである。 彼女の夫はスキャンダルへの関与により逮捕され、2004年11月まで刑務所に収監された。 2006年、は、パキスタン政府の要請に応じてベーナズィールと夫の両名の逮捕を求める国際手配書を発行した。 2002年統一選挙 [ ] の大統領による ()後、に民政移管のために統一選挙が行われ、ベーナズィール率いる PPP は最大の票を得て国民議会で62議席を獲得した。 PML-N も15議席を獲得した。 政府はこの事態を受けて、直ちに切り崩し工作を行い議会における両党の勢力を弱めたが、彼らに対する世論の支持を鎮静することはできなかった。 政府は次に法律と国家権力によってベーナズィールとの拘束にかかった。 この過程で、政府は MMA から暗黙の支持を享受することが出来た。 それは勿論、パキスタン政界におけるベーナズィールとシャリーフの勢力が弱まることは自党の利に直結するからである。 同様に、 MQM も、議会からのベーナズィールの排除と、政府のPPP弱体化工作から恩恵を受けた。 暗殺までの状況 [ ] 2002年、当時のパキスタン大統領が、首相が2期以上在任することを禁じる新たな改正をパキスタンの憲法に施した。 これによって、ベーナズィールの再任の可能性は憲法上は消滅した。 この改正は、大統領の政敵である首相経験者ベーナズィールとを狙った攻撃であると受け止められている。 ベーナズィールは、2004年秋の時点では、に滞在し3人の子供ら家族とともに生活しながら、世界中を回って講演活動を行い、PPPの支持者と連絡を取り合っていた。 2007年11月の統一選挙でパキスタンに帰国し首相への返り咲きを狙うことを公言していた。 暗殺 [ ] ベーナズィールは政界復帰を目指し2007年10月に帰国し、カラチで帰国遊説中に自爆テロに遭遇したが、その際は難を逃れた。 その後、2007年12月27日、郊外ので選挙集会に参加中、イスラム原理主義者と思われるテロリストの銃撃と自爆テロにより暗殺(54歳)された。 自爆テロにより、集会現場に居合わせた支持者や警官にも20名程度の死者が出た。 後にのが犯行に関与した旨の声明を出したが、詳細は不明である。 ベーナズィールの亡骸は翌日に一族の墓に葬られ、彼女が総裁を務めていたパキスタン人民党は彼女の長男で生ビラーワル・ブットー(当時19歳)を新総裁に、夫アースィフ・ザルダーリー(当時51歳)を総裁代行に選出した。 対アフガニスタン政策 [ ] がで勢力を伸長したのはブットー政権時代で、彼女の肩入れによるものであった。 ベーナズィールとターリバーンはこの事実が社会問題化すると、相手に対する非難を応酬した。 ターリバーンの政治信条によれば、女性であるベーナズィールには政権を握る権利はないからである。 しかし、ベーナズィールはターリバーンがアフガニスタンに安定をもたらし、中央アジアとの貿易路を開くことになると考えていたのである。 そのためブットー政権はターリバーンに軍事的かつ財政的援助を与え、ごく少数ではあるがパキスタン国軍をアフガニスタンに派遣することすらした。 結局、ターリバーンは9月に入城を果たした。 評価 [ ] 西欧では暗殺されたことも含めてや「」と戦った民主化の女性闘士との評価があるが、これに関して多くの専門家は異論を唱えている。 は、自身のブログで、ブットーは的で腐敗した汚職政治家と断じている。 また、その中で引用されている英国紙のイギリスの著名歴史学者の記事 でも、太田と同様の見方をしており、更に英語はよどみなく話せてものはずのやを正確に話せない「欧米向け政治家」と断じている。 他方、2014年にを受賞したは、イスラム世界における初の女性首相であるベーナズィールに刺激を受けたと語っている。 参考資料 [ ]• 報道などでは「 ベナジル・ブット」(、、、 )が一般的である。 Coll, "Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001", Penguin Press HC,• Coll, "Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001", Penguin Press HC,• Coll, "Ghost Wars: The Secret History of the CIA, Afghanistan, and bin Laden, from the Soviet Invasion to September 10, 2001", Penguin Press HC,• 防衛省OB太田述正アングロサクソン文明と軍事研究ブログ「ブット暗殺(その5)」• Pakistan's flawed and feudal princess• HUSAIN HAQQANI 2014年10月12日. 2014年10月12日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の

JILAF

パキスタン 大統領

