仁 ドラマ。 仁と咲は結婚しないの?最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説!

ドラマJIN

仁 ドラマ

俳優の大沢たかおが主演し、2009年10月期と2011年4月期に放送されたドラマを再編集した『JIN-仁- レジェンド』の完結編が3日放送され、感動のクライマックスにネット上では「心に打たれる」「何回見ても泣ける」と大きな話題を呼んでいる(以下、ネタバレを含みます。 ご了承の上、お読みください)。 本作は村上もとかによる同名漫画を原作に描かれた医療時代劇。 東都大学附属病院の脳外科医だった仁(大沢たかお)が、ひょんなことから幕末の江戸時代にタイムスリップしてしまい、動乱の中人々の命を救う日々が描かれる。 この日の放送回では、坂本龍馬(内野聖陽)の暗殺、そして「彰義隊」を名乗る旧幕府軍が反旗を翻す機会を伺うなど、クライマックスに向けた熱いシーンが目白押し。 そして、本作最大のポイントとも言える「タイムスリップ」の結末が明かされた。 歴史を変えてしまうかもしれない、という恐怖を抱きながらも友人である龍馬を助けると決意した仁。 しかし、必死の救助もむなしく龍馬は「わしゃあちゃんと、先生の生まれてくる国つくれたかのう」と未練を残しながら絶命する。 その後幕末の更なる動乱が続く中、仁は元いた未来へ戻れるかもしれない可能性を脳内に響く龍馬の言葉から見出す。 現代に戻った仁は、冒頭で頭に包帯を巻かれて見つかったかつての患者と同じ姿をしていた。 そこで全てを察したのか、彼は胎児型腫瘍のホルマリン標本、救急用パッキン、咲(綾瀬はるか)のためのホスミシンの小瓶をいくつか手にして非常階段へと走り出す。 自分の後を追うのは江戸へタイムスリップする前の「南方仁」。 2人はもみ合いになり、階段から転落した「南方仁」は姿を消してしまう。 その後、紆余曲折を経て橘家の子孫から咲の手紙を入手した仁は、彼女の記憶から自分の名前が消え去っていることに気づく。 「〇〇先生へ」という書き出しからはじまった手紙は、徐々に記憶から消える仁への思いを必死に書きつづった咲の思いが込められていた。 仁はこの先自分もタイムスリップの記憶が消えることを覚悟しながらも、「私もですよ、咲さん。 私も、お慕い申しておりました」と涙を流し自らの運命を受け入れるのであった。 放送後、ツイッターには咲の手紙に涙するファンが続出。 手紙の末尾に記された「お慕い申しておりました」という言葉に「なんて綺麗な日本語なんでしょうかね…」「何回聞いても美しい日本語」「何回見ても良いドラマ」などの声が相次いだ。 また、「おうち時間」を過ごしている人が多いことから「こんな時期だからか…こんなに気持ちが揺らぐとは」「この時期に『仁~JIN~』を見ると深い…」「心打たれるものがある」など、現在とどこかリンクする展開に思わず心が揺らいでしまったという意見が殺到している。

