おすすめ 有線イヤホン。 5000円前後で買える!有線イヤホンのおすすめ5選を紹介する

【2020年最新版】高性能な機能が充実!高音質有線イヤホンおすすめ11選

おすすめ 有線イヤホン

有線イヤホンのメリット イヤホン・ヘッドホン市場は最近ではワイヤレス化が急速に進んでいる流れですが、まだまだ有線タイプの製品が充実しているのも事実です。 一見、コードがある有線タイプのイヤホンだとワイヤレス製品に比べて時代遅れな感じがするかもしれませんが、有線タイプのイヤホンならではのメリットも存在します。 無線通信を使わないので使用環境に左右されない 有線接続タイプのイヤホンでは、無線通信を使わないのでイヤホンジャックに差し込むと音楽が再生されます。 電波使用が制限される場所として代表的な場所が飛行機搭乗中ですが、Bluetooth通信が制限されている場所でも、有線タイプのイヤホンなら関係なく音楽を聴けるので、普段利用しているイヤホンをそのまま使って音楽を楽しむことができます。 設定不要で接続が簡単 これもワイヤレスタイプとの比較になってしまいますが、有線タイプのイヤホンは何と言っても接続が簡単です。 ワイヤレスタイプの再生機器だと、Bluetoothによる接続がほとんどなので、初回起動時にスマートフォンとペアリング操作をしてから音楽を再生する必要があります。 慣れている人にとってはペアリング操作は簡単なものかもしれませんが、設定操作が苦手な人にとっては音楽を聴く前の初回のペアリングは迷うものとなるかもしれません。 そんな心配も有線タイプのイヤホンであれば全く問題ありません。 利用したいスマートフォンに差し込むだけでそのまま直ぐに高音質な音楽を楽しむことができます。 この接続の手軽さも有線タイプのイヤホンが人気の理由です。 音質が安定している 有線タイプのイヤホンは、音楽再生しているスマートフォンとコードで繋がることにより常に物理的な接続をしています。 つまり、再生する端末の音質をそのままにイヤホンで再生することができるので、音質が安定しています。 ワイヤレス端末でたまにある接続悪化による音飛びや通信混線による雑音といった音質が劣化してしまうようなことがありません。 また、有線タイプのイヤホンの商品は非常に様々な商品が販売されています。 音質の特徴も商品によってさまざま。 商品によってはお店などで音質を確かめることもできるので 音質に特徴を持っている商品に関しては、是非その音質を試してみていただきたいと思います。 ほとんどの機種では充電の必要もなし 機種にもよりますが、ほとんどの有線タイプのイヤホンでは充電が必要ありません。 いざ、使いたいときに充電を忘れていた等の理由により音楽を聴くことができないというトラブルもないので、持ち歩いているだけでいつでもどこでも高音質な音楽を楽しむことができます。 安価なタイプのものから高性能製品まで充実 昔から利用されてきた有線タイプのイヤホンであるので、基本的な性能を搭載した安価なシリーズが多くあるのも有線タイプのイヤホンの特徴。 もちろん、ノイズキャンセリング機能やハイレゾ対応しているといった高性能タイプの製品も展開されているので、ユーザーのニーズに応じた幅広い製品ラインナップの中から選ぶことができます。 有線イヤホンのデメリット メリットばかりでなく自身が考えるデメリットも挙げておきます。 コードが煩わしく感じることも ワイヤレス製品との決定的な違いは有線タイプのイヤホンという言葉にもあるように物理的なコードのケーブルが存在することです。 接続している端末とイヤホンの間はケーブルで結ばれているので、外出時に使用するときや、フィットネスで使用する場合など、接続されたコードを煩わしく感じることがあるかもしれません。 私も高音質な音楽を楽しんでいる反面、コードのわずらわしさに困ったことが何度かあります。 この点に関しては有線コードの最大の難点ですよね。 音質をとるか、価格や機能性をとるのか。 ご自身の優先順位やシチュエーションをイメージしながら、有線タイプの商品にするか無線の商品にするか選択していただきたいと思います。 コードが劣化することもある 物理的に接続されたコードは、何度も使用を続けていく内にコード自体が劣化してしまい、場合によっては断線してしまうこともあります。 