(CNN) パキスタンのムシャラフ元大統領(76)が在任中の非常事態宣言をめぐり国家反逆罪に問われていた裁判で、同国の特別法廷は17日、被告不在のまま死刑判決を言い渡した。 特別法廷の判事3人のうち2人が死刑を支持し、残る1人も有罪判決には同意した。 被告は上訴することができる。 元大統領は1999年の軍事クーデターで権力を掌握。 2007年に反対派を抑えようと非常事態宣言を出して憲法を停止し、最高裁長官を解任したことが国家反逆罪にあたるとして、14年に訴追された。 パキスタン軍のトップ経験者が国家反逆罪で有罪となったのは初めて。 同国の憲法で国家反逆罪は死刑または終身刑に相当する。 本人は渡航禁止が解除された16年に出国し、アラブ首長国連邦のドバイで病気療養中。 今月、病院のベッドからビデオ声明を出し、無罪を主張していた。 軍の広報部門は17日、元大統領が反逆者であり得ないことは確かだとする声明を発表。 特別法廷の裁判は適正手続きの原則を無視していると主張した。

次の

パキスタン大統領、救助活動の遅れについてテレビで演説

パキスタン 大統領

() () 最大の都市 政府 () 総計 () 水面積率 3. 最大の都市は。 面積は80万km 2で日本(38万km 2)の約2倍程。 東は、北東は、北西は、西はと国境を接し、南はに面する。 加盟国である。 イスラーミー・ジュムフーリーイェ・パーキスターン)。 公式の表記は Islamic Republic of Pakistan。 通称は Pakistan。 の表記は パキスタン・イスラム共和国。 通称は パキスタン。 は 巴基斯坦。 かつては パキスタン共和国という表記も見られた。 語源 [ ] 国名「パキスタン」は、とで「清浄な国」を意味する。 (パーク)が「清浄な」の意味である。 接尾語 ()は、ペルシャ語で「〜の場所」を意味し、の (スターナ)と同語源である。 パキスタンという国名は、のうち(イスラム教徒)が多く住む5つの北部地域の総称として、民族主義者の ()による1933年の小冊子『 ()』の中で初めて使われたものである。 アリーは、の P、(旧・北西辺境州)に住む人の A、の K、の S、の TANから"Pakstan"(パクスタン)としていたが 、後に、発音しやすくするために"i"が加えられて"Pakistan"(パキスタン)となった。 国名の変遷 [ ]• 1947年 - 1956年:• 1956年 - 1958年:パキスタン・イスラム共和国• 1962年 - 1973年:パキスタン共和国• 1973年 - 現在:パキスタン・イスラム共和国 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 には英領インドとしてインドと同一の政府の下に置かれており、独立運動も本来は同一のものであった。 しかし、独立運動の中でととの対立が深まり、イスラム教徒地域を「パキスタン」として独立させる構想が浮上した。 これを避けるための努力は独立寸前までなされたものの、最終的にはヒンドゥー教徒地域がインド、イスラム教徒地域がパキスタンとしてをすることとなった。 しかしこのとき、インド東部がイスラム多数派地域の ()としてパキスタンに組み込まれ、にとなったものの、遠く離れた両地域を宗教のみで統一しておくことは困難であり、やがて東パキスタンはとして分離独立の道を歩むこととなった。 独立と印パ戦争 [ ] から独立し、を元首に頂く(英連邦王国)となる。 ( - )。 、が暗殺される。 、共和制移行。 1958年の軍事クーデタで()、()の独裁政権が誕生。 (8月 - )。 11月、がによる被害を受け、被災地への政府対応に対する批判が高まり、( - )に発展して、がとして分離独立した。 、脱退。 の初代党首だったは大統領や首相を歴任した。 、大統領のが暗殺される。 にのクーデターによりズルフィカール・アリー・ブットーが職を追われ、後に処刑された。 アフガニスタン紛争と核開発 [ ] 、アフガニスタン共和国で ()が起こって社会主義体制に移行し、アフガニスタン民主共和国が誕生したことをきっかけとして、が蜂起し、 が始まった。 2月にが勃発し、11月にが起こると、のはアフガニスタンやソ連国内へイスラム原理主義が飛び火することを恐れ、にアフガニスタンへ軍事侵攻を開始した。 はパキスタン経由でムジャーヒディーンを支援した為、アフガニスタンへのパキスタンの影響力が大きくなるきっかけを与えた。 アメリカがを非公式にムジャーヒディーンへ供与したことは、ソ連の対ゲリラ戦を効果的に苦しめ、後にソ連を撤退に追い込んだ。 その一方で、戦後には武器が大量に残され、ムジャーヒディーンから政権が誕生し、さらにはが誕生した。 、ムハンマド・ズィヤー・ウル・ハク大統領が飛行機墜落事故で急死した。 同年にはが活動を開始し、にはズルフィカール・アリー・ブットーの娘であるが、イスラム諸国初のされた。 にイギリス連邦に再加盟を果たしたが、にクーデターでブットー首相が解任された。 