ヨハン クライフ 名言。 ヨハン・クライフの名言

【訃報】元サッカーオランダ代表のヨハン・クライフ氏が死去

ヨハン クライフ 名言

本名は「ヘンドリック・ヨハネス・クライフ」 Hendrik Johannes Cruijff。 愛称は「フライング・ダッチマン」「エル・サルバドール」「エル・フラコ」「スーパースター」など。 アヤックス オランダ 時代にUEFAチャンピオンズカップ3連覇、オランダ代表としてワールドカップ準優勝などを達成し、バロンドール 欧州年間最優秀選手賞 を3度受賞。 ペレやマラドーナ、ステファノらと並び「20世紀を代表する選手」と称されることも多い。 引退後はサッカー指導者となり、アヤックスやFCバルセロナの監督を務め、バルセロナの監督時代にリーガ・エスパニョーラ4連覇やUEFAチャンピオンズカップ優勝などを達成。 監督としても大きな実績を残し、2009年から2013年までカタルーニャ選抜 スペイン の監督も務めた。 1974年にオレンジ=ナッソー勲章 騎士位、2002年にオレンジ=ナッソー勲章 士官位、2006年にサン・ジョルディ十字勲章を授章。 jp) ヨハン・クライフの名言集 月並みなやり方を するくらいなら、 自分のアイディアと 心中した方がマシだ。 美しく敗れる事を 恥と思うな、 無様に勝つことを 恥と思え。 守り切って勝つより、 攻め切って負ける方が良い。 「あなたは年寄りだから、ダメだ」 と言われると、私はこう答える。 「それを決めるのは、 あなたじゃなくて、私だ。 」 フットボールの試合は、 まず観客を 楽しませなければならない。 良い監督は、 あるプレーヤーの短所を、 別のプレーヤーの長所で カモフラージュする。 才能ある若手にこそ、 挫折を経験させなければならない。 挫折はその選手を成長させる、 最大の良薬だからである。 本当に素晴らしい フットボールは、 国境を越え、 自分の属する国籍までも忘れさせ、 人々を熱狂させることだ。 そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

次の

ヨハン・クライフの名言・言葉

ヨハン クライフ 名言

FWとしてオランダのアヤックスとスペインのバルセロナ、オランダ代表で活躍し、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した。 1971年から3年連続でアヤックスをUEFAチャンピオンズカップ優勝に導いた。 1974年にはワールドカップ西ドイツ大会でオランダ代表の決勝進出を助けた。 クライフ氏は選手として5つのクラブチームに所属し、通算521試合に出場、293得点をあげている。 2回にわたるアヤックス時代は通算276試合で204得点、18回トロフィーを獲得した。 1974年ワールドカップで、有名な「クライフ・ターン」を初披露。 48の国際試合で33得点している。 正確無比なパス、圧倒的なスピードと技術、そして得点力をあわせ持つ選手として、クライフ氏はサッカー選手の理想形のひとつだった。 クライフはただの名監督ではなかった。 欧州で多くの監督に話を聞く中で、とりわけクライフの名前を出す人に多く出会った。 影響を受けた人物として、である。 クライフがバルセロナで実践したサッカーは、多くの指導者の心を動かしていた。 もう少しベテランになると、74年西ドイツW杯で見せたオランダのサッカー。 当時のアヤックスのサッカーを挙げた。 時の監督はリナス・ミホルス。 「トータルフットボールはサッカー界最大の発明。 「プレッシングフットボールは、トータルフットボールからヒントを得たその延長上にあるものだ」ともサッキは述べている。 リナス・ミホルスが提唱したトータルフットボールをバルサで実践したクライフ。 現代サッカーがこの公式の上に成り立っているとすれば、クライフの存在価値はいっそう増す。

次の

ジョゼップ・グアルディオラ

ヨハン クライフ 名言

FWとしてオランダのアヤックスとスペインのバルセロナ、オランダ代表で活躍し、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した。 1971年から3年連続でアヤックスをUEFAチャンピオンズカップ優勝に導いた。 1974年にはワールドカップ西ドイツ大会でオランダ代表の決勝進出を助けた。 クライフ氏は選手として5つのクラブチームに所属し、通算521試合に出場、293得点をあげている。 2回にわたるアヤックス時代は通算276試合で204得点、18回トロフィーを獲得した。 1974年ワールドカップで、有名な「クライフ・ターン」を初披露。 48の国際試合で33得点している。 正確無比なパス、圧倒的なスピードと技術、そして得点力をあわせ持つ選手として、クライフ氏はサッカー選手の理想形のひとつだった。 クライフはただの名監督ではなかった。 欧州で多くの監督に話を聞く中で、とりわけクライフの名前を出す人に多く出会った。 影響を受けた人物として、である。 クライフがバルセロナで実践したサッカーは、多くの指導者の心を動かしていた。 もう少しベテランになると、74年西ドイツW杯で見せたオランダのサッカー。 当時のアヤックスのサッカーを挙げた。 時の監督はリナス・ミホルス。 「トータルフットボールはサッカー界最大の発明。 「プレッシングフットボールは、トータルフットボールからヒントを得たその延長上にあるものだ」ともサッキは述べている。 リナス・ミホルスが提唱したトータルフットボールをバルサで実践したクライフ。 現代サッカーがこの公式の上に成り立っているとすれば、クライフの存在価値はいっそう増す。

次の