メルカリ 転売 違法。 メルカリで不要品を売却 反復継続性があり事業とみなされると違法なことも

メルカリで違法転売となる3つのケース【高額商品や無在庫の転売は規約違反】

メルカリ 転売 違法

そもそもメルカリせどりとは? ご存じの方も多いと思いますが、メルカリとは日本で一番会員数の多いフリマアプリです。 現在日本のほかにアメリカ、イギリスにも進出しており、ダウンロード数は1憶を超えています。 2018年6月19日には東京証券取引所マザーズへの新規上場を果たしており、今後さらにユーザーが増えることでしょう。 メルカリせどりとは、その巨大なネット上のフリーマーケット・メルカリで商品を安く仕入れ、それよりも高く売り、その価格差を収益として得ることをいいます。 メルカリせどり(転売)で違法とされる行為とは メルカリでせどりを行うこと自体は違法ではありません。 ではどんな行為が違法になるのでしょうか? 主な違法行為としては次のようなことが挙げられます。 チケット転売等のダフ屋行為 2019年6月14日、チケット不正転売禁止法が施工されました。 営利目的でチケットを購入し、定価を超える高額で転売することは違法行為となり、メルカリのアカウント停止だけでなく逮捕される可能性があります。 では、行くつもりでチケットを買ったが事情で行けなくなり、余ったチケットを販売することは違法になるのでしょうか? 答えはノーです。 チケット転売で違法になるのはあくまで営利目的としてチケットを買い占め、高額で転売することです。 よって、もしも行けなくなったチケットを販売する際は、定価を大きく超えない常識的な金額で販売することは可能です。 しかし、そもそもチケットの販売元が転売を禁止している場合は適正価格でも販売することはできませんので注意しましょう。 偽ブランド等の偽物販売 こちらは特に注意が必要なケースです。 メルカリ等のフリマサイトやオークションサイトには、偽物商品が意外と多く出回っています。 よって気づかずに偽物製品を仕入れて販売してしまう事が少なくありません。 私自身もメルカリをよく利用します。 すると定価からかけ離れて安く、おそらく偽物と思われる商品をたびたび目にします。 商標登録された商品の偽物を販売すると商標法に違反します。 また、本物と偽り販売すると詐欺罪となり、さらに重い罪に問われます。 本物を見極められれば問題は無いのですが、素人にその判断は難しいところです。 極端に安いブランド品等、偽物の可能性が高い商品を仕入れることは、なるべく避けたほうが賢明です。 その他、販売自体を禁止されている商品 販売すると違法となる商品には下記のようなものがあります。 メルカリで販売禁止されている商品!!• 盗難品• 犯罪や違法行為に使用されるおそれのあるもの• 安全性に問題のあるもの• 児童ポルノやそれに類するもの• アダルト関係• 使用済みの下着、スクール水着、学生服など• 医薬品、医療機器類• 許認可の無い化粧品やその小分け• 法令に抵触するサプリメント類• 保健所許可や営業許可のない食品• たばこ• 現金、金券、カード類 これらの商品はメルカリだけでなく、他のどこのサイトでも出品はできません。 しっかり目を通しておきましょう。 メルカリで規約違反とされる行為はコレ メルカリには独自の規約があります。 違反すれば、逮捕はされなくともメルカリからペナルティを課せられます。 ここではメルカリせどりで守るべきルールを解説します。 メルカリで購入した商品を著しく高額で販売すること メルカリで購入した商品を再度メルカリ内で販売する際は、購入額より著しく高額で出品することが禁止されています。 メルカリ規約によると、購入額+送料+手数料+クリーニング費用を上乗せした程度の金額での出品なら問題ないそうです。 