特に、スマートフォン接続部分や、イヤホン本体の接続部部分といった所では負荷がかかりやすいので、音質がそれによって低下してしまうといったリスクもあります。 有線イヤホンの形状タイプ また有線タイプのイヤホンには「カナル型」と「インナーイヤー型」の種類があります。 カナル型 耳栓のように、イヤーピースを耳の穴に差し込んで装着するタイプです。 カナル型を耳に装着すると耳が密閉状態になり、高音質な音を外に逃がさずに楽しむことができます。 カナル型はイヤホンの形状としてもっともよく使われているタイプです。 使ったことがある方も多いのではないでしょうか。 音が出る部分を耳に直接入れるため、耳との密着性が高く、密閉度が高いことが特徴。 周囲の雑音をカットしてくれます。 また、音漏れも出にくいため、音がはっきりとクリアに聞こえることも魅力です。 その反面、遮音性が高いため周囲の音は聞こえにくいです。 耳に差し込むことに抵抗がある方は、使うのが難しいでしょう。 差し込むこと自体に抵抗はなくても、長時間連続して使っていると耳が疲れてしまうこともあります。 イヤーインナー型 インナーイヤー型はカナル型に比べて密着度は低いですが、高音の音質が良く、コスパがいいメリットがあります。 ただ、カナル型に比べて密着度が劣るので音質がいいですが音漏れすることが多いです。 私もカナル型とイヤーインナー型の両方のイヤホンを使用してきましたが、音質や使用感は使う人次第だと感じます。 またカナル型とインナーイヤー型のそれぞれの耳のフィット感に対しても、人によって好みが異なるかと思います。 是非一度意識してカナル型とイヤーインナー型をお試しいただき、自身の耳に合った好きなタイプのイヤホンを選択してみてください。 耳掛け型 耳にイヤーフックをかけて使用するイヤホンです。 耳の穴に直接入れず、耳の外側にかけるだけで装着完了。 耳にかけるのにちょっとしたコツがいりますが、かけてしまえばほとんど圧迫感を感じずに使えます。 長く使っていても、耳が疲れにくいです。 耳掛け型は、音が出る部分が密閉されず開放された状態なので、どうしても音漏れが生じます。 また、外の音もそれなりに入ってきます。 遮音性が高いイヤホンは屋外などで使っていると周りの音が聞こえないため事故に合う可能性が高まりますが、そんな状況でも、耳掛け型なら車や人が近づいてくる音が自然と耳に入ってくるため、安心です。 有線イヤホンの選び方 音質で選ぶ ・ハイレゾ対応イヤホンはCD以上 高音質を重視するならハイレゾ対応の有線イヤホンです。 接続先のオーディオ機器がハイレゾ対応であることが条件となりますが、再生すればCDなど、イヤホンなしで聴いた場合よりもさらに繊細で幅のある音が楽しめます。 マイク付きかで選ぶ 最近のイヤホンには、マイクが搭載されている商品も多いです。 マイクがついていれば、ハンズフリー通話も可能。 車を運転中にスマートフォンに着信が入っても、マイク付きイヤホンをつないでいれば手で持つことなく通話することができます。 マイクが付いていれば、 Android 端末の「 Google アシスタント」や iPhone 端末の「 Siri (シリ)」を使用して、スマートフォンの音声操作も可能です。 有線イヤホンを音楽だけでなく、幅広いシーンで便利に活用したいと考えている方は、マイク付きの商品もぜひ検討してみてください。 ドライバーユニットで選ぶ 「ダイナミック型」 ダイナミック型は、主に低い音を聞き取りやすいタイプ。 ドラムなどの打楽器をメインとする音楽を聴きやすいです。 一般のイヤホンで多く流通しているタイプでもあり、コスパが良いのもダイナミック型の特徴。 振動で音を作るためか、音が乱れにくくパワーある曲の再生にも向いています。 持ち運びしやすいコンパクトケース付き。 リモコン操作部分は本体についているのでワイヤーが重たくならずに済みます。 また、充電式で最大8時間使用可能です。 ハイレゾで音質が良く、低音もきれいに聴くことができます。 また、マイク機能付きであり、CVC6. 0ノイズキャンセル技術搭載で通話時には外からのノイズを軽減して通話しやすい状態にしてくれます。 