、ベーナズィール・ブットーが首相に復帰したが、に汚職や不正蓄財を理由に職を追われた。 と13日、の政権がコードネーム『』を実施した。 これに対抗してとに首相兼国防大臣がパキスタンによる初のを実施・成功させた。 これに対し、日米がインド・パキスタン両国へを課した。 5月、インドとの領有権をめぐる国境紛争が ()に発展し、核兵器の実戦使用が懸念された。 ムシャラフ大統領時代 [ ] の ()で首相から実権を奪取したは、の民政移管でそのまま大統領に横滑りした。 この際イギリス連邦の資格が停止されたが、には復帰した。 3月以来、に浸透したターリバーン勢力との間で紛争が始まり、現在も続いている()。 、で大きな被害が発生したが、中央政府の弱さから救援体制がたてられず二次被害の拡大につながったとされる。 7月、イスラム神学生によるが発生した。 同年10月には ()が行われたが、11月には軍参謀長でもあるムシャラフ大統領が、自身の地位を巡って ()の ()と対立、軍を動員して全土にとを発令するという事実上のをおこなった()。 ムシャラフは、11月28日に陸軍参謀総長を辞職して、29日に文民として大統領に就任し、11月に発令した非常事態宣言を12月16日に解除するとテレビを通じて発表した。 一方、米国の支援を受けて11月に元首相が帰国したが、に演説終了後会場にて暗殺された( ())。 、またもイギリス連邦の参加資格を停止される。 に、現憲法下で「自由で透明性のある方法」で総選挙を実施すると公約した。 、パキスタン下院・4州議会議員選挙が行われた( ())。 登録有権者は8091万人。 下院定数342のうち、女性60、非イスラム教徒10が留保される。 342から留保の70を除いた272議席が直接投票で選挙区制の一般選挙区で選出され、70の留保議席が各党に割りあたえられる。 与党(PML-Q)と野党(PPP)、(PML-N)の3党が中心となって議席が争われた。 因みに、上院は100議席で、州議会議員等による間接選挙で選出される。 総選挙の結果は、第1党はパキスタン人民党、第2党はムスリム連盟シャリーフ派、次は与党だったムスリム連盟である。 他に(MQM)、(ANP)などがある。 、パキスタン国民議会は、議員投票で(就任時55歳)を首相に選出した。 ギーラーニーは264票の圧倒的な支持を得た。 人民党と連立するムスリム連盟シャリーフ派などの反ムシャラフ派は、下院議員のほぼ三分の二を占めた。 5月、イギリス連邦復帰。 、それらの影響を受けムシャラフ大統領はついに辞意を表明した。 ザルダーリー大統領時代 [ ] 、パキスタン国民議会上下両院と4州議会の議員投票にて ()が行われ、パキスタン人民党総裁のが新大統領に選出された。 、()。 、ムッタヒダ国民運動 MQM が連立から離脱を表明。 ギーラーニー連立政権は下院(定数342)で過半数を割り込むことになった。 MQM(下院25議席)は声明で「上下院とも野党席に座る決定をした」と表明。 政府による石油製品の値上げなどを理由に挙げている。 、でが確認された。 、(ISAF、アフガニスタン駐留)の NATO 軍が北西部の検問所2カ所を越境攻撃し、兵士28人が死亡した。 この事態に対してギーラーニー首相は内閣国防委員会を招集し、同委員会はNATO・ISAFの補給経路を遮断したほか、南西部バルチスタン州の米軍無人機攻撃の拠点シャムシ空軍基地から15日以内に立ち退くよう米国に求めた。 、ザルダーリー大統領の汚職事件を巡って、 ()が首相を法廷侮辱罪で起訴し 、6月19日にギーラーニー首相が退任し、後任の首相に ()が就任した。 の ()でが勝利し、にが首相に就任。 政治・外交 [ ] 「」および「」も参照 連邦共和制。 4つの州と連邦首都及び連邦直轄地から成る連邦国家。 インドとの対立関係のため伝統的に軍部の力が強く、対照的に政党の力は弱い。 独立以来が繰り返され、政局は常に不安定である。 地方においてはの伝統が根強く、特ににその傾向が著しい。 また、南西部のではイギリス植民地時代からの独立運動が根強い。 パキスタン憲法は、連邦直轄部族地域では大統領が指示しない限り、パキスタンの法律が適用されない旨規定しており、部族地域は強い自治権を有している。 法律に代わるものとしてパシュトゥン・ワリというパシュトゥン民族の慣習法が適用されている。 外交政策 [ ] 独立以来、ととの協力・同盟関係を維持しながら、で激しく争うインドに対抗するのがパキスタンの外交政策の全体的傾向とされる。 やの存続期間等から読みとれる。 対日関係 [ ] 詳細は「」を参照 との関係はの外交関係樹立以来おおむね良好であったが、1998年のを機に関係は悪化した。 当時のは遺憾の意を表明したうえ、対パキスタン無償資金協力・新規円借款を停止し、その他の援助も見合わせるなどの制裁を行った。 には大統領が来日した。 4月には首相が日本の首相として5年ぶりにパキスタンを訪問し、核実験以来停止されていた有償資金援助が開始された。 