無在庫販売 無在庫販売とは、出品時に手元に無い商品を販売し、購入後に他社サイト等から取り寄せて発送することをいいます。 また、無在庫販売後にアマゾン等から直接購入者に商品を発送することも禁止です。 他社から荷物が届いた時点で購入者から事務局へ通報され、ペナルティを受けますので絶対に行わないでください。 メルカリのルールに違反した場合、こんなペナルティがある メルカリのルールに反すればペナルティを課せられます。 違反の度合いにもよりますが、24時間の利用停止・一週間の利用停止・無期限利用停止・強制退会などがあります。 違反を繰り返すことで処分が大きくなるようです。 せっかく始めたメルカリせどり。 逮捕までいかなくとも利用停止されてしまったらお手上げです。 上記の違反行為をしっかり頭にいれておきましょう。 メルカリせどりを違法することなく行うためには 法律に違反することなくメルカリでせどりをするためには、上記の出品禁止商品や違法行為に気を付けること。 さらに「古物商許可」を取得することがおすすめです。 「古物商許可」とは、中古品を転売目的で購入し販売するための資格です。 繰り返しメルカリで仕入れ・販売をしていると中古品販売事業者とみなされることがありますので、コンスタントにせどりで収入を得る予定の方は古物商許可の取得をしたほうが安心です。 メルカリで仕入れたものを、他の販路で販売する方法 先程も述べましたが、メルカリで購入した商品をメルカリで販売する場合、購入金額より著しく高い金額で販売することが禁止されています。 でもそれだとほとんど利益が出ませんよね? そこでおすすめなのが、メルカリで仕入れた商品を他の販路で販売する方法です。 一番のおすすめはアマゾンです。 アマゾンは圧倒的な集客力を持ち、客層もメルカリは少しでも安く買いたいという人が多い一方、アマゾンブランドの安心感を優先し多少高額でも買いたい人が多いことが特徴です。 一方メルカリの良さは、素人が出品していることが多いため価格が安いこと。 さらにメルカリのローカルルールで値下げ交渉が可能です。 メルカリで安く仕入れアマゾンで高く販売すれば、高利益を上げることも可能です。 まとめ 最近はメルカリでせどりを行う人が増えています。 その分違法行為を犯す人も増え、逮捕者がでたというニュースを目にする機会も増えてきました。 せどりをしている人の中には「自分は大丈夫」と思いながらも、心のどこかで不安を感じている方もいるのではないでしょうか? 実は私自身がそうでした。 メルカリせどりで稼ぎたいけれど、何かの間違いで違法行為をしてしまったらどうしよう。 逮捕されたら家族にも迷惑をかけてしまうし・・と、恐る恐る仕入れたり販売をしていました。 しかし、転売のルールや違法行為を頭に入れておけば、何も恐れることはないのです。 不安がなくなれば、今まで以上にせどりに全力を注ぐことができますよね。 ぜひこの記事の内容を常に頭の片隅に置いていただき、メルカリせどりでしっかり稼いでいきましょう! 【2018年】 1月: せどり開始 2月: アドセンスブログ開始 3月: せどりで月収30円達成 4月: 情報発信を開始 5月: せどりツアーなど独自企画を開始 7月: 情報発信で月収100万円を達成 8月: アドセンス収益月収10万円達成 10月:情報発信で月収300万円を達成 12月:せどりツアー累計100名突破! 【2019年】 1月:メインブログ月間5万PV突破 2月:YouTube開始&登録者2,000人突破 4月:せどりツアー累計150名達成 5月:アフィリエイト月収20万円突破 6月:メインブログ月間10万PV突破 7月:note開始&初月20万円売上達成 8月:YouTube登録者1万人突破 12月:YouTube登録者2万人突破 【2020年】 1月:ブログ月間20万PV突破 2月:月収1,000万円突破.