グミ感覚のフルーツカラーは全8色。 コードもカラフルでおしゃれですよ。 手持ちの端末とコーディネイトが楽しみたい人にチェックしてもらいたい商品です。 見た目だけでなく機能性も充実しているのが、こちらのイヤホンの魅力です。 安いイヤホンは音楽を聴けるレベルにない商品も多いですが、こちらは高音質サウンドを再生する小型ドライバーユニットを採用しており、安くても十分な音質です。 音響機器に強い JVC ケンウッドの商品だけはあります。 付け心地もばっちり。 ソフトなゴム系素材エラストマーが採用されているので、耳にやさしくフィット感が良いですよ。 【高音質編】有線イヤホンおすすめ7選 Beats by Dr. Dre urBeats3 マイク 〇 通話 〇 再生 〇 音量 〇 スキップ 〇 カラー展開 ブラック オシャレなデザインが特徴的なBeats by Dr. Dre製品で、今ではAppleグループの一員として、Apple Stroreにも公式アクセサリーとして陳列されているほどの人気ブランドです。 urBeats3は、シリーズの中でも有線タイプのイヤホンであることが特徴。 カナル型のイヤホンを採用し、耳に装着したときに空間を密閉できるので、しっかりとした重低音や細かな音響設計をもとにして高音質を楽しむことができます。 また、人間工学に基づいたデザインが採用されているので、耳への抜群のフィット感を得られます。 お手頃価格です。 耳にフィットするので快適につけられます。 長くつけていても耳が苦しくなりにくいのが特徴です。 コードが強くなっているのでちぎれにくくなっているのも劣化しにくく嬉しいですね! 音質がとてもよく、クリアに聞こえます。 また重低音が大幅にUPされたそうです。 重低音が感じられるとよりダイレクトに音楽が伝わり、live感が出るので音楽をより楽しんで聞けますよ! ソニー SONY イヤホン h. 高級腕時計にも用いられるジルコニウム合金のフェイスプレートが使用され、高級感が漂う雰囲気。 熟練作業者によって手作業で組み上げられているそうですよ。 見た目も素敵な商品ですが、こちらの商品の一番の売りは音質です。 製品のコンセプトが「空気感までも描き尽くす高音質」というだけあって、低音域から超高音域まで、微小な音もしっかり再生してくれます。 不自然さを感じさせない、一味も二味も違う音を楽しむことができますよ。 イヤーピースは、硬度や形状の異なる 13 種類が付属されています。 自分に合うものを選ぶことができ、装着感が非常に良いです。 「イヤホンは毎日使うものだから良いものを!」という方におすすめです。 Dre urBeats3 SONY XBA-N3BP ONKYO E900M イヤホン 高音質 ハイレゾイヤフォン ソニー SONY イヤホン h. BOSE製品な周囲の騒音を打ち消すことができるノイズキャンセリング機能に優れいますが、QuietComfort 20も、このノイズキャンセリング機能を搭載しています。 普段、バスや電車といった公共交通機関で移動しているときは走行音や周囲の環境音が大きい状況です。 その周囲の雑音が聞こえなくくらいついつい大音量で聞いてしまうと、音漏れが発生しやすく周囲にいる人への配慮を欠く行為につながりかねません。 ノイズキャンセリング機能は、このような場面での利用にとてもおすすめです。 周囲のノイズを解析し、それを打ち消す逆位相の音を出すことにより周囲の環境音を完全にシャットアウト。 装着してノイズキャンセリング機能をONにすると無の世界が広がります。 飛行機の中もジェット機のエンジン音がごぉーっと鳴り響いていると思いますが、このような音もスッと瞬時に消してくれる役に立つ機能です。 また、ノイズを消すと飛行機の機内アナウンスや電車のアナウンスまでかき消されますが、「Awareモード」に設定すると、環境雑音は消去しながらも人の声だけは聞こえやすくすることができるので、移動中も安心です。 周囲の雑音を消した上で、イヤホンから再生される音楽を聴けるので、適正な音量で高音質なサウンドを楽しむことができます。 有線イヤホンとしては高級な価格帯に分類されますが、持っておいて損はない1台です!.