また、貿易収支は日本側の大幅な黒字であり、日本からの投資はインドと比較するとかなり少ない。 これは不安定な政治とインフレ経済が嫌われたものである。 対印関係 [ ] 独立の経緯以来、インドとの間では緊張関係が継続している。 北東部の地方の所属を巡ってに勃発した以来3度の全面戦争 を経験し、特にのにおける大敗によって独立運動に呼応したインド軍の侵攻を受けた東パキスタンをとして失うことになった。 その後もインドとの間では常に緊張関係が続き、軍事境界線で南北に分断されたカシミールでは両国軍の間で死者を伴う散発的な衝突が日常化していた。 にはインドに対抗しての指導のもと地下核実験や発射実験などを実施した。 インドと共にの一つとなる。 2001年12月、イスラム過激派によるインド国会議事堂襲撃テロが起きると、インド政府はパキスタン軍情報機関の関与を疑って対立が激化。 当時のは「インドへの核攻撃も検討した」と回想している。 一方でムシャラフ前政権はを通じた緊張緩和に努めており、2004年から和平協議がもたれている等、その成果は徐々に現れてきていた。 11月のインド西部でのによって和平協議は一時中断したが、4月、両国首脳がで会談し、外相会談を開催することで合意。 公式の対話を再開、維持することを決めた。 6月には外務次官級協議と内相会談、7月15日にはインドのクリシュナ外相とパキスタンのクレシ外相会談が、パキスタンのイスラマバードで行われた。 そして2月に対話再開で合意している。 2018年8月にはの合同軍事演習に両国は参加し 、インドとパキスタンにとって独立以来初の以外での軍事協力となった。 対米関係 [ ] パキスタンは独立以来、の軍事支援を受け入れている。 アメリカにとってはのインドと友好関係が深いへの対抗上、またを起こしてアメリカと激しく対立するの封じ込め策として、パキスタンは重要な支援対象国家である。 パキスタン側もこの点は承知しており、クーデターなどで政権交代が起こっても路線は堅持されている。 しかしながら、近年のテロとの闘いにおいて、米国はパキスタンの一部(特に、部族地域)がなどの武装勢力の聖域になっていること、パキスタンがそうした武装勢力に対し十分な戦闘や対策を取っておらず、むしろパキスタンの一部(特に、軍統合情報局ISI)はいまだにタリバンなどを非公式に支援していると見られていることに不満を持った。 一方でパキスタンは、米国がパキスタン国内での無人機攻撃など主権侵害を継続していることに不満を持ち、両国関係は冷却化した。 現在、両国の不信感は根深いものがある。 、東西冷戦の終結が唱えられる中、アメリカの政権はパキスタンによる核開発疑惑を理由に軍事援助を停止したが、には政権によって再開されている。 2001年9月11日の米国同時多発テロ事件を受け、米国はパキスタンに対しをかくまうターリバーンとの関係を断ち米国に協力することを迫った。 パキスタンにとってターリバーンはインドとの対抗上重要であったが、ターリバーンを支援し続けることによる国際的孤立を恐れ、また、米国に協力することに伴う経済支援等の見返りを期待し、ムシャラフ大統領は米国への協力を決断した。 これに対し、パキスタン国内では反米デモが起こるなどムシャラフ政権は苦しい立場に立たされた。 対アフガン関係 [ ] に関しては、インドとの対抗上アフガニスタンに親パキスタン政権が存在することが望ましく、に始まったソビエト連邦の後、パキスタンは反政府武装勢力ムジャーヒディーンを支援した。 ソ連軍撤退後の内戦では、は当初派を支援。 それがうまくいかなくなると厳格なイスラム原理主義のターリバーンを育て政権樹立まで強力に支援したといわれている。 ターリバーン政権であると外交関係を持つ3カ国のうちの1つであった。 しかし、ターリバーンがかくまうアルカーイダがを起こした事から始まったのではムシャラフ政権がアメリカと諸国支持を表明し、政権から供与を含む巨額の軍事・経済援助を受けた。 これに対し、イスラム原理主義者をはじめイスラム教徒に対するキリスト教国の攻撃に反感を持つ多くの国民から不満が増大し、パキスタン国内では多くの抗議行動が起こった。 また、アフガニスタンを追われたターリバーン勢力はに浸透し、パキスタン軍やアメリカ軍との戦闘が継続されている。 、パキスタン軍機がアフガニスタン国境付近(パキスタン北部カイバル・パクトゥンクワ州など)の部族地域を空爆し、イスラム過激派が少なくとも30人死亡。 過激派の隠れ家や訓練施設、自爆テロに使用する予定の車両8台も破壊したと同国治安当局者が語った。 、首都郊外の住居でアルカーイダの指導者が米海軍特殊部隊に急襲された。 ビンラーディンは頭部を撃たれ死亡、遺体はにより確保されたと米大統領より発表された。 対サウジ関係 [ ] はイスラム世界最大の友好国とされ 、ではパキスタン軍が派遣され 、の過程でサウジアラビアには2万人から7万人ともされるパキスタン軍が駐留することになった。 1976年には世界最大級のモスクであるが寄贈された。 