次の

転売目的でフリマで買うのは違法?

メルカリ 転売 違法

フリマとは? フリマとは、ご存知の通りフリーマーケットの略で、最近ではスマホを使って簡単に不要品を出品することが可能だ。 家で不要になったものをフリマアプリ(フリマサイト)に出して、それを必要な人に購入してもらうという流れとなっている。 代表的なフリマアプリ「メルカリ」 フリマアプリの代表的なものには メルカリがある。 一時ニュースで、 メルカリにて高額レシートが売買されていて話題になった影響もあり、最近では規制を強化しているとのこと。 メルカリの他には フリル、 ラクマ、 ショッピーズ、 フリマノ、 ブクマ、 オタマートなど非常に多くのフリマサービスが展開されている。 フリマアプリ以外にも、ネットオークションサイトとして ヤフオク、 eBayなどが有名である。 撮影して出品するだけ フリマアプリは、簡単にスマホで撮影して出品できるという手軽さがあり、売買がスムーズに行える仕組みとなっている。 ネットオークションと違い、 値段は初めから出品側が決めることができて、あとは欲しいと思う人と話し合いをするようになっている。 その際、落札者側は値下げ交渉をすることが可能だ。 安心して取引できる反面… 落札する場合、商品代金はフリマアプリの運営会社に支払い、出品者側は商品を発送する。 そして商品が届き次第、出品者に代金が支払われる仕組みになっているので、代金が振り込まれないということもなく、安心して取引を行える。 ただ、個人間での売買になるので「実際に届いたら写真と違った」「匂いや汚れが気になる」といったケースがあり、トラブルになることがあるようだ。 フリマアプリで転売目的での購入 フリマアプリでは同じ商品がいくつか出品されているのだが、その中で安い商品を購入して、高値で売るという せどり(転売)と言われているネットビジネスが行われている。 簡単にものが手に入り、収益を得ることができるので、 フリマで商品を購入して高値をつけてアマゾンなどで売るといったケースもある。 いくらかの収益がでるため、それを副業にしている人たちも少なくないようだ。 転売目的で買うのは違法行為に当たる フリマアプリの中では実に多くの商品が売り買いされている。 高値のブランド品の服やバッグなどを安く購入できるということで利用する人が多く、特に若い女性に人気を集めている。 早いと出品してから24時間以内に売れるそうだ。 では、フリマアプリで購入したものを転売することは違法なのだろうか。 フリマアプリで自分の物を購入したり、友達のものを頼まれて購入したりするなどは違法ではない。 しかし 転売目的で儲けるために購入することは違法行為になる。 なぜなら転売目的でフリマアプリを利用するなら、 古物商の許可証が必要になるからだ。 古物商許可証とは 古物商の許可証とは次のようなもので、 警察署に届けて許可を得る必要がある。 継続的に中古品を購入して転売し続ける場合は違法になるので、あらかじめ古物商許可証を持っていた方が良いだろう。 もちろん「一時的に購入した物だけどいらないと思って売る」場合は 商売とならないので古物商許可証は特に必要ない。 古物商許可証 古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物を、業として売買または交換する業者・個人のことである。 なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。 小売を経ていない新品をレンタル等する場合は該当しない。 出典元: 無許可で転売すると大変なことに もし、古物商許可証を持たずに無許可で転売ビジネスを行った場合は、 古物営業法・31条により3年以下の懲役または罰金が100万円の重い罪となる。 「知らなかった」では済まない。 もしも無許可で転売する場合は大変なことになるのだ。 