レーシック 広島。 ABCニュース「レーシックの術後不具合率は50%を超えている」

レーシック 広島県/費用・価格別 : レーシックで失敗しない眼科クリニックの選び方

レーシック 広島

こんにちは。 ソレイユ眼科・矯正歯科の木谷です。 6月は梅雨で天気も気温も不安定ですね。 みなさん体調崩されたりしてないでしょうか?? ソレイユ眼科・矯正歯科のスタッフはこんな梅雨に負けないくらい元気ですよ〜!! 今回は新しいスタッフの紹介をします。 まずは最年少の「堀さん」です。 堀さんは、若いながらも料理が得意でお弁当も毎日手作りなんですよ。 そして、仕事中も笑顔が絶えない堀さん。 よく笑っていて明るい職場になっています。 堀さんから一言。 「慣れない仕事ですが頑張ります。 よろしくお願いします。 」 次に猪突猛進と言う言葉がピッタリな勢いのある「小瀬さん」です。 自分の目標に向かってまっすぐで仕事も的確でテキパキこなしています。 干支を聞いてみるとイノシシ年でした 笑 小瀬さんから一言。 「笑顔を絶やさずに頑張りますのでよろしくお願いします。 」 新しいスタッフと一緒に頑張っていきます!! これからもソレイユ眼科・矯正歯科をよろしくお願いします。

次の

【レーシック 広島】

レーシック 広島

現在、日本国内で最も多く行われている、近視矯正手術です。 2000年1月に、エキシマレーザーの手術機器が厚生労働省に認可されて以来、レーシック [LASIK] の手術件数は毎年増加し、現在、1年間に30〜40万件の手術が日本国内で行われているといわれています。 エキシマレーザーを用いて、角膜を正確に削り、角膜の屈折力を変化させ、近視や遠視、乱視を矯正することができます。 眼鏡・コンタクトレンズのわずらわしさに悩まされている方は、レーシック [LASIK] 手術を受ければ、ほとんどの方はその苦痛から解放されることでしょう。 当院では、日帰りのレーシック [LASIK] 手術を行っております。 土曜日の手術も可能ですので、仕事や学校をなるべく休みたくない方にも対応しております。 日本眼科学会のガイドラインに準じて、同学会の指定する「屈折矯正手術講習会」を受講した眼科専門医による手術を行います。 [左上写真:角膜屈折矯正手術講習会受講証] [角膜屈折矯正手術講習会受講証]• 未認可の機器を使用しているクリニックも多いですが、当院では厚生労働省が認可したレーシック [LASIK] 手術機器 NIDEK社 EC-5000 CXIII を用いて手術します。 [左下写真:NIDEK社 EC-5000 CXIII] [NIDEK社 EC-5000 CXIII]• 追加料金なしで、ウエーブフロントレーシックやマルチポイントアブレーションなどの患者さんに適した手術プログラムを専門医が選択し、手術を行います。 大規模なクリニックでは、診察ごとに診察医が変わることがありますが、当院では、術前の検査、手術、術後のケアまで一貫して、同一の医師 院長 が責任を持って行います。 広島に密着した医療を行っておりますので、術後の診察や経過観察を受けるのが安心です。 広島市内圏では、圧倒的に多くの症例を経験している院長が皆さんの生活スタイルに合わせた手術をご提案します。 手術経験豊かな医師、スタッフが安心して受けられる手術をご提供します。 手術症例は2013年末で、2154症例です。

