簿記検定 参考書。 【全級合格!】農業簿記検定試験のおすすめ参考書・テキスト1,2,3級(独学勉強法/対策)

簿記3級オススメのテキスト・参考書は?

簿記検定 参考書

独学(参考書・問題集のみ)での受験勉強のメリット• 費用がかからない 2~3冊程度ならば5,000円もかかりません。 私自身、本を読んだり何かを学ぶということは好きですが、それでもやはり出来るだけお金をかけたくないという意識があり、まずは料金の安さに釣られて完全独学での勉強を選びました。 また、当時の私の上司が一番薄い問題集でかまわないから、とにかく一通り勉強してみろというアドバイスがあったのも独学での勉強を選んだ理由です。 独学(参考書・問題集のみ)での受験勉強のデメリット• 意思が弱いと最後まで続けられない• 解らないことがあっても質問出来ない• 法律改正などがあった場合に対応出来ない• 試験日までのスケジュール調整も自分でしなければならない 例えば中古の問題集や参考書を購入して勉強をしている場合などは特に注意が必要ですね。 (試験では、法律改正があった部分は出題される可能性が高いです) ちなみに質問を受け付けてくれる参考書や問題集もありますが、実際に質問しようとすると、自分がどうしてわからないのか?理解出来ないのか?を相手に伝わりやすく説明することが、いかに難しいか?に気付くはずです。 仮にすぐに質問を出せたとしても、返事が返ってくるまでに時間がかかりますから、解説を待っているうちにモチベーションが下がり、そのままフェードアウト・・ということも十分にありえます。 独学(参考書・問題集のみ)での受験勉強に向いている人• きちんとスケジュールを立てて計画的に勉強が出来る人• 解らないことがあった場合、身近に簿記の知識を持っていて、質問出来る人がいる人.

次の

独学で簿記2級を一発合格!初心者の疑問点を解決(おすすめの参考書、問題集付)

簿記検定 参考書

独学(参考書・問題集のみ)での受験勉強のメリット• 費用がかからない 2~3冊程度ならば5,000円もかかりません。 私自身、本を読んだり何かを学ぶということは好きですが、それでもやはり出来るだけお金をかけたくないという意識があり、まずは料金の安さに釣られて完全独学での勉強を選びました。 また、当時の私の上司が一番薄い問題集でかまわないから、とにかく一通り勉強してみろというアドバイスがあったのも独学での勉強を選んだ理由です。 独学(参考書・問題集のみ)での受験勉強のデメリット• 意思が弱いと最後まで続けられない• 解らないことがあっても質問出来ない• 法律改正などがあった場合に対応出来ない• 試験日までのスケジュール調整も自分でしなければならない 例えば中古の問題集や参考書を購入して勉強をしている場合などは特に注意が必要ですね。 (試験では、法律改正があった部分は出題される可能性が高いです) ちなみに質問を受け付けてくれる参考書や問題集もありますが、実際に質問しようとすると、自分がどうしてわからないのか?理解出来ないのか?を相手に伝わりやすく説明することが、いかに難しいか?に気付くはずです。 仮にすぐに質問を出せたとしても、返事が返ってくるまでに時間がかかりますから、解説を待っているうちにモチベーションが下がり、そのままフェードアウト・・ということも十分にありえます。 独学(参考書・問題集のみ)での受験勉強に向いている人• きちんとスケジュールを立てて計画的に勉強が出来る人• 解らないことがあった場合、身近に簿記の知識を持っていて、質問出来る人がいる人.