次の

有線でおすすめのカナル型イヤホン20選!コスパ最強モデルを徹底分析!|UPDAYS

おすすめ 有線イヤホン

ケーブルで接続せずに、イヤホンと端末を無線通信により接続させる方法です。 近年では、ワイヤレス(Bluetooth)接続のイヤホンが広く普及しています。 有線接続 簡単に言うと、ケーブルを端末に接続して使用する方法です。 正しく接続するためには、使用するイヤホンと端末が同一の端子である必要があり、端子の中でも「 3. 5mm端子」「 Lightning端子」の2つが広く普及しています。 5mm端子 3. 5mmステレオミニ端子は、スマートフォンやタブレット端末で多く使用されている端子です。 5mm端子のことを指していることが多いです。 イヤホンジャックが搭載していない端末で使用するには、 別途変換アダプターが必要となります。 Lightning端子 Apple製品で採用されている端子です。 iPhone 7以降のiPhoneは、イヤホンジャックが廃止されているため、 有線接続をする場合に以下の2つの方法があります。

次の

映画用ヘッドホンおすすめ人気15【有線/ワイヤレス/Bluetooth】

おすすめ 有線イヤホン

オーディオ&ビジュアル専門誌『AV REVIEW』『プレミアムヘッドホンガイドマガジン』や、モノ雑誌『家電批評』『MONOQLO』『GoodsPress』『MonoMax』『DIME』『日経トレンディ』等、Webでは『Phileweb』『日経トレンディネット』『価格. 日々、新製品発表会や欧米のIT・家電関連イベントを取材しデジタル家電のトレンドにも精通。 高価なハイエンドの機器だけでなく、格安・コスパ志向、ライフスタイル志向の製品までもカバー。 AV家電製品の取材歴が長い事もあり、製品はスペックで判断するだけでなく、実機に触れてクオリティをチェックした上でのレコメンドを心がけている。 2009年より音元出版主催のオーディオビジュアルアワード「VGP」審査員。 オーディオ&ビジュアルライターの折原一也さん監修のもと、重低音イヤホンとその選び方をご紹介していきます。 外出先や通勤中に音楽や映画を楽しむ人は少なくありません。 そんなときにこだわりたいのがイヤホンです。 とくに、ロックやEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)を好む人はベースの音がずっしり響く重低音イヤホンを選ぶ人も多いのではないでしょうか。 重低音イヤホンを選ぶとしてもかなりの数があるので悩んでしまいますが、この記事を読めばきっとほしい重低音イヤホンに出会えるはず。 メーカー別の重低音イヤホンも紹介していますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。 耳のなかに空間を作らないことがポイント イヤホン選びでよくあるリクエストが、ロックのベースやクラブなどで流れるEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)のリズムの刻みをしっかりを感じられる重低音重視のイヤホンです。 イヤホン選びの基本としてイヤホンの構造上、重低音をもっともしっかり聴けるのはカナル型(耳栓型)のタイプ。 AppleのEarPodsに代表されるインナーイヤー型、耳奥まで挿入しないオープン型のイヤホンは耳のなかで空間ができるので、低音は聞きづらくなります。 市販されているイヤホンのほとんどはカナル型なので、ほとんどが該当しますが、そのなかからさらに重低音のしっかり出るタイプを探していきましょう。 重低音イヤホンに出会うには 大手メーカーはそれぞれ高音質のイヤホンを多く展開していますが、たとえばソニーの「EXTRA BASS」、オーディオテクニカの「SOLID BASS」のように重低音に特化したシリーズも展開しています。 これらは、スタンダードなバランスの低音よりも、さらに低音を強化したシリーズという位置づけです。 とくに屋外で音楽を聴いていると、車や電車の騒音で低音が聞こえにくくなるので、スポーツ用イヤホンにも重低音イヤホンとして販売されている機種が数多くあります。 