次の

ABCニュース「レーシックの術後不具合率は50%を超えている」

レーシック 広島

ICL 有機水晶体眼内レンズ)とは近視や乱視を矯正する目的で正常な水晶体のある目に挿入する眼内レンズです。 まぶたの形成手術は、いわゆる「二重まぶた形成手術」と同様のものですが、当院では角膜保護が目的の手術です。 目の三大疾病(白内障・緑内障・糖尿病網膜症)を当院では先進の技術と機器を用いて高い水準の治療を行います 緑内障は早期発見・早期治療が大事になってきます。 点眼薬などの薬物治療、レーザー治療、手術によって、症状の進行を止める必要があります。 白内障手術は昔と違い眼科手術の向上、手術器具の開発に伴い、現代では比較的ストレスが少ない日帰り可能な手術となっています。 レーザーで近視や乱視矯正をするレーシックを一早く取り入れ、多くの実績を残しています 老眼とは ある年齢になると唯一の例外なく、すべての人が老眼になります。 目には水晶体の厚みを変化させることでピントを合わせる調節力があります。 老視はこの調節力が年齢とともに弱くなる現象で、加齢とともに水晶体が硬くなることや、水晶体の厚みを調節する筋肉の衰えがその原因です。 普通の近業距離は30cm前後ですが、調節力の減退のために近点距離が遠くなって近業が困難となり、このような症状を老視といいます。 正常では45~50歳から起こってきますが、近視の人はもともと近点が近いので遅く起こり、遠視の人はもともと近点が遠いので早く起こります。 言い換えるならば、年齢的に早いか遅いかの違いはあっても、ある年齢になれば全ての人が老視になるわけで唯一つの例外もありません。 しかし既にお話し たように唯一つの例外もなく近視の人も老視になります。 近視の度数によって老眼鏡が必要か否かという違いだけです。 例えば、貴方が50歳ですでに老眼が始まっているとしましょう。 近視の度数が比較的軽く目の前30cm前後(この時の近視の度数は概略-3Dと表現します)が最も良く見える場合は、その位置でピントがあっているわけですから、その位置でものを見る場合には老眼鏡は必要ないことになります。 しかし近視の眼鏡(コンタクトレンズ)を掛けた場合には、その眼鏡(コンタクト)は遠くにピントが合っていますから近くを見たときは強すぎる眼鏡を掛けたと同じピンボケの状態で、はっきりものを見ることはできません。 近視の度数がもっと軽く目の前60cm前後(近視の度数は概略-1. 5Dと表現します)が最も良く見える場合は、目の前30cmの位置はピンボケになりますから老眼鏡を必要としますし、遠くは近視で見にくいために眼鏡が必要で、結局遠くも近くも眼鏡が必要となっています。 近視の度数が極端に強い場合、例えば目の前10cm前後(近視度数は概略-10Dと表現されます)にピントが合っている人の場合、目の前10cmにものを持ってくればはっきり見ることはできますが少しでも目の前から離すとピンボケの状態になってしまいます。 かといって遠く用の眼鏡を掛けても、その眼鏡は遠くにピントが合っていますから手元は見えません。 結局、近くを見るときは弱い近視の度数の眼鏡を老眼鏡として使い、遠くは遠用の眼鏡を使い分けるということになります。 従って、近視の人で老眼鏡が必要ない場合というのは、本などを読む距離にピントが合う程度の軽い近視の人が、眼鏡を掛けないで本や新聞を読む場合に限られるということがご理解いただけるでしょう。 老視が矯正できて近くが裸眼で見えるようになったからといって、遠くが逆に見えなくなってしまっては手術した意味がありません。 逆に遠くが見やすくなったからといって手元が見えにくくなっても手術した意味がありません。 そのためには、近視で老視の場合と正視あるいは遠視で老視の場合とをはっきり区別しておく必要があります。 A まず、近視で老眼の場合の治療方針は基本的には近視を治療するということから出発しなければなりません。 しかしデスクワークや読書の時には老眼鏡が必要となります。 日常生活や室内では裸眼のままでも大体は不自由なく見えるでしょうが、車の運転や映画鑑賞などの際には遠用眼鏡が必要となります。 この場合には遠くも近くも、実際には片目ずつで見ていますが左右が補填しあってさほど違和感なく日常生活に違和感ない状態になります。 但し、例えて言えば、右足に下駄を履いて左足は素足で歩くようなものですから、その状態に慣れない場合がないとは言えません。 いずれにせよ、近視で老視の場合は近視を矯正することが前提になります。 しかし、現在の矯正手術のレベルでは両眼ともに近視を治しかつ老眼を治すことは、手術精度の問題から、未だ開発段階・研究段階です。 したがって、現時点で老視矯正は、正視あるいは遠視の方が老視になった場合に限定されているのが現状です。 B 正視あるいは遠視で老眼は現時点での老視矯正手術の適応となります。 この際は、手術の結果として遠くも近くも眼鏡なしで見えるようにならなければ意味がないことになります。 術後の角膜の状況を下に模式します。 手術方法は、近視矯正手術と同様にエキシマレーザーを角膜に照射することによって、角膜形状を遠近両用に形成する方法です。 中央はドーナツ状に浅く切除し近くにピントが合うような形状にし、角膜周辺もまたドーナツ状に形成し、この部分は遠方にピントが合うように形成します。 