また、パキスタンの核開発計画の資金源だったともされ 、クーデターで追われたの亡命も受け入れた。 2015年にサウジアラビアがの条約を根拠にイスラム圏34カ国と対テロ連合 ()を発足させた際は、初代最高司令官に前パキスタン陸軍参謀長の ()を任命した。 2019年2月に皇太子がパキスタンを訪れた際は中国の専用機と同様 に搭乗機がパキスタン空軍のにエスコートされており 、で製油所建設なども行っている。 対中関係 [ ] との関係も深く、の加盟国でもある。 中国とはインドへの対抗で利害が一致してで支援国だった他、米中の接近をもたらしたを仲介したり、核技術 やミサイル技術の供与、ととの共同開発など軍事協力を幅広く行い、パキスタン初の人工衛星バドルの打ち上げや、パキスタン初の地下鉄 ()の建設も支援された。 このような両国の同盟関係を「全天候型戦略的パートナーシップ」関係(中国語:全天候战略合作伙伴关系)と呼ばれている。 5月にがパキスタン国内で殺害されて以降米国との関係は悪化しており、中国との関係は近年さらに緊密なものとなっている。 パキスタンの中国への急接近はでの中国の影響力拡大を懸念する米国への牽制との見方もある。 のでは派遣されたパキスタン軍がを行進した。 また、と中国のとの間はで結ばれており、トラック輸送によるが行われている。 中国とパキスタンの間ではが締結されており、パキスタンは安い中国製品を多く輸入し、多数の中国企業が進出している。 逆にパキスタンの最大の輸出相手は中国である。 両国は更に、カラコルム・ハイウェイからアラビア海に面して中国の軍事利用を懸念されてるグワーダル港までの約3000kmで道路・鉄道、発電所などを整備する「中パ経済回廊」(CPEC)計画を進めている。 事業費4600億ドルは大半を中国が融資する。 CPECは過激派の活動地域も含むため、2016年にパキスタン軍はラヒール・シャリフ陸軍参謀長が指揮 するCPECプロジェクト警備専門の特別治安部隊(SSD)を創設した。 CPECは中国が進める「」と、対インド包囲網「」の一部でもある。 中国とのビジネスが拡大していることから、パキスタン国内ではブームが起きている。 市内の私立高校では中国語を必修科目に導入し、パキスタン企業の間でも中国語研修を行う企業が増えている。 パキスタン政府も中国との関係強化と中国企業にパキスタン人を雇用させるというの観点からこうした動きを後押しし、大統領も出身地であるにある全ての小中学校で、2011年から2年以内に、、、に次いで中国語も必修科目に義務づけると発表した。 しかし、教育現場の混乱や生徒への負担、中国語を教える教師の数が不足していることなどを理由にシンド州教育省は中国語を必修では無く、選択科目として緩やかに導入していくことで計画を修正している。 対露関係 [ ] で、パキスタンはアメリカ、中国、サウジアラビアとともにソ連と戦うを支援した()。 はアフガン撤退の直後に崩壊。 となってからは同じ上海協力機構の加盟国にもなったこともあって関係が改善し、2016年にはパキスタン領内でと初の合同を実施した。 軍事 [ ] カラチはパキスタン最大の都市であり、都市圏人口が1000万人を超える世界有数のである。 人口100万人以上の都市が7都市ある。 人口順では、カラチ(933万9000人、1998年)、ラホール(514万3000人)、ファイサラバード(200万9000人)、ラワルピンディ(141万人)、ムルターン(119万7000人)など。 首都イスラマバード(52万9000人)は人口順では10番目に位置する。 (イスラマバード首都圏、首都)• (シンド州の州都)• (パンジャーブ州の州都)• (パンジャーブ州)• (カイバル・パクトゥンクワ州の州都)• (イスラマバード首都圏)• (バローチスターン州の州都)• (パンジャーブ州ムルターン県の県都) K2(カラコルム山脈) 国土の北部には世界の屋根とが連なり、K2(標高8,611m)とナンガ・パルバット(標高8,126m)がそびえる。 国の中央を南北に走るのはである。 アフガニスタン国境は、インドとの国境には大インド砂漠()が広がり、その南にはが分布する。 北部高地から(インド洋)に流れ出すは流域に主要な平野(北のパンジャブ、南のシンド)を形成する。 パキスタンには四季があり、12月から2月が冷涼乾燥な冬、3月から5月が高温乾燥の春、6月から9月が高温多雨・モンスーンの夏、10月から11月が移行期の秋である。 この時期は地域によって若干異なり、洪水と旱魃がしばしば生じる。 気候は、中南部が砂漠気候 BW 、北部が BS 、北部山岳地帯が温帯夏雨気候 Cw となっている。 国花はである。 経済 [ ] 地域別の主要産業 の統計によると、のパキスタンのは2,387億。 パキスタンのナディーム・ナクビ社長は、パキスタンはGDPの需要面が十分補足できておらず、「実際の1人当たりGDPは2200ドルはある」「人口2億人弱のうち4000万~4500万人を中間層が占める」と語っている。 