スポーツ用イヤホンと言っても室内で身につけても問題ないので、最初からスポーツ用、アウトドア用と銘打った機種を探すと重低音イヤホンも見つけやすいでしょう。 プレイヤーや、使用シチュエーションを考えて ここまで重低音イヤホンという視点でガイドしてきましたが、イヤホンをスマホや音楽プレイヤーと接続する方法には従来からある有線ケーブル、Bluetoothで繋げるワイヤレスタイプ、Bluetoothのワイヤレスのなかでもさらに左右分離型の完全ワイヤレスタイプがあります。 重低音イヤホンとしては古くからある有線タイプがもっとも数多く発売されていますが、ワイヤレスの人気で各社重低音のワイヤレス、完全ワイヤレスのラインナップも拡大してきています。 携帯音楽プレイヤーやPCかスマホか、どんなシチュエーションで使いたいかを考えて接続方法を選んでから、機種選びへ進みましょう。 ノイズキャンセルも対応の多機能スポーツモデル ソニーが完全ワイヤレスイヤホン第二弾として発売したWF-SP700Nは、「EXTRA BASS」の重低音サウンドと共に、雨や汗にも強い防滴志向のスポーツ志向。 そして、電車や車の騒音を軽減するノイズキャンセルまで付いた、多機能の完全ワイヤレスです。 サウンドは「EXTRA BASS」の重低音サウンドなので重低音の沈み込みと、リズム刻みの強さ、空気感ある低音再生を両立しているといえます。 もうひとつのポイントは、完全ワイヤレスには珍しいノイズキャンセル対応というところです。 騒音を軽減することで、聴感上の重低音の再生能力がさらにアップ。 ランニング時など路上の安全性を高める外音取り込みも対応です。 重低音だけでは語りきれないモデルです。 本格的な音質! 高音質&重低音を両立 重低音タイプのイヤホンは低価格でも低音をしっかり出すモデルが多いなか、本格的な高音質を狙えるイヤホンです。 より本格派であるため少し高価ですが、ハイレゾ高音質とともに重低音ファン向けのサウンドチューニングを突き詰めてきたモデルが「SOLID BASS」シリーズのATH-CKS1100Xです。 機種としては高域までの再現力を持つハイレゾにもなっていて、高域も重低音もエネルギッシュに鳴らすことを目指しています。 ロックのベースやEDMのリズムの刻みも、そのなかに正確な音情報が秘められているかのように臨場感を感じられるほどです。 低音の量だけでなく、低音のキレ、情報量と、重低音の質までも求めた価値のあるモデルですね。 重低音イヤホンとして販売されているモデルを中心に10機種をピックアップしました。 そのなかでも、今回紹介した機種では、できるだけ有線タイプでは5,000円以下、ワイヤレスタイプでも1万円台程度に収まっているものを選んでみました。 しかし、ある程度高価なイヤホンでは、特別に重低音モデルでなくても、高音質で十分な低音を備えている機種も多く存在するということなんです。 イヤホンにどれだけ重低音の強さを求めるかは好みもありますし、屋外やスポーツといったシーンもさまざまですが、別の機種を聴いてみたら意外と求める低音に足りていた、なんてこともあります。 購入の前には、同価格帯の重低音イヤホン以外のサウンドも一度チェックしてみるのもオススメです。 ノイズキャンセリング機能搭載の重低音イヤホン EXTRA BASS sound機能を搭載した力強い低音で音楽を楽しめるワイヤレスイヤホンです。 IPX4相当の防水機能をそなえているため、トレーニング中にかいた汗や雨くらいなら故障の心配はありません。 また、ソニーもノイズキャンセリング技術では定評があります。 電車内やファーストフード店など雑音の多いところでも外音をシャットアウトしつつお気に入りの音楽に没入できます。 ただし、ジムでのトレーニング中など、外の音が聞こえたほうがいいときもあるでしょう。 そうしたときにはアンビエントサウンドモードをONにすると、ヘッドホンに内蔵のマイクでトレーナーの声など外音を拾い上げて聞こえるようにしてくれます。 