言ってみれば遠近両用のコンタクトレンズが角膜上に乗ったと同じ状態になると想像して下さい。 この際、角膜周辺は正視あるいは遠視矯正を行わなければなりませんから、元々患者さんが持っている屈折は正視あるいは遠視でなければこの老視矯正が出来ないことになります。 目の中に入った光は目の中に入った光は上の図のように収束します。 近くを見たときの光は角膜中央で屈折し網膜上に像を結びます。 遠くを見たときの光は角膜周辺で屈折し、これも網膜上に像を結びますこれが正視あるいは遠視の際の遠近両用の老視手術の構造です。 手術の目的は遠くも近くも眼鏡なしで見えるようになることが目的です。 しかし普通 の近視・乱視手術とではその目的には根本的に違う点があることを理解しておく必要があります。 近視・乱視矯正手術の究極の目的は眼鏡やコンタクトレンズがない状態でかつ裸眼視力が1. 2あるいは1. 5という数字を目標として手術しますが、老視の矯正手術は眼鏡に依存する率を減らすあるいは眼鏡を必要とする時間を減らす手術であると理解して下さい。 下の図は視力の状態を簡単な模式図に表しました。 例えば、この限界線が裸眼視力1. 2と想像して下さい。 D: 遠くも近くも裸眼で良く見える状態で、眼鏡はまったく必要ありません。 遠視で老眼の人は遠くも近くも見えにくい状態ですから、図のAに該当します。 老視矯 正手術は、Aの状態からBの状態にすることが目的です。 勿論、結果的にDの状態になるのが理想ですが、全ての人がこの状態になるわけではないとご理解下さい。 もともと正視あるいは遠視が軽い場合にはCの状態のことがあります。 つまり遠くは裸眼で良く見えるけれども年齢とともに老眼になって近くが見えにくくなった状態です。 この場合にも手術後にDの状態になるのが理想ですが場合によってはBの状態、つまり近くは見やすくなったけれども、逆に遠くが若干見にくくなったという状態になることがあります。 手術によって角膜の形状が変化しますから視覚の変化が起こる可能性があるからです。 いずれにせよ、老視矯正手術は「遠くも近くも見えるようになる手術」と考える前に、「遠くも近くも眼鏡なしで日常生活が送れる程度に回復する手術」と理解して下さい。 端的に言えば、遠くも近くも「ある程度=そこそこ」見えるようになる手術であって、結果的に完璧に遠くも近くも見えるようになる可能性はあるとはいっても最初からそれを期待して行う手術ではないということです。 眼鏡に依存する時間と確率を減らす手術といっても良いでしょう。 遠近両用のコンタクトレンズの構造は図のようになっています。 遠近両用コンタクトの中央部は近くを見るときにピントが合うように、周辺部は遠くを見るときにピントが合うような構造になっています。 中央から周辺に向かって屈折度数は累進しており、違和感なく視野全体で遠くから近くまで見えるようにしてあります。 実際にモノを見たときにはどのように見えるか、見え方のシミュレーションを示します。 遠くを見るときには上の写真(中央部が僅かにボヤケているのがお分かりでしょうか)のように殆ど違和感なく見えています。 3(1. 0D) 左=0. 6(1. 75D) 近方視力 右=0. 2(1. 0D) 左=0. 2(1. 9(1. 75D) 左=0. 8(1. 0D) 近方視力 右=0. 8(1. 5D) 左=0. 9(1. 5D). この患者さんは手術前の裸眼視力は右0. 3、左0. 6で、矯正して左右ともに1. 5でした。 矯正に必要な眼鏡は遠視です。 近方視力は左右ともに0. 2で裸眼では新聞の文字は読めません。 老眼鏡を使用すれば近方視力は1. 0~1. 2でした。 手術後は裸眼での遠方視力は0. 8~0. 9で1. 2には達していません。 また近方の裸眼視力も0. 8~0. 9で1. 2には達していませんが、手術前より改善しており、日常生活では眼鏡なしで遠くも近くも不自由なく見えています。 正常では45~50歳から起こってきますが、近視の人はもともと近点が近いので遅く起こり、遠視の人はもともと近点が遠いので早く起こります。 言い換えるならば、年齢的に早いか遅いかの違いはあっても、ある年齢になれば全ての人が老視になるわけで唯一つの例外もありません。 5D) 左=0. 4(1. 0D) 近方視力 右=0. 09(1. 5D) 左=0. 2(1. 6(1. 75D) 左=1. 2(1. 0D) 近方視力 右=0. 5(0. 0D) 左=0. 8(0. 0D) 手術前は両眼ともに強い遠視で裸眼視力は良くありませんし、必然的に強い度数の老眼鏡が必要で、裸眼では遠くも近くも見えにくい患者さんです。 手術後は遠方の裸眼視力は0. 6と1. 2、近方の裸眼視力は0. 5と0. 8です。 両眼ともに遠方・近方の裸眼視力は1. 2に達していませんが不自由なく遠くも近くも見えています。 いずれも、数字上の視力は必ずしも1. 2に達しているわけではなく不十分といえるかも知れませんが、日常生活する上では不自由ない視力を獲得しており、どちらの患者さんも現時点では遠くも近くも眼鏡は必要としていません。 つまり老視矯正においては、「モノが見える・見えない」というのは必ずしも数字上の視力が問題になるのではなく、生活するのに不自由ない視力が獲得できれば十分だと考えて頂きたいと思います.

次の