主要産業は、農業や綿工業。 特に地方での生産が盛んで世界生産量第6位である。 輸出品としてはがトップで輸出の11. また中国が政策の要として、パキスタン国内を鉄道・道路・港湾などで結ぶ中パ経済回廊(CPEC)建設を進めているため、やの生産が増えている。 に、パキスタン政府はインドとの交易関係を正常化し、インドへの貿易上の「」付与を目指す方針を明らかにした。 インドは1996年にパキスタンに同待遇を付与している。 またインドが含まれるの次に経済の急成長が期待できるのうちの一つでもある。 IMFによる3年間の財政支援は2016年9月に終了した。 国民の多くは貧しく、の頻発など治安もとても悪いが、人口増加率が高いため労働力や消費者となる若年層が多い。 このため今後経済的に期待できる国といえ、やなど飲食品・消費財メーカーが進出している。 自動車産業 [ ] 日本の自動車メーカーが複数進出して製造販売を行っている。 は、に国営会社を通じて自動車の生産を開始した後、、現地パックスズキ社を立ち上げてパキスタンへの本格参入。 やなどの現地モデルの生産を始めた。 10月には、の現地代理店と合併する形で二輪車の生産販売も始めた。 には国内の自動車累計生産台数100万台を達成している。 は、現地合弁会社インダス・モーター社を1989年に設立。 やの生産を始め、2012年に生産累計50万台を達成した。 は、1992年より現地合弁会社のアトラスホンダ社を設立し二輪車の生産販売を開始。 には、四輪車生産を目的とした合弁会社ホンダアトラスカーズを立ち上げて、などの生産を行っている。 2016年累計生産台数30万台を達成。 は、に現地工場を建設。 1997年、現地法人ガンダーラ日産の手によりによりの生産を始めた。 2010年代に一旦閉鎖されたが、2020年初頭を目途にの生産を開始することが発表している。 国民 [ ] 詳細は「」を参照 人口 [ ] 2005年に1億6千万人を超え、現在は約1億8800万人。 2003年以降の人口増加が顕著なのは、戦闘が続く隣国アフガニスタン他からの難民が急増したためと見られる。 その数は累計で約600万人と言われる。 また、出生率も高く、国連の推計では2050年には 約3億4000万人にまで増加し、(2050年に約2億9000万人)と 2億3000万人 を抜き、中国・インド・米国に次ぐ 世界第4位の人口大国になると予想されている。 からにかけて1998年以来19年ぶりの国勢調査が行われ、パキスタン本土の人口は2億777万4520人と1998年比で57%増加した。 また、2017年の国勢調査では1998年の国勢調査では対象外地域だったアザド・カシミールやギルギット・バルティスタン州も国勢調査の対象地域となっており、それらの地域を含めた人口は2億1274万2631人となっている。 2017年(国勢調査):2億777万4520人(本土)。 2億1274万2631人(上記2州を加えた全体)• 2004年:1億5919万人(前年比1016万増)• 2003年:1億4903万人(前年比307万増)• 2002年:1億4596万人(前々年比1146万増)• 2000年:1億3450万人• ゾロアスター教の信者は10万人くらいで、地方によってはカースト制度なども残っている。 婚姻 [ ] 結婚時に妻は結婚前の姓をそのまま用いること も、夫の姓に変えること 夫婦同姓 も可能。 イスラム法では夫の姓に変えることを求めておらず、イスラム系住民は婚前の姓をそのまま用いることが多い。 言語 [ ] ()、()に加え、、、、といったのほか、のおよび、の、孤立した言語などがある。 現行の1973年憲法251条はパキスタンの国語をウルドゥー語としており、15年以内にに英語に代えてウルドゥー語を公用語化することになっていたが、2020年現在も実現にいたっていない。 同時にウルドゥー語が公用語化されるまでは英語を公用語とする旨規定している。 憲法を始めとする全ての法令や、公文書は英語で書かれている。 政府の公式は英語でだけ書かれている。 全ての高等教育機関が英語をとしている。 ただ、ほとんどの初等中等教育はウルドゥー語で行われているため、英語を自由に操るパキスタン国民はあまり多くない。 母語を異にするもの同士が会話する時は、ウルドゥー語を用いることが多い。 ウルドゥー語を母語にするパキスタン人は全人口の一割以下である。 ウルドゥー語は北部諸語とはやや近いもののシンド語とは離れており、さらに南部でウルドゥー語を母語とする ()(パキスタン独立時にインドから逃れてきた難民の子孫)とシンド語を母語とするシンド人との間に対立があるため、ウルドゥー語の公用語化には特に南部で反対が強い。 母語の割合 言語 2008年(推定) 1998年(国勢調査) 優勢地域 1 76,367,360人 44. ほかにとなった遺跡がある。 古典音楽はと同じ。 の宗教歌謡の大歌手は、地方で生まれている。 フンザ地方においては、がよく飲まれている。 