古物営業法31条 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。 一 第3条の規定に違反して許可を受けないで第3条第2項第1号又は第2号に掲げる営業を営んだ者• 二 偽りその他不正の手段により第3条の規定による許可を受けた者• 三 第9条の規定に違反した者• 四 第24条の規定による公安委員会の命令に違反した者 出典元: 転売目的での購入は禁止 このように重い罪になるのは犯罪防止のためで、盗品を知らずに買い取ることや盗品と知っていて売ることを防ぐためである。 リサイクルショップで中古品を売る場合、免許証などの提示を求められるのは、 盗品だった場合にすぐに警察に連絡するためなのだ。 古物商許可証を持っていない場合、フリマで売り買いすることができるケースは「自分が欲しい物や家族、知り合いのものを買う」「持っていても必要のないものを売る」「粗品などでもらったものを売る」など。 転売目的での購入はできない。 古物商許可証があれば買取・転売できる? 古物商許可証を所有した上で買取店を出店できるところは、「自宅」「売ろうとしている法人の会社」「登録してある営業所」で、フリマサイトでは出店はできない。 フリマアプリは個人向けのサービスで、法人や個人事業主での利用はできないようになっているのだ。 フリマアプリは個人向けのサービス 買取店(法人・個人事業主)として取引していると、規制に引っかかって出店できなくなりアカウント停止となる。 また 出店していることがわかると、50万円以下の罰金が課せられるので注意しておこう。 フリマアプリで購入したアイテムはアマゾンで転売されることが多く、様々な商品が売られている。 だが、フリマアプリでもアマゾンサイトでもかなり細かい規約があるので商売目的の転売は難しいと思っておこう。 ルールを守った上で利用するべき 例えば、メルカリでは転売に関して規約が設けられており、違反した場合は一時的に出品停止やアカウント停止になる可能性がある。 それぞれのフリマでは決められた利用規約があるため、 ルールを守った上で利用しなくてはならないのだ。 フリマアプリを利用するマナーなのだ。 メルカリで購入した商品を著しく高い金額で転売すること 購入した「商品のサイズが合わない」や「気に入らない」などの理由で再度売却する場合は規約違反には該当しない。 その際、送料やクリーニング代金を上乗せした額での出品は問題ないと思われるが、かなり高い金額で出品することは規約に違反する可能性があるので注意しておこう。 罪に問われたチケットの転売 チケットの転売は昔から行われていて、 ダフ屋と呼ばれる人が高値でチケットを転売している。 昔はチケット販売場所の近くで行われていたが、最近ではネットダフ屋と呼ばれる人が存在する。 このネットダフ屋は人気アーティストのライブチケットなどをフリマアプリやオークションサイトで高値で売り付けているのだ。 ライブチケット、ディズニーチケット、優待券やクーポン、リフト券、水族館などのチケットなど、実に様々なチケットがフリマアプリで取り扱われている。 チケットの転売は削除されることなく、出品されているのだが、違法ではないのだろうか。 数十万円の高額で転売されるケースが増えている 原則、 チケットの転売は古物商としての届け出が必要である。 実際に、古物商として届け出ていなかった人が逮捕に至ったケースがある。 人気アイドルグループ「嵐」のコンサートチケットをチケット交換サイトで手に入れて、3人の女性に転売した罪で25歳の女が逮捕されたのだ。 最近ではネット上で数十万円の高額で転売されるケースが増え、転売する人がチケットを購入するせいで本当に欲しい人にコンサートチケットが行き渡らないという実態があった。 このような背景を改善するためにも、無許可でチケットを転売した女が逮捕されることになったのだ。 転売目的でなければチケットの出品は問題ない 今回は、「嵐」という人気アイドルグループのチケットをかなり高額な値段で転売した女が逮捕されていたが、すべてのチケットの転売が逮捕に至るわけではない。 