次の

ドラマ「JIN

仁 ドラマ

咲の手紙を読み終わった南方仁のセリフは台本に用意されていなかったんです! このシーンの台本の仁のセリフを空白になっていました。 実は、大沢たかおさんは、本番で初めて「咲の手紙」を読んだんです! 仁最終回の重要なラストのこのシーンに、ぶっつけ本番で挑んだ 大沢たかおさん。 全くの予備知識なく挑みたいと望んだのは、大沢さんの 仁に対する 熱い気持ちからだったそうです。 『咲の手紙』を読んで、思わずでた言葉・・・ 私もですよ、咲さん。 お慕い申しておりました。 多くの視聴者が、仁と咲の幸せを願ったに違いありません。 時空を飛び超え、出会って、愛し合った2人が、生涯を添い遂げることはありませんでした。 しかし、お互いのことを大切に想う気持ちは、未来に繋がったのです。 なんて良い話なの~! 感動する! でも、切ない~! 愛し合っていても、結ばれない2人の運命・・・ しかしお互いの心に、歴史の『修正力』すら及ばない、深い絆ができたのですね。 仁最終回アドリブのセリフを生み出した大沢たかおの演技力 JIN-仁-完11話 23/24 橘咲は、先生をお慕い申しておりました(咲) 私もですよ。 咲さん。 役者魂というのでしょうか、大沢たかおさんは、南方仁になり切っていたからこそ自然に出てきた 『お慕い申しておりました』 二人の想いが、繋がった瞬間 いや、ずっと…想い合っていたことが、わかった瞬間 「お慕い申しておりました」の意味は? 現在、「慕う」(した・う)という言葉は、あまり使いませんね。 この言葉は、「恋しく思う」= 恋心 を含んでいます。 幕末という時代設定的に「好き」という直接的な表現がなかったと考えます。 昔の人が、「好きです」と言いたい時に使う言葉ということですね。 では、この「お慕い申しております」の中に、どれくらいの気持ちが含まれるのか? 日本人の感情を表に出さない性格を考えると、想像できますね。 この言葉は「 好きで好きで震える 」の気持ちでしょう! 最上級の「愛してる」も含まれるほどの パワーワードです。 愛をこんなに上品に表現できる言葉あるなんて、私はこれまで知りませんでした! 日本語にはこんな素敵な言葉があったんですね。 仁と咲の間にある百数十年の時間の隔たりは、やっぱり現実で、だからどんなにお互いの心が通いあっても、この悲しい現実は乗り越えられない。 だから南方仁は、「愛してる」という一般的な愛情表現を選ばなかったんだろうな。 江戸の時代にタイムスリップした南方仁だけが伝えられる愛の言葉「お慕い申しておりました」が出てきたんだと思う。 最終回めっちゃ泣かす。 咲様からの手紙、本番で初めて読んだんだってさ。 「私もお慕い申し上げてました」はアドリブなんだってさ。 大沢さんは、咲の手紙を読み、心から咲への愛を言葉にしました。 その後、こんなナレーションで締めくくっています。 ボロボロと泣きながら、告げる仁。 この思いをいつまでも忘れまい、と思った。 けれど、俺の記憶もまた、全て、時の狭間に消えていくのかもしれない。 歴史の「修正力」によって。 それでも、俺はもう忘れることは無いだろう。 この日の美しさを。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた、無数の奇跡によって編み上げられていることを。 俺は忘れないだろう。 そして、新たな光を与えよう。 今度は、俺が未来のために。 chiebukuro. yahoo. そんな当たり前を生きられることの有難さ。 まさに、仁から学ぶべきことが、沢山あるような気がしました。 今 まさに脅かされる、『当たり前』の日々。 日本が直面しているコロナ感染症の危機を、仁先生の陣頭指揮のもと、正しく恐れましょう。 