世界遺産 [ ] 詳細は「」を参照 パキスタン国内には、のリストに登録されたが6件存在する。 司法・人権侵害 [ ] パキスタンは守旧的に基づく国家であり、憲法で公式にイスラームの理念にのっとった政治を行うことを宣言し、の強い影響を受けた法を施行するという点でとしての色彩が強い [ ]。 パキスタンではイスラム教徒・非イスラム教徒を問わず、イスラームやムハンマド、コーランに対する批判は禁止されており、言論の自由はない。 違反した場合投獄や死刑に処される。 またイスラム教徒が他の宗教に改宗することも国法で禁止されており、違反した場合死刑である。 2008年6月にはコーランを焼却し、ムハンマドを批判したとしてイスラム教徒の男性に死刑が宣告された。 パキスタンは死刑存置国であり、6月、・で開催された国連人権理事会の会合において提出された「死刑制度のある国に死刑囚の権利保護を求める決議案」に、、、などとともに反対するなど死刑維持の姿勢を取っているが、一方で以降、国法上の死刑の執行自体は凍結していた。 しかし2014年12月、北西部ので軍が運営する学校をイスラム過激派反政府武装勢力「(TTP)」が襲撃し、教師・児童・生徒ら140名以上が殺害されるテロ事件が起こったことを受け、首相は死刑執行凍結措置の解除を承認・指示し、過激派に対し厳しく対処する姿勢を打ち出した [ ]。 また、法律とは別に保守的な慣習が根強く存在しており、主にを行った女性を家族の名誉を汚したとして処刑するは珍しくないとされる。 2011年度は、900人を超える女性が「家族に恥をもたらした」などの理由で殺されている。 「パキスタン人権委員会」の調査によると、2015年で987件の名誉の殺人が発生し、1000人以上が殺害されたという。 2016年に名誉の殺人を厳罰化する新法が制定された後も、2016年10月から2017年6月までの間に少なくとも280件の名誉殺人が発生するなど、大勢の若い女性が、家族に恥をもたらしたという理由で親族に殺害されている。 男性も対象となることはあるが、犠牲者は女性が圧倒的に多く 、中には婚前交渉など無くとも、単に「男性を見た」という理由だけで発生する殺人もある。 災害 [ ] で崩壊したアパート 10月8日、パキスタン北東部・国境付近を震源とするマグニチュード7. 8の大地震()が発生し、死者9万人以上の大災害となった。 カシミール地方を中心に被害が相次いだほか、首都イスラマバードでも高層アパートが崩壊した。 7月末、で大規模な洪水が起こり、、にも広がった。 被災者1400万人、死者1200人以上の大災害になっており、少なくとも200万人が家庭を失っている。 (OCHA)は、被災地の一部では下痢などの疾病が広がっているとしている。 欧米メディアが2010年8月16日、大規模な洪水により飲料水が汚染され、伝染病の流行の可能性が高まり、約350万人の子どもが感染の危機にさらされていると国連人道問題調整事務所 OCHA の報道官の話として報道した。 防衛大臣は8月20日夕方、に基づく派遣命令を発出した。 8月23日以降陸上自衛隊を主力とした部隊が派遣され、復興活動を行った。 10月10日(現地時間)をもって活動終結。 7月の洪水で、国土(79. 6万平方キロ)の約2割が被害を受け、死者約2千人、家屋174万軒損壊(国家災害管理庁)た。 12月時点でも一部地域が冠水している。 シンド州の約4200平方キロ(福井県に相当)が冠水 19万人が国内避難民 と成っている。 スポーツ [ ] クリケット [ ] パキスタンで最も人気のあるスポーツである。 1992年にで初優勝し、2017年にを獲得した。 やは同国を代表する選手であり、世界のクリケットの歴史に置いても有数の選手とされる。 カーンは2020年現在、同国のである。 その他 [ ] ホッケーはアジアを代表する強豪として知られており、が過去に、、の3大会で金メダルを獲得している。 他にもサッカーも盛んであり、はパキスタンを代表するプロサッカーリーグとなっている。 脚注 [ ] []• 外務省. 2018年11月5日閲覧。 2014年4月. 2014年9月27日閲覧。 Raverty, Henry George. 2015年4月28日閲覧。 Choudhary Rahmat Ali 1933年1月28日. Columbia University. 2007年12月4日閲覧。 Choudhary Rahmat Ali 28 January 1933. 1995. 177. 2011年12月23日閲覧. "These sentiments were presented on behalf of our thirty million Muslim brethren who live in Pakistan, by which we mean the five northern units of India, viz. Punjab, North-West Frontier Province, Kashmir, Sind and Baluchistan Pakistan—land of the pure—was later adopted as the name of the new Muslim state, and spelled as Pakistan. Rahmat Ali. The Pakistan National Movement. 