例えば、自分が使用しないリフト券や入場チケットなどに、数百円や数千円の値段をつけて出品したり、定価で出品したりすることに関して問題ない。 もちろん運営会社の規約やチケットの種類によるが、 転売目的で購入したチケットを出品するのでなければ特に問題はないのだ。 新品のものは出品できる? それでは、転売目的ではなく購入した新品の品物はどうだろうか? 新品を出品することは違法にはならない 新品の物を一度購入して、フリマアプリに写真を撮って出品する場合は違法ではない。 「サイズが違った」「購入したけれど着ない」「タンスに眠っていた服を売りたい」などの理由で新品のアイテムを出品しても問題はなく、むしろ有効活用してくれる人の元に渡れば無駄にならなくて済む。 また、 海外から個人輸入してフリマアプリで売ることも法には触れないようだ。 もちろん状況によって判断は異なるので詳しくはフリマアプリの利用規約を参考にすることをおすすめする。 無在庫販売はフリマで禁止 しかし、 商売目的で手元に商品がないまま画像だけ載せることはフリマでは禁止されている。 ネットの卸ショップにある商品の画像をフリマアプリに載せて、商品が売れた場合にショップから購入者へ直送してもらうという転売方法も存在するようだ。 そうすると在庫をかかえる必要がなく、売れないときに手元に商品だけが残るというリスクを避けることができるからだ。 さらに送料も安く済み、無在庫で収益を得ることも可能だ しかし、 フリマでは無在庫出品を禁止している。 メルカリの無在庫出品の禁止事項には次のようになっている。 手元にない商品を予約、取り寄せで販売すること• ・出品時に手元にない商品の販売• ・代行買付けを行い販売する• ・発売日前の予約受付 出典元: メルカリ側は、購入後に手元に商品がないために取引のキャンセルや配送の遅れが生じることを避けるため、 手元にある商品のみ出品できるとしている。 また、購入した後に他社のサイトやサービスを通じて購入者に商品を発送することも禁止している。 もし、「 他社のサービスから商品が届いた場合はメルカリ事務局に知らせてください」という注意書きがある。 実際に他社から直送してメルカリで売った場合、他社から来たということがわかり、メルカリのアカウント停止になったケースがあるようだ。 フリマサイトで出品できない物• ・法令に違反する商品• ・短剣など武器として利用される恐れのあるもの• ・偽ブランド品などユーザーの権利を侵害するもの• ・盗品• ・アダルト商品、児童ポルノ商品など• ・販売許可がいる商品• ・人体・健康に影響を及ぼすもの• ・コンピューターウイルスを含むデジタルコンテンツ• ・金融商品• ・生き物• ・物品ではない会員権など• ・その他 このような物を出品すると本規約更衣違反とみなされ、出品停止やアカウント停止になる可能性がある。 フリマサイトによって規約が少しずつ違うので、 詳しくはそれぞれのフリマサイトの既約を参照するようにしよう。 買取サイトの便利さ フリマアプリでは自分で値段を設定できることから、高値で売れる場合もある。 しかし、出品作業や売却まで時間がかかることも理解しておかなくてはならない。 手間や時間をかけずに高く売りたい方におすすめしたいのが、家電専門のフリマサイト smama(スママ)だ。 スママへの出品は、 サポートチームが検品から購入者とのやり取りまですべて代わりにおこなう代行形式となっている。 手続きは申し込んで売りたいアイテムを送るだけ。 送料もかからないので、気軽に利用できるだろう。 まとめ フリマにて転売目的で購入する場合、 古物商許可証が必要となる。 古物商の許可なく商売を行うと、懲役3年の実刑か100万円以下の罰金が課せられる。 古物商許可証を持たない人がフリマで買うことができるのは 自分個人の物だけで転売はできないので注意しておこう。