おかしな書き出しであることを深くお詫び申し上げます。 実は、感染症から一命を取り留めた後、どうしても先生の名が思い出せず、 先生方に確かめたところ、仁友堂には、そのような先生などおいでにならず、ここは、私たちが興した治療所だと言われました。 何かがおかしい、そう思いながらも、わたくしも、そのように思うようになりました。 夢でも見ていたのであろうと。 なれど、ある日のこと。 見たこともない、丸い胴の板 10円玉 を見つけたので御座います。 その板を見ているうちに、わたくしは、おぼろげに思い出しました。 ここには、先生と呼ばれたお方が居た事を。 わたくしは、その御方に、この世で一番美しい夕日を頂きました事を、思い出しました。 もう名も、お顔も思い出せぬその御方に、恋をしておりました事を。 けれど、きっとこのままでは、わたくしは、いつか全てを忘れてしまう。 この涙の訳まで失ってしまう。 なぜか耳に残っている「修正力」という言葉。 わたくしは、この思い出を無き事にされてしまうと思いました。 ならば、と筆をとった次第に御座います。 わたくしがこの出来事に抗う術はただ一つ。 この思いを記す事に御座います。 橘咲は、先生をお慕い申しておりました。 chiebukuro. yahoo. この手紙を読むだけでも涙が・・・ しかし、手紙には不自然なところもあります。 例えば、この「JIN -仁- 」では、死んでしまうはずの坂本龍馬を、仁が助けようとします。 そうした「歴史を書き換える」行為に対して、「歴史を守ろうとする力」が働くと考えられます。 それが、この『咲の手紙』の中にもある『修正力』という力になるのです。 そのせいで、仁の事を誰も覚えていなかったんだね。 咲は、仁の名前を思いだしていたけれども、「南方先生」と書いてしまうと、『修正』されてしまう。 沖田総司を助けに向かう途中で、阻止しようとやってきた刺客に撃たれてしまった咲。 弾丸は取り出したものの、傷口が緑色に化膿する「 緑膿菌 」に感染してしまったのです。 現代では、当たり前に処方してもらえる抗生物質も、この時代にはありません! 咲の命を救う為に、仁は抗生物質「ホスミシン」を探します。 そして、タイムスリップしてしまうのです・・・ 一命を取り留め、目を覚ました咲は、仁の事を忘れてしまっていたのですね。 「この世で一番美しい夕日」はプロポーズのこと? かつて一度だけ、仁は 咲に想いを告げていました。 それが、夕日のシーンです。 「いっしょになってください」と、仁は咲に告げますが、咲は断りました。 この「いっしょになってください」とは、「結婚してください」と同じ意味。 まさに、プロポーズでした! この手紙を初めて読んだ大沢たかおのアドリブがあのセリフってのもすごいよね。 南方仁になり切ってたんだね 仁の感動溢れる最終回のラストシーンは、1話ごとに丁寧に積み重ねられた物語への想いが一気に溢れるものでした。 橘咲の手紙全文から、大沢たかおさんの手紙に答えるアドリブの演技も解説しました。 幕末の時代に特効薬のなかった感染症を、現代の薬で治した南方先生。 その傍で、命と向き合い、仁とともに戦った橘咲。 仁の完結編の最終回で、その2人の気持ちが時空を超えて繋がった感動のラストでした。 それがまさかの、大沢たかおさんの演技が『アドリブ』だったのは、驚きでした。 その他、手紙全文内であった 記憶を失くした経緯なども、ネタバレ解説してきました。 この「JIN -仁- 完結編」を見て、涙を流して、免疫力を上げるのもコロナ対策になるのでは? そして、普通の有難さを知り、未来に希望を持ちましょう! そんな南方先生の精神も、ドラマから学べた気がします。