商品名 ソニー『EXTRA BASS ワイヤレスステレオヘッドセット MDR-XB50BS』 JVCケンウッド『ワイヤレスステレオヘッドセット JVC HA-FX101BT』 オーディオテクニカ『SOLID BASS ATH-CKS770XBT』 アンカー『Zolo Liberty』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット EXTRA BASS WF-SP700N』 BOSE(ボーズ)『SoundSport Free wireless headphones』 エレコム『GrandBass EHP-GB1000A』 協和ハーモネット『ZERO AUDIO ZERO BASS-03 ZB-03』 ソニー『EXTRA BASS 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55』 オーディオテクニカ『SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS1100X』 ディーアンドエムホールディングス『DENON AH-C820』 パイオニア『BASS HEAD SE-CL722T』 エレコム『GrandBass wireless LBT-HPC40MP』 オーディオテクニカ『SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS990』 ウェストン『Westone W10』 BOSE(ボーズ)『QUIETCONTROL 30 WIRELESS HEADPHONES』 BOSE(ボーズ)『SOUNDSPORT WIRELESS HEADPHONES』 ソニー『ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット(WI-SP600N)』 ソニー『密閉型インナーイヤーレシーバー(MDR-XB75AP)』 協和ハーモネット『True Wireless ZERO TWZ-1000』 協和ハーモネット『CARBO i ZH-DX240-CI』 JVCケンウッド『WOODシリーズ(HA-FX1100)』 JVCケンウッド『XX HA-FX99X』 商品情報 特徴 防滴対応でスポーツ志向のワイヤレス ワイヤレスでも低音重視のイヤホン 深みあるクリアな低音を再現 完全ワイヤレスでも米国流重低音サウンド ノイズキャンセルも対応の多機能スポーツモデル 圧倒的な重低音再生の完全ワイヤレス アンダー3,000円で購入できる重低音イヤホン キレある重低音サウンドの人気ブランド カラーバリエーションも豊富な重低音シリーズ 本格的な音質! 高音質&重低音を両立 ハイレゾ対応! ドライブ2基の低音イヤホン 低価格でもしっかりとした中低音を実現 リモコンマイク付きの低音シリーズ 2つの磁力が豊かな低域音を再現 バランスド・アーマチュア型ドライバ搭載モデル チューニングとノイズキャンセリングで充実の重低音 防滴性能を有したトレーニング用の重低音イヤホン ノイズキャンセリング機能搭載の重低音イヤホン 機能性を兼ねそなえた重低音有線イヤホン 音質にすぐれた完全ワイヤレスイヤホン 高品質・低価格のハイレゾイヤホン お買い得になっお買い得になた高級ハイレゾイヤホン 重低音とクリアでヌケのいい中高音を兼ねそなえる 型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 再生周波数帯域 4Hz~24,000Hz 20Hz~20,000Hz 5Hz~42,000Hz 20Hz~20,000Hz 50Hz~8,000Hz - 5Hz~45,000Hz 6Hz〜40,000Hz 4Hz~24,000Hz 5Hz~45,000Hz 4Hz~40,000 Hz 5Hz~22,000 Hz 20Hz~20,000Hz 5Hz~28,000Hz 20Hz~16,000Hz - - 50Hz~8,000Hz 4Hz~26,000Hz 20~20,000Hz 8Hz〜70,000Hz 6Hz~45,000Hz 5Hz~40,000Hz タイプ ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス 有線 有線 有線 有線 有線 有線 ワイヤレス 有線 有線 ワイヤレス ワイヤレス ワイヤレス 有線 完全ワイヤレス 有線 有線 有線 商品リンク.

次の