2011年4月19日時点のよりアーカイブ。 2011年4月14日閲覧。 Roderic H. Davidson 1960. Foreign Affairs 38 4 : 665—675. 朝日新聞 2011年11月26日• 毎日新聞 2011年11月28日• AFPBB News, 2012年2月13日• 2013年1月13日閲覧。 ニュース. 2017年7月26日. Devdiscourse. 2018年8月24日. 2019年2月28日閲覧。 The Nation. 2018年8月20日. 2019年2月28日閲覧。 Lacey, Robert 2009. Inside the Kingdom: Kings, Clerics, Modernists, Terrorists, and the Struggle for Saudi Arabia. Viking. 294. Saudi Arabia's closest Muslim ally, Pakistan• Christophe Jaffrelot 12 April 2016. Pakistan at the Crossroads: Domestic Dynamics and External Pressures. Columbia University Press. 307—. Freeman, Colin; Khan, Taimur March 13, 2017. "Pakistan in talks with Saudi Arabia to send combat troops to protect the kingdom". The National. Al J. Venter 2007. Allah's Bomb: The Islamic Quest for Nuclear Weapons. Globe Pequot. 150—53. 2015年4月23日. 2019年2月27日閲覧。 2019年2月19日. 2019年2月24日閲覧。 2019年2月18日. 2019年2月24日閲覧。 2019年2月23日. 2019年2月24日閲覧。 Kan, Shirley A. 2009. Khan's nuclear network". China and Proliferation of Weapons of Mass Destruction and Missiles: Policy issues. Washington, DC: Congressional Research Service CRS : Congressional Research Service CRS. 5—6. 2009年11月12日. Pakistan Today. 2016年2月19日. 2018年8月21日閲覧。 『日本経済新聞』朝刊2016年11月20日「日曜に考えるグローバル/パキスタン 親中路線 不安の声も」• ニュース(2017年3月31日). 2017年8月18日閲覧。 2015年3月18日, at the. 「パキスタン中間層410万円 世帯所得伸び消費けん引/中国とのインフラ事業も追い風」『』2017年1月11日 4面• スズキ 2009年8月3日. 2018年3月28日閲覧。 トヨタ自動車 2012年11月5日. 2018年3月28日閲覧。 ホンダ 2016年. 2018年3月28日閲覧。 ロイター通信社 2018年3月28日. 2018年3月28日閲覧。 2018年7月14日 NNA ASIA• 2012年11月6日. 2018年4月29日閲覧。 産経ニュース• AFP通信• AFP通信• 途上国支援を行うアメリカ国際開発局報告書• 国連児童基金[ユニセフ]によると13万人が避難• BBC. 2020年6月15日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] で 「 パキスタン」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキボヤージュの ウィキデータの オープンストリートマップに があります。 (英語)• (英語)• (英語)• (英語)• 日本政府• 外務省 - (日本語)• (英語)• (英語)• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (日本語)• その他• - (日本語)• イスラーム地域研究「中東の民主化と政治改革の展望」() - (日本語)• (日本語)• (日本語)• (英語)• (日本語)• (英語)• - (英語)• (英語)•

次の