次の

仁と咲は結婚しないの?最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説!

仁 ドラマ

この記事の目次• ドラマ『JIN-仁-』の赤ちゃんが登場した意味は? ドラマ「JIN-仁-」の赤ちゃんの正体について解説していきます。 結論から説明すると、ドラマで登場する赤ちゃんは、南方仁の頭の中に存在した胎児様腫瘍です。 胎児様腫瘍とは、(ドラマの中でも解説をされてますが)バニシング・ツインと言い換えることができます。 バニシング・ツインは、女性が双子を妊娠した時、片方がうまく育たずに初期の段階で母体に吸収されて結果として1人だけが誕生し、その胚がもう片方の赤ちゃんの体内に宿ってしまうこと 驚くべき事実かもしれませんが、この現象は人間の頭の中にもう1人の人間が入っているということになりますね。 バニシング・ツインの場合は脳に障害が起きる可能性もあるともいわれており、手術をして取り除くことが必要になります。 国外で実際に手術した事例もあり、日本でも起こり得る症状の一つです。 ロサンゼルスの名医の執刀によりこのほど脳腫瘍の摘出手術を受けたのは、「インディアナ大学」の博士課程に身を置いているヤミーニ・カラナムさん(26)という女性。 昨年9月に読解、聴解力が非常に低下していることに不安を覚え、医師の診察を受けたところ脳腫瘍と診断され、低侵襲手術の権威であるHrayr Shahinian博士が率いる脳外科手術の専門機関「Skull Base Institute」を紹介されたのであった。 ただ、あくまでもこれは、仁の身に起きた症状の説明にすぎません。 なんで、龍馬の声が聞こえるのか? なんで、幕末の中で頭が痛くなるのか? そもそも、手術をした相手も南方仁とはどういうことなのか? 様々な疑問が湧き出ていると思うので、次からは順番に解説をしていきたいと思います。 ドラマ『JIN-仁-』の時系列を解説 南方仁の頭の中に存在する脳腫瘍(赤ちゃん)の謎を解くためには、仁の物語の時系列をしっかりと理解する必要があります。 物語で仁とその後輩(演じていたのは山本耕史!)が話していたのは、世の中にはいくつもの世界線が存在しており、それぞれに概ね違いはないけれども、歴史の微差により少しずつ現実が違うというものでした。 ドラマでも同じような図が出てきたと思いますが、改めて整理をすると下記になります。 世界線を仮にわかりやすく3本としてみましょう。 上記の図のように、南方仁の運命は、江戸時代と現代を跨っていることになります。 ドラマの主人の南方仁は青色になりますね。 主人公(青色)の仁が、江戸からタイムスリップしてきた黄色の仁を手術をして、腫瘍を摘出しています。 そして、黄色の仁はそのままAの世界で南方仁として存在し、ドラマの主人公である青の仁は別の世界線へ移動していきました。 主人公(青色)の仁はBの世界線へ移動してしまったため、たびたびタイムスリップしている先は、Bの世界線での現代になります。 そして、最後の手術を受けたのもBの世界線になります。 AとBの世界が明らかに異なっているのは、最終回で明らかになります。 また、歴史の修正力により、現代に存在するもう1人の南方仁が幕末の移動してしまうと、当人の存在は人々の記憶から消えてしまいます。 つまり、Bの世界線では、手術を受けた主人公の仁(青)が、この世界の南方仁として今後も存在していきます。 一方で、手術をした仁(赤)は江戸にタイムスリップしてしまったため、仁(赤)の記憶は人々の頭から自然に消えていくのです。 ドラマ『JIN-仁-』の胎児様腫瘍の謎(龍馬の声が聞こえる理由)をネタバレ解説 上記で、概ねの時系列は整理できたと思います。 ただ、一方で、なんで腫瘍から坂本龍馬の声が聞こえるの?という疑問には回答できておらず、ここではそれについて解説していきます。 まず、ここまで話を整理すると、ドラマ「JIN-仁-」に戻すと、南方仁(ドラマの主人公)はバニシング・ツインの生き残りとして世の中に生まれてきた存在です。 上記で説明した通り、第1話で仁(青)により手術をされた男性(黄色)はもう1人の仁です。 (手術された男性が仁自身であることは、最終回あたりでネタバレになる話です) そして、もう1人の仁(黄色)の頭の中にバンシング・ツインとしてもう一人の小さい赤ちゃん(=胎児様腫瘍)が存在していました。 これは手術をして取り除いた経緯からも、明らかになっていますね。 しかしながら。 その手術をした本人である仁自身(ドラマの主人公・青色)もバンシング・ツインとして生まれているため、物語中はずっと頭の中に赤ちゃん(=胎児様腫瘍)を抱えていることになり、腫瘍を頭に抱えたまま、幕末の江戸にタイムスリップするわけです。 幕末にタイムスリップした仁は、随所で頭が痛くなるシーンが多かったと思いますが、これは脳内に腫瘍を抱えていたからだと思います。 そして、物語の後半で坂本龍馬が暗殺された時、その返り血を仁が正面から浴びたことで、龍馬の血が仁の目から脳内に入り込み、脳腫瘍と結びついたのです。 龍馬の血と脳腫瘍が結びついたことで、頭の中から龍馬の声が聞こえるという現象が起こります。 上記の図のように、片方の仁から腫瘍は摘出されていますが、もう一人の仁の頭には龍馬の人格はないもの腫瘍が存在しています。 その腫瘍同士が共鳴したことで、仁の頭の中に 「戻るぜよ、あん世界に」という声が響き、現代の仁は江戸にタイムスリップしていきました。 あくまでも腫瘍は元々、南方仁が持っていたものであり、そこに龍馬の声が宿ったということにあります。 腫瘍そのものはあくまでもバニシング・ツインという現代も起こりうるリアルな症状です。 しかし、そこに歴史的なタイムスリップや龍馬の意志を持たせている点は、完全なフィクションになります。 ドラマ『JIN-仁-』を全話無料で視聴する方法を紹介 最後に追加での案内ですが、ドラマ「JIN-仁-」を全話無料で視聴できる方法を紹介します。 ドラマの内容を一気見したい人にはおすすめの方法です。 そもそも、ドラマ「JIN-仁-」には、合計で2つの放送期間があります。 方法は簡単で、ドラマ「JIN-仁-」を配信している動画配信サービス、U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンに登録するだけです。 U-NEXTとは日本最大級の動画配信サービスであり、映画、ドラマ、アニメなどが合計で14万本以上も見放題で楽しめます。 U-NEXTは「JIN-仁-」の第1期、完結編を共に配信しており、全話の視聴が可能です。

次の