次の

知らなかったでは済まない!メルカリ転売で違法となった3つの事例 | 中国輸入で自由に生きる井上裕斗のブログ

メルカリ 転売 違法

写真=iStock. また、街にある金券ショップやリサイクルショップなどで、人からもらった金券や不要になった物を売った経験のある方も多いのではないかと思います。 その行為自体は違法ではありません。 しかしながら、商売として行う場合には、必ず警察署から「古物営業」の許可を得る必要があります(古物営業法3条)。 なお、「古物」には、中古品だけでなく新品の商品も含まれます(古物営業法2条1項)。 そのため、自分で買ったまま一度も使用していない新品であっても、「古物」に該当しますので、商売として第三者に販売するためには、古物営業の許可を得る必要があります。 また、仕入れとして購入したものだけでなく、自分で使うために購入して不要になった物も「古物」に含まれます。 古物の販売が商売にあたるかどうかは、どこで判断されるのでしょうか。 例えば、店舗を設けて古物を第三者に販売する場合は商売にあたります。 また、店舗を設けず、ネットショップなどで古物を販売する場合も、それを事業として、すなわち、反復継続して行う場合には、古物営業の許可を得る必要があります。 1回だけの取引であれば事業にはあたりませんが、それが複数回にわたる場合には、事業にあたると考えられます。 メルカリなどのフリマアプリで自分が買って使わなくなったものを販売している場合、たとえ2回以上出品していたとしても、反復継続性がなく基本的には「事業」とは言えないので、古物商の許可は不要です。 ただし第三者から継続的に商品を仕入れて、仕入れた金額よりも高い金額で販売している場合には、反復継続性があり「事業」に該当すると考えられますので、古物商の許可を得る必要があると考えられます。 こうした人たちは「転売ヤー」などと呼ばれていますが、その中には大量のアルバイトを使って商品を買いあさっているケースもあるようです。 そうした場合はどうなのでしょうか。 転売目的で小売店等から自分で購入した商品を第三者に転売する行為は、古物を仕入れたわけではなく、古物営業には該当しないため、古物営業の許可を得る必要はありません。 このため個人で活動しているのであれば、「転売ヤー」であっても違法性はないと考えられます。 ただし、アルバイトなどに新品の商品を買わせ、それを買い取って転売している場合、それはアルバイトから古物を買っていることになり、さらに転売目的という点で反復継続性があり「事業」に該当すると考えられますので、古物営業の許可を得る必要があります。 組織的な「転売ヤー」は違法性が高いと考えられます。 なお、破産手続開始の決定を受けて復権していない人、刑の執行を受けて5年を経過していない人、暴力団員、住居不定の人などは、古物営業の許可を得ることはできません(古物営業法4条)。 そして、古物営業の許可を得ずに、中古品販売の事業を営んだ場合には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる可能性があります(古物営業法31条1号)。 過去には、中古の英語教材(CD、教本)をインターネット上のオークションやフリーマーケットで仕入れて、第三者に転売したとして、古物営業法違反の容疑で逮捕された事例があります。 古物営業法は、取引される中古品の中に窃盗等の被害品が混在しているおそれがあるため、盗品等の売買の防止や被害品の早期発見により窃盗やその他の犯罪を防止し、被害を迅速に回復することを目的としています(古物営業法1条)。 古物営業の許可を受けた事業者は警察の名簿に登録されますので、仮に、窃盗等の被害品が中古品として売られてしまった場合であっても、警察が古物営業の許可を受けている事業者に問い合わせることによって、窃盗品の早期発見および犯人検挙が容易になるということです。 さらに、コンサートのチケットやオリンピックのチケットなどを購入金額以上の金額で第三者に売って、差額分の利益を得る行為は、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(いわゆる「チケット不正転売禁止法」)によって禁止されています(不正転売禁止法3条)。 この法律が制定された理由としては、主に外国人を中心に、人気のあるイベントのチケットをバイトを雇って大量に購入させ、それらのチケットをインターネットのオークションサイトなどで高く売りさばいて、転売利益を得るといった事例が頻発していたためです。 その結果、本当にそのイベントに行きたいと思っていた人が行けなくなり、また、高いお金を支払える人しかイベントに行くことができなくなるといった弊害が生じていました。 この法律でいう「不正転売」とは、興行主の事前の同意を得ないで、反復継続の意思をもって、販売価格を超える価格で特定興行入場券を販売する行為のことを言います(チケット不正転売禁止法2条4項)。 「特定興行入場券」とは、不特定又は多数の者に販売され、かつ、次の1から3の全ての要件に該当するスポーツイベントやコンサートのチケットのことを指します(チケット不正転売禁止法2条3項)。 一方、購入金額と同じかそれ以下の金額でチケットを転売する行為は、不正転売には該当しません。 不正にチケットを転売した場合の罰則は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはそれらの併科です(チケット不正転売禁止法9条1項)。 また、不正にチケットを譲り受けた場合にも同様の罰を受けることになります。 過去には、プロ野球のオールスター戦のチケットをインターネットの転売サイトで3回にわたり、4枚を合計5万6500円(定価は1枚3400円)で転売したとして不正転売禁止法違反で逮捕された事例、宝塚歌劇団の退団公演チケット3枚を計2万4900円で購入し、転売サイトを通じてファンの女性に計8万9000円で転売したとして、チケット不正転売禁止法違反で逮捕された事例、アイドルグループのコンサートチケット4席分をインターネットサイトで合計42万3000円(定価計3万2000円)で転売したとして、チケット不正転売禁止法違反で書類送検された事例などがあります。 通常の物品とは異なり、チケットの販売には厳しい規制があるため注意が必要です。 ---------- 理崎 智英(りざき・ともひで) 弁護士 1982年生まれ。 一橋大学法学部卒業。 2010年、弁護士登録。 福島市内の法律事務所を経て、現在は東京都港区の高島総合法律事務所に所属。 離婚・男女問題に特に力を入れている。 ---------- (弁護士 理崎 智英) 外部サイト.

次の