次の

完結編! 簿記2級 独学で一発合格した勉強時間と参考書と過去問と電卓

簿記検定 参考書

簿記3級は書籍が充実している資格試験のひとつです。 私が簿記を初めて学んだ20年前は、学者先生が書いた無味乾燥な書籍が多かった印象です。 しかし、最近はイラスト入りのテキストが主流と言ってよいでしょう。 講師をしている仕事柄、市販書籍にも、もちろん目を通します。 そこで、いくつか特徴的なものをピックアップしてみました。 簿記3級は受験生も多いので各出版社も力を入れて、執筆・改善してくれています。 昔と比べて格段に勉強しやすくなっていますよ。 イラストで分かりやすい書籍は? まず、何と言っても外せないのがこの一冊。 まずは、パブロフという名の犬。 ドッグフード店店主の「犬」。 従来の簿記のテキストのななめ上を行く設定です。 このパブロフが、自身の店の経営と絡めながら、お兄さんに簿記を教えてもらうというシチュエーションでページが進んでいきます。 各論点の導入に4コマ漫画がありますが、それも単なる娯楽ではなく、時折、図解の役割も果たしているのが秀逸です。 らくがきのような(失礼!!)絵のゆるさもあり、学習のストレスの軽減に一役買っています。 なお、キャラクターに特徴があるテキストとしては他に 「スッキリわかる 日商簿記 滝澤 ななみ 著 」 もオススメできます。 こちらは猫のキャラクターが登場します。 犬に対して今度は猫です。 名前はゴエモン。 ゴエモン商店を経営しています。 最近は動物が店を経営するのが流行っているのでしょうか? どちらの書籍もイラストを多く用い、文章を減らすような気づかいが見えます。 学習に慣れていないと、文字がびっしり詰まったページをひらくだけで、疲れてしまうことはありませんか? そういうあなたには、 イラストが多用されたテキストをチョイスするのも、選択肢のひとつでしょう。 さて、3冊目。 上記の「スッキリわかる 日商簿記」と同じ著者が出している書籍ですが、こちらもオススメできます。 「みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 滝澤 ななみ 著 」 わかりやすい言葉遣いというのは上記3冊すべてに共通しますが、この本で特徴的なのは 「多色刷り」であるということ。 図の中に、カラーが多用されています。 あなたが、学生時代に触れた教科書や問題集を一冊、頭の中で開いてみてください。 何色の文字がありますか? 従来のテキストでは多色刷りと言っても「黒字がメインで、強調するところは赤」くらいのものが多かったと思います。 ところが、この書籍は緑、オレンジ、薄紫と雑誌や資料集を見ているかのような華やかさです。 そういう意味で、黒と赤だけの二色刷りがいやだなあという方にはこの書籍のチョイスも十分にオススメできます。 ちなみに、この著者の方はFPや宅建でも、同様の書籍を出されています。 どちらかというと、一般的なスクールで使用されるテキストと雰囲気が近いかもしれません。 不必要にイラストを盛り込んだりせず、正しい日本語での説明に終始しています。 過去問が3回分掲載されており、情報量としての過不足感もないですね。 さらに特筆すべきはその値段。 問題集はどうしよう? 過去問題集付きのテキストを購入しなかった場合、どうしても別途、過去問をやらなくては対策として他の受験生に遅れを取ってしまうのは事実です。 では、問題集でオススメのものはと問われれば……、 「合格するための過去問題集 日商簿記3級 TAC簿記検定講座 著 」 まず、この書籍にかぎらず、過去問題集について必ずチェックしたいのが、 回数と解説のバランスです。 回数をやたら載せても、解説を読んでわからないのであれば無意味ですし、いくら丁寧な解説があるとしても、過去問題集を買うなら10回分程度は問題がほしいところ。 その点、この問題集は問題ページの3倍程度のページを使って解説をしており、まず十分な量と言えます。 問題と解説だけでなく、試験会場での戦術についても言及があり、¥1600と若干、値は張りますが、これだけの知識がこの値段で手に入るのは「日本に生まれてよかった」というべきでしょう。 まとめ さて、いかがでしたか? まだまだ紹介しきれなかった書籍もたくさんあります。 ひょっとしたら、webや書店で書籍を調べていて迷ってここへ来たと言う方もいたかもしれませんね。 お気持ちはとてもよくわかります。 それだけ、簿記の学習環境は整備が進んでいて、ユーザーが迷えるぐらい、充実しています。 しかし、迷っている時間は非常にもったいないですよね。 きっと「案ずるより産むがやすし」ですよ。 ゼロから簿記資格を目指すなら着実な講座受講がおすすめ。 これから学習を始める方におすすめの講座 簿記の講座を探す• 関東エリア• ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・• 北海道・東北エリア• 甲信越・北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